きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【カペラステークス2022予想】激走の可能性を秘めた5頭を紹介!1人気は危険!?

カペラステークス2022予想

カペラステークス2022予想の最終買い目を更新しました!

カペラステークス2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

カペラステークス2022の概要

カペラステークスは中山のダート1,200mで開催される短距離レースです。

中央競馬では数少ない短距離ダート競走で、カペラステークスを除けば根岸ステークス(ダート1,400m)とプロキオンステークス(ダート1,400m)しか存在しません。

その中でカペラステークスはもっとも距離の短いダート1,200mで行われます。

中央競馬では稀少な短距離ダート重賞ということで、中央地方問わず短距離ホースが集まる傾向があります。

特に、短距離ダート馬はこの時期出走できるレースがこのカペラステークスか翌年の根岸ステークスしかないです。

そのため、G3競走ながらも短距離路線で活躍している馬が多数集まりますよ。

カペラステークスはこれといったステップ競走はありませんが、ここで活躍した馬は翌年以降のドバイゴールデンシャヒーンやJBCスプリントでも頭角を表す可能性があります。

今年を締めくくる短距離ダート重賞。

どの馬が制するか、今から注目したいですね。

カペラステークス2022の開催内容

開催日12月11日(日曜) 15:20発走
格付けG3
開催競馬場中山競馬場 中山11R
コースダート1,200m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金3800万円

カペラステークス2022が開催される中山のダート1,200mの特徴

中山競馬場 ダート1200mのコースで特徴を解説

スタート地点は2コーナーの奥ポケットで芝スタートとなっています。

芝スタートでダッシュが付きやすいうえ、スタートから最初のコーナーまでは約502mもあり、その間終始下り傾斜ということでとにかくスピードが出ます。

ワンターンのダートコースなので内ラチを確保しようと各騎手は考えます。そのためハナ争いが熾烈になりやすく前傾ラップのハイペースになることがほとんどです。

長い向こう正面を過ぎるとコース唯一のコーナーに入ります。

比較的カーブのきついコーナーとなっているのでペースを落としながら回ることが多いですね。

最後の直線は約306mです。

直線が短いので直線に入るとどの馬もトップスピードで走ります。

ただし、直線上には中山名物の急坂もあり、それまでに力を使い果たした馬はこの坂で止まってしまいますよ。

坂を駆け上がったらゴールがあります。

中山ダート1,200mは芝スタートなのでダッシュがつきやすいです。

しかも、向こう正面は下り傾斜がほとんどなのでスピードに乗りやすく、最初から飛ばす馬がほとんどです。

芝は内よりも外のほうが長く走れるため、外枠の馬が好走率は高いのもポイントです。

基本的にはスピード勝負となりますが、最後の直線にある急坂を駆け上がるだけのパワーも必要ですよ。

カペラステークス2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1リュウノユキナ牡756.0柴田善臣
2シンシティ牝554.0富田暁
3ジャスティン牡657.0T.マーカンド
4ジャスパープリンス牡756.0田中勝春
5ハコダテブショウ牡456.0石川裕紀人
6リメイク牡355.0福永祐一
7エアアルマス牡757.0川須栄彦
8ヤマトコウセイ牝353.0小林修斗
9クロジシジョー牡355.0戸崎圭太
10ヒロシゲゴールド牡756.0北村宏司
11アティード牡456.0田辺裕信
12オーヴァーネクサス牡556.0大野拓弥
13オメガレインボー牡656.0岩田康誠
14カルネアサーダ牝353.0菅原明良
15ピンシャン牡556.0松岡正海
16レディオマジック牡556.0藤岡佑介

