[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【北九州記念2023追い切り評価/全頭診断】モズメイメイを上回る最高評価「S」はこの馬!

北九州記念2023追い切り評価記事のサムネイル画像

北九州記念2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では北九州記念の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

8月16日の馬場状態

栗東
曇りで坂路、Cウッドチップコースともに重馬場です。
坂路コースは全体的に時計がやや出ており、1番時計はメイショウクリフトの4ハロン50秒1でした。
Cウッドチップコースは平均的に時計が出ています。

目次(読みたい項目をタップ)

北九州記念2023追い切り評価/全頭診断コメント

北九州記念2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エナジーグラン

エナジーグラン 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.339.312.1強め
前走最終栗東坂路(良)  52.237.612.0馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中あたりから末強めに追われ、全体時計55秒3-上がり1ハロン12秒1でした。

映像序盤は少し首が右を向いているところもありましたが、徐々に前を向きました。

脚さばきがしっかりとしていて力強いピッチ走法で坂路を駆け上がったのは好感が持てます。

前走最終時よりも時計は見劣りますが、前走時が良馬場で今回が重馬場なので時計は比較しなくてもよいでしょう。

動きはよかったですし仕上がり具合は順調でした。

クリノマジン

クリノマジン 8月16日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.336.812.1強め
1週前栗東坂路(良)  51.236.612.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.139.012.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、外ラチ沿いを強めに追われて4ハロン51秒3-上がり1ハロンは12秒1で走破しています。

1週前が一杯に追われて全体時計51秒2という好時計を出しました。

今回は強めでしたが4ハロン51秒3を記録しています。

台風の影響で1週前よりも時計が重い中、これだけ時計を叩き出せたら立派でしょう。

1週前映像と比較すると、最終追い切りのほうがキビキビと動けていました。

脚さばきも回転力がありましたしピッチ走法も健在です。

時計も出ていましたし、良い順調に仕上がっていました。

サンキューユウガ

サンキューユウガ 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  56.239.612.0強め
1週前栗東坂路(良)  52.938.112.1馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  52.937.311.8一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中やや外目から強めに追われ、4ハロン56秒2-上がり1ハロンは12秒0でした。

1週間前が馬なりでリラックスした走りで52秒9を出しているように、状態面は前走時同様キープしています。

しかし、最終追い切りは走りがどこかもっさりしていました。

しかしながら、終い1ハロン12秒0を叩き出したのはいい意味で意外で底力が感じられます。

もしかしたら、台風の影響で馬場が重馬場になったため、フォームがぎこちなくなったかもしれません。

時計自体は前走最終時や1週前と比較すると出ていませんが、今回は小倉輸送を控えているため意図して軽めに抑えたようです。

終い重視の軽め追いがレース本番でどのような結果を見せるか注目したいです。

シゲルピンクルビー

シゲルピンクルビー 8月16日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.439.711.5強め
1週前栗東CW(良) 71.254.638.811.8馬なり
前走最終栗東坂路(不良)  55.039.811.7一杯

最終追い切りは栗東の坂路にて、単走で行われました。

助手が騎乗し馬場の内側から強めに追われて、4ハロン55秒4-上がり1ハロンは11秒5でした。

今回は2月以来、半年ぶりのレースとなります。

1週前追い切りでは久々のレース前ということもありましたが、馬なりで気持ちよく走っていました。

そして、最終追い切りでは少し首が横を向く場面もありましたが、力強い走りを見せています。

ラスト1ハロン11秒5はこの日の坂路組で最速ですし、時計面も光るものがありました。

シゲルピンクルビーはもともとパワー型の馬なのでこの日の坂路とも相性が良かったと思いますが、それを踏まえても優秀な時計を叩き出したのは評価したいです。

近走、低迷続きが続いていましたが、管理する渡辺調教師は「これまで慢性的な背腰の痛みがあったため、半年かけてしっかり治した」ようです。

この長期休養は父モーリスにもかつて見られていたのですが、モーリスはこの痛みを完治したことで最終的にG1タイトルを6つ手にしています。

シゲルピンクルビーも偉大なる父に続くことができるでしょうか。

注目したいです。

ジャスパークローネ

ジャスパークローネ 8月17日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.837.711.7強め
前走最終栗東坂路(良)  50.136.111.5強め

CBC賞勝ち馬のジャスパークローネは栗東の坂路コースにて最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から強めに追われて全体時計52秒8-上がり1ハロン11秒7でゴールしています。

