[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【弥生賞2024追い切り評価/全頭診断】シンエンペラーを上回る最高評価「S」はこの3頭!

弥生賞ディープインパクト記念2024追い切り評価記事のサムネイル画像

弥生賞ディープインパクト記念2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では弥生賞ディープインパクト記念の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

2月28日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドチップともに良馬場でした。
坂路は1番時計がナムラバンチーの4F50秒9で平均的な時計が出ています。
ウッドは1番時計がスマートオリーブの6F79秒2で、それ以外にも速い時計を出していることから高速馬場傾向でした。

栗東
この日の栗東は坂路が良馬場、ウッドチップは稍重馬場でした。
坂路は4F50秒台の時計を出している馬が何頭かおり、時計は出ています。
ウッドの1番時計はノッキングポイントとリッケンバッカーの6F79秒3でそれ以外にも速い時計を出している馬は多くて美浦同様時計の出やすい馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

弥生賞ディープインパクト記念2024追い切り評価/全頭診断コメント

弥生賞ディープインパクト記念2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

弥生賞ディープインパクト記念(G2)チューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アドミラルシップ

アドミラルシップ 2月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)82.666.651.937.811.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.753.238.011.3馬なり

アドミラルシップは美浦のウッドチップコースにて、マイネルダグラス(牡6、2勝クラス)と併せ馬を行いました。

横山琉人騎手(レース当日は戸崎騎手が騎乗)が手綱を握り、僚馬を3馬身追走する形で馬場の外目からゴール前仕掛けを行い、6F82秒6-上がり1F11秒7の時計で半馬身遅れています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

今回中3週でレースに挑みますが、中間は坂路やウッドで調整されました。

映像はありませんが、1週前の21日にはソムリエ(牡4、2勝クラス)と併せて美浦ウッドで馬場の3分どころからゴール前仕掛けで5F66秒9-上がり1F11秒3でゴールしています。

今回2週続けてゴール前仕掛けという強めの追い切りを行いました。

間隔を詰めて使われていることや強めの追い切りを繰り返していることもあって序盤からはきはきとした動きを見せています。

ピッチの利いた走りで走ることができており、動きも問題ないでしょう。

直線で手前を替えてからはラスト2F12秒5-上がり1F11秒7で段階的にペースアップもできています。

ただ、前走最終時が馬なりで2F12秒4-1F11秒3だったので終い時計はその時よりも見劣りしています。

また、今回は併せ馬を追走する形で追い切りを行い、直線で併せ馬を捕えよう詰め寄りましたが届きませんでした。

この2点が惜しいところで、これらをクリアしていたらなおよかったです。

エコロレイズ

エコロレイズ 2月28日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)80.165.651.637.511.7馬なり
前走最終美浦南W(稍重)84.267.953.038.811.8馬なり

エコロレイズは美浦のウッドチップコースでエコロデュエル(牡5、障害オープン)と併せ馬を行っています。

レース当日も騎乗する菅原騎手を背に、馬場の真ん中から僚馬を4~5馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F80秒1-上がり1F11秒7の時計で同時併入しました。

中間は坂路ベースで調整されていますが、1週間に1度、ウッドで時計を出しており、2週前の14日にはウッドで6F76秒9という猛時計を出しています。

最終追い切りは軽めの調整でしたが、エコロデュエルと終始並走する形で追い切りを行いました。

動きは問題ありませんでしたし、馬なりながらも全体時計80秒1の時計で駆け抜けることができていい内容です。

今回併せたエコロデュエルは平場でこそ未勝利しか勝利がないものの、障害重賞の京都ジャンプステークス(J・G3)を制しているだけではなく、昨年の中山大障害(J・G1)でも3着入りしている実力馬です。

僚馬も馬なりでしたが格上相手に同時併入まで持ち込んでいるのは評価したいです。

そして、2週前の14日に76秒9という快速ラップを刻めたのも印象深いです。

未勝利上がりで相手は強敵ですが、追い切りを見る限りはここで勝負に来ている感じも伝わりましたので、枠の並びで印も考えたくなりました。

コスモキュランダ

コスモキュランダ 2月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 65.750.736.711.5馬なり
前走最終美浦南W(良)83.867.152.538.012.2馬なり

