[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ローズステークス2023予想】本命馬3頭+三連系で狙いたい〝穴馬2頭〟はこちら!

ローズステークス2023予想記事のサムネイル画像

ローズステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

ローズステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

ローズステークス2023の予想ポイント

  • 高配当に期待できるレース
  • 勝ち馬はクラシック組、相手候補は夏の上がり馬が優勢
  • ディープ孫も結果を残している
  • 極端な枠順の影響はない
  • 1着予想は前走G1組or前走1勝クラスから

うましるの管理人です!

先週開催されたレースの中で予想が的中したレースがあったので報告します!

紫苑ステークス

着順予想結果人気
1着連下2番 モリアーナ4番人気
2着本命3番 ヒップホップソウル1番人気
3着無印13番 シランケド9番人気

馬連11.9倍を的中!

京成杯オータムハンデキャップ

着順予想結果人気
1着連下2番 ソウルラッシュ2番人気
2着本命10番 ウイングレイテスト5番人気
3着連下3番 ミスニューヨーク8番人気

馬連22.6倍!
三連複92.6倍を的中!!!

今月は3重賞の内、2つを的中することができました\(^o^)

セントウルステークスは逃げて勝利したテイエムスパーダがいなければ単勝・馬連的中だったのですが、富田騎手の渾身の騎乗には参りましたm(–)m

それでも、秋開催初週を上々の滑り出しで的中出来たので個人的に満足しています(^-^)

今週はローズステークスとセントライト記念といった最後の一冠をかけた前哨戦が行われます。
また、土曜日には障害重賞の阪神ジャンプステークスも開催されます!

うましるではこの3つの重賞のデータをまとめました。
今週も皆さんの馬券に貢献できるよう、少しでも情報収集します!

ここからはローズステークスの予想をみていきましょう!

目次(読みたい項目をタップ)

ローズステークス2023の概要

ローズステークスは阪神競馬場で開催される3歳牝馬限定重賞です。

秋華賞トライアルに指定されているローズステークスは3着内に入線した馬に秋華賞への優先出走権が与えられます。

前週行われた紫苑ステークスと全く同じ役割を持ちますが、あちらが中山の芝2,000mなのに対し、ローズステークスは阪神の芝1,800mで行われます。

秋華賞が京都の芝2,000mの舞台を考えると距離適性は紫苑ステークスのほうが試しやすいですし、地域的にはローズステークスのほうがフィットしやすく上手くバランスが取れていると思います。

また、ローズステークスには春の実績馬だけではなく夏の上がり馬の参戦も顕著に見られます。

「夏の上がり馬」とは夏競馬の時期に賞金加算した馬を指します。

今年はオークスや桜花賞で結果を残した馬の多くが秋華賞への直行を選択したため、夏の上がり馬の割合が多くなりました。

春のクラシック組が結果を残すのか、それとも夏の上がり馬が最後の一冠の切符を手にするのか。

結果が待ち遠しいですね!

うましるでは中京で代替開催された2020~2022年度のデータを含めた過去10開催からデータをまとめました。

2022年 ローズステークス(GⅡ) | アートハウス | JRA公式

ローズステークス2023の開催内容

開催日9月17日(日曜) 15:35発走
格付けG2
開催競馬場阪神競馬場 11R
コース芝1,800m
性齢3歳牝馬
斤量馬齢
1着賞金5200万円

ローズステークス2023が開催される阪神の芝1,800mの特徴

阪神競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面2コーナー奥ポケット
コース右回りの外回り
Aコース使用
1周の距離2,089m
直線距離473.6m
高低差2.4m
フルゲート18頭

スタート地点は2コーナーの出口付近で芝1,400mと全く同じです。

ただし、芝1,400mが内回りを走るのに対し、芝1,800mでは外回りを使用します。

スタートから最初の3コーナーまでの距離は約665mもあるため、誰かが暴走気味に飛ばさない限りはゆったりとした流れになります。

阪神の3~4コーナーは非常に大きな造りをしているのでそこそこスピードを上げても立ち回ることができます。

また、4コーナー終盤から直線にかけて下り傾斜になるうえこのあたりにラスト3ハロン標識が立っているためほとんどの馬はここでペースを引き上げます。

最後の直線は約474mで非常に長いです。

各馬はトップスピードを活かしながらゴールを目指しますが、残り200mを切ったあたりに阪神名物の急な上り坂(勾配1.8m)があります。

坂を駆け上がった先にゴール板が立っています。

阪神の芝1,800mは上がり3ハロン勝負になりやすい舞台です。

序盤はスローでじっくり末脚を溜めつつ、残り3ハロンで一気にペースアップしやすいので、末脚に長けた馬が結果を残しています。

脚質的には差しや追い込み馬も活躍しやすい舞台となっていて、スピードに長けた馬が活躍していますよ。

阪神の芝1,800mはここをチェック!

