[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【阪神スプリングジャンプ2023予想】本命に推したい3頭を紹介!石神騎手が複勝率100%!

阪神スプリングジャンプ2023予想

阪神スプリングジャンプ2023予想の最終買い目を更新しました!

阪神スプリングジャンプ2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

阪神スプリングジャンプ2023の概要

阪神スプリングジャンプは阪神で開催される障害レースです。

年明け初戦に行われる最初の重賞である阪神スプリングジャンプはJ・G2競走ながらも有力馬が多数参戦します。

なぜかというと、阪神スプリングジャンプの次に開催される障害重賞は春の障害チャンピオンを決める中山グランドジャンプです。

そのため、障害重賞の常連にとって阪神スプリングジャンプは唯一ステップを挟むことができる障害重賞レースなのです。

近年、特に平場では外厩とぶっつけがトレンドとなり、前哨戦の存在意義がやや薄らいでいます。

しかし、障害競走は平場とは全く違った要素が取り入れられていることから、前哨戦の存在価値は大きいのです。

実際に阪神スプリングジャンプにはオジュウチョウサンやアップトゥデイト、シングンマイケルにメイショウダッサイといった前年の中山大障害(J・G1)を制した馬が春の中山グランドジャンプに向けてここで使われました。

今年も前年の中山大障害勝ち馬ニシノデイジーを筆頭に、2~4着に入選したゼノヴァース、マイネルレオーネ、マッスルビーチが参戦します。

また、オープン競走で圧倒的なパフォーマンスを見せているミッキーメテオも登録されています。

絶対王者のオジュウチョウサンこそ引退しましたが、まだまだ熱い戦いが見られそうですね!

阪神スプリングジャンプ2023の開催内容

開催日3月11日(土曜) 13:50発走
格付けJ・G2
開催競馬場阪神競馬場 阪神8R
コース障害3,900m
性齢4歳以上
斤量別定
1着賞金4100万円

阪神スプリングジャンプ2023が開催される阪神の障害3,900mの特徴

阪神スプリングジャンプの舞台となる阪神障害3,900mはこのレースでしか使用しません。

スタート地点はスタンド前の芝コースで、阪神名物の急坂のてっぺんにゲートがあります。

そして、最初は左回りでレースを行うため、急坂を下る形でレースが始まります。

芝コース上にある障害をひとつ越え、4コーナーの出口付近から各馬はダートを横切って障害コースに入ります。

障害コースは最初左回りで1周し、2回目の向こう正面でたすきコースに入って右回りに変わります。

そして、たすきコースの出口から右回りで半周し、再びダートを横切って芝コースに出ます。

1番最初に飛び越えたハードルを再び飛越し、各馬はゴールを目指します。

阪神の障害3,900mで飛び越えるハードルは合計14です。

障害レースの中でも4番目に長いコースでスタミナが問われやすいです。

しかし、それ以上に重要なのがコースロスのない内ラチで競馬できるかどうかです。

阪神障害3,900mはスタート地点から最初の障害コースに入る箇所が鋭角です。

また、コーナーを7回回るため、できるだけロスのない内ラチで立ち回るほうが好走します。

最後の直線も意外と長くないため、末脚勝負よりも立ち回りの器用さがポイントとなり、逃げや先行馬が活躍しやすい舞台となっています。

阪神スプリングジャンプ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ケンホファヴァルト牡1060.0熊沢重文
2ニシノデイジー牡762.0石神深一
3ロードアクア牡760.0難波剛健
4ポルトラーノセ760.0蓑島靖典
5マッスルビーチ牡760.0北沢伸也
6レオビヨンド牡760.0平沢健治
7ミッキーメテオ牡660.0五十嵐雄祐
8マーニ牡761.0小牧加矢太
9ジェミニキングセ760.0小野寺祐太
10マイネルレオーネ牡1160.0小坂忠士
11ゼノヴァース牡661.0森一馬
12マイネルパラディセ960.0黒岩悠

