きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【東海ステークス2023予想】1人気の複勝率90%!軸に買いたい3頭はこちら!

東海ステークス2023予想

東海ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

東海ステークス2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

東海ステークス2023の概要

東海ステークスは中京競馬場で開催されるダート1,800m競走です。

名前の由来は名古屋市に本社を置く東海テレビから来ています。

もともとはウインターステークスという名称で、現在は違った距離でレースが行われていました。

しかし、幾度の距離変更の上ダート1,800mに定着すると、翌月に開催されるG1競走、フェブラリーステークス(東京ダート1,600m)との結びつきが強くなり、有力馬が多数参戦するようになります。

レースレーティングが向上したことも追い風となり、2014年から東海ステークスの1着馬にはフェブラリーステークスの優先出走権が付与されるようになりました。

左回りの中距離ダートということで、年始から状態のよい馬や、フェブラリーステークスを目標にしているダート馬が多数参戦します。

過去にはインティやコパノリッキーといった名馬がここをステップに、フェブラリーステークスを制しました。

近年はG1のぶっつけ本番がトレンドになっていることから、やや小粒感は否めませんが、それでも条件戦でしのぎを削った馬が多数参戦しています。

今年も各路線から未来のダートG1馬を目指そうとする馬が集まりました。

ここで結果を残して、本番に挑むのはどの馬でしょうか?

余談ですが、東海ステークスは中央競馬で開催される唯一のダートG2競走だったりします。

東海ステークス2023の開催内容

開催日1月22日(日曜) 15:35発走
格付けG2
開催競馬場中京競馬場 中京11R
コースダート1,800m
性齢4歳以上
斤量別定
1着賞金5500万円

東海ステークス2023が開催される中京のダート1,800mの特徴

中京競馬場 ダート1800mのコースで特徴を解説

東海ステークスが開催される中京のダート1,800mは先月開催されたチャンピオンズカップと全く同じ舞台です。

スタート地点はスタンド側の上り坂の途中で、スタートと同時に坂を駆け上がるため、スタートダッシュを決めてもペースは上がりません。

スタートから最初のコーナーまで距離があるため極端なポジション争いは起きづらく、また、上り傾斜は最初のコーナーから2コーナー、さらには向こう正面まで続いているのでスローペースになりやすいです。

1.2コーナーは3.4コーナーよりも鋭角ですが、この間上り坂が続いているのでペースアップすることはまずありません。

向こう正面の前半部分も上り傾斜が続いています。

残り1,000mの標識あたりが坂のてっぺんとなっていて、そこを過ぎると今度は下り傾斜に切り替わります。

この下りは3.4コーナーの終わりまで続いています。

3.4コーナーは1.2コーナーよりも鈍角なのでスピードを上げてもそこまでロスはなく、下り傾斜もあいまってペースアップしやすいです。

また、下り傾斜なのでよりスピードを上げやすいです。

最後の直線に入ると下り坂は終わり、再び上り傾斜になります。

直線は約410mですが、直線の入りに急な上り傾斜(高低差1.8m)が待ち構えています。

この傾斜は中山競馬場の次にきつい傾斜となっています。

さらに、坂をのぼり切った後も緩やかな坂が続くタフなコースとなっています。

中京のダート1,800mは大きな上り坂を駆け上がった後に長い下り坂を下り、再び上り坂を超えた先にゴールがあります。

長い上り坂→長い下り坂→長い上り坂というコース形態で平らな部分がほとんどありません。

しかしながら、小刻みに起伏があるわけではなく、前半と後半のアップダウンがはっきりしているので息を入れるのは意外に容易です。

ただし、最後の直線が上り坂なので距離以上のスタミナ、そして坂を駆け上がるためのパワーは必要です。

また、東海ステークスが開催される冬時期は乾燥することが多いため、ダートは乾きやすく、時計がかかりやすいです。

季節的な影響もあり、より力強い走りが求められやすくなっています。

東海ステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ディクテオンセ557.0松山弘平
2オーヴェルニュ牡757.0団野大成
3ロードレガリス牡857.0松田大作
4ハギノアレグリアス牡657.0川田将雅
5ヴァンヤール牡557.0荻野極
6マリオマッハ―セ657.0酒井学
7ウェルカムニュース牡456.0D.イーガン
8サンライズウルス牡557.0岩田望来
9デルマルーヴル牡757.0松岡正海
10プロミストウォリア牡657.0B.ムルザバエフ
11スマッシングハーツ牡757.0鮫島克駿
12クリノドラゴン牡558.0武豊
13ハヤブサナンデクン牡757.0福永祐一
14ゲンパチルシファー牡757.0幸英明
15アイアンバローズ牡657.0和田竜二

