[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【セントウルステークス2023予想】本命におすすめしたい3頭+狙いたい穴馬2頭はこちら!

セントウルステークス2023予想記事のサムネイル画像

セントウルステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

セントウルステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

セントウルステークス2023の予想ポイント

  • 1着予想は重賞馬から
  • 6歳以上の馬は苦戦
  • 1番人気は7連勝中(単70%、連100%、複100%)
  • 8枠が一番安定している
  • 前走芝1,000mと芝1,600m組みは評価を上げ、前走芝1,400m組は評価を下げたい

うましるの管理人です!

先週まとめたレースが的中していたので紹介します!

小倉2歳ステークス

着順予想結果人気
1着本命10番 アスクワンタイム5番人気
2着連下9番 ミルテンベルク2番人気
3着無印5番 キャンシーエンゼル4番人気

単勝7.1倍!
馬連14.6倍を的中!!

小倉開催最終日に行われた小倉2歳ステークスは未来の短距離馬が参戦した重賞競走です。

勝ったアスクワンタイムは5番手評価でしたが、兄のファンタジストが過去に同レースを制しており、姉のボンボヤージが同コースで行われた北九州記念を勝利していました。

血統的に激走の可能性があったため本命視しましたが、見事馬券に絡んでくれました\(^o^)

決して高配当ではありませんが、馬券的中できて満足です!

今週からは舞台を中山&阪神の4大競馬場に移します!

これからは、秋のG1に向けたレースが毎週開催されますね!

うましるでは今後も中央や地方、ときどき海外競馬の重賞レースをまとめていきます。

少しでも皆さんの予想に役立てるよう、データを分析するので今後もよろしくお願いします!m(–)m

ここからはセントウルステークスの予想をみていきましょう!

目次(読みたい項目をタップ)

セントウルステークス2023の概要

セントウルとはギリシャ神話に登場するケンタウロスを指します。

阪神競馬場内にあるセントウルガーデンにはセントウルの像があり、阪神競馬のシンボルになっています。

夏競馬は先週で幕を下ろしましたが、セントウルステークスと同日中山で開催される京成杯オータムハンデキャップはサマーシリーズのトリを努めます。

セントウルステークスは長く続いたサマースプリントの最終戦を飾ると同時に、1着馬にはスプリンターズステークスの優先出走権が与えられるレースとなっています。

そのため、サマースプリントチャンピオンを目指す馬もいれば、夏は全休したうえでここから始動する有力馬が集まります。

今年は一昨年のスプリンターズステークス勝ち馬のピクシーナイト、朝日杯FS勝ち馬ドルチェモアといったG2馬2頭をはじめ、アグリやジャングロなどの重賞馬、さらにはビッグシーザーやロンドンプランといった3歳馬など、各路線から有力馬が参戦し、まさにG2にふさわしいメンバーが揃いました。

混戦模様ですが、ここを制した馬はG1スプリンターズステークスの切符が得られます。

世代を超えた電撃の短距離戦を制するのはどの馬でしょうか?!

なお、セントウルステークスは2020~2022年の3年は中京で代替開催されていました。

うましるでは中京で行われた3開催を含んだ2013~2022年の過去10年のレースを基にデータをまとめています。

2022年 セントウルステークス(GⅡ) | メイケイエール | JRA公式

セントウルステークス2023の開催内容

開催日9月10日(日曜) 15:35発走
格付けG2
開催競馬場阪神競馬場 阪神11R
コース芝1,200m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金5900万円

セントウルステークス2023が開催される阪神の芝1,200mの特徴

阪神競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面真ん中やや左
コース内回りの右回りコース
Aコース使用
1周の距離1,689m
直線距離356.5m
高低差1.9m
フルゲート16頭

