[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【毎日杯2023予想】1人気の複勝率90%!軸で買いたい3頭はこちら!

毎日杯2023予想

毎日杯2023予想の最終買い目を更新しました!

毎日杯2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

毎日杯2023の概要

毎日杯は阪神競馬場で開催される芝1,800mのレースです。

G1レースに直接結びつきのあるレースではありませんが、条件戦から挑む馬や初春の重賞レースで賞金加算できなかった馬が参戦することが多いです。

東上最終便という別名を持つ毎日杯はその名の通り、皐月賞までに開催される3歳牡馬重賞の最終戦です。

皐月賞との間隔は短いですが、のちにG1馬となる馬が多数参戦している点にも注目したいです。

近10開催の勝ち馬だけ見ても、ダービー馬のキズナやシャフリヤール、皐月賞馬のアルアインにグランプリホースのブラストワンピースなど、未来のG1馬を輩出している出世レースと言えるでしょう。

今年はホープフルステークスで3着のキングズレインや2歳時に注目されたノッキングポイント、京成杯でシンガリ人気ながらも2着入選したオメガリッチマンが出馬を表明しました。

例年以上に個性豊かな面子が揃いましたね。

将来性の強いレースなので、現在目立たない馬も毎日杯を皮切りに大成するかもしれません。

そういった意味でも注目したいレースですね!

毎日杯2023の開催内容

開催日3月25日(土曜) 15:35発走
格付けG3
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,800m
性齢3歳
斤量別定
1着賞金4000万円

毎日杯2023が開催される阪神の芝1,800mの特徴

阪神競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面2コーナー奥ポケット
コース右回りの外回り
1周の距離Aコース=2,089m
Bコース=2,113m
直線距離Aコース=473.6m
Bコース=476.3m
高低差2.4m
フルゲート18頭

阪神競馬場は内回りコースと外回りコースが存在しますが、1,800mでは外回りコースを使用します。

スタート地点は2コーナーの出口奥にあるポケットで、芝1,600mのスタート地点をそのまま200m後方に下げた位置がスタートです。

スタートから最初のコーナーまでは約665mもあるため枠の影響はほとんどありません。

3.4コーナーは半径が非常に大きいためコーナーワークを苦手とする馬でも立ち回りやすいです。

4コーナーに向かうにつれて下り傾斜になっており、4コーナーの途中にラスト3ハロンの標識が立っていることから、各馬はペースを引き上げながら最後の直線に入ります。

最後の直線は約473mです。

前半は下り傾斜ですが、残り200m付近で阪神名物の急な上り坂が立ちはだかります。

この傾斜は約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がるため、なかなかハードな上り坂です。

坂を上りきった先にゴール板が立っています。

阪神芝1,800mは、芝1,600m同様スローからの上がり勝負になりやすく、決め手が重要です。

前半がゆったりとした流れとなり、4コーナーあたりからペースを引き上げ、最後の直線ではトップスピード戦になります。

そのため、上がり勝負になりやすく、上がりの速い馬が有利です。

脚質的には差しや追い込み馬も台頭しやすいですね。

スピード能力の高い馬が有利ですが、急坂の存在からパワーを兼ねそろえた馬にも注目したいです。

阪神の芝1,800mはここをチェック!

  • ワンターンの外回りコースを使用
  • カーブが苦手な馬でも立ち回れる
  • 末脚勝負になりやすい
  • 差しや追い込み馬が活躍しやすい
  • 関西騎手が好調

毎日杯2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1フェイト牡356.0藤岡康太
2セレンディピティ牡356.0吉田隼人
3シーズンリッチ牡356.0角田大河
4オメガリッチマン牡356.0石川裕紀人
5キングズレイン牡356.0岩田康誠
6ダブルジョーク牡356.0横山典弘
7ドクタードリトル牡356.0松山弘平
8ノッキングポイント牡356.0藤岡佑介
9マイネルメモリー牡356.0吉村智洋
10エマヌエーレ牡356.0和田竜二
11フルメタルボディー牡356.0松田大作
12アドマイヤイル牡356.0団野大成
13ドットクルー牡356.0岩田望来

