[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【エプソムカップ2023追い切り評価/全頭診断】人気上位の〝あの馬〟に「S」の最高評価!

エプソムカップ2023追い切り評価記事のサムネイル画像

エプソムカップ2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではエプソムカップの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

6月7日の馬場状態

美浦WC
この日は前夜からの雨の影響もあり、ウッドチップは稍重でした。
時計は雨を含んでいて平均的に出ています。

栗東坂路
坂路は比較的時計が出ていました。
特に開門直後は好タイムが出ています。

栗東CW
こちらも坂路同様時計が出ています。

栗東ポリトラック
もともとポリトラックは時計が出やすいですが、この日もいつもどおり時計は出ていました。

目次(読みたい項目をタップ)

エプソムカップ2023追い切り評価/全頭診断コメント

エプソムカップ2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

エプソムカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

インダストリア

インダストリア 6月7日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.365.950.336.011.5馬なり
1週前美浦南W(稍重) 68.852.537.811.9馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.051.336.711.5馬なり

重賞タイトルを手にしながらも安田記念は競走除外になったインダストリアは翌週行われるエプソムカップに向けて最終追い切りを行いました。

美浦のウッドチップコースで単走を行い馬なりで6ハロン82秒3-1ハロン11秒5の好時計を記録。

しっかりと脚は使えていましたし迫力のある動きを見せていました。

安田記念の追い切りでも動きはよかったのですが、最終追い切りでもよりパワーのある走りを見せていて先週以上に仕上がっていると思います。

本質的には1,600mがベストだと思うので、1,800mの舞台でどこまで通用するかは未知数ですが追い切り内容は非常に良かったです。

エアファンディタ

エアファンディタ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.840.112.7馬なり
1週前栗東坂路(稍重)  53.939.212.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  56.441.313.0馬なり

最終追い切りは助手を背に、栗東坂路にて単走で行われました。

特徴的なピッチ走法でリズムよく駆け上がっているのが印象的です。

1週間前追い切りで負荷がかけられていたので軽めに追われ、時計も前週よりかは出ていませんが動きは悪くありません。

勝利した前走都大路ステークスの最終追い切りよりは時計が出ているので成長も感じられました。

エアロロノア

エアロロノア 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.838.111.9強め
1週前栗東坂路(稍重)  52.338.112.0強め
前走最終栗東坂路(良)  52.138.112.4強め

最終追い切りは助手を背に栗東坂路において単走で行われました。

はじめは外ラチ沿いにいましたが前に馬がいたので途中から馬場の真ん中を走りつつ強めに追われています。

最後1ハロンは11秒9の好時計を出していますし終いの末脚も健在です。

前走のマイラーズカップも状態はよかったのですが外々を振り回されて末脚を活かせませんでした。

今回はマイラーズカップの舞台である京都よりも横が広い東京が舞台ですし、脚質は合うでしょう。

距離は長いかもしれませんが、ワンターンコースなので長く脚を活かして好走に期待したいです。

ガロアクリーク

ガロアクリーク 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)84.567.853.138.411.3馬なり
1週前美浦南W(稍重) 66.251.437.111.3強め
前走最終美浦南W(稍重) 66.151.237.011.5強め

1年ぶりのレースとなるガロアクリークは石橋脩騎手の手綱の元、美浦のウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

先に前を走る僚馬2頭を見ながら、馬なりで直線入り。

直線に入ってからはあえて併せずに間を空けて一気に抜け出し、上がり1ハロン11秒3を記録しています。

一年ぶりのレースでモサッとしたところがありますが、1年前のこの時期の追い切りよりも終いの脚が伸びています。

また、脚部の不安も持っていますが、追い切りを見る限り脚元はよくなっていますね。

あとは久々の実戦でどこまでやれるか。

鉄砲が利くのでいきなりもあるかもしれませんよ。

カワキタレブリー

カワキタレブリー 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.339.712.5馬なり
1週前栗東CW(稍重)84.168.854.138.511.7強め
前走最終栗東坂路(良)  54.039.012.8一杯

最終追い切りは助手の騎乗で栗東坂路にて、サイレンスゴールド(3歳未勝利)と併せました。

外ラチからアタマを動かしながらもしなやかな動きで追われています。

ラスト1ハロンは12秒5で平凡ながらも荒れた馬場を苦にしない走りで楽な手ごたえを残していました。

1週間前追い切りがウッドチップコースにて強めに追われましたがそこでは反応と伸びがよくて態勢を整えていました。

最終追い切りは軽い仕上げでしたが、この馬なりに本番に向けて順調に仕上がっていると思います。

ジャスティンカフェ

ジャスティンカフェ 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.367.852.837.711.8馬なり
1週前栗東坂路(稍重)  54.139.212.6馬なり
前走最終栗東CW(良) 69.752.836.811.4馬なり

