[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【安達太良ステークス2023予想】本命で買いたい3頭+激走に期待できる穴馬2頭はこちら!

安達太良ステークス2023予想記事のサムネイル画像

安達太良ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

安達太良ステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

安達太良ステークス2023の予想ポイント

  • 逃げ、先行馬が活躍
  • 4歳馬が強い
  • 勝ち馬は5人気以内から予想
  • 勝ち馬は2枠~5枠に集中
目次(読みたい項目をタップ)

安達太良ステークス2023の概要

安達太良ステークスは福島競馬場で開催されるダートのオープン競走です。

名前の由来である安達太良は(あだたら)と呼び、福島県の中部にある活火山「安達太良山」から来ています。

福島競馬場で古くから開催されるレースでもともとは1,600万下(3勝クラス)で行われていましたが、今年からオープンに昇格しています。

安達太良ステークスはこれまで何度かコースを変更しながら開催されていました。

近年はダート1,700mで開催されることが多かったのですが、2021年に一度だけ芝コースに切り替わると、翌2022年にはダート1,150mでレースが行われています。

今年も昨年に引き続き、ダート1,150mで開催されることが決定しました。

夏のローカル短距離ダートレースである安達太良ステークス。

オープン昇格後初となる今回、だれが勝つのか見ものです!

なお、安達太良ステークスは2013年から2020年の8開催はダートの1,700mで、そして2021年は芝の1,200mでレースが行われました。

うましるではダート1,700m時代と芝1,200m時代を含めた過去10年の安達太良ステークスのデータを基に、記事をまとめています。

安達太良ステークス2023の開催内容

開催日7月23日(日曜) 15:45発走
格付けオープン
開催競馬場福島競馬場 福島11R
コースダート1,150m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2200万円

安達太良ステークス2023が開催される福島のダート1,150mの特徴

福島競馬場 ダート1150mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナー奥ポケットの芝コース
コース右回り
1周の距離1,444.6m
直線距離295.7m
高低差2.1m
フルゲート16頭

福島ダート1,150mのスタート地点は2コーナーの奥ポケットにある芝の上です。

芝の上をしばらく走ったのちにダートコースに入ります。

なお、スタートから最初のコーナーまでは480mもあります。

3~4コーナーにはスパイラルカーブが導入されているので、コーナーの出口に近づくにつれてペースアップしやすいです。

最後の直線は約295mとなっており、コーナーでスピードアップしたままゴールを目指します。

ダート1,150mという舞台は福島しか存在しません。

基本的にはダート1,200mで活躍している馬が通用しやすいのですが、芝スタートなので芝実績のある馬は前に行きやすいです。

スタートしてしばらくは緩やかな上り坂を駆け上がるコースとなっていますが、短距離戦でコースの大部分を直線が占めているのペースは引きあがりやすいです。

脚質的には逃げや先行といった前の馬が押し切る傾向が強いですが、先行争いが激化して前が総崩れになると後ろの馬も台頭しやすくなります。

距離以上にトリッキーな舞台となっていて、予想し甲斐のあるコースとなっています。

福島のダート1,150mはここをチェック!

  • 芝スタートのダートコース
  • 直線が半分以上占める
  • ハイペースになりやすい
  • 逃げや先行馬が活躍している
  • 枠の影響は小さい

安達太良ステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ハコダテブショウ牡558.0石川裕紀人
2ジャスパーゴールド牡557.0石橋脩
3マルモリスペシャル牡457.0泉谷楓真
4デュアリスト牡560.0戸崎圭太
5クインズメリッサ牝555.0藤懸貴志
6アーバンイェーガー牡957.0吉田豊
7ファーンヒル牡457.0北村宏司
8ピアシック牡757.0田辺裕信
9エリモグリッターセ657.0内田博幸
10アシタバ牝555.0丸田恭介
11チェイスザドリーム牝455.0津村明秀

