[馬券が的中しない方へ] 弥生賞ディープ記念(G2)とチューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【クラスターカップ2023予想】本命で狙いたい3頭+穴馬2頭はこちら!

クラスターカップ2023予想記事のサムネイル画像

クラスターカップ2023予想の最終買い目を更新しました!

クラスターカップ2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

クラスターカップ2023の予想ポイント

  • 馬券の中心はJRA勢
  • リピーター組が活躍している
  • 1着予想は1人気~4人気まで
  • 前走ダート1,200mから挑む馬が強い
目次(読みたい項目をタップ)

クラスターカップ2023の概要

クラスターカップは盛岡競馬場で開催される短距離ダート交流重賞です。

クラスターは日本語で「星団」を意味し、多くの競馬場が連携してしのぎを削る姿をイメージしています。

クラスターカップは真夏の時期に開催されます。

この時期、有力馬のほとんどは休養に回ります。

また、8月下旬には短距離ダート1,400mで開催されるサマーチャンピオンが佐賀競馬場で行われます。

時期が悪いことから、クラスターカップは有力馬の参戦があまり見られません。

そのため、過去にはラブミーチャンやブルドッグボスといった地方所属馬が勝ち切ることも多々ありました。

ところが、近年はJRA所属の馬が勝ち切ることが多く、この舞台でも中央所属馬の勢いが強いです。

今年も中央地方問わず、秋の短距離G1に向けて賞金加算したい馬が多数参戦しました。

ここを制して秋の大舞台に向かう馬はいるでしょうか?

注目したいです。

2022年 クラスターカップ JpnIII|第27回|NAR公式

クラスターカップ2023の開催内容

開催日8月15日(火曜) 17:05発走
格付けJpn3
開催競馬場盛岡競馬場 盛岡10R
コースダート1,200m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金3000万円

クラスターカップ2023が開催される盛岡のダート1,200mの特徴

盛岡競馬場 ダート1200mのコースで特徴を解説

盛岡ダート1,200mのスタート地点は2コーナーの奥ポケットで、最初のコーナーまでは約500mもあります。

スタートから3コーナーまではゆるやかな上り坂を駆け上がりますが、3コーナーに入ると今度は下り傾斜に切り替わります。

この下り坂はスタンド前直線入り口まで続いていて、3~4コーナーの400mの間で実に4.4mもの高低差を駆け降ります。

最後の直線は約300mです。

直線入り口の段階で再び上り坂を駆け上がります。

この坂は高低差1.5mで200mほど走り、ラスト100mは平らです。

盛岡ダート1,200mはアップダウンが激しいのが特徴です。

上り⇒下り⇒上りという造りは同じ左回りの中京競馬場に通じるものがあり、特に直線に入手から上り坂を駆け上がるコースになっているので、距離以上にスタミナが求められます。

しかし、コーナーは下り傾斜のため、慣性を活かしながら最後の直線に入れるのもポイントで、トップスピードを維持しながら競馬できるコースとなっています。

クラスターカップ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1カミノコ牡854.0佐々木志音
2アップテンペスト牝452.0高松亮
3トーセンキャロル牝452.0高橋悠里
4ミラコロカナーレ牡554.0吉村智洋
5リュウノユキナ牡856.0横山武史
6ドンフランキー牡455.0池添謙一
7サンライズホークセ454.0M.デムーロ
8リメイク牡455.0川田将雅
9アポロビビ牡754.0村上忍
10オーロラテソーロ牡655.0幸英明
11ノースリュシオル牝552.0岩本怜
12スマートダンディー牡954.0落合玄太
13スティールペガサス牡654.0吉原寛人
14スペシャルエックス牡352.0岩橋勇二

