阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ファンタジーステークス2022予想】馬券に絡めたい3頭を紹介!サンデー系が強い!

ファンタジーステークス2022予想

ファンタジーステークス2022予想の最終買い目を更新しました!

ファンタジーステークス2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

ファンタジーステークス2022の概要

ファンタジーステークスは阪神競馬場で開催される2歳牝馬限定競走です。

もともとファンタジーステークスは京都競馬場で開催されていましたが、現在京都競馬場は改修工事を行っていてレースが行えないため阪神競馬場で代替開催されています。

ファンタジーステークスは阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の前哨戦という位置づけで1996年に設立されました。

前週開催されたアルテミスステークスが設立されるまでは唯一の前哨戦だったのです。

現在はアルテミスステークスと二分する形で有力馬が分散されました。

それでもここを制した馬はその後のクラシック路線で結果を残している馬が多いです。

特に近年はダノンファンタジーやレシステンシア、メイケイエールにウォーターナビレラなど、優勝馬の活躍が目立っています。

出世レースとしても注目したいレースですね!

ファンタジーステークス2022の開催内容

開催日11月5日(土曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,400m
性齢2歳牝馬
斤量馬齢
1着賞金2900万円

ファンタジーステークス2022が開催される阪神の芝1,400mの特徴

阪神競馬場 芝1400mのコースで特徴を解説

阪神の芝1,400mは内回りコースを使うコースで、スタート地点は向こう正面の2コーナー奥ポケットです。

スタートから向こう正面までは約400mで、最初のコーナーまでは平たんなコーナーが続きます。

3.4コーナーは内回りコースを回りますが、コーナーに差し掛かるにつれ下り傾斜に変わります。

内回りコースを走りますが、ローカル競馬場のそれよりも半径は大きいこともあり、スピードを出しながらカーブすることができます。

また、阪神内回りは3.4コーナーの中間あたりが残り600mなので、各馬このあたりからスパートを仕掛けます。

最後の直線は約356mで、直線半ばまでは下り坂が続きます。

ところが、ラスト1Fから急に高低差2mの上り傾斜が待ち構えています。

坂は100mほどしかなく、そこを過ぎるとゴール板が待っています。

阪神の芝1,400mは最後の上り坂を除けば平たんもしくは下り坂しかありません。

短距離レースということもあってペースは必然的に前傾になります。

コーナーも広いため、まくりも決めやすいので早仕掛けをした差しや追い込み馬も届きやすいです。

ただし、最後の最後の待ち構えている上り坂のために、最低限のスタミナは確保していないと、最後で一杯になりやすいです。

そのため、スピード能力だけではなくスタミナやパワーも少なからず持っている馬が好走しやすい舞台です。

ファンタジーステークス2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1サツマノオンナ牝254.0藤岡康太
2ミカッテヨンデイイ牝254.0今村聖奈
3クインズエルサ牝254.0団野大成
4トゥーテイルズ牝254.0C.デムーロ
5ブトンドール牝254.0鮫島克駿
6レッドヒルシューズ牝254.0酒井学
7コスモフーレイ牝254.0和田竜二
8リバーラ牝254.0石橋脩
9サラサハウプリティ牝254.0菱田裕二
10バレリーナ牝254.0川田将雅
11アロマデローサ牝254.0福永祐一
12シルフィードレーヴ牝254.0松田大作

過去10年のファンタジーステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012113サウンドリアーナ2デイリー杯2歳S(G2)7
214ローブティサージュ4新馬1
 39アメージングムーン10-未勝利1
201317ベルカント4小倉2歳S(G3)2
24モズハツコイ7デイリー杯2歳S(G2)6
 310アドマイヤビジン15未勝利1
201416クールホタルビ14小倉2歳S(G3)13
21ダノングラシアス1りんどう賞(500万)2
 39ウインソワレ3未勝利1
2015111キャンディバローズ5小倉2歳S(G3)1
23メジェルダ6りんどう賞(500万)2
 36ブランボヌール1函館2歳S(G3)1
201611ミスエルテ1新馬1
27ショーウェイ12ききょうS(OP)8
 310ディアドラ3未勝利1
201719ベルーガ5新馬1
28コーディエライト3新潟2歳S(G3)2
 310アマルフィコースト1中京2歳S(OP)1
201814ダノンファンタジー1未勝利1
21ベルスール4新馬1
 33ジュランビル6ききょうS(OP)3
201916レシステンシア6新馬1
212マジックキャッスル1サフラン賞(1勝)2
 314クリアサウンド2新潟2歳S(G3)4
2020110メイケイエール1小倉2歳S(G3)1
26オパールムーン7新馬1
 39ラヴケリー5クローバー賞(OP)2
202115ウォーターナビレラ2サフラン賞(1勝)1
22ナムラクレア1小倉2歳S(G3)1
 39ママコチャ3未勝利1