セントウルステークスは実に3年ぶりに阪神競馬場で開催されることとなりました。

阪神競馬場には内回りと外回りコースが存在しますが、芝1,200mは内回りコースを使用します。

スタート地点は向こう正面真ん中やや左でスタートから最初の3コーナーまでは約243mです。

短距離戦に加えて向こう正面はほぼ平らなのでペースは速くなりやすいです。

3.4コーナーは内回りコースとはいえ半径が広く、コースの半分以上を占めています。

極端な小回りではないのでコーナーワークが苦手な馬でも立ち回りやすいです。

3コーナーと4コーナーの間にラスト3ハロンの標識が立っており、この標識を境に下り斜面になるため各馬は一気にペースを引き上げます。

最後の直線は約356mです。

内回りコースを使用している割には中山の最後の直線(約310m)よりも長いです。

序盤こそ下り傾斜ですが、ラスト200m付近になると阪神名物の急こう配が立ちはだかります。

坂を駆け上がった先にゴール板が立っています。

阪神の芝1,200mは最後の1ハロンを除けば平坦~下り傾斜が主流となっているのでペースアップしやすいです。

開幕初週のレースということもあり、よっぽど大雨が降らなければ高速馬場で開催される可能性はきわめて高いので、スピード型の馬が活躍します。

ただし、好走するにはラスト1ハロンの急坂もスムーズに駆け上がることがポイントになるのでスピードだけではなく力を兼ねそろえている馬に注目しましょう。

阪神の芝1,200mはここをチェック!

  • コース全体が下り坂
  • 時計が出やすい
  • ハイペースになることが多い
  • 逃げや先行馬が有利

セントウルステークス2023の出走馬

【参考レース】2023年 セントウルステークス|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ロンドンプラン牡355.0吉田隼人
2ヴァトレニセ557.0藤岡佑介
3レジェーロ牝655.0藤岡康太
4ドルチェモア牡355.0池添謙一
5ジャングロ牡457.0武豊
6ビッグシーザー牡355.0幸英明
7エイシンスポッター牡457.0角田大河
8アグリ牡457.0横山典弘
9ボンボヤージ牝655.0川須栄彦
10ピクシーナイト牡558.0戸崎圭太
11テイエムスパーダ牝455.0富田暁
12ブトンドール牝353.0菱田裕二
13ディヴィナシオン牡657.0団野大成
14スマートクラージュ牡657.0岩田望来
15モリノドリーム牝455.0鮫島克駿

セントウルステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
15メイケイエール1京王杯SC(G2)1
212ファストフォース6北九州記念(G3)10
37サンライズオネスト4鞍馬ステークス(OP)4
2021
18レシステンシア1ヴィクトリアマイル(G1)6
215ピクシーナイト2CBC賞(G3)2
314クリノガウディー4安土城ステークス(L)1
2020
116ダノンスマッシュ1安田記念(G1)8
23メイショウグロッケ12関屋記念(G3)8
37ミスターメロディ2安田記念(G1)11
2019
17タワーオブロンドン1キーンランドC(G3)2
26ファンタジスト7北九州記念(G3)14
34イベリス3NHKマイルカップ(G1)16
2018
114ファインニードル1チェアマンズスプリント(G1)4
22ラブカンプー2北九州記念(G3)3
313グレイトチャーター7北九州記念(G3)4
2017
17ファインニードル1北九州記念(G3)5
26ラインミーティア6アイビスサマーダッシュ(G3)1
313ダンスディレクター4シルクロードステークス(G3)1
2016
11ビッグアーサー1高松宮記念(G1)1
210ネロ2アイビスサマーダッシュ(G3)2
311ラヴァーズポイント9北九州記念(G3)11
2015
16アクティブミノル10NZT(G2)15
216ウリウリ1CBC賞(G3)1
38バーバラ5北九州記念(G3)4
2014
11リトルゲルダ4北九州記念(G3)1
215ハクサンムーン1高松宮記念(G1)5
33エピセアローム2北九州記念(G3)7
2013
113ハクサンムーン2アイビスサマーダッシュ(G3)1
29ロードカナロア1安田記念(G1)1
34ドリームバレンチノ3函館SS(G3)7
※2020~2022年は中京開催

【重賞馬】過去10年の勝ち馬すべて重賞馬

年度勝ち馬手にした重賞数主な重賞勝ち鞍
2022メイケイエール6京王杯SC,22【G2】
2021レシステンシア3阪神JF,19【G1】
2020ダノンスマッシュ5京王杯SC,20【G2】
2019タワーオブロンドン3京王杯SC,19【G2】
2018ファインニードル3高松宮記念,18【G1】
2017ファインニードル0なし
2016ビッグアーサー1高松宮記念,16【G1】
2015アクティブミノル1函館2歳S,14【G3】
2014リトルゲルダ1北九州記念,14【G3】
2013ハクサンムーン2アイビスSD,13【G3】

