[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【北九州記念2023予想】本命馬3頭+穴党におすすめしたい〝2頭〟はこちら!

北九州記念2023予想記事のサムネイル画像

北九州記念2023予想の最終買い目を更新しました!

北九州記念2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

北九州記念2023の予想ポイント

  • 高配当が期待できるレース
  • 牝馬が活躍している
  • 過去10年で1番人気は勝利なし
  • 8番人気の単勝率はトップクラス
  • 枠の影響はそこまでない
  • 前走勝ち馬が好走
目次(読みたい項目をタップ)

北九州記念2023の概要

北九州記念は小倉競馬場で開催される芝の短距離重賞です。

サマースプリント第4戦に指定されている北九州記念は函館スプリントステークスやCBC賞から挑む馬が多いです。

北九州記念の前後にはアイビスサマーダッシュやキーンランドカップといった短距離レースも開催されますが、アイビスサマーダッシュは新潟の千直という特異なコースで行われる舞台で、直線巧者がたくさん集まります。

そして、キーンランドカップは北九州記念とワンターンの芝1,200mが舞台ですが、札幌の洋芝で行われるためパワー型の馬が活躍しています。

北九州記念が開催される夏の小倉は全面野芝が舞台でとにかく時計が出やすいです。

そのため、スピード自慢がたくさん集まる傾向がありますよ。

ここで結果を残した馬はサマースプリントチャンピオンの座に輝く可能性もあります。また、秋のスプリンターズステークスに直行することも多く、G1レースのステップレースとしても価値のあるレースです。

夏の小倉に快速馬たちが集います。

だれが勝利を手にするでしょうか。

2022年 北九州記念(GⅢ) | ボンボヤージ | JRA公式

北九州記念2023の開催内容

開催日8月20日(日曜) 15:25発走
格付けG3
開催競馬場小倉競馬場 小倉11R
コース芝1,200m
性齢3歳以上
斤量ハンデ
1着賞金4100万円

北九州記念2023が開催される小倉の芝1,200mの特徴

小倉競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナーのポケット
コース右回り
Aコース使用
1周の距離1,615.1m
直線距離293m
高低差3m
フルゲート18頭

小倉の芝1,200mはワンターンコースです。

スタート地点は2コーナーの奥ポケットで最初の3コーナーまでの距離は約479mです。

距離は長いものの、短距離戦にくわえて下り傾斜になっているため最初から全力で飛ばす馬がいるのでレース全体の流れとしてはハイペースになりやすいです。

小倉の3~4コーナーはスパイラルカーブが導入されているので、減速しなくても立ち回ることができます。
※スパイラルカーブとは、入り口が大きく出口が小さいカーブのことで、コーナーを出る際に馬群がばらけやすくなる特徴があります。

最後の直線は約291mで平坦なコースとなっています。

小倉の芝1,200mで注目したいのは、コース全体を通して上り傾斜が存在しないことです。

実は、小倉は上り傾斜が1コーナーに集中しているため、そこを通らない当該コースでは上りが存在しません。

平坦な道のりか下り傾斜しかないため、とにかくスピードがでやすいです。

また、3~4コーナーはスパイラルカーブを導入されているのでコーナーで加速しながら最後の直線に向かうことができます。

さらに、この時期の小倉は時計の出やすい全面野芝で行われるため、より時計がでます。

馬場が固く、巷ではコンクリ馬場と評されるほどバンバン時計が出やすい条件となっているのでスピード能力の高い馬が大活躍する舞台となっています。

小倉の芝1,200mはここをチェック!

