[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【函館2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断】上位人気の〝あの馬〟に「S」の最高評価!

函館2歳ステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

函館2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では函館2歳ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

7月12日の馬場状態

函館調教コース
水曜日の函館競馬場界隈は晴れのち曇りでした。
芝は稍重でウッドチップは重馬場です。時間が経つにつれて雨足が強くなり、見た目以上に水分を含んでいました。
芝・ダートともに時計がかかっており、タイムは全体的に遅いです。

目次(読みたい項目をタップ)

函館2歳ステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

函館2歳ステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

函館2歳ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アガシ

アガシ 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 66.151.337.811.7一杯
前走最終函館芝(稍重) 63.949.636.912.3強め

最終追い切りは函館芝コースで、今回出走するルージュレベッカ(2歳)とサウンドノバ(2歳新馬)と3頭併せを行いました。

外目から一杯に動いて全体時計66秒1-ラスト11秒7の時計で走破しています。

飛びのある馬で前脚を前に前に出してしっかりと動けているのが好印象です。

この日の馬場は時計がかかりましたが、それでも力強い走りができていました。

ただし、同レースに出走予定のルージュレベッカに2馬身遅れています。

笠原助手曰く、この日は「集中しているかの確認」だったそうなのでそこまで気にしなくてもよさそうですが、一杯に追われたにも関わらず、先着を許した点は少し気になりました。

カレンナオトメ

カレンナオトメ 7月12日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(稍重)  53.738.212.4一杯
前走最終美浦南W(良) 71.556.440.912.5馬なり

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、アスキーアート(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

黛騎手騎乗の元、一杯に追われて4ハロン53秒7-上がり1ハロンは12秒4で走破しています。

アスキーアートを2馬身追走し、最終的に併入していますが、前走最終追い切りが併せ馬に楽に先着していたので今回は少し苦しそうな印象を受けました。

随所で外目に首が向いていることから、前に集中できていないようにも感じられます。

軽めの調整らしいですが一杯に追われた割には時計も出ていないので良くて前走同様といったところでしょう。

クールベイビー

クールベイビー 7月12日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 66.652.137.912.1馬なり
前走最終函館芝(良) 65.149.937.012.2馬なり

最終追い切りは函館ウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

助手騎乗の元、馬なりでクールムーア(3歳1勝クラス)を7馬身後方から追走して最終的には半馬身先着。全体時計66秒6-上がり1ハロンは12秒1で走破しました。

ウッドチップで追い切りを行った今回の出走馬の中で、全体時計、上がり1ハロンともに最速を記録しました。

時計も優秀ですし、キビキビとした走りで状態を見せていたのでレースに向けて順調に仕上がっています。

コース適性もありますし、ここは前走以上の上積みも感じられました。

コルルディ

コルルディ 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 70.954.739.212.9馬なり
1週前函館W(稍重) 68.553.639.413.4強め
前走最終函館W(良) 70.955.140.712.7馬なり

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、モズマーカッシン(3歳未勝利)と2頭併せを行いました。

騎乗したのは鮫島克駿騎手で、馬なりに追われながら全体時計70秒9-上がり1ハロン12秒9で走破しています。

1週間前追い切り時もモズマーカッシンと調教を行いましたがその時は僚馬が手ごたえ抜群で後れを取りました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

今回は併入でしたが馬なりとはいえ時計は平凡です。

前走以上の上積みは感じられませんし、前走と同じくらいの出来だと思います。

スカイキャンバス

スカイキャンバス 7月12日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 64.750.437.011.8強め
前走最終函館芝(稍重) 64.449.936.611.9馬なり

最終追い切りは函館の芝コースにおいて、トーセンアナベル(2歳新馬)とマコトヴィエルジ(2歳新馬)と3頭併せを行いました。

横山武史騎手騎乗の元、2頭の真ん中から強めに追われ、全体解け64秒7-ラスト1ハロンは11秒8で追われています。

直線で強めに追われると2頭を引き離すように一気にゴールまで駆け抜けました。

反応が非常によかったですし、タフな馬場で力強く走破できたのも評価できます。

スカイキャンバスは前走函館のレースを使っていましたが、滞在ではなくあえて一度美浦に戻ってから再度函館に向かっているように、調整に対する熱意が感じられます。

動きも良かったですし、レース本番でも楽しみな1頭です。

ゼルトザーム

ゼルトザーム 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.052.839.212.8馬なり
前走最終函館W(良) 69.854.140.112.3馬なり

