阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【JBC2歳優駿2022予想】激走を秘めた5頭を紹介!逃げ馬が強い!

JBC2歳優駿2022予想

JBC2歳優駿2022予想の最終買い目を更新しました!

JBC2歳優駿2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

JBC2歳優駿2022の概要

JBC2歳優駿は地方の門別競馬場で開催される2歳限定重賞です。

もともとは北海道2歳優駿の名称で行われていましたが、JBC設立20周年を迎えた2020年に北海道2歳優駿を発展させ、JBC2歳優駿という名前に変わりました。

名称こそ変わりましたが、コースや開催競馬場、出走条件などに変化はありません。

しかしながら、2020年からは新たに第一回開催としてレースが行われています。

JBC2歳優駿の舞台はダートの1,800m。中距離コースに区分できます。

将来的に中距離のダート界を担うであろう馬が参戦しますが、交流重賞ということで中央からも出馬する馬がいます。

未来のダート界を担う馬が出るかもしれませんし、注目したいレースですね。

当記事では北海道2歳優駿時代を含めた過去10年内のデータをまとめました。

JBC2歳優駿2022の開催内容

開催日11月3日(木曜・祝) 18:00発走
格付けJpn3
開催競馬場門別競馬場 門別9R
コースダート1,800m
性齢2歳
斤量馬齢
1着賞金3500万円

JBC2歳優駿2022が開催される門別のダート1,800mの特徴

門別競馬場 ダート1800mのコースで特徴を解説

門別のダート1,800mは内回りコースの4コーナー出口を過ぎた場所がスタート地点です。

外回りコースを使用し、1周強走るコースとなっています。

スタートから最初のコーナーまでは300mと地方競馬の中では距離が長めです。

しかしながら、ダートコースゆえ内ラチを確保すればそれだけ有利なため、前に行く馬が多数そろうと先行争いが激化しやすいです。

1,2コーナーは急なカーブで、ペースを落としながらコーナーワークを駆け抜けます。

向こう正面も長く、各馬は息を整えながらレースを進行します。

長い向こう正面の先にある3.4コーナーも1.2コーナー同様カーブが急です。

しかし直線が約330mで直線一気を決まりづらいことから各馬コーナーワークでスパートを駆けることが多いです。

そのため、多頭数になるとどうしても大外ぶん回しが起こることもしばしばあります。

最後の直線はほとんどフラットで、その先にゴール板が立っています。

門別のダート1,800mは中距離色の強い舞台ですが、カーブや向こう正面など、息を入れやすい箇所が随所にあるため逃げや先行馬が好走します。

逆に、差しや追い込み馬が活躍するには道中の仕掛けどころが重要で、大外ぶん回しを覚悟の上3.4コーナーでまくる選択も必要になります。

脚質的には前が有利ですが、まくりが決まれば後方馬でも好走する可能性は増えますよ。

競走馬に求められるのは中距離ダートを駆け抜けられるだけのスタミナとパワーです。

JBC2歳優駿2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ナチュラルリバー牡255.0藤岡佑介
2ゴッドインパルスセ255.0田辺裕信
3リアルミー牡255.0服部茂史
4オーマイグッネス牡255.0阿部龍
5スギノプリンセス牝254.0五十嵐冬
6ゴライコウ牡255.0石川倭
7ラッキーストーリー牡255.0井上俊彦
8タイガーチャージ牡255.0落合玄太
9テレパシー牝254.0和田竜二
10エコロアレス牡255.0池添謙一
11ベルピット牡255.0桑村真明
12リストン牡255.0阪野学
13リアルガー牡255.0小野楓馬

過去10年のJBC2歳優駿のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201216アルムダプラ7新馬1
21コスモコルデス8未勝利1
 34カイカヨソウ5フローラルカップ(G)1
201315ハッピースプリント1サンライズカップ(G)1
21アースコネクター3プラタナス賞(500万)3
 33エイシンホクトセイ10サンライズカップ(G)2
201413ディアドムス3プラタナス賞(500万)5
稍重211カラパナビーチ4未勝利1
 312クラバズーカー8JRA認定ウィナーズ(OP)2
201518タイニーダンサー5エーデルワイス賞(Jpn3)1
稍重21スティールキング8サンライズカップ(G)2
 39エネスク1プラタナス賞(500万)1
2016113エピカリス1プラタナス賞(500万)1
稍重23ヒガシウィルウィン4サンライズカップ(G)1
 38スウィフトハート5サンライズカップ(G)2
201717ドンフォルティス1ヤマボウシ賞(500万)1
22フィールシュパース3プラタナス賞(500万)3
 36サザンヴィグラス5サンライズカップ(G)3
201812イグナシオドーロ6サンライズカップ(G)3
稍重27ウィンターフェル1サンライズカップ(G)2
 39ミヤケ2紫菊賞(500万)5
201916キメラヴェリテ61勝クラス3
28アベニンドリーム8鎌倉記念(G)2
 32ピオノノ2未勝利1
202018ラッキードリーム6サッポロクラシックC(G)1
不良211トランセンデンス13サンライズカップ(G)5
 313レイニーデイ4未勝利1
202112アイスジャイアント3新馬1
24ナッジ1サンライズカップ(G)1
 38リコーヴィクター4サンライズカップ(G)3

