[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【マーメイドS2023追い切り評価/全頭診断】水曜追い切りの中で〝一番に評価したい馬〟はこの馬!

マーメイドS2023追い切り評価記事のサムネイル画像

マーメイドステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではマーメイドステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

6月14日の馬場状態

美浦
この日の美浦は曇り時々雨で良馬場でした。
6ハロン80秒を切る時計が連発し、非常に速い馬場となっています。
芝コースは標準くらいの時計がでていました。

栗東
栗東は曇りで馬場は良馬場でした。
坂路は開門直後がもっとも時計が出ており、それ以降は標準くらいの時計です。
ウッドチップコースは標準的な馬場状態でポリトラックはいつもどおり時計の速い状態でした。

目次(読みたい項目をタップ)

マーメイドステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

マーメイドステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

マーメイドステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ウインマイティー

ウインマイティー 6月14日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)81.766.352.136.810.9一杯
1週前栗東CW(良)79.564.349.835.611.2一杯
前走最終栗東PT(良) 64.349.537.311.7馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースで行われました。

単走で助手騎乗の元、一杯に追われています。

序盤は行きたがる素振りをみせましたがそこで我慢し、上がり1ハロン10秒9というこの日最速タイの時計を叩き出しました。

動きも非常にいいですし力強い走りができていたので状態は非常に良いでしょう。

元々所属していた五十嵐厩舎が解散したため、西園厩舎に転厩してはじめての追い切りでしたが素晴らしい動きでした。

トップハンデを背負うことになりますが最終追い切りを見る限りは連覇も十分可能だと思います。

ゴールドエクリプス

ゴールドエクリプス 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.737.812.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.237.912.0強め

最終追い切りは栗東坂路で単走にて行われました。

スタート直後は首が少し横に動いていましたが、そのあとは調教スイッチが入ったのか力のある走りで坂路を駆け抜けました。

馬体を低くしながら駆ける姿は力強さを感じましたし、順調に仕上がっていると思います。

木曜日午前の段階で騎手が決まっていないのは気になりますが、軽ハンデの恩恵を受けているので激走にも期待できそうです。

サンカルパ

サンカルパ 6月15日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良) 66.149.935.311.2馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.152.337.511.6馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにおいて、単走で行われています。

単走ながらしっかり追えていますし手前替もスムーズです。

そして何よりも上がり1ハロンで11秒2の好タイムを残していて態勢は万全でしょう。

サンカルパは美浦の馬ですが、速い段階から栗東に滞在しているようにここに対する勝負気配が感じられますし、最終追い切りを見ても滞在は上手くいっています。

2,000mの距離と初の阪神が課題になりますが、そこを乗り越えて重賞タイトルをつかみたいです。

シャーレイポピー

シャーレイポピー 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.939.311.8強め
前走最終栗東坂路(良)  53.238.812.2馬なり

最終追い切りは栗東坂路において、単走で行われています。

スタート直後に外から内に斜行しているのは気になりましたが、その後はまっすぐ走れています。

動きも悪くなさそうですしフットワークも軽く、時計の出やすい馬場でベストを発揮できるでしょう。

週末の阪神競馬場は晴れの予報が出ているので良馬場開催が濃厚になりました。

距離延長さえ乗り越えれば出し切れるはずです。

状態は順調に仕上がっているように感じました。

シンシアウィッシュ

シンシアウィッシュ 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.868.153.137.711.7一杯
前走最終栗東坂路(重)  53.339.312.6強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースで一杯に追われました。

単走で馬場の外ラチ沿いを駆け抜けています。

馬体を大きく伸ばしたしなやかな走りと軸のぶれない動きが魅力的で順調に仕上がっていると思います。

時計もこの日のCWコースではよいですし、調子は上がり調子でしょう。

1年2か月ぶりの重賞戦になりますが、昨年はフローラステークスで3着に入選した実力馬です。

久々の格上相手にどれだけやれるか注目したいです。

ストーリア

ストーリア 6月14日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.338.312.0馬なり
1週前栗東CW(良)⑦99.667.352.136.511.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.639.512.2馬なり

最終追い切りは栗東坂路で単走にて行われました。

助手騎乗の元、馬場の外側から力強い足さばきで4ハロン52秒3~1ハロン12秒0で走破しています。

ストーリアは1週間前追い切りが秀逸で併せたプラーヴィ(3歳1勝クラス)に並びかけるとそこからエンジンがかかってグイグイとCWコースを走り切りました。

1週前が非常に良かったので今回はサラリと流す程度でしたがそれでも力のある走りが見られましたし状態は非常によいでしょう。

水曜日に追い切りを行った馬の中では一番評価したい馬です。

タガノフィナーレ

タガノフィナーレ 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.237.612.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.739.412.8馬なり

最終追い切りは栗東坂路にて単走にて行われました。

馬場の外側から駆け抜け、全体時計51秒2で走破しているように全体時計は優秀です。

ただし、前走から5か月ぶりの休み明けという点もあってか、少し頭が高くて体が固い印象を受けました。

時計はでているのでレースに向けて順調に仕上がっていると思いますが、あとは立ち回りの器用さが求められる阪神内回りコースでどれだけ出し切れるかがポイントになるでしょう。