過去10年のセントウルステークスの勝ち馬9頭はそれまでに重賞レースを1勝以上制していました。

唯一例外だった2017年のファインニードルはこの時点で重賞タイトルは手にしていません。

ところが、翌年の高松宮記念とスプリンターズステークスを勝利したことで春秋スプリントG1を制する名馬になったのです。

セントウルステークスは別定戦ということもあり極端なハンデの差はありません。

実力馬がベストを尽くしやすく、これまで強い相手としのぎを削った馬が結果を残しやすい舞台となっています。

対して、これまでに重賞タイトルを手にしていなかった馬は1頭も勝ち馬がおらず、2着馬まで視点を広げてみても重賞未勝利馬で2着に入線した馬は3頭しかいませんでした。

この3頭はいずれも過去に重賞レースで馬券に絡んだことがあります。

セントウルステークスは重賞馬を評価し、非重賞馬は評価を下げてもよいでしょう。

今年の出走馬で重賞タイトルを手にしていない馬は7頭いました。

・エイシンスポッター
・スマートクラージュ
・ディヴィナシオン
・ビッグシーザー
・モリノドリーム
・レジェ―ロ
・ヴァトレニ

【年齢】馬券の中心は3~5歳馬

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【1-3-1-10】6.7%26.7%33.3%
4歳【5-0-0-20】20.0%20.0%20.0%
5歳【4-4-4-26】10.5%21.1%31.6%
6歳【0-2-4-34】0.0%5.0%15.0%
7歳以上【0-1-1-26】0.0%3.6%7.1%

過去10年のセントウルステークスの好走馬を年齢別に見てみると、勝利数がもっとも高かったのは4歳馬の5勝、次いで5歳馬の4勝でした。

3歳馬は勝利こそアクティブミノルの1勝止まりでしたが、15頭中5頭が馬券に絡んでおり、複勝率は33%でトップです。

6歳以上になると極端に好走率は下がり、勝率は0%、複勝率も15%でした。

セントウルステークスは3~5歳馬が馬券の中心となり、6歳以上の馬は相手までにするのがよさそうです。

今年の出走馬で6歳以上の馬は4頭いました。

スマートクラージュ(6歳)
ディヴィナシオン(6歳)
ボンボヤージ(6歳)
レジェ―ロ(6歳)

【馬体重】小柄な馬は勝ち切れない

馬体重成績単勝率連対率複勝率
540キロ以上【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
520~539キロ【1-2-0-8】9.1%27.3%27.3%
500~519キロ【2-1-1-20】8.3%12.5%16.7%
480~499キロ【3-2-5-36】6.5%10.9%21.7%
460~479キロ【4-4-2-30】10.0%20.0%25.0%
440~459キロ【0-0-0-17】0.0%0.0%0.0%
420キロ以下【0-1-2-3】0.0%16.7%50.0%

過去10年のセントウルステークスの勝ち馬はいずれも馬体重が460キロ以上の馬でした。

また、馬券に絡んだ30頭のうちの27頭が460キロ以上でした。

対して、馬体重が459キロ以下の馬はこれまで23頭が出走しましたが馬券に絡んだのは3頭のみで、近4開催に限れば1頭も馬券に絡んでいません。

セントウルステークスは小柄な馬が凡走しやすく、馬体重460キロ以上の馬から予想するのがよいでしょう。

今年の出走馬で前走馬体重が459キロ以下だった馬は3頭いました。

ボンボヤージ(前走448キロ)
レジェ―ロ(前走428キロ)
ヴァトレニ(前走446キロ)

セントウルステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでセントウルステークス(G2)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

セントウルステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【7-3-0-0】70.0%100.0%100.0%
2番人気【1-3-2-4】10.0%40.0%60.0%
3番人気【0-0-2-8】0.0%0.0%20.0%
4~6番人気【1-2-4-23】3.3%10.0%23.3%
7~9番人気【0-1-2-27】0.0%3.3%10.0%
10番人気以下【1-1-0-54】1.8%3.6%3.6%

1番人気は連対率100%!