過去10年のカペラステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201219シルクフォーチュン4武蔵野S(G3)11
25エーシンウェズン3霜月S(OP)1
 313シセイオウジ8霜月S(OP)8
201311ノーザンリバー6京都オータムリーフプレミアム(OP)1
27スノードラゴン7京都オータムリーフプレミアム(OP)6
 34シルクフォーチュン2武蔵野S(G3)11
201411ダノンレジェンド12オータムリーフ(OP)5
212サトノタイガー7JBCスプリント(Jpn1)2
 316メイショウノーベル8オータムリーフ(OP)3
2015114キクノストーム3霜月S(OP)5
213カジキ4霜月S(OP)11
 312マルカフリート6霜月S(OP)1
201611ノボバカラ3武蔵野S(G3)9
211ニシケンモノノフ2オーバルスプリント(Jpn2)4
 314コーリンベリー1JBCスプリント(Jpn1)3
2017116ディオスコリダー4西陣S(1,600万)1
215スノードラゴン8JBCスプリント(Jpn1)7
 38ブルドッグボス2JBCスプリント(Jpn1)3
201812コパノキッキング1オータムリーフ(OP)1
211サイタスリーレッド11NST賞(OP)1
 31キタサンミカヅキ2JBCスプリント(Jpn1)3
201917コパノキッキング2JBCスプリント(Jpn1)2
212テーオージーニアス3オータムリーフ(OP)2
 314シュウジ7室町S(OP)15
2020113ジャスティン4JBCスプリント(Jpn1)8
212レッドルゼル1室町S(OP)1
 39ダンシングプリンス2外房S(3勝)1
202114ダンシングプリンス3京葉S(L)1
21リュウノユキナ2JBCスプリント(Jpn1)5
 39オメガレインボー6武蔵野S(G3)3

【脚質】逃げ馬優勢、そのほかはほぼ同等

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
先行【3-2-1-31】8.1%13.5%16.2%
差し【2-4-6-50】3.2%9.7%19.4%
追い込み【3-3-3-41】6.0%12.0%18.0%

過去10年のカペラステークスの好走馬を脚質別にまとめました。

勝率が最も高いのが逃げ馬で、出走数10頭に対して2頭の勝ち馬が出ています。

複勝率でみても先頭で走った馬は30%でトップです。

逃げ馬以外の脚質を見ると、先行・差し・追い込みいずれも複勝率に差はありません。

カペラステークスは逃げ馬が有利で、それ以外の脚質に差はないレースです。

【所属】関西馬が結果を残している

所属成績単勝率連対率複勝率
美浦(関東)【2-3-3-32】5.0%12.5%20.0%
栗東(関西)【8-6-5-87】7.5%13.2%17.9%
地方【0-1-2-10】0.0%7.7%23.1%

過去10年のカペラステークスで関西馬は8勝しています。

関東が舞台のレースですが、単勝率・連対率は関西所属馬のほうが高いですね。

ただし、複勝率は関東馬のほうが数値は高いです。

カペラステークスで勝ち馬を探す際は、関東か関西、どちらに所属しているかも確認したいですね。

今年の出走馬で関西馬は12頭いました。

・エアアルマス
・オーヴァーネクサス
・オメガレインボー
・カルネアサーダ
・クロジシジョー
・シンシティ
・ジャスティン
・ジャスパープリンス
・ヒロシゲゴールド
・ピンシャン
・リメイク
・レディオマジック

カペラステークス(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のカペラステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
2番人気【1-2-4-3】10.0%30.0%70.0%
3番人気【3-2-0-5】30.0%50.0%50.0%
4~6番人気【4-1-2-23】13.3%16.7%23.3%
7~9番人気【0-3-3-24】0.0%10.0%20.0%
10番人気以下【1-1-0-67】1.4%2.9%2.9%

1番人気の信頼度はほぼない

過去10年のカペラステークスで1番人気は【1-1-1-7】とほとんど凡走しています。

勝ち馬だけ見たら過去10年どころか、レースが設立した2008年から見ても1頭しかでていません。

複勝率も30%と低く、1番人気の信頼度は非常に低いです。

そのほかの馬は人気問わず好走している

過去10年のカペラステークスでは1番人気の信頼度は低いですが、2番人気は複勝率70%と高めですね。

3,4番人気の馬はそれぞれ3勝しています。

そして、7番人気以下の馬も8頭が絡んでいました。

人気落ちでも馬券内に飛び込む可能性が高く、1番人気の馬以外は信頼しやすいレースです。

過去10年のカペラステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【4-1-1-14】20.0%25.0%30.0%
2枠【1-0-1-18】5.0%5.0%10.0%
3枠【0-1-0-18】0.0%5.3%5.3%
4枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
5枠【1-0-2-17】5.0%5.0%15.0%
6枠【0-5-1-14】0.0%25.0%30.0%
7枠【2-1-3-14】10.0%15.0%30.0%
8枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%