コスモキュランダは美浦のウッドチップコースでイングリッドローズ(牝3、未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の2分どころから僚馬を3~4馬身追走する形で直線強めに追い、5F65秒7-上がり1F11秒5の時計で1馬身半先着しています。

中間は坂路をベースに行っていますが、1週前の21日には美浦ウッドで強めに追われています。

この日はベニシア(牝3、1勝クラス)と併せて馬場の2分どころから追って6F82秒8-上がり1F11秒9の時計を残しています。

1週前に強めに負荷をかけていますが、最終追い切りでも直線で強く追っています。

序盤からピッチの利いた脚さばきでコーナーを立ち回っています。

直線に入ってからその脚色は衰えることなく併せ馬を引き離しての先着でした。

2週続けて強めに追った影響もあってレースに対する意欲も感じられます。

5F65秒7の時計はこの馬の自己ベストですし、終い1F11秒5もこの馬からしたら過去最速でした。

他の馬と比較すると平均的な末脚ではありますが、この馬なりに良化しているのは間違いないでしょう。

シュバルツクーゲル

シュバルツクーゲル 2月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦PT(良) 68.954.139.711.6馬なり
1週前美浦PT(良) 69.354.339.711.3馬なり
前走最終美浦PT(良) 71.454.939.911.1馬なり

東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)で2着入りしたシュバルツクーゲルは美浦のポリトラックコースでキングストンボーイ(セ6、オープン)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して外ラチ沿いから馬なりで僚馬より2馬身先行する形で追い、5F68秒9-上がり1F11秒6の時計で同時併入しています。

1週間前の21日も美浦のポリコースでキングストンボーイと併せています。

このときも僚馬より5馬身先行する形で馬なりにて追われ、5F69秒3-1F11秒3で同時併入でした。

コーナーワークでは少し頭の高い動作を見せており、直線でも少し前脚に固さが見られます。

しかし、直線に入ってしばらくするとペースアップして終い1F11秒3でまとめることができました。

ポリトラックはもともと時計が出やすいためタイムは過大評価しなくても良いでしょうが、段階的にペースアップできたのは悪くありません。

最終追い切りにおける良化に期待したい内容でした。

そして、最終追い切りも再びポリで調整しています。

1週前と比較すると幾分シャープな動きを見せていますが頭が高い点は変わりません。

直線に入ってからもはじめは横を向いているように集中力もかけていました。

ところが、直線に入ってしばらくすると前に集中するようになってペースアップし、1週前とほとんど遜色のない動きができていました。

時計はそこまで目立っていませんが終いの伸びはよいです。

近2戦同様ポリで最終追い切りをクリアできたのも悪くありませんし、まずまず仕上がっています。

シリウスコルト

シリウスコルト 2月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.667.352.838.211.9馬なり
前走最終美浦坂路(良)  52.339.012.8馬なり

昨年の芙蓉ステークス(OP)で1着のシリウスコルトは美浦のウッドチップで単走を行いました。

レース当日も騎乗する三浦騎手を背に、外ラチ沿いから馬なりで追われて6F83秒6-上がり1F11秒9の時計でゴールしています。

中間は坂路でびっしり追いつつ、週に1度のペースでウッドでも調整されました。

レース映像はありませんが、1週前の21日は美浦ウッドでオーシャンステークス(OP)に出走するシナモンスティック(牝5、オープン)と併せています。

このときも三浦騎手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで6F84秒3-上がり1F11秒5の時計を記録しています。

最終追い切りは単走で調整されました。

少し頭は下向きでしたが軸の安定した走りを見せており無駄がありません。

馬体もいい意味で大きくなっていますし、手前を替えてからも段階的にペースアップすることができました。

時計は出していませんし迫力のある追い切りではありませんでしたが、安定した動きを見せていることから状態面はよさそうです。

2週続けて三浦騎手が騎乗した点も好感が持てますし、時計以上にいい内容でした。

シンエンペラー

シンエンペラー 2月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.639.611.9末強め
前走最終栗東坂路(良)  56.941.212.1馬なり

昨年のホープフルステークス(G1)で2着のシンエンペラーは栗東坂路で単走を行いました。

今回初コンビを組む川田騎手を背に、末強めに追って全体時計54秒6-上がり1F11秒9でまとめています。

前走ホープフルステークスから約2か月ぶりのレースとなり、中間は坂路メインで調整していますが、24日には栗東ウッドで馬場の外目から強めに追って6F97秒6-上がり1F11秒6の時計を記録しました。

