[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【大阪城ステークス2023予想】軸で狙いたい3頭+配当に期待できる穴馬2頭を紹介!

大阪城ステークス2023予想

大阪城ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

大阪城ステークス2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

大阪城ステークス2023の概要

大阪城ステークスは阪神競馬場で開催される中距離ハンデ競走です。

名前の由来である大阪城は大阪市中央区にある天守閣で、戦国時代から現代まで、日本の歴史と深いかかわりを持っている城です。

さて、大阪城ステークスはもともと4歳以上の古馬が出走できるオープン競走でしたが、2020年からリステッド競走に昇格しました。

そのため、非重賞競走ながらも将来活躍する馬が多数出走しています。

例えば2021年の大阪城ステークスを制したヒンドゥタイムズはついこの間開催された小倉大賞典を勝利しました。

それ以外にも2020年の勝ち馬レッドガランはのちに中山金杯や新潟大賞典を制し、2018年の勝ち馬トリコロールブルーも重賞で善戦しています。

G1レースに程遠い馬でもここで賞金を加算したことで重賞路線に名乗りを上げる馬は非常に多く、非重賞レースながら注目度の高いレースです。

大阪城ステークスを制して今後の中距離路線に飛越する馬はどの馬でしょうか?

大阪城ステークス2023の開催内容

開催日3月5日(日曜) 15:35発走
格付けリステッド(L)
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,800m
性齢4歳以上
斤量ハンデ
1着賞金2800万円

大阪城ステークス2023が開催される阪神の芝1,800mの特徴

阪神競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

阪神芝1,800mは阪神競馬場の外回りコースを使用します。

スタート地点は2コーナー出口付近の奥ポケットです。

ちょうど芝1,600mのスタート地点を200m後退した場所となっています。

スタートから最初の3コーナーまでは665mもあるため、ポジション争いはほぼ起きません。

各馬は各々の枠から飛び出し、自分のペースで3コーナーに向かいます。

外回りコースの3.4コーナーは非常に大きな半径を描いています。

そのため、立ち回りが苦手な馬でもロスなく回ることができますし、極端にペースを落とさなくても駆け抜けられます。

また、4コーナーからスタンド前直線に近づくにつれて下り傾斜になります。

さらに、4コーナーの途中にラスト3ハロンの標識が立っていることから各馬はスピードをあげながら最後の直線に入ります。

最後の直線は約473mあります。

直線はじめは下り傾斜でペースアップしやすいですが、ラスト1F付近に仁川名物の急な上り坂があります。

高低差は1.8mですが120mの間に駆け上がるため実際は急坂です。

坂を乗り越えた先にゴール板が立っています。

阪神の芝1,800mはそのコース形態からスローからの上がり勝負になりやすいです。

最後の直線も470m近くあるため、トップスピードを維持しやすく、決め手がポイントとなっています。

求められる要素はスピード能力です。

ただし、最後の1Fに急坂が存在するため、最低限のスタミナとパワーも必要ですよ。

大阪城ステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1プライドランド牡754.0松若風馬
2シャイニーロック牡757.0鮫島克駿
3スーパーフェザーセ854.0松田大作
4ジェットモーションセ755.0藤岡佑介
5オウケンムーン牡856.0団野大成
6ワールドバローズ牡556.0和田竜二
7シュヴァリエローズ牡556.0北村友一
8ラセット牡855.0加藤祥太
9エアファンディタ牡657.0岩田望来
10フライライクバード牡656.0坂井瑠星
11エルプシャフト牡1052.0今村聖奈
12プレシャスブルー牡955.0勝浦正樹
13プリンスリターン牡658.0幸英明
14ニホンピロスクーロセ655.0高倉稜
15ダブルシャープ牡857.0浜中俊
16スカーフェイス牡756.0西村淳也