安達太良ステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
14クインズメリッサ2伊賀ステークス(3勝)4
21マーチリリー5東北ステークス(3勝)12
35アティード1彦星賞(2勝)1
2021
12ファンタジステラ10テレビユー福島賞(3勝)8
210ロジーナ5しらかばステークス(3勝)12
38グッドジュエリー3テレビユー福島賞(3勝)5
2020
不良
15ハヤブサレジェンド4白河特別(2勝)1
26ブランクエンド3薫風ステークス(3勝)3
31エクリリストワール1上総ステークス(3勝)3
2019
稍重
14ショーム1薫風ステークス(1,600万)2
213ビルジキール2猪苗代特別(2勝)1
310ワイルドカード3立志ステークス(1,600万)16
2018
114ノーブルサターン5灘ステークス(1,600万)7
215レッドオロバース4夏至ステークス(1,600万)2
310スウィフトレイド3丹沢ステークス(1,600万)6
2017
18コスモカナディアン2マーチステークス(G3)12
26クラシックメタル4灘ステークス(1,600万)2
314クインズサターン1青梅特別(1,000万)1
2016
17リッカルド1下総ステークス(1,600万)2
211コアレスキング13夏至ステークス(1,600万)13
35ディアドムス4麦秋ステークス(1,600万)8
2015
稍重
18ロワジャルダン2猪苗代特別(1,000万)1
210イースターパレード8安芸ステークス(1,600万)9
313クライスマイル1青梅特別(1,000万)1
2014
12アンアヴェンジド4薫風ステークス(1,600万)2
213ブラインドサイド2白川郷ステークス(1,600万)4
31トウショウギフト10白川郷ステークス(1,600万)10
2013
112フリートストレート2青梅特別(1,000万)1
213ダブルスター4猪苗代特別(1,000万)1
34ディーエスコンドル3夏至ステークス(1,600万)7
※2013~2020年はダート1,700m、2021年は芝1,200mでレースが行われました。

【脚質】前を走る馬が活躍している

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【3-1-0-6】30.0%40.0%40.0%
先行【5-6-3-23】13.5%29.7%37.8%
差し【2-3-6-41】3.8%9.6%21.2%
追込【0-0-1-44】0.0%0.0%2.2%

過去10年の安達太良ステークスの勝ち馬8頭が逃げもしくは先行馬でした。

また、馬券に絡んだ18頭も該当しています。

ダート1,150mで開催された昨年の3着内馬3頭を見ても、逃げもしくは先行馬が馬券内を独占していました。

福島のダート1,150mは前を走る馬が活躍しやすいですが、安達太良ステークスにもその傾向があるようです。

【年齢】4歳馬が強い

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【0-1-0-1】0.0%50.0%50.0%
4歳【6-4-5-17】18.8%31.3%46.9%
5歳【3-1-4-43】5.9%7.8%15.7%
6歳【0-4-1-34】0.0%10.3%12.8%
7歳【1-0-0-17】5.6%5.6%5.6%
8歳【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%

過去10年の安達太良ステークスの好走馬を年齢別に見てみると、もっとも勝利していたのは4歳馬でした。

4歳馬は6勝しており、次いで5歳馬が3勝しています。

また、出走馬32頭中15頭が馬券に絡んでおり、複勝率は47%と高い数値でした。

ダート1,150mで開催された昨年の安達太良ステークスで馬券に絡んだ3頭もすべて4歳馬です。

安達太良ステークスは4歳馬が活躍する舞台なのです。

今年の出走馬で4歳馬は3頭いました。

・チェイスザドリーム
・ファーンヒル
・マルモリスペシャル

【性別】全体的には牡馬有利も昨年は牝馬のワンツー

性別成績単勝率連対率複勝率
牡馬【7-6-9-75】7.2%13.4%22.7%
牝馬【2-2-1-28】6.1%12.1%15.2%
セン馬【1-2-0-11】7.1%21.4%21.4%