過去10年のセントウルステークスに出走した1番人気馬は7勝2着3回で、単勝率70%、連対率に至っては100%でパーフェクト連対を成し遂げています。

全重賞のなかでもトップクラスに1番人気の信頼度が高かったのです。

特に近7開催はすべて1番人気が勝利しており絶賛7連勝中でした。

1番人気の信頼度は抜群に高いので、購入点数をどれだけ絞れるかがセントウルステークスの攻略ポイントとなります。

2番人気の成績も悪くない

過去10年のセントウルステークスで2番人気馬は【1-3-2-4】でした。

勝率こそ10%ですが、連対率は40%、複勝率も60%あったのです。

セントウルステークスは1番人気の好走事例が高すぎるため、それ以外の人気がどうしても霞んでしまいますが、2番人気も平均以上に結果を残していますよ。

激走する穴馬は3歳もしくは6歳以上の馬

馬券に絡んだ6番人気以下の馬
年度着順馬名人気性齢馬券に絡んだ重賞レース
20222ファストフォース6牡6CBC賞,21【G3】/1着
20202メイショウグロッケ12牝6京都牝馬S,20【G3】/3着
20192ファンタジスト7牡3京王杯2歳S,18【G2】/1着
20183グレイトチャーター7牡6なし
20172ラインミーティア6牡7アイビスSD,17【G3】/1着
20163ラヴァーズポイント9牝6CBC賞,16【G3】/2着
20151アクティブミノル10牡3函館2歳S,14【G3】/1着

過去10年のセントウルステークスで6番人気以下の馬は7頭馬券に絡んでいました。

この7頭はいずれも3歳もしくは6歳以上の馬です。

また、表にまとめた7頭の内、2018年のグレイトチャーターを除いた6頭はこれまでに重賞レースで1度以上馬券に絡んでいました。

人気落ちの馬でも過去に重賞で馬券に絡んだことのある3歳もしくは6歳以上の馬がいれば馬券に絡む可能性は高いですよ。

今年の出走馬で3歳もしくは6歳以上の馬で過去に重賞で馬券に絡んだことのある馬は7頭いました。(かっこ内は性齢と過去の主な重賞実績)

スマートクラージュ
(牡6.CBC賞23【G3】/3着)

ディヴィナシオン
(牡6.オーシャンステークス23【G3】/2着)

ドルチェモア
(牡3.朝日杯FS22【G1】/1着)

ビッグシーザー
(牡3.葵ステークス23【G3】/3着)

ブトンドール
(牝3.函館SS22【G3】/1着)

ボンボヤージ
(牝6.北九州記念22【G3】/1着)

ロンドンプラン
(牡3.小倉2歳ステークス22【G3】/1着)

セントウルステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-0-0-11】15.4%15.4%15.4%
2枠【0-2-1-12】0.0%13.3%20.0%
3枠【1-0-0-15】6.3%6.3%6.3%
4枠【2-1-4-13】10.0%15.0%35.0%
5枠【2-1-1-16】10.0%15.0%20.0%
6枠【0-1-0-19】0.0%5.0%5.0%
7枠【0-1-3-16】0.0%5.0%20.0%
8枠【3-4-1-14】13.6%31.8%36.4%

8枠が一番安定している

過去10年のセントウルステークスを枠順別に見てみると、もっとも単勝率が高かったのは1枠の15%、その次は8枠の14%です。

連対率で20%を超えていたのは8枠のみ、複勝率は4枠と8枠が30%を超えていました。

8枠は中京で代替開催された近3開催でいずれも馬券に絡んでいたので、中京の影響も大きいと考えがちですが、2010年から2019年の阪神開催時代の8枠の成績を見てみると、【2-2-3-13】で勝率10%、連対率20%、複勝率は35%もあったのです。

セントウルステークスは8枠に馬は常に好成績を収めていました。

今年のセントウルステークスで8枠に入った馬はスマートクラージュモリノドリームです。

セントウルステークスの過去10年の前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
芝1,000【1-2-0-6】11.1%33.3%33.3%
芝1,200【5-6-7-80】5.1%11.2%18.4%
芝1,400【1-0-1-11】7.7%7.7%15.4%
芝1,600【3-2-2-12】15.8%26.3%36.8%

前走マイル組が健闘している

過去10年のセントウルステークス組の好走馬を前走距離別にまとめました。

馬券に絡んだ馬がもっとも多かったのは前走芝1,200m組で18頭が3着内に入線しています。

ところが、好走率がもっとも高かったのは前走芝1,600m組で、単勝率と複勝率はトップでした。

また、連対率がもっとも高かったのは前走芝1,000m組で、出走馬9頭のうちの3頭が3着内に入線しています。

セントウルステークスは生粋のスプリンターよりも1,000mやマイルから挑む馬のほうが活躍していました。

ちなみに、前走芝1,400m組は【1-0-1-11】で、2022年のメイケイエールと2021年のクリノガウディ―しか該当馬はいません。

前走が芝1,400mだった馬は評価を下げてもよいかもしれません。

今年の出走馬で前走が芝1,600mだった馬は1頭、前走芝1,000mの馬は1頭、前走芝1,400mだった馬は1頭いました。

前走芝1,600m
ドルチェモア
(前走安田記念【G1】/18着)

