[馬券が的中しない方へ] 弥生賞ディープ記念(G2)とチューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【レパードステークス2023追い切り評価/全頭診断】猛時計を叩き出したトップ評価「S」はこの2頭!

レパードステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

レパードステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではレパードステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

8月2日の馬場状態

美浦
この日の美浦は晴れでしたがウッドチップコースは稍重です。
前日の雨の影響がありましたが、馬場自体は平均よりもやや時計が出ていました。

栗東
晴れの良馬場で坂路は比較的時計が出やすいです。もっとも速かったのがダノンクロムの4ハロン50秒2でした。
Cウッドチップコースもやや時計が出ていて、ポリトラックはいつも通り高速馬場、Bコースは標準くらいの馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

レパードステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

レパードステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

レパードステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エクロジャイト

エクロジャイト 8月2日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.367.352.738.011.9馬なり
1週前栗東CW(良)82.966.351.537.611.7強め
前走最終栗東CW(良)86.270.154.939.212.1馬なり

鳳雛ステークスの勝ち馬エクロジャイトは最終追い切りを栗東のウッドチップコースにて、単走で行いました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて6ハロン83秒3-ラスト1ハロン11秒9でゴールしています。

身体の大きな馬でしたが走りは非常にしなやかですし、その中でも力強い歩様が見られました。

口元から泡を吹いていたものの、直線で促されてからの加速力も目を張るものがありました。

そしてなによりも、今年の出走馬のなかで栗東CWコースにおいて調整された馬の中では6ハロン83秒3の時計は最速です。

スピード感もありましたし、勝利した前走鳳雛ステークスのときと同じくらい、もしくはそれ以上の出来栄えに仕上がっていました。

オメガギネス

オメガギネス 8月2日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦PT(良) 64.950.036.711.2馬なり
1週前美浦南W(良)83.667.553.039.012.0馬なり
前走最終美浦南W(良)84.667.753.038.412.0馬なり

最終追い切りは美浦のポリトラックコースにて、オメガキャプテン(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

杉原誠人騎手が騎乗(レース当日は戸崎騎手が騎乗)し、馬なりで5ハロン64秒9-上がり1ハロンは11秒2で走破しています。

これまではどこか重い足取りでキレもありませんでしたが1週前追い切りはウッドチップコースにおいて追われてからの反応もよく、しっかりと負荷がかけられていました。

最終追い切りでも鋭く加速していましたし、四肢の動きも良かったです。

ポリトラックなので時計は元々出やすいですが、それを踏まえてもいいタイムを記録しましたし、状態面は非常に良かったです。

レース展開次第では上位争いにも期待できそうです。

クレメダンジュ

クレメダンジュ 8月2日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)86.971.155.439.411.9馬なり
1週前栗東CW(良)82.567.552.837.811.7一杯
前走最終地方競馬出走

関東オークス2着のクレメダンジュはデビューを控えるラビットアイ(2歳新馬)と併せ馬を行いました。

助手騎乗の元、馬場の外目から馬なりで追われ、6ハロン86秒9-上がり1ハロン11秒9で走破しています。

1週間前に一杯に追われて6ハロン82秒5という好タイムを記録した後なので今回は軽めの調整でした。

少し固さはありそうですが、クレメダンジュはもともと追い切り映えしない馬なのでそこまで気にしなくていいでしょう。

むしろ、2週続けて軽快なフットワークを見せていたので力は発揮できそうです。

また、馬なりで時計は出ていないながらも直線に入って促されてからはしっかりと加速していましたし、仕上がり具合は順調に感じました。

クールミラボー

クールミラボー 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.468.653.337.811.6一杯
1週前栗東CW(良)84.367.752.437.511.6馬なり
前走最終栗東CW(稍重)83.467.352.337.011.7一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、今回レパードステークスに出走するベンダバリラビアと併せ馬を行いました。

今村聖奈騎手が騎乗(レース当日は松山騎手が騎乗)し、一杯に追われて6ハロン85秒4-上がり1ハロンは11秒6で同時併入しています。

僚馬ベンダバリラビアの内から一杯に追って最後はぎりぎりかわしていますが、馬なりで追われた1週間前と比較すると全体時計が0.9秒遅れている点は少し気になるところです。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

また、少し頭も高い点も気になりました。

1週前追い切りと比べると直線に入ってから鋭く脚を活かしているので間違いなく良化していますが、一杯に追われた割には時計も目立っていませんし、絶頂の状態とはいいがたいでしょう。

ソッコータルマカ

ソッコータルマカ 8月2日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  52.137.711.8一杯
1週前栗東CW(良)86.570.254.539.211.9一杯
前走最終栗東CW(良)  50.936.311.9一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬場の外目から一杯に追われて4ハロン52秒1-上がり1ハロン11秒8でゴールしています。