1枠の好走率が高い

過去10年のカペラステークスでは1枠の馬が4勝していて単勝率20%でした。

カペラステークスの舞台となる中山ダート1,200mは芝スタートの関係上、外枠のほう好走率が高いです。

ところが、カペラステークスに限ってみたら1枠がもっとも勝ち馬が出ていました。

このことから、1枠を引いた馬は評価を上げてもよさそうです。

今年のカペラステークスで1枠に入ったのはリュウノユキナシンシティです。

過去10年のカペラステークスの前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
1,150m【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
1,200m【4-5-4-76】4.5%10.1%14.6%
1,400m【4-5-4-44】7.0%15.8%22.8%
1,600m【2-0-2-4】25.0%25.0%50.0%

距離短縮組のほうが有利

過去10年のカペラステークスの前走を距離別にまとめました。

前走が1,200mの馬よりも、1,400mや1,600mだった馬のほうが好走しています。

カペラステークスは典型的な短距離コースなので同距離から挑む馬は少なくありませんが、実際は距離短縮組のほうが好走しているようです。

今年の出走馬で前走がダート1,400m以上だった馬は6頭います。

・アティード(※競走中止になっていてその前はダート1,200mを使われています)
・オーヴァーネクサス
・ジャスパープリンス
・ピンシャン
・リメイク
・レディオマジック