  • 上り坂がほとんどないコース
  • スピードが求められる舞台
  • 好タイムが出やすい

北九州記念2023の出走馬

【参考レース】2023年 北九州記念|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ストーンリッジ牡655.0酒井瑠星
2ボンボヤージ牝654.0川須栄彦
3スティクス牝552.0幸英明
4サンキューユウガ牡755.0西村淳也
5エナジーグラン牡455.0亀田温心
6リプレーザ牡555.0藤懸貴志
7クリノマジン牡455.0田口貫太
8レジェーロ牝653.0岩田望来
9ママコチャ牝455.5鮫島克駿
10ロードベイリーフ牡655.0M.デムーロ
11トゥラヴェスーラ牡858.0藤岡康太
12テイエイスパーダ牝455.0今村聖奈
13デュガ牡455.0菅原明良
14ロンドンプラン牡355.0松山弘平
15ジャスパークローネ牡457.0団野大成
16スマートリアン牝655.0柴田善臣
17シゲルピンクルビー牝555.0高倉稜
18モズメイメイ牝354.0松若風馬

北九州記念の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
11ボンボヤージ16福島テレビオープン(OP)13
23タイセイビジョン3CBC賞(G3)2
316ナムラクレア1函館スプリントステークス(G3)1
2021
稍重
117ヨカヨカ5CBC賞(G3)5
26ファストフォース4CBC賞(G3)1
312モズスーパーフレア2高松宮記念(G1)5
2020
稍重
14レッドアンシェル8CBC賞(G3)3
210モズスーパーフレア1高松宮記念(G1)1
311アウィルアウェイ10CBC賞(G3)7
2019
116ダイメイプリンセス9アイビスサマーダッシュ(G3)6
25ディアンドル3葵ステークス(G)1
311アンヴァル5バーデンバーデンカップ(OP)2
2018
15アレスバローズ6CBC賞(G3)1
211ダイメイプリンセス4アイビスサマーダッシュ(G3)1
39ラブカンプー7アイビスサマーダッシュ(G3)2
2017
19ダイアナヘイロー3佐世保ステークス(1600万)1
212ナリタスターワン14アイビスサマーダッシュ(G3)9
318ラインスピリット15アイビスサマーダッシュ(G3)6
2016
19バクシンテイオー8バーデンバーデンカップ(OP)3
25ベルカント1アイビスサマーダッシュ(G3)1
38オウノミチ3バーデンバーデンカップ(OP)1
2015
13ベルカント2アイビスサマーダッシュ(G3)1
25ビッグアーサー1水無月ステークス(1600万)1
313ベルルミエール4CBC賞(G3)4
2014
11リトルゲルダ8アイビスサマーダッシュ(G3)4
28メイショウイザヨイ13佐世保ステークス(1600万)1
37カイシュウコロンボ17CBC賞(G3)11
2013
17ツルマルレオン6バーデンバーデンカップ(OP)8
213ニンジャ5九州スポーツ杯(1000万)1
314バーバラ2佐世保ステークス(1600万)1

【配当】三連単は過去10年すべて万馬券!

単勝馬連三連複三連単
202216,430円46,190円31,820円493,580円
2021880円3,780円8,100円51,840円
20201,490円2,970円16,570円93,990円
20193,080円8,810円14,490円117,900円
2018870円3,630円13,260円71,170円
2017570円15,940円244,450円1,078,270円
20162,170円1,490円3,490円34,850円
2015500円920円3,110円13,770円
20141,890円29,580円737,120円3,953,810円
20131,020円4,630円8,770円55,230円
平均2,890円11,794円108,118円596,441円

過去10年の北九州記念の配当を見てみると、三連単の平均配当は59万6,000円でした。

また、過去10年すべての年で三連単は万馬券になっており、そのうち3回は10万円馬券が飛び出しています。

昨年は16番人気のボンボヤージが勝利しているように、北九州記念はとにかく順当で決まることはありません。

北九州記念は高配当に期待できるレースなのです。

【年齢】牝馬が活躍している

性別成績単勝率連対率複勝率
牡馬
セン馬
【4-5-3-83】4.2%9.5%12.6%
牝馬【6-5-7-57】8.0%14.7%24.0%

過去10年の北九州記念の勝ち馬6頭が牝馬でした。

また、馬券に絡んだ18頭が牝馬です。

「夏は牝馬」の格言は北九州記念にも通用するようで、過去10年で毎年1頭以上の牝馬が馬券に絡んでいました。

北九州記念では牝馬を馬券に絡めたいですね!

