[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【小倉サマージャンプ2023予想】馬券で買いたい〝3頭〟はこちら!

小倉サマージャンプ2023予想記事のサムネイル画像

小倉サマージャンプ2023予想の最終買い目を更新しました!

小倉サマージャンプ2023のおすすめの有力馬3頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

小倉サマージャンプ2023の予想ポイント

  • 逃げと先行馬が圧倒的に有利
  • 1番人気は単勝率60%、連対率80%、複勝率80%
  • 過去10年で9番人気以下は全頭着外
  • 前走重賞組の好走率が高い
目次(読みたい項目をタップ)

小倉サマージャンプ2023の概要

小倉サマージャンプは8月下旬に開催される障害重賞競走です。

もともとは7月下旬に開催されていましたが、近年の地球温暖化の影響のため、九州地方では酷暑の日が多くなりました。

そのため、新潟ジャンプステークスと入れ替わる形で8月下旬開催になったのです。

もともと小倉は新潟や札幌と同じく、この時期は6~7週開催でしたが前述した温暖化のため、昨年から小倉だけは後半4週のみの開催となっています。

そのため、ほかの2会場と比較すると馬場の痛みはそこまで見られません。

よっぽど大雨が降らない限りは時計の出やすい馬場でレースが行われる可能性が高いです。

障害レースとはいえ芝コースを走る割合が多いので、平場時代に芝レースを走っている馬が活躍しやすいですよ。

なお、ここで結果を残した馬の多くは秋に1戦挟んで暮れの中山大障害を目指します。

ここで結果をのこして、秋の大舞台に飛越する馬はどの馬でしょうか。

いまから楽しみです。

小倉サマージャンプ2023の開催内容

開催日8月26日(土曜) 11:20発走
格付けJ・G3
開催競馬場小倉競馬場 小倉4R
コース障害3,390m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2900万円

小倉サマージャンプ2023が開催される小倉の障害3,390mの特徴

小倉競馬場は平場のレースは右回りでレースが行われますが、障害レースは左回りスタートです。

最初のスタート地点はホームストレッチのダートの内真ん中あたりです。

最初のコーナーまでが150mほどしかなく、しかもその間に竹柵障害があるのでポジション争いが熾烈になります。

最初のコーナーを過ぎると、角度のきついコーナーを通り過ぎます。この間障害はありません。

向こう正面はやや登り傾斜ですがほとんどフラットに近いです。

道中には竹柵障害が2か所存在します。

向こう正面からコーナーを通り越し、再びホームストレッチに入ると、竹柵と水ごう障害が合計3つ立ちふさがります。

ここを飛越すると再び2周目に入り、向こう正面へ向かいます。

向こう正面に入った段階で今度はたすきコースといって斜めに設けられたコースを使って一気に芝コースに出ます。

芝コースに出たら、小倉本来の右回りコースに変わります。

芝を大きく1周する間、ハードルは1か所しか設けられていません。

そのハードルは最後の直線コース上に存在し、そこを飛び越えたらゴール板が待っています。

コースの特徴としては、最初のポジション争いが非常に大事です。

最初のコーナーまでの距離が短いため、スタートダッシュはもちろんのこと、最初の飛越もスムーズに行わないと前を狙う各馬が接近するため、逃げや先行馬にとってポジションの確保が重要です。

ただし、最初のコーナーに差し掛かればローカル小回り競馬場らしくペースはゆったりします。

そのため、レース全体を見るとそこまでハイペースにはなりません。

長距離レースなので当然ながらスタミナは大事ですが、距離に対して障害はそこまで多くないので落馬率は全障害コースのなかでも少ないです。

障害もそこまで大きなものはないので飛越スキルはあまり求められません。

それよりも、コース後半は芝コースが占めるので、芝コースにおける基礎能力の高い馬が出し切りやすい舞台となっています。

小倉サマージャンプ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1シングンジョーイ牡560.0五十嵐雄祐
2イベリア牡860.0北沢伸也
3ホッコーメディウスセ760.0黒岩悠
4マイネルヴァッサー牡1060.0小野寺祐太
5ナギサ牝558.0森一馬
6ポルトラーノセ760.0草野太郎
7ディアマンミノル牡660.0中村将之
8テーオーソクラテス牡660.0小坂忠士
9リバーシブルレーン牡760.0石神深一
10アサクサゲンキセ860.0小牧加矢太