過去10年の安達太良ステークスで馬券に絡んだ22頭が牡馬でした。

牝馬はこれまで33頭が出走しましたが馬券に絡んだのは5頭で、単勝率、連対率、複勝率いずれの数値も牡馬に劣っています。

ところが、ダート1,150mで開催された昨年連対した2頭はいずれも牝馬でした。

短距離ダートに移行していきなり牝馬がワンツーを決めているので、性別における有利不利はかつてほど見られないかもしれません。

中京記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで中京記念(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

安達太良ステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-0-4-4】20.0%20.0%60.0%
2番人気【4-2-0-4】40.0%60.0%60.0%
3番人気【0-1-4-5】0.0%10.0%50.0%
4~6番人気【3-5-1-21】10.0%26.7%30.0%
7~9番人気【0-1-0-29】0.0%3.3%3.3%
10番人気以下【1-1-1-51】1.9%3.7%5.6%

上位人気馬の信頼度が高いレース

過去10年の安達太良ステークスの勝ち馬9頭が1~5番人気に支持された馬でした。

特に、1.2番人気の馬は6頭が勝利しています。

対して、7番人気以下の馬は過去10年で4頭しか絡んでいませんでした。

ダート1,150mで開催された昨年も1~5番人気の馬が3着以内を独占しているように、安達太良ステークスは上位人気馬の信頼度が高いレースなのです。

安達太良ステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-2-7】0.0%10.0%30.0%
2枠【2-0-0-15】11.8%11.8%11.8%
3枠【2-0-3-13】11.1%11.1%27.8%
4枠【2-2-0-15】10.5%21.1%21.1%
5枠【2-0-1-17】10.0%10.0%15.0%
6枠【0-3-1-16】0.0%15.0%20.0%
7枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
8枠【1-3-1-15】5.0%20.0%25.0%

勝ち馬は内枠に偏っている

過去10年の安達太良ステークスの勝ち馬を枠順別に見てみると、2~5枠からそれぞれ2頭ずつ、合計8頭の勝ち馬が出ていました。

勝ち馬は内~中枠に集中していたのです。

1枠は勝ち馬こそいませんが、複勝率は30%でトップでした。

また、ダート1,150mで開催された昨年の3着内3頭は1枠と3枠の馬が独占しています。

安達太良ステークスは内枠有利の舞台といえるでしょう。

安達太良ステークスの過去10年の前走着順別成績

前走着順成績
1着【3-2-3】
2着【3-2-0】
3着【0-1-1】
4着【1-1-0】
5着【0-0-1】
6着以下【3-4-5】

大きな差はない

過去10年の安達太良ステークスの好走馬を前走着順別にまとめました。

前走1着馬はこれまで8頭が馬券に絡んでおり、2着馬は5頭が3着内に入線していました。

しかし、前走6着に敗れた馬も12頭が絡んでおり、巻き返しもたびたび見られます。

ちなみに、ダート1,150mで開催された昨年の安達太良ステークスの勝ち馬クインズメリッサは前走4着で、2着のマーチリリーは前走12着でした。

安達太良ステークスはそこまで前走の着順は重要視しなくてもよさそうです。

安達太良ステークス2023の有力馬3頭

今年からオープンに昇格した安達太良ステークスには条件戦上がりの馬やオープンでなかなか結果を残せない馬が多数参戦しています。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ファーンヒル

