[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【セントウルステークス2023追い切り評価/全頭診断】穴党必見!下位人気の〝アノ馬〟にトップ評価の「S」

セントウルステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

セントウルステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではセントウルステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

9月5日の馬場状態

美浦
晴れの良馬場でした。
ウッドチップコースは標準的な時計が出ており、ポリトラックコースはいつも通り時計が出ています。

栗東
栗東も晴れの良馬場でした。
坂路は良馬場でしたが意外と時計は出ていません。
ウッドチップコースも坂路と同じく、目だった時計は出ていません。平常時よりも少しかかりがちでした。

目次(読みたい項目をタップ)

セントウルステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

セントウルステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

セントウルステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アグリ

アグリ 9月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.938.412.0馬なり
1週前栗東坂路(良)  50.936.611.9一杯
前走最終海外出走

阪急杯勝ち馬のアグリは栗東坂路コースにて、ケイデンシーマーク(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も手綱を握る横山典弘騎手が追い切りに騎乗し、馬なりで追われて4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒0を記録しています。

1週前が単走で一杯に追われ、4ハロン50秒9という猛時計を出し、思いっきり負荷をかけました。

力強く坂路を駆け上がり、重賞馬らしい脚の使い方ができています。

最終調整は馬なりで軽めに流していますが、若干斜行している場面があるものの、力強い歩様は相変わらずです。

四肢の使い方もよいですし、順調に仕上がっています。

阪神は【3-0-2-0】と相性抜群の舞台ですし、コース適性的にも激走に期待できるでしょう。

ヴァトレニ

ヴァトレニ 9月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.438.811.9馬なり
前走最終札幌芝(良) 65.849.035.311.3馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで調整されました。

長谷川調教師が騎乗して全体時計54秒4-上がり1ハロン11秒9で駆け上がりました。

調教映像がないので動きは分かりません。

しかしながら、時計を見た限りは3ハロン38秒3-2ハロン24秒3-1ハロン11秒9で終いの伸びが見られます。

今年勝利をつかんだ北九短距離ステークスの最終追い切りが栗東の良馬場坂路で4ハロン55秒5-上がり1ハロン12秒1なので、そのときよりも時計が出ていることからも成長性は感じられます。

長谷川調教師曰く「無理をさせずにラスト1ハロンは伸びた」とコメントしているように、仕上がり自体は順調そうでした。

エイシンスポッター

エイシンスポッター 9月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  一杯
1週前栗東坂路(良)  52.337.712.0一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  52.938.112.4強め

最終追い切りは栗東の坂路でコマンダンテ(5歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する角田大河騎手が手綱を握り、僚馬の内から一杯に追われています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

最終的にはコマンダンテに0.4秒先着しましたが、時計は測定不能だったようです。

1週前も坂路で一杯に追われていました。

そのときの時計は4ハロン52秒3-上がり1ハロン12秒0で一杯に追われた割に目立ったタイムではありません。

前脚の動きも固さが見られましたし、全体的にパッとしない内容でした。

最終追い切りも前週に続いて一杯に追われています。

1週前と比較すると前脚の動きがよくなりましたが、若干の斜行も見られているので安定感はありません。

なお、今回は時計が計測不良でしたが併せたコマンダンテが4ハロン52秒7-上がり1ハロン12秒4で走破しているので、概ねこれより0.4秒速いくらいでしょう。

1週前同様一杯に追われた割に時計は目立つものではないので、相手関係が強化される今回勝ち負けは少し厳しいかもしれないです。

ジャングロ

ジャングロ 9月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.437.812.1強め
前走最終栗東坂路(良)  51.137.212.1強め

ニュージーランドトロフィー勝ち馬のジャングロは栗東の坂路コースにて、アドバンスドリーム(4歳2勝クラス)と併せ馬をお紺舞いました。

助手が騎乗し、アドバンスドリームを追走する形で強めに追い、4ハロン52秒4-上がり1ハロン12秒1で走破しました。

僚馬には1馬身先着しています。

四肢の回転の速さが目立っていていい動きを見せています。

少しかかりがちで馬体も細く見えましたが、脚さばきは非常に良かったですし動きも軽快です。

映像はありませんが8月27日には坂路で4ハロン49秒6という猛時計を叩き出しました。

馬体や気性面はマイラーな感じもしますが、2歳時には芝1,200mでウインマーベルに先着している実力馬なので今回好走する可能性も十分あり得ますよ。

スマートクラージュ

スマートクラージュ 9月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.238.511.6馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  52.638.212.2馬なり