【血統】サンデーサイレンス系が強く、サンデー×ニアークティックはさらによい

過去7年のファンタジーステークスに絞ると、馬券に絡んだ21中18頭が父方サンデーサイレンス系でした。

また、過去7開催ではサンデーサイレンス×ニアークティック系の馬が毎年必ず1頭馬券に絡んでいます。

ファンタジーステークスはサンデーサイレンス系の庭です。

そのなかに母の父がニアークティック系の馬がいれば激走の可能性を秘めていますよ。

今年の出走馬でサンデーサイレンス×ニアークティックのクロス持ちはリバーラのみ該当しました。

【脚質】先行馬がもっとも成績を上げている

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【1-3-0-6】10.0%40.0%40.0%
先行【6-2-5-21】17.6%23.5%38.2%
差し【1-4-3-40】2.1%10.4%16.7%
追い込み【2-1-2-32】8.1%13.5%20.0%

過去10開催のファンタジーステークスの好走馬を脚質別にまとめました。

もっとも好走しているのが先行馬で、単勝率17%、複勝率も40%近くあります。

また、阪神で開催された近2開催に限れば、馬券に絡んだ6頭のうちの5頭が先行馬でした。

逃げ馬も好成績で4頭の馬が連対していますが、阪神代替開催では馬券に絡めていません。

もっとも、逃げた馬は2頭とも人気落ちの馬だったのでそこまで気にしなくてもよいでしょう。

ファンタジーステークスは前を走る馬が結果を残しやすい舞台です。

ファンタジーステークス(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のファンタジーステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-3-2-2】30.0%60.0%80.0%
2番人気【2-0-1-7】20.0%20.0%30.0%
3番人気【0-1-3-6】0.0%10.0%40.0%
4~6番人気【4-3-2-21】13.3%23.3%30.0%
7~9番人気【0-2-0-28】0.0%6.7%6.7%
10番人気以下【1-1-2-35】2.6%5.1%10.3%

1番人気は好調も2,3番人気はいまいち

過去10年のファンタジーステークスにおいて、1番人気は【3-3-2-2】と非常に優秀な成績を収めています。

それに対して、2.3番人気の馬は複勝率が30~40%でそこまで高くありません。

そして、4~6番人気は過去10開催で9頭が絡んでいます。

ファンタジーステークスは人気順頭で決まりづらく、なんらかの小穴馬が馬券に絡むことが多いです。

なお、10番人気以下の馬は4頭馬券に絡んでいますが、いずれも2012~2016年開催時のものです。

直近5開催は1頭も10番人気以下の馬は馬券に絡んでいないので大波乱は収まりつつあります。

単勝オッズ3倍未満の馬は複勝率100%

過去10開催のファンタジーステークスで単勝オッズが3倍未満だった6頭は【3-2-1-0】と、すべての馬が馬券に絡みました。

月曜日の時点でオッズはまだ確定していませんが、もしもオッズ3倍未満の支持を集めている馬がいれば馬券に絡めてもよさそうです。

過去10年のファンタジーステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-2-0-8】9.1%27.3%27.3%
2枠【0-2-0-11】0.0%15.4%15.4%
3枠【0-1-1-12】0.0%7.1%14.3%
4枠【4-0-0-11】26.7%26.7%26.7%
5枠【1-1-3-13】5.6%11.1%27.8%
6枠【1-2-1-13】5.9%17.6%23.5%
7枠【2-1-3-14】10.0%15.0%30.0%
8枠【1-1-2-17】4.8%9.5%19.0%

4枠より外目が優秀

過去10年のファンタジーステークスの好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのは4枠の馬で4頭の勝ち馬が出ています。

ただし、4枠は2.3着馬がいません。

そして、4枠を除くと5~8の外枠から好走馬が出ていますね。

阪神で開催された2020年と2021年においても馬券に絡んだ6頭のうちの5頭が5枠よりも外でした。

唯一馬券に絡んだ2枠のナムラクレアはいうまでもなく、今年重賞を制している実力馬ですね。

強い馬でないと内枠からの好走は厳しいのかもしれません。

ファンタジーステークスは4枠から外目の馬が好走しやすいレースとなっています。

過去10年のファンタジーステークスの前走着順別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
1着【7-4-7-58】9.2%14.5%23.7%
2着【1-4-1-10】6.3%31.3%37.5%
3着【0-0-1-8】0.0%0.0%11.1%
4着【0-0-1-3】0.0%0.0%25.0%
5着以下【2-2-0-20】8.3%16.7%16.7%

