[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【函館スプリントS2023追い切り評価/全頭診断】猛時計を叩き出したトップ評価「S」はこの馬!

函館スプリントS2023追い切り評価記事のサムネイル画像

函館スプリントステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では函館スプリントステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

6月7日の馬場状態

函館芝
この日の函館競馬場は雨の影響もあり、芝調教コースは稍重でした。
洋芝らしく、時計もややかかる状況です。

函館ウッド
ウッドチップも雨の影響を受けて重馬場でした。
しかしながら、馬場がそこそこ締まっていて時計は平均的に出ています。

目次(読みたい項目をタップ)

函館スプリントステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

函館スプリントステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

函館スプリントステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ヴァトレニ

ヴァトレニ 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 65.150.036.311.5馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.739.212.0馬なり

函館の芝コースで調教師単走を行いました。

馬なりで軽めに追われながらも外目から直線入りし、促されると反応よく動いて上がり11秒5の時計を残しました。

一歩の歩様も大きく脚を長く活かせていて勝負気配が感じられます。

力のある動きは洋芝でも活かされるでしょう。

洋芝(札幌&函館)はこれまで5戦使って【4-0-1-0】の得意舞台。昨年函館で開催された青函ステークスも勝利していますし、ここは初重賞タイトルにも期待できる仕上がりです。

ヴィズサクセス

ヴィズサクセス 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.552.839.512.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.151.237.211.9馬なり

最終追い切りは岩田康誠騎手を背に、函館競馬場のウッドチップコースで行われました。

ショウナンラスボス(5歳3勝クラス)を5馬身追走し、コーナーでは外目を回る僚馬を横目に内からするすると直線入り。

直線で内から抜け出すと、楽な手ごたえで2馬身先着しました。

これまで負荷をかけていたので軽めの追い切りでしたがそれでも軽快に動けていたのはよいですね。

あとは初めてとなる重賞戦で強敵相手にどこまでやれるかがポイントになるでしょう。

ウォーターナビレラ

ウォーターナビレラ 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 66.250.337.211.3馬なり
1週前栗東芝(稍重) 66.049.936.911.7馬なり
前走最終栗東CW(良)  49.936.011.5馬なり

1週間前追い切りは栗東の芝コースで単走。

ここでは特に問題なく仕上がっていました。

そして、最終追い切りは武豊騎手を背に、函館の芝コースで3頭併せを行いました。

フィーディアライフ(2歳新馬)とフォトンブルー(3歳1勝クラス)の内から動いて直線でもじわりと脚を伸ばして先着しました。

アタマが高いのはこの馬のいつもの走り方なので気にしなくてもよいです。

騎乗した武豊騎手も「動きはよい」とコメントされていました。

ただし、武豊騎手がその後、「オークスから走らなくなってしまった。どこかに原因があるわけではない」とコメントされていて、一流騎手でも走らない原因は分からないそうです。

ポテンシャルの高い馬なので、走ってくれたら勝ち負けもあるでしょう。

追い切り自体はよかったと思います。

カイザーメランジェ

カイザーメランジェ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.152.938.312.4馬なり
前走最終美浦坂路(良)  57.741.212.6馬なり

最終追い切りは助手騎乗の元、ショーガイッパイ(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

僚馬のうちからするすると馬なりで進出し、直線でも助手がやや手綱を引っ張りながらゴールしました。

最後の最後、ショーガイッパイに半馬身遅れましたが、相手が強めに追われているのに対しこちらは抑えながらも入選なのでそこまで心配はいらないでしょう。

8歳馬にしては力強い走りが見られましたが、年齢的な衰えもあるのも事実で、4年前制した時ほど力は出し切れないかもしれません。

調教内容は悪くありませんでしたが、勝ち負けはすこし厳しいかもしれないです。

カルネアサーダ

カルネアサーダ 6月8日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 69.253.439.012.4一杯
前走最終栗東CW(良)⑦98.767.152.237.111.6強め

最終追い切りは角田大和騎手を背に単走で一杯に追われました。

コーナー手前から力強い走りを見せて直線に入ってからも長い馬体を活かした走法でしっかり動けています。

ただし、一杯に追われているわりに時計は平凡でカイザーメランジェの馬なりタイムよりも劣っていました。

この日は前日に降った雨の影響もあったので多少のタイムには目をつぶりたいですが、それでも気になります。

函館の滞在がプラスに働くか、注目したいです。

キミワクイーン

キミワクイーン 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 69.454.640.413.1馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.451.337.411.8馬なり