過去10年の阪神スプリングジャンプのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201314シゲルジュウヤク5牛若丸ジャンプS(OP)8
22マーベラスカイザー1中山大障害(J・G1)1
 38バアゼルリバー2中山大障害(J・G1)2
201417ケイアイドウソジン4障害オープン(OP)1
24オースミムーン1東京ハイジャンプ(J・G2)1
 31アドマイヤトライ6障害オープン(OP)2
2015112サンレイデューク4中山大障害(J・G1)3
23サンライズロイヤル6障害オープン(OP)2
 38ソンブレロ5春麗ジャンプS(OP)3
201611サンシオン2中山大障害(J・G1)3
24アップトゥデイト1中山大障害(J・G1)1
 32ヴィーヴァギブソン5春麗ジャンプS(OP)3
2017111オジュウチョウサン1中山大障害(J・G1)1
稍重26アップトゥデイト2中山大障害(J・G1)2
 33タイセイドリーム3イルミネーションJS(OP)1
201812アップトゥデイト1中山大障害(J・G1)2
25グッドスカイ3牛若丸ジャンプS(OP)3
 33ルペールノエル2中山大障害(J・G1)3
2019111オジュウチョウサン1有馬記念(G1)9
21タイセイドリーム2中山大障害(J・G1)2
 33シンギングダンサー3中山大障害(J・G1)4
202012オジュウチョウサン1ステイヤーズS(G2)6
26シングンマイケル2中山大障害(J・G1)1
 34トラスト3牛若丸ジャンプS(OP)1
202114メイショウダッサイ1中山大障害(J・G1)1
不良26スマートアペックス2中山新春ジャンプS(OP)1
 35シンギングダンサー3中山大障害(J・G1)8
202217エイシンクリック5障害オープン(OP)1
28レオビヨンド3中山大障害(J・G1)3
 35オジュウチョウサン1中山大障害(J・G1)1

【年齢】びっくりするほど活躍している8歳馬

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【0-1-0-1】0.0%50.0%50.0%
5歳【1-3-2-13】5.3%21.1%31.6%
6歳【1-4-2-18】4.0%20.0%28.0%
7歳【2-1-2-18】8.7%13.0%21.7%
8歳【5-0-2-12】26.3%26.3%36.8%
9歳【1-1-1-5】12.5%25.0%37.5%
10歳【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
11歳【0-0-1-1】0.0%0.0%50.0%

過去10年の阪神スプリングジャンプを年齢別にまとめました。

もっとも結果を残しているのがなんと8歳馬で、これまで5勝しています。

複勝率でみても8歳馬は36%ほどにも達し、好走していますね。

それ以外の馬を見ても、9歳は複勝率37%と高齢馬の活躍が随所に見られました。

阪神スプリングジャンプでは8歳馬や9歳馬が結果を残しているのです。

今年の出走馬で8,9歳馬はマイネルパラディ(9歳)のみ該当しています。

なお、4歳馬も複勝率50%ですが、今年は4歳馬の出走登録はありませんでした。

【位置取り】最終コーナーを5番手以内で通過したい

過去10年の阪神スプリングジャンプで馬券に絡んだ30頭のうちの29頭が最終コーナーを5番手以内で通過していました。

唯一該当しなかった2015年勝ち馬のサンレイドュークも、最終コーナーは6番手で通過しています。

また、29頭のうちの23頭が終始5番手以内で通過していました。

阪神スプリングジャンプはコーナーを7回も回るコースなので内ラチ沿いで立ち回れる逃げや先行馬が有利で、差しや追い込み馬もまくれる馬でないと好走は厳しいです。

逃げや先行馬を中心に馬券を組み立てるのがよさそうですね。

今年の出走馬で逃げ、先行馬は9頭いました。

・ケンホファヴァルト
・ゼノヴァース
・ニシノデイジー
・ポルトラーノ
・マイネルパラディ
・マーニ
・ミッキーメテオ
・レオビヨンド
・ロードアクア

【騎手】石神騎手が複勝率100%

騎手成績単勝率連対率複勝率
石神深一【3-0-2-0】60.0%60.0%100.0%
平沢健治【0-1-2-2】0.0%20.0%60.0%
西谷誠【2-0-0-4】33.3%33.3%33.3%
森一馬【1-1-0-4】16.7%33.3%33.3%
熊沢重文【0-1-1-5】0.0%14.3%28.6%
難波剛健【1-0-0-5】16.7%16.7%16.7%