ハギノメーテル

ハギノメーテル 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.267.152.036.511.6馬なり
前走最終栗東CW(良)83.667.952.537.012.2馬なり

最終追い切りは栗東ウッドチップコースにて、レースで騎乗する今村聖奈騎手騎乗の元、行われました。

併せ馬のベンダバリラビア(3歳2勝クラス)と併せ馬を行い、外目から馬なりで追走。

コーナーの出口付近でベンダバリラビアに先を越されますが、そこから軽やかに動いて最終的には半馬身差先着しています。

リラックスした走りができていて最後もしっかりと動けていたと今村騎手はコメントされているように、レースに向けて順調に仕上がっていました。

そして何よりも時計をしっかり出しているのもよいでしょう。

前走はしんがり人気で勝利をつかみましたが、ハンデの恩恵を味方につけ、今回も連勝できるか注目したいです。

ビジン

ビジン 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.968.052.336.811.6馬なり
1週前栗東坂路(良)  60.443.612.6馬なり
前走最終栗東CW(良)  55.138.811.6強め

最終追い切りは栗東ウッドチップコースにおいて、ジューンベロシティ(5歳障害オープン)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する酒井学騎手が騎乗のもと、ジューンベロシティを追走する形で追い切ります。

手綱を引っ張ったままでしたがそれでも力強く前へ行く走りは健在で6ハロン83秒9-1ハロン11秒6の時計で僚馬に先着しました。

状態は相変わらずよさそうですし、前走同様勝負気配を感じさせる動きが感じられました。

連勝の勢いに乗りたいところです。

ビッグリボン

ビッグリボン 6月14日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.768.653.738.211.3馬なり
1週前栗東CW(良)83.267.053.037.610.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.839.612.1馬なり

最終追い切りは栗東ウッドチップコースにおいて、ロールアップ(4歳2勝クラス)と併せ馬を行いました。

調教映像はありませんでしたが、手綱を握ったのはレース当日も騎乗する西村淳也騎手で、最終的には良馬に併入したようです。

1週間前に強く追われて好時計を出した後だったので調整程度でしたが、馬なりながらも6ハロン83秒7-1ハロン11秒3の時計は優秀ですね。

芝の2,000mはビッグリボンにとって得意舞台ですし、時計を見ただけでも前走並に仕上がっていると思うので初重賞制覇にも期待できそうです。

ヒヅルジョウ

ヒヅルジョウ 6月15日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.038.212.1強め
前走最終栗東坂路(良)  51.137.412.1強め

最終追い切りは栗東坂路にて、単走で行われました。

馬場の外目から前を向いて追い切りに集中していましたし、合図が入った時の反応もよく、まっすぐ坂路を駆け上がりました。

動きも悪くはありませんが前走の最終追い切りと比較すると時計が落ちているのは少し気になるところです。

間隔がそこまで空いていないためもしかしたら前走で大幅に増加した馬体が尾を引いているのかもしれませんが、映像を見る限り太目感はありません。

当日の馬体重も参考にしながら予想したい馬です。

ホウオウエミーズ

ホウオウエミーズ 6月14日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 66.952.137.711.6馬なり
前走最終美浦南W(良) 69.454.539.512.1馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドコースにて、シュヴェルトライテ(4歳3勝クラス)と併せました。

僚馬を3馬身後方から追走する形で追い切りを行い、最終的には併入しています。

直線入りではしっかりと脚を使えており、伸びも見せていました。

ホウオウエミーズはもともと調教駆けする馬ではありませんでしたが、その中でも力強い走りが垣間見えたのは評価したいです。

力の要る馬場で結果を残している馬なので少しでも時計がかかるようでしたら好走もありえるかもしれません。

ランスオブアース

ランスオブアース 6月14日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.667.752.537.812.6一杯
前走最終栗東CW(良)82.766.652.338.112.3馬なり

最終追い切りは栗東ウッドチップコースにおいて、単走で行われました。

動きは悪くありませんし、脚取りもスムーズです。

しかしながら、一杯に追われていたわりに時計は平凡です。

上がり1ハロン12秒6なので伸びも欠いていました。

もともとダートで結果を残していた馬なのでスピードタイプの馬ではありませんが、追い切りを見た限りでは芝の重賞で勝ち負けするのは非常に厳しいと言わざるを得ません。

マーメイドステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとマーメイドステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

マーメイドステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ストーリア
ウインマイティー
サンカルパ
ビッグリボン
ゴールドエクリプス
シャーレイポピー
シンシアウィッシュ
タガノフィナーレ
ハギノメーテル
ビジン
ヒヅルジョウ
ホウオウエミーズ
ランスオブアース
 

マーメイドステークス2023追い切り映像

マーメイドステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 マーメイドステークス|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 マーメイドステークス|JRA公式

マーメイドステークス2023の最終予想

マーメイドステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)