  • ワンターンの外回りコースを使用
  • カーブが苦手な馬でも立ち回れる
  • 末脚勝負になりやすい
  • 差しや追い込み馬が活躍しやすい
  • 関西騎手が好調

ローズステークス2023の出走馬

【参考レース】2023年 ローズステークス|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1フォーチュンコード牝354.0秋山真一郎
2ソーダズリング牝354.0武豊
3レミージュ牝354.0和田竜二
4アリスヴェリテ牝354.0藤岡康太
5ブレイディヴェーグ牝354.0C.ルメール
6ラファドゥラ牝354.0木幡巧也
7ラヴェル牝354.0坂井瑠星
8ユリーシャ牝354.0菱田裕二
9アンリーロード牝354.0吉田隼人
10マラキナイア牝354.0川田将雅
11ココナッツブラウン牝354.0横山武史
12マスクトディーヴァ牝354.0岩田望来
13リサリサ牝354.0浜中俊
14コンクシェル牝354.0J.モレイラ
15ブライトジュエリー牝354.0鮫島克駿
16トリオンファルマン牝354.0池添謙一
17セーヌドゥレーヴ牝354.0セーヌドゥレーヴ

ローズステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
18アートハウス1オークス(G1)7
26サリエラ21勝クラス1
39エグランタイン71勝クラス1
2021
112アンドヴァラナウト4出雲崎特別(1勝)1
210エイシンヒテン12藻岩山特別(2勝)4
314アールドウィーヴル1オークス(G1)5
2020
11リアアメリア3オークス(G1)4
213ムジカ111勝クラス2
38オーマイダーリン141勝クラス1
2019
14ダノンファンタジー1オークス(G1)5
211ビーチサンバ6オークス(G1)15
38ウィクトーリア2オークス(G1)4
2018
113カンタービレ5オークス(G1)13
25サラキア2青島特別(500万)1
34ラテュロス13HTB賞(1000万)4
2017
114ラビットラン8500万1
216カワキタエンカ6三面川特別(1000万)2
36リスグラシュー3オークス(G1)5
2016
17シンハライト1オークス(G1)1
21クロコスミア11フローラS(G2)14
33カイザーバル6道新スポーツ賞(1000万)6
2015
115タッチングスピーチ7500万1
28ミッキークイーン1オークス(G1)1
313トーセンビクトリー2西部スポニチ賞(1000万)1
2014
16ヌーヴォレコルト2オークス(G1)1
23タガノエトワール15未勝利1
316リラヴァティ9西海賞(1000万)4
2013
11デニムアンドルビー1オークス(G1)3
215シャトーブランシュ9鳥栖特別(500万)1
32ウリウリ10500万1
※2020~2022年は中京開催

【配当】馬連万馬券が4度も出ていた

年度単勝馬連三連複三連単
2022270円900円5,360円17,780円
2021580円15,130円16,010円117,100円
2020510円29,960円211,480円1,139,000円
2019220円1,600円2,250円10,700円
2018930円2,530円50,880円222,880円
20172,640円21,390円33,260円331,090円
2016160円7,430円24,210円105,940円
20151,220円1,760円3,670円25,340円
2014250円21,060円172,890円759,650円
2013380円7,840円47,410円269,150円
平均配当716円10,960円56,742円299,863円

過去10年のローズステークスの平均配当を見てみると、三連単は過去10年すべて万馬券で決着しています。

また、馬連も過去4開催で万馬券が出ており、平均配当も1万円を超えていました。

対して、単勝が1,000円を超えたのは過去2回のみでそれ以外の年は1,000円以下で決着づいています。

前週に行われた紫苑ステークスと比較しても、ローズステークスは波乱決着が強いレースとなっていますが特に2.3着に穴馬が絡むことが多いです。

馬連や三連単など、2頭以上の馬を選択する券種において高配当に期待できるでしょう。

【春組VS夏組】春組のほうが優勢

前走月成績単勝率連対率複勝率
春組(3~5月)【7-3-3-54】10.4%14.9%19.4%
夏組(6~9月)【3-7-7-78】3.2%10.5%17.9%

