[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【小倉記念2023追い切り評価/全頭診断】マリアエレーナを超えるトップ評価「S」はアノ馬!

小倉記念2023追い切り評価記事のサムネイル画像

小倉記念2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では小倉記念の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

8月9日の馬場状態

栗東
この日の栗東は晴れで全コース良馬場でした。
坂路は時計が速く、この日の1番時計はチェイスザドリームの4ハロン49秒5です。
Cウッドチップコースも平均よりは時計が出ていました。

目次(読みたい項目をタップ)

小倉記念2023追い切り評価/全頭診断コメント

小倉記念2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

小倉記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アップデート

アップデート 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.039.112.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.641.013.0馬なり

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて全体時計54秒0-上がり1ハロンは12秒4です。

時計は正直目立つものではありませんが脚さばき自体はよいですし、多少右にもたれ気味だったことを踏まえても悪くない走りでした。

馬なりで追われた前走関ケ原ステークスの時より時計が出ているのも評価したいです。

今回は斤量53キロの恩恵を得ていますし、夏の小倉は昨年も勝利しているので舞台も悪くありません。

展開がかみ合えば、もしかしたら一発あるかもしれないです。

ヴァンケドミンゴ

ヴァンケドミンゴ 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  50.334.911.1一杯
前走最終栗東CW(良)80.364.950.436.311.8馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、プレシャスアロー(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

騎手候補生が騎乗し、内側から一杯に追われて4ハロン50秒3-上がり1ハロン11秒1の時計を記録しました。

時計は非常によく、芝コースと遜色がないくらい出ています。

ただし、一杯に追われただけではなく、もともとの体重が軽い騎手見習いの人が騎乗したため時計が出たととらえることもできます。

併せた未勝利のプレシャスアローと併入だったことを考えても、時計を高く評価するのは少々早計かもしれません。

それでも、この激走で一変あるかもしれないので評価はBにします。

エニシノウタ

エニシノウタ 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.039.212.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.939.112.7馬なり

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて全体時計53秒0-上がり1ハロンは12秒6です。

飛びのある馬で少しでも前に前に行こうとする姿勢が好印象でした。

上がり時計はそこまで目立っていませんが、動き自他は良好です。

今回はメンバーの中でもっとも軽い50キロで挑めますし、エニシノウタ自身小倉適性のある馬です。

陣営も「格上挑戦となるが適性があるためここまで待った」ようなので、もしかしたらメイチで挑んでくるかもしれませんよ。

エヒト

エヒト 8月10日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.839.012.1馬なり
前走最終栗東坂路(重)  50.436.611.6一杯

昨年の七夕賞勝ち馬エヒトは栗東坂路にて最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて全体時計53秒8-上がり1ハロンは12秒1で走破しています。

前走七夕賞時は一杯に追われて時計50秒4でした。

七夕賞のときの追い切りと比較すると今回は時計こそ見劣りしていますが、輸送を控えていることもあって無理はさせていません。

高野助手も「調整程度」とコメントされているので時計はそこまで気にしなくてよいでしょう。

肝心の動き出しですが、若干寄れる箇所が見られたものの、脚さばきは軽快です。

ただし、淡々とした走りで特別目立つものでもありませんでした。

現状維持はできていますが大きな上積みは感じられませんでした。

カテドラル

カテドラル 8月9日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.138.712.2馬なり
1週前栗東CW(良)⑦92.762.949.536.312.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.238.412.2強め

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、軽めに仕上げを行いました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて4ハロン54秒1-上がり1ハロンは12秒2です。

1週間前に栗東のウッドチップコースで追われたときは、7ハロン92秒7-6ハロン76秒9-上がり1ハロン12秒0という好タイムを残しています。

重心を低めにしながらスピードのある走りが印象的でした。

今回は軽めに調整を行われましたが、カテドラルが得意とするピッチ走法は健在でしたし1週前の疲れもなさそうです。

トップハンデ58.5キロを背負うことになりましたが暑い時期のレースが得意なうえ、小倉適性も高いので今年も激走に注目したいです。

カレンルシェルブル

カレンルシェルブル 8月9日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.568.052.537.911.7強め
前走最終栗東CW(良) 68.552.437.411.7強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて3頭併せを行いました。

併せたのはパッシングシャワー(2歳新馬)とエリカグロリア(3歳1勝クラス)です。

調教師が騎乗し、2頭の内側から強めに追われて6ハロン84秒5-上がり1ハロン11秒7でゴールしました。

走りを見ていると少し身体が固い印象を受けました。

直線に入って促されてからも走りに覇気がなかったです。

また、真ん中から抜け出した新馬のパッシングシャワーに1馬身半遅れてしまったのも気になりました。

小倉自体は【1-1-0-0】と相性がいいですが、今回の追い切りを見る限りはベストな状態とはいいがたかったです。

ククナ

ククナ 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.066.852.337.311.7強め
前走最終美浦南W(良) 67.853.038.511.7馬なり