過去10年の大阪城ステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201314エアソミュール3金鯱賞(G2)12
215サクラアルディート1京都記念(G2)8
 33タガノエルシコ5中山金杯(G3)9
201416スマートレイアー1愛知杯(G3)6
210ディサイファ2中山金杯(G3)3
 39タムロスカイ9小倉大賞典(G3)8
2015113ヒストリカル6キャピタルS(OP)16
稍重27マウントシャスタ4福島テレビオープン(OP)中止
 314ヒュウマ8中山金杯(G3)7
2016114テイエムイナズマ8洛陽ステークス(OP)8
216ハギノハイブリッド2白富士ステークス(OP)3
 312トラストワン14京都記念(G2)10
201711アストラエンブレム1京都金杯(G3)4
29トルークマクト13日経新春杯(G2)7
 311ガリバルディ4京都記念(G2)6
201812トリコロールブルー4飛鳥ステークス(1,600万)1
23グァンチャーレ5洛陽ステークス(OP)2
 35プラチナムバレット3白富士ステークス(OP)4
201913スピリッツミノル13白富士ステークス(OP)9
24トリコロールブルー1白富士ステークス(OP)2
 315クリノヤマトノオー3サンタクロースS(1,600万)1
202013レッドガラン2白富士ステークス(L)3
稍重212サトノフェイバー6洛陽ステークス(L)12
 314サトノアーサー1東京新聞杯(G3)4
202118ヒンドゥタイムズ1チャレンジカップ(G3)3
21アーデントリー14虹の松原特別(3勝)1
 35マイネルフラップ15洛陽ステークス(L)7
2022111アルサトワ5但馬ステークス(3勝)1
212カレンシュトラウス1東京新聞杯(G3)4
 36アイコンテーラー4関門橋ステークス(OP)3

【ハンデ】勝ち馬はいずれも54~56キロ

過去10年の大阪城ステークスの勝ち馬はいずれも斤量54キロから56キロでした

それ以外の馬は1頭も勝ち星をつかんでいません。

また、3着以内に入選した30頭のうち、斤量54~56キロ以外の馬は5頭しか入選していませんでした。

大阪城ステークスはハンデ競走ですが、斤量54キロから56キロの馬に注目したいですね。

今年の出走馬で斤量54~56キロに該当する馬は11頭います。

・オウケンムーン
・シュヴァリエローズ
・ジェットモーション
・スーパーフェザー
・スカーフェイス
・ニホンピロスクーロ
・フライライクバード
・プライドランド
・プレシャスブルー
・ラセット 
・ワールドバローズ

【年齢】高齢馬ほど不利になる

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【4-0-2-21】14.8%14.8%22.2%
5歳【3-7-3-24】8.1%27.0%35.1%
6歳【2-2-2-28】5.9%11.8%17.6%
7歳【1-1-1-27】3.3%6.7%10.0%
8歳【0-0-2-9】0.0%0.0%18.2%
9歳以上【0-0-0-8】0.0%0.0%0.0%

過去10年の大阪城ステークスで最も勝ち星が多いのは4歳馬の4勝です。

5歳馬は3勝ですが、連対率と複勝率は全年齢の中でもトップでした。

そして、6歳以降になると、年齢を重ねるにつれて好走事例が落ちています。

8歳以上になると馬券内に入選したとしても3着までがやっとでした。

大阪城ステークスは4.5歳馬を中心に、若い馬から馬券を考えたいです。

今年の出走馬で8歳以上の馬は6頭いました。

・エルプシャフト
・オウケンムーン
・スーパーフェザー
・ダブルシャープ
・プレシャスブルー
・ラセット

【阪神適性】阪神巧者が強い

過去10年の大阪城ステークスの勝ち馬10頭のうちの8頭がそれまでに阪神の芝コースで勝利実績がありました。

該当しなかったトリコロールブルーとアストラエンブレムは大阪城ステークスがキャリア初の阪神レースだったのです。

大阪城ステークスでは過去の阪神実績にも注目したいですね!

