札幌記念(G2)と北九州記念(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【札幌日経オープン2022予想】激走の可能性がある3頭はこちら!

札幌日経オープン2022予想

札幌日経オープン2022の注目馬3頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、過去10年のデータから予想していきます!

札幌日経オープン2022予想の最終買い目を更新しました。

タップできる目次

札幌日経オープン2022の概要

札幌日経オープンは札幌競馬場で開催される芝2,600mのレースで、2022年時点で芝2,600m以上のレースにおける唯一のリステッド競走です。

長距離レースの札幌日経オープンでは、長距離路線で活躍した馬はもちろんのこと、近走成績が悪い馬が距離路線変更を見据えてこの舞台に挑むこともあります。

リステッド競走ながらも長距離レース+ローカル開催ということもあって知名度の高いレースです。

過去にはのちにジャパンカップを制するスクリーンヒーローがこの舞台で2着に入線しました。

また、青葉賞馬のペルーサが5年3か月ぶりにコースレコードで勝利したのも記憶に新しいのではないでしょうか。

札幌日経オープン2022の開催内容

開催日8月6日(土曜) 15:35発走
格付けL(リステッド)
開催競馬場札幌競馬場 札幌11R
コース芝2,600m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2600万円

札幌日経オープン2022が開催される札幌の芝2,600mの特徴

札幌競馬場 芝2600mのコースで特徴を解説

札幌の芝2,600mは札幌のコースでもっとも距離の長いレースです。

スタート地点は向こう正面でコーナーを計6回も回ります。

スタートから最初のコーナーまでは約160mです。最初のコーナーまでの距離が短いので先行争いが起きそうに思いますが、2,600mと長丁場の舞台ということもあり、そこまでペースは速くなりません。

隊列が整ったらしばらくはゆったりとした流れでレースが進行します。

各馬が動き出すのは2周目の向こう正面あたりです。

特に、札幌は最期の直線が約270mしかないので、差しや追い込み馬は向こう正面あたりからロングスパートを仕掛けることも多々あります。

幸いにも札幌はコーナーが大きいのでペースを削ぐことなく、まくりを決めることができます。

また、札幌は高低差が0.7mしかなくほとんどフラットのコースとなっています。

アップダウンが少ないので各馬ペース配分は整いやすいです。

ただし、北海道特有の洋芝が敷かれているのでスピードタイプの馬よりも力のある馬のほうが好走しやすいです。

また、芝2,600mの舞台ではとにかくスタミナが求められるので体力勝負になりやすいです。

血統的には欧米型の馬が好走しています。

札幌日経オープン2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ゴールドギア牡757.0横山和生
2ハーツイストワール牡656.0武豊
3テンカハル牡456.0浜中俊
4ベスビアナイトセ556.0岩田望来
5サトノラディウスセ656.0川島信二
6ディバインフォース牡658.0池添謙一
7ドマイヤアルバセ756.0原田和真
8タイセイモンストル牡556.0吉田隼人
9マンオブスピリットセ556.0菱田裕二
10ボスジラ牡657.0藤岡佑介

