[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京都記念2024追い切り評価/全頭診断】上位人気の〝アノ馬〟にトップ評価「S」

京都記念2024追い切り評価記事のサムネイル画像

京都記念2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では京都記念の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

2月7日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに稍重でした。
坂路は1番時計がウィリンの51秒7、それ以外は速くて52秒台と時計は出ていません。
ウッドは6F79秒台が3頭、80秒台もそこそこいるので時計はまずまず出ています。

栗東
栗東は坂路、ウッドともに重馬場でした。
坂路の一番時計はクラウンプライドの47秒5で、50秒台も多頭いたため美浦よりも時計は出ています。
ウッドは6F78秒台~79秒台で走破した馬が6頭おり、時計の出やすい馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

京都記念2024追い切り評価/全頭診断コメント

京都記念2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

京都記念(G2)共同通信杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アフリカンゴールド

アフリカンゴールド 2月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)82.966.552.237.511.7一杯
1週前栗東CW(良)⑦98.367.654.340.012.8一杯
前走最終栗東CW(良)82.166.452.638.112.3一杯

一昨年の京都記念(G2)を制したアフリカンゴールドは栗東のウッドチップで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から一杯に追い、6F82秒9-上がり1F11秒7の時計で駆け抜けています。

1月12日から追い切りを再開しており、ほぼ毎日ウッドで調整を行っています。

1週前の31日にはウッドで馬場の外目から一杯に追い、7F98秒3-上がり1F12秒8の時計で走破していました。

今年9歳馬なので衰えがあってもおかしくないですが、脚取りはたしかです。

ただ、一杯に追った割には終い時計はそこまで目立っておらず、ややズブい内容です。

最終追い切りでもいつも通りの走法を見せてくれています。

しかしながら、1週前に負荷をかけた影響が好転したのか、終い2F11秒7-1F11秒7と直線では好時計を刻むことができています。

今回の追い切りでは1週間に一度一杯に追われてきましたが、ようやく身体もほぐれてきたように見えました。

乗り込み量も豊富で年齢以上に動けていましたし、順調に良化していると思います。

ジェットモーション

ジェットモーション 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重) 66.251.436.811.3一杯
前走最終栗東CW(良) 68.452.737.611.8一杯

ジェットモーションは美浦のウッドチップでプレイソフトリー(牡3、未勝利)ともう一頭の馬(名称不明)と3頭併せを行いました。

騎手見習いが騎乗し、馬場の3分どころからプレイソフトリーを2~3馬身一杯に追走し、5F66秒2-上がり1F11秒3の時計で1馬身半先着しています。

中間は坂路で10本、ウッドは1本時計を残しており、1週前の31日にもウッドで併せ馬を行い、一杯に追われています。

1週前に負荷をかけつつ最終追い切りでも一杯に追われるスタイルは前走時も見られた調教ローテで無事にクリアしました。

そして、肝心の動きに関しましても、コーナーでは軽めに動きつつ、直線で見習い騎手が鞭を入れてからの反応がよく、2頭の併せ馬を突き放して先着できています。

前走ステイヤーズステークス(G2)のときは格下の馬に遅れてしまいましたが、今回はオープン馬として最低限の動きは見せたでしょう。

前走最終時よりも時計は出しましたし、前走時よりはいい仕上がりに見えました。

シュヴァリエローズ

シュヴァリエローズ 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)84.168.753.938.611.5強め
前走最終栗東坂路(良)  54.139.312.6馬なり

シュヴァリエローズは栗東のウッドチップで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から強めにおい、6F84秒1-上がり1F11秒5の時計で走破しています。

中1週ということで中間は軽めの調整で済ましています。

間隔を詰めてレースに挑む形となりましたが、序盤から中盤にかけてはどこかのっそりとしていていまいち覇気が感じられません。

しかし、直線ではじりじりと足を伸ばし、終い1Fは大きなストライドで駆蹴ることができていました。

差し馬なので加速ラップを刻むことができたのも良いでしょう。

いい時期と比較すると物足りない内容でしたが、近走のなかではまずまず動けているとおもいます。

ナイママ

ナイママ 2月8日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(良)  54.139.312.9馬なり
前走最終美浦坂路(良)  54.440.012.7馬なり

