[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ファルコンS2024追い切り評価/全頭診断】ソンシに並ぶトップ評価「S」はアノ馬!

ファルコンS2024追い切り評価記事のサムネイル画像

ファルコンステークス2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではファルコンステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

3月13日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに重馬場でした。
坂路は全体的に時計がかかっており、表記通り重いです。
ウッドは6F78~79秒台を出す馬が多く、高速傾向にありました。

栗東
この日の栗東は坂路、ウッドともに不良馬場でした。
坂路はナチュラルリバーが4F49秒2の猛時計を出しましたが全体的に時計は重めです。
ウッドはロコポルティが6F78秒台、ドウデュースやマイネルウィルトス、ジャスティンパレスが6F79秒台を出していて表記以上に時計は出ています。

目次(読みたい項目をタップ)

ファルコンステークス2024追い切り評価/全頭診断コメント

ファルコンステークス2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

ファルコンステークス(G3)スプリングS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アンクルクロス

アンクルクロス 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良)   39.011.5馬なり
前走最終栗東CW(稍重)   37.611.4馬なり

あざみ賞(1勝クラス)を勝ったアンクルクロスは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する長岡禎仁騎手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、3F39秒0-上がり1F11秒4で駆け抜けています。

映像を見る限り、軽い脚捌きで好気配を保っているように映りました。

ただし今回は中1週での出走で、さらに昨年夏のデビューからここまで9戦を走っているだけに疲れが残っていないか心配です。

前走後に長岡禎仁騎手が「もともと競馬が上手な馬」とコメントしていたように、その上手さでレースを運べれば良いですが、今回は割引が必要そうです。

ヴァルドルチャ

ヴァルドルチャ 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)83.167.152.438.211.4馬なり
前走最終美浦南W(重)81.265.050.636.811.6馬なり

ヴァルドルチャは美浦のウッドチップコースにてアイベラ(牝4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、6F 83秒1-上がり1F 11秒4で最後は併走馬と同時併入しています。

最終追い切りを見る限り、手応え十分な走りで好気配に映りました。

また映像はありませんが、1週前追い切りでも助手を背に美浦の坂路コースを馬なりで追われ、全体時計58秒8-上がり1F 13秒6の時計をマークしています。

血統的にも父はスワーヴリチャードですし、これまで5戦して4連対とここでも堅実な走りができれば面白い存在かも知れません。

エイムフォーエース

エイムフォーエース 3月12日(火) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切船橋外(良) 68.449.337.112.5一杯
前走最終船橋外(良) 67.649.937.012.5一杯

地方・船橋競馬から参戦のエイムフォーエースは船橋のダートコースにて単走を行いました。

映像はありませんが西村栄喜騎手(レース当日は本田正重騎手)を背に一杯に追われ、5F 68秒4-上がり1F 12秒5を計測しています。

また、1週前追い切りでも船橋のダートコースを馬なりにて、5F 67秒7-上がり1F 12秒5の時計を記録しました。

なお、前走のジュニアカップ(L)、前々走のクロッカスステークス(L)は6着、4着と敗れてはいますがともにメンバー最速の上がりタイムをマークしています。

管理する山下貴之調教師も「精神的に成長している。あとは長距離輸送をこなせれば」とコメントしているように、その輸送さえクリアされれば、今回3回目となる芝コースでの激走があるかも知れません。

エンヤラヴフェイス

エンヤラヴフェイス 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(不良)  52.538.712.7一杯
前走最終栗東坂路(重)  50.736.712.7一杯

エンヤラヴフェイスは栗東の坂路コースにてルナビス(牝4、2勝クラス)と併せ馬を行っています。

助手を背に馬場の外側から一杯に追われ、全体時計52秒5-上がり1F 12秒7の時計で最後は併走馬と同時併入しました。

この中間も坂路コースで入念に乗り込んだ様子で最終追い切りも悪くない動きでした。

また映像にはありませんが、1週前追い切りでも助手を背に同じく栗東の坂路コースにて、単走で一杯に追われ、全体時計51秒8-上がり1F 12秒6の時計を出しています。