小倉サマージャンプの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
19アサクサゲンキ1新潟ジャンプステークス(J・G3)5
21メイショウウチデ2障害3歳以上オープン(OP)2
38マサハヤドリーム6ペガサスジャンプS(OP)7
2021
16アサクサゲンキ1障害3歳以上オープン(OP)1
22マサハヤドリーム2障害3歳以上オープン(OP)1
37ビーオールアイズ7障害3歳以上オープン(OP)4
2020
15スプリングボックス2東京ジャンプステークス(J・G3)4
211ブレイクスピアー3障害3歳以上オープン(OP)1
39ハルキストン8新潟ジャンプステークス(J・G3)11
2019
19メイショウダッサイ1障害3歳以上オープン(OP)1
25アグリッパーバイオ6東京ジャンプステークス(J・G3)6
312メイショウタンヅツ5京都ハイジャンプ(J・G2)3
2018
12ヨカグラ6障害3歳以上オープン(OP)1
25アップトゥデイト1中山グランドジャンプ(J・G1)2
36アグリッパーバイオ3障害3歳以上未勝利1
2017
12ソロル6障害3歳以上オープン(OP)3
24アップトゥデイト1中山グランドジャンプ(J・G1)3
311マイネルフィエスタ4東京ジャンプステークス(J・G3)4
2016
17マキオボーラー1中山大障害(J・G1)11
24メイショウアラワシ3中山グランドジャンプ(J・G1)3
310マイネルアダマス7障害3歳以上オープン(OP)6
2015
11アップトゥデイト2中山グランドジャンプ(J・G1)1
27ビコーピリラニ7中山グランドジャンプ(J・G1)8
36マイネルフィエスタ5障害3歳以上オープン(OP)中止
2014
14メイショウブシドウ1中山グランドジャンプ(J・G1)3
23アラタマユニバース6障害3歳以上オープン(OP)2
35グリッターウイング3障害3歳以上未勝利1
2013
13オースミムーン1障害3歳以上オープン(OP)2
24トウショウデザイア2障害4歳以上オープン(OP)1
37ドングラシアス6500万6

【配当】固く決まりやすいレース

配当単勝馬連三連複三連単
最高配当2,350円8,960円17,640円99,440円
最低配当160円230円1,600円3,690円
平均配当658円1,858円5,432円27,644円

過去10年の小倉サマージャンプの配当を見てみると、平均配当は単勝で658円、馬連は1,858円、三連単は27,644円でした。

2015年に馬連、三連複、三連単の最高配当が出ましたが、それ以外の年は比較的順当で決まっており、平均配当も高くありません。

小倉サマージャンプは順当に決着づくことが多いレースです。

【脚質】逃げと先行馬が有利

脚質成績勝率連対率複勝率
逃げ【7-2-0-1】70.0%90.0%90.0%
先行【3-7-5-8】13.0%43.5%65.2%
差し【0-1-5-44】0.0%2.0%12.0%
追込【0-0-0-29】0.0%0.0%0.0%

過去10年の小倉サマージャンプの勝ち馬7頭が逃げ馬で、3頭が先行馬でした。

特に逃げ馬は勝率70%、複勝率は90%と非常に優秀な成績を残しています。

対して、差し馬はこれまで50頭が出走しましたが馬券に絡んだのは6頭のみで、追込馬に関しては1頭も馬券に絡んでいません。

小倉サマージャンプは前を走る馬が圧倒的に有利です。

【コーナー通過順位】最後のコーナーは前目で通過したい

コーナー通過順位成績単勝率連対率複勝率
1番手【7-2-0-1】70.0%90.0%90.0%
2番手【0-6-2-3】0.0%54.5%72.7%
3番手【3-2-2-4】27.3%45.5%63.6%
4番手【0-0-3-9】0.0%0.0%25.0%
5番手【0-0-2-11】0.0%0.0%15.4%
6番手以下【0-0-1-54】0.0%0.0%1.8%