クラスターカップの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
113オーロラテソーロ3松風月ステークス(OP)1
214リュウノユキナ2北海道スプリントカップ(Jpn3)3
311ジャスティン4大和ステークス(OP)1
2021
18リュウノユキナ1北海道スプリントカップ(Jpn3)2
23サイクロトロン5東京スプリント(Jpn3)8
310ヒロシゲゴールド2北海道スプリントカップ(Jpn3)1
2020
19マテラスカイ1北海道スプリントカップ(Jpn3)2
21ヒロシゲゴールド3京葉ステークス(L)1
33ブルドッグボス4浦和スプリント(OP)1
2019
110ヤマニンアンプリメ2北海道スプリントカップ(Jpn3)1
26ヒロシゲゴールド3天保山ステークス(OP)9
39コパノキッキング1東京スプリント(Jpn3)2
2018
14オウケンビリーヴ3スパーキングレディーカップ(Jpn3)2
29ネロ4さきたま杯(Jpn2)8
35ラブバレット2栗駒賞(重賞)1
2017
稍重
11ブルドッグボス4習志野きらっとスプリント(重賞)3
213ラブバレット3岩鷲賞(重賞)1
39サイタスリーレッド1栗東ステークス(OP)1
2016
稍重
15ダノンレジェンド2北海道スプリントカップ(Jpn3)1
21ブルドッグボス1かきつばた記念(Jpn3)2
314ラブバレット5岩鷲賞(重賞)1
2015
110ダノンレジェンド1北海道スプリントカップ(Jpn3)3
24ボアゾンブラック3グランシャリオ門別S(重賞)1
313ラブバレット6岩鷲賞(重賞)2
2014
稍重
19サマリーズ4プロキオンステークス(G3)13
213スイートジュエリー2CBC賞(G3)13
314シルクフォーチュン3プロキオンステークス(G3)8
2013
113ラブミーチャン1習志野きらっとスプリント(重賞)1
25タイセイレジェンド5ドバイゴールデンシャヒーン(G1)12
310ノーザンリバー4バーデンバーデンカップ(OP)6

【配当】万馬券は過去10年で1度も出ていない

年度単勝馬連三連複三連単
2022640円1,000円1,410円7,120円
2021210円1,540円1,000円6,180円
2020210円600円1,180円3,460円
2019280円510円290円1,880円
2018440円1,170円1,170円8,080円
2017720円1,040円1,160円8,940円
2016250円200円790円3,140円
2015140円310円1,650円3,920円
2014690円1,100円1,520円8,620円
2013230円990円1,410円5,330円
過去10年の平均381円846円1,158円5,667円

過去10年のクラスターカップの配当を見てみると、1度も万馬券が出ていませんでした。

4レース中3レースで万馬券が出るといわれる三連単ですら、平均配当は5,660円ほどだったのです。

クラスターカップは順当に決着づくことが多いので、馬券予想の際は買い目を増やしすぎないようにしましょう。

【所属】JRA勢が中心

所属成績単勝率連対率複勝率
JRA【8-8-6-25】17.0%34.0%46.8%
南関東【1-0-1-7】11.1%11.1%22.2%
岩手【0-1-3-44】0.0%2.1%8.3%
その他【1-1-0-32】2.9%5.9%5.9%

過去10年のクラスターカップの勝ち馬8頭がJRA所属の馬でした。

地方所属の勝ち馬には2017年のブルドッグボス(浦和)と2013年のラブミーチャンがいましたが、近5開催はすべてJRAの馬が勝利しています。

また、岩手所属の馬で馬券に絡んだ馬はすべてラブバレットのものでした。

クラスターカップを予想する際はJRA所属馬を中心に予想を行うのがよさそうです。

今年の出走馬でJRA所属の馬は5頭います。

・オーロラテソーロ
・サンライズホーク
・ドンフランキー
・リメイク
・リュウノユキナ

【リピーター】全交流重賞の中でもリピーターが活躍している

馬名クラスターカップの成績
リュウノユキナ22年2着
21年1着
ヒロシゲゴールド21年3着
20年2着
19年2着
ラブバレット18年3着
17年2着
16年3着
15年3着
ブルドッグボス20年3着
17年1着
16年2着
ダノンレジェンド16年1着
15年1着

クラスターカップはリピーターが活躍することが多く、過去10年で5頭の馬が2回以上馬券に絡んでいました。

そのなかにはヒロシゲゴールドやブルドッグボスのように3回馬券に絡んだ馬もいますし、ラブバレットのように4年連続で3着内に入線している馬もいます。

交流重賞はリピーターが活躍しやすいレースも少なくありませんが、クラスターカップは特にリピーターが活躍しているレースといえるでしょう。

今年の出走馬で前年以前のクラスターカップに出走した馬は3頭いました。

(リメイクは2022年のクラスターカップに登録されていましたが、レース直前に競走除外となったため、ここではカウントしませんでした。)

オーロラテソーロ(2022年1着)
リュウノユキナ(2022年2着)
カミノコ(2022年5着)