今回の出走馬の中で唯一関西から遠征する馬ですが、最終追い切りでも末強めで追っていました。

序盤は軽い脚取りで淡々と坂路を駆けあがっていますが、中盤以降で促されるとそれに反応して力強く坂路を駆けあがっています。

随所の反応もよかったですし、2歳時に重賞の舞台で好走しただけあります。

ここのレース結果問わず、皐月賞には高確率で向かうことができるので叩きの可能性はありますが、追い切りを見た限りは追えばすぐにでも力を発揮できる状態には仕上がっていました。

ホープフルステークスのときよりもいい内容だったと思います。

ダノンエアズロック

ダノンエアズロック 2月28日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 64.850.736.311.4馬なり
1週前美浦南W(重) 64.950.435.311.1一杯
前走最終美浦南W(良)  52.436.611.2馬なり

アイビーステークス(L)の勝ち馬ダノンエアズロックは美浦のウッドチップコースでサイルーンと併せ馬を行いました。

今回コンビを組むR.キング騎手が追い切りに跨り、馬場の3分どころから僚馬を2馬身追走する形で馬なりにて追い、5F64秒8-上がり1F11秒4の時計で同時併入しました。

1週前の22日も美浦ウッドでキング騎手騎乗の元、サイルーンと併せています。

このときは馬場の4分どころから一杯に追って5F64秒9-上がり1F11秒1でまとめました。

1週前は一杯に負荷をかけましたが、コーナーワークの段階から素晴らしい走りができています。

直線に入ってからも身体全体を駆使した動きができていました。

手前を替えるタイミングこそ遅れてしまいましたが、終い2F11秒3-1F11秒1で時計面も素晴らしいです。

負荷をかける意味でも価値のある内容でしたし素質の高さがうかがえました。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めの調整です。

ここでもキング騎手が騎乗しながら感触を確かめていました。

馬なりということで1週前と比較すると時計面は見劣りしていますが、それでもラスト2F11秒7-1F11秒4で好時計を記録しています。

手前を替えるタイミングはやや遅れていましたが、その点を差し引いても非凡な才能が感じられる追い切りでした。

2週続けてキング騎手が追い切りに騎乗したのも好感が持てますし、ここでの上位争いにも期待できそうです。

トロヴァトーレ

トロヴァトーレ 2月28日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)79.564.250.637.011.6G前仕掛け
1週前美浦南W(重)84.167.952.537.811.8馬なり
前走最終美浦南W(良)84.668.853.938.811.8馬なり

葉牡丹賞(1勝クラス)の勝ち馬であるトロヴァトーレは美浦のウッドチップコースでスクルトゥ-ラ(牝5、1勝クラス)と併せました。

助手が騎乗して馬場の外目から僚馬を6馬身追走する形でゴール前仕掛けを行い、6F79秒5-上がり1F11秒6の自己ベストを出しましたが半馬身遅れました。

1週前の21日にも美浦ウッドでフミバレット(牡3、1勝クラス)と併せています。

このときは馬場の外目から僚馬を3~4馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F84秒1-上がり1F11秒8の時計で1馬身先着しています。

1週前は馬なりで軽めの調整でしたがシャープな馬体ですでに身体は仕上がっています。

コーナーから直線入りの時点で早めに手前を替えると併せたフミバレットをするすると交わして先着しました。

馬体も締まっていましたし、馬なりながらも迫力のある走りができていて、好感触な内容となっています。

最終追い切りではゴール前仕掛けで強めに追いました。

このときは僚馬の背後で脚を溜めつつ、直線でかわして追う実践向けの追い切りが行われました。

コーナーワークの段階から力のこもった動きができていましたし、僚馬のキックバックにひるまず、最後まで終えているのも良いでしょう。

半馬身遅れましたが6馬身追走してのものなのでそこまで悲観することはないですし、むしろ6F79秒5の自己ベストを記録したころから上積みの感じられる追い切りでした。

皐月賞へ向かうにはここで3着以内に入線したいところですが、ここに向けて順調に仕上がっています。

ニシノフィアンス

ニシノフィアンス 2月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 65.850.836.511.7馬なり
前走最終美浦南W(良)83.066.251.437.211.6一杯