過去10年の毎日杯のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201316キズナ1弥生賞(G2)5
25ガイアースヴェルト6500万2
 34バッドボーイ3弥生賞(G2)10
201411マイネルフロスト5共同通信杯(G3)4
22エイシンブルズアイ3アーリントンC(G3)7
 314ステファノス4つばき賞(500万)1
201519ミュゼエイリアン7共同通信杯(G3)4
28ダノンリバティ3つばき賞(500万)2
 315アンビシャス1共同通信杯(G3)3
2016110スマートオーディン1共同通信杯(G3)6
22アーバンキッド4アーリントンC(G3)5
 35タイセイサミット2弥生賞(G2)4
201713アルアイン2シンザン記念(G3)6
21サトノアーサー1きさらぎ賞(G3)2
 36キセキ7すみれステークス(OP)3
201811ブラストワンピース1ゆりかもめ賞(1勝)1
25ギベオン2フリージア賞(1勝)1
 33インディチャンプ3500万1
201911ランスオブプラーナ3アルメリア賞(1勝)1
22ウーリリ2新馬1
 313ヴァンドギャルド1きさらぎ賞(G3)4
202018サトノインプレッサ2こぶし賞(1勝)1
稍重22アルジャンナ1きさらぎ賞(G3)3
 35ダノンアレー4アルメリア賞(1勝)2
202116シャフリヤール2共同通信杯(G3)3
27グレートマジシャン1セントポーリア賞(1勝)1
 31プログノーシス4未勝利1
202214ピースオブエイト4アルメリア賞(1勝)1
稍重27ベジャール9未勝利1
 31ドゥラドーレス1セントポーリア賞(1勝)1

【前走競馬場】勝ち馬はいずれも前走で4大馬場を使われている

前走競馬場成績単勝率連対率複勝率
東京【5-4-2-8】26.3%47.4%57.9%
中山【1-0-2-8】9.1%9.1%27.3%
京都【2-4-3-21】0.0%0.0%0.0%
阪神【2-2-3-32】6.7%20.0%30.0%

過去10年の毎日杯で馬券に絡んだ30頭はいずれも前走が4大馬場競馬場(東京・中山・京都・阪神)でした。

その中でも前走東京競馬場を使われた馬は5勝と、好調をキープしていますよ。

今年は京都の代わりに中京で開催されることが多いですが、代替開催された2020年、2021年度において前走中京組は馬券外に敗れています。

毎日杯では前走4大馬場を使われた馬に注目したいですね。

今年の出走登録馬で前走が4大馬場以外だった馬は2頭いました。

・アドマイヤイル
・セレンディピティ

【脚質】大きな差はない

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
先行【4-3-4-24】11.4%20.0%31.4%
差し【1-4-1-21】3.7%18.5%22.2%
追込【3-2-5-29】7.7%12.8%25.6%

過去10年の毎日杯を脚質別に見てみると、逃げから追い込みまですべての脚質が勝利していました。

勝率を見ると逃げが優勢でその次に先行馬が結果を残していますが、複勝率で見ると差しや追い込み馬が逃げ馬を勝っています。

競馬は前を走る馬が有利と言われている中で差しや追い込み馬の活躍も目立っています。

全体的にどの脚質も結果を残しているので脚質による有利不利はそこまで気にしなくてもよさそうですね。

毎日杯(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の毎日杯の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-3-3-1】30.0%60.0%90.0%
2番人気【3-2-1-4】30.0%50.0%60.0%
3番人気【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
4~6番人気【2-2-3-23】6.7%13.3%23.3%
7~9番人気【1-1-1-26】3.4%6.9%10.3%
10番人気以下【0-0-0-23】0.0%0.0%0.0%