過去10年のローズステークスの好走馬を前走5月以前のレースだった春組と6月以降の夏組でまとめました。

馬券に絡んだ7頭が前走5月以前の春のレースを使われています。

また、連対率や複勝率においても春組のほうが好走していました。

ただし、2,3着に入った馬に関しては春組が6頭に対して夏組は14頭も絡んでいます。

実際に春組が3着内を独占した年は2019年度のみで、それ以外の年は毎年1頭以上夏組が絡んでいました。

もっとも、夏組が上位を独占した年は過去10年でありません。

ローズステークスは好走率だけ見ると春のクラシック組が強いですが、夏の上がり馬も高確率で馬券に絡んでいます。

うましる的には勝ち馬は春組、相手候補は夏組を絡めるのがよいと思いました。

【血統】ディープインパクト産駒は孫も走る

血統父の父成績単勝率連対率複勝率
ディープインパクトサンデーサイレンス【6-4-3-27】15.0%25.0%32.5%
ハーツクライサンデーサイレンス【1-0-1-11】7.7%7.7%15.4%
エピファネイアシンボリクリスエス【0-1-0-4】0.0%20.0%20.0%
エイシンヒカリディープインパクト【0-1-0-0】0.0%100.0%100.0%
キズナディープインパクト【0-0-1-6】0.0%0.0%14.3%
ダイワメジャーサンデーサイレンス【0-0-0-8】0.0%0.0%0.0%
ルーラーシップキングカメハメハ【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%
ドゥラメンテキングカメハメハ【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
スピルバーグディープインパクト【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
キタサンブラックブラックタイド【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
ジャスタウェイハーツクライ【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
ロードカナロアキングカメハメハ【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%

過去10年のローズステークスで馬券に絡んだ13頭がディープインパクト産駒の馬でした。

ディープインパクト産駒は過去10開催の内の9開催で馬券に絡んでいるように、このレースと相性がよいです。

ところが、ディープインパクトは2019年に死去したため今年は産駒の出走がありません。

しかしながら、ディープインパクトの血を引いたエイシンヒカリ産駒のエイシンヒテンが2019年のローズステークスで2着入り、同じくディープインパクトを父に持つキズナ産駒のエグランタインが2022年に3着入りしていました。

ディープインパクトの孫にあたる馬も結果を残しているので今後もディープインパクトの血を引く馬の活躍に期待できるでしょう。

今年の出走馬でディープインパクトの孫は7頭いました。(かっこ内は父の名前)

アリスヴェリテ(キズナ)
アンリーロード(リアルスティール)
コンクシェル(キズナ)
トリオンファルマン(キズナ)
フォーチュンコード(スピルバーグ)
ユリーシャ(グレーターロンドン)
レミージュ(キズナ)

ローズステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでローズステークス(G2)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ローズステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-1-1-4】40.0%50.0%60.0%
2番人気【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
3番人気【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
4~6番人気【2-2-1-25】6.7%13.3%16.7%
7~9番人気【2-1-2-25】6.7%10.0%16.7%
10番人気以下【0-4-3-65】0.0%5.6%9.7%

上位人気の信頼度はまずまず

過去10年のローズステークスの好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は【4-1-1-4】で単勝率こそ高めですが、複勝率はそこそこです。

2番人気は【1-2-2-5】で勝ち馬こそ2014年のヌーヴォレコルト1頭だけですが、馬券には5頭が絡んでいます。

上位人気は抜けて好走しているわけではありませんが決して低水準というわけでもありませんでした。

人気落ちの大半は夏の上がり馬

過去10年のローズステークスで7番人気以下の馬は12頭も馬券に絡んでいます。

このうち、2016年のクロコスミアを除いた11頭は7~9月に1戦以上レースを使われています。

また、11頭のうちの7頭が前走レースを勝利していました。

ローズステークスは人気落ちの馬がたびたび台頭していますが、そのほとんどが夏の上がり馬だったのです。

今年の出走馬で7~9月のレースを勝利した馬は6頭いました。

・ココナッツブラウン
・コンクシェル
・セーヌドゥレーヴ
・フォーチュンコード
・ブライトジュエリー
・ラファドゥラ

ローズステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-1-1-12】12.5%18.8%25.0%
2枠【0-1-1-16】0.0%5.6%11.1%
3枠【1-1-2-15】5.3%10.5%21.1%
4枠【2-2-1-14】10.5%21.1%26.3%
5枠【1-1-0-18】5.0%10.0%10.0%
6枠【1-0-2-17】5.0%5.0%15.0%
7枠【2-2-2-18】8.3%16.7%25.0%
8枠【1-2-1-22】3.8%11.5%15.4%