過去10年の東海ステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2013115グレープブランデー4JCダート(G1)5
29ナムラタイタン8東京大賞典(G1)4
 36ホッコータルマエ1フェアウィルS(OP)2
2014114ニホンピロアワーズ1東京大賞典(G1)3
212グランドシチー3JCダート(G1)6
 33マイネルバイカ8初夢S(1,600万)1
201516コパノリッキー1東京大賞典(G1)2
213グランドシチー9師走ステークス(OP)4
 34インカンテーション3チャンピオンズC(G1)10
201616アスカノロマン4ベテルギウスS(OP)2
210モンドクラッセ2みやこS(G3)7
 35ロワジャルダン1チャンピオンズC(G1)4
201718グレンツェント1師走ステークス(OP)1
24モルトベーネ12みやこS(G3)6
 314メイショウウタゲ10師走ステークス(OP)4
201818テイエムジンソク1チャンピオンズC(G1)2
26コスモカナディアン13師走ステークス(OP)12
 33モルトベーネ6チャンピオンズC(G1)13
201914インティ1観月橋S(1,600万)1
23チュウワウィザード2名古屋グランプリ(Jpn2)1
 35スマハマ4青竜ステークス(OP)2
202017エアアルマス2武蔵野ステークス(G3)11
215ヴェンジェンス3チャンピオンズC(G1)7
 313インティ1チャンピオンズC(G1)3
2021111オーヴェルニュ2ベテルギウスS(OP)1
不良212アナザートゥルース7チャンピオンズC(G1)13
 315メモリーコウ12クイーン賞(Jpn3)5
202215スワ―ヴアラミス7チャンピオンズC(G1)8
211オーヴェルニュ1チャンピオンズC(G1)6
 313ブルベアイリーデ3武蔵野ステークス(G3)4

【年齢】5歳馬が絶好調

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【1-1-2-13】5.9%11.8%23.5%
5歳【6-3-3-23】17.1%25.7%34.3%
6歳【1-1-5-39】2.2%4.3%15.2%
7歳【2-4-0-27】6.1%18.2%18.2%
8歳以上【0-1-0-18】0.0%5.3%5.3%

過去10年の東海ステークスの好走馬を年齢別にまとめました。

もっとも好走しているのが5歳馬で6頭の勝ち馬を含め、12頭が馬券に絡んでいます。

明け4歳馬は17頭が出走しましたが馬券に絡んだのは4頭のみです。

この4頭のうちの3頭はこれまでに古馬混合重賞レースで馬券に絡んだ実績がありました。

東海ステークスでは基本的に5歳以上の馬に注目したいですが、実績のある4歳馬は抑えておきたいですね。

今年の出走馬で古馬重賞において実績を残した4歳馬は1頭もいませんでした。

5歳馬は4頭いました。

・クリノドラゴン
・サンライズウルス

・ディクテオン
・ヴァンヤール

【左回り実績】左回り実績のある馬が好走している

過去10年の東海ステークスで馬券に絡んだ30頭のうちの27頭がこれまでに左回りの競馬場で3着以内に入選していました。

東海ステークスが開催される中京競馬場も左回りの競馬場です。

出走馬の中で左回り実績のある馬は評価を上げてもよいでしょう。

今年の出走馬でダートの左回りで馬券に絡んだことがない馬はアイアンバローズ(ダート未出走)がいました。

【位置取り】前の位置を確保しておきたい

過去10年の東海ステークスの勝ち馬6頭は、最終コーナー通過順位が2位以内でした。

この6頭はいずれも終始3番手以内で競馬を行っていました。

東海ステークスが開催される中京競馬場は直線が長いため差しや追い込み馬が台頭しやすいですが、東海ステークスの勝ち馬だけ見たら前目で競馬している馬のほうが結果を残しています。