終始淡々とした走りでリズムよく走ることができていますし、前走に引き続いて脚さばきは軽快でした。

終盤軽く促されるとラスト1ハロン11秒7で坂路を駆け上がっています。

ただし、前走最終時のほうが全体時計、ラスト1ハロンともに出ていて時計面だけ見たら前走時よりも見劣りしていました。

動きや時計は悪くないですが、個人的には前走時のほうが状態は良かったように感じます。

スティクス

スティクス 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(重)  54.738.011.4馬なり
前走最終栗東CW(良)  53.036.811.3馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、馬なりで追われました。

助手が騎乗し、馬場の外目から追われて4ハロン54秒7-上がり1ハロンは11秒4でした。

前走最終時と比較すると今回は時計が見劣りしていますが、そのときは良馬場だったのでタイムは気にしなくてよいです。

前半はどこか脚どりが重くて気持ちも乗っていませんでしたが、直線に入ると少し気合が乗ったのか、しっかりと前を向いて走破することができました。

大きな変化はありませんでしたが特に悪い面もなく、現状維持はできているように思います。

ストーンリッジ

ストーンリッジ 8月17日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.440.112.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.538.712.5馬なり

デンコウリジエールが出走回避したことで除外対象から繰り上がったストーンリッジは栗東の坂路コースにて、単走で追われました。

助手が騎乗し馬場の外側から馬なりで追われ、4ハロン56秒4-上がり1ハロン12秒3でゴールしました。

台風の影響を回避して、木曜日に追い切りを行いましたが、全体的に身体が固い印象を受けました。

頭も少し高い感じがしますし、ときどき舌を出しているように本調子という感じはしません。

前走福島テレビオープン時の最終追い切りと比較しても時計は明白に劣っていますし、特に全体時計56秒4は遅いです。

デンコウリジエールが回避したため、運よく出走は叶いましたが、追い切りは決して良いとはいえませんしここでの激走は厳しいと思いました。

スマートリアン

スマートリアン 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.838.612.1馬なり
1週前栗東CW(良)  52.637.211.3強め
前走最終栗東CW(良)  51.737.211.7馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて4ハロン53秒8-上がり1ハロンは12秒1でした。

1週前追い切りではウッドチップコースを走り、外ラチ沿いから追いましたが、4ハロン52秒6-上がり1ハロン11秒3と悪くありません。

しかし、1週前と今回の最終追い切りに共通しているのはともにアタマが高いことです。

スマートリアンはもともとアタマを高くしながら走る癖がある馬ですが、今回もその傾向が見られました。

もっとも、脚さばきは軽快でしたし1週前追い切りではスピード感のある走りが印象的でした。

前走で勝利に導いた柴田善臣騎手は3年ぶりに小倉に参戦します。

この馬にかける思いは強いと思いますし、脚質的にも柴田善臣騎手と合いそうなので、真夏の小倉でどのような競馬を見せてくれるか、期待したいです。

テイエムスパーダ

テイエムスパーダ 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  54.639.112.0強め
前走最終栗東坂路(稍重)  53.438.612.2馬なり

昨年のCBC賞勝ち馬であるテイエムスパーダは栗東坂路で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、外ラチ沿いを強めに追われ、4ハロン54秒6-上がり1ハロン12秒0で走破しました。

1週前にレース当日も騎乗する今村聖奈騎手がしっかりと攻めたようなので最終追い切りでは調整程度に追い切りを行っていました。

時計自体は前走時よりも目立つものではありませんが、外ラチに進路を定めて終始淡々とした走りを行えており、良くも悪くも大きな変化はなさそうです。

現状維持はできていると思うので、得意の小倉コースでどのような結果をのこせるか注目したいです。

デュガ

デュガ 8月17日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.936.712.2馬なり
1週前栗東坂路(良)  55.038.012.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.437.812.2馬なり

2連勝でこの舞台に挑むデュガは栗東の坂路コースにて、最終追い切りを行われました。

助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて全体時計51秒9-上がり1ハロンは12秒2で走破しています。

1週前も馬場の内から追い切りを行いました。

序盤は強めに、最後は軽く流す感じで追われていましたが、力強く坂路を駆け上がっていて動きは機敏です。

また、13日の日曜日の調教では上がり重視に調教され、4ハロン52秒8-上がり1ハロン11秒7の時計を出しました。

最終追い切りでは馬なりながらも全体時計51秒9という素晴らしい時計を叩き出しました。

1週前や日曜追いで負荷をかけた結果、確実に良化しているのが伝わります。

ここはオープン入りして初となる重賞戦ですが、近2戦と比較するとハンデ55キロで挑めるのはプラス材料です。

小倉自体は【0-0-1-2】と決して良いとはいいがたいですが、現在のデュガは本格化しつつあるので、この追い切りでどのような走りを見せてくれるのか楽しみな存在です。