過去10年の小倉サマージャンプの勝ち馬はいずれも最後のコーナーを3番手以内で通過していました。

また、馬券に絡んだ29頭は最終コーナーを5番手以内で通過しています。

6番手より後ろで通過して馬券に絡んだのは2019年の3着馬メイショウタンヅツだけでした。

小倉サマージャンプは位置取りも重要で、逃げや先行馬はまだしも、差し馬に関しては道中早めに動いて最後のコーナーに差し掛かるときには前目に位置付けておきたいです。

キーンランドC(G3)と新潟2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでキーンランドC(G3)新潟2歳S(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

小倉サマージャンプの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【6-2-0-2】60.0%80.0%80.0%
2番人気【2-3-0-5】20.0%50.0%50.0%
3番人気【0-2-2-6】0.0%20.0%40.0%
4番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
5番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
6番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
7番人気【0-1-2-7】0.0%10.0%30.0%
8番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
9番人気以下【0-0-0-36】0.0%0.0%0.0%

1番人気の信頼度が高いレース

過去10年の小倉サマージャンプで1番人気は6勝、3着内に8頭が入線していました。

1番人気は勝率、複勝率ともに高水準なので、ぜひ馬券に絡めたいです!

人気+穴馬の組み合わせで決まる

過去10年の小倉サマージャンプの好走馬を見てみると、いずれの年も1~2番人気の馬が1頭以上絡んでいました。

そして、6番人気以下の馬も毎年1頭以上馬券に絡んでいるのです。

いいかえると過去10開催はいずれの年も上位人気&下位人気同士で決まることはありませんでした。

小倉サマージャンプは人気馬と穴馬の組み合わせで予想を行いたいです。

9番人気以下は1頭も馬券に絡んでいない

過去10年の小倉サマージャンプで9番人気以下の馬は36頭出走していましたが1頭も馬券に絡んでいませんでした。

小倉サマージャンプは順当で決着付くことが多いレースで、下位人気の台頭は見られませんでした。

極端な穴馬狙いは控えたほうがいいかもしれません。

6番人気が激走している

過去10年の小倉サマージャンプで6番人気は2勝し6頭が3着内に入線していました。

原因は分かりませんが、6番人気の好走率は2~5番人気よりも高いです。

もしも、6番人気に支持された馬がいるようでしたら抑えておいてもいいかもしれません。

小倉サマージャンプの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
2枠【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
3枠【2-2-0-9】15.4%30.8%30.8%
4枠【1-2-1-10】7.1%21.4%28.6%
5枠【0-2-0-13】0.0%13.3%13.3%
6枠【3-0-5-10】16.7%16.7%44.4%
7枠【1-2-2-13】5.6%16.7%27.8%
8枠【0-0-2-16】0.0%0.0%11.1%

内がやや有利

過去10年の小倉サマージャンプの勝ち馬を見てみると、1~3枠から5頭勝利していました。

一見内枠有利に思いますが、複勝率を見るともっとも高かったのが6枠の44%でした。

その次は3枠の31%、2枠の30%が好走していますが、4枠29%、7枠28%と中~外枠からも好走馬がでています。

小倉サマージャンプは内枠が結果を残していますが中~外枠からも好走馬が出ているので枠順による差は大きくないレースといえるでしょう。

小倉サマージャンプの過去10年の前走別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【3-4-0-3】30.0%70.0%70.0%
G2【0-0-1-8】0.0%0.0%11.1%
G3【2-1-2-13】11.1%16.7%27.8%
前走重賞【5-5-3-24】13.5%27.0%35.1%
OP【5-5-4-47】8.2%16.4%23.0%
クラス戦【0-0-1-2】0.0%0.0%33.3%
未勝利【0-0-2-13】0.0%0.0%13.3%

前走重賞組の好走率が高い

過去10年の小倉サマージャンプの好走馬を前走クラス別に見てみると、前走が重賞だった馬は【5-5-3-24】でした。

単勝率は14%で複勝率は35%もあったのです。

小倉サマージャンプはこれまでの実績が反映されやすく、競合が揃う重賞レースでしのぎを削った馬が活躍傾向にありますよ。

今年の出走馬で前走が重賞だった馬は4頭いました。

アサクサゲンキ
(前走新潟ジャンプステークス【Jpn3】/4着)

テーオーソクラテス
(前走中山グランドジャンプ【Jpn1】/4着)

ホッコーメディウス
(前走新潟ジャンプステークス【Jpn3】/9着)

ポルトラーノ
(前走阪神スプリングジャンプ【Jpn2】/7着)