前走芝1,000m
ジャングロ
(前走アイビスサマーダッシュ【G3】/6着)

前走芝1,400m
ピクシーナイト
(前走京王杯スプリングカップ【G2】/8着)

セントウルステークス2023の有力馬3頭

今年のセントウルステークスは各路線から短距離馬が参戦し、G2にふさわしいメンバーが参戦しています。

有名馬が多いので予想は難しいですが、その分考察のし甲斐がありますね。

今年の出走馬の中で上位人気しそうな注目馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ビッグシーザー

主な勝ち鞍

・マーガレットS (L) 2023年
・中京2歳S  (OP) 2022年
・福島2歳S  (OP) 2022年

3歳馬にも有力馬が多数いますが、そのなかで人気を集めそうなのがビッグシーザーです。

父は2016年にこのレースを制したビッグアーサーなので、血統的には十分勝ち負けできる可能性を秘めています。

デビュー戦こそ3着に敗れましたが、キャリア3戦目で初勝利を手にすると、そこから破竹の勢いでリステッド競走を制します。

前走の葵ステークスはキャリア初の重賞戦となりましたが、ロケットスタートを決めて逃げ切ったモズメイメイに半馬身差の3着入線しました。

葵ステークスはモズメイメイの立ち回りが完璧すぎましたが、もしスタート直後の出足が少しでも遅かったら2着以上も十分あり得たのです。

今回はキャリア初の古馬戦となります。

相手関係はいままでにないほど強力ですが、ビッグシーザーは3歳馬なので斤量の恩恵を受けています。

葵ステークスの持ち時計も1分7秒1と優秀なので、久々のレースですが出し切れれば古馬相手にも通用するはずです。

★評価点
・葵ステークスは負けて強しの3着
・時計が優秀
・父はこのレースを制したビッグアーサー

▼課題
・データと相性の悪い重賞未勝利馬
・休み明け初戦
・幸騎手のセントウルステークスの成績は【0-0-1-6】でよくない

アグリ

主な勝ち鞍

・阪急杯 (G3) 2023年

今年の阪急杯を制したアグリも注目したい1頭です。

3歳の時は条件戦を中心にレースが組まれましたが、3連勝であっという間にオープン入りを果たすと、重賞初挑戦となった今年の阪急杯でもスピードを活かした競馬で勝利をつかみました。