過去10年の阪神スプリングジャンプの好走騎手を見てみると、もっとも好調なのが石神深一騎手で、これまで5回騎乗し複勝率100%のパーフェクト騎乗でした。

石神深一騎手といったらオジュウチョウサンのイメージが強く、実際に過去4回はオジュウチョウサンとともに馬券内に絡んでいます。

しかし、2021年はシンギングダンサーで3着に入選しているように、他馬でも馬券に絡んでいるのは信頼できますね。

それ以外で好調なのは西谷騎手や森騎手、平沢健治騎手も複勝率が高いですね。

阪神スプリングジャンプは騎手目線で予想するのもよさそうですよ。

今年の出走登録馬で表にまとめた騎手が騎乗する馬は下記の通りです。

ニシノデイジー(石神騎手)
レオビヨンド(平沢騎手)
ゼノヴァース(森騎手)
ケンホファヴァルト(熊沢騎手)
ロードアクア(難波騎手)

金鯱賞(G2)とフィリーズレビュー(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の阪神スプリングジャンプの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-3-1-1】50.0%80.0%90.0%
2番人気【1-4-2-3】10.0%50.0%70.0%
3番人気【0-2-4-4】0.0%20.0%60.0%
4~6番人気【4-1-3-22】13.3%16.7%26.7%
7~9番人気【0-0-0-26】0.0%0.0%0.0%
10番人気以下【0-0-0-20】0.0%0.0%0.0%

上位人気の信頼度が高いレース

過去10年の阪神スプリングジャンプの好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は勝率50%で9頭が馬券に絡んで複勝率は90%です。

2,3番人気は勝率だけみたら低いですが、2番人気は複勝率70%。

3番人気も複勝率60%を超えています。

阪神スプリングジャンプは上位人気が馬券に絡みやすいレースなのです。

勝ち馬はいずれも5番人気以上に支持された馬

過去10年の阪神スプリングジャンプで1番人気は5勝していますが、残る5頭のうちの1頭が2番人気で残りの4頭が4~5番人気の馬です。

勝ち馬はいずれも5番人気以内に支持されていた馬なので、1着軸を探す際は上位人気から選択したいですね。

7番人気以下の馬に出番はない

過去10年の阪神スプリングジャンプの好走馬30頭はいずれも6番人気以内に支持された馬です。

言いかえれば7番人気以下の馬は過去10年一度も馬券に絡みませんでした。

阪神スプリングでは穴馬は台頭しづらいレースといえるでしょう。

過去10年の阪神スプリングジャンプの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-1-6】11.1%22.2%33.3%
2枠【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3枠【0-1-3-6】0.0%10.0%40.0%
4枠【2-2-1-6】18.2%36.4%45.5%
5枠【0-1-2-11】0.0%7.1%21.4%
6枠【2-3-2-9】12.5%31.3%43.8%
7枠【0-1-0-15】0.0%6.3%6.3%
8枠【3-0-0-15】16.7%16.7%16.7%

大きな差はない

過去10年の阪神スプリングジャンプの好走馬を枠順別に見てみると、もっとも勝ち星がでているのは8枠で3頭勝ち馬がでています。

しかし、複勝率でみると1~4枠と6枠が好走していました。

そもそも、阪神スプリングジャンプは例年8~13頭の少数開催されることが多く、極端な枠の差はありません。

そのため、阪神スプリングジャンプでは枠の有利不利はあまり気にしなくてもよさそうです。

過去10年の阪神スプリングジャンプの前走レース別成績

前走レース成績単勝率連対率複勝率
中山大障害5-6-5-2013.8%30.5%44.4%
牛若丸JS1-1-1-98.3%16.7%25.0%
春麗JS0-0-2-110.0%0.0%15.4%
新春JS0-1-0-50.0%16.7%16.7%