過去10年の札幌日経オープンのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201212ルルーシュ1巴賞(OP)2
210メイショウクオリア9函館記念(G3)15
 31フミノヤマビコ6緑風S(1,600万)6
201312セイカプレスト8五稜郭S(1,600万)9
29ロードオブザリング7鳴尾記念(G3)14
 36リリエンタール5漁火S(1,600万)7
201412バンデ1大阪-ハンブルクC(OP)3
27ラブラドライト3北海ハンデC(1,000万)1
 310モビール9湾岸S(1,600万)14
201514ペルーサ5巴賞(OP)6
211タマモベストプレイ2天皇賞(春)(G1)14
 36ワールドレーヴ7五稜郭S(1,600万)6
2016111モンドインテロ1目黒記念(G2)5
214トゥインクル2函館記念(G3)8
 35ジャングルクルーズ6目黒記念(G2)11
201718モンドインテロ1目黒記念(G2)8
24シルクドリーマー5目黒記念(G2)6
 39ラブラドライト2天皇賞(春)(G1)17
2018110ヴォージュ5日経賞(G2)7
23アドマイヤエイカン3グリーンS(1,600万)2
 31カラビナ4サンシャインS(1,600万)1
201917カフジプリンス3天皇賞(春)(G1)7
24ハッピーグリン8日経賞(G2)4
 35タイセイトレイル5グリーンS(3勝)1
2020110ポンデザール2日経賞(G2)9
211ボスジラ1目黒記念(G2)9
 31ナイママ6五稜郭S(3勝)1
202115ディアスティマ1天皇賞(春)(G1)6
28カウディーリョ4七夕賞(G3)6
 310ジャコマル9天皇賞(春)(G1)17

【上がり】勝ち馬の8頭が上がり最速で勝利している

過去10開催の札幌日経オープンの勝ち馬のうちの8頭が上がり最速のタイムで勝利をつかんでいました。

本来なら長距離レースなので持久力が試されやすいですが、札幌日経オープンの場合は上がりの末脚に定評のある馬のほうが好走しやすいようです。

【舞台適性】洋芝+芝2,600mでの勝利はプラス評価

年度勝ち馬洋芝勝利実績芝2,600m勝利実績
2021ディアスティマ
2020ポンデザール
2019カフジプリンス
2018ヴォージュ
2017モンドインテロ
2016モンドインテロ
2015ペルーサ×
2014バンデ
2013セイカプレスト
2012ルルーシュ

過去10年の札幌日経オープンの勝ち馬のうちの8頭がそれまでに洋芝が敷かれている札幌もしくは函館競馬で勝利しています。

また、勝ち馬の7頭が芝2,600mの舞台で勝ち星を手にしていました。

18年のヴォージュと16年のモンドインテロは札幌日経オープンではじめて洋芝&芝2,600mに挑んでいます。

15年のペルーサは洋芝で一度敗れていますが、芝2,600mは初めての舞台で逃げ切って勝利をつかみました。

札幌日経オープンは骨のあるメンバーが集まるので予想が難しいですが、これまでの洋芝実績と2,600mでの実績を確認したいですね。

ちなみに、今年の出走馬の中で洋芝2,600mで勝利経験がある馬はディバインフォースボスジラの2頭だけでした。

エルムS(G3)とレパードS(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の札幌日経オープンの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気2【5-1-0-4】50.0%60.0%60.0%
2番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
3番人気【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
4~6番人気【2-2-6-20】6.7%13.3%13.3%
7~9番人気【1-3-3-23】3.3%13.3%23.3%
10番人気以下【0-0-0-31】0.0%0.0%0.0%

上位人気勢は1番人気のみ信頼できる

過去10年の札幌日経オープンでは1番人気が5勝を挙げています。

1番人気の信頼度は非常に高いです。

対称的に、2.3番人気の馬は合計で7頭しか馬券に絡めていません。

2.3番人気は人気の割に複勝率は低めです。

二けた人気の馬に出番なし

過去10年で10番人気以下の馬は一度も馬券に絡めていません。

もっとも、札幌の芝2,600mはフルゲートが14頭なので二けた人気馬の絶対数は少ない上、長距離レースということもあり出走割れしやすいです。

今年も出走登録が10頭なのでしんがり人気の馬以外にはこのデータは当てはまりません。

過去10年の札幌日経オープンの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-0-3-7】0.0%0.0%30.0%
2枠【3-0-0-8】27.3%27.3%27.3%
3枠【1-1-0-12】7.1%14.3%14.3%
4枠【1-2-1-10】7.1%21.4%28.6%
5枠【0-1-1-13】0.0%6.7%13.3%
6枠【2-1-3-11】11.8%17.6%35.3%
7枠【3-1-1-15】15.0%20.0%25.0%
8枠【0-4-1-15】0.0%20.0%25.0%