京成杯(G3)で2着のニシノフィアンスは美浦のウッドチップでアームブランシュ(牡4、2勝クラス)ともう一頭(名称不明)と3頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する内田騎手を背に、馬場の真ん中からアームブランシュを5馬身追走する形で馬なり追いを行い、5F65秒8-上がり1F11秒7の時計で同時併入しています。

中間は坂路がベースですが、14日と21日はウッドで併せ馬を行いました。

21日はウッドでゴール前一杯に追われているので負荷をかけています。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは馬なりで軽めの調整です。

馬なりの調整でしたが序盤から力ある動きを見せていて迫力があります。

最終的には同時併入まで持ち込んでいるように、しっかり終えたのも好感触でした。

京成杯の時とほとんど差のない動きができていましたし、引き続き良い状態でレースに挑むことができるでしょう。

ファビュラススター

ファビュラススター 2月28日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 66.852.237.811.1直強め
1週前美浦南W(重) 67.752.137.511.6馬なり
前走最終美浦南W(稍重)83.667.052.238.011.7馬なり

ファビュラススターは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

レース当日も騎乗する横山武史騎手を背に、馬場の外目から直線強めに追われて5F66秒8-上がり1F11秒1の時計でゴールしています。

1週前の21日には美浦ウッドでガレストロ(牡4、1勝クラス)と併せました。

このときは馬場の真ん中から馬なりで追い、5F67秒7-上がり1F11秒6で3馬身先着しています。

前脚でウッドを掻くような動きを見せており、コーナーの段階から意欲的に追われています。

馬なりながらもレースに向けて積極的な姿勢を見せていました。

最終追い切りは単走でしたが直線強めで負荷をかけています。

1週前に引き続き、コーナーの時点から淡々とした動きで追えています。

終いで促されてからは一気に加速し、終い1F11秒1という好タイムで走破しました。

末脚重視の追い切りとしては優秀でしたし、反応も良く、いい仕上がり具合です。

レッドテリオス

レッドテリオス 2月28日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.855.440.112.0馬なり
1週前美浦南W(重)83.066.551.536.911.4直強め
前走最終美浦南W(良)83.167.452.938.211.8馬なり

新馬から挑むレッドテリオスは美浦のウッドチップコースでノーダブルディップ(牡6、2勝クラス)ともう一頭の馬(名称不明)と3頭併せを行っています。

助手が騎乗してノーダブルディップより5~6馬身先行する形で馬なり追いを行い、5F70秒8-上がり1F12秒0で同時併入しています。

1週前の21日にはレース当日も騎乗する津村騎手を背に、美浦ウッドで直線強めに追われました。

このときは馬場の真ん中からニシノライコウ(牡4、3勝クラス)ともう一頭(名称不明)と3頭併せを行っています。

ニシノライコウより3馬身先行する形で6F83秒0-上がり1F11秒4の時計を出しています。

1週前追い切りでは2頭の間から追走する形で追っています。

2頭にもまれまいと脚を使えており、終いも一瞬伸びを見せましたがやや安定しない場面もあって粗削りな印象でした。

最終追い切りは単走で軽めです。

このときは馬場の外目から2頭を見るように追い切りを行いましたが、少し頭が下を向いています。

下半身の動きにも力がなく、どこか覇気のない動きです。

直線になって併せてからは伸びを見せていますが、他の馬と比較するとそこまで目立たずで、仕上がり具合はまずまずといったところでした。

馬券が的中しない方へ

弥生賞ディープインパクト記念(G2)チューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると弥生賞ディープインパクト記念(G2)チューリップ賞(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

弥生賞ディープインパクト記念2024追い切り評価ランキング

評価馬名
エコロレイズ
ダノンエアズロック
トロヴァトーレ
シリウスコルト
シンエンペラー
ニシノフィアンス
ファビュラススター
アドミラルシップ
コスモキュランダ
シュバルツクーゲル
レッドテリオス
 
 
同評価内は50音順になります。

弥生賞ディープインパクト記念2024追い切り映像

弥生賞ディープインパクト記念2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 弥生賞ディープインパクト記念|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 弥生賞ディープインパクト記念|JRA公式

弥生賞ディープインパクト記念2024の最終予想

弥生賞ディープインパクト記念2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)