今年の阪急杯はこれといった有力馬がグレナディアガーズくらいしかいませんでしたが、それでも2番手で競馬しながら押し上げて勝利をつかんだのは印象深いです。

G1レースとなった近2開催は敗れていますが、高松宮記念はこれまで経験したことがない不良馬場でした。

そして前走のチェアマンズスプリントは初の海外競馬で香港といったら世界でもトップクラスのスプリンターが集まっている国です。

敗れたものの、強豪相手に5着なら十分健闘したといえるでしょう。

それよりも、今回は海外帰り初戦に加えて4か月ぶりのレースになることのほうが気になります。

賞金的には敗退してもスプリンターズステークスには向かうことができるため、叩きの一戦で出走する可能性も考えられます。

追い切りを見ながら最終的なジャッジを下したいです。

★評価点
・破竹の4連勝で重賞制覇を成し遂げた
・スピードと加速力に定評がある
・阪神は【3-0-2-0】で複勝率100%

▼課題
・海外帰り
・長期休み明け
・1,200mのレースは【0-0-0-3】

ピクシーナイト

主な勝ち鞍

・スプリンターズS (G1) 2021年
・シンザン記念   (G3) 2021年

一昨年のスプリンターズステークス勝ち馬ピクシーナイトもここから始動します。

モーリス産駒で初となるG1馬になったピクシーナイトはスプリンターズステークスの内容がよかったので今後の活躍に期待されました。

しかし、同年12月に行われた香港スプリントでは近年稀に見る落馬事故に巻き込まれ、大怪我をしてしまったのです

命に別状はありませんでしたが、長期休暇は余儀なくされました。

今年の高松宮記念から始動し、すでに2戦使われていますが怪我の影響もあってか、かつてほど激走していません。

落馬事故の影響は身体だけではメンタルにも影響していると思うので、激走するタイミングを見つけるのは非常に難しいでしょう。

追い切りやパドックを見ながら、予想したい馬です。

★評価点
・スプリンターズステークスの勝ち馬
・怪我まえは強い相手に結果を残してきた

▼課題
・骨折明け2戦は結果を出していない
・メンタル的に競馬が嫌になっているかもしれない
・データと相性の悪い前走芝1,400mから挑む馬

セントウルステークス2023の穴馬2頭

セントウルステークスは1番人気の信頼度が高いレースですが、必ずしも上位人気馬で決着づくことは少なく、6番人気以下の馬もコンスタントに馬券に絡んでいます。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ホウオウアマゾン ※取消

主な勝ち鞍

・アーリントンカップ (G3) 2021年
・野路菊ステークス  (OP) 2020年

2歳のころから長く第一線で活躍しているホウオウアマゾンはこれまで12戦阪神でレースを行い、【2-4-2-4】の成績を残しています。

阪神における複勝率は66.7%で今回人気するアグリと同じく阪神巧者といえるでしょう。

阪神で敗れた4戦を見てみると、2歳G1の朝日杯FSとマイルチャンピオンシップが2回、残りのひとつがスワンステークスで、いずれもG2以上のレースでした。

G3以下の舞台では必ず馬券に絡んでいるように、相手関係次第で常に上位争いしています。

今回のセントウルステークスはG2なので好走するかは分かりませんが、得意な競馬場なのでかみ合えば一発あるかもしれません。

ただし、キャリア初の芝1,200m戦というのはマイナス材料です。

これまで1,400~1,600mのコースを中心に使ってきたので1,200mは少し忙しくなる可能性もあります。

血統的に父がキングカメハメハで母が芝1,400mの重賞京都牝馬ステークスを制したヒカルアマランサスなので1,200mも問題なさそうですが、こればかりは走ってみないと分かりません。

★評価点
・阪神は【2-4-2-4】で複勝率67%
・データと相性のいい前走マイルから挑む馬

▼課題
・キャリア初の1,200m戦

ブトンドール

主な勝ち鞍

・函館2歳S (G3) 2022年

メンバー唯一の3歳牝馬であるブトンドールは昨年の函館2歳ステークスの勝ち馬です。

末脚勝負を得意としているので、開幕週で時計が出やすく、コーナーから追い上げしやすい阪神の舞台とは相性がよさそうです。

もともと前週に行われたキーンランドカップに出走登録されていましたが、収得賞金の関係で競走除外となりました。

今回は登録の段階で除外馬がいないので出走可能です。

近4戦はいずれも馬券外に敗れていますが、そのうち3戦は芝1,400m~1,600mの舞台だったので度外視してもよいでしょう。

前走の函館スプリントステークスはかつて函館2歳ステークスを制したときと全く同じコースでした。

久々で馬体重が+10キロ増加していたものの、以前のように末脚をフルに伸ばして勝ち馬キミワクイーンにコンマ4秒差の5着入りを果たしています。

相手関係は前走以上に強くなっていますが、3歳牝馬なので53キロで挑めるのは大きなアドバンテージです。

スプリンターズステークスに向かうのであればここは何がなんでも権利が欲しいため、本気で仕上げてくる可能性もありますし、追い切り次第で馬券に絡めてもいい1頭です。

★評価点
・53キロで挑める
・差しの競馬が得意
・小回り函館において、末脚をフルに活かして上位争いに加わった

▼課題
・相手が大幅に強化されている

セントウルステークス2023追い切り評価

セントウルステークス2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

セントウルステークス2023予想の最終買い目

セントウルステークスの予想(曇りの良馬場想定)