ナイママは美浦の坂路で単走を行っています。

助手が騎乗し、馬なりで4F54秒1-上がり1F12秒9で走破しました。

中3週と間隔はありませんが、中間はなんとウッドが1本のみで少なめです。

もう少し本数を加算してもよかったでしょう。

映像は上がっていませんが、ウッドで行われた中間のい切りでは馬場の外目からゴール前で仕掛けられ、6F81秒4-上がり1F12秒1の時計を記録していました。

時計自体はこれまでの追い切りで2番目に速く、年齢の割には動けていました。

また、終い2F-1Fはどちらも12秒1なので持続性のある走りができています。

最終追い切りも映像が公開されていなかったので評価が難しいところですが、軽めということで時計は出ていません。

しかし、1週前に速い時計を出しているのでこの馬なりに良化していると思います。

バビット

バビット 2月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.140.012.5馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.438.512.2一杯

かつて重賞を2勝したバビットは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から馬なりで追われて全体時計55秒1-上がり1F12秒5で駆け上がっています。

中間はキャンター込みで坂路が8本、坂路重視で調整されていましたが、26日にはプール調教も挟んでいます。

最終追い切りは単走で軽めでしたが、前脚を掻きながらの走法はいつものバビットの追い切りスタイルができているので自分の走りはできるでしょう。

ただし、これまでも追い切りは決して悪くないものの、レースでの結果は散々でした。

そのため、一発大きな変化に期待したかったのですが、悪い意味で変化のない追い切りです。

自分の力は出せそうですが、それがレースの勝ち負けに及ぶかというと難しいところで、個人的には大きな変化が見たかったです。

プラダリア

プラダリア 2月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  52.237.812.4末強め
1週前栗東CW(良)87.270.354.538.411.4末一杯
前走最終栗東CW(良)80.365.351.236.711.9一杯

昨年の京都大賞典(G2)を制したプラダリアは栗東坂路で単走を行いました。

池添調教師自ら手綱を握り、馬場の外目から末強めに追われて4F52秒2-上がり1F12秒4でまとめています。

追い切りは1月19日から再開しており、坂路が9本、ウッドが5本で何本かは時計も出していました。

1週前の31日には今回騎乗する池添騎手を背に、ピストンボーイ(牡3、未勝利)と併せています。

このときは馬場の外目から僚馬を2馬身追走する形で末一杯に追われて6F87秒2-上がり1F11秒4で1馬身半差先着しています。

休み明けということで舌を向きながらの走りで気持ちは稍後ろ向きでしょうか。前脚も少し固い気がします。

しかし、直線で追われてからは力いっぱい追うことができているので、休み明けにしては悪くない内容でした。

1週前に負荷をかけましたが、最終追い切りでも再び末強めに追われています。

ここでは序盤から視線を前に向けて回転の速い脚さばきで動くことができていました。

まっすぐ走ることができていて走りに集中しているのも良いでしょう。

ただし、末強めに追われた割に終い2Fが12秒2-1F12秒4で最後は失速してしまったのは気になりました。

それでも、最後の最後まで力強く動けていたのはよかったです。

現在の京都は時計がかかりがちなので、重くなればなるほど出し切れるでしょう。

有酸素的な競馬になってくれれば、3つ目の重賞タイトル制覇にも期待ができそうです。

プラチナトレジャー

プラチナトレジャー 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 66.851.937.411.8馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.751.837.612.0馬なり

甲斐路ステークス(3勝クラス)から挑むプラチナトレジャーは美浦のウッドチップでハーツイストワール(牡8、オープン)と併せました。

助手が騎乗して馬場の外目から僚馬より2~3馬身先行する形で馬なりにて追われ、5F66秒8-上がり1F11秒8で同時併入まで粘っています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

中間は坂路がすべてキャンターで7本、ウッドが6本、内、時計を出したのが5本でどちらかというとウッドベースで調整されていました。

映像はありませんが、31日には美浦ウッドで土曜日のクイーンカップ(G3)に出走するルージュスエルテ(3歳オープン)と併せて6F80秒8-上がり1F11秒6の自己ベストを記録しました。