ただ、父エイシンヒカリ産駒の過去3年による該当コースの実績をみますと、勝率7%で複勝率も13%と非常に悪く、本馬にとっても向かい風になりそうなデータが気がかりです。

オーキッドロマンス

オーキッドロマンス 3月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)81.566.551.437.211.4一杯
1週前美浦南W(重) 68.052.537.611.5馬なり
前走最終美浦南W(稍重)87.170.154.439.011.4馬なり

昨年のカンナステークス(OP)を勝利したオーキッドロマンスは美浦のウッドチップコースにてテンカノギジン(牡4、1勝クラス)ともう1頭(名称不明)と3頭併せを行っています。

助手を背に馬場の真ん中から一杯に追われ、6F 81秒5-上がり1F 11秒4の時計で併走馬に半馬身差を付けてゴールしました。

映像を見る限りとても推進力ある走りで直線の伸びが良かったと思われます。

また、1週前追い切りでは、レース当日も騎乗する内田博幸騎手を背にスプリングステークス(G2)に出走するペッレグリーニ(牡3、オープン)と同じ美浦のウッドチップコースにて併せ馬を行いました。

そこでも馬なりに追われて5F 68秒0-上がり1F 11秒5で最後は1馬身差先着するといった、ここでも推進力ある走りを披露しています。

管理する手塚貴久調教師も「調教は動く馬で、今回も順調。力を発揮できる」とコメントされているだけに期待できる1頭です。

キャプテンネキ

キャプテンネキ 3月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(不良)  54.039.212.3強め
前走最終栗東坂路(良)  55.440.612.7馬なり

キャプテンネキは栗東の坂路コースにて単走を行いました。

助手を背に外ラチ沿いから強めに追われ、全体時計54秒0-上がり1F12秒3の時計で駆け上がっています。

坂路コースで入念に仕上げられて、動きもキビキビした様子が見受けられました。

また映像にはありませんが、1週前追い切りでは松若風馬騎手(レース当日は松山弘平騎手)を背に栗東の坂路コースにてエランティス(牝4、2勝クラス)と併せ馬を行っています。

そこでは追走する形の馬なりで追われ、全体時計54秒1-上がり1F 11秒9の時計でクビ差先着をみせました。

出走馬の中では、唯一の牝馬ですので、斤量差を生かした競馬ができれば面白そうです。

クリスアーサー

クリスアーサー 3月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良)  54.237.310.8馬なり
前走最終栗東CW(稍重)  54.338.611.4馬なり

昨年の中京2歳ステークス(OP)の覇者クリスアーサーは栗東のウッドチップコースにて単走を行っています。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、4F54秒2-上がり1F10秒8との好時計で不良馬場の中を駆け抜けました。

映像はありませんが、1週前追い切りでもレース当日に騎乗する幸英明騎手を背に栗東の坂路コースにて馬なりで追われ、全体時計50秒9-上がり1F12秒5を計測しています。

この中間も坂路コースで入念に仕上げられ、最終追い切りでも力強い脚捌きがみられましたが、直線に入るまでは首の上げ下げが激しく、まだ幼い部分もあり当日のパドックには注目が必要です。

それでも最終追い切りでみせたラスト1Fはこの日のウッドチップコースの最速でしたので、レースでは抜群の切れ味を期待します。

サトミノキラリ

サトミノキラリ 3月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)82.065.851.036.911.4馬なり
前走最終美浦南W(稍重)82.366.652.237.811.6馬なり

サトミノキラリは美浦のウッドチップコースにてトモジャシーマ(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する横山武史騎手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、6F82秒0-上がり1F11秒4で最後は、併走馬に1馬身差先着しています。

映像はありませんが、1週前追い切りでも横山武史騎手を背に美浦のウッドチップコースにて、ファイントパーズ(牝3、1勝クラス)と併せ馬を行い、馬なりで内側から0.4秒追走し、最後は鋭く伸びて0.6秒先着しました。

映像を見る限りとても気合い乗りが十分で躍動感ある走りに好印象が持てました。

管理する鈴木伸尋調教師も「先週に速い時計を出して、動きも良かったです。馬体に伸びが出て成長している」と前向きなコメントをしていますし、期待しても良さそうです。

シュトラウス

シュトラウス 3月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 69.653.438.011.2馬なり
前走最終美浦坂路(稍重)  50.437.212.7馬なり