今年の出走登録馬で阪神芝コースを1度でも制したことがある馬は11頭いました。

エアファンディタ
(洛陽ステークス【L】)

エルプシャフト
(丹波特別【1,000万】)

シャイニーロック
(リゲルステークス【L】)

シュヴァリエローズ
(新馬)

スカーフェイス
(岸和田ステークス【3勝】)

スーパーフェザー
(逆瀬川ステークス【3勝】)

ニホンピロスクーロ
(岸和田ステークス【3勝】)

フライライクバード
(アザレア賞【1勝】)

プライドランド
(京橋ステークス【3勝】)

プリンスリターン
(ききょうステークス【OP】)

ラセット
(1,000万下)

なお、上記で上げた「斤量54~56キロ」「4歳~7歳馬」「阪神芝コースの勝利実績」の3つ全てに当てはまる馬は5頭いました。

シュヴァリエローズ
スカーフェイス
ニホンピロスクーロ
フライライクバード
プライドランド

ディープインパクト記念(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の大阪城ステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-3-1-3】30.0%60.0%70.0%
2番人気【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
3番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
4~6番人気【3-3-3-21】10.0%20.0%30.0%
7~9番人気【1-0-2-27】3.3%3.3%10.0%
10番人気以下【1-2-2-52】1.8%5.3%8.8%

1番人気のみ信頼できる

過去10年の大阪城ステークスでは1番人気は【3-3-1-3】で3頭の勝ち馬に加えて7頭が馬券に絡みました。

しかし、2,3番人気はそれぞれ1勝どまりで複勝率も30%しかありません。

大阪城ステークスはそこまで上位人気の信頼度が高くないレースです。

過去10年の大阪城ステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-14】6.3%12.5%12.5%
2枠【4-0-1-12】23.5%23.5%29.4%
3枠【0-2-1-14】0.0%11.8%17.6%
4枠【1-1-0-15】5.9%11.8%11.8%
5枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
6枠【0-1-2-17】0.0%5.0%15.0%
7枠【2-1-3-14】10.0%15.0%30.0%
8枠【1-3-1-15】5.0%20.0%25.0%

2枠が最も勝利が高い

過去10年の大阪城ステークスの好走馬を枠順別に見てみると、もっとも勝ち馬が多いのは2枠で4頭が勝利しています。

13番人気で勝利した2019年度のスピリッツミノルも2枠から発走していました。

大阪城ステークスは単勝率でみると2枠が最も優れていますよ。

今年の大阪城ステークスで2枠に入ったのはスーパーフェザージェットモーションです。

過去10年の大阪城ステークスの前走距離別成績

前走(芝)成績単勝率連対率複勝率
1,600m【3-3-2-27】8.6%17.1%22.9%
1,800m【1-2-1-28】3.1%9.4%12.5%
2,000m【6-3-5-34】12.5%18.7%29.2%
2,200m【0-1-2-11】0.0%7.1%21.4%