枠による差はない

過去10開催の札幌日経オープンの上位勢のデータを枠順別にまとめました。

単勝率がもっとも高いのは2枠で一見内枠有利に思いますが、両サイドの1枠は単勝率どころか連対率も0%。

3.4枠も単勝率ともに7%と成績は微妙ですね。

複勝率でみるともっとも高いのは6枠の35%で、外枠の7.8枠も25%です。

ただし、複勝率だけ見たら1枠も30%をマークしています。

このことから、札幌日経オープンにおいて枠による影響はそこまで大きくないことが分かります。

過去10年の札幌日経オープンの前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
天皇賞(春)【2-1-2-4】22.2%33.3%55.6%
目黒記念【3-2-1-11】17.6%29.4%35.3%
函館記念【0-2-0-10】0.0%16.7%16.7%
巴賞【2-0-0-6】25.0%25.0%25.0%

トレンドは前走天皇賞(春)or 目黒記念

過去10開催の札幌日経オープンの好走馬を前走別にまとめました。

勝ち馬の5頭が前走が天皇賞(春)もしくは目黒記念です。

また、7年連続で前走が天皇賞(春)もしくは目黒記念だった馬が連対しています。

このことから、前走天皇賞(春)または目黒記念だった馬は評価を上げたいですね。

ちなみに前走が天皇賞(春)もしくは目黒記念だった馬は10頭が馬券に絡みましたが、前走においてはいずれも馬券外入線でした。

前走の着順はそこまで気にしなくてもいいでしょう。

今年の出走馬の中で該当する馬はこちら

・ゴールドギア(目黒記念)
・ディバインフォース(天皇賞(春))
・ハーツイストワール(天皇賞(春))
・ベスビアナイト(目黒記念)