前走中山大障害組が強い

過去10年の阪神スプリングジャンプ好走馬の16頭が前走中山大障害を使われていました。

そのうちの14頭は前走中山大障害で3着以内に入選していました。

阪神スプリングジャンプは前走中山大障害組が強く、また、上位に入選していた馬は高く評価できます。

今年の出走馬で前走中山大障害だった馬は5頭いました。

ケンホファヴァルト(8着)
ゼノヴァース(2着)
ニシノデイジー(1着)
マイネルレオーネ(3着)
マッスルビーチ(4着)

阪神スプリングジャンプ2023の注目馬3頭

阪神スプリングジャンプは上位人気勢が好走する傾向が非常に強いレースです。

今年の出走馬で人気を集めそうな3頭の馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ニシノデイジー

ニシノデイジーは昨年の春から障害に転向しました。

常に馬券に絡んでいる安定感が強みで、前走の中山大障害は初の障害重賞チャレンジながら、2着に入選したゼノヴァースを3馬身差突き放して勝利!

初重賞チャレンジでいきなりG1タイトルを手にしました。

もっとも、中山大障害はトリッキーな中山が舞台なので、得意不得意がはっきりしています。

ニシノデイジーはかつて札幌2歳ステークスを制した時のようにタフな馬場のほうが得意なので、舞台適性がかみ合ったのは事実です。

現在の阪神は比較的時計が出やすいですし、障害コースはなおさら時計が出るでしょう。

ニシノデイジーの脚質からしたら時計のかかりやすい馬場のほうが相性はよさそうなので、その中でどこまでやれるかがポイントとなりそうです。

★評価点
・中山大障害勝ち馬
・名手石神騎手が騎乗する

▼課題
・高速馬場でどこまでやれるか

ゼノヴァース

ゼノヴァースは前走の中山大障害で2着に入選しました。

障害G1は前走が初めてでしたが、トリッキーな中山で2着入選はゼノヴァースの能力の高さを感じさせます。

ゼノヴァースは父がディープインパクトなのでどちらかというと末脚を活かす競馬が得意です。

前々走の東京ハイジャンプはまさに時計の出やすい馬場で末脚を活かして勝利しました。

現在の阪神も時計が出やすいので末脚を活かせるでしょう。

ニシノデイジーと比較しても今回のほうが出し切りやすいと思います。

当日の馬場や天候にもよりますが、晴れの良馬場なら本命候補です。

★評価点
・末脚勝負が得意
・中山大障害で2着

▼課題
・特にありません。

ミッキーメテオ

中山大障害組以外で注目したいのがミッキーメテオです。

障害天候当初はパッとしませんでしたが、前々走の未勝利戦で後続を置き去りにする逃げ切り勝ちを収めます。

すると、前走のイルミネーションジャンプステークスにおいても2着のアサクサゲンキを10馬身差突き放して勝利しました。

アサクサゲンキが小倉サマージャンプを連勝しているほどの馬なので、強い相手に完勝したのは高く評価したいです。

今回はキャリア初の重賞挑戦となり、中山大障害組が強敵となります。

手ごわい相手関係の中でどこまで出し切れるか注目したいですね。

★評価点
・近2戦が圧巻のパフォーマンス
・逃げの競馬ならワンチャンスありそう

▼課題
・初の重賞
・相手関係の強化

阪神スプリングジャンプ2023の穴馬2頭

阪神スプリングジャンプは穴馬の台頭はあまり見られません。

しかし、高配当を狙う上でも配当妙味が高くて激走しそうな馬も見つけたいですね。

今年の出走馬で激走の可能性が見られそうな穴馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

マイネルレオーネ

今年で11歳になったマイネルレオーネも侮れません。

昨年の中山大障害はニシノデイジーに完敗とはいえ3着に入選しました。

また、昨年春の中山グランドジャンプにおいても3着に入選し、障害G1で馬券に絡んでいるのです。

もっとも、中山グランドジャンプの勝ち馬はピークを過ぎたオジュウチョウサンで例年と比べるとメンバーレベルは高くありませんでした。

前走の中山大障害もニシノデイジーやゼノヴァースには完敗しています。

年齢的にも11歳なのでどこまでやれるか、相手候補で考えたいです。

