[馬券が的中しない方へ] 弥生賞ディープ記念(G2)とチューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【七夕賞2023追い切り評価/全頭診断】フェーングロッテンを超える最高評価「S」は〝この2頭〟

七夕賞2023追い切り評価記事のサムネイル画像

七夕賞2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では七夕賞の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

7月5日の馬場状態

美浦
美浦は晴れの良馬場でした。
この日のウッドチップコースは全体時計が平均的で、上り時計はややかかっていました。
5ハロンの一番時計はミナモトフェイス(4歳1勝クラス)の64秒8です。

栗東
栗東は曇りの良馬場でした。
坂路は平均よりも時計が速いです。一番時計はクロデメニル(4歳3勝クラス)の50秒5です。
ウッドチップコースといつも通りで標準的な馬場状態でした。

目次(読みたい項目をタップ)

七夕賞2023追い切り評価/全頭診断コメント

七夕賞2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

七夕賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エヒト

エヒト 7月6日(木) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  50.436.611.6強め
1週前栗東坂路(稍重)  48.936.311.9一杯
前走最終海外出走

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手騎乗の元、強めに馬場の真ん中やや外目から駆け抜け、全体時計50秒4-上がり1ハロン11秒6の時計で走破しています。

1週間前追い切りで全体時計48秒9という猛時計を出した後なので今回は強めに抑えながら調整されました。

靄がかかって映像は少々分かりづらいですがリズミカルに走れていますし、上がり11秒6の時計も優秀ですね。

もともと坂路で動くタイプの馬ですが、昨年の七夕賞でもしっかり追い切りで仕上げられつつ勝利していました。

今回も動き、時計ともにすばらしいものがありますし、昨年同様期待したい1頭です。

斤量の壁さえこなすことができればチャンスは十分あるでしょう。

カレンルシェルブル

カレンルシェルブル 7月5日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良) 68.552.437.411.7強め
前走最終栗東CW(良)84.867.952.037.711.9強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

調教師騎乗で、併せたのはプロキオンステークスに出走するオメガレインボー(7歳オープン)です。

全体時計68秒5-上がり1ハロン11秒7の時計で走破しています。

結果的にはオメガレインボーに1馬身遅れていますが、オメガレインボーが騎手騎乗で直線に入って動いたのに対し、こちらは無理に追わずにまとめているので遅れに関しては心配ありません。

前走は不良馬場の新潟大賞典だったのでその時の反動が心配でしたが、追い切り映像を見る限り疲れは見せていません。

リラックスした走りですし落ち着いている感じがしました。

ただし、強めに追われていましたが覇気があまり見られなかったのも事実で、精神面がレースに向いているかといわれると少し疑問です。

まずまずの評価といったところでしょう。

ガロアクリーク

ガロアクリーク 7月5日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.266.952.338.111.8強め
前走最終美浦南W(稍重)84.567.853.138.411.3馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースで単走にて行われました。

レースに騎乗する永野猛蔵騎手の手綱の元、僚馬2頭を見るように外側から追走して全体時計83秒2-上がり1ハロン11秒8で走破しました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

ガロアクリークの全盛期は皐月賞を制した3歳時で、その時と比較すると時計は落ちています。

また、骨折明けとはいえ1年ぶりのレースとなった前走は10着に敗れてしまいました。

全体時計は前走最終時よりも出ていますが、頭も高いですし、全盛期のころと比べると時計は見劣りしておりピークは過ぎた印象です。

ククナ

ククナ 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.853.038.511.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 69.053.338.511.8馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、単走で行われました。

騎乗したのはレース当日も手綱を握る石川裕紀人騎手で、馬場の外目から馬なりで動いて全体時計67秒8-上がり1ハロン11秒7で走破しています。

淡々とした動きでしたがリズムよく走れていますし、2週連続で騎乗した石川裕紀人騎手も「反応が良くて乗りやすい馬」と評価しています。

前走最終時よりも時計も出していますし、前走以上に良化している感じがします。

グランオフィシエ

グランオフィシエ 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.151.537.411.8強め
前走最終美浦南W(良)83.868.153.038.011.2馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、併せ馬で行われました。

併せたのはスプレモフレイバー(3歳2勝クラス)で、調教師が騎乗し、全体時計67秒1-上がり1ハロン11秒8で走破しています。

小柄な馬ですが、飛びのある走りは大きく見え、目を引きました。

また、直線でうながされると瞬時に加速し、僚馬に1馬身先着しているのも評価したいです。

直線の短い福島は初めてですが、追い切りで加速力が見られたので対応できると思います。

状態もよさそうですし、順調に仕上がっている感じがしました。

サンレイポケット

サンレイポケット 7月5日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.840.212.1馬なり
1週前栗東CW(稍重)⑦97.466.352.036.911.3一杯
前走最終栗東坂路(重)  55.940.913.2馬なり