善戦マンのスマートクラージュは栗東の坂路コースで最終追い切りを行いました。

レース当日も手綱を握る岩田望来騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追い、4ハロン53秒2-上がり1ハロン11秒6で走破しています。

映像はありませんが、1週前に良馬場坂路で一杯に追われ、4ハロン50秒5-上がり時計11秒6という猛時計を叩き出しました。

1週前に十分負荷をかけたので今回は軽めの調整です。

時計自体は出ていませんが、走りに気持ちは乗っていました。

終い1ハロンは少し苦しそうでしたがそれでも上がり1ハロン11秒6という好時計を叩きだしていて切れのある走りを見せています。

昨年の京成杯や今年の鞍馬ステークスでも負荷をかけたら好タイムを残しているので、出し切れる態勢は整っていました。

6歳馬ですが自身の力は発揮できるでしょう。

ディヴィナシオン

ディヴィナシオン 9月7日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.938.212.1一杯
1週前栗東坂路(良)  51.337.012.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  52.337.612.4一杯

最終追い切りは栗東坂路で単走にて行われました。

助手が騎乗し、馬場の外目から一杯に追われ、4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒1で走破しています。

1週前は団野騎手を背に坂路で追われていました。

このときも一杯に追われていて、4ハロン51秒3の時計を記録しています。

頭が少し高かったのですが、力のある走りが見られました。

最終追い切りも引き続き一杯に追われていました。

映像全体を通して脚さばきは速く、序盤こそ淡々とした走りを見せていましたが、途中から頭から上が動いていて少し嫌がる素振り(?)を見せていたのは気になりました。

一杯に追われていた割には時計も出ていませんし、上位争いは厳しいと思います。

テイエムスパーダ

テイエムスパーダ 9月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.939.412.4馬なり
前走最終栗東坂路(重)  54.639.112.0強め

昨年のCBC賞を制したテイエムスパーダは栗東坂路で単走にて最終追い切りを行いました。

レース当日も手綱を握り富田騎手を背に、馬なりで追われて全体時計53秒9-上がり1ハロン12秒4でゴールしています。

良くも悪くもリラックスした走りを見せています。

9月3日に馬なりで栗東坂路を駆けたときが4ハロン58秒7-上がり1ハロン13秒9なので、そのときと比較すると時計は出ていますが、特別目立つものでありません。

ちなみに、昨年のCBC賞時の最終追い切り時の時計は稍重の栗東坂路で4ハロン53秒4-12秒2でした。

時計自体は今回と差はないものの、昨年CBC賞のときのほうが走りに力がありましたし気持ちも乗っていました。

今回は全く力のある走りを見せておらず、やる気も感じられません。

それでも近走比較では少しずつ良化している感じはしますが、今後はCBC賞の時のような低斤量の恩恵を受けることもないでしょうし、激走は厳しいと思います。

ドルチェモア

ドルチェモア 9月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.937.512.1一杯
1週前栗東CW(良)85.369.753.537.511.5一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  54.739.312.6馬なり

2歳王者のドルチェモアは栗東の坂路コースにて、シャウビンダー(4歳1勝クラス)と併せました。

今回初コンビを組む池添騎手が追い切りにまたがり、僚馬の内から一杯に追われ、4ハロン50秒9-上がり1ハロン12秒1でゴールしました。

シャウビンダーにはアタマ差遅れています。

1週前は栗東のウッドチップコースにて、一杯に追われました。

この時もビューティーウェイ(5歳3勝クラス)と2頭併せを行っています。

1週前追い切りは休み明けの影響もあったのか、どこか固さが見られ、促されてからの反応もいまいちでした。

最終追い切りはそのあたりの改善が見込まれましたが、幸いにも動き自体はそこまで問題ありませんでした。

全体時計50秒9も優秀ですし、2週続けて負荷をかけたことでレースに向けて気持ちは注入されたと思います。

ドルチェモアは今回キャリア初のスプリント戦に出走します。

馬体的には脚が長いのでマイルのほうが合っていると思いますが、初舞台でどこまで健闘できるか注目したいです。

ピクシーナイト

ピクシーナイト 9月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.636.412.0一杯
1週前栗東坂路(良)  50.836.812.2一杯
前走最終栗東CW(良)79.964.650.235.811.1一杯

