[馬券が的中しない方へ] 弥生賞ディープ記念(G2)とチューリップ賞(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【キーンランドカップ2023追い切り評価/全頭診断】猛時計を叩き出した最高評価「S」はアノ馬!

キーンランドカップ2023追い切り評価記事のサムネイル画像

キーンランドカップ2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではキーンランドカップの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

8月23日の馬場状態

札幌
晴れで芝、ダートともに良馬場でした。
芝は開催後期の馬場ということもあって内ラチに痛みが目立ちます。
ダートは観測史上初となる36度の気温を更新した影響もあり、非常に乾いていて力がいる馬場でした。
どちらも時計は出ていません。

函館
札幌同様晴れで全コース良馬場でした。
ウッドチップコースは平均よりも時計が出ています。
芝コースは平均的でした。

目次(読みたい項目をタップ)

キーンランドカップ2023追い切り評価/全頭診断コメント

キーンランドカップ2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

キーンランドカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ヴァトレニ

ヴァトレニ 8月23日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 65.849.035.311.3馬なり
前走最終函館芝(稍重) 65.150.036.311.5馬なり

最終追い切りは札幌の芝コースにて、単走で行いました。

調教師が騎乗して馬なりのまま追われて5ハロン65秒-上がり1ハロン11秒3でした。

今年のキーンランドカップ出走馬はなぜか調教映像のない馬が多く、ヴァトレニもその1頭です。

最終追い切りの動きは分かりませんが、時計自体は平凡です。

ただし、長谷川調教師曰く時計以上に速さが出ていて体調自体は良いらしいです。

ヴァトレニは1週間前にナムラクレアと併せており、その時の映像がナムラクレアの追い切り映像から確認できました。

ヴァトレニが先に先行していたものの、直線ではナムラクレアにかわされて1馬身遅れていましたが、確かにスピードに乗って走っていました。

状態面は悪くなさそうですし現状維持はできているでしょう。

ウインマーベル

ウインマーベル 8月23日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌ダート(良) 71.354.841.712.5一杯
1週前札幌ダート(良) 67.552.038.612.8一杯
前走最終美浦南W(良)85.468.552.938.211.7強め

昨年のキーンランドカップで2着のウインマーベルは札幌ダートにて、単走で追われました。

助手が騎乗し、馬場の外側から一杯に追われて5ハロン71秒3-上がり1ハロンは12秒5でした。

1週間前追い切りが3勝クラスのワックスフラワーと併せて先着しました。

しかしながら、一杯にしては時計が平凡です。

最終追い切りも一杯に追われたものの、5ハロン時計は1週前よりも出ていません。

ウインマーベルはもともと調教掛けしないので、調教助手曰く「時計は問題ない」そうですが、それでも一杯にしては時計が出ていないのはマイナスです。

陣営からしたら今年の目標はスプリンターズステークスなので、ここは叩きの一線として使う可能性もあります。

ポテンシャル自体は高い馬ですが、追い切りだけ見たら正直よくありませんでした。

ウォーターナビレラ

ウォーターナビレラ 8月23日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌ダート(良) 67.252.839.013.3馬なり
前走最終札幌ダート(良) 69.354.640.012.1馬なり

巻き返しを図りたいウォーターナビレラは札幌ダートコースにて、単走で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて5ハロン62秒2-上がり1ハロンは13秒3でした。

時計面だけ見たら、前走しらかばステークス時よりも全体時計は速いです。

上がり時計は目立ちませんが、この日の札幌ダートは高温で非常に乾いていたので、その点は問題なさそうです。

ただし、走りを見てみると全体的に固い印象がありました。

もともとアタマを高く上げて走るのがウォーターナビレラの特徴なので、その点は考慮できますが、慣れていないダートコースとはいえかつて見せていた歩様の柔らかさが見られなかったのはマイナスです。

出し切れれば3歳春時点のパフォーマンスを見せてもおかしくありませんが、復活はまだ先だと思います。

カイザーメランジェ

カイザーメランジェ 8月23日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌ダート(良) 70.254.540.312.5馬なり
前走最終札幌ダート(良) 70.754.539.512.3馬なり

カイザーメランジェは札幌のダートコースでマイネルクリソーラ(4歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、馬なりで追われて併入したそうです。

全体時計は70秒2-上がり1ハロンは12秒5でした。

この馬も調教映像がなかったので新聞から情報を判断しています。

時計面だけ見たら前走時とほとんど差はなく、激変の可能性は低いです。

しかしながら、自己ベストを更新しているので良くも悪くも現状維持はできていました。

ただし、現状のままだったら勝ち負けは程遠いので本音を言うのであればこれまでとは違った走りを見せてほしかったです。

キミワクイーン

キミワクイーン 8月23日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 66.550.436.111.4馬なり
1週前札幌芝(稍重) 64.750.736.011.3強め
前走最終函館W(重) 69.454.640.413.1馬なり