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手騎乗の元、馬場の外目から馬なりで行い、全体時計55秒8-上がり1ハロンは12秒1で走破しています。

ときどきクビが右に左に向くしぐさを見せたものの、1週間前追い切りで一杯に追われた影響か、すこしずつ良化している感じはしました。

特に終い重点の伸びが目立ち、年齢を感じさせません。

8歳馬ですが年齢的な衰えを感じさえませんし、状態は悪くないでしょう。

シフルマン

シフルマン 7月5日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.568.553.838.411.6強め
1週前栗東CW(稍重)⑦99.367.452.637.611.8馬なり
前走最終栗東CW(良)84.868.953.538.211.6強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行われました。

助手騎乗の元、強めに追われて全体時計83秒5-上がり1ハロンは11秒6で走破しています。

シフルマンはもともと調教駆けする馬ですが、今回の追い切りは自分から積極的に動いている感じしませんでした。

時計自体は前走最終時よりもでているのですが、それも昨年8月の話です。

1週前追い切りでも7ハロンから追い切っているように負荷はかけられていますが、まだまだシフルマンらしさは出ていませんでした。

休み明けの影響が残っている可能性は高く、次走以降のほうが動けるのではないかと思います。

ショウナンマグマ

ショウナンマグマ 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 66.752.538.412.1馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 65.750.836.912.2馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、単走で行われました。

レース当日に騎乗する菅原明良騎手が手綱を握り、馬なりで走行しています。

5ハロン66秒7-1ハロン12秒1でウッドチップコースを走破しました。

非常にきれいなフォームで走っており、手前替えもスムーズです。

直線に入ってからも無駄のない動きでした。

前走最終時と比較すると全体時計は1秒遅れていますが、中3週の間隔を考えたら特に問題なく仕上げられているように感じました。

セイウンハーデス

セイウンハーデス 7月6日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.739.312.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.737.712.1馬なり

最終追い切りは栗東坂路にて、単走で行われました。

馬場の外目から馬なりで追われ、全体時計53秒7-ラスト1ハロンは12秒3で走破しています。

この日の栗東は前日の雨のために重馬場でしたが、馬場を苦にせず力強い歩様で坂路を駆け上がっています。

全体時計は前走最終時よりも遅いですが重馬場だったことを踏まえればそこまで気にしなくてよいです。

軽めに追われながらもしっかりと地に脚つけて動けていたので、レースに向けて順調に仕上がりつつあるように感じました。

テーオーソラネル

テーオーソラネル 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.038.512.0強め
1週前栗東CW(良)79.164.050.136.411.4強め
前走最終栗東CW(稍重)84.467.651.936.612.2一杯

テーオーソラネルは栗東坂路にて併せ馬を行いました。

併せたのはリレーションシップ(6歳オープン)で、田口騎手(レース本番は三浦騎手騎乗)を背に全体時計54秒0-上がり1ハロン12秒0で併入しています。

1週間前追い切りで6ハロン79秒1-上がり1ハロン11秒4の好タイムを残していました。

最終追い切りは正直なところ時計は平凡ですが、飛びのある走りからはキレが感じられましたし、動きは非常に良かったです。

また、テーオーソラネルはもともと追い切りで時計を出さない馬ですが、1週前の時計に限れば優秀なタイムを刻んでいることから、仕上がり具合は順調に感じました。

トーラスジェミニ

トーラスジェミニ 7月5日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.555.040.012.5馬なり
前走最終美浦南W(稍重)83.767.752.437.912.1一杯

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、単走で行われました。騎乗したのはレースでも手綱を握る木幡育也騎手です。

馬なりで5ハロン70秒5-上がり1ハロン12秒5で走破しました。

近走が間隔を詰めているため軽めに追われており、トーラスジェミニ自身もリラックスした走りで追い切りを行っています。

ただ、追い出ししてからも鋭さは感じられませんでしたし、走りに速さが感じられませんでした。

前走同様の仕上がりだと思いますが、前走が大敗しているため高く評価しづらいです。

バトルボーン

バトルボーン 7月5日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.654.138.711.6馬なり
1週前美浦南W(良) 67.752.337.511.3一杯
前走最終美浦南W(重) 70.553.838.811.9馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、セブンリーチ(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