一昨年のセントウルステークスで2着入りし、続くスプリンターズステークスを制したピクシーナイトは栗東坂路で、ソーダズリング(3歳3勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し馬場の外目から一杯に追われて4ハロン50秒6-上がり1ハロンは12秒0でソーダズリングには半馬身遅れています。

1週間前も栗東坂路で追い切りを行いました。

このときも一杯に追われて50秒8-上がり1ハロン12秒2の時計を記録しています。

2週続けて一杯に追われていますが、最終追い切りのほうが全体時計、上がり1ハロン時計ともに出ていますし、自己ベストも更新しました。

2週続けて時計を出していることから大怪我前の状態を取り戻しつつあるのは間違いないでしょう。

落馬事故で生じたメンタル面のダメージは払拭できているかは分かりませんが、追い切りを見た限りはここでも上位争いできるだけの可能性を秘めているように感じました。

ビッグシーザー

ビッグシーザー 9月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.436.712.1馬なり
1週前栗東CW(良)82.067.052.037.111.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  50.936.512.1強め

期待の新星ビッグシーザーは栗東坂路で最終調整を行いました。

レース当日も騎乗する幸騎手を背に、馬場の外側から馬なりで追われて4ハロン51秒4-上がり1ハロン12秒1でゴールしています。

1週前は栗東のウッドチップでフィオライア(2歳新馬)と併せ馬を行いました。

このときは僚馬の大外から一杯に追われて6ハロン82秒0-上がり1ハロン11秒3の時計でゴールしています。

休み明けも影響したのか、少し走りに集中しておらず、仕掛けられてからのギアチェンジにも時間を要しており、決して良い追い切りではありません。

最終追い切りは軽めに行われましたが、4ハロン51秒4の時計はこの日の坂路の傾向を考えれば優秀で1週前に負荷をかけた結果が反映されていました。

ピッチに利いた走りで坂路を駆けあがった姿は印象に残りましたし、小回りの阪神とも合うでしょう。

ちなみに、2週前に追い切りで併せた全弟のビッグドリームは小倉2歳ステークスで4着に敗れてしまいました。

弟の無念を兄が晴らしたいです。

ブトンドール

ブトンドール 9月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.238.511.5馬なり
前走最終函館芝(稍重) 67.451.437.811.6馬なり

昨年の函館2歳ステークス勝ち馬のブトンドールは栗東坂路にて最終調整を行っています。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン54秒2-上がり1ハロン11秒5で坂路を駆けあがりました。

JRAレーシングビュアーにはラスト15秒くらいの映像しか公開されていませんが、映像を見た限りは力の入ったピッチ走法が見られました。

脚の回転も速いですし、脚さばきも身軽で力とスピードが乗っています。

ブトンドールはもともと2週前に開催されたキーンランドカップに向けて調整されていましたが競走除外になったためセントウルステークスに照準を定めました。

すでに仕上がっている状態にあるため軽めの追い切りでしたが、それでもパワーやスピードを兼ねそろえた走りは映えました。

相手関係こそ強化されていますが、ブトンドールにとってベスト距離は間違いなく芝の1,200mです。

メンバー最軽量となる53キロで挑めるのも心強いですね。

開幕週で時計の出やすい阪神の馬場に合うかは分かりませんが、台風の影響で馬場が占めるようでしたら大穴を開けるかもしれません。

出走馬の中で一番よい動きを見せていました。

ボンボヤージ

ボンボヤージ 9月7日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.536.512.4馬なり
前走最終栗東PT(良)  52.635.811.5馬なり

