阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【エプソムカップ2022予想】重賞馬は不振?!4歳+前走G2組が好調!

エプソムカップ2022予想

エプソムカップ2022の注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

エプソムカップ2022の最終買い目予想を更新しました。

~~★的中情報★~~

うましるでは毎週重賞レースの予想を行っています(^^)

先週は春季最強マイラー決定戦である安田記念が開催されました♪

うましるでも安田記念の買い目を公開☆★

そして、本命に推したシュネルマイスターと対抗に推したソングラインの馬連が見事的中♪

二頭が頑張ってくれたおかげで馬連17,4倍の払戻をGETしましたよ~\(^o^)/

今週も重賞レースが開催されます。

毎週的中できるようにしっかりデータ分析しますね!

~~~~~~~~~~

タップできる目次

エプソムカップ2022の概要

エプソムカップは東京競馬場の芝1800mが舞台のG3競走です。

エプソムカップの由来はイギリスのエプソム競馬場から来ています。

第50回のダービー開催を迎えた1983年に東京競馬場とエプソム競馬場は姉妹競馬場として提携し、翌年からエプソムカップが設立されました。

東京競馬場に由来するレースなので舞台も東京です。

G3競走ながらもジャスタウェイやダノンシャーク、サトノアラジンといったのちのG1馬がこの舞台で好走していますよ。

なお、姉妹競馬場提携したエプソム競馬場でも「The JRA Condition Stakes」というレースが毎年開催されています。

エプソムカップ2022の開催内容

開催日6月12日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場東京競馬場 東京11R
コース1,800m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金4300万円

エプソムカップ2022が開催される東京の芝1,800mの特徴

東京競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

東京の芝1,800mは2コーナーのポケットからスタートします。

スタート直後にコーナーが待ち受けているので内枠を引いた馬がコースロスなく立ち回れるのに対し、外枠を引いた馬は必然的に外を振り回されるので枠の影響は大きいです。

最初のコーナーを過ぎると、次のコーナーまでは750m近くあるのでそこまで先行争いは激しくなりません。

3コーナーと4コーナーは全国の競馬場の中でも大きいのでペースを削ぐことなく立ち回れます。

そして、最後の直線は約525mほどあるのでトップスピードを維持しやすいです。

直線では2mの上り坂が待ち受けているのでスタミナも必要です。

また、直線が長いので差しや追い込み馬も末脚を活かしやすいです。

枠順や脚質による差が大きく、総合力が試される舞台です。

余談ですが、毎日王冠や府中牝馬ステークス、共同通信杯に東スポ杯2歳ステークスも東京芝1,800mが舞台となっていて、さまざまな重賞競走のコースに指定されています。

エプソムカップ2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1シャドウディーヴァ牝656.0坂井瑠星
2タイムトゥヘヴン牡456.0戸崎圭太
3コルテジア牡556.0三浦皇成
4ヤマニンサンバ牡456.0川田将雅
5ダーリントンホール牡556.0C.ルメール
6ノースブリッジ牡456.0岩田康成
7トーセングラン牡656.0田辺裕信
8ガロアクリーク牡556.0石橋脩
9ハッピーアワー牡656.0長岡禎仁
10トーラスジェミニ牡658.0原優介
11ジャスティンカフェ牡456.0横山典弘
12ザダル牡658.0D.レーン

過去10年のエプソムカップのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201216トーセンレーヴ1マイラーズカップ(G2)8
214ダノンシャーク2マイラーズカップ(G2)2
 33マイネルスターリー15新潟大賞典(G3)8
201313クラレント4マイラーズカップ(G2)8
213ジャスタウェイ3中日新聞杯(G3)8
 31サンレイレーザー7マイラーズカップ(G2)2
201411ディサイファ2都大路S(OP)2
25マイネルラクリマ4チャンピオンズマイル (G1)10
 34ダークシャドウ8中山記念(G2)11
201516エイシンヒカリ2都大路S(OP)1
22サトノアラジン1モンゴル大統領賞(OP)1
 312ディサイファ4中日新聞杯(G3)1
2016118ルージュバック1マイラーズカップ(G2)5
216フルーキー3新潟大賞典(G3)2
 313マイネルミラノ6新潟大賞典(G3)5
2017112ダッシングブレイズ5京王杯SC(G2)7