3週続けて主戦の津村騎手が追い切りにまたがっており、馬なりながら全体時計70秒6-上がり1ハロン11秒6で走破しています。

1週前が一杯に追われて上がり1ハロン11秒3の好タイムを残していました。

このとき負荷をかけていたため最終追い切りは軽く流す程度でしたが、セブンリーチを2馬身後方から追走しつつ、直線で一気に突き抜けて2馬身先着しています。

直線に促されてからの反応は見栄えしましたし、無駄のない走りながらも好タイムを記録したのも評価したいです。

昨年11月以来のレースとなりますが、休み明けで見られるズブさは一切見られませんでしたし、非常によい仕上がりでした。

ヒンドゥタイムズ

ヒンドゥタイムズ 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.267.753.138.011.4馬なり
1週前栗東CW(稍重)⑦99.566.650.736.711.5強め
前走最終栗東CW(稍重)84.568.352.937.411.2一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、3頭併せを行いました。

併せたのは同日開催されるプロキオンステークスに出走予定のドンフランキー(4歳オープン)と今週デビューを控えるルシフェル(新馬)です。

助手騎乗で、馬場の外ラチ、併せ馬のもっとも外側から馬なりに追われて6ハロン83秒2-上がり1ハロンは11秒4でドンフランキーに1馬身半先着、ルシフェルとは併入しました。

併せた2頭がジョッキー騎乗でヒンドゥタイムズは助手が騎乗しましたが、ドンフランキーが少し鈍かったことを踏まえてもヒンドゥタイムズがもっともよい動きをしていました。

しかも、外目から動いて2頭に先着しているのも高く評価できます。

上がり時計もよいですし、いい具合に仕上がっているように感じました。

フェーングロッテン

フェーングロッテン 7月5日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.039.512.3馬なり
1週前栗東CW(稍重)82.267.252.637.411.5一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  53.438.711.9馬なり

最終追い切りは栗東坂路にて、単走で行われました。

助手騎乗の元、馬場の真ん中から追い切りを行い、全体時計55秒0-ラスト1ハロンは12秒3で走破しています。

1週間前追い切りが一杯に追われていた割には併せ馬に後れを取ったのは気になりました。

この時点では状態に少し不安もありましたが、最終追い切りは軽めながらもきびきびと走れていますし、前一点に集中して走れており、1週前よりは仕上がった感じがします。

それでも、上位争いできた近3戦と比較すると少し見劣りする追い切り内容でした。

週の初めの段階では本命でしたが、少し見直そうと思います。

ホウオウエミーズ

ホウオウエミーズ 7月5日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.353.738.311.5馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.952.137.711.6馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、単走で行われました。

樹種騎乗の元、馬なりから終い重視に追われて5ハロン70秒3-上がり1ハロンは11秒5で走破しました。

ピッチ走法で淡々とリズムよく走れており、前走の疲れは感じられません。

時計は出ていませんが、輸送を考慮してあえて軽めに行っていたので全体時計は気にしなくてよいですし、前走マーメイドステークスと同じくらいの状態には仕上がっていると思います。

あとは、前走よりも重いハンデ、そして牡馬混合のレースでどこまでやれるかが課題となるでしょう。

できれば荒れた馬場でレースに挑みたいです。

レッドランメルト

レッドランメルト 7月5日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 66.851.737.411.5馬なり
前走最終美浦南W(良) 65.951.637.211.5馬なり

最終追い切りは美浦の南ウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

併せたのは函館記念勝ち馬のハヤヤッコ(7歳オープン)で、助手騎乗の元、馬なりで上がり5ハロン66秒8-上がり1ハロン11秒5の時計で1馬身先着しました。

レッドランメルトはもともと行きっぷりのいい馬ですが、今回の最終追い切りでもその傾向が見られました。

馬なりとは思えないほど序盤から脚が動いていて、上がり1ハロンを11秒5でさばききっており、優秀な時計を刻んでいます。

内から立ち回ったとはいえ重賞馬のハヤヤッコに先着したのもポイントが高いです。

歩様もしっかりしていますし、良い追い切りが行えました。

七夕賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると七夕賞(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

七夕賞2023追い切り評価ランキング

評価馬名
エヒト
バトルボーン
ククナ
グランオフィシエ
ショウナンマグマ
セイウンハーデス
テーオーソラネル
ヒンドゥタイムズ
レッドランメルト
カレンルシェルブル
サンレイポケット
フェーングロッテン
ホウオウエミーズ
ガロアクリーク
シフルマン
トーラスジェミニ
 

七夕賞2023追い切り映像

七夕賞2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 七夕賞|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 七夕賞|JRA公式

七夕賞2023の最終予想

七夕賞2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)