昨年の東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)の覇者シュトラウスは美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する北村宏司騎手を背に馬なりで追われ、5F69秒6-上がり1F11秒2の時計で走破しています。

ただ、1週前追い切りでも道中を飛ばす仕草を見せたため、最終追い切りでは気性面を考慮され、軽めの攻め馬となりましたが、それでも好タイムを記録しています。

前走の朝日杯FS(G1)では2番人気に支持されながらも大敗しましたが、これは終始力んでしまったことが敗因ですのでこの点が改善されればと思いましたが、最終追い切りを見る限りまだ時間はかかりそうです。

ただし、前々走の東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)を勝っていますしここでは実績上位な上に距離短縮とあって競馬がしやすくなるのではないでしょうか。

ソンシ

ソンシ 3月13日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良) 68.952.837.411.1馬なり
1週前栗東CW(稍重)79.665.151.637.712.1馬なり
前走最終栗東CW(重) 71.355.138.711.4馬なり

ナイトオブサンダー産駒の外国産馬ソンシは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

中井裕二騎手(レース当日は川田将雅騎手)を背に外ラチ沿いから馬なりで追われ5F68秒9-上がり1F11秒1の時計で走破しています。

1週前追い切りでは同じく栗東のウッドチップコースにて単走を馬なりで行い、6F 79秒6-上がり1F 12秒1の時計もマークしました。

好時計で馬体も充実し、動きも目立ったとても好感触な最終追い切りだったと思います。

前走の1勝クラスでは持ったまま先頭に並び、最後は2着に3馬身差を付けて勝利したように決め手が鋭く、今回出走する馬の中でも特に追い切り映えしました。

タイキヴァンクール

タイキヴァンクール 3月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良)  53.036.911.1馬なり
前走最終栗東CW(稍重)83.968.554.038.812.1馬なり

タイキヴァンクールは栗東のウッドチップコースにて単走を行っています。

レース当日も騎乗する吉田隼人騎手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、4F 53秒0-上がり1F 11秒1の時計で走っています。

映像を見る限りシャープな動きで手応えも十分に映りました。

1週前追い切りでも同じく栗東のウッドチップコースにて、エイシンレジューム(牡4、1勝クラス)と馬なりで併せ馬を行い、7F 97秒4-上がり1F 12秒7の時計で併走馬と同時併入しています。

初勝利までに3戦を要しましたが、1戦ごとに力を付けていることは明らかで距離が短縮されることも好材料と思いますので一発があるならこの馬でしょうか。

ダノンマッキンリー

ダノンマッキンリー 3月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良) 66.950.536.111.4馬なり
1週前栗東CW(重) 66.850.735.511.4強め
前走最終栗東坂路(良)  61.344.613.6馬なり

ダノンマッキンリーは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する北村友一騎手を背に外ラチ沿いから馬なりで追われ、5F 66秒9-上がり1F 11秒4の時計で走破しています。

最終追い切りをみますと、落ち着きも出てきている様子で好印象が持てました。

また、1週前追い切りでも北村友一騎手を背に栗東のウッドチップコースにて単走を強めに追われ、5F 66秒8-上がり1F 11秒4の時計を出しています。

前走のクロッカスステークス(L)では、窮屈な競馬を強いられ5着に敗れましたが、悲観する内容ではありませんので、ここは改めて期待したいです。

ナムラアトム

ナムラアトム 3月13日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(不良)  53.238.712.3末強め
1週前栗東坂路(稍重)  50.837.512.0一杯
前走最終栗東坂路(良)  50.936.812.0一杯

ナムラアトムは栗東の坂路コースにて単走を行っています。

助手を背に馬場の真ん中から終い強めに追われ、全体時計53秒2-上がり1F 12秒3の時計で駆け抜けました。

この中間も坂路コースで入念に追われ、高いレベルで安定しているように思えます。

また、1週前追い切りでは半姉で重賞4勝馬のナムラクレアと栗東の坂路コースにて併せ馬を行い、全体時計50秒8-上がり1F 12秒フラットにて、最後はクビ差先着と能力の高さも窺えました。