オープン特別組は毎年馬券に絡んでいる

過去10年の小倉サマージャンプの好走馬をクラス別に見てみると、前走オープン以下の馬よりも前走重賞組のほうが結果を残しています。

ところが、過去10開催の好走馬を詳しく見てみると、毎年1頭以上前走オープンクラスの馬が馬券に絡んでいます。

小倉サマージャンプは前走重賞馬のほうが結果を残していますが、オープン組も毎年馬券に絡んでいるので馬連や三連系の馬券で購入する際は必ず抑えておきましょう。

今年の出走馬で前走がオープン競走だった馬は5頭いました。

イベリア(前走4着)
シングンジョーイ(前走5着)
ナギサ(前走8着)
マイネルヴァッサー(前走1着)
リバーシブルレーン(前走4着)

小倉サマージャンプ2023の有力馬3頭

8月最終週に開催される小倉サマージャンプはまだまだ残暑が残っている時期に行われるのでハードです。

暑さも考慮して、今年は10頭のみの登録となりました。

出走馬は少ないですが、好走に期待できる馬も多数います。

今年の出走登録馬の中から注目したい馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アサクサゲンキ

主な勝ち鞍

・小倉サマージャンプ (J・G3) 2022年
・小倉サマージャンプ (J・G3) 2021年
・小倉2歳ステークス   (G3) 2017年
・障害3歳以上OP       2021年
・障害4歳以上OP       2021年

今年おそらく1番人気に支持されるであろうアサクサゲンキは近2開催の小倉サマージャンプを連覇した馬です。

連覇しているので言うまでもありませんが、逃げ~先行競馬を得意としているので小倉サマージャンプの舞台とはかみ合います。

今年は2戦使われてまだ馬券に絡んでいませんが、昨年も馬券に入線していない状況から勝利しているのでそこまで気にしなくていいでしょう。

8歳馬ですが前走の新潟ジャンプステークスでは中団から早めに動いて4着入りしているように、まだまだ元気いっぱいです。

今回騎乗する小牧加矢太騎手とのコンビはこれまで【0-0-0-2】で結果を残せていない点はマイナスですが、それ以外に大きな欠点は見当たりません。

陣営も三連覇に掛ける思いがあると思いますし、激走に期待したいです。

★評価点
・近2開催の勝ち馬
・コース適性は文句なし
・前目で競馬できる

▼課題
・小牧加矢太騎手との相性はよくない

テーオーソクラテス

主な勝ち鞍

・春麗ジャンプS  (OP) 2023年
・牛若丸ジャンプS (OP) 2023年
・障害3歳以上OP     2022年
・障害4歳以上OP     2022年

昨年のいまごろは一介のオープン馬にすぎませんでしたが、その後、オープン競走を連勝して挑んだ中山グランドジャンプでは4着入りを果たし、本格化しつつあります。

近走を見てみると、2~3番手の位置で競馬して好走しているので小倉サマージャンプの舞台と合うでしょう。

また、障害小倉コースも【2-0-0-1】と相性が良いです。

今回は4か月ぶりのレースとなるので休み明けが気になりますが、実績とコース適性は証明されているのでここで初重賞制覇を成し遂げる可能性も十分あり得ますよ。

★評価点
・本格化している
・コース適性が高い
・中山グランドジャンプで4着

▼課題
・休み明け

ディアマンミノル

主な勝ち鞍

・大阪ーハンブルクC (OP) 2022年
・障害3歳以上未勝利    2023年

かつては芝のオープン馬で重賞レースに何度も出走していました。

今年の7月に障害レースを使われ3着入りすると、続く障害未勝利戦で初勝利をつかみました。

今回は障害オープン入りして初めての重賞チャレンジとなります。

平場時代のレースを見てみると中~長距離を得意としているので距離は問題ないでしょう。

ただし、前走の未勝利戦は2,3着馬にクビ差の辛勝でした。

今回はメンバーレベルが上がるので、前走のような内容だったら今回の好走は厳しいかもしれません。

それでも平場時代は一貫して芝レースを使われていたので、芝の大部分を走る小倉の障害コースとは合いそうです。

取捨選択がむずかしいですが、前走から大化けするようでしたら上位争いできるかもしれません。

★評価点
・平場時代はオープンまで上り詰めた
・障害レースは【1-0-1-0】

▼課題
・前走未勝利戦は辛勝
・相手の強化

小倉サマージャンプ2023予想の最終買い目

小倉サマージャンプ2023の予想(曇りの良~稍重馬場想定)