210アストラエンブレム1メイS(OP)2
 37マイネルハニー6小倉大賞典(G3)16
2018116サトノアーサー2メイS(OP)3
26ハクサンルドルフ4新潟大賞典(G3)8
 35グリュイエール5府中S(1600万下)1
201919レイエンダ5メイS(OP)9
稍重26サラキア7阪神牝馬S(G2)10
 34ソーグリッタリング1都大路S(L)1
202016ダイワキャグニー9新潟大賞典(G3)14
不良21ソーグリッタリング5メイS(OP)2
 318トーラスジェミニ18ダービー卿CT(G3)11
2021115ザダル3毎日王冠(G2)5
213サトノフラッグ6金鯱賞(G2)7
 37ファルコニア2難波S(3勝クラス)1

【成績】重賞馬は不振?!

過去10年のエプソムカップで馬券に絡んだ30頭の内、重賞馬は9頭しか馬券に絡んでいません。

過去に重賞タイトルをつかんだ馬は意外とこの舞台で凡走することが多いです。

今年の出走馬で重賞タイトルを手にしている馬は

・ガロアクリーク
・コルテジア
・ザダル
・シャドウディーヴァ
・タイムトゥヘヴン
・ダーリントンホール
・トーラスジェミニ
・ハッピーアワー

12頭中8頭が該当しました。

【年齢】4歳馬が勢いある

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【6-6-4-19】17.1%34.3%45.7%
5歳【3-1-1-41】6.5%8.7%10.9%
6歳【1-3-3-27】2.9%11.8%20.6%

過去10開催で4歳馬は6勝し、16頭の馬が馬券内に入選しました。

馬券に絡んだ馬の半数近くが4歳馬で勢いを感じられますね。

今年出走予定の4歳馬は

・ジャスティンカフェ
・タイムトヴヘヴン
・ノースブリッジ
・ヤマニンサンバ

この4頭です。

エプソムカップ(G3)の無料予想ならココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のエプソムカップの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-1-5】20.0%40.0%50.0%
2番人気【3-1-1-5】30.0%40.0%50.0%
3番人気【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
4-~6番人気【3-4-4-19】10.0%23.3%36.7%
7~9番人気【1-1-2-26】3.3%6.7%13.3%
10番人気以下【0-0-2-71】0.0%0.0%2.7%

上位人気の信頼度はまずまず

過去10開催で馬券に絡んだ馬を人気別にまとめました。

1番人気と2番人気の馬がともに複勝率5割で安定しています。

過去10開催で1.2.3番人気の馬が馬券から漏れたのは2020年のダイワキャグニーが制した年のみでした。

上位人気馬は素直に馬券に絡めるのが良いでしょう。

不人気馬は目立たない

過去10年のエプソムカップで馬券に絡んだ24頭が6番人気以上に支持された馬です。

7番人気以下の馬は6頭しか馬券に絡めていないので人気落ちの馬は軽視してもよいでしょう。

ちなみに、馬券に絡んだ6頭のうちの5頭が馬番1~6番でした。

内枠を引いた穴馬は少し警戒したいところです。

過去10年のエプソムカップの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-1-14】5.9%11.8%17.6%
2枠【0-1-2-14】0.0%5.9%17.6%
3枠【3-2-2-12】15.8%26.3%36.8%
4枠【0-1-2-17】0.0%5.0%15.0%
5枠【1-1-0-18】5.0%10.0%10.0%
6枠【2-0-0-17】10.5%10.5%10.5%
7枠【1-2-1-21】4.0%12.0%16.0%
8枠【2-2-2-20】7.7%15.4%23.1%

3枠がもっとも成績が良い

過去10開催で3枠の馬は7頭が馬券に絡みました。

隣接する枠の馬はそこまで成績が良くなく、3枠だけずば抜けて好成績です。

どうして3枠だけ好走率が高いのでしょうか。

その答えは、たまたま3枠に有力馬が入ることが多かったからです。

例えば、2019年のソーグリッタリングや2012年のトーセンレーヴは3枠から好走しています。 3枠が当たりというよりも、3枠に有力馬が入ることが多かったため、3枠の成績は抜けているのです。

外枠優勢

過去10開催で内枠(1~4枠)の馬が4勝に対し、5~8枠の馬は6勝しています。

3枠の成績が目立ちますが、総合的に成績がいいのは外枠です。

特に、8枠の馬は外枠不利の傾向にある東京芝1,800mにしては珍しく、複勝率も2割を超えています。

エプソムカップに限れば外枠の方が好走する馬が多いのです。

過去10年のエプソムカップの前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