横山武史騎手を背に、函館のウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

ショウナンアメリア(4歳2勝クラス)を後ろから追走する形で追い切り、最後は併入しています。

時計はそこまでよくありませんがこの日の函館は時間帯によって雨が降り、ちょうど時計のかかる条件下で行ったのでそこまで気にしなくてもよいでしょう。

僚馬に並びかけるのにも時間がかかっていますが、重馬場で動き出しづらい馬場条件下だったのでこちらも悲観するほどではないです。

動きはよかったですしいい仕上がり具合だと思いました。

サトノアイ

サトノアイ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 68.252.238.812.0馬なり
前走最終栗東坂路(不良)  55.139.211.9馬なり

抽選対象馬のサトノアイは富田暁騎手を背に函館の芝コースで最終追い切りを行っています。

僚馬にはクリダーム(3歳2勝クラス)とイエルバブエナ(3歳1勝クラス)です。

2頭の外側から追い切りを行い、直線では軽く仕掛けると一気に動き出して1F-12秒0の時計で併入する形でゴールしました。

直線入りの段階では舌を出しながら走っていたので集中力が欠けている印象を持ちましたが、それでも動きは悪くありません。

力のある走りはできていたので標準以上に仕上がったと思います。

ジャスパークローネ

ジャスパークローネ 6月8日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重)  57.242.013.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.837.211.8強め

ジャスパークローネは浜中騎手を背に函館ウッドチップコースで単走を行いました。

4ハロン標識から動き出して軽めながらも4ハロン57秒2-1ハロン13秒2で走破しています。

1週前の追い切りで負荷がかけられていたので軽めの追いきりでしたが、ピッチ走法でリズムよく走れています。

時計は出ておらず、加速力もありませんが最終調整としてはしっかり動けていたので本番に向けて態勢は整っていました。

ジュビリーヘッド

ジュビリーヘッド 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 67.651.638.211.9強め
前走最終栗東坂路(良)  53.138.612.2馬なり

西村淳也騎手の手綱の元、函館の芝コースで最終追い切りを行いました。

ハイアーレルム(3歳未勝利)を後ろから追走し、直線までは番手で仕掛けどころを伺います。

直線に入ってからはぐいぐいと加速して僚馬と並びかけると、そこからさらに力のある動きを見せて1馬身先着しました。

頭をやや下げながらもしっかりと動けていて走りに集中できていました。

昨年2着に敗れた舞台なので舞台適性も問題ないですし、リベンジに向けて順調に仕上がっています。

ディヴィナシオン

ディヴィナシオン 6月8日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重)  54.840.012.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.337.012.4一杯

最終追い切りは函館ウッドチップコースで単走追い切りを行いました。

馬なりで時計は4ハロン54秒8-1ハロン12秒6をマーク。

この日追い切りを行ったジャスパークローネやカルネアサーダと比較すると好タイムを残しています。

ただし、コーナーワークで首を左右に振る動きが見られました。

もしかしたら集中力に欠いていたかもしれませんし、これが本番に影響を及ぼす可能性もあります。

週末のレース結果次第ですが、もしかしたら何らかの馬具をつけてレースに集中する措置を取ったほうがよいかもしれません。

テイエムトッキュウ

テイエムトッキュウ 6月7日日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重)  55.639.012.5馬なり
1週前栗東坂路(稍重)  52.437.512.7馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.838.212.2馬なり

最終追い切りは函館ウッドチップコースにおいて北村友一騎手の手綱の元、単走で追われています。

馬なりながらもスタートからしっかりと動けていましたし、悪くありません。

頭は少し高く、馬体は少し太い感じもしましたが、しっかりと動けていたので順調に仕上がっていると思います。

あとは久々の芝レースでどこまで力を発揮できるかがポイントになるでしょう。

トウシンマカオ

トウシンマカオ 6月7日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 61.145.933.711.2強め
前走最終美浦南W(良)81.465.351.036.611.2馬なり