カペラステークス2022の注目馬3頭

JRA唯一のダート1,200m戦重賞であるカペラステークス。

今年最後の一戦でここに挑む馬も多いです。

今年も短距離ダートホースが多数集まりましたが、そのなかで本命にしたい馬を3頭紹介します。

リュウノユキナ

7歳馬ながら堅実な走りで中央・地方を舞台に活躍しました。

昨年のカペラステークスの2着馬だけに舞台適性は全く問題ありません。

近走を見ても安定した走りを見せていますし、馬券内は十分ありそうです。

今年は5戦いずれも馬券内ですが勝ち星には恵まれていないのでここを制して今シーズンを終えたいところです。

★評価点
・安定した走り
・どんな舞台でも結果を残す

▼課題
・勝つためにはなにか武器が欲しい

リメイク

3歳勢でもっとも注目を集めているのがリメイクです。

今年はデビューから短距離の素質を開花させ、常に上位争いしていました。

マイルで行われたユニコーンステークスは凡走していることから、より短距離向きだといえるでしょう。

初めての古馬混合戦だったクラスターカップは出走前に除外となってしまいましたが、続くオーバルスプリントは2着に入選しています。

再び古馬混合重賞に挑みます。

自身初となる重賞タイトルをつかめるか、注目したいですね。

★評価点
・安定した走り
・世代上位の短距離馬

▼課題
・斤量55キロで出し切れるか

オメガレインボー

短距離から中距離ダートにかけて、重賞でも上位争いしているオメガレインボー。

どんな舞台でも走れていますし、先行でも差しでも好走していて展開にも左右されません。

昨年のカペラステークスでも3着に入選しているので舞台適性も高いです。

ただし、これだけ重賞で馬券に絡んでいるにもかかわらず、今だ重賞タイトルに届いていないので、勝ち負けするにはなにか策がほしいところです。

今回騎乗する岩田康誠騎手が奇策を打つ可能性があるのはプラス評価したいです。

6歳最後の重賞戦で、初タイトルを狙いたいです。

★評価点
・昨年3着
・重賞で馬券に絡んでいる

▼課題
・重賞タイトルに手が届いていない

カペラステークス2022の穴馬2頭

カペラステークスは順当で決まることはあまり見られません。

今年の出走馬で配当に期待できそうな穴馬を2頭紹介します。

アティード

元地方所属のアティードが中央初重賞に挑みます。

記念すべきで中央のデビュー戦は12番人気でまったく期待されなかったものの先行から他馬を出し抜いて2着に入選しました。

すると、その後のレースで勝ち星を重ねて無事にオープン入りします。

前走のオータムリーフは立ち上がったところでゲートが開いてしまい、落馬中止となりました。

今回は初の重賞戦ですが、クラス戦の内容を見る限りいい線行きそうな気がします。

また、鞍上もこれまで手綱を握っていた田辺騎手なので、展開が向けば上位争いするかもしれません。

★評価点
・クラス戦で好走している
・田辺騎手騎乗
・上がりの速い末脚が武器

▼課題
・相手関係の強化

ハコダテブショウ

名前はハコダテブショウですが実際は中山が得意な馬です。

これまで5勝していますがそのうちの4勝が中山ダートでした。

カペラステークスと相性がいい逃げ馬というのもポイントが高いですね。

初めての重賞チャレンジですが、ここで金星をつかめたら来年以降の短距離ダートの中心になるかもしれませんよ。

★評価点
・中山が得意
・逃げ馬

▼課題
・相手関係の強化

カペラステークス2022予想の最終買い目

カペラステークス予想(晴れ良馬場想定)

金曜日の時点で中山のダートは稍重でした。

しかし、土曜日から日曜日にかけて、中山競馬場界隈は晴れの予報が出ているので、馬場も回復するでしょう。

気温もこの時期にしては珍しく、15度前後くらいまで上がるようなので馬場水分もだいぶ抜けるような気がします。

うましるでは晴れの良馬場、時計のかかりやすい条件下を想定しながら予想を行います。

◎本命 1 リュウノユキナ

ヴァーミリアン
ネオカラー
母父クロフネ
主な勝ち鞍東京スプリント(Jpn3) 2021年
前走JBCスプリント(Jpn1) 2着

本命はリュウノユキナにします。

なんといっても、これまでグレードの高いレースを使われ続けて結果を残しているのが好印象です。

カペラステークスは例年クラス戦上がりの馬も多数参戦していますが、レースの質を考えればリュウノユキナに敵う馬はいません。

カペラステークスと相性の良い1枠を引けたのもポイントが高いです。

7歳馬ですが年齢を感じさせない競馬ができていますし、ここは本命にします。

〇対抗 6 リメイク

ラニ
サリエル
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍端午S(OP) 2022年
前走オーバルスプリント(Jpn3) 2着

対抗はリメイクにします。

1,400m戦では無類の強さを見せている3歳馬ですね。

前々走のクラスターカップが競走除外になったため、実質ここがキャリア初の1,200m戦となります。

過去の戦績を見る限りは先行も差しでも結果を残していてどのような展開になっても自分の力を引き出せるのが魅力的。

騎乗する福永騎手も裏開催のこちらを選択していますし確実に獲りに来ていると思います。

▲単穴 11 アティード

サウスヴィグラス
ロックフォーティ
母父ロックオブジブラルタル
主な勝ち鞍初風S(3勝クラス) 2022年
前走オータムリーフS(OP) 競走中止

単穴はアティードにしました。

地方競馬から移籍した馬ですが、人気を覆す活躍を過去に何度も行っていています。

中山も2戦2連対と相性がいい舞台ですね。

前走はスタート直後の落馬のためそこまで影響はありません。

前目でも追い込みもできる器用な馬ですし、リメイク同様どんな展開になっても立ち回れる点も評価しました。

△連下 13 オメガレインボー

アイルハヴアナザー
ワイキューブ
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍アハルテケS(OP) 2021年
前走室町S(OP) 2着

オメガレインボーは連下にしました。

どんな距離でも万能に対応していて、ダート1,200m戦も勝ち切れていないものの【0-1-1-0】と相性が良いですね。

中山実績は【0-0-1-2】とはいえ、そのうちの2戦はダート1,800mのものなので度外視しても問題ありません。

残り1戦は昨年のカペラステークスで3着に入選しています。

昨年の内容をみてもここは再び馬券内もあり得ますし、長く芝を走れる外枠を引けたのもよいですね。

単勝

1 リュウノユキナ

馬連流し

軸馬:1
相手:6、9、11、13

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:6、9、11、13
3頭目:6、9、11、13

以上になります。
カペラステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次