小倉サマージャンプが開催される土曜日の小倉競馬場界隈の天気を見てみると、曇りの予報が出ていました。

前日金曜日は雨が降っているようなので、もしかしたら雨の影響が残った状態でレースが行われるかもしれません。

小倉サマージャンプは午前中に行われるのでその可能性はより高まると思います。

うましるでは曇りの良~稍重でやや高速もしくは標準くらいの馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

キーンランドC(G3)新潟2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 10 アサクサゲンキ

Stormy Atlantic
Amelia
母父Dixieland Band
主な勝ち鞍小倉サマージャンプ(J・G3) 2022年
前走新潟ジャンプSJ・G3) 4着

本命はアサクサゲンキにしました。

これまで2開催連続で小倉サマージャンプを制している馬で、この舞台は大得意です。

今年に入ってからは馬券に絡むことができていませんが、前走の阪神ジャンプステークスは4着入りしているように、まだまだ見限れません。

アサクサゲンキにとっては小倉の障害コースがもっとも適性はあると思いますし、陣営からしてもここをメイチに仕上げてきている感じがするので、3連覇に期待したいです。

〇対抗  8 テーオーソクラテス

エイシンフラッシュ
テーオーヴィーナス
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍春麗ジャンプS(OP) 2023年
前走中山グランドジャンプ(J・G1) 4着

対抗はテーオーソクラテスにしました。

今年に入ってから障害レースを3連勝し、あっという間にオープンクラスまで上り詰めました。

そして、前走の中山グランドジャンプは初めての障害重賞チャレンジでしたが4着入りしているように、地力の高さが感じられます。

休み明けはマイナスですが、小倉の障害コースは【2-0-0-1】と相性がいい舞台です。

4走前のオープン競走を休み明けで制しているように、いきなりでもやれるかもしれません。

▲単穴  9 リバーシブルレーン

ハーツクライ
カウアイレーン
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍障害3歳以上OP 2022年
前走障害4歳以上OP 4着

単穴はリバーシブルレーンにしました。

近走はなかなか馬券に絡むことができていませんが、この馬も小倉は【2-0-0-1】と相性がいいです。

テーオーソクラテスと比較すると全体的なパフォーマンスが見劣りしますが、それでも昨年のいまごろは小倉のオープン競走を勝利しているように、もしかしたら暑い時期にパフォーマンスをあげてくるかもしれません。

穴馬としても面白そうなので抑えます。

△連下  3 ホッコーメヴィウス

ダイワメジャー
ホッコーメモリー
母父ダンシングブレーヴ
主な勝ち鞍京都ジャンプS(J・G3) 2022年
前走新潟ジャンプS(J・G3) 9着

ホッコーメディウスはこれまでいくつもの重賞タイトルを制しているので実績だけ見たら今年の出走馬のなかでもダントツで強いです。

ただし、近2戦は馬券に絡むことができませんでした。

2走前の東京ジャンプステークスは後手を踏んでしまい思うような競馬ができなかったので、ある程度は納得できますが、前走の新潟ジャンプステークスは道中で失速しています。

明確な衰えが出ているので、上位争いは厳しいかもしれません。

抑えまでにしておきます。

△連下  4 マイネルヴァッサー

ステイゴールド
コスモスプラッシュ
母父メジロブライト
主な勝ち鞍障害3歳以上OP 2023年
前走障害3歳以上OP 1着

マイネルヴァッサーも抑えます。

好走と凡走を繰り返していますが、前走のオープン競走や4走前の障害競走はいずれも福島のものです。

そして、近5戦で馬券外に敗れた3戦はいずれも東京や新潟といった大回りの競馬場のものでした。

福島は小回りなのでマイネルヴァッサーにとってはもしかしたら小回りのほうが合っているかもしれません。

小倉も小回りなので、コース適性がかみ合えば激走するかもしれないです。

単勝

10 アサクサゲンキ

馬連流し

軸馬:10
相手:3、4、8、9

三連複フォーメーション

1頭目:10
2頭目:3、4、8、9
3頭目:3、4、8、9

以上になります。
小倉サマージャンプの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)