今年の出走馬で牝馬は8頭いました。

・シゲルピンクルビー
・スティクス
・スマートリアン
・テイエムスパーダ
・ボンボヤージ
・ママコチャ
・モズメイメイ
・レジェ―ロ

【斤量】55.0キロ以下の馬が好走している

斤量成績単勝率連対率複勝率
57.5キロ以上【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%
57キロ【1-0-0-6】14.3%14.3%14.3%
56.5キロ【0-1-1-2】0.0%25.0%50.0%
56キロ【1-1-1-19】4.5%9.1%13.6%
55.5キロ【0-0-1-3】0.0%0.0%25.0%
55キロ【4-4-0-22】13.3%26.7%26.7%
54キロ【1-0-3-29】3.0%3.0%12.1%
53キロ【2-1-2-24】6.9%10.3%17.2%
52キロ【0-3-1-13】0.0%17.6%23.5%
51キロ以下【1-0-1-18】5.0%5.0%10.0%

過去10年の北九州記念の勝ち馬をハンデ別にまとめました。

斤量が55キロ以下の馬は【8-7-7-108】で、実に25頭の馬が3着内に入線していました。

対して、55.5キロ以上の馬は2頭しか勝利しておらず、57.5キロ以上の馬はいずれも着外に敗れていました。

北九州記念は低ハンデの恩恵を受けた馬ほど活躍していたのです。

今年の出走馬で斤量55.5キロ以上の馬は3頭いました。

ジャスパークローネ(57キロ)
トゥラヴェスーラ(58キロ)
ママコチャ(55.5キロ)

北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで北九州記念(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

北九州記念の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【0-3-1-6】0.0%30.0%40.0%
2番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
3番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
4~6番人気【3-3-2-22】10.0%20.0%26.7%
7~9番人気【4-0-1-25】13.3%13.3%16.7%
10番人気以下【1-2-3-74】1.3%3.8%7.5%

1番人気は勝利なし

過去10年の北九州記念で1番人気は【0-3-1-6】でした。

1頭も勝ち星をつかんでいなかったのです。

それどころか、芝1,200mで開催されるようになった2006年以降、1番人気は1勝しかしていませんでした。

北九州記念は1番人気の信頼度が非常に低いレースなのです。

なぜか好走している8番人気馬

過去10年の北九州記念で8番人気は【3-0-0-7】でした。

2014年のリトルゲルダ、2016年のバクシンテイオー、2020年のレッドアンシェルが勝利しています。

8番人気の単勝率はすべての人気の中でもトップクラスでした。

8番人気に支持された馬は注目したいです。

北九州記念の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-0-0-16】11.1%11.1%11.1%
2枠【2-1-0-16】10.5%15.8%15.8%
3枠【1-3-0-15】5.3%21.1%21.1%
4枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
5枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
6枠【1-2-4-13】5.0%15.0%35.0%
7枠【0-1-1-24】0.0%3.8%7.7%
8枠【2-0-3-23】7.1%7.1%17.9%

内枠がやや有利か

過去10年の北九州記念の勝ち馬4頭が1,2枠の馬でした。

この2つの枠は単勝回収率が10%を超えています。

しかし、複勝率で見るともっとも高かったのは6枠の35%で、次いで3枠の21%でした。

北九州記念は極端な枠の偏りは見られなかったので、枠の影響はそこまで強くないレースです。

北九州記念の過去10年の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
前走1着【3-8-3-21】8.6%31.4%40.0%
前走2着【0-1-2-11】0.0%7.1%21.4%
前走3着【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
前走4着【1-0-1-10】8.3%8.3%16.7%
前走5着【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
前走6~9着【2-1-2-35】5.0%7.5%12.5%
前走10着~【1-0-1-46】2.1%2.1%4.2%

前走勝ち馬の複勝率は40%!