最終追い切りは栗東坂路コースにて、単走にて行われました。

助手が騎乗し、馬場の真ん中から追われて4ハロン50秒5-上がり1ハロン12秒4で走破しています。

もともとはポリトラックで追い切りを行う予定だったそうですが、ゴネたため坂路に切り替えたようです。

序盤から終盤にかけて力強い走りができていましたし、脚の回転も速かったです。

そしてなによりも時計50秒5という自己ベストを記録したのが大きく、前走以上に上積みが感じられました。

相手関係はこれまで以上に手ごわいですが、かつて16番人気の低評価を覆す走りを見せた馬ですし、全く侮れません。

モリノドリーム

モリノドリーム 9月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南ポリ(良) 68.052.839.311.6馬なり
1週前美浦南W(良)85.468.553.138.212.1馬なり
前走最終函館W(重) 66.252.839.312.5馬なり

条件戦上がりのモリノドリームは美浦のポリトラックコースで最終追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬場の外側から馬なりで追われ、5ハロン68秒0-上がり1ハロン11秒6で走破しています。

1週前は美浦のウッドチップコースにてローズパンラズナ(2歳新馬)と2頭併せを行いました。

僚馬の内から追走する形で追い、6ハロン85秒4-上がり1ハロン12秒1でした。

序盤から積極的に動けていましたしスピード感のある走りを見せていました。

3ハロン38秒2から上がり1ハロン12秒1の終い時計を出して併入できたのも良かったです。

最終追い切りを見ても時計は出ていますが、もともと高速馬場のポリトラックのものなのでそこまで過大評価しないほうがいいです。

しかしながら、3ハロン39秒3から1ハロン11秒6と、後半の末脚は相変わらず健在です。

頭は少し高いものの気持ちよさそうに走れていましたし、順調に仕上がっていました。

レジェーロ

レジェーロ 9月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.538.312.0強め
前走最終栗東坂路(重)  58.340.912.8馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで、ポルテーニャ(4歳1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する藤岡康太騎手が手綱を握り、僚馬を追走する形で強めに追われ、全体時計53秒5-上がり1ハロン12秒0でゴールしています。

レジェ―ロらしい淡々とした走りは健在でしたし、ポルテーニャを追い越してからはグンと加速したのも好印象でした。

ちなみに、うましるでS評価を付けたアイビスサマーダッシュ時の坂路時計が馬なりで4ハロン55秒1-上がり1ハロン11秒9でした。

今回は強めだったとはいえ全体時計はそのときよりも2秒近く出ています。

小柄な牝馬ですでに夏を2回使っていますが、疲れは感じさせませんし、アイビスサマーダッシュ時よりも時計を出していることからも良化している感じはしました。

上位争いできるかは置いといて、近走の中で一番よい状態をキープできていると思います。

ロンドンプラン

ロンドンプラン 9月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.538.412.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.540.012.6馬なり

昨年の小倉2歳ステークスの勝ち馬ロンドンプランは栗東坂路で最終追い切りを行いました。

今回初コンビを組む吉田隼人騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われて全体時計53秒5-上がり1ハロン12秒6で駆け抜けました。

身体全体を大きく使った走りは相変わらず健在で、きびきびとした動きもよく、ロンドンプランらしい走りができています。

前走北九州記念の時の最終追い切り時計が4ハロン54秒5-上がり1ハロン12秒6なので、そのときより全体時計は1秒も更新しているのも好材料です。

北九州記念が3か月ぶりの休み明けだったので、一回使って上積みしている感じが伝わりました。

テン乗りの吉田隼人騎手がどこまでロンドンプランの力を引き出せるかは分かりませんが、追い切り自体はよかったです。

セントウルステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!
当たる競馬マガジン

ライン登録するとセントウルステークス(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

セントウルステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ブトンドール
アグリ
スマートクラージュ
ピクシーナイト
ビッグシーザー
ボンボヤージ
レジェーロ
ヴァトレニ
ジャングロ
ドルチェモア
モリノドリーム
ロンドンプラン
エイシンスポッター
ディヴィナシオン
テイエムスパーダ
 

セントウルステークス2023追い切り映像

セントウルステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 セントウルステークス|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2023年 セントウルステークス|JRA公式

セントウルステークス2023の最終予想

セントウルステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)