最終追い切りは当日騎乗する鮫島克駿騎手とのコンビでビップナージャ(3歳未勝利)と並走しました。

ビップナージャを7馬身後方から追走。

コーナーの出口付近で並びかけると軽く促されて一気に動き出します。

横で一杯に追われる僚馬に影すら踏ませぬ走りで4馬身半も先着。

時計5ハロン61秒1-1ハロン11秒2の猛時計を叩き出しました。

時計も動きも文句はありません。

上がりも函館の時計のかかる稍重芝で33秒台を叩き出しているのでここに対する意欲が感じられます。

今回の出走馬で一番よい動きでした。

ブトンドール

ブトンドール 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 67.451.437.811.6馬なり
1週前栗東坂路(稍重)  52.937.511.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.437.911.8強め

最終追い切りは助手の手綱の元、函館の芝コースで行われました。

1週間前の追い切りで4ハロン52秒9-1ハロン11秒3の時計を出しており、レースに向けて順調に仕上がっていました。

その翌週となる今回は完全に馬に任せた走りでしたが、久々に帰ってきた函館の芝コースを確かめるような動きができていてリラックスしているように感じられました。

それでも要所で動けていますし、馬なりながらもラスト1ハロン11秒6はよいですね。

ブトンドールはやはり函館のコースが合っているように感じます。

今年は低斤量の恩恵も受けられますし、状態面もよいので勝ち負けも十分あり得ると思います。

ムーンプローブ

ムーンプローブ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.153.439.212.7馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.237.612.7馬なり

最終追い切りは北村友一騎手の手綱の元、函館の芝コースにおいてノレッジビューティ(3歳未勝利)と並走しました。

ムーンプローブは早めから函館に滞在して調整を行われていたので輸送のダメージもありません。

最終追い切りではノレッジビューティを3馬身追走する形で追い、コーナーで並びかけて直線で先頭に立つと、脚を少しでも前に出しながらトビのある走りで1馬身先着しました。

騎乗した北村友一騎手も「良かった。走りは短距離向き」とコメントされています。

桜花賞と阪神JFは大敗しましたが、その間に行われたフィリーズレビューでは2着に入選した実績があります。

初の芝1,200mでどこまでやれるか、斤量の恩恵も味方につけて勝ち負けに加わりたいです。

リバーラ

リバーラ 6月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 63.147.335.012.4強め
1週前美浦南W(稍重)82.065.350.935.911.4強め
前走最終美浦南W(良)83.466.951.936.611.3馬なり

最終追い切りは助手騎乗の元、函館の芝コースでカップコルス(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

僚馬を5馬身追走する形で追い切りを行い、コーナーで先頭に立つと、横から追ってくるカップコルスに先を譲らず半馬身差先着しています。

動きは悪くありませんがラスト1ハロンの時計12秒4は今回函館芝コースで最終追い切りされた全頭の中でワーストです。

強めに追われている中でラスト1ハロン12秒4の時計はあまり評価しづらいです。

前半は時計が出ていたのでおそらく最後の直線で一杯になったのでしょう。

本番でも前傾ラップを刻み続けると最後はバテる可能性が浮上しました。

いかにスタミナを残しながらハナで競馬するかがカギになりそうです。

レイハリア

レイハリア 6月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 73.756.641.613.3馬なり
前走最終美浦南W(良)84.067.352.338.211.5馬なり

最終追い切りは亀田温心騎手を背に、函館のウッドチップコースで単走しました。

函館に前乗りしていて他馬よりも一足先に輸送をクリアしています。

最終追い切りの5ハロン73秒7-1ハロン13秒3の時計は全く時計がでていませんが、それ以前に美浦で消化していたようなので時計に関しては気にしなくてもよいそうです。

しかしながら、騎乗した亀田騎手は「最後の反応が鈍い」とコメントされているように、最終追い切りを見ただけでは勝負気配は感じられませんでした。

近走は走る意欲を失ってしまったのか、凡走が続いていますがそれでもかつて重賞タイトルを手にした馬なので復活に期待したいです。

函館スプリントステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると函館スプリントステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

函館スプリントステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
トウシンマカオ
ヴァトレニ
ウォーターナビレラ
キミワクイーン
ジュビリーヘッド
ブトンドール
ヴィズサクセス
カイザーメランジェ
カルネアサーダ
サトノアイ
ジャスパークローネ
ディヴィナシオン
テイエムトッキュウ
ムーンプローブ
リバーラ
レイハリア
 

函館スプリントステークス2023追い切り映像

函館スプリントステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 函館スプリントステークス|JRA公式

函館スプリントステークス2023の最終予想

函館スプリントステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)