メンバー唯一、関東馬として参戦するククナは先週末から栗東に滞在し、最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、併せ馬を行いました。

併せたのはマッハモンルード(5歳2勝クラス)です。

レース当日も騎乗する岩田望来騎手が手綱を握り、強めに追われて6ハロン82秒0-ラスト1ハロンは11秒7で走破しています。

小刻みにリズムよく走っているので七夕賞の疲れはなさそうです。

走りのフォームも綺麗ですし、騎乗した岩田望来騎手も「感触はよかった」とコメントされています。

ただし、直線に入って促されてから思ったよりも伸びを欠いた印象を受けました。

もともとククナはそこまで追い切りで動くタイプではないのですが、激走した前走の七夕賞よりも反応は鈍く感じました。

前走がメイチだったかもしれません。

今回は評価を1段階落とします。

ゴールドエクリプス

ゴールドエクリプス 8月9日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.267.452.236.510.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.737.812.0馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する角田大河騎手が騎乗し、馬なりで6ハロン83秒2-上がり1ハロン10秒9という好時計を出しています。

大きなストライドこそ目立ちましたがコーナーワークの段階では頭が高い印象を受けました。

ところが、直線に入ってゴールが近づくごとに走りに鋭さが見られ、最後の1ハロンは10秒9という非常に速い時計を叩き出しました。

この上り時計は今回小倉記念に出走する全頭の最終追い切りの中でも最速です。

しかも、馬なりでこの時計なので追われていたらもっと出ていたの違いありません。

後半の時計と動きは相当高く評価したいです。

小倉は2戦2勝の舞台ですし、前走のマーメイドステークスは格上挑戦ながらも4着に入線しました。

今回も引き続き相手は手ごわくなりますが、舞台適性と51キロの恩恵を武器に、激走に期待したいです。

ザイツィンガー

ザイツィンガー 8月9日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.737.912.6強め
前走最終栗東坂路(良)  51.537.812.2強め

最終追い切りは栗東の坂路にて行われました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から強めに追われて全体時計51秒7-上がり1ハロンは12秒6でした。

前走最終時と比較すると全体時計、上がり1ハロンともに遅れているのは気になります。

中1週でこの舞台に挑むため、もしかしたら前走の疲れが残っている可能性もあります。

もっとも、今回の追い切りでは大柄な助手が騎乗していたため、その影響もあったかもしれません。

ただし、その点を差し引いても、上がり時計は目立ちませんでしたし状態は最良とは言い難かったです。

スカーフェイス

スカーフェイス 8月10日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦98.767.653.138.312.2馬なり
前走最終函館芝(稍重) 66.951.137.411.7馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて7ハロン98秒7-上がり1ハロン12秒2で走破しています。

コーナーでは少し動きが固い場面も見られましたが、直線に差し掛かる際、他馬と並びかけるとそこから押し上げて一気に突き放しています。

時計は特別目立つものではありませんが、直線に入ってからの動きは悪くありませんでした。

ただし、年齢的には7歳なので少しピークは過ぎている感じがします。

今年の小倉記念は比較的小粒なので、今年の大阪城ステークスのときくらいの状態に仕上がっていればチャンスはあるかもしれませんが、追い切りを見る限りそこまで良化していないような感じはしました。

スタッドリー

スタッドリー 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)87.470.655.439.711.8馬なり
1週前栗東CW(良) 69.754.238.611.4馬なり
前走最終栗東CW(良)84.868.653.838.411.6馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、ドミネートシチー(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、僚馬の内側から馬なりで追われ、6ハロン87秒4-上がり1ハロンは11秒8でした。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

コーナーはそこまで目立ちませんでしたが、直線入りの段階でじわりと加速していましたし、直線で僚馬と併せた際も追いこされないようしっかりと粘っていました。

馬なりなので時計はでていませんが、気合は入っていましたしレースが間近に行われることを感じさせる走りは決して悪いものではありませんでした。

テーオーシリウス

テーオーシリウス 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.967.352.938.112.0馬なり
前走最終函館W(重) 69.855.140.013.0馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて行われました。

小坂忠士騎手(レース当日は西村淳也騎手が騎乗)が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて6ハロン82秒9-上がり1ハロンは12秒0でした。

前走が函館記念だったので、この1か月で北海道から九州へ大移動することになります。

すでに北海道から関西まで移動しましたが、動きを見る限り輸送の疲れはなさそうですし、柔らかい身体を駆使した走りは健在です。

時計は目立つものではありませんが、このあとも輸送を行うことを考慮して軽めに調整されている中で、テーオーシリウスらしい動きは十分行えているので良い仕上がりに感じました。