主な勝ち鞍

・安芸S (3勝クラス) 2023年

前走の安芸ステークスを制してオープン入りを果たしたファーンヒルは注目候補でしょう。

もともとは芝の馬でしたがダートに移行してからは馬券に絡むことが多く、流れる展開でも自身の力を発揮しました。

ファーンヒルは先行でも差しでも上位争いできるので、展開に左右されず、どの隊列で競馬しても最低限の仕事をします。

前走の安芸ステークスが2着のメイショウフジタカにクビ差まで詰め寄られているうえ、大接戦の中での勝利なので、初のオープン戦でどこまでやれるか見物です。

★評価点
・短距離ダートで安定した走り
・先行も差しも行ける

▼課題
・オープン初戦でどこまで通用するか

マルモリスペシャル

主な勝ち鞍

・東大路S (3勝クラス) 2023年

2走前の都大路ステークスでは高速ダートで差し切りを決めました。

前走の松風月ステークスは阪神の短距離ダート戦でなおかつ初めてのオープン戦でしたが、さすがに相手関係が手ごわかったのか7着に敗れています。

しかしながら、マルモリスペシャルは阪神ダートの勝利実績がありません。

引き続きオープンレースになりますが、今回の舞台である福島ダート1,150mは3走前のラジオ福島賞で勝利した舞台です。

コース適性に関しては今回のほうがあるでしょう。

相手関係は相変わらず強いのでどこまでやれるか注目したいですね。

★評価点
・クラス戦を連勝してオープンまで上り詰めた
・コース適性がある

▼課題
・前走オープンレースで見せ場がなかった

ハコダテブショウ

主な勝ち鞍

・ながつきS (OP) 2022年

短距離オープンレースの常連になりつつあるハコダテブショウも注目したいです。

オープンレースでは3走前のながつきステークスで勝利をつかんでいて、賞金面だけ見たらメンバーの中でも上位です。

本来であれば重賞に出走したいところですが、短距離ダートレースは数が少ないので今回も非重賞の安達太良ステークスに挑むことになりました。

逃げの競馬を得意としているのでコースとは合うでしょう。

福島は初めてですが、これまでのレースを振り返るとオープンレースでも上位争いに加わっているので、ここでも実力上位です。

初の福島に対応できれば、勝ち負けにも期待できるでしょう。

★評価点
・オープンレースで結果を残している
・コースと相性のいい逃げ馬

▼課題
・半年ぶりの休み明け
・初の福島

安達太良ステークス2023の穴馬2頭

安達太良ステークスはあまり下位人気の馬の台頭は見られません。

しかし、今年からオープン昇格したので、これまでのデータを覆す馬も表れるかもしれないです。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

クインズメリッサ

主な勝ち鞍

・安達太良S (3勝クラス) 2022年

昨年の勝ち馬であるクインズメリッサが連覇を狙います。

昨年は半年ぶりのレースでしたが初めての福島ダートが見事かみ合いました。

ハイペースの逃げ粘りで勝利をつかんだのです。

その後のレースを見てみても、室町ステークスやりんくうステークスで馬券に絡んでいて上位争いに加われています。

前走の松風月ステークスは大敗しましたが、最初のコーナーまでに前を確保できなかったので敗因は明らかです。

今回も前さえ確保できれば粘りの競馬に持っていけると思うので、まずはハナ争いを制したいです。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・その後のオープンレースでも上位争いに加わっている

▼課題
・後方競馬になると脆い

アーバンイェーガー

主な勝ち鞍

・初春S (3勝クラス) 2022年

アーバンイェーガーも長くオープンレースに挑み続けている馬です。

昨年1月の3勝クラス戦を制したのを最後、何度もオープンレースに出走していますがなかなか勝利をつかむことができていません。

しかしながら、前々走の越後ステークスは流れる展開で末脚をフルに活かして2着入りしました。

勝ち馬スワーヴシャルルにクビ差まで詰め寄ってあわや勝利もあり得たのです。

出し切れればオープンでも通用しているのですが、雨の影響で高速ダートにならないと走りません。

逆にいうと雨ならどんなに人気を落としていても馬券に絡めるだけの力を秘めている馬です。

当日の天気次第で評価を浮上させたいです。

★評価点
・高速ダートだと激走する
・福島ダート1,150mで勝利実績がある

▼課題
・良馬場は苦手

安達太良ステークス2023予想の最終買い目

安達太良ステークスの予想(晴れの良馬場想定)