過去10年の北九州記念で馬券に絡んだ14頭が前走のレースを勝利していました。

前走1着に入線した馬は勝率こそ8.6%止まりですが、連対率は31%、複勝率馬40%の高水準でした。

北九州記念を予想する際は、前走の着順にも目を配りながら予想を立てるのがよさそうです。

今年の出走馬で前走レースを勝利している馬は5頭いました。

ジャスパークローネ
(前走CBC賞【G3】)

スマートリアン
(前走福島TVOP【OP】)

デュガ
(前走バーデンバーデンカップ【3勝クラス】)

ママコチャ
(前走安土城ステークス【L】)

モズメイメイ
(前走葵ステークス【G3】)

北九州記念2023の有力馬3頭

北九州記念は波乱傾向の強いレースなので、上位人気の信頼度は小さいです。

しかしながら、大荒れで決着づくことは滅多になく、基本的には1頭以上上位人気馬が入線していました。

今年の出走登録馬で人気を集めそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

モズメイメイ

主な勝ち鞍

・チューリップ賞 (G2) 2023年
・葵ステークス  (G3) 2023年

3歳馬のモズメイメイは上位人気に支持されるでしょう。

なんといっても前走の葵ステークスの内容がいいです。

ゲートがとんでもないほどうまく、ロケットスタートを決めてハナに立つと、そのまま後続を置き去りにする走りで勝利をつかみました。

勝ち時計1分7秒1の時計も優秀ですし、高速馬場に対応しているのもよいです。

今回はキャリア初の古馬戦となりますが、前走よりも1キロ軽い斤量54キロで挑むことができます。

葵ステークスのように好発を決めることができれば出し切れるでしょう。

★評価点
・ゲートがうまい
・重賞馬
・斤量が軽い
・データと相性のいい牝馬

▼課題
・初の古馬戦

ママコチャ

主な勝ち鞍

・安土城S (L) 2023年

ソダシの全妹であるママコチャも注目株です。

姉ソダシと違ってクラシックと縁がありませんでしたが、条件戦で賞金を加算し、オープン入りを果たしています。

前走の安土城ステークスはテンの鮫島克駿騎手が騎乗しましたが、先行しながら直線で押し上げて勝利をつかみました。

2着のビーアストニッシドに3馬身付けて完勝したのが印象的です。

今回は55.5キロとそこそこ重いハンデを課せられましたが、出し切れれば勝ち負けも十分あるでしょう。

姉ソダシと同じくらいの活躍に期待したいです。

★評価点
・良血馬
・前走は他馬を置き去りにする走りを見せた
・データと相性のいい牝馬

▼課題
・斤量55.5キロは少し重いかもしれない

ジャスパークローネ

主な勝ち鞍

・CBC賞 (G3) 2023年

前走のCBC賞を逃げて勝利したジャスパークローネも北九州記念に参戦します。

CBC賞では7番人気の低評価でしたが、ノーマークを逆手に取った逃げが見事はまって勝利をつかみました。

今回はだれが騎乗するのか、月曜日の時点で未定です。

また、前走勝利したことでそこそこ人気を集めるはずなので、CBC賞の時ほどすんなり逃げられるか分かりません。

それでもハナに立って競馬を行えば激走できるので、枠順の並び次第で馬券に絡めてもよい1頭だと思います。

★評価点
・重賞馬
・逃げの競馬が得意

▼課題
・月曜日の時点で鞍上が決まっていない

北九州記念2023の穴馬2頭

北九州記念は荒れに荒れるレースです。

今年の出走登録馬で配当に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

テイエムスパーダ

主な勝ち鞍

・CBC賞 (G3) 2022年

昨年のCBC賞は小倉の芝1,200mで代替開催されました。

このレースでは斤量48キロを活かした強気の逃げが見事かみ合い、勝ち時計1分5秒8の時計でレコード勝利を手にしました。

その後は馬券に絡めていない日々が続いています。

CBC賞は斤量が味方して勝利した可能性は高いですが、強い競馬を行えたのも事実です。

昨年のCBC賞で騎乗した今村聖奈騎手が騎乗するのもこの馬にとって良いでしょう。

斤量は重たいですが今回は人気を落とすと思うので、他馬を差し置いてハナで競馬してもらいたいです。

★評価点