よく当たるとおすすめの競馬サイトはこちら!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

クラスターカップの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-1-2-3】40.0%50.0%70.0%
2番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
3番人気【2-4-1-3】20.0%60.0%70.0%
4番人気【2-1-3-4】20.0%30.0%60.0%
5番人気【0-2-1-7】0.0%20.0%30.0%
6番人気以下【0-0-1-87】0.0%0.0%1.1%

上位人気馬が中心

過去10年のクラスターカップの勝ち馬はいずれも4番人気以内の馬でした。

クラスターカップは全体的に上位人気に支持された馬が好走する傾向があります。

1番人気から4番人気の複勝率は60%~70%もあり、3着内に入線した30頭のうちの26頭が1~4番人気の馬でした。

クラスターカップは上位人気が強いレースなのです。

6番人気以下の台頭はほぼない

過去10年のクラスターカップで6番人気以下の馬で馬券に絡んだのは2015年のラブバレットのみでした。

それ以外の馬券に絡んだ29頭はすべて1~5番人気の馬だったのです。

クラスターカップは下位人気の台頭は滅多にありません。

順当に決まることが多いレースなのです。

クラスターカップの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
2枠【0-0-0-10】0.0%0.0%0.0%
3枠【1-2-1-15】5.3%15.8%21.1%
4枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
5枠【1-0-0-19】5.0%5.0%5.0%
6枠【4-1-4-11】20.0%25.0%45.0%
7枠【0-0-1-19】0.0%0.0%5.0%
8枠【2-3-3-12】10.0%25.0%40.0%

6枠と8枠が好走している

過去10年のクラスターカップを枠順別に見てみると、もっとも好走しているのが6枠、次いで8枠が好走しています。

特に6枠は勝ち馬4頭も輩出しており、全枠順の中でもっとも成績が良いです。

また、6枠と8枠は複勝率40%を超えていました。

クラスターカップは6枠もしくは8枠に入った馬に注目したいです。

クラスターカップの過去10年の前走距離別成績

前走距離(ダート)成績
1,000m【2-1-0】
1,200m【6-6-4】
1,400m【1-2-5】
1,600m【1-0-0-】
芝1,200m【0-1-1】

ダート1,200mから挑む馬が強い

過去10年のクラスターカップの好走馬を前走距離別に見てみると、勝ち馬の6頭と3着内16頭が前走ダート1,200mを走っていました。

このうち13頭は前走レースで馬券に絡んでいます。

その次に好走していたのは前走がダート1,400mの馬で、こちらは【1-2-5】と3着に入線する馬が多かったです。

クラスターカップで好走馬を予想する際は前走の距離と着順にも目を向けるのがよいでしょう。

今年の出走馬で前走がダート1,200mでなおかつ3着内に入線していた馬は4頭いました。

オーロラテソーロ
(前走松風月ステークス【OP】/1着)

リュウノユキナ
(前走東京スプリント【Jpn3】/1着)

アップテンペスト
(前走スプリント特別【OP】/2着)

トーセンキャロル
(前走岩鷲賞【OP】/1着)

クラスターカップ2023の有力馬3頭

クラスターカップは開催時期の関係からそこまでメンバー層が濃くなりません。

しかしながら、今年は短距離レースで実績を残している馬が多数そろい、例年よりはメンバーレベルが高いです。

今年の出走登録馬で上位人気に支持されそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

リメイク

主な勝ち鞍

・カペラS (G3) 2022年
・端午S  (OP) 2022年
・昇竜S  (OP) 2022年

短距離ダートの常連であるリメイクがクラスターカップに出走します。

昨年は51キロの恩恵を以てしてこのレースに出馬しましたが、レース直前に競走除外となってしまいました。

しかしながら、その後のオーバルスプリントで2着に入線すると、続くカペラステークスを制して初重賞を手にしました。

今年は主に海外を拠点に競馬していますが、常に上位争いしていますし帰国初戦に挑んだプロキオンステークスもトップハンデ58キロを背負いながらもドンフランキーのクビ差、3着以下を6馬身突き放して健闘しました。