セントウルステークスが開催される日曜日の阪神競馬場界隈は曇りの予報が出ていました。

土曜日は晴れで芝レースは良馬場で行われています。

土曜日の馬場傾向を見た感じ、7レース目の1勝クラス(芝1,600m)の勝ち馬アースクロニクルが1分32秒9の時計で勝利していました。

ただし、ほかのレースを見てみると極端に時計は出していないので、平年よりは時計が出ていないかもしれません。

もっとも、全力を出していない可能性もあるので明日は時計勝負になる可能性もありますが…。

日曜日は夕方から雨マークもついていましたが、レースまでは何とか持ってくれるらしいので、土曜日の傾向を当てはめていいでしょう。

うましるでは曇りの良馬場、やや時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

セントウルステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  8 アグリ

カラヴァッジオ
オールドタイムワルツ
母父War Front
主な勝ち鞍阪急杯(G3) 2023年
前走チェアマンズSP(G1) 5着

本命はアグリにしました。

もともと阪神は【3-0-2-0】と相性抜群ですし、昨年とは比べ物にならないほどの成長性を見せてあっという間に有力スプリンターとなりました。

また、前走のチェアマンズスプリントでは世界でもトップクラスのスプリンター大国である香港馬相手に5着に善戦しているので地力の高さも感じられます。

海外競馬+休み明けが気になりましたが、追い切りを見た感じは十分すぎるほど動けていました。

G2らしくメンバーが揃いましたが、これまで培った競馬を活かしてスプリンターズステークスの扉を開けたいです。

〇対抗 14 スマートクラージュ

ディープインパクト
レジェトウショウ
母父キングヘイロー
主な勝ち鞍淀短距離S(L) 2022年
前走CBC賞(G3) 3着

対抗はスマートクラージュにしました。

近2戦はともに3着に入線して安定感が出てきています。

また、アグリほどではないとはいえ阪神は【4-0-2-2】で結果を残しています。

追い切りもいい動きをしていましたし、このレースと相性のいい8枠を引けたのもポイントが高いです。

データと相性の悪い6歳馬ですがそれ以上の好走要因もあるため、2番手まで押し上げました。

▲単穴 10 ピクシーナイト

モーリス
ピクシーホロウ
母父キングヘイロー
主な勝ち鞍スプリンターズS(G1) 2021年
前走京王杯スプリングC(G2) 8着

ピクシーナイトは単穴にします。

一昨年のセントウルステークスではレシステンシアにタイム差なしの2着入線しています。

また、その後に行われたスプリンターズステークスでも強い競馬を行っていたのでまともな状態なら実力は最上位でした。

不運にも大きな怪我をしてしまいましたが追い切りを見た限りはしっかりと動けていましたし、怪我前の状態を取り戻しているように感じます。

ただし、実際にレースに出走したときにかつてのトラウマ(=怪我)が蘇るかもしれません。

こればかりは全く読めないので強くは狙いませんが、それでも出し切れれば一番ポテンシャルの高い馬だと思うので抑えます。

△連下  6 ビッグシーザー

ビッグアーサー
アンナペレンナ
母父Tale of Ekati
主な勝ち鞍マーガレットS(L) 2023年
前走葵S(G3) 3着

人気のビッグシーザーは連下にします。

もともと同世代相手に強い内容でオープン入りを果たした馬です。

前走の葵ステークスも完璧な立ち回りを見せたモズメイメイにこそ敗れましたが、それでも着差はわずかなので展開次第ではもっと上位を狙えました。

今回はキャリア初の古馬戦、しかも各路線から強い馬がそろったため勝ち負けできるかどうか難しいです。

ただし、データ的にセントウルステークスは1番人気の好走事例が非常に高く、前日の時点でビッグシーザーは1番人気でした。

レース当日もおそらく1番人気に支持されると思うので馬券に絡めます。

△連下 12 ブトンドール

ビッグアーサー
プリンセスロック
母父スウィフトカレント
主な勝ち鞍函館2歳S(G3) 2022年
前走函館スプリントS(G3) 5着

連下に抑えたブトンドールは追い切りが非常によかったです。

もともとは2週間前に行われたキーンランドカップに向かう予定を立てていたので十分仕上がっていたのですが、その時以上に良化していました。

うましるの予想でも唯一S評価した馬で、それほどまでに見栄えしたのです。

ただし、ブトンドールの過去の戦績を振り返ると、洋芝で時計のかかりやすい函館のみ勝利していました。

本質的には高速馬場よりも時計のかかる馬場のほうがブトンドールにあっているのでしょう。

セントウルステークスが開催される日曜日は夕方に雨マークがついていましたが、レース開催時間帯は雨がありませんでした。

開幕週なので高速馬場の可能性も高いですし、適性的にかみ合うかは微妙です。

それでも、追い切りがよかったため抑えることにしました。

単勝

8 アグリ

馬連流し

軸馬:8
相手:6、7、10、12、14

三連複フォーメーション

1頭目:8
2頭目:6、7、10、12、14
3頭目:6、7、10、12、14

以上になります。
セントウルステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)