[おすすめPR] スプリンターズステークス(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【七夕賞2023予想】本命におすすめの3頭+穴党におすすめしたい2頭はこちら!

七夕賞2023予想記事のサムネイル画像

七夕賞2023予想の最終買い目を更新しました!

七夕賞2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

七夕賞2023の予想ポイント

  • 重ハンデ馬の活躍が目立つ
  • 勝ち馬は1人気~6人気から予想
  • 7番人気以下の馬は相手候補に
  • 2枠と6枠が強い
  • 前走重賞もしくはOPレースから挑む馬が活躍
目次(読みたい項目をタップ)

七夕賞2023の概要

七夕賞は福島競馬場で開催される芝2,000mの競走です。

いうまでもありませんが、モデルは夏に行われるお祭り行事の七夕です。

福島競馬場は年に4回重賞が開催されますが、そのなかでも七夕賞は夏の風物詩としても有名で、東北地方や北関東在住の競馬ファンがこぞって福島に足を運ぶのです。

また、七夕賞が開催される日の福島競馬場の特別レース名はいずれも七夕に関する名前が付けられています。

競馬として七夕賞を見ると、サマー2000シリーズの第1戦に指定されているレースなので中距離馬が多数そろいます。

典型的な中距離コースですが、夏の時期に開催されるハンデキャップ戦なので重賞でくすぶっている馬やオープン入りを果たしたばかりの馬が集まり、とにかく玉石混合します。

予想が非常に難しく、穴馬の台頭も目立ちます。

しかしながら、その分配当に期待できるレースなので穴党に好まれますよ。

七夕賞で結果を残した馬の多くは、札幌記念や新潟記念など、サマーシリーズ2000に指定されているレースに出走し、サマー2000チャンピオンを目指すことが多いです。

ここを制して、夏の主役に躍り出るのはどの馬か、注目が高まります!

2022年 七夕賞(GⅢ) | エヒト | JRA公式

七夕賞2023の開催内容

開催日7月9日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場福島競馬場 福島11R
コース芝2,000m
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4300万円

七夕賞2023が開催される福島の芝2,000mの特徴

福島競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説
スタート地点ホームストレッチの4コーナーポケット、右端
コース右回り
Aコース使用
1周の距離1,600m
直線距離292,0m
高低差1.9m
フルゲート16頭

福島芝2,000mのスタート地点は4コーナー奥に設けられたポケットです。

スタートから最初の1コーナーまでの距離は約500mです。

コーナーまで長いのでゆったりしそうですが、スタート地点が上り坂のてっぺんに位置するため下り傾斜を駆け降りる構造上、ペースは速くなりやすいです。

1コーナーは下り傾斜ですが小回りゆえカーブがきついのでセーブしながら向こう正面に入ります。

向こう正面入り口は急な上り坂になっていますが、そこを過ぎるとしばらくは平らです。

3.4コーナーも平たんな道のりとなっています。

3コーナーの途中に残り3ハロン標識が立っているため、各馬はこのあたりからスパートを仕掛けます。

最後の直線は約292mです。

細かく刻んだ勾配を過ぎた先にゴールがあります。

福島は大きな傾斜こそありませんが、随所に坂があるのが特徴で、ペース配分が非常に難しいコースです。

どこで息を入れてどこで仕掛けるかが大事なコースで騎手の力量が問われやすいです。

脚質的には最後の直線が長くないため逃げや先行馬が活躍しやすいです。

差しや追い込み馬はコーナーでまくらなければ届かなくなるため仕掛けどころが重要です。

福島の芝2,000mはここをチェック!

  • 距離以上のスタミナが求められる
  • パワータイプの馬が好走しやすい
  • 血統的にはステイゴールド系の馬が結果を残している
  • 脚質的には先行有利だが差しや追い込みも届きやすい
  • 関東騎手が絶好調