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、3頭併せを行いました。

浜中騎手が騎乗し、リート(2歳新馬)とタガノデュードと3頭併せを行いました。

全体時計68秒0-上がり1ハロン12秒8で走破しています。

内のリートには2馬身先着しましたが、タガノデュードには併入しており、動きにも活気が感じられました。

ただし、前走はダートレースを勝利している馬で、血統や馬体を見る限りはダートのほうがあってそうです。

追い切り自体は悪くありません。

あとは初めての芝コースでどこまで通用するかがポイントとなるでしょう。

タヤスロンドン

タヤスロンドン 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.153.038.912.8馬なり
前走最終函館W(良) 69.053.840.013.0強め

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、エアアレクサンドラ(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

丹内騎手騎乗の元、馬なりで追われて全体時計68秒1-ラスト1ハロンは12秒8で走破しています。

前走の最終追い切りと比較すると、馬なりながらも全体時計、上がりタイムは今回のほうが優秀で、前走以上に仕上がっている感じはしました。

直線でも先に抜け出したエアアレクサンドラに食らいついていますし、状態はよく、前走時よりもいい動きができていました。

チークタイム

チークタイム 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 68.853.739.613.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  57.341.413.5強め

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、マテンロウノカゼ(2歳新馬)と併せ馬を行いました。

和田竜二騎手騎乗の元、外目から追走して全体時計68秒8-上がり1ハロン13秒3で僚馬に3馬身差先着しています。

はじめての函館調整でしたが落ち着きのある走りで重馬場のウッドチップコースでも楽に動けています。

前走が阪神だったため輸送していますが、輸送の疲れもなさそうでした。

馬なりながらも前走最終より時計がよい点も評価したいですし、順調に仕上がっています。

ナスティウェザー

ナスティウェザー 7月12日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重)  56.041.013.5馬なり
前走最終函館W(重) 68.052.438.712.5一杯

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、単走で行われました。

助手騎乗の元、馬なりで追われて全体時計56秒0-上がり1ハロン13秒5で走破しています。

前走から中1週なので軽めの追い切りでしたが、リラックスした走りで軽々ウッドチップコースを駆け抜けており、疲れは感じられません。

さすがに一杯に追われた前走最終時よりは時計は落ちていましたが、一度使われて状態は上向きだと思いますし、追い切りは非常に良く感じました。

ナナオ

ナナオ 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 70.154.540.913.3馬なり
前走最終函館W(重) 68.552.739.212.9馬なり

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、単走で行われました。

西村淳也騎手がまたがり、馬なりで全体時計70秒1-上がり1ハロンは13秒3で走破しています。

2週間前にレースを行ったばかりで中1週のため、軽めの調整でした。

間隔を詰めているので前走の疲れが心配でしたが、調教映像を見る限りは身軽な動きでフットワークも軽快だったので疲れはなさそうです。

小さい馬でしたが走りに迫力がありましたし、順調に調整できていると思いました。

バスターコール

バスターコール 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 67.953.738.912.9馬なり
1週前函館W(稍重) 66.552.137.712.6馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 67.651.937.511.7強め

最終追い切りは函館のウッドチップコースにて、単走で行われました。

田村厩舎所属の五十嵐雄祐騎手が騎乗し、馬なりで追われて全体時計67秒9-ラスト1ハロン12秒9で走破しています。

前走が東京のレースを使用していたため、函館の追い切りは1週前が初めてでした。

どちらも馬なりで追われていますが、時計を見ると1週前のほうがでています。

ただし、今回の最終追い切りはあえて馬なりで追ったようなので時計はそこまで気にしてなさそうです。

馬なりながらも終いの動きはよかったですし、レースに向けて着々と仕上がっている印象を受けました。

ベアゴーゴー

ベアゴーゴー 7月12日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 67.952.137.712.2馬なり
前走最終函館芝(良) 66.750.236.811.8一杯

最終追い切りは函館ウッドチップコースで併せ馬を行っています。

助手騎乗の元、ベアサッチャー(3歳未勝利)と併せ馬を行い、全体時計67秒9-上がり1ハロンは12秒2で走破しました。

調教映像がないため、時計や記者コメントでしか評価できませんが、最終的にはベアサッチャーと併入したようです。

岡川厩務員によると、「前向きさも出てきている」ようで、前走以上に仕上がったようです。

札幌でゲート試験を行い、スタートもよくなっているようなので初重賞制覇&初勝利にも期待したいとコメントされていました。

ベルパッション

ベルパッション 7月12日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(重) 71.054.740.312.3馬なり
1週前函館W(良) 70.054.439.212.6強め
前走最終函館W(良) 71.855.240.012.4馬なり