・重賞馬
・CBC賞はレコードタイムを更新している
・データと相性のいい牝馬

▼課題
・CBC賞以来勝ち切れていない

ボンボヤージ

主な勝ち鞍

・北九州記念 (G3) 2022年

昨年の北九州記念は16番人気の低評価でしたが中団からはやめにまくって見事勝利をつかみました。

小倉はこれまで【2-1-0-2】の成績を残している舞台で決して相性は悪くありません。

昨年の北九州記念を最後、なかなか馬券に絡めていませんが小倉自体は得意なので、久々の舞台での激走も十分あり得るでしょう。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・データと相性のいい牝馬
・小倉が得意

▼課題
・近走負けすぎている
・昨年よりも斤量が重い

北九州記念2023追い切り評価

北九州記念2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

北九州記念2023予想の最終買い目

北九州記念の予想(晴れの良馬場想定)

北九州記念が開催される日曜日の小倉競馬場界隈は曇りのち晴れの予報が出ていました。

小倉は週末晴れの予報が続いており、雨の気配は一切ありません。

間違いなく良馬場でレースが行われるでしょう。

土曜日の馬場状態を見てみるとメインレースの佐世保ステークス(芝1,200mの3勝九明日)で勝ち馬メイショウゲンセンが1分7秒1という超高速タイムを叩き出しました。

このレースの上がり最速が33秒3であることからも、高速馬場は明白です。

うましるでは晴れの良馬場、時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  4 サンキューユウガ

ロードカナロア
マイネアンティーク
母父サクラバクシンオー
主な勝ち鞍4歳以上2勝クラス 2021年
前走CBC賞(G3) 2着

本命はサンキューユウガにしました。

これまでの戦績を振り返ってみると、芝レースはこれまで15戦使って着外は3度のみ。

一瞬の判断がレース結果に反映される短距離の舞台で常に安定した走りを見せているのは大きな強みです。

前走のCBC賞でも内からすいすいと上がってジャスパークローネを捕えにかかっていたように、重賞の舞台でも力のある走りを見せているのも好材料でした。

この時のCBC賞は前が止まらない展開でしたが、今回もそのような流れになるようでしたら力を発揮できるように感じます。

今回も前走同様馬番4番を引けたため、積極的に内から競馬するでしょう。

7歳馬ですがキャリア18戦しか使っておらず、まだまだフレッシュな馬なので再度激走してもおかしくないと思います。

〇対抗 18 モズメイメイ

リアルインパクト
インラグジュアリー
母父Frankel
主な勝ち鞍チューリップ賞(G2) 2023年
前走葵S(G3) 1着

対抗はモズメイメイにしました。

前走の葵ステークスでは騎乗した武豊騎手も思わず笑ってしまうほど綺麗なロケットスタートを決めてそのまま押し切って勝利をつかんでいます。

3歳馬にしてすでに2つの重賞を手にしていることからも地力の高さは伝わります。

しかもチューリップ賞ではのちに桜花賞で馬券に絡むコナコーストやペリファーニアに先着しました。

地力の高さはチューリップ賞で証明しているので、初の古馬混合戦となる今回も台頭できると思います。

枠は大外18番を引いてしまいましたが、北九州記念の舞台となる小倉の芝1,200mは最初のコーナーまでが長いのでそこまでデメリットではありません。

データと相性の悪い1番人気に支持されると思いますが、追い切りもよかったのでここはさすがに馬券に絡めることにしました。

▲単穴  2 ボンボヤージ

ロードカナロア
ディープインアスク
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍北九州記念(G3) 2022年
前走高松宮記念(G1) 18着

昨年の勝ち馬ボンボヤージは3番手に抑えることにしました。

勝利した北九州記念の後のレースを振り返ってみると、グレードの高い高松宮記念やセントウルステークス、そしてボンボヤージが苦手とする芝1,400mの京都牝馬ステークスといったレースを使われています。