函館スプリントステークス勝ち馬のキミワクイーンは札幌の芝コースにて、単走で追われました。

レース当日騎乗する横山武史騎手がまたがり、馬なりで追われて5ハロン66秒5-上がり1ハロンは11秒4でした。

1週間前追い切りも横山武史騎手が騎乗して、僚馬ドーバーイーグル(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

この時の札幌芝コースは稍重でしたが、直線で強めに追われると一気に加速して僚馬をあっさりとかわしたのが印象的でした。

1週前に好時計を出していたので今回は軽めの追い切りでしたが、直線で横山武史騎手が見せ鞭(?)を奮うとすかさず反応しているように、軽めながらもしっかりと反応していたのはポイントが高いです。

2週続けて追い切り映像を確認しましたが、どちらもしっかりと動けているのでレースに向けてもチャンスは十分あるでしょう。

ここを制することができればサマースプリントチャンピオンに王手をかけることができますし、メイチで挑んでくるかもしれません。

サトノアイ

サトノアイ 8月23日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 69.754.039.012.8馬なり
前走最終札幌芝(良) 66.451.437.012.4馬なり

抽選対象馬であるサトノアイは札幌の芝コースにて、単走で最終追い切りを行いました。

レース当日も騎乗予定の佐々木大輔騎手がまたがって馬なりで追われています。

時計は5ハロンが69秒7-上がり1ハロンは12秒8でした。

前走最終追い切り時よりもトラックバイアスの変化があるとはいえ、全体時計やラスト1ハロン時計が落ちています。

調教映像を見ても舌を出しながらの追い切りで本調子ではなさそうでした。

走りのフォームを見ても芝1,200mは短すぎると思います。

1/2の抽選を突破しても状態面、距離適性ともにこの舞台にはかみ合わなさそうなので激走は厳しいでしょう。

シナモンスティック

シナモンスティック 8月23日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌ダート(良)  56.540.912.7強め
前走最終美浦南W(良) 69.353.138.212.3馬なり

UHB賞勝ち馬のシナモンスティックは札幌のダートコースにて最終追い切りを行っています。

レース当日も騎乗する松岡正海騎手が手綱を握り、末強めに追われて4ハロン56秒5-上がり1ハロン12秒7の時計を出しました。

美浦から輸送した前走から中1週で挑むこともあり、比較的軽めの最終追いです。

序盤から中盤は馬の赴くままに走らせ、直線最後のほうで強めに追われていました。

直線入りまでの走りは馬なりということもあって力強さが感じられませんでしたが、直線に入って松岡騎手にうながされてからはジワリと加速していて伸びています。

反応は悪くありませんし、騎手との息もあっている感じがしました。

大化けは感じられませんでしたが前走から引き続き状態面はキープできています。

シュバルツカイザー

シュバルツカイザー 8月23日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(良)  53.238.112.3馬なり
前走最終函館W(良)  52.337.212.2馬なり

前走しらかばステークス勝ち馬のシュバルツカイザーは函館のウッドチップコースにて、単走で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、外ラチ沿いぎりぎりを馬なりで走って4ハロン53秒2-上がり1ハロンは12秒3でした。

序盤から中盤にかけての行きっぷりが非常に良くて、長い馬体を駆使して少しでも前に走ろうとする意気込みは映像越しからも十分伝わりました。

最後の直線に入ってからも力強い走りは健在で、間隔を詰めているにもかかわらず調子はよさそうです。

近走の追い切り時計と比較すると、函館ウッドチップコースで追われた前走最終時よりも劣っているのは少し気になりますが、気持ちは乗っていたのでレース当日も楽しみな1頭です。

ジュビリーヘッド

ジュビリーヘッド 8月23日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館芝(良) 69.851.837.711.8強め
前走最終函館芝(稍重) 67.651.638.211.9強め

函館スプリントステークスで2着に入線したジュビリーヘッドは函館の芝コースにて、僚馬コーリングユー(4歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して僚馬を追走する形で強めに追われ、5ハロン69秒8-上がり1ハロンは11秒8で併入しています。

調教映像がないので動きは全く分かりませんが、藤巻助手曰く「(以前と比べて)トモが徐々に良くなっている」そうで、少しずつですが競走馬として身体が出来上がっているようです。