時計は速いものの、馬場の3分どころを走ってのものなので、もしも外目から動いていたら80秒台を切ることはなく、そこまで過信しなくてよさそうです。

最終追い切りも引き続きウッドで調整しています。

身体の大きな馬ですが、四肢を長く活かした走りができていて足下の動きは悪くないです。

ただ、終始頭が斜め右を向いて走っていたので集中力は欠けている印象を持ちました。

それでも、馬なりの調整にしては悪くない動きですし、前走最終時とほとんど時計に変化がないことから、休み明けにしてはうまく調整を維持できたことでしょう。

前走と同じくらいの仕上がりだと思います。

ブレイヴロッカー

ブレイヴロッカー 2月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)83.568.153.538.412.1末強め
前走最終栗東CW(良)81.666.251.837.412.3一杯

前走オリオンステークス(3勝クラス)から挑むブレイヴロッカーは栗東ウッドチップで単走を行いました。

レース当日も騎乗する酒井学騎手が騎乗し、馬場の外目から末強めに追われて6F83秒5-上がり1F12秒1の時計でゴールしています。

中間追い切りは1月20日から再開し、ウッドで14本、坂路は1本のみで、ウッド中心に調整されました。

また、先月31日は栗東ウッドで一杯に追われて6F83秒6-上がり1F11秒8で負荷をかけています。

1週前に負荷をかけていましたが、最終追い切りでも末強めで追っています。

四肢の動きは悪くないものの、頭は終始上を向いていてアゴが上がっていました。

おそらく、走りよりも他のことに意識が向いており、走りに集中できていなかったと思います。

直線に入ってからも手前を2度変えており、ちょっと遊んでいる感じに見えました。

走りに集中できていませんでしたし、あまりよい内容とは言い難かったです。

ベラジオオペラ

ベラジオオペラ 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)83.669.754.839.011.5引張切り
1週前栗東CW(良)⑦98.867.152.837.611.5一杯
前走最終栗東CW(良)81.366.051.736.711.3馬なり

前走のチャレンジカップ(G3)を制したベラジオオペラは栗東ウッドチップでセオ(牡4、3勝クラス)とサヴァ(牡6、オープン)と3頭併せを行いました。

レースでも騎乗する横山和生騎手が栗東に駆け付け、僚馬より2~3馬身先行する形で追っています。

引張り(馬なりに近い)で6F83秒6-上がり1F11秒5でクビ差先着しました。

中間は坂路が9本、ウッドはなんと23本も乗っていてこれでもかというくらい入念に調整しています。

31日はサヴァ(牡6、オープン)と併せています。

このときは上村調教師が騎乗して僚馬を2~3馬身追走する形で一杯に追い、7F98秒8-上がり1F11秒5の時計で2馬身半先着しました。

1週前はコーナーこそ折り合い重視で動いていますが、直線にはいってしばらくすると、じりじりと左右の併せ馬を突き放して楽に先着しています。

促されてからの反応もよいですし、さすがは重賞馬といった内容の動きでした。

最終追い切りは引っ張り切りに調整しています。

ここでも3頭併せの真ん中から追いましたが、コーナーの時点で手綱を引っ張り抑えつつの動きを見せています。

直線でも終始引っ張り気味でどちらかというと自重を促す内容でしたが、それでもあふれんばかりの前向きさで最先着できているのはよさそうです。

ただ、一杯に追った1週前の時計と馬なりで追われた前走チャレンジカップの最終追い切りを比較すると、後者のほうが時計は出していました。

そのことを考えると、チャレンジカップほどの仕上がりではないかもしれません。

今回も決して悪くないですが、前走のほうが見栄え良く見えました。

マテンロウレオ

マテンロウレオ 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)85.268.953.638.511.9馬なり
1週前栗東CW(良)⑦99.868.153.438.212.2一杯
前走最終栗東CW(良)84.068.953.638.411.7末強め

きさらぎ賞(G3)以来の勝利を手にしたいマテンロウレオは栗東のウッドチップで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、6F85秒2-上がり1F11秒9でゴールしています。