前走芝2,000m組が強い

過去10年の大阪城ステークスの好走馬を前走の距離別にまとめました。

もっとも好走率が高かったのは前走芝2,000mを使われていた馬で単勝率・連対率・複勝率いずれをとってもトップです。

特に、勝ち馬の6頭が前走芝2,000m組でした。

大阪城ステークスは波乱が多いレースですが、前走の距離を見ながら1着馬を予想するのもありですよ。

今年の出走馬で前走芝2,000mを使われていた馬は7頭います。

・エアファンディタ
・ジェットモーション
・スーパーフェザー
・ダブルシャープ
・ニホンピロスクーロ
・プレシャスブルー
・ラセット

大阪城ステークス2023の注目馬3頭

大阪城ステークスは上位人気が凡走しやすい波乱に満ちたレースです。

今年の出走馬で注目を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ワールドバローズ

火曜日の段階で1番人気はワールドバローズです。

3歳時はクラシックではなく条件戦で賞金を加算し、オープン入りを果たしました。

重賞ではなかなか結果を残せませんでしたが前走の睦月ステークスや3走前のカシオペアステークスなど、非重賞レースであれば3着に入選し、上位争いに加わっています。

今回も非重賞競走なのでチャンスはありそうです。

ここも骨のあるメンバーばかりが集まりましたが、過去の実績を考えたら上位人気もうなずけるでしょう。

阪神の芝1,800mはスローからの瞬発力勝負になりやすいので、先行しながらどこまで脚を溜められるかがポイントになりそうです。

★評価点
・オープンレースで馬券に絡んでいる
・斤量56キロで挑める

▼課題
・悪く言えば器用貧乏か

プリンスリターン

怪我からの巻き返しを図りたいのはプリンスリターンです。

もともと2.3歳時はクラシック候補でしたが、しばらくは鳴りを潜めます。

しかし、一昨年の夏にいきなり3連勝を果たして重賞クラスに名乗りをあげました。

ところが、そこからまさかの屈腱炎を発症して長期休養を余儀なくされたのです。

前走の東京新聞杯は骨折明けを考えたら全く気にしなくてもいいです。

ポイントとなるのは、一昨年夏ごろのパフォーマンスを取り戻しているかどうか。

状態さえよければここは上位争いできる器だと思うので、パドックや調教、返し馬を見ながら判断したいです。

★評価点
・オープンレースを連勝している
・2歳から頭角を現していた素質馬

▼課題
・骨折明けでどこまで競馬できるか
・斤量58キロ背負う

フライライクバード

久々の勝利を狙うのはフライライクバードです。

条件戦では常に馬券内に入選し、一昨年のアルゼンチン共和国杯でも3着に入選しました。

近2戦は重賞レースで惨敗していて、重賞の壁にぶち当たっています。

しかしながら、3走前のメトロポリタンステークスのように、非重賞なら馬券に絡んでいるのでまだまだ見限れません。

今回は近2戦に比べると相手関係は劣るので相対的に実力上位となりました。

あとは、久々の1,800mでどこまでやれるかがポイントになるでしょう。

★評価点
・アルゼンチン共和国杯で3着
・非重賞競走なら上位争いしている

▼課題
・1,800m戦は2歳時以来

大阪城ステークス2023の穴馬2頭

大阪城ステークスは波乱に満ち溢れていますが、その分配当妙味も大きいです。

今年の出走登録馬で穴馬候補を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アルサトワ

昨年の大阪城ステークスを制したアルサトワが連覇を狙います。

昨年は2番手くらいの位置で競馬を行いながら、後続の追撃を退けて勝利をつかみました。

その後、重賞路線では二けた着順が続いていますが、4走前のポートアイランドステークス(非重賞)では勝利していて、非重賞ならまだまだやれています。

今回は久々の非重賞戦であることに加え、昨年制した舞台なので上位争いも十分できるでしょう。

昨年の勝ち馬ですが火曜日の時点で6番人気とあまり注目されていません。

このまま当日を迎えることができれば配当的にもおいしいと思います。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・非重賞では勝ち負けしている

▼課題
・重賞とはいえ近3戦がいずれも二けた着順に敗れている

スカーフェイス

近走は凡走が続いていますが、スカーフェイスは意外と阪神が得意です。

阪神はこれまで【3-2-0-5】とまずまずに思いますが、2021年度のチャレンジカップで5着に入選しているだけではなく、2022年の大阪杯でも6着に入選しました。

この大阪杯は16頭立ての15番人気。

全くといっていいほど注目されませんでしたが岩田騎手渾身の追い込みが見事はまって6着に入選しています。

G1の舞台でそうそうたるメンバーが集まっていたことを考えれば大健闘といっていいでしょう。

近走は評価しづらいところがありますが、大阪杯のようにはまれば一発あるかもしれないです。

★評価点
・阪神は割と得意
・大阪杯で6着

▼課題
・データと相性の悪い7歳馬
・近走があまりよろしくない

大阪城ステークス2023予想の最終買い目

大阪城ステークス予想(晴れ良馬場想定)