【所属】北海道所属馬が健闘している

所属成績単勝率連対率複勝率
中央【6-4-4-27】14.6%24.4%34.1%
北海道【4-6-6-62】5.1%12.8%20.5%

過去10年のJBC2歳優駿では若干ですが中央所属馬よりも北海道所属馬のほうが馬券に絡んでいます。

基本的に交流重賞は中央勢の独占状態がザラにありますが、JBC2歳優駿においては地方馬も中央勢相手に互角に戦っているのです。

交流重賞というと中央勢の中だけで予想しがちですが、このレースにおいては地方馬の情報もチェックしたいですね。

今年の出走馬で北海道所属馬は8頭います。

・リアルミー
・オーマイグッネス
・スギノプリンセス
・ラッキーストーリー
・タイガーチャージ
・ベルピット
・リストン
・リアルガー

【脚質】逃げ馬が強い

 脚質 成績 単勝率 連対率 複勝率
逃げ【4-2-0-12】22.2%33.3%33.3%
先行【1-3-5-21】3.3%13.3%30.0%
差し【4-2-3-37】8.7%13.0%19.6%
追込【1-3-2-21】3.7%14.8%22.2%

過去10年のJBC2歳優駿の好走馬を脚質別にみてみました。

もっとも調子がいいのは逃げ馬で、過去にはエピカリスやキメラヴェリテ、イグナシオドーロが勝利しています。

このうち、キメラヴェリテとイグナシオドーロはともに6番人気の低評価でしたが勝利を手にしました。

このため、逃げ馬は人気問わず激走の可能性があります。

しかしながら、差し馬も4頭が勝利しているように、後方馬でも上位争いしやすい舞台となっています。

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のJBC2歳優駿の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-2-1-4】30.0%50.0%60.0%
2番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
3番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
4番人気【0-2-2-6】0.0%20.0%40.0%
5番人気【1-0-3-6】10.0%10.0%40.0%
6番人気【3-0-0-7】30.0%30.0%30.0%
7番人気以下【1-0-4-11】6.3%6.3%31.3%

人気落ちの馬も活躍している

過去10年のJBC2歳優駿のデータを人気別にまとめました。

1番人気の成績は勝率30%、複勝率60%と悪くありません。

しかし、それ以上に注目したいのが人気落ちの成績です。

過去10開催で6番人気の馬も3勝していますね。

また、7番人気以下の馬は5頭が馬券に絡みました。

配当を見ても過去10開催で馬連万馬券は2回、三連単の10万馬券も2回飛び出ているように、穴馬がコンスタントに絡みやすいレースといえます。

過去10年のJBC2歳優駿の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-3-0-7】0.0%30.0%30.0%
2枠【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3枠【1-2-1-10】7.1%21.4%28.5%
4枠【1-0-1-12】7.1%7.1%14.3%
5枠【2-2-2-11】11.8%23.5%35.3%
6枠【1-0-2-14】5.9%5.9%17.6%
7枠【2-1-0-16】10.5%15.8%15.8%
8枠【1-1-3-15】5.0%10.0%25.0%

枠による大きな差はない

過去10開催の勝ち馬を見ると、内枠(1~4枠)が4勝に対し、外枠(5~8枠)の馬が6勝しています。

そして、馬券に絡んだ30頭を見ると、内枠から14頭、外枠から16頭が馬券に絡みました。

このことから、枠による差はそこまで大きくないことが分かります。

過去10年のJBC2歳優駿の前走別成績

前走成績
サンライズカップ(G)【2-5-4】
プラタナスカップ(500万)【2-2-1】
新馬【2-0-0】
前走成績
重賞(G)【3-6-5】
500万【4-2-2】
未勝利【0-2-2】
新馬【2-0-0】

前走がGの馬か500万の好調

過去10開催のJBC2歳優駿のデータを前走別にみてみると、前走が地方重賞(G)の馬が14頭馬券に絡んでいます。

また、前走が500万の馬も4勝3着以上8頭と好調ですね。

前走をレース別にみてみると、サンライズカップ(G)だった馬がもっとも好走していて11頭が絡みました。

このサンライズカップは門別競馬場のダート1,700mで行われています。

前走がGもしくは500万下の馬でなおかつ前走サンライズカップの馬は評価を上げてもよさそうです。

今年の出走馬での前走がサンライズカップだった馬は下記3頭になります。

・オーマイグッネス(1着)
・ベルピット(2着)
・タイガーチャージ(4着)