上位人気で決まることが多い

過去10年の毎日杯の好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は【3-3-3-1】で勝率こそ30%ですが複勝率は90%に達しました。

2番人気は【3-2-1-4】と、こちらも1番人気同様3勝を挙げています。

また、馬券に絡んだ27頭が1~6番人気以内に支持された馬でした。

7~9番人気の馬は過去10年で3頭しか馬券に絡んでおらず、10番人気以下に至っては1頭も馬券内に入選していません。

毎日杯は上位人気、もしくは中位人気の馬で決着する可能性が高いレースです。

過去10年の毎日杯の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【3-1-2-4】30.0%40.0%60.0%
2枠【0-4-0-7】0.0%36.4%36.4%
3枠【1-0-1-10】8.3%8.3%16.7%
4枠【1-1-1-11】7.1%14.3%21.4%
5枠【2-2-2-8】14.3%28.6%42.9%
6枠【1-0-1-12】7.1%7.1%14.3%
7枠【1-2-0-15】5.6%16.7%16.7%
8枠【1-0-3-15】5.3%5.3%21.1%

内枠有利

過去10年の毎日杯の好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのは1枠で、10頭のうちの3頭が勝利、馬券には6頭が絡んで勝率30%、複勝率は60%の高水準です。

2枠を引いた馬は勝ち馬こそいませんが、11頭中4頭が2着に入選しているのでこちらも期待できます。

毎日杯が舞台となる阪神芝1,800mは極端に枠の差はありませんが、過去10年の毎日杯に限ってみると1,2枠の内枠が有利なのです。

今年の出走馬で1枠に入った馬はフェイトです。

過去10年の毎日杯の前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
1,799m以下【2-3-1-29】5.7%14.3%17.1%
1,800m【6-6-5-33】12.0%24.0%34.0%
1,801m以上【2-1-4-20】7.4%11.1%25.9%

前走芝1,800m組が強い

過去10年の毎日杯の好走馬を前走距離別にまとめると、前走芝1,800m組が最も結果を残していました。

前走芝1,800m組は過去10年で6勝、馬券には17頭が絡んでいることから信頼度は高いです。

前走で芝1,800mを使われている馬がいたら評価を挙げたいですね。

今年の出走馬で該当したのは5頭です。

・エマヌエーレ
・シーズンリッチ
・ドクタードリトル
・ドットクルー
・フェイト

過去10年の毎日杯の前走人気別成績

前走人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【0-7-3-17】0.0%25.9%37.0%
2番人気【7-3-3-8】33.3%47.6%61.9%
3番人気【1-0-1-9】9.1%9.1%18.2%
4番人気【0-0-2-10】0.0%0.0%16.7%
5番人気【0-0-0-9】0.0%0.0%0.0%
6~9番人気【2-0-1-22】8.0%8.0%12.0%
10番人気以下【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%