札幌日経オープン2022の注目馬3頭

開催前期に行われる札幌日経オープンに、今年は10頭の馬が出走を表明しています。

今年の出走馬の中から注目すべき馬を3頭紹介します。

ディバインフォース

今年の札幌日経オープンで人気の一角になるのはディバインフォースでしょう。

3歳のころはいわゆる条件上がりの馬でした。

かつて、ワールドプレミアが制した菊花賞では16番人気の低評価ながらも4着に入線し、ステイヤーとしての片りんを見せます。

その後も中・長距離レースを中心に使われ、昨年のステイヤーズステークスにおいて悲願の重賞初制覇を成し遂げました。

今年は2戦使われていて、さすがに一流ホース相手には太刀打ちできていません。

しかしながら、今年の札幌日経オープンはこれまでの重賞の相手と比較すると小粒です。

距離も問題ないですし洋芝でも勝ち星を手にしています。

斤量58キロのみ課題ですがなんとしても勝利をつかんで再び重賞戦に舞い戻りたいところ。

★評価点
・長距離適性が高い
・洋芝での勝利経験がある
・芝2,600mで2勝
・データと相性がいい前走天皇賞(春)組

▼課題
・トップハンデ58キロを背負う

ボスジラ

ボスジラは一昨年の札幌日経オープンで2着に入線し、同年に開催された丹頂ステークス(札幌日経オープンと全く同じ舞台)の勝ち馬です。

距離適性や舞台適性は全く問題ありません。

ボスジラの見どころは上がりの脚が速いことです。

前走のメトロポリタンステークスは東京の芝2,400mで行われ、メンバー最速となる上がり34秒2の末脚で3着に入線しました。

札幌日経オープンは上がりの速い馬が好走しやすく、ボスジラにもチャンスはあるでしょう。

★評価点
・上がりの脚に定評がある
・札幌芝2,600mで勝利経験がある

▼課題
・前走がメトロポリタンステークス
・最後の勝利から2年近く経っている

ベスビアナイト

ルーラーシップ産駒のベスビアナイトは今年の松籟ステークスの勝ち馬でした。

松籟では菊花賞3着のディヴァインラヴも出走していましたが上がり最速の末脚で先着し、長距離適性を開花させています。

前走の目黒記念は見せ場がありませんでしたが、この馬は高速馬場よりも時計のかかる馬場のほうが脚を活かせそうなので力が求められる札幌は脚質に合いそうです。

過去には札幌で3着入選しているので、久々でも出し切れるのではないでしょうか。

★評価点
・松籟ステークスで長距離適性を開花
・札幌で馬券に絡んでいる
・末脚に定評ある

▼課題
・前走の崩れ方が少し心配

札幌日経オープン2022予想の最終買い目

札幌日経オープン予想(晴れ・良馬場想定)

最初に札幌日経オープンが開催される土曜日の天気を見てみると、土曜日までは全道的に晴れ模様が続くようです。

金曜日の昼の時点で降水確率も0%なので雨は降らないでしょう。

馬場も良馬場で行われるのは間違いなさそうです。

馬場状態に関しまして、先週の馬場を見る限りは内からの差しも決まっていました。

開催3週目なのでそこまで馬場の痛みも見られないため、そこそこ時計は出ると予想します。

◎本命 10 ボスジラ

ディープインパクト
ミスパスカリ
母父Mr. Greeley
主な勝ち鞍丹頂S(OP) 2020年
前走メトロポリタンS(L) 3着

本命はボスジラにします。

年齢的には衰えが見え隠れしてもおかしくありませんが、6歳になった今年もリステッド以下のレースであればまだまだ結果を残しています。

ボスジラは父がディープインパクトなので末脚には定評があります。

札幌日経オープンは上がり勝負になりやすく、ボスジラの末脚には合うでしょう。

昨年の札幌日経オープンでは道中包まれるような形となって出し切れませんでしたが、ポジションと仕掛けどころを心がけて競馬すればベストを尽くせるのは間違いありません。

〇対抗 6 ディバインフォース

ワークフォース
ツクバビューティ
母父ゼンノロブロイ
主な勝ち鞍ステイヤーズS(G2) 2021年
前走天皇賞(春)(G1) 12着

対抗はディバインフォースにしました。

これまでの戦績を見る限りここは実力上位であるのは間違いありません。

昨年のステイヤーステークスの勝ち馬で後方からまくりを決めて勝利をつかんだのは印象的でした。

札幌日経オープンもまくりが決まれば上がり勝負になりやすいのでディバインフォースの脚に合う舞台です。

距離的にはもっと長い方がよいかもしれませんが、札幌は洋芝の関係で距離以上にスタミナが求められます。

生粋のステイヤーであるディバインフォースにとって、札幌の芝2,600mは出し切りやすいでしょう。

▲単穴 3 テンカハル

キングカメハメハ
ジンジャーパンチ
母父Awesome Again
主な勝ち鞍皿倉山特別(2勝クラス) 2022年
前走五稜郭S(3勝クラス) 6着

単穴にはメンバー唯一の4歳馬であるテンカハルを推します。

週初めの段階ではわかりませんでしたが、よく見たら兄弟に重賞4勝馬のルージュバックや今年の大阪杯を制したポタジェがいます。

何気にかなりの良血馬であることをいまさらながら知りました。

血統的にも魅力的ですが、これまでの戦績を見たら2,600mのレースでは【2-1-0-0】と3戦すべてにおいて連対しています。

若い馬で上がりの末脚にも期待が持てます。

札幌の舞台はもとより、洋芝自体がキャリア初めてなので少し評価を下げましたが、勝ち負けも十分狙えるだけの力を秘めていますよ。 

単勝

10 ボスジラ

馬連流し

軸馬:10
相手:2、3、4、6

三連複フォーメーション

1頭目:10
2頭目:2、3、4、6
3頭目:2、3、4、6

以上になります。
札幌日経オープンの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次