JBC2歳優駿2022の注目馬3頭

JBC2歳優駿はキャリアの浅い若駒が戦うので、データ的に予想が難しいです。

限られた情報の中から、本命にしたい馬を3頭紹介します。

ベルピット

今年のJBC2歳優駿の主役はベルピッドでしょう。

北海道所属馬でデビューからこれまではすべて門別競馬でレースを繰り広げました。

戦績は【4-1-0-0】と安定しています。

近走を見ても、JBC2歳優駿と相性のよいブリーダーズゴールドJC、サッポロクラシックカップ、そしてサンライズカップと立て続けに挑んでここに向かっています。

舞台適性も問題ないですしデータと相性のいい前走サンライズカップという点も好印象。

ライバルのオーマイグッネスには前走で初めて先着を許しましたが、それ以外の馬には圧倒しているのでベルピットが人気するのは間違いなさそうです。

★評価点
・門別ですでに4勝
・完勝しているレースが多い

▼課題
・ライバルのオーマイグッネスが強い

オーマイグッネス

オーマイグッネスもベルピット同様、ブリーダーズJC→サッポロクラシックC→サンライズカップというステップを挟んでここに向かいます。

逃げ馬なのでJBC2歳優駿と相性が良いですし、前走のサンライズカップではこれまで勝ちきれなかったベルピット相手に初めて先着しました。

血統的にはパイロ産駒なのでこの舞台でも好走に期待できますし、ベルピットを除けば常に上位しているのも好感が持てます。

ライバルのベルピットがここでも強敵になりますが、上位争いは十分狙える素質を秘めていますよ。

★評価点
・6戦して馬券から外れていない
・前走でベルピットに先着
・データと相性のいい逃げ馬
・データと相性のいい前走サンライズカップ組

▼課題
・ベルピット相手に勝ち負けできるか

ナチュラルリバー

中央勢から推したいのはナチュラルリバーです。

デビューは芝で、まずまずの戦績を残しましたが、前走初めてダートを使われると中団からまくりを決めて後続を8馬身差突き放して完勝してしまいました。

ダートはこの1戦しか使われていませんが、圧倒的に底力でほかの馬を蹂躙したのは高く評価できます。

今回の舞台である門別ダート1,800mでもまくりからの競馬で好走している馬は多いため、かみ合えば前走のような競馬に期待できるでしょう。

★評価点
・前走が圧巻

▼課題
・地方勢が揃っている

JBC2歳優駿2022の穴馬2頭

JBC2歳優駿は穴馬も頻繁に馬券に絡んでいます。

今年の出走馬で穴人気しそうな馬を2頭紹介します。

スギノプリンセス

デビュー戦はまずまずの成績でしたが、短距離から中距離に路線変更するといきなり開花。

怒涛の4連勝で前走のブロッサムカップも制しています。

このブロッサムカップは不良馬場の中でまくりを決めて完勝しています。

牝馬ながらスタミナとパワーが豊富なので、馬場状態によっては激走の可能性も秘めているでしょう。

★評価点
・中距離で真価を発揮している
・パワーがある

▼課題
・相手関係が手ごわくなっている

エコロアレス

デビュー戦は1,400mの短距離戦ながらも後続を一切寄せ付けない逃げの競馬で勝利しました。

このときはハナで競馬をしていたにもかかわらず、上がり最速の37秒8の時計で2着馬を5馬身差つけて完勝しています。

この一戦しか使われていませんが、新馬戦のようなスタイルで競馬できれば思わぬ激走にも期待できるかもしれません。

★評価点
・新馬戦が強い
・データと相性のいい逃げ馬

▼課題
・相手関係の強化
・キャリア初の中距離コース

JBC2歳優駿2022予想の最終買い目

JBC2歳優駿(曇り稍重馬場想定)