しかしながら、調教時計だけ見たら、前走最終時のほうが全体時計は2秒近く早かったので、前走ほどの状態には仕上がっていないかもしれません。

札幌はそこまで相性のいい舞台ではありませんが、短距離馬のスペシャリストである安田隆行厩舎の馬ですし、もしかしたら策を以て挑んでくるかもしれません。

スノーテーラー ※除外

スノーテーラー 8月23日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切函館W(良) 67.952.038.512.2馬なり
前走最終函館芝(良) 69.552.838.811.7馬なり

抽選対象馬のスノーテーラーは函館のウッドチップコースにて、最終追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬なりで追われ、5ハロン67秒9-上がり1ハロン12秒2でゴールしています。

調教映像がないので時計や厩舎コメントから評価しますが、前走最終時と比較すると時計のかかりやすいウッドチップコースで5ハロン67秒9の時計を出したのは良いでしょう。

助手曰く、「しなやかな動きで暑い時期でも走る」とコメントされているように状態面は悪くなさそうです。

1/2の抽選対象馬ですが、同じ対象候補のサトノアイよりは動きはよかったのでスノーテーラーが出走したほうが面白くなると思います。

ゾンニッヒ

ゾンニッヒ 8月24日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 63.649.535.811.7強め
前走最終函館W(良)  60.144.113.8馬なり

青函ステークス勝ち馬のゾンニッヒは札幌芝コースにて、カフェノワール(3歳未勝利)と併せ馬を行いました。

荻野琢磨騎手(レース当日は武豊騎手が騎乗)が手綱を握り、ゴール前に仕掛けられて僚馬に併入しました。

時計は6ハロン63秒6-上がり1ハロンは11秒7でした。

序盤はカフェノワールを5馬身ほど追走する形で追われていましたが、序盤から脚さばきが速くスピード感のある動きが印象深いです。

直線に入ってからもその末脚は衰えることがなく、さらに脚をすばやく回転させていて速さと力強さが伝わりました。

未勝利馬の僚馬カフェノワールと併入しているので、相手関係を考えると大したことがない可能性もありますが、時計自体は優秀なので個人的には2頭ともいい追い切りができていたと思います。

タイセイアベニール

タイセイアベニール 8月23日(水) 評価D
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切中間軽め
前走最終札幌芝(良) 70.255.040.213.3馬なり

タイセイアベニールは最終追い切りを行いませんでした。

最終追い切りを行っていないので、判断の仕様がありませんが、前走UHB賞の時計を見ると目立ったものではありません。

今回はD評価にします。

ちなみに、キーンランドカップが開催される日はワールドオールスタージョッキーシリーズ開催時期でで、招待された外国人騎手がキーンランドカップの出走馬に騎乗するケースも多いです。

今回タイセイアベニールに騎乗するのはL.モリス騎手です。

日本人にはなじみが少ない騎手ですが、モリス騎手は昨年アルピニスタとのコンビで凱旋門賞を制しています。

母国イギリスでは毎年100勝以上しており、今年の1月には通算勝利2,000勝を達成するなど、勢い真っ只中の騎手なのです。

イギリストップジョッキーが騎乗することでもしかしたら激走もあるかもしれませんよ。

トウシンマカオ

トウシンマカオ 8月23日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 61.146.732.810.4馬なり
1週前函館W(重) 66.151.438.012.2強め
前走最終函館芝(稍重) 61.145.933.711.2強め

京阪杯勝ち馬のトウシンマカオはミニストリー(3歳未勝利)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する鮫島克駿騎手が手綱を握り、馬なりで僚馬の内側から追われ、5ハロン61秒1-上がり1ハロン10秒4で6馬身半突き放しました。

時計が半端じゃないくらい速いです。

時計のかかりがちな開催後期の札幌芝コースで3ハロン32秒8-上がり1ハロン10秒4は正直異次元の走りとってもいいでしょう。しかも、馬なりです。

調教映像を見てみるととにかくテンションが高く、直線入りでは牝馬のミニストリーにちょっかいをかけようとしている姿も見せていました。

しかし、逆にいうと走りに集中していない状態でこれだけの時計を叩き出しているので生半可な馬ではありません。

時計があり得ないくらい優秀ですし、かつてはナムラクレアやウインマーベルといった同期の有力馬ともしのぎを削った実績馬です。

週末の雨予報がどこまで影響するかは分かりませんが、仮に良馬場で行われるのであれば全力を出し切れるでしょう。

気合も乗っていますし、文句なしのS評価です。

ナムラクレア

ナムラクレア 8月23日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 66.850.236.211.4馬なり
1週前函館芝(重) 65.850.036.611.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.838.011.7馬なり