前走で連対している馬が強い

過去10開催のファンタジーステークスで馬券に絡んだ30頭のうちの18頭が前走を勝利していました。

また、前走が2着だった馬も6頭が馬券に絡んでいます。

前走が5着以下だった馬は4頭が連対していますがいずれも2012年から2016年の開催時に馬券に絡んでいました。

2017年からの5開催においては5着以下の馬は馬券に絡めていません。

このことから、前走で1.2着に入選していた馬、もしくは4着以上に入着している馬を中心に馬券を考えたいですね。

今年の出走馬で前走5着以下だった馬は2頭います。

・サツマノオンナ
・ミカッテヨンデイイ

重賞1着馬は高く評価したい

過去10開催のファンタジーステークスで前走が重賞レースで勝利した馬は4頭が出走しました。

そして、【1-1-1-1】と高いアベレージを残しています。

今年の出走馬のうち、前走が重賞でなおかつ勝利している馬はブトンドールがいました。

間違いなく人気すると思いますがデータ的には馬券に絡めたい1頭です。

ファンタジーステークス2022の注目馬3頭

今年のファンタジーステークスも阪神JF、さらには来年のクラシックを見据えて有力馬が集まりました。

今年の出走登録馬の中で注目したい3頭の馬を紹介します。

ブトンドール

ブトンドールは前走の函館2歳ステークスを勝利した馬です。

函館2歳ステークスでは稍重馬場のなか、中団から競馬を行い、上がり36秒6の末脚を使って勝利しました。

開催最終週の函館ということと稍重だったことで、時計はかかっていましたが力強い走りが印象的でした。

データ的には前走重賞勝ち馬は高確率で馬券に絡んでいるので評価したいです。

血統的にも父はビッグアーサーなので短距離で好走できそうですね。

ただし、現在の阪神が時計の出やすい状況下なので、時計の出る馬場で出し切れるかがポイントになりそうです。

できれば一雨欲しいですが、降らなかったとしても重賞馬の維持を見せてほしいです。

★評価点
・前走が重賞勝ち馬
・タフな馬場が得意

▼課題
・軽い馬場で出し切れるか

アロマデローサ

アロマデローサの所属は池添学厩舎で、ブトンドールと同じです。

1週間前追切はまさにブトンドールと追い切りましたがブトンドールに先着を許しました。

しかしながら、この日は稍重ということもあってブトンドールにとって都合の良い条件だったのは事実です。

アロマデローサの過去のレースを見ても、前走のききょうステークスは2歳レコードで完勝しているようにポテンシャルの高さはブトンドールに負けていません。

ここは初の重賞戦ですが、どれだけ力を発揮できるか注目したいです。

★評価点
・ききょうSでレコード勝ち

▼課題
・ブトンドールが手ごわいか

ミカッテヨンデイイ

名前が個性的なミカッテヨンデイイはこれまで4戦使われていました。

初勝利をつかんだフェニックス賞では3番手の位置を確保しながら上がり最速33秒7の末脚で2着馬に2馬身半差、先着しています。

しかしながら、前走の小倉2歳ステークスは待たされたことが影響し、後方競馬となってしまって競馬にならなかったです。

前走は敗因が分かっているのでそこまで気にしなくてもよいでしょう。

先行した時のパフォーマンスは世代でも上位だと思いますし、コンビを組む今村聖奈騎手との相性も良いです。

距離は1F伸びますが、フェニックス賞のようなパフォーマンスに期待したいです。

★評価点
・フェニックス賞が強い
・前走の敗因は気にしなくてもよい

▼課題
・距離が延びる

ファンタジーステークス2022の穴馬2頭

近年のファンタジーステークスは極端な大荒れは減りましたが、それでも小穴馬が頻繁に馬券に絡んでいますね。

今年の出走登録馬の中で配当妙味に期待できそうな2頭の馬を紹介します。

クインズエルサ

これまで3戦使われ【1-2-0-0】の成績を残しています。

敗れた2戦はいずれも勝ち馬が今回出走するアロマデローサでした。

もしもアロマデローサがいなければ3連勝を手にしていたかもしれません。

しかしながら、距離延長で挑んだききょうステークスでは今回出走するヤクシマやサツマノオンナに先着しています。

また、血統的には母のキャンディバローズが7年前のファンタジーステークスを制していて、血統的にも面白そうです。

アロマデローサは強敵になりそうですが、なにか秘策を持って挑んでもらいたいですね。

★評価点
・この面子では上位の実力を持つ
・薔薇一族
・母がこの舞台を制したキャンディバローズ

▼課題
・アロマデローサに2戦2敗

リバーラ

リバーラは前走の未勝利戦において、7番人気の低評価を覆す差し切り競馬で勝利しました。

地味に3着入選した新馬戦も内容が良く、出遅れながらも道中まくりを決めて勝ち馬とコンマ1秒差の3着に入選しています。

確かな実績を残している割に人気しないので回収率的にはおいしい馬です。

また、血統的にもファンタジーステークスと相性がいいサンデーサイレンス×ニアークティックです。

課題は距離延長。

こればかりは走ってみないとわかりませんが、人気を落とすようならここでも抑えておきたい1頭です。

★評価点
・未勝利戦と新馬戦の内容がいい
・血統が期待できる

▼課題
・距離延長

ファンタジーステークス2022予想の最終買い目

ファンタジーステークス(晴れ良馬場想定)