G1【1-0-0-8】11.1%11.1%11.1%
G2【4-3-2-16】16.0%28.0%36.0%
G3【1-3-5-36】2.2%8.9%20.0%
OP(L)【4-3-1-55】6.5%11.3%12.7%
3勝クラス【0-0-2-7】0.0%0.0%22.2%

前走G2組が好調

過去10開催で前走がG2だった馬が9頭馬券に絡みました。

今年の出走馬で前走がG2だった馬はタイムトゥヘヴンのみです。

タイムトゥヘヴンにとっては好データです。

前走G1、クラス戦の馬は不振

過去10年のエプソムカップで前走がG1だった馬は9頭が出走しましたが、馬券に絡んだのはオークスで2着に入線したルージュバックのみです。

また、前走がクラス戦だった馬も過去に9頭が出走しましたが3着に2頭が絡んだだけでした。

今年の出走馬で前走がG1だったのはコルテジアとシャドウディーヴァの2頭です。

また、前走がクラス戦の馬はジャスティンカフェとノースブリッジ、ヤマニンサンバの3頭です。

エプソムカップ2022の注目馬3頭

怒涛の東京G1シーズンも先週でいったん終了し、箸休めの感覚で開催されるエプソムカップは、比較的順当に決まることが多いです。

今年の出走馬は12頭と少数ながらも有名な馬が多数参戦しました。

今年のエプソムカップで人気の中心になりそうな馬を3頭紹介します。

ジャスティンカフェ

抜群の安定感で条件戦にて賞金を積み重ねたジャスティンカフェが今年のエプソムカップの中心になるでしょう。

前走の湘南ステークスでは直線一気の競馬で上がり最速32.9秒の豪脚を発揮し、2着馬を3馬身突き放して完勝しました。

重賞レースは3歳の時に挑んだアーリントンカップ以来ですが、力をつけたこの馬であればここを楽勝してもおかしくありません。

過去の戦績を見ると、東京や中京といった左回り競馬場で【3-2-1-0】と、複勝率100%です。

芝の1,800mはキャリアで1戦しか使われていませんがそこでも2着に入っているので距離は問題ないでしょう。

気になるのはデータと相性が悪い前走がクラス戦であること。

そして、騎乗予定の横山典弘騎手が過去10開催で6回騎乗し全て馬券外に敗れていることです。

後者に関しては人気馬に3回騎乗したにもかかわらず馬券に絡めなくて、横山典弘騎手とエプソムカップの相性の悪さは目立ってしまいました。

データの不利を吹っ飛ばして重賞タイトルをつかめるか、注目したいです。

★評価点
・抜群の安定感
・左回りのレースが大得意
・距離も通用するでしょう

▼課題
・データと相性の悪いクラス戦上がり
・データと相性の悪い横山典弘騎手騎乗

ダーリントンホール

月曜日の時点で2番人気に支持されているのはダーリントンホールです。

この馬は3歳時に今回と全く同じ舞台で開催される共同通信杯を制しています。

ただし、この時の相手がフィリオアレグロやビターエンダーといった、現在そこまで目立った活躍を見せていない面子だったのでメンバーレベルが高いとは言い難いですね。

共同通信杯のあとはしばらくスランプが続きましたが、近2戦で馬券に絡んでいて復活の気配を感じさせます。

本質は左回りよりも右回りの競馬場のほうが得意かもしれませんが、共同通信杯の時に見せた末脚がここで再び再現できれば、面白い一頭になるでしょう。

★評価点
・近走の走りが復活の気配を感じ冴える
・ルメール騎手騎乗

▼課題
・抜けた特徴のない馬
・前走で先着を許したタイムトゥヘヴンがここでも参戦する

タイムトゥヘヴン

今年のダービー卿CTを制したタイムトゥヘヴンもエプソムカップに参戦します。

勝ったダービー卿CTでは最後方から上がり最速33秒7の末脚で直線の短い中山の激坂を駆け上がり勝利をつかみました。

前走の京王杯SCにおいても東京の長い直線で長く脚を使って3着に入線しています。

1,800m以上の距離は久々ですが、過去には芝2,000mで開催される京成杯でも連対しているので距離はそこまで不安ではありません。

近2戦が重賞の舞台で馬券に絡んでいて、今年のメンバーの中でも能力は上位だと感じます。

★評価点
・追い込み競馬と東京の相性がいい
・データと相性のいい前走G2組

▼課題
・久々の1,800mを走り切るスタミナがあるかどうか

エプソムカップ2022の穴馬2頭

比較的順当な決着で落ち着くエプソムカップですが、2020年のトーラスジェミニのように思わぬ伏兵がなだれ込むケースも少なくありません。

人気落ちしそうな馬から激走の可能性を秘めた馬を2頭紹介します。

シャドウディーヴァ

月曜日の段階で5番人気なのでそこまで穴馬というわけでもありませんが、紅一点のシャドウディーヴァも注目したいです。

これまでに11回馬券に絡みましたがその内の9回が東京競馬のもので、東京を大得意としています。

距離を見ても芝2,000mで開催されるフローラステークスで2着に入線しているので問題ないです。

昨年の府中牝馬ステークスでは後方一気の競馬で女同士の争いを制し、悲願の重賞タイトルを手にしているように実力は折り紙付きです。