最終追い切りは函館ウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

松田大作騎手騎乗の元、サクセスカノン(2歳未勝利)と併せ、5ハロン71秒0-上がり1ハロン12秒3の時計で1馬身先着しました。

コーナーから直線入りまでは少し首が傾いていましたが、直線で気合をつけられるとぐんぐん脚を伸ばしました。

前走最終時よりもタイムがよいですし、力のある走りも健在です

1週前追い切りでも反応の良さと伸びのある走りは健在でしたが、今週の追い切りでも見栄えする走りができており、レースに向けて順調に仕上がっています。

ルージュレベッカ

ルージュレベッカ 7月12日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 64.750.537.011.3強め
前走最終函館芝(稍重) 64.349.035.811.5強め

最終追い切りは函館の芝コースにて、3頭併せを行いました。

一緒の走ったのは今回出走するアガシ(2歳)とサウンドノバ(2歳新馬)です。

横山和生騎手騎乗の元、2頭の内から追い切りを行い、直線で仕掛けられると一気に動き出しました。

5ハロン64秒7-上がり1ハロン11秒3の時計で走破し、2頭に2馬身先着しています。

今回の出走馬の中で芝コースにて追い切りを行った馬は4頭いましたが、全体時計、上がり1ハロン時計ともに最速を記録しました。

直線に入ってから仕掛けられると一気に加速して僚馬を置き去りにしているように、視覚的にも力のある走りができています。

前走以上に上積みもありそうですし、激走に期待できるでしょう。

レガテアドール

レガテアドール 7月11日(火) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(良) 70.054.339.512.5強め
前走最終函館W(良) 68.453.039.413.3一杯

レガテアドールは函館のウッドチップコースにて、最終追い切りを行っています。

ほかの馬と違って火曜日に最終追い切りを行いましたが、新馬戦も未勝利戦も火曜日に追われているのでこの点は気にしなくてよいです。

斎藤新騎手騎乗の元、単走で強めに追われ、全体時計70秒0-上がり1ハロンは12秒5で走破していました。

調教映像がないため動きは分かりませんが、フットワークは軽快らしく、使われて状態も上向いているようです。

全体時計は前走最終時より見劣っていますが、ラスト1ハロンの時計は前走以上で、前走以上に仕上がっていると思います。

ロータスワンド

ロータスワンド 7月12日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(稍重) 67.351.137.211.5馬なり
1週前函館W(良) 71.555.040.613.0馬なり
前走最終函館芝(稍重) 68.752.739.712.6強め

最終追い切りは函館の芝コースにおいて、併せ馬を行いました。

併せたのは函館記念に出走するスカーフェイス(7歳オープン)です。

レース当日に騎乗する藤岡佑介騎手が騎乗し、馬なりで全体時計67秒3-上がり1ハロン11秒5の時計でゴールしました。

1週前追い切りは函館ウッドチップコースで単走を行いましたが、どこか走りに集中していない感じがしてズブいところがありました。

ところが、最終追いでは一変します。

右にもたれる癖があるようですが、コーナーでは僚馬を内に入れることで寄れを最小限に抑えつつ、直線入りします。

直線入り口で手前を変えるとそこからぐいぐいとペースアップし、スカーフェイスを置き去りにする形で1馬身差先着しました。

フォームは非常にきれいですし動きも迫力が感じられました。

1週前とは別物と思えるほど仕上がっていて驚きです。

時計も前走最終追い切り時を大きく更新しましたし、上昇傾向に向いているのは明らかです。

全出走馬のなかでもっともいい動きができていました。

函館2歳ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると函館2歳ステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

函館2歳ステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ロータスワンド
クールベイビー
スカイキャンバス
ナスティウェザー
ベルパッション
ルージュレベッカ
アガシ
コルルディ
ゼルトザーム
タヤスロンドン
チークタイム
ナナオ
バスターコール
ベアゴーゴー
レガテアドール
カレンナオトメ
 

函館2歳ステークス2023追い切り映像

函館2歳ステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

YouTubeの動画で見たいという方は「JRA公式チャンネル」で7月14日(金曜)の17時に公開されるのでチェックしてみましょう。

函館2歳ステークス2023の最終予想

函館2歳ステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)