ファンタジーステークスが開催される土曜日の阪神は晴れのち曇りの予報が出ています。

金曜日の時点から晴れの良馬場なので、間違いなく良馬場でレースが行われるでしょう。

馬場状態ですが、阪神開催はもうすぐ2か月目に突入することもあり、内ラチ沿いに芝の痛みは出始めています。

先週の武田尾特別やカシオペアステークスを見る限り、上がり最速タイムこそ32秒9~33秒1が出ていますが、勝ち馬のドーブネやアドマイヤビルゴの勝ち時計は1分46秒台なので平均よりやや速い程度でした。

今週の阪神もAコースを使用することから、内ラチ沿いはそこまで時計が出なくなったものの、外目はまだまだ時計が出る条件下で開催されるでしょう

◎本命 11 アロマデローサ

キンシャサノキセキ
ローズウィスパー
母父ワークフォース
主な勝ち鞍ききょうS(OP) 2022年
前走ききょうS(OP) 1着

本命はアロマデローサにしました。

新馬戦も強いですし、前走のききょうステークスも2歳レコードで勝ち切っていて、早くから頭角をあらわにしていますね。

枠順は外目ですが阪神の芝1,400mは外枠のほうが好走するのでいいところに入ったのではないでしょうか。

追切を見ても坂路でしっかりと動けていますし勝負気配を感じます。

前日の時点で単勝オッズ2.0倍の1番人気ですが、ここは素直に本命にします。

〇対抗 3 クインズエルサ

デクラレーションオブウォー
キャンディバローズ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走ききょうS(OP) 2着

対抗はクインズエルサにしました。

近3戦はアロマデローサに2敗しているものの、【1-2-0-0】で連対圏は外していません。

アロマデローサにはこれまで完敗しているものの、立ち回りの器用さには定評があります。

そのため、コースロスなく競馬できる内目はこの馬からしたらプラス要素になりそうです。

アロマデローサ以外にもブトンドールら強敵がいますが、ブトンドールは高速馬場実績が未知数なので、クインズエルサを評価しました。

▲単穴 8 リバーラ

キンシャサノキセキ
インドリヤ
母父Stormy Atlantic
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走2歳未勝利 1着

単穴には前日の段階で12頭立ての12番人気であるリバーラを推します。

全く人気はありませんが、週初めに考察したように新馬戦が出遅れからのまくりでほとんど差のない3着に入選しました。

データ的にもサンデー×ニアークティックはこの舞台で走りますし、今年はこの配合の馬はリバーラしかいません。

人気薄なので配当妙味もありますし、抑えておきます。

△連下 5 ブトンドール

ビッグアーサー
プリンセスロック
母父スウィフトカレント
主な勝ち鞍函館2歳S(G3) 2022年
前走函館2歳S(G3) 1着

ブトンドールは連下にしました。

これまで2戦使われていて、そのうちの函館2歳ステークスは時計のかかる馬場の中、末脚を活かして勝利をつかみました。

ただし、ブトンドールは新馬戦も函館でどちらかというと力が求められる条件下で勝利しています。

追切もよくてデータ的にも前走重賞勝ち馬はこの舞台で走りますが、高速馬場はここが初めてで適性が全く読めないので連下にしました。

△連下 2 ミカッテヨンデイイ

イスラボニータ
ボルティモア
母父ステイゴールド
主な勝ち鞍フェニックス賞(OP) 2022年
前走小倉2歳S(G3) 10着

名前がかわいいミカッテヨンデイイも連下にします。

デビューから今村聖奈騎手が騎乗しているので低斤量の恩恵がありそうですが、前々走のフェニックス賞は54キロの定量を背負いながら高速馬場で勝ち切っていて実力を発揮しています。

前走の小倉2歳ステークスは待たされて集中力を欠き、後ろからの競馬になってしまいました。

そのことを考えればあとから入る偶数枠はよいでしょう。

距離不安こそありますがフェニックス賞のような立ち回りができればチャンスはありそうです。

単勝

11 アロマデローサ

馬連流し

軸馬:11
相手:2、3、5、8

三連複フォーメーション

1頭目:11
2頭目:2、3、5、8
3頭目:2、3、5、8

以上になります。
ファンタジーステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次