前走1番人気は抑えで

過去10年の毎日杯の好走馬を前走の人気別でまとめました。

前走1番人気だった馬は【0-7-3-17】でなんと1頭も勝利を手にしていません。

これまで1番人気で支持されたサトノアーサーやグレートマジシャンも2着に敗れてしまいました。

前走1番人気だった馬は相手候補にしたほうがいいかもしれません。

今年の出走馬で前走が1番人気だった馬は3頭います。

・アドマイヤイル
・セレンディピティ
・ノッキングポイント

前走2番人気の馬に注目したい

対象的に、前走2番人気だった馬は【7-3-3-8】で勝率33%、複勝率はなんと62%もありました。

過去の優勝馬で見ると、アルアインやシャフリヤールが該当します。

毎日杯は前走で2番人気に支持された馬が激走していますよ。

今年の出走馬で前走2番人気だった馬は2頭いました。

・ダブルジョーク
・ドクタードリトル

毎日杯2023の注目馬3頭

毎日杯は上位人気馬で決着づくことが多いレースです。

今年の出走登録馬で人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

キングズレイン

ホープフルステークスでは6番人気の評価でしたが最後方から上がり最速34秒3の末脚で3着に食い込み、見せ場を作りました。

ラスト3ハロンの瞬発性が問われるレースで器用に立ち回って好走できましたね。

キングズレインはこれまで4戦使われていますがいずれも別々の競馬場でレースを行っています。

そのなかで、いずれのレースでも3着以上に入選していることから、根本的に器用な馬なのでしょう。

阪神は初めてですが、直線の長い東京でも好走していますしここは問題ないです。

弥生賞出走前に発症した発熱が完全に引いてくれていたらここは実力上位に一頭となるでしょう。

★評価点
・どんな舞台でも結果を残す
・タイトな中山で追い込みを決めた

▼課題
・前走中山組は4大馬場の中では結果を残していない

ノッキングポイント

新馬戦では上がり最速34秒5の末脚を使って2着馬のオールパルフェに3馬身差つけて圧勝しました。

続くサウジアラビアロイヤルカップでも注目されましたがここは人気とは裏腹に4着に敗れ、さらには前々走のジュニアカップも4着と辛苦をなめ続けました。

それでも前走の未勝利戦では相変わらずの人気に応えて勝利しているように、少しずつ調子を取り戻しているように感じます。

サウジアラビアロイヤルとジュニアカップの印象がいまいちよくないですが、出し切れれば新馬戦のような強い競馬もできます。

毎日杯では初めての阪神で輸送も行いますが、万全の状態で迎えることができればチャンスは十分ありそうです。

★評価点
・光る末脚を持っている
・新馬戦が強い
・データと相性のいい前走東京組

▼課題
・初の阪神
・長距離輸送をクリアできるか
・テンの藤岡佑介騎手が騎乗
・データと相性の悪い前走1番人気の馬

オメガリッチマン

前走の京成杯は9頭立ての9番人気と、最下位人気にも関わらず中団で粘りの競馬を見せて2着。

馬連万馬券の立会者となりました。

前走のような粘り気のある競馬を阪神の外回りコースでも行かせられるかがポイントです。

毎日杯の過去データだけ見たら脚質による有利不利はそこまでないのでチャンスはあると思いますが、京成杯の舞台である中山よりは阪神外回りコースのほうが差しや追い込み馬は活躍しやすいです。

京成杯とは違って有力馬も多数そろいましたし、メンバーレベルの上がる中でどこまでやれるかが焦点になるでしょう。

★評価点
・京成杯では粘りの2着
・直線の長い新潟でも好走している

▼課題
・差しや追い込み勢を抑えて勝つことができるか

毎日杯2023の穴馬2頭

毎日杯は大穴の出番こそほぼありませんが、中位人気馬は比較的馬券に絡む傾向が強いですよ。

今年の出走登録馬で配当妙味のありそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ドクタードリトル

阪神はこれまで3戦使って【1-1-1-0】。

複勝率100%から分かるように舞台適性は問題ありません。

脚質を見ても先行から追い込みまで幅広くこなしているので器用さにもたけていますね。

また、ドクタードリトルは毎日杯と相性のいいデータをいくつかもっています。

・前走2番人気
・前走4大馬場
・前走芝1,800m

よいデータが目白押しなのもよいですね。

今年の毎日杯はそこそこメンバーが揃いましたがドクタードリトルもデータ的には面白い存在ですし、枠次第では本命候補で考えています。

★評価点
・好走データが多い
・阪神が得意

▼課題
・ここが初の重賞戦

マイネルメモリー

これまでマイルを主に使われてきましたが、ここは距離を伸ばして皐月賞を目指します。

前走のゆきやなぎ賞の内容を見る限り、距離はマイル~中距離がベストですね。

これまで1,600mで走っていましたが、5走前の未勝利戦では1,800mの舞台で2着なので1,800mまでなら問題なさそうです。

1,600mから1,800mでは常に馬券内に絡んでいる安定感も評価したいですし、阪神も【1-3-1-1】と結果を残しています。

人気を落とすようなら抑えておきたい1頭です。

★評価点
・阪神実績がある
・マイルを得意としているが1,800mでも馬券に絡んでいた

▼課題
・初の重賞で相手関係が強くなる
・月曜日の時点で鞍上が未定

毎日杯2023予想の最終買い目

毎日杯予想(曇りの良馬場想定)