水曜日午前の時点で明日のJBC2歳優駿が開催される北海道門別町の天気を見てみました。

11月3日は午前9時から1~2mmの雨がついていて16時ごろまで降るようです。

もしもこの通りに雨が降るのであれば、馬場にも少なからず影響を及ぼすでしょう。

天気自体は10度弱と、この時期の北海道としてはかなり暖かいですが、それでも雨の影響は拭えません。

前日予想なのでどれだけ雨が降るのか定かではありませんが、うましるでは稍重~重馬場の高速ダートでレースが行われることを想定します。

展開予想としては、内目を引いたオーマイグッネスが主導権を握り、そのあとにエコロアレスが続く形になるでしょう。

時計が出やすい馬場ということもあって流れるかもしれません。

◎本命 4 オーマイグッネス

マクフィ
ブライズメイト
母父エイシンサンディ
主な勝ち鞍サンライズカップ(G) 2022年
前走サンライズカップ(G) 1着

本命はオーマイグッネスにしました。

デビュー戦から一貫して門別を使われてきた馬で、前走のサンライズカップではこれまで先着を許していたベルピットに初めて勝利しました。

このときは3.4コーナーでまくりだすベルピットに対してコースロスない位置から好位を追走します。

最後の直線では一度ベルピットにかわされましたが、内から再び差し返して勝ち切っているように、勝負根性も据わっている馬です。

現時点でも勢いが感じられますし、逃げやすい内枠を引けたのも評価。逃げ馬自体もこの舞台は好走率が高いのもポイントです。

今回はJRA勢がライバルとして参戦しますが、前走のような競馬ができればチャンスは十分ありそうです。

〇対抗 11 ベルピット

パイロ
ベルライン
母父ダイワメジャー
主な勝ち鞍サッポロクラシックC(G) 2022年
前走サンライズカップ(G) 2着

対抗はベルピットにしました。

内容はほとんどオーマイグッネスと被りますが、前走のサンライズカップは3.4コーナーでまくりの競馬を行い完全に勝利パターンに持ち込みます。

ところが、内で逃げたオーマイグッネスがまさかの差し返しで2着に敗れました。

敗れはしましたがオーマイグッネスと比較するとコーナーで外目からまくっている分だけコースロスがあったことを考えたら負けて強しの競馬でした。

データ的にも前走サンライズカップはJBC2歳優駿で好走していますし、本命に押し上げてもよかったのですが、枠が少し外すぎるのは気になるところ。

門別のダート1,800mは最初のコーナーまでが長いのでそこまで枠の影響がありませんが、内に前を行く馬が多数そろったのは少し気になりました。

それでも実力は上位ですし、初めのポジションさえ確保すれば勝ち負けも十分できるでしょう。

▲単穴 1 ナチュラルリバー

ルーラーシップ
シナノネージュ
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走2歳未勝利 1着

単穴に推したナチュラルリバーは前走の札幌未勝利戦が強い内容でした。

もともとナチュラルリバーは芝でデビューした馬で、前走が初めてのダートでしたが、稍重馬場も味方してまくりからのスピード競馬で勝利します。

このとき2着馬には8馬身差をつけての完勝でした。

相手関係を見ても、3着に入ったサグアロや6着のミルトプライムがその後のレースで連対していることから、そこそこ強い面子が揃った中で強い競馬ができたのは評価したいです。

また、JBC2歳優駿が開催する時点で稍重~重馬場ならスピード勝負になる可能性が高く、その場合は前走のような競馬に期待できるでしょう。

芝でレースを行っていたころも上位入選しているようにスピードに長けている馬で、芝からダートに転向した馬は高速ダートに滅法強いのも評価したいです。

△連下 2 ゴッドインパルス

マジェスティックウォリアー
ダイワエタニティー
母父ジャングルポケット
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走2歳未勝利 1着

ゴッドインパルスは前走の内容が秀逸です。

中山のダート1,800m(稍重)の舞台でハナに立つと、そのまま後続を寄せ付けない競馬で完勝しました。

このときの中山は稍重とはいえ上がり最速が40.3秒と非常に遅く、タフな馬場でしたが力のある走りが魅力的でした。

ただし、デビュー戦の短距離戦を凡走しているようにスピード勝負になると不向きかもしれません。

それでも逃げやすい内枠を引けましたし、前の競馬が得意な田辺騎手が騎乗する点は評価したいです。

消し 10 エコロアレス

Unified
Red Hot Tweet
母父Heatseeker
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走2歳新馬 1着

エコロアレスは消すことにしました。

新馬戦しか使っていませんが、その新馬戦は稍重の1,400mの舞台で逃げを行いながらも上がり最速37秒8の時計で勝利しています。

2着馬とは5馬身差をつけて完勝していて視覚的にインパクトのある勝ち方でした。

ただし、相手関係を見ると2着のゼットリアンこそ勝ち上がりましたがそれ以外の馬はさっぱりなので、もしかしたら相手関係に恵まれていた可能性も否めないのです。

また、距離が新馬戦より2F増えるのも気になります。

データが少ないので激走も秘めていますが、あまり強く狙いたいとは思いませんでした。

単勝

4 オーマイグッネス

馬連流し

軸馬:4
相手:1、2、5、11

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:1、2、5、11
3頭目:1、2、5、11

以上になります。
JBC2歳優駿の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次