最終追い切りは調教師を背に栗東ウッドチップで追い切りが行われています。

単走でコースを周回。騎乗した安田翔調教師は一切手を動かしていないものの6ハロン83秒3-1ハロン11秒8の時計を記録しました。

直線に入ってからの伸びもよいですし、気持ちよさそうに走っているのが印象的でした。

昨年のエプソムカップでは3頭併せで我慢する走りを行っていましたが今回は一転して馬の思うままに走らせていました。

時計は出ていたので地力の高さは健在で、状態も問題なさそうです。

あとは昨年とは打って変わって最終追い切りのパターンを変えたことがレースでどのような結果をもたらすか。注目したいですね。

ショウナンマグマ

ショウナンマグマ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 65.750.836.912.2馬なり
前走最終美浦南W(良) 64.749.435.711.4一杯

最終追い切りは美浦のウッドチップコースで単走にて行われました。

ほぼ馬なりの状態で駆け抜けましたが力いっぱい走っていて動きは良かったと思います。

ただし、騎乗した吉田豊騎手に言わせると「力みもあった」ようなので、本番でどれだけリラックスした状態で挑めるかがポイントになりそうです。

時計は悪くないので気性面がカギとなるでしょう。

トーラスジェミニ

トーラスジェミニ 6月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.767.752.437.912.1一杯
前走最終美浦南W(稍重) 68.352.638.211.9馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにおいて、トーセンメラニー(5歳3勝)を追うように一杯に追われました。

直線ではステッキを3発入れられて追走し、最終的には並走しています。

一杯に追われながらも時計はそこまで目立っておらず、ラスト1ハロン12秒1は決して優秀とは言えません。

これまでと比較しても今回はそこまで目立った動きは見せておらず、ベストな状態とはいえないでしょう。

ここでの激走は厳しいと思います。

ピースワンパラディ

ピースワンパラディ 6月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)84.368.852.137.211.5強め
1週前美浦南W(良)80.666.251.336.711.4強め
前走最終美浦南W(良) 66.549.835.411.2馬なり

最終追い切りは大野騎手騎乗の元、美浦ウッドチップコースにて3頭併せを行いました。

併せたのはロジホームとザングウィル(どちらも3歳未勝利)です。

2頭の内から追い切りを行い、直線では一度先頭に躍り出るも、未勝利2頭に先着を許しました。

時計自体は上がり1ハロンが11秒5なので悪くはありませんが、追われてからの反応が鈍かった点は少し気になります。

年齢的にも3年前のエプソムカップ出走前と比較すると衰えは隠し切れておらず、全盛期と比較すると動きの鈍さは気になりました。

上位争いは少し厳しいかもしれません。

フィアスプライド

フィアスプライド 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 66.051.236.411.2強め
前走最終美浦南W(稍重)82.565.550.536.211.4一杯

最終追い切りは助手騎乗でパラレルヴィジョン(4歳3勝クラス)と併せるように追い切りを行いました。

パラレルヴィジョンに先行し、最後は強めに追われながらも半馬身差先着しました。

強めに追われていて終いまでしっかりと伸びていました。

いくらか身体に余裕はありそうですが、それでも使う分だけ締まってきており、本番に向けて順調に仕上がっていると思います。

マテンロウスカイ

マテンロウスカイ 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.139.012.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.637.312.2馬なり

最終追い切りは助手騎乗の元、栗東の坂路コースにて単走で行われました。

すこし靄(もや)がかかって分かりづらいですが、力強い足さばきでしっかりと坂路を駆け上がっているのが印象的です。

時計は平凡ですが松永調教師いわく「上がり重点でいい動きをしていた」とコメントされています。

たしかに足さばきは立派ですし、前走の最終追い切りとほとんど差がないのもよいでしょう。

前走追い切りと比較するとわずかですが上がり1ハロンが0.1秒早いため、終いの脚を強化している印象を受けました。

東京競馬場でも再び脚を活かせそうです。

ヤマニンサルバム

ヤマニンサルバム 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.337.512.6一杯
1週前栗東CW(良)83.566.751.237.112.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.737.612.0一杯

最終追い切りは田中健騎手騎乗の元、ジゲン(6歳オープン)と栗東坂路で最終調整を行っています。

ジゲンのあとから追走し、追われると反応よく抜け出しているのが印象深かったです。

一杯に追われている割に時計は平凡ですが、それでも要所の反応はよかったでしょう。

前走のように馬場が悪化したら出し切れない可能性があるため、できれば良馬場で挑みたいところです。

ヤマニンサンパ

ヤマニンサンパ 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.238.012.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.039.112.4一杯