七夕賞2023の出走馬

【参考レース】2023年 七夕賞|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1エヒト牡658.0田中勝春
2ホウオウエミーズ牝654.0丸田恭介
3バトルボーン牡456.0津村明秀
4ククナ牝554.0石川裕紀人
5カレンルシェルブル牡557.0斎藤新
6サンレイポケット牡858.0M.デムーロ
7トーラスジェミニ牡757.0木幡育也
8ガロアクリーク牡657.0永野武蔵
9レッドランメルト牡456.0田辺裕信
10グランオフィシエ牡557.0戸崎圭太
11フェーングロッテン牡458.0松若風馬
12ショウナンマグマ牡457.0菅原明良
13ヒンドゥタイムズセ758.5団野大成
14テーオーソラネル牡456.0三浦皇成
15セイウンハーデス牡457.0幸英明
16シフルマン牡757.0大野拓弥

七夕賞の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
116エヒト6京都記念(G2)7
26ヒートオンビート1天皇賞(春)(G1)4
311アンティシペイト2福島民報杯(L)1
2021
稍重
14トーラスジェミニ2安田記念(G1)5
22ロザムーロ7福島牝馬S(G3)13
36ショウナンバルディ9鳴尾記念(G3)2
2020
13クレッシェンドラヴ3中山金杯(G3)7
213ブラヴァス7新潟大賞典(G3)4
312ヴァンケドミンゴ6エールS(3勝)1
2019
稍重
112ミッキースワロー3エプソムカップ(G3)10
215クレッシェンドラヴ2福島民報杯(L)2
39ロードヴァンドール12天皇賞(春)(G1)12
2018
14メドウラーク11米子ステークス(OP)11
25マイネルサージュ4福島民報杯(OP)1
38パワーポケット12夏至S(1600万)8
2017
18ゼーヴィント1AJCC(G2)2
211マイネルフロスト5鳴尾記念(G3)3
312ソールインパクト7芦ノ湖特別(1000万)1
2016
18アルバートドック3エプソムカップ(G3)7
24ダコール5新潟大賞典(G3)4
312オリオンザジャパン11アハルケテS(OP)4
2015
111グランデッツァ2鳴尾記念(G3)5
212ステラウインド8目黒記念(G2)12
37マデイラ16福島民報杯(OP)10
2014
12メイショウナルト5鳴尾記念(G3)11
24ニューダイナスティ10仁川ステークス(OP)10
37マイネルラクリマ1エプソムカップ(G3)2
2013
14マイネルラクリマ1都大路S(OP)2
210トレイルブレイザー7ドバイSC(G1)11
32タガノエルシコ14米子ステークス(OP)8

【小回り実績】小回り競馬場における勝利が欲しい

年度勝ち馬小回り実績
2022エヒト【1-0-0-1】
2021トーラスジェミニ【5-0-0-9】
2020クレッシェンドラヴ【6-3-1-7】
2019ミッキースワロー【3-1-1-3】
2018メドウラーク【1-0-0-2】
2017ゼーヴィント【3-3-0-0】
2016アルバートドッグ【1-0-0-0】
2015グランデッツァ【3-1-0-3】
2014メイショウナルト【3-2-0-3】
2013マイネルラクリマ【1-1-0-3】

過去10年の七夕賞の勝ち馬はいずれもそれまでに小回り競馬場(札幌・函館・福島・中山・小倉)で優勝経験がありました。

小回り競馬場で勝利経験のない馬は七夕賞を勝っていません。

小回り実績も予想するうえで大事な予想ファクターなのです。

今年の出走馬のなかで小回り競馬場における勝利実績のなかった馬は4頭いました。

・サンレイポケット
・シフルマン
・セイウンハーデス
・テーオーソラネル

【斤量】重ハンデ馬の活躍が目立つ

斤量成績単勝率連対率複勝率
58kg【0-2-1-4】0.0028.6%42.9%
57.5kg【1-0-0-3】25.0%25.0%25.0%
57kg【6-2-0-16】25.0%33.3%33.3%
56.5kg【0-0-1-3】0.0%0.0%25.0%
56kg【1-1-0-22】4.2%8.3%8.3%
55kg【0-4-3-21】0.0%14.3%25.0%
54kg【2-0-1-22】8.0%8.0%12.0%
53kg【0-1-2-15】0.0%5.6%16.7%
52kg【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
51kg【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%
50kg【0-0-1-3】0.0%0.0%25.0%
~48kg【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%