本馬の不安な点はゲートですが終いの脚は確実に伸びますのでスタートさえ上手くこなせば好勝負必至だと思います。

ハクサンイーグル

ハクサンイーグル 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重) 63.749.236.212.1馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 67.952.938.611.8一杯

ハクサンイーグルは美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

映像はありませんが助手を背に馬なりで追われ、5F 63秒7-上がり1F 12秒1の時計で走破しています。

また、1週前追い切りでも助手を背に同じ美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

ここでも馬なりで追われ、5F 66秒4-上がり1F 11秒3と好タイムを記録しています。

これまで全場の芝1,400m戦では、勝率50%複勝率は100%ですので、スピード感十分の動きをみせることができれば、驚く結果が待っているかも知れません。

フェンダー

フェンダー 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(不良)81.266.551.937.111.9一杯
1週前栗東CW(重)81.166.151.336.812.0一杯
前走最終栗東CW(良)84.568.354.138.712.6強め

フェンダーは栗東のウッドチップコースにてソウテン(牡5,3勝クラス)ともう1頭(名称不明)と3頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する西村淳也騎手を背に一杯に追われ、6F 81秒2-上がり1F 11秒9の時計で最後は併走馬に2馬身差の先着をみせています。

ただし古馬相手に先着はしたものの、何か伸び物足りずの印象を受けました。

さらに1週前追い切りでも西村淳也騎手を背に同じく栗東のウッドチップコースにて、ルシフェル(牝3、オープン)と併せ馬を行い、一杯に追うものの6F 81秒1-上がり1F 12秒フラットで0.3秒遅れをとっています。

前走、前々走と上位人気ながら大敗しているも少なからず不安材料となりそうです。

ミルテンベルク

ミルテンベルク 3月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東芝(不良) 70.553.338.311.8馬なり
前走最終栗東CW(稍重)85.569.453.838.711.6強め

ミルテンベルクは栗東の芝コースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する藤岡康太騎手を背に馬なりで追われ、5F 70秒5-上がり1F 11秒8の時計で駆け抜けています。

最終追い切りでは、とても動きが軽快に映りました。

また、1週前追い切りでも藤岡康太騎手を背に栗東のウッドチップコースにて、ペプチドソレイユ(牡4,1勝クラス)と併せ馬を行い、一杯で追われる中で6F 87秒2-上がり1F 11秒7の時計で同時併入しています。

昨年の小倉2歳ステークス(G3)では上位人気に支持され、2着に好走していますので近走の凡走は度外視しても良いかも知れません。

ロジリオン

ロジリオン 3月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(重)80.064.450.336.911.3馬なり
1週前美浦南W(重)82.766.852.338.011.9馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 68.753.238.112.0馬なり

ロジリオンは美浦のウッドチップコースにて、ロジマンボ(牡5,3勝クラス)ともう1頭(名称不明)と3頭併せを行いました。

助手を背に馬なりで追われ、6F 80秒0-上がり1F 11秒3の時計で最後は併走馬と同時併入する動きをみせています。

手応え十分で躍動感が出て動きだったと思いました。

また、1週前追い切りでも同じく美浦のウッドチップコースにてロジマンボと併せ馬を行っていますが、6F 82秒7-上がり1F 11秒9の時計で最後は同時併入しています。

デビュー以来、徹底して左回りを経験している本馬にとっては初めての中京コースも追い風となりそうです。

馬券が的中しない方へ

ファルコンステークス(G3)阪神大賞典(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとファルコンステークス(G3)阪神大賞典(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

ファルコンステークス2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ソンシ
ナムラアトム
オーキッドロマンス
クリスアーサー
サトミノキラリ
ダノンマッキンリー  
キャプテンネキ
シュトラウス
タイキヴァンクール
ロジリオン
アンクルクロス
ヴァルドルチャ
エイムフォーエース
エンヤラヴフェイス
ハクサンイーグル
フェンダー
ミルテンベルク
 
同評価内は50音順になります。

ファルコンステークス2024追い切り映像

ファルコンステークス2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 ファルコンステークス|JRA公式

ファルコンステークス2024の最終予想

ファルコンステークス2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)