毎日杯が開催される土曜日の阪神競馬場界隈は曇りの予報です。

前日の金曜日においても曇りでした。

ただし、関西は23日に雨が降っていたのでその雨が完全に乾くは分かりません。

うましるでは一応良馬場、しかし極端な高速馬場ではなく標準くらいの時計を想定しながら予想をまとめました。

◎本命 7 ドクタードリトル

デクラレーションオブウォー
ブルックデイル
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走つばき賞(1勝クラス) 3着

本命はドクタードリトルにします。

週の初めにも注目していましたが、やはり好走データが多いのが惹かれました。

阪神もこれまで3戦して【1-1-1-0】と好調ですし、騎乗するのもリーディング上位の松山騎手です。

前日の段階で6番人気と配当妙味も高いですし、ここは強く狙いたいです。

〇対抗 5 キングズレイン

ルーラーシップ
タッチングスピーチ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍百日草特別(1勝クラス) 2022年
前走ホープフルS(G1) 3着

対抗はキングズレインにします。

前走のホープフルステークスは時計のかかりやすい馬場で3着に入選しました。

現在の阪神も雨の影響で極端な高速馬場ではありません。

キングズレインの脚に合う条件下でレースが行われると思います。

相手関係を見ても骨のあるメンツばかりですが、そのなかで確かな実績を残していますしここは能力上位。

金曜日の時点で1番人気に支持されていますが対抗評価します。

▲単穴 12 アドマイヤイル

サクソンウォリアー
アイムユアーズII
母父Invincible Spirit
主な勝ち鞍3歳未勝利 2023年
前走3歳未勝利 1着

単穴はアドマイヤイルにします。

近2戦が中京を使われどちらも連対しました。

中京はアップダウンが多く、最後の直線も長い上り坂を駆け上がるので距離以上にタフな舞台です。

現在の阪神は極端な高速馬場ではなく、どちらかというとスタミナやパワー要素が求められています。

中京の実績を見る限りは時計のかかる可能性のある馬場での活躍に期待できるでしょう。

調教内容もよかったですし、ここは勝負に来ている感じがしました。

△連下 2 セレンディピティ

ドゥラメンテ
ジェラシー
母父ハービンジャー
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走若駒S(L) 5着

連下はセレンディピティです。

近2戦は納得のいかない着順でしたがそれより前の2戦は連対しています。

特に、3走前の未勝利戦では後方から早めのまくりを決めて2着馬に4馬身差をつけて圧勝しました。

血統的にも父が二冠馬のドゥラメンテで母がオークスで4着のジェラシーなので良血なのです。

タフな馬場における末脚に期待できますし抑えておきます。

消し 8 ノッキングポイント

モーリス
チェッキーノ
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走3歳1勝クラス 1着

ノッキングポイントは消します。

新馬戦から高いパフォーマンスを発揮していましたが、新馬戦や前走の1勝クラスを見る限り、ノッキングポイントは時計の出る高速馬場でこそ真価を発揮しています。

現在の阪神は曇り空で極端な高速馬場ではないと思いますし、その条件下でどこまで脚を活かせるかは分かりません。

また、初輸送や初の阪神など、不安要素もいくつかあったので消すことにしました。

単勝

7 ドクタードリトル

馬連流し

軸馬:7
相手:1、2、5、12

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:1、2、5、12
3頭目:1、2、5、12

以上になります。
毎日杯の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)