1週間前も一杯に併せ馬と追い切りを行いましたが、そのときは促されてからの反応が鈍くていまいち状態面はよくありませんでした。

最終追い切りではそのあたりの改善が期待されましたが、残念ながら1週前同様目立つほどのキレ味は見せていません。

陣営曰く、暑さに慣れさせるために太陽が昇った時間帯に追い切りを行ったらしいですが、それを踏まえても決してよい追い切りとはいいがたかったです。

レース当日はより暑い時間帯にレースが行われますが、今回の追い切りを見る限り激走は厳しいように感じました。

ツウカイリアル

ツウカイリアル 8月2日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.368.453.338.812.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  50.837.312.7一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、牝馬のセレッドデアモール(3歳1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、僚馬の内側から馬なりで追われて6ハロン85秒3-上がり1ハロン12秒1でゴールしています。

序盤から中盤、コーナーワークはどこかぎくしゃくした印象があり、走りに集中できていません。

直線に入ってからはやっと前を向くようになりましたが、それでもセレッドデアモール相手に先着を許していています。

全体時計は悪くありませんが、走りや併せ馬との着差を考えるとベストな状態からは程遠い状態に感じました。

パクスオトマニカ

パクスオトマニカ 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.466.852.138.312.6馬なり
1週前美浦南W(良)83.767.852.837.912.0馬なり
前走最終美浦南W(重)82.566.851.937.411.9強め

ダービーからレパードステークスに挑むパクスオトマニカは美浦のウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

併せたのはリングストゥワイス(4歳1勝クラス)で、助手騎乗の元、馬なりで追われて6ハロン82秒4-上がり1ハロンは12秒6でした。

1週間前も美浦のウッドチップで調整していましたが、馬場を掻き込むような走りを2週連続で行っていました。

ダートは馬場に脚がすくわれやすいため、力強い走りができる馬が活躍します。

パクスオトマニカの走りを見る限り、直線に入ってからもしっかりと動けていてダービーの時くらいの状態には仕上がっています。

陣営曰く、「パワータイプなのでダートで試したかったけど、予想以上に芝で活躍したためダートで試す時期がずれた」ようです。

今回は陣営にとって待望のダート戦です。

初ダートでどれだけ健闘できるか未知数ですが、面白い1頭になりそうです。

ハッスルダンク

ハッスルダンク 8月2日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 67.953.338.612.1強め
前走最終美浦南W(良) 71.655.139.311.6馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、内エターナルタイム(4歳オープン)、外ラスブリサス(3歳未勝利)の真ん中から追い切りを行いました。

レース当日も騎乗する杉原誠人騎手を背に、強めに追われて5ハロン67秒9-上がり1ハロン12秒1でゴールしています。

直線に入ってからの手前替えはスムーズでしたし、飛びもありました。

しかしながら、最後の最後で苦しくなったのか、ラスト1ハロン12秒1は強めに追われたことを考慮すれば少しマイナス材料です。

また、内で先に抜け出したエターナルタイムに先着を許したのは致し方ない面もありますが、未勝利のラスブリサス相手にも先を越された点は引っ掛かります。

動きや併せた相手関係を踏まえても、期待よりも不安のほうが強い追い切りでした。

ベンダバリラビア

ベンダバリラビア 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)86.069.454.138.411.8強め
1週前栗東CW(良)83.267.051.736.911.6馬なり
前走最終栗東CW(良)82.266.651.736.411.6一杯

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、今回レパードステークスに出走するクールミラボーと2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、強めに追われて6ハロン86秒0-上がり1ハロン11秒8で追い切りを消化しています。

1週前は岩田康誠騎手が追い切りに騎乗し、相当引っ張りながらの追い切りでした。

映像越しでも明らかに抑えていましたが、それでも6ハロン83秒前半を出していて時計は出ています。

今回は1週前よりも時計は落ちているのが少し気になるところで、どちらかというと抑えながらも好タイムを刻んだ1週前のほうが力を発揮できる状態だったと思います。

もしかしたら無理に抑えた反動があったのかもしれません。

中2週の追い切りがレースにどのような結果をもたらすのか、注目したいです。

マオノアラシ

マオノアラシ 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦PT(良) 67.452.938.712.5馬なり
1週前美浦PT(良) 67.252.137.711.7強め
前走最終美浦南W(良) 68.052.538.112.5馬なり

最終追い切りは美浦のポリトラックコースにて、スタンプブック(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、馬場の内側から馬なりで追われ、6ハロン67秒4-上がり1ハロン12秒5で追い切りを消化しました。