この3戦は北九州記念よりもはるかに格上でしたし、同グレードの京都牝馬ステークスはボンボヤージにとって苦手とする芝1,400mのレースです。

追い切り記事で個別にまとめた際は「調子を落としている」と書いてしまったのですが、明らかな敗因があったのはいうまでもありませんでした。

今回は連覇をかけて北九州記念に参戦します。

小倉は【3-1-0-2】と相性が良い舞台で近3戦と比較してももっとも出し切りやすいです。

斤量は昨年よりも3キロ増加してしまいましたが、昨年同様内枠を引けましたしその時手綱を握っていた川須騎手が騎乗する点もよいです。

追い切り映えも全くしませんでしたが、昨年の北九州記念における最終追い切りもパッとしない中で勝利しているので本番で化けることを信じて3番手評価にしました。

△連下 17 シゲルピンクルビー

モーリス
ムーンライトベイ
母父High Chaparral
主な勝ち鞍フィリーズレビュー(G2) 2021年
前走京都牝馬S(G3) 8着

シゲルピンクルビーは追い切りが劇的に良かったです。

これまでの凡走は慢性的にあった背中の痛みが原因だったようで、半年の休養を挟んでその痛みを完治させたようです。

最終追い切りをみても、坂路で好タイムを叩き出していましたし、確かに調子を上げているのが伝わりました。

高速馬場適性は決して高い馬ではありませんが、近走の中ではもっとも状態面は良いです。

人気もないので面白い穴馬になると思います。

△連下 13 デュガ

Practical Joke
Untraveled
母父Canadian Frontier
主な勝ち鞍バーデンバーデンC(3勝クラス) 2023年
前走バーデンバーデンC(3勝クラス) 1着

デュガは半年の休養をはさんで挑んだ近2戦の内容が非常に良いです。

特に前走のバーデンバーデンカップではかつて重賞レースで馬券に絡んだ実績馬オタルエバーを3馬身差つけて圧勝しました。

昇級初戦となりますが、近2戦と比較すると斤量55キロで挑めるのはプラス材料です。

ただし、騎乗する菅原騎手が小倉実績に乏しい点と、デュガ自身小倉は【0-0-1-2】で決して得意ではありません。

覚醒前の成績なので今回は一変する可能性もありますが、不安要素の少なくない馬なので抑えまでにしました。

△連下  9 ママコチャ

クロフネ
ブチコ
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍安土城S(L) 2023年
前走安土城S(L) 1着

ソダシの妹であるママコチャは今回初めて芝1,200m戦を使われます。

もともとはマイル路線を中心に走っていたのですが、前走の安土城ステークスでは芝1,400mの舞台がフィットしたのか、2着のビーアストニッシドに5馬身差をつけて圧勝しました。

今回はさらに距離を短くしますが、ママコチャは折り合いをつけるのが難しい馬なので序盤から飛ばすことができる短距離のほうが合うかもしれません。

ただし、芝1,200mは初なのでやってみないと分からないです。

距離適性が未知数なので軽めに抑えることにしました。

△連下  3 スティクス

ロードカナロア
ペンテシレイア
母父ネオユニヴァース
主な勝ち鞍知立S(3勝クラス) 2021年
前走アイビスサマーD(G3) 9着

スティクスはメンバーの中でもっとも軽い斤量52キロで挑めるのがよいです。

北九州記念は軽い馬が激走する可能性があるので、最軽量の逃げ馬というだけでも油断できません。

また、馬番3番を引けたのもよく、内からコースロスなく立ち回りやすくなったのもプラス評価できます。

近走はまるで結果を残していませんが、小倉は2勝している舞台で相性は良いですし、ベテランの幸騎手が騎乗するのもよいでしょう。

前日の時点で15番人気とまるで人気はありませんが、面白い存在なので抑えます。

単勝

4 サンキューユウガ

馬連流し

軸馬:4
相手:2、3、9、13、17、18

三連複フォーメーション

1頭目:4
2頭目:2、3、9、13、17、18
3頭目:2、3、9、13、17、18

以上になります。
北九州記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)