★評価点
・昨年の障害G1は2戦とも3着

▼課題
・11歳馬
・ニシノデイジーやゼノヴァースが強敵

ジェミニキング

ジェミニキングは前走の中山新春ジャンプステークスで3着に入選しました。

3走前の京都ジャンプステークスと2走前の障害3歳オープンはともに落馬で競走中止となっていますが、ジェミニキングはカラ馬のまま競馬をし、騎手の手綱がなくてもスムーズな飛越を行ってゴールまで駆けました。

馬自身のアタマがよく、障害レースの走り方を覚えている点は評価したいです。

近走は非重賞戦とはいえ落馬さえなければ常に上位争いしているのもポイントです。

落馬なく立ち回ることができれば馬券内もあり得るかもしれないです。

★評価点
・非重賞戦とはいえ上位争いしている
・カラ馬でも競馬できている

▼課題
・相手関係が強い

阪神スプリングジャンプ2023予想の最終買い目

阪神スプリングジャンプ予想(晴れ良馬場想定)

阪神スプリングジャンプが開催される土曜日の阪神競馬場界隈は晴れの予報が出ていました。

前日金曜日の段階でも最高気温21度の晴れです。

そのため、レース当日は間違いなく良馬場での開催に期待できるでしょう。

馬場状態ですが、使用頻度の低い障害コースを使用することから、芝の状態は極めて良いでしょう。

そのため、時計も出やすいかと思われます。

うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながら予想をまとめました。

◎本命 11 ゼノヴァース

ディープインパクト
リズムオブライト
母父Beat Hollow
主な勝ち鞍東京ハイジャンプ(J・G2) 2022年
前走中山大障害(J・G1) 2着

本命はゼノヴァースにします。

昨年の東京ハイジャンプは時計の出る良馬場の中、最後の直線で末脚を存分に活かして勝利をつかみました。

血統的には父がディープインパクトなので末脚勝負に定評があり、時計の出やすい馬場では真価を発揮できるのでしょう。

現在の阪神の馬場を見ると、障害コースはもとより、芝コースも意外と時計がでるので、東京ハイジャンプのように末脚を活かせる可能性は高いです。

適性舞台ではなさそうな中山大障害においても2着に入選して地力の高さを証明しました。

現在の馬場傾向を見る限り、ベストを尽くしやすい条件が整ったので一発に期待です。

〇対抗 7 ミッキーメテオ

ルーラーシップ
メテオーリカ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍イルミネーションJS(OP) 2022年
前走イルミネーションJS(OP) 1着

対抗はミッキーメテオにしました。

ここが障害初重賞となりますが、なんといっても近2戦のパフォーマンスが圧巻です。

特に前走のイルミネーションジャンプステークスでは障害重賞タイトルを手にしているアサクサゲンキに10馬身差の大差をつけ、重賞馬相手にも完全勝利しました。

ここも相手は手ごわいですが、大逃げが決まった時のパフォーマンスは非常に高いですし、勝ち負けしてもおかしくないと思います。

▲単穴 2 ニシノデイジー

ハービンジャー
ニシノヒナギク
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍中山大障害(J・G1) 2022年
前走中山大障害(J・G1) 1着

ニシノデイジーは単穴にします。

昨年の中山大障害のパフォーマンスを見る限り、力のある走りを見せていて確かなセンスと実力を感じました。

しかしながら、ニシノデイジーは血統背景的にも本質的には時計のかかる馬場のほうが出し切れるような気がします。

現在の阪神はおそらく時計の出やすい舞台なので、その中での勝ち負けは意外と厳しいかもしれません。

ポテンシャルは確かなので抑えはしますが、強く狙うのはやめました。

単勝

11 ゼノヴァース

馬連流し

軸馬:11
相手:2、7

三連複

2-7-11

以上になります。
阪神スプリングジャンプの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)