大阪城ステークスが開催される日曜日の阪神競馬場界隈は終日晴れの予報が出ています。

前日の土曜日も晴れでレースが行われていたので、日曜日も引き続き良馬場でレースが行われるでしょう。

馬場状態に関してですが、土曜日の芝レースの時計を見てみると思ったより時計は出ている感じがしました。

そのため、うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながら予想を行います。

◎本命 6 ワールドバローズ

ディスクリートキャット
ポーシア
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍長篠S(3勝クラス) 2022年
前走睦月S(OP) 3着

本命はワールドバローズにします。

今年の大阪城ステークスは例年通りかなりの混戦模様ですが、そのなかでワールドバローズを評価したのは阪神実績です。

勝ち星こそありませんが阪神では【0-4-1-1】と好走率は非常に高く、連軸馬券の軸馬に最適です。

相手を見ても一癖も二癖もあるような馬ばかりが集まったので、ワールドバローズは年齢的にも好走している5歳馬。

斤量も56キロとデータとの相性はよいですね。

他の馬と比較しても総合力に長けているので本命にしました。

〇対抗 7 シュヴァリエローズ

ディープインパクト
ヴィアンローズ
母父Sevres Rose
主な勝ち鞍寿S(3勝クラス) 2022年
前走ニューイヤーS(L) 9着

対抗はシュヴァリエローズにします。

阪神は【1-1-0-1】と悪くなく、唯一着外に敗れたのも昨年12月のリゲルステークス(5着)で、勝ち馬とのタイム差は0.3秒なのでそこまで悪くありません。

ディープインパクト産駒なので末脚競馬を得意としていますし、敗れたリゲルステークスでも上がり最速33秒9の脚を使いました。

近2戦は敗れているとはいえマイルで少し距離が短かった可能性があります。

シュヴァリエローズの脚からしたらもっと距離が長いほうがやれそうなので、今回1ハロン伸びるのはプラスかと思いました。

▲単穴 16 スカーフェイス

ハーツクライ
スプリングサンダー
母父クロフネ
主な勝ち鞍岸和田S(3勝クラス) 2021年
前走京都記念(G2) 8着

単穴はスカーフェイスにします。

データだけ見たら凡走しやすい7歳馬で、しかも主戦を務めた岩田康誠騎手ではなくテン乗りの西村淳也騎手が騎乗するなど、不安要素もいくつかあります。

しかし、スカーフェイス自体は年齢を感じさせない走りが強みで、昨年の大阪杯6着や中山金杯2着など、全く侮れません。

後方競馬を得意としているので西村騎手との手綱が合うかは未知数ですが、コース自体は上がり勝負になりやすいので脚を思う存分活かせるでしょう。

年齢は7歳ですが血統的には晩成型のハーツクライ産駒なので、もしかしたらワンチャンスあるかもしれず、馬券に絡めました。

△連下 10 フライライクバード

スクリーンヒーロー
シングライクバード
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍ムーンライトH(3勝クラス) 2021年
前走オールカマー(G2) 9着

連下はフライライクバードにしました。

近2戦の重賞レースではなかなか馬券に絡めておらず、先行しながら敗れているので全盛期と比較すると能力の低下は否めません。

しかしながら、非重賞戦であればまだまだやれているのも事実です。

近走を見る限り、非重賞レースでは馬券に絡んでいるので、相手関係を考えたら今回も上位争いできると思いました。

主戦を務めていた福永祐一騎手は引退しましたが、替わって騎乗する坂井瑠星騎手も若手騎手の中では相当うまい騎手なので、好走へ導いてくれることに期待したいです。

単勝

6 ワールドバローズ

馬連流し

軸馬:6
相手:7、10、13、16

三連複フォーメーション

1頭目:6
2頭目:7、10、13、16
3頭目:7、10、13、16

以上になります。
大阪城ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)