過去10年の七夕賞の好走馬を斤量別にまとめました。

もっとも勝利していたのは斤量57キロの馬で6勝しています。

それ以外の馬を見てみると、斤量57.5キロから58キロの馬も【1-2-1-7】で連対率27%、複勝率は36%でした。

対して、斤量53キロ以下の馬は【0-1-3-31】と好走が少なく、複勝率も11%だったのです。

七夕賞はハンデ戦ですが実績を評価されて重いハンデを課せられた馬が活躍していますよ。

【単勝オッズ】オッズ20倍以上の馬は基本的にこない

単勝オッズ成績単勝率連対率複勝率
2倍台【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
3倍台【1-1-1-0】33.3%66.7%100.0%
4倍台【2-0-1-7】20.0%20.0%30.0%
5~6倍台【2-1-0-10】15.4%23.1%23.1%
7~9倍台【2-3-0-11】12.5%31.3%31.3%
10~14倍台【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
15~19倍台【1-2-2-17】4.5%13.6%22.7%
20~29倍台【0-1-2-18】0.0%4.8%14.3%
30~49倍台【0-0-1-16】0.0%0.0%5.9%
50~99倍台【0-0-0-13】0.0%0.0%0.0%
100倍以上【1-0-2-12】6.7%6.7%20.0%

過去10年の七夕賞の好走馬を単勝オッズ別に見てみると、勝ち馬の7頭が単勝オッズ一桁の馬でした。

単勝オッズ10倍台の馬も9頭馬券に絡んでいますが、20倍以上になると極端に好走率が低下しています。

単勝オッズ20~99倍台の馬で勝ち馬はゼロ、馬券に絡んだのも4頭だけでした。

七夕賞を予想する際は単勝オッズ19倍台までの馬の中から選択するのがよさそうです。

ちなみに単勝オッズ100倍以上は【1-0-2-12】です。

2018年のメドウラークとパワースポット、そして2015年のマデイラが該当しました。

この3頭はいずれもしんがり人気もしくはしんがりから一つだけ人気していた馬です。

穴馬は狙いづらいですが、最下位人気の馬がいれば軽く押さえておくのも面白いかもしれませんよ。

七夕賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで七夕賞(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

七夕賞の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
2番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
3番人気【3-0-0-7】30.0%30.0%30.0%
4~6番人気【2-3-1-24】6.7%16.7%20.0%
7~9番人気【0-4-2-24】0.0%13.3%20.0%
10番人気以下【1-1-5-55】1.6%3.2%11.3%

勝ち馬9頭が6番人気以内に支持された馬

過去10年の七夕賞の勝ち馬9頭が6番人気以内に支持された馬です。

7番人気以下で勝利したのは2018年のメドウラークのみでした。

七夕賞はハンデ戦ということで荒れるイメージがありますが、実際のところ勝ち馬だけ見たら上~中位人気馬が勝ち切る傾向が強いのです。

7番人気以下の馬は相手候補に

過去10年の七夕賞で馬券に絡んだ13頭が7番人気以下の馬でした。

このうち、2018年のメドウラークを除いた12頭が2.3着に入選しています。

また、昨年を除いた9開催で7番人気以下の馬が1頭以上馬券に絡んでいました。

七夕賞は下位人気が勝利することはめったにないですが、2.3着にはコンスタントに入線しています。

1着=上・中位人気馬
2.3着=下位人気馬

このように組み合わせて馬券を購入するのがよさそうです。

七夕賞の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-1-15】5.6%11.1%16.7%
2枠【3-2-0-13】16.7%27.8%27.8%
3枠【0-1-1-16】0.0%5.6%11.1%
4枠【2-0-2-14】11.1%11.1%22.2%
5枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
6枠【3-1-4-12】15.0%20.0%40.0%
7枠【0-1-0-19】0.0%5.0%5.0%
8枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%

2枠と6枠が強い

過去10年の七夕賞の好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも勝利数を挙げているのが2枠と6枠でそれぞれ3勝ずつ勝ち馬が出ています。