マリアエレーナ

マリアエレーナ 8月8日(火) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.168.353.037.311.3強め
1週前栗東CW(良)⑦95.664.751.036.511.4一杯
前走最終栗東CW(不良)81.766.551.436.611.5馬なり

昨年の勝ち馬マリアエレーナは今年も栗東のウッドチップコースにて最終追い切りを行っています。

助手が騎乗し、ウッドチップコースを左回りで追い切り、6ハロン84秒1-上がり1ハロンは11秒3で走破しました。

1週間前は松山騎手が騎乗し、外ラチ沿いから一杯に追われてウッドチップコースで7ハロン95秒6-上がり1ハロン11秒4とい時計を出しています。

動きは申し分ありませんでしたし、しっかりと負荷もかけられました。

最終追い切りでも強めに追われて、スピード感のある走りを見せています。

伸びのある走りは相変わらず健在ですね。

ちなみに昨年の小倉記念最終追い切りも今年と同じく栗東ウッドチップコースを左回りで行っています。

このときは馬なりで追われて6F 85秒2-ラスト1ハロンが11秒4でした。

今回は強めでしたが昨年の追い切りよりも時計を残しているので、昨年と同じかそれ以上の仕上がりと判断してもよいでしょう。

昨年よりも斤量は重くなりますが、その中でどのような競馬を見せてくれるか注目したいです。

モズナガレボシ

モズナガレボシ 8月9日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.367.453.037.611.5強め
前走最終栗東坂路(良)  53.439.012.6一杯

一昨年の小倉記念の勝ち馬であるモズナガレボシは栗東のウッドチップコースにて追い切りを行いました。

レース当日も騎乗する小野寺騎手が手綱を握り、強めに追われて6ハロン82秒3-上がり1ハロンは11秒5で走破しています。

コーナーから直線にかけて、時々首が外を向いていて追い切りに集中できていません。

また、頭が高かったのも気になりました。

ただし、直線に入って促されてからはしっかりと前を向いていたので、スイッチが入ってからの動きは悪くありませんでした。

余談ですが、モズナガレボシは障害練習と併用しながら追い切りを行っているようです。

騎乗する小野寺騎手も障害で結果を残している騎手なので、この小倉記念の結果次第では障害デビューを果たすかもしれません。

レヴェッツァ

レヴェッツァ 8月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.966.851.736.511.4強め
前走最終栗東CW(良)81.966.152.538.112.0馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、オープン馬のドンフランキーと併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する酒井騎手が手綱を握り、強めに追われて6ハロン82秒-上がり1ハロン11秒の時計でドンフランキーに半馬身先着しました。

終始頭が高かったのは気になるところですが、走りに力が感じられ、スピードのある走りは評価したいです。

また、併せたドンフランキーは今年のプロキオンステークスを制した馬ですが、オープンクラスの相手に真っ向から先着したのもよかったです。

ジョッキー騎乗なので勝負気配が感じられますし、ハンデの恩恵もあるのでもしかしたら激走もあるかもしれませんよ。

ワンダフルタウン

ワンダフルタウン 8月9日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.437.912.2一杯
1週前栗東CW(良)⑦99.367.451.937.111.8一杯
前走最終栗東CW(稍重)80.965.951.536.711.6強め

青葉賞馬ワンダフルタウンは栗東坂路にて、アイヤナ(3歳1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から一杯に追われて4ハロン53秒4-上がり1ハロンは12秒2で坂路を駆け上がっています。

一杯に追われていましたが、若干右往左往している場面が見られ、まっすぐ走れていません。

また、一杯に追われている割に時計は平凡ですし、アイヤナに半馬身遅れを取ったのも気になりました。

最後の最後でじわじわと末脚を伸ばしているので、粘り気のある走りには期待できると思いますが、瞬発性はそこまでなさそうです。

レース当日がどのような馬場になるかは分かりませんが、良馬場の高速馬場なら脚質的にマッチしないかもしれません。

出し切るなら天候不順でタフな馬場、消耗戦に近い条件でレースを行いたいです。

小倉記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると小倉記念(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

小倉記念2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ゴールドエクリプス
カテドラル
マリアエレーナ
アップデート
ヴァンケドミンゴ
エニシノウタ
エヒト
ククナ
スカーフェイス
スタッドリー
テーオーシリウス
モズナガレボシ
レヴェッツァ
カレンルシェルブル
ザイツィンガー
ワンダフルタウン
 

小倉記念2023追い切り映像

小倉記念2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 小倉記念|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 小倉記念|JRA公式

小倉記念2023の最終予想

小倉記念2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)