最終追い切りはヴァリージア(3歳未勝利)とともに栗東坂路で調整されました。

昨年7月以来のレースで実に11か月ぶりのレースとなりますが、坂路では4ハロン53秒2-1ハロン12秒1の時計でヴァリージアに先着しています。

久々が課題ですが追い切りを見る限りはこれまで通り動けていて休み明けも問題なさそうです。

調教で手綱を握った杉原騎手も美浦から駆けつけて調教に乗っているのでここはメイチで仕上げてくるでしょう。

昨年と同じぐらいの動きはできていました。

ラストドラフト

ラストドラフト 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 69.453.838.411.9馬なり
前走最終美浦南W(重) 66.451.737.511.6馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて単走で行われました。

外ラチ沿い付近を走りながら5ハロン69秒3-1ハロン11秒9の時計でゴールしています。

一歩の歩様に力が乗っていて仕上がり具合はよいでしょう。

目黒記念から中1週で挑むことになりますが、軽快な動きができていて前走の反動はなさそうです。

勝ち負けできるかは難しいところですが好状態をキープしています。

ルージュエヴァイユ

ルージュエヴァイユ 6月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.368.453.738.711.8馬なり
前走最終美浦南W(良)83.367.452.637.611.0馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて3頭併せで行われました。

僚馬はセブンフォールド(5歳1勝クラス)とアスコリピチェーノ(2歳新馬)で2頭の間から追い切りました。

初コンビを組む石川裕紀人騎手の手綱の元、真ん中から直線入りすると、余裕の走りで併入しました。

時計は6ハロン83秒3-1ハロン11秒9です。

前走メイステークスの時と比べると全体的に時計は落ちていますが、間隔が詰まっているため少し疲れがあるのかもしれません。

しかしながら、極端に状態も悪くないため、後傾ラップになりやすい東京芝1,800mでは力を発揮しやすいと思います。

レインフロムヘヴン

レインフロムヘヴン 6月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 66.451.236.411.6強め
前走最終美浦南W(重)  51.336.611.5馬なり

府中ステークスを制してオープン入りを果たしたレインフロムヘヴンはレーン騎手の手綱の元、美浦のウッドチップコースにて3頭併せで最終追い切りを行っています。

僚馬にはカフェキング(6歳2勝)とダノンエアズロック(2歳新馬)で馬場の外側から直線入りします。

僚馬2頭の間から強めに追われ、カフェキングに1馬身半差先着したものの、ダノンエアズロックには半馬身遅れを取りました。

2歳新馬に後手を踏んだのは少し気になりますが、それでも5ハロン66秒4-上がり1ハロン11秒6の時計は優秀です。

意欲的に追われていましたし順調に仕上がっていると思います。

余談ですが、僚馬のダノンエアズロックは身体のしなやかさや動きが非常に良く、血統的にも重賞馬プリモシーンの弟にあたるので新馬戦での勝ち負けにも期待が持てそうです。

レクセランス

レクセランス 6月7日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  57.241.613.2馬なり
前走最終栗東坂路(不良)  57.741.713.4馬なり

最終追い切りは栗東坂路において単走で行われています。

4日の日曜日にも強い負荷がかけられていたのでここは軽めに追われました。

軽めなので時計は平凡ですが、それ以上にアタマの動きが目立っていたうえ走りには気が感じられないのは気になりました。

また、前走ダイヤモンドステークスが芝3,400mで今回のエプソムカップが芝1,800mで、実に1,600mも距離短縮になります。

長距離レースならゆったりした流れでスタミナをキープする走りも重要ですが、芝1,800mはマイル寄りの中距離なので速い段階から動くことも少なくありません。

そのため、もっと強めに追って機敏な動きを覚えさせてもよかったと思います。

距離的に出し切れるか難しく感じました。

エプソムカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとエプソムカップ(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

エプソムカップ2023追い切り評価ランキング

評価馬名
インダストリア
エアロロノア
ガロアクリーク
ジャスティンカフェ
マテンロウスカイ
ヤマニンサルバム
ルージュエヴァイユ
エアファンディタ
カワキタレブリー
ショウナンマグマ
フィアスプライド
ヤマニンサンパ
ラストドラフト
レインフロムヘヴン
トーラスジェミニ
ピースワンパラディ
レクセランス
 

エプソムカップ2023追い切り映像

エプソムカップ2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 エプソムカップ|JRA公式

エプソムカップ2023の最終予想

エプソムカップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)