今年の出走馬で前に行きそうな馬は5頭いました。

・ウェルカムニュース
・オーヴェルニュ
・ゲンパチルシファー
・ハヤブサナンデクン
・ヴァンヤール

東海ステークス(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の東海ステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【5-1-3-1】50.0%60.0%90.0%
2番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
3番人気【0-2-2-6】0.0%20.0%40.0%
4~6番人気【2-0-2-26】6.7%6.7%13.3%
7~9番人気【1-3-1-25】3.3%13.3%16.7%
10番人気以下【0-2-2-56】0.0%3.3%6.7%

上位人気の信頼度が高いレース

過去10年の東海ステークスの好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は過去10年で5勝。

そして9頭が3着以内に入選していて複勝率は90%の高水準でした。

また、勝ち馬の9頭が1~4番人気に支持された馬です。

このことから、東海ステークスは上位人気の信頼度が高いレースといえます。

過去10年の東海ステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-0-0-16】0.0%0.0%0.0%
2枠【0-1-2-14】0.0%5.9%17.6%
3枠【1-2-2-13】5.6%16.7%27.8%
4枠【5-0-1-13】26.3%26.3%31.6%
5枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
6枠【1-2-0-17】5.0%15.0%15.0%
7枠【1-2-3-14】5.0%15.0%30.0%
8枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%

死に目の1.2。大当たりの4枠

過去10年の東海ステークスの好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのは4枠で、過去10年で5頭の勝ち馬を輩出しています。

それに対して、不振傾向にあるのが1,2枠で1頭も勝ち馬がでていません。

特に、1枠はこれまで16が出走したにもかかわらず、1頭も馬券に絡めませんでした。

このことから、1.2枠は評価を下げたいですね。

今年の東海ステークスで1.2枠に入ったのは1番ディクテオン、2番オーヴェルニュと3番ロードレガリスです。

そして、4枠に入った馬は評価を上げたいです。

今年の東海ステークスで4枠に入ったのはマリオマッハーウェルカムニュースです。

過去10年の東海ステークスの前走クラス別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【3-4-4-17】10.7%25.0%39.3%
G2【0-0-0-1】0%0%0%
G3【1-2-1-13】5.9%17.6%23.5%
OP(L)【3-2-3-71】3.8%6.3%10.1%
3勝【1-0-1-7】11.1%11.1%22.2%
地方【2-2-1-11】12.5%25.0%31.3%

前走G1とオープン組が有力

過去10年の東海ステークスの好走馬を前走クラス別にまとめました。

もっとも好走しているのが前走G1だった馬で3頭の勝ち馬を含めた11頭が馬券に絡みました。

また、過去10開催のうちの7開催で前走G1だった馬が連対していることからも、前走G1組は馬券候補に有力です。

そして、その次に好走しているのが前走オープン(L)組です。

勝利したらフェブラリーステークスの優先出走権が得られることから、オープン馬でもメイチで仕上げてくることが多く、好走傾向にあります。

東海ステークスでは前走G1馬、もしくは前走オープン(L)の馬を評価したいですね。

今年の出走馬で前走がG1だった馬は2頭います。

オーヴェルニュ(前走チャンピオンズC)
スマッシングハーツ(前走チャンピオンズC)

また、前走がオープン(L)の馬は4頭いました。

サンライズウルス(前走ベテルギウスS)
デルマルーヴル(前走師走S)
ハヤブサナンデクン(前走ベテルギウスS)
マリオマッハ―(前走ベテルギウスS)