中間は坂路が3本、ウッドが14本でウッド中心に調整されていました。

1週前の31にはウッドで一杯に追い、馬場の外目から7F99秒8-上がり1F12秒2で負荷をかけています。

ここは単走で追っていましたが、コーナーでは斜め左を向きながらの追いで、直線で促されてからの反応もあまりよくありません。

時計もそこまで出ておらず、一杯にしては目立たない内容でした。

最終追い切りは一転して馬なりで軽めです。

1週前に負荷をかけた影響もあって幾分か良化していますが、それも目立つほどの動きではありませんでした。

もっとも、マテンロウレオは好走した昨年の大阪杯(G1)でも覇気のある動きを見せていませんが、掲示板入りしています。

追い切り映えするタイプではないので、現在の状態でもこの馬なりに仕上がっているかもしれません。

ラヴェル

ラヴェル 2月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.037.812.7馬なり
1週前栗東CW(稍重)79.764.350.336.612.0一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.038.512.0馬なり

アルテミスステークス(G3)でのちの三冠牝馬であるリバティアイランドに先着したラヴェルは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中外目から馬なりで追い、4F53秒0-上がり1F12秒7の時計でゴールしています。

約4か月ぶりのレースですが中間は坂路が5本、ウッドは1本、合計6本です。

少なめですが、この内5本で時計を出しているので数値以上にやれていると思います。

1週前の2月1日は栗東ウッドチップで元主戦の坂井騎手(今回はデムーロ騎手)が騎乗しています。

この時は単走で馬場の外目から一杯に追われて6F79秒7-上がり1F12秒0の好タイムを出しました。

ラスト2Fが11秒4に対して1Fが11秒9なので終いは減速していますが、序盤から飛ばし気味に動けており、負荷をかける面ではいい追い切りができています。

もともと1週前に行われた東京新聞杯(G3)に向けての調整でしたが、除外となったため最終追い切りは軽めでした。

馬なりでしたが序盤から意気揚々とした動きを見せていて、力強い走りができています。

1週前に負荷をかけた影響がうまく反映されているように見えました。

ただ、ラスト2F11秒8にたいして終い1F12秒7と明白に失速しています。

いい時期は加速ラップを刻むことができていたため、この点はマイナスです。

アルテミスステークスでは追込一気を決めてリバティアイランドに勝ち切りましたが、今回の内容を見る限り追込には期待しづらいでしょう。

どちらかというとオークス(G1)に先行策を取ってきそうですが、いい時期ほどの出来栄えとも言い難かったです。

ルージュエヴァイユ

ルージュエヴァイユ 2月7日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(稍重)  52.938.712.3馬なり
1週前美浦南W(良)81.966.451.337.411.3G前仕掛け
前走最終美浦坂路(良)  52.037.712.1馬なり

昨年のエリザベス女王杯(G1)で2着入線したルージュエヴァイユは美浦の坂路でタイガードラゴン(牡3、1勝クラス)と併せました。

助手が騎乗して僚馬を4~5馬身後方から追走する形で馬なり追いを行い、4F52秒9-上がり1F12秒3で同時併入しています。

中間追い切りは1月11日から再開し、坂路で17本、ウッドで3本の時計を記録していました。

1週前は美浦ウッドでタイガードラゴンと併せています。

ここでは馬場の真ん中から僚馬を3~4馬身追走する形でゴール前にて仕掛けられ、6F81秒9-上がり1F11秒3で2馬身先着しています。

序盤から綺麗なフォームで動くことができていますし坂路で入念に調整された影響もあって休み明けの影響は感じられません。

手前を替える前まではアタマがやや横を向いていたものの、直線に入って手前を替えてからじりじり脚を伸ばし、ラスト1F11秒3の好時計でまとめているのも好材料でした。

輸送を控えているので最終追い切りは軽めでしたが、躍動感のある走りができていましたし、ゴールが近づくにつれて加速できています。

ルージュエヴァイユは差しの競馬を得意としているので追い切りで末脚を伸ばし切れたのは良かったと思います。

開催最終週の京都の馬場がこの馬に合致するかは分かりませんが、追い切りに関しましては今回の出走馬の中で一番よく見えました。

馬券が的中しない方へ

京都記念(G2)共同通信杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると京都記念(G2)共同通信杯(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

京都記念2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ルージュエヴァイユ
アフリカンゴールド
プラダリア
ジェットモーション
シュヴァリエローズ
プラチナトレジャー
ベラジオオペラ
マテンロウレオ
バビット
ブレイヴロッカー
ラヴェル
 
同評価内は50音順になります。

京都記念2024追い切り映像

京都記念2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 京都記念|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 京都記念|JRA公式

京都記念2024の最終予想

京都記念2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)