今年の高松宮記念で2着のナムラクレアは札幌の芝コースにて最終追い切りを単走で行いました。

長谷川調教師が手綱を握って馬場の外側から馬なりで追われ、5ハロン66秒8-上がり11秒4でゴールしました。

1週前追い切りが函館の芝コースにて、今回出走するヴァトレニと併せを行っています。

浜中騎手が直線でうながすと、するすると動いて僚馬をかわしました。

このときの函館は表記以上に時計のかかる重馬場でしたが、そのなかでも機敏に動けていたのはさすがで、不良馬場の高松宮記念で連対しただけあります。

1週前に乗れていたこともあり、最終追い切りは軽めでした。

季節外れの暑さの影響もあって、コーナーワークでは少し暑さで震度そうな場面もありましたが、直線では豪快な走りで芝を蹴り上げ、上がり1ハロン11秒4という時計を叩き出しています。

この秋の大目標はスプリンターズステークスなのでここは叩きの舞台だと思いますが、それでも好調をキープしているので鉄砲でも勝ち負けできると思います。

ナランフレグ

ナランフレグ 8月23日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌ダート(良) 69.152.538.211.9馬なり
前走最終美浦南W(稍重)85.468.852.637.411.2馬なり

昨年の高松宮記念勝ち馬のナランフレグは札幌ダートコースにて、単走で追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬なりで追われて5ハロン69秒1-上がり1ハロン11秒9でゴールしています。

1週間前が重馬場の函館ウッドチップコースにて、前週札幌記念に出走したラーグルフと併せ馬を行い、あっさりと先着しました。

このときのラーグルフはそこまで状態がよいわけではありませんが、4歳のフレッシュな重賞馬相手に先着したのは好感が持てます。

最終追い切りはパサパサに乾いたダートコースで追われました。

時計のかかる馬場だったのでタイムだけ見たら目立ちませんが、もともとダート路線で走っていたこともあり、力強い走りは健在です。

ナランフレグは父がダート馬を多数輩出しているゴールドアリュールなのでパワーのいる馬場のほうが得意です。

昨年制した高松宮記念も重馬場のなか突き抜けました。

現在の札幌は開催後期ということで芝コースは傷みつつありますし、しカモ週末は雨予報も入っています。

時計のかかる消耗戦になれば激走も十分あり得るかもしれませんよ。

レイハリア

レイハリア 8月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 64.749.935.811.9馬なり
前走最終函館W(重) 73.756.641.613.3馬なり

2年前のキーンランドカップ勝ち馬レイハリアはブルーロワイヤル(4歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する亀田温心騎手が手綱を握り、僚馬の外から馬なりで追われて5ハロン64秒7-上がり1ハロン11秒9で走破しました。

時計は意外と悪くありません。

ただし、相変わらず走る意欲が感じられません。

2年前のキーンランドカップを制したときの最終追い切りが函館のウッドチップコースで行われていました。

このときは不良馬場ということもあって時計は出ていませんが、その中でも雨や重馬場を苦にしない力強さが見られたのです。

近走超が付くほどスランプに陥っていますが、馬自身が走ることに対して飽きているような感じがします。

今回も最終追い切りを見た限り気持ちが乗っていないので好走は難しいと思いました。

レッドベルオーブ

レッドベルオーブ 8月23日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切札幌芝(良) 65.349.635.312.2馬なり
前走最終札幌芝(良) 66.150.135.611.5馬なり

最終追い切りは札幌の芝コースにて、単走で行いました。

レース当日も騎乗する松田大作騎手を背に馬なりで追われ、5ハロン65秒3-上がり1ハロン12秒2でゴールを駆け抜けました。

動き自体は悪くないですし、芝コースを軽快に走破しているので状態面もよいでしょう。

ただし、馬体全体を見ると脚の長い馬なので短距離はあっていない感じがします。

また、レッドベルオーブはどちらかというと良馬場のほうがリズムよく走ることができます。

開催後期で時計のかかりやすくなった札幌、しかも週末は雨マークもついているためさらに重くなる可能性もあります。

状態面は良いですが、週末の札幌の馬場はかみ合わないかもしれません。

キーンランドカップ(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとキーンランドカップ(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

キーンランドカップ2023追い切り評価ランキング

評価馬名
トウシンマカオ
キミワクイーン
シュバルツカイザー
ナムラクレア
ナランフレグ
ヴァトレニ
シナモンスティック
ジュビリーヘッド
スノーテーラー
レッドベルオーブ
ウインマーベル
ウォーターナビレラ
カイザーメランジェ
サトノアイ
タイセイアベニール

キーンランドカップ2023追い切り映像

キーンランドカップ2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 キーンランドカップ|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 キーンランドカップ|JRA公式

キーンランドカップ2023の最終予想

キーンランドカップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)