安達太良ステークスが開催される日曜日の福島競馬場界隈の天気を見てみると、晴れの予報が出ていました。

今週末は幸いにも晴れの予報が出ており、土曜日も良馬場でレースが行われています。

馬場傾向を見てみると、メインレースのTUF杯(3勝クラスのダート1,700m)の勝ち馬キャリックアリードの勝ち時計が1分45秒7でした。

福島ダート1,700mの平均タイムは1分44秒6なので平均よりも時計は遅いです。

ただし、12レースの1勝クラス戦(ダート1,150m)の勝ち馬シアージストの時計1分8秒3は平均よりもやや早めでした。

全体的に見ると極端なトラックバイアスはなさそうです。

うましるでは晴れの良馬場、標準くらいの馬場を想定しながらレース予想をまとめています。

中京記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  1 ハコダテブショウ

モーリス
イチノヤジョウ
母父アジュディケーティング
主な勝ち鞍ながつきS(OP) 2022年
前走ジャニュアリーS(OP) 3着

本命はハコダテブショウにしました。

安達太良ステークスは前を走った馬が3着内に入線する確率が高いです。

今回の出馬でハナに立ちそうなのはハコダテブショウとチェイスザドリームくらいしかいないので、ほぼ確実に前で競馬できるでしょう。

近走を見ても重賞路線にコンスタントに出走していて、相手関係を考えればハコダテブショウが一番手ごわい相手としのぎを削ってきました。

今回はメンバーレベルが楽になるため、久々に勝利をつかんでおきたいです。

〇対抗 11 チェイスザドリーム

ロードカナロア
ゴールドチェイス
母父アドマイヤムーン
主な勝ち鞍フェアウェルS(3勝クラス) 2022年
前走松風月S(OP) 12着

対抗はチェイスザドリームにしました。

脚後に勝利をつかんだのは昨年のクリスマスに開催されたフェアウィルステークスです。

今年は3戦使われてすべて着外に敗れていました。

しかしながら、大和ステークスやマリーンカップは敗れたとはいえ掲示板は死守していますし決して大敗しているわけではありません。

前走の松風月ステークスだけは直線で一杯になってしまいましたが、本来チェイスザドリームはこんなものではありません。

前々走以前の競馬ができれば、上位争いにも期待できるでしょう。

▲単穴  3 マルモリスペシャル

バトルプラン
サリール
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍東大路S(3勝クラス) 2023年
前走松風月S(OP) 7着

マルモリスペシャルは単穴にします。

前走の松風月ステークスはオープン初戦でなおかつ初めての阪神コースで7着に敗れてしまいました。

これといって目立った競馬は見せていませんが、慣れない舞台でむしろ健闘したと思います。

今回は勝利実績のある福島が舞台となります。

相手関係もそこまで手ごわくありませんし、自身の競馬に集中してもらいたいです。

△連下  5 クインズメリッサ

パイロ
ケイアイアテナ
母父Afleet Alex
主な勝ち鞍安達太良S(3勝クラス) 2022年
前走松風月S(OP) 13着

クインズメリッサは連下にしました。

昨年の安達太良ステークスの勝ち馬なのでもっと評価してもよいのですが、近走を見ると後手の競馬になることが増えてきているのは気になりました。

クインズメリッサは後ろからの競馬でも馬券に絡んでいることがあるので必ずしも悪いわけではありませんが、本質的には先行したほうが好成績です。

また、昨年よりも斤量が2キロ増加している点も気になりました。

そのため、抑えまでにしておきます。

△連下  9 エリモグリッター

ゴールドアリュール
コーンドリー
母父Indian Charlie
主な勝ち鞍やまびこS(3勝クラス) 2023年
前走越後S(OP) 4着

エリモグリッターも抑えておきます。

何気に近走調子を上げている馬で、2走前のやまびこステークスは今回と同じ福島ダート1,150mで勝利をつかんでいます。

オープン上がり初戦となった前走の越後ステークスでも差しの競馬で4着入りしました。

しかも、この時の勝ち馬スワーヴシャルルとのタイム差は0.1秒です。

格上相手にも善戦できたのは高く評価できます。

データ的には差しよりも逃げや先行馬のほうが結果を残しているので抑えまでにしましたが、かみ合えば面白い存在になるでしょう。

単勝

1 ハコダテブショウ

馬連流し

軸馬:1
相手:3、5、9、11

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:3、5、9、11
3頭目:3、5、9、11

以上になります。
安達太良ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)