トゥラヴェスーラ

トゥラヴェスーラ 8月16日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.639.312.1馬なり
1週前栗東坂路(良)  51.537.311.7一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  55.139.012.1馬なり

今年の高松宮記念で3着入りした8歳馬、トゥラヴェスーラは栗東坂路で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン55秒6-上がり1ハロンは12秒1でした。

1週前が栗東坂路にて、レース当日も騎乗する藤岡康太騎手が騎乗し、4ハロン51秒5という好タイムを叩き出しています。

映像を見ても序盤から動けていますし、追われてからの反応も抜群に良かったです。

1週前に負荷をかけたこともあり、最終追い切りは完全に馬なりでしたがその中でも終いはキレのある動きを見せていました。

8歳馬とは思えないほど動けていて、かなりの好仕上がりでした。

前走CBC賞では前が止まらない展開の中、差しの競馬で4着に入線していますし、今回も激走があってもおかしくないでしょう。

ボンボヤージ

ボンボヤージ 8月17日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東PT(良)  52.635.811.5強め
前走最終栗東ダート(良)  11.7馬なり
※4.3Fは計測不能

昨年の北九州記念勝ち馬であるボンボヤージは栗東のポリトラックコースにて、単走で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から強めに追われて4ハロン52秒6-上がり1ハロンは11秒5でした。

昨年の北九州記念を制したときの最終追い切りも良馬場の栗東ポリトラックで調整されました。

このときは馬なりで追われて4ハロン54秒2-上がり1ハロン12秒2です。

終始下向きに走っていて絶好とは言い難い走りだったので、その時と比較すると今回は前を向いてリズムよく走れたのは好感が持てます。

ポリトラックはもともと時計が出やすいため、タイムはあまり参考になりませんが終い重視でも動けていたのは好材料でした。

ただし、今年は斤量54キロを背負います。

重賞馬にしては軽いほうですが、近走のボンボヤージは調子を落としつつあるので、強くは狙いづらいですね。

昨年同様内枠を引いてコースロスなく競馬できるようでしたら面白いかもしれません。

ママコチャ

ママコチャ 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.338.112.1馬なり
1週前栗東CW(良)84.467.852.637.111.5強め
前走最終栗東坂路(良)  53.238.411.9馬なり

ソダシの全妹であるママコチャは栗東坂路にて最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外側から馬なりで追われ、4ハロン53秒3-上がり1ハロン12秒1で走破しました。

1週前追い切りは強めに追われて6ハロン84秒4-上がり1ハロン11秒5でゴールしています。

このときは3か月ぶりのレースということもあり、少し太目残り感が残っていたのが気になりました。

最終追いでは太目の印象はそこまでありませんでしたが、序盤から首が右に左に動いています。

ママコチャはもともと追い切りでいきたがる馬らしいのですが今回あえて遅めの時計を出して折り合いに専念したことでこうなりました。

我慢をさせた結果がどう転ぶかは正直分かりませんが、短距離自体は前走の安土城ステークスを見ても分かるように、ママコチャの性格に合っていると思います。

キャリア初の1,200m戦は瞬発性が問われますが、ママコチャに脚質に合うか、注目したいです。

追い切り自体はB評価にします。

モズメイメイ

モズメイメイ 8月16日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.937.212.1馬なり
1週前栗東坂路(良)  50.336.512.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  50.336.512.4馬なり

葵ステークス勝ち馬であるモズメイメイは栗東の坂路コースにて、ウナギノボリ(4歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する松若風馬騎手が手綱を握り、馬なりで追われて4ハロン51秒9-上がり1ハロンは12秒1で走破しています。

3か月ぶりのレースにもかかわらず、1週前追い切りが一杯に追われて4ハロン50秒3という好タイムを残しました。

今回は重馬場に加えて完全に馬なりだったので1週前よりは時計が出ていませんが、全く無理させていない走りの中でも併せたモズメイメイに楽な手ごたえが食らいついてアタマ差先着しているように、ポテンシャルの高さがうかがえます。

前走の葵ステークスではびっくりするほど綺麗なロケットスタートを決めて初の短距離戦を制しました。

それまで手綱を握っていた武豊騎手が札幌を選択したため、今回テン乗りの松若騎手が騎乗する点はマイナスですが、松若騎手は逃げ馬とのレースで好成績を残しているので決して悪くはありません。