複勝率を見ても2枠は28%、6枠に至っては40%もありました。

七夕賞は2枠と6枠に入った馬が活躍する傾向がありますよ。

今年の七夕賞で2枠と6枠を引いた馬は下記になります。

2枠
・バトルボーン
・ククナ


6枠
・フェーングロッテン
・ショウナンマグマ

七夕賞の過去10年の前走クラス別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【1-1-1-6】11.1%22.2%33.3%
G2【2-1-0-23】7.7%11.5%11.5%
G3【5-4-2-60】7.0%12.7%15.5%
L【0-1-1-9】0.0%9.1%18.2%
OP【2-2-3-15】9.1%18.2%31.8%
3勝【0-0-2-7】0.0%0.0%22.2%
2勝【0-0-1-1】0.0%0.0%50.0%
地方【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
海外【0-1-0-0】0.0%100.0%100.0%

オープン以上のレースから挑む馬が活躍している

過去10年の七夕賞の勝ち馬8頭が前走重賞レースを使っていて、残りの2頭はオープンクラスから挑んでいました。

また、馬券に絡んだ26頭が前走オープン以上のレースから挑んでいます。

対して、前走クラス戦から挑んだ馬は11頭いましたが、馬券に絡んだのは3頭のみでいずれも3着まででした。

2020年のヒンドゥタイムズは条件戦からこの舞台に挑む際、3番人気に支持されましたが4着に敗れています。

また、前走リステッド競走だった馬も【0-1-1-9】でいまいち活躍していません。

七夕賞は前走重賞もしくはオープンレースから挑む馬を評価したいですね!

今年の出走登でリステッドから挑む馬は1頭、クラス戦から挑む馬は2頭いました。

前走リステッド競走
グランオフィシエ
(前走メトロポリタンステークス/1着)

前走クラス戦
テーオーソラネル
(前走岸和田ステークス/1着)

バトルボーン
(前走ウェルカムステークス/1着)