現役の短距離馬のなかではどんな舞台でも安定した走りを見せていますし、実質初となる盛岡の起伏に富んだ舞台でもベストを発揮できそうです。

★評価点
・安定した走り
・現役の短距離馬の中では上位グループの実力馬
・川田騎手が騎乗する

▼課題
・特にありません

リュウノユキナ

主な勝ち鞍

・東京スプリント  (Jpn3) 2023年
・東京スプリント  (Jpn3) 2021年
・クラスターC   (Jpn3) 2021年
・大和ステークス  (OP) 2021年
・ジャニュアリーS (OP) 2021年

今年8歳になりましたがまだまだ現役を走るリュウノユキナはこれまで何度も重賞タイトルを手にしました。

特に、昨年のJBCスプリントは今回と同じ盛岡の舞台で2着に入線しています。

それだけでも実績は評価できますが、昨年のクラスターカップも2着入りしていますし、その前の年は勝利をつかんでいます。

盛岡ダート1,200mは【1-2-0-0】でコース適正は今年の出走馬の中でもっとも高い馬なのです。

8歳になりましたが前走の東京スプリントも勝利していますし衰えは感じさせません。

クラスターカップはリピーターが好走する傾向がありますし、3度目の激走にも期待できるでしょう。

★評価点
・盛岡と相性がいい
・データと相性のいいリピーター
・データと相性のいい前走ダート1,200m組

▼課題
・特にありません

オーロラテソーロ

主な勝ち鞍

・クラスターカップ  (Jpn3) 2022年
・松風月ステークス  (OP) 2023年
・松風月ステークス  (OP) 2022年
・りんくうステークス (OP) 2021年

オーロラテソーロは昨年のクラスターカップの勝ち馬です。

先行競馬から押し切って、昨年の覇者であるリュウノユキナに先着しました。

その後はレースによって凡走することもありましたが、前走の松風月ステークスでは中団からコーナーワークで押し上げて勝利をつかんでいます。

リメイクやリュウノユキナと比較すると安定感には欠けますが、かみ合った時の鋭さは2頭に負けません。

クラスターカップはリピーターが激走する可能性が高いレースなので、オーロラテソーロの激走も十分あり得るでしょう。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・データと相性のいいリピーター

▼課題
・展開次第であっさり敗れることもある

クラスターカップ2023の穴馬2頭

クラスターカップは穴馬の台頭はほとんど見られませんが、競馬はいつ波乱の決着になってもおかしくないので穴馬にも目を配りたいです。

今年の出走馬の中で配当に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ドンフランキー

主な勝ち鞍

・プロキオンS   (G3) 2023年
・京都グランドOP (OP) 2023年

短距離ダートの新勢力ともいえるドンフランキーは年始の段階では条件戦の馬でした。

条件戦で着実に賞金を加算し、オープンレースも制したうえで前走プロキオンステークスに乗り込んだのです。

プロキオンステークスでは同期のリメイクやかしわ記念で2着入りしたタガノビューティーなどの有力馬が揃いましたがその中でドンフランキーは逃げの一手を打ちました。

最後の直線でリメイクの追撃を退けて見事重賞タイトルをつかんだのでした。

ドンフランキーとリメイクの差はクビ差でしたが3着のオメガレインボー以下は6馬身以上突き放しています。

ダート1,400mという短い距離でこれだけ圧勝できたのは着順以上に強い競馬でした。

今回は引き続き重賞に挑みます。

前々走の京都グランドオープンで1,200mの舞台を勝利しているので、距離は問題と思いますが、本質的には1,400mがベストだと思います。

もっとも、盛岡ダートは起伏が激しいためスタミナが求められやすいため、1,400m慣れしている馬のほうがよいケースもあります。

枠順にもよりますが、今回も逃げの競馬を行うはずなので地方の舞台でどのような競馬を見せてくれるか注目したいです。

★評価点
・プロキオンステークスが強かった
・逃げの競馬が得意

▼課題
・1,200mはもしかしたら短いかもしれない

カミノコ

主な勝ち鞍

・赤穂特別 (2勝クラス) 2020年

岩手競馬所属馬からピックアップしたのはカミノコです。

昨年のクラスターカップは中団からの競馬となりましたが、上がり3位の末脚を以て5着入りを果たしています。

上位4頭はすべて中央所属馬で、着差も非常に大きかったのですが地方馬の中では最先着していました。

昨年の内容を見る限り、中央勢は今回も強敵として立ちはだかるでしょう。

しかしながら、誰よりも盛岡でレースを行っているのでコースの特徴は一番理解しているはずです。

コースの特徴を把握したうえで、勝ちに行ってほしいです。

★評価点
・昨年のクラスターカップで掲示板入りしている
・データと相性のいいリピーター

▼課題
・中央勢が非常に強い

クラスターカップ2023予想の最終買い目

クラスターカップ2023の予想(晴れの良~稍重馬場想定)