東海ステークス2023の注目馬3頭

東海ステークスはG1レースの常連や、昇級で挑んでくる馬が入り乱れ、玉石混合とするケースが多いです。

今年の出走馬で注目したい3頭の馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

オーヴェルニュ

今年で7歳になってオーヴェルニュは典型的な中京巧者です。

これまで中京ダートは【3-1-1-2】の成績で、4着以下に敗れたのはG1のチャンピオンズカップでした。

また、東海ステークスは近2開催で出走し、それぞれ【1-1-0-0】の成績です。

東海ステークスにおける戦績は出走馬の中でトップクラスです。

今年の出走馬は条件戦上がりの馬が多く、これまでのG1実績を考えればここは相手関係が楽なはずです。

7歳馬ですが、高齢馬の好走事例も高いため、ここでの激走にも期待できるでしょう。

★評価点
・中京巧者
・東海ステークスは近2年連続で連対している

▼課題
・年齢的な衰えは少なからずあるだろう

クリノドラゴン

条件戦上がりのクリノドラゴンのキャリア初重賞は昨年のシリウスステークスです。

シリウスステークスは元々阪神で開催されましたが、昨年は中京のダート1,900mで代替開催され、4着入選。

続くJBCクラシックは初めてのG1でしたが、格上相手に4着入選しました。

そして、続く浦和記念でうれしい初重賞を手にしています。

昨年は初めての重賞でもしっかりと上位争いできたのは好感が持てますね。

今回の東海ステークスもこれまで戦ってきた相手関係を考えればクリノドラゴンが能力上位であることは間違いありません。

新年早々、幸先のいい勝利をつかみたいですね。

★評価点
・重賞でもやれている
・G1レースで掲示板に入選

▼課題
・特にありません。

ハギノアレグリアス

これまで大崩れのない競馬を見せたハギノアレグリアスは前走のみやこステークスがキャリア初の重賞でしたが、先行競馬で2着に入選しました。

初めての重賞ながらもしっかりと功績を残していますね。

条件戦が主流とはいえ、これまでコンスタントに上位入選している安定した走りが魅力的です。

また、中京も【2-0-0-0】と相性がいいのもポイントです。

重賞2戦目となりますが、ここでも上位人気するでしょう。

★評価点
・前走のみやこステークスは初重賞ながら2着入選
・中京と相性がいい
・安定した走り

▼課題
・特にありません。

東海ステークス2023の穴馬2頭

東海ステークスは穴馬が馬券に絡むことも度々あります。

今年の出走馬のなかで配当に期待できそうな2頭の馬を紹介しますね。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ハヤブサナンデクン

重賞レースではなかなか勝ち切れていませんが、非重賞レースではコンスタントに馬券に絡んでいますね。

今回の東海ステークスはG2競走ですが、メンバーレベルを見ると、オーヴェルニュやクリノドラゴン、ハギノアレグリアスをのぞけば条件戦上がりの馬ばかりです。

G2とは思えないほどメンバーレベルは低いので、オープンレース間隔で考えれば通用する可能性もあります。

直線の長い競馬場で好走していることから、中京とも相性はよいはずです。

穴人気しなければ馬券に絡めたいですね。

★評価点
・直線の長い競馬場で好走している
・非重賞レースで上位争いしている

▼課題
・穴人気する可能性は高い

ディクテオン

これまでダートレースは9戦使用し、5回馬券に絡みました。

そして、馬券に絡んだ5レースのうちの4レースが左回り競馬場でした。

このことから、左回り適性の高い馬です。

何気にここはキャリア初の重賞戦ですが、相手関係を見れば、一部を除けば条件戦上がりの馬が多数なので、好走にも期待できます。

キャリア初のオープン戦ということで、人気を落とすと思いますが、舞台適性がかみ合えば好走する可能性もあるでしょう。

★評価点
・左回りのコースが得意
・2連勝でここに挑む

▼課題
・初の重賞
・相手関係の強化

東海ステークス2023予想の最終買い目

東海ステークスの予想(晴れ良馬場想定)