勝った府中牝馬ステークスを最後、なかなか馬券に絡めていませんが得意の舞台で二つ目のタイトルを手にしてもおかしくないでしょう。

ただし、ハーツクライ産駒は過去10年のエプソムカップで10頭が参戦しましたがそのうちの9頭が敗れていて、血統的にはかみ合わないのが課題です。

★評価点
・東京巧者

▼課題
・近走を見る限り、年齢的な衰えがあるかもしれない
・データと相性の悪いハーツクライ産駒

コルテジア

久々に名前を聞いたという方はなかなか競馬通だと思います。

一昨年のきさらぎ賞において、7番人気の低評価ながらも勝利を手にしたコルテジアが2年ぶりにターフに復帰します。

コントレイルが制したダービーを最後、脚部不安のために一時休養していましたが快復に2年もかかってしまいました。

この間に同期の三冠馬であるコントレイルは引退し、ディープボンドがステイヤーとして頭角を露わにしています。

コントレイルが引退したため、この世代で中心となる馬は見当たりませんが、先週の安田記念にて、かつてコントレイルのライバルだったサリオスが3着入選し、復活の兆しを見せました。

また、安田記念の前日に開催された鳴尾記念では骨折明け初戦だったダービー3着のヴェルトライゼンデが見事勝利し、世代の勢いを盛り返そうとしています。

コルテジアもその勢いに乗ってコントレイルなき現世代の強さをほかの世代に証明したいですね。

話を戻して、久々なのでどういった競馬ができるか分かりませんが、勝ったきさらぎ賞では先行競馬からあざやかに抜け出して勝利を飾りました。

このきさらぎ賞の時のような競馬ができればよいですね。

もっとも、久々なのでまずは無事に回ってきてほしいところです。

それと、欲をいえばきさらぎ賞にて勝利に導いた松山弘平騎手が騎乗してほしかったです。

★評価点
・久々で大穴を空けるかもしれない

▼課題
・2年ぶりのレース
・鞍上が三浦騎手

エプソムカップ2022の最終買い目予想

◎本命 6 ノースブリッジ

モーリス
アメージングムーン
母父アドマイヤムーン
主な勝ち鞍アメジストS(3勝クラス) 2022年
前走アメジストS(3勝クラス) 1着

本命は金曜日の時点で6番人気のノースブリッジにしました。

今年のエプソムカップは梅雨の影響を大きく受けそうです。

ノースブリッジの稍重馬場における戦績は【2-0-1-0】と結果を残していることからも分かるように、タフな馬場を得意としています。

騎乗する岩田康成騎手とも長くコンビを組んでいるうえ、岩田康成騎手が今年、一皮むけたように大活躍しているのも追い風ですね。

東京でも勝ち星をあげていますし、今年はこれといった逃げ馬がいないのでハナを狙って自らペースメーカーになることもできます。

金曜日の段階で6番人気ですが相手関係を見ても勝ち負けできるだけの能力を秘めているでしょう。

〇対抗 11 ジャスティンカフェ

エピファネイア
カジノブギ
母父ワークフォース
主な勝ち鞍湘南S(3勝クラス) 2022年
前走湘南S(3勝クラス) 1着

対抗はジャスティンカフェにします。

現時点で1番人気に支持されていますが、近走を見ると人気するのも納得できるでしょう。

これまで東京では【1-0-1-0】と安定した成績をもっていますし、左回り競馬場における成績も【3-2-1-0】で必ず馬券に絡んでいます。

先行でも差しでも結果を残せる馬なので、当日が雨で重たくなったら前目で競馬することで粘りの競馬に持ち込むことも可能です。

舞台がこの馬に合っている上、どのような展開になっても結果を残せるだけの力を秘めているので人気でも馬券に絡めます。

▲単穴 3 コルテジア

シンボリクリスエス
シェルエメール
母父ジャングルポケット
主な勝ち鞍きさらぎ賞(G3) 2020年
前走2020年日本ダービー(G1) 12着

金曜日の段階で12頭立ての11番人気と、全く人気のないコルテジアを選択しました。

2年ぶりのレースなので人気を落とすのもうなずけますが、この馬のベストバウトともいえる一昨年のきさらぎ賞では開催後期で時計のかかりがちな京都の舞台で先行から抜け出して勝利しました。

2年前の情報を鵜呑みにするのであれば、今回のエプソムカップは雨でタフになりそうなのはこの馬にとっては吉兆といえます。

久々なので凡走する可能性も高いですし、これまで主戦を努めていた松山騎手ではなく三浦騎手というのも気がかりです。

それでも同期のヴェルトライゼンデが先週の鳴尾記念で復活し、同週の安田記念でサリオスが汚名返上しているように、コルテジアもコントレイル世代の一角として高いパフォーマンスを見せてほしいですね。

単勝

6 ノースブリッジ

馬連流し

軸馬:6
相手:2、3、5、8、10、11

三連複フォーメーション

1頭目:6
2頭目:2、3、5、8、10、11
3頭目:2、3、5、8、10、11

以上になります。
エプソムカップ予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次