クラスターカップが開催される盛岡競馬場のある盛岡市の15日(火曜日)の天気を見てみると、曇りのち晴れの予報が出ていました。

天気時代は晴れ模様で行われるでしょう。

ただし、月曜日は台風7号の影響もあって重~不良馬場でレースが行われています。

馬場傾向ですが、月曜日は重~不良馬場を推移していたものの、重馬場で行われた1レースの勝ち馬コンフリクトの勝ち時計が1分1秒0なので極端に馬場が重いわけではありません。

月曜日は晴れで気温も32度近くまで上昇するらしいので、ある程度馬場は乾くでしょう。

うましるでは晴れの良~稍重馬場でそこそこ時計の出る条件を想定しながらレース予想をまとめました。

札幌記念(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  5 リュウノユキナ

ヴァーミリアン
ネオカラー
母父クロフネ
主な勝ち鞍東京スプリント(Jpn3) 2023年
前走東京スプリント(Jpn3) 1着

本命はリュウノユキナにしました。

これまでスプリント重賞で頭角を表していましたリュウノユキナも今年で8歳になりました。

年齢的な衰えがあってもおかしくないですが、前走の東京スプリントはケイアイドリーやオーロラテソーロに勝利しており、まだまだ実力は健在です。

データと相性のいいリピーターですし、ダート1,200mから挑む馬もこの舞台で結果を残しています。

8歳馬ですがまだまだ上位争いできると思うので本命にしました。

〇対抗  6 ドンフランキー

ダイワメジャー
ウィーミスフランキー
母父Sunriver
主な勝ち鞍プロキオンS(G3) 2023年
前走プロキオンS(G3) 1着

対抗はドンフランキーにしました。

条件戦の馬で、前走のプロキオンステークスは古馬になってから初めて挑む重賞でしたが、他馬を後目に果敢にハナに立つと、そのまま押し切りました。

今回も人気に支持されているリメイクの追撃をぎりぎりしのいで勝利したのは評価したいですし、3着以下を6馬身以上突き放しているのも強い競馬だったと感じます。

今回は再び重賞レースに挑みますが、今年のクラスターカップは前に行きそうな馬が少ないので、前走のように戦闘で競馬することができれば粘りに持っていけるはずです。

▲単穴  8 リメイク

ラニ
サリエル
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍カペラS(G3) 2022年
前走プロキオンS(G3) 2着

単穴はリメイクにしました。

前日の時点で単勝オッズ1.3倍に支持されています。

確かにこれまで短距離重賞で常に上位争いしてきましたし、今回出走するリュウノユキナやドンフランキーといった有力馬相手にも善戦してきました。

ここで勝ち負けしてもおかしくない馬ですが、リュウノユキナやドンフランキーと比較して圧倒的に抜けているかというとそうでもないと思います。

実力は互角だと思いますし、そのなかで2頭よりも抜けた人気を背負うのは少々配当妙味としておいしくないと感じました。

レース直線にどこまでオッズが変動するかは分かりませんが、今回は3番手評価にしておきます。

△連下 10 オーロラテソーロ

Malibu Moon
For Passion
母父Not for Love
主な勝ち鞍クラスターC(Jpn3) 2022年
前走松風月S(OP) 1着

オーロラテソーロは連下にします。

昨年のクラスターカップでは2番手の位置で競馬を行い、直線に入って前を走っていたジャスティンをかわして先頭に立つと、追撃するリュウノユキナをかわしてそのまま勝利をつかみました。

データと相性のいいリピーターという点は評価したいですが、その後しばらく負けが重なっていたのは気になります。

また、昨年勝利に導いた鮫島克駿騎手が今回騎乗しないのも引っ掛かりました。

今回騎乗する幸騎手は前走勝利した松風月ステークスに騎乗していたので決して悪くはありませんが、それを差し置いても抑えまでにします。

単勝

5 リュウノユキナ

馬連流し

軸馬:5
相手:6、8、10

三連複フォーメーション

1頭目:5
2頭目:6、8、10
3頭目:6、8、10

以上になります。
クラスターカップの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)