東海ステークスが開催される日曜日の中京界隈は晴れの予報が出ています。

土曜日の段階でも晴れ予報が出ていることから、良馬場で開催される可能性が高いです。

馬場状態ですが、冬時期のダートということもあって気温が乾燥しやすく、馬場水分も抜けている可能性が高いです。

そのため、ダート馬場を走るにあたって力を有する可能性は高いですね。

うましるでは晴れの良馬場、時計のかかる馬場を想定しながら買い目を考えたいと思います。

◎本命 4 ハギノアレグリアス

キズナ
タニノカリス
母父ジェネラス
主な勝ち鞍太秦S(OP) 2022年
前走みやこS(G3) 2着

本命はハギノアレグリアスにします。

前走のみやこステークスは初めての重賞戦でしたが、勝ち馬のサンライズホープにタイム差なしの2着と、すでに重賞級の強さを見せつけています。

ダートの1,800mは【3-2-0-1】と相性がいいですし、中京も2戦2勝と得意舞台ですね。

これといって大きな不安要素がないですし、鞍上もリーディングジョッキーの川田将雅騎手です。

相手関係を見たら前走のみやこステークスよりも楽な可能性もありますし、前走のようなベストを尽くした競馬を行えばここでも上位争いは必至でしょう。

〇対抗 12 クリノドラゴン

アスカクリチャン
クリノクレオパトラ
母父ロージズインメイ
主な勝ち鞍浦和記念(Jpn2) 2022年
前走浦和記念(Jpn2) 1着

対抗はクリノドラゴンにします。

昨年のシリウスステークスは中京競馬場で行われましたが、時計のかかる良馬場で最後方から競馬を行い、長く末脚を伸ばして4着に入選していますね。

続くJBCクラシックにおいても人気落ちを覆す競馬で4着に食い込み、G1レースでも結果を残しました。

パサパサの良馬場ダートは追い込み馬が不利になりがちですが、馬場の不利をものともしない走りは負けて強しの内容といえるでしょう。

近3戦と比較すると、今年の東海ステークスはメンバーレベルが劣ります。

今回も力の要る良馬場で開催されると思いますが、シリウスステークスやJBCクラシックのような競馬ができれば上位争いできる可能性は高いです。

▲単穴 2 オーヴェルニュ

スマートファルコン
ギュイエンヌ
母父タニノギムレット
主な勝ち鞍東海S(G2) 2021年
前走チャンピオンズC(G1) 9着

オーヴェルニュは単穴にしました。

やはりオーヴェルニュが中京巧者であることが非常に大きいですね。

前走のチャンピオンズカップは9着に敗れましたが、さすがにメンバーレベルを考えたら仕方のない面もありました。

今回の東海ステークスはメンバーレベルが低いですし、そのなかでG1レースを使われ続けたオーヴェルニュにとって、今回は明らかに相手関係が楽です。

全盛期と比較するとパフォーマンスを落としつつありますが、今回のメンツ相手なら上位争いも十分可能でしょう。

△連下 13 ハヤブサナンデクン

ゴールドアリュール
ホワイトクルーザー
母父クロフネ
主な勝ち鞍三宮S(OP) 2022年
前走ベテルギウスS(L) 3着

ハヤブサナンデクンは連下にしました。

ハヤブサナンデクンも中京巧者で、これまで中京では【3-2-0-1】の安定した走りを見せています。

ハヤブサナンデクンは条件戦こそ結果を残していますが、重賞ではなかなか馬券に絡めていません。

しかし、今回の東海ステークスはオープンかリステッドといってもいいくらいメンバーレベルが低いです。

非重賞戦で結果を残してきたハヤブサナンデクンにとって今回の東海ステークスは上位争いできるチャンスといってもいいでしょう。

前日の段階で3番人気と、思っていた以上に人気していますが、ここは抑えます。

△連下 1 ディクテオン

キングカメハメハ
メーデイア
母父キングヘイロー
主な勝ち鞍晩秋S(3勝クラス) 2022年
前走晩秋S(3勝クラス) 1着

もう一頭、ディクテオンも抑えます。

評価が難しいですが、近走東京のダート2,100mで連勝していることから、スタミナの高さに定評がありますね。

中京は初めてですが、坂が多いことからスタミナが求められます。

2,100mで結果を残してきたディクテオンはメンバーの中でもスタミナの豊富さに定評がありますし、初の中京でも出し切れるかもしれません。

中京では死に枠といえる1枠を引いたため、評価を下げましたが前日の段階で11番人気と配当妙味は極めて高いので、相手候補で抑えることにしました。

単勝

4 ハギノアレグリアス

馬連流し

軸馬:4
相手:1、2、12、13

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:1、2、12、13
3頭目:1、2、12、13

以上になります。
東海ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次