時計の出やすいポリトラックできびきびとした動きを見せていました。

直線に入ってからもしっかりと末脚を伸ばしていましたし、動きに関しては好仕上がりです。

ただし、馬なりとはいえポリトラックにしては時計が出ておらず、同日にポリトラックで追い切りを行ったオメガギネスと比較するとタイムは見劣っています。

動きは悪くありませんが時計は平凡なのでB評価にします。

マテンロウガイ

マテンロウガイ 8月2日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.038.312.2一杯
1週前栗東CW(良)80.265.351.937.411.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.038.312.2強め

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました、

助手が騎乗し、馬場の真ん中から一杯に追われて全体時計54秒0-上がり1ハロン12秒2で坂路を駆け上がっています。

1週前追い切りでも栗東のウッドチップコースにて、一杯に追われ、そのときは6ハロン80秒2-上がり1ハロン11秒9という好タイムを残していて負荷がかかっていました。

最終追い切りも引き続き一杯に追われましたが、道中クビが左に向く場面がたびたび見られ、走りに集中できていません。

終い重視ですが一杯にしてはラスト1ハロンが12秒2でそこまで出てないのも引っ掛かります。

1週前はよかったのですが、最終追い切りは動き的にも時計的にもあまり見栄えしない内容でした。

ミスティックロア

ミスティックロア 8月2日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.238.612.1馬なり
1週前栗東CW(良)⑦93.664.350.737.312.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.339.712.8馬なり

最終追い切りは栗東坂路にて、単走で軽めに行われました。

助手が騎乗し、馬なりで馬場の真ん中から追われ、全体時計53秒2-上がり1ハロンは12秒1で坂路を駆け上がっています。

1週前がウッドチップコースで一杯に追われて7ハロン93秒6-上がり3ハロン37秒3という好タイムを残しました。

身体は少し固そうでラスト1ハロンも苦しそうでしたが、負荷をかけるという意味では意義のある追い切りです。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めでしたが、身体はずいぶん動けるようになりましたし、淡々とした走りながらもリズムよく坂路を駆け上がる姿は好印象です。

軽めなので好タイムは出していませんが、それでも上がり1ハロン12秒1と、平均以上の時計を出しています。

ここは初めての重賞チャレンジですが近走と比較しても状態は良く見えましたし、一発あってもおかしくないと思います。

ライオットガール

ライオットガール 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.838.712.4強め
1週前栗東CW(良) 71.355.939.812.3強め
前走最終栗東坂路  54.337.912.3一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースにおいて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬場の外目から強めに追われて4ハロン53秒8-上がり1ハロンは12秒4です。

淡々とした走りでしたが、まっすぐ前向きに走れていましたし、後半促されてからもしっかりとした足取りで駆け上がったのは好感が持てます。

時計自体は平凡ですが、一杯に追われた前走最終時よりも全体時計は優秀ですし、前走よりも好印象でした。

相手関係は手ごわくなりますがこの馬なりに状態は仕上がっているのでどれだけ好走できるか注目したいです。

リバートゥルー

リバートゥルー 8月2日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)86.770.555.740.813.1馬なり
前走最終美浦南W(稍重)85.969.454.640.212.8馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、ワンダフルヘヴン(4歳1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、馬なりで内側から追われ、6ハロン86秒7-上がり1ハロンは13秒1で走破しました。

時計は正直目立ちませんが、リバートゥルーはもともと追い切りで時計を出すタイプではないうえ、調教でも動かないタイプなのでそこまで気にしなくてもよいです。

今回の追い切り映像では普段動かないタイプにしてはきびきびと脚を使っていましたし、直線に入ってからも小柄な馬体を駆使して前へ行こうとする姿は好感が持てます。

目立ちませんが、悪くない内容で状態はまずまずといったところです。

ルクスフロンティア

ルクスフロンティア 8月2日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.438.912.1馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  53.838.612.5馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬なりで外ラチ沿いから追われ、全体時計54秒4-上がり1ハロンは12秒1で走破しています。

時計は特別目立つものではありませんが前に集中しながら淡々と走っていたのは好印象です。

終いでうながされてからもしっかりと反応していましたし、レースに向けて着々と仕上がっています。

今回は追い切りを3本行いましたがいずれも平均以上に時計を出していたようですし、安定した走りに期待できそうです。

レパードステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとレパードステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

レパードステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
エクロジャイト
オメガギネス
クレメダンジュ
ミスティックロア
ルクスフロンティア
クールミラボー
パクスオトマニカ
ベンダバリラビア
マオノアラシ
ライオットガール
リバートゥルー
ソッコータルマカ
ツウカイリアル
ハッスルダンク
マテンロウガイ
 

レパードステークス2023追い切り映像

レパードステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 レパードステークス|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 レパードステークス|JRA公式

レパードステークス2023の最終予想

レパードステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)