七夕賞2023の有力馬3頭

夏の風物詩といえる七夕賞は勝ち馬だけ見たら上・中位人気馬が勝つ傾向が強いです。

今年の出走登録馬で上位人気に支持されそうな有力馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

フェーングロッテン

主な勝ち鞍

・ラジオNIKKEI賞 (G3) 2022年
・白百合ステークス (L) 2022年

今年上位人気に支持されそうなのはフェーングロッテンです。

昨年のラジオNIKKEI賞において、福島競馬場を経験しており勝利しています。

古馬になってからも中山金杯や金鯱賞、鳴尾記念といった全く違った舞台で上位争いに加わっているように、どんな舞台でも出し切れる力があります。

今回は1年ぶりの福島競馬場ですが、ラジオNIKKEI賞を制している舞台なのでコース適性は何も心配いりません。

ハンデ58キロを背負いますが七夕賞は重斤量の馬が活躍するのでハンデすら買い材料です。

逃げの競馬でふたつめの重賞タイトルをつかみたいです。

★評価点
・福島は1戦1勝
・古馬になってから馬券を外していない

▼課題
・バトルボーンとトーラスジェミニも逃げそうなので枠の並びが重要

セイウンハーデス

主な勝ち鞍

・プリンシパルS (L) 2022年

昨年のプリンシパルステークス勝ち馬であるセイウンハーデスも七夕賞に参戦します。

クラシックでは目立った活躍を見せませんでしたが、前走の新潟大賞典はこれまで見せなかった逃げを披露しました。

最後の直線では古馬のカラテとのマッチレースを行いましたが惜しくも2着に敗れています。

しかし、3着に入線したイクスプロージョンを8馬身突き放して先着しているので出走馬間の能力の高さを証明できたことでしょう。

今回はキャリア初となる福島でレースを行います。

セイウンハーデスの脚質を見る限りは直線の長い競馬場のほうが結果を残しているのでコース適性がかみ合うかが最大の焦点となるでしょう。

★評価点
・前走新潟大賞典が強い内容
・古馬になってからも実力を発揮している

▼課題
・小回り右回りの福島でベストを尽くせるか

バトルボーン

主な勝ち鞍

・ウェルカムS (3勝クラス) 2022年

条件戦を4連勝してオープン入りを果たしたバトルボーンも上位人気に支持されそうです。

新馬戦こそ2着に敗れましたがそこから破竹の4連勝を飾りました。

ちなみに新馬戦の勝ち馬はのちにダービーで1番人気に支持されるダノンベルーガです。

逃げもしくは先行競馬を得意とし、中山と東京で勝利をつかんでいます。

中山と東京はコース回りも広さも全く真逆ですが、どちらの舞台でも結果を残しているので立ち回りが器用な馬です。

前走のウェルカムステークスも1分57秒8という好タイムで勝利をつかんでいるように、実力の高さがうかがえます。

ただし、七夕賞のデータ的にはクラス戦から挑む馬は凡走しがちです。

バトルボーンもこのデータに当てはまってしまったので、この点をどう評価するかが大事です。

個人的には前走ウェルカムステークスから半年以上の休み明けも気になりますし、前走2着に入線したレインフロムヘヴンとの差がアタマ差というのも気になりました。

人気の一角ですが、データ的には消しの方向で考えています。

★評価点
・あっという間にオープン入り
・前の競馬が得意
・小回り実績がある

▼課題
・データと相性の悪いクラス戦から挑む馬
・休み明け初戦

七夕賞2023の穴馬2頭

過去10年の七夕賞で馬券に絡んだ13頭が7番人気以下というデータが示すように、七夕賞は穴馬の台頭も少なくありません。

しかも、その多くは2.3着に入選するので馬連や三連単といった複合馬券で予想する際は、人気落ちの馬にも目を配りたいです。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介しましょう。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

エヒト

主な勝ち鞍

・七夕賞 (G3) 2022年

昨年の七夕賞勝ち馬エヒトが連覇を狙います。

昨年は中団から競馬を行いつつ、3.4コーナーでまくりを仕掛けて勝利をつかみました。

田中勝春騎手の仕掛けどころが見事かみ合い、うれしい初重賞を手にしたのです。

その後も阪神内回りのチャレンジカップや小回り中山のAJCCで結果を残しているように、全長の短い競馬場で力を発揮しています。

久々の福島ですが、コース適性は文句ありません。

昨年と同じく田中勝春騎手が騎乗するのもよいですし、馬券に抑える予定です。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・小回り適性がある

▼課題
・海外帰り初戦

ガロアクリーク

主な勝ち鞍

・スプリングS (G2) 2020年

かつてスプリングステークスを制したガロアクリークの復活にも注目したいです。

前走のエプソムカップは骨折のため1年ぶりのレースでした。

レース勘も全く鈍っていたことから凡走していますが全く悲観しなくてよいです。

ガロアクリークは中山で開催されたスプリングステークスだけではなく、同競馬場で行われた皐月賞やセントライト記念でも馬券に絡んでいます。

福島自体は初めてですが、右回りで起伏があるという点では福島と中山は通じるものがあります。

実際に、中山で活躍している馬は福島でも好走しやすく、その面で見たらガロアクリークはコース適性に期待できる馬なのです。

怪我明け2戦目なので出し切れるかはわかりませんが、かみ合えばクラシックレースでも馬券に絡む実力馬です。

追い切りやパドックで動きを確認しながら、馬券に入れるか決めたいです。

★評価点
・クラシックで3着
・小回り適性が非常に高い

▼課題
・怪我明けでかつての力を発揮できないかもしれない
・テンの永野武蔵騎手が手綱を握る

七夕賞2023追い切り評価

七夕賞2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

七夕賞2023予想の最終買い目

七夕賞の予想(曇りの稍重~重馬場想定)

七夕賞が開催される日曜日の福島競馬場界隈は雨の予報が出ていました。

前日土曜日の夜から雨が降るそうです。

この雨は明け方には止むようで、1時間当たり1mmほどなので極端に馬場は悪化しないでしょう。

しかしながら、土曜日の芝を見てみると、猪苗代特別(芝2,000m)の勝ち馬バレエマスターの時計が2.00.1、11レースの阿武隈ステークス(芝1,800m)の勝ち馬シンボの時計が1分48秒ちょうどなので時計はかかりがちでした。

また、福島は一年を通して夏開催が終わってから芝の総張替えを行うため馬場は意外とかかりやすいです。

雨や土曜日の馬場を踏まえ、うましるでは時計のかかりやすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

七夕賞(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 13 ヒンドゥタイムズ

ハービンジャー
マハーバーラタ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍小倉大賞典(G3) 2023年
前走鳴尾記念(G3) 7着