ちなみに、同厩舎の先輩にあたるモズスーパーフレアはこれまで3度北九州記念に出走しましたが勝利をつかむことができませんでした。

そのとき騎乗していた松若騎手とのコンビでスーパーフレア超えを狙いたいです。

リプレーザ

リプレーザ 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  51.037.012.3強め
前走最終栗東坂路(良)  54.238.812.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する藤懸騎手が手綱を握り、強めに追われて4ハロン51秒0-上がり1ハロン12秒3でゴールしました。

強めに追われたこともあり、全体時計51秒0はかなり優秀です。

もともとダートで結果を残していた馬ということもあってパワーに長けた馬なので、追い切り時の重馬場がリプレーザの脚にフィットしたのでしょう。

芝レースではこれまで1勝も手にしていませんが、もしも週末の小倉が雨の影響でタフな馬場になるようでしたら激走もあり得るかもしれません。

レジェーロ

レジェーロ 8月16日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  58.340.912.8馬なり
前走最終栗東坂路(良)  55.138.711.9馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行いました。

助手が騎乗して馬なりで追われ、4ハロン58秒3-上がり1ハロン12秒8でした。

前走アイビスサマーダッシュにおける最終追い切りは淡々とした走りが印象深く、当サイトでもS評価を付けさせてもらった馬です。

今回はなんと調教映像がないので、一番見たかった動きが見られないのは少し残念です。

そのため時計でしか判断できませんが、全体時計は非常に遅いです。

ただし、レジェ―ロは13日の日曜日に本追いを終えているようで、その時は坂路で4ハロン54秒2を出したみたいです。

この時計は前走最終追いよりも出ているので、状態は悪くないでしょう。

今回は前走から中2週という短い間隔で使われるため、調教助手いわく「15-15」に毛の生えた時計だが十分とのことでした。

映像が見えないので何とも言えないですが、日曜の時計を見る限りは前走の反動はなさそうですし、現状維持はできていると思います。

ロンドンプラン

ロンドンプラン 8月17日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.540.012.6馬なり
1週前栗東CW(良)84.068.553.838.211.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.938.912.4強め

昨年の小倉2歳ステークス勝ち馬であり、骨折明けで実に9か月ぶりのレースとなるロンドンプランは栗東坂路コースにて最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬なりで馬場の外目から追われて4ハロン54秒5-上がり1ハロンは12秒6で坂路を駆け上がっています。

1週前は栗東のウッドチップコースで追われました。

良くも悪くもゆったりした走りですが、ロンドンプランは怪我する前から回転数の速い走りではなく一歩の歩様を長く使うタイプなのでその点は自分の走りができています。

ただし、長期休暇を挟んだ影響もあるのか、全体的に少し身体が固い印象を受けました。

最終追い切りは怪我明けにしてはきびきびと走れているので良化しつつあります。

しかしながら、昨年制した小倉2歳ステークスの最終追い切りが良馬場の坂路で4ハロン53秒7-上がり1ハロン12秒4で駆け上がっていました。

この時の映像と比較すると歩様に力は感じられません。

時計も小倉2歳ステークス時よりも見劣りしています。

決して悪い出来ではありませんが、全盛期の力を取り戻すのはもう少し先になりそうです。

ロードベイリーフ

ロードベイリーフ 8月16日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  53.638.413.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.839.313.4馬なり

アイビスサマーダッシュで3着のロードベイリーフは栗東坂路にて、最終追い切りを行いました。

助手が騎乗して僚馬ワカタツフェイス(3歳未勝利)と併せ馬を行っています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

馬なりで追われて全体時計53秒6-上がり1ハロンは13秒1でした。

全体的に時計は平凡です。

前走アイビスサマーダッシュのときも時計は出ていませんでしたが、今回も追い切りは目立つものではありませんでした。

また、後半の動きに覇気が感じられず、未勝利馬のワカタツフェイスに後れを取ってしまったのも気になります。

ロードベイリーフは追い切りで目立つ結果を残さなくてもレースで結果を残すタイプの馬でしたが、そこを差し引いても良い追い切りとはいいがたかったです。

北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録すると北九州記念(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

北九州記念2023追い切り評価ランキング

評価馬名
シゲルピンクルビー
クリノマジン
デュガ
トゥラヴェスーラ
モズメイメイ
エナジーグラン
サンキューユウガ
ジャスパークローネ
スティクス
スマートリアン
テイエムスパーダ
ボンボヤージ
ママコチャ
リプレーザ
レジェーロ
ロンドンプラン
ストーンリッジ
ロードベイリーフ
 

北九州記念2023追い切り映像

北九州記念2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 北九州記念|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 北九州記念|JRA公式

北九州記念2023の最終予想

北九州記念2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)