本命はヒンドゥタイムズにしました。

今年の七夕賞は例年通り、非常に混戦模様ですがそのなかでも逃げや先行馬が多数いる点に着目しました。

タフな馬場で流れる競馬になったら何頭かは消耗するでしょう。

そうなると台頭するのは差しや追い込み馬です。

ヒンドゥタイムズは3走前の小倉大賞典において、中団から早めのまくりを決めて見事勝利を手にしています。

小回り小倉でまくりを決めているので同じく全長の短い福島でも立ち回れると思いました。

血統的にハービンジャー産駒はパワー型が多いので現在の福島の馬場に合いそうです。

トップハンデ58.5キロを背負いますが、ここは本命にします。

〇対抗 11 フェーングロッテン

ブラックタイド
ピクシーホロウ
母父キングヘイロー
主な勝ち鞍ラジオNIKKEI賞(G3) 2022年
前走鳴尾記念(G3) 2着

対抗はフェーングロッテンにしました。

週初めの時点で本命候補でしたが、フェーングロッテンは良馬場のほうが活躍しているので時計のかかりやすい現在の福島の馬場に合うかは気になりました。

また、今年の七夕賞は逃げ馬がそろったので自分の競馬を貫けるかも疑問に感じましたし、追い切りの動きも近3銭と比較するとパッとするものが感じられませんでした。

これまでの実績から本命予定でしたが、3つの不安材料が浮かび上がったのでひとつ評価を落とすことにします。

▲単穴  2 ホウオウエミーズ

ロードカナロア
エミーズスマイル
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍新潟牝馬S(OP) 2022年
前走マーメイドS(G3) 3着

単穴には牝馬のホウオウエミーズを挙げました。

これまで勝利した5つのレースはすべて稍重or重馬場のもので典型的な重馬場巧者です。

日曜日の雨はホウオウエミーズにとって恵みの雨となるでしょう。

前走マーメイドステークスは牝馬限定戦とはいえ3着に入線しているように、重賞路線における活躍も残しています。

相手関係が強化されますが、かみ合えば面白いと思います。

△連下  3 バトルボーン

シルバーステート
コンカラン
母父ジャングルポケット
主な勝ち鞍ウェルカムS(3勝クラス) 2022年
前走ウェルカムS(3勝クラス) 1着

人気のバトルボーンは抑えにしました。

七夕賞は前走クラス戦の馬が凡走しやすくため、たとえ4連勝でオープン入りを果たしたといってもデータ的には狙いづらいです。

しかしながら、追い切りでは津村騎手が3週連続で手綱を握っていたようで、ここに対する熱意は並々ならぬものを感じました。

追い切りの動きも非常に良かったですし、馬券候補にします。

△連下 15 セイウンハーデス

シルバーステート
ハイノリッジ
母父マンハッタンカフェ
主な勝ち鞍競馬法100周年記念(3勝クラス) 2023年
前走新潟大賞典(G3) 2着

セイウンハーデスも連下にします。

前走の新潟大賞典は重賞馬のカラテとマッチレースを行い、3着以下を8馬身以上突き放しているので能力の高さを証明しました。

また、新潟大賞典は不良馬場の舞台で連対しているため、タフな馬場における実績も評価したいです。

ただし、本質的にセイウンハーデスは直線の長い舞台のほうが結果を残しているので小回り福島でどこまでやれるかは未知数です。

騎乗する幸騎手も関西騎手で福島の実績は乏しいです。

また、逃げ馬が多数そろった中でどこまで自分の競馬を貫けるかも疑問に思ったのは抑えまでにしました。

△連下  1 エヒト

ルーラーシップ
ヒーラ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍七夕賞(G3) 2022年
前走レッドシーターフH(G3) 7着

昨年の七夕賞勝ち馬エヒトも抑えまでにしました。

実績は昨年証明していますし、チャレンジカップやAJCCの内容を見ても能力は上位です。

ただ、昨年は斤量54キロの恩恵があったのも事実なのです。

今回は昨年よりも4キロも斤量が増加しますし、昨年のような切れ味を発揮できるかというと…難しいと思ったので相手までにしました。

単勝

13 ヒンドゥタイムズ

馬連流し

軸馬:13
相手:1、2、3、9、11、15

三連複フォーメーション

1頭目:13
2頭目:1、2、3、9、11、15
3頭目:1、2、3、9、11、15

以上になります。
七夕賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)