大きな差はない

過去10年のローズステークスの好走馬を枠順別にまとめました。

1枠と4枠がそれぞれ2勝ずつ挙げているので内枠有利に感じますが、複勝率に関しては7枠も結果を残していました。

また、2枠は複勝率がわずか11%なので、内が絶対有利というわけではありません。

ローズステークスの舞台となる阪神芝1,800mは最初のコーナーまで3ハロン近く走るため、極端な枠順の影響はないレースです。

ローズステークスの過去10年の前走クラス別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【7-2-3-47】11.9%15.3%20.3%
G2【0-1-0-3】0.0%25.0%25.0%
G3【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
OP(L)【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
3勝(1600万)【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
2勝(1000万)【0-2-4-25】0.0%6.5%13.8%
1勝(500万)【3-4-3-39】6.1%8.7%7.1%
未勝利【0-1-0-4】0.0%20.0%0.0%
海外・地方【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%

前走G1組が強い

過去10年のローズステークスの勝ち馬7頭、3着内12頭が前走G1レースを使われていました。

ローズステークスはクラシック組と夏の上がり馬がぶつかるレースですが、過去に強い相手としのぎを削った春のクラシック組が優勢でした。

今年の出走馬で前走がG1だった馬は3頭います。

ラヴェル(前走オークス/4着)
ソーダズリング(前走オークス/8着)
レミージュ(前走オークス/10着)

前走2勝クラスよりも1勝クラスが勝ち切っている

過去10年のローズステークスで前走がクラス戦だった馬は16頭馬券に絡んでいます。

このうち、勝ち馬3頭と3着内7頭が前走1勝クラスを使われていました。

対して、前走が2勝クラスだった馬は【0-2-4-25】で勝ち馬は1頭もいません。

また、出走数こそ少ないですが前走3勝クラスの馬も【0-0-0-2】で1頭も馬券に絡んでいませんでした。

夏の上がり馬を予想する際は2&3勝クラスの馬よりも1勝クラスの馬を評価するのがよいでしょう。

今年の出走馬で前走が2&3勝クラスだった馬は4頭いました。

コンクシェル
(前走不知火特別【2勝】/1着)

マラキナイア
(前走八ヶ岳特別【2勝】/2勝)

ユリーシャ
(前走長岡ステークス【3勝】/10着)

リサリサ
(前走新潟日報賞【3勝】/3着)

ローズステークス2023の有力馬3頭

秋華賞トライアルのローズステークスは最後の牝馬一冠をかけて、春のクラシック組から夏の上がり馬まで多数参戦していますが、今年は後者の割合がかなり多いです。

今年の出走登録馬で上位人気に支持されそうな有力馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ブレイディヴェーグ

主な勝ち鞍

・3歳以上1勝クラス 2023年

今年の注目馬はブレイディヴェーグです。

新馬戦こそ2着でその後は不運にも骨折してしまいました。

しかしながら、怪我明け初戦となった2月の未勝利戦では2着馬に6馬身差をつける圧勝劇で、前走の1勝クラスでも1分57秒9という好タイムで2着馬に3馬身半差をつけて楽勝しました。

骨折明けとは思えないほどのパフォーマンスを見せており、もしも怪我がなければ春のクラシックにも出走できていたかもしれません。

不運にも春の二冠には出走できませんでしたが、なんとか最後の一冠には間に合いました。

重賞は初めてとなりますが、まずはここで権利を獲得したいです。

★評価点
・近2戦が強い内容
・近2戦の時計も優秀
・素質の高い馬
・ルメール騎手が騎乗

▼課題
・初の重賞
・初の右回り

ソーダズリング

主な勝ち鞍

・3歳未勝利 2023年

春のクラシック組からはソーダズリングに注目したいです。

兄姉に重賞馬のマジックキャッスルやソーヴァリアントがいる良血馬で、デビュー前から注目されていました。

フローラステークスで2着に入線したのち挑んだオークスではスタート直後に他馬に接触するアクシデントがあり、思うような競馬ができませんでした。

苦しい内容となりましたが大きく崩れたのはこの1戦のみで、それ以外のレースでは安定した走りを見せています。

阪神の芝1,800mも【1-1-0-0】で2戦2連対の得意舞台ですし、問題なく仕上がっていればここでも上位争いできるでしょう。

★評価点
・良血馬
・安定した走りを見せている
・阪神芝1,800mが得意
・データと相性のいい前走G1組

▼課題
・特にありません

ラヴェル

主な勝ち鞍

・アルテミスS (G3) 2022年

ラヴェルといったら昨年のアルテミスステークスで世代最強牝馬であるリバティアイランドに唯一土を付けた馬としても有名です。

このレースではラヴェルが完璧に立ち回ったのに対し、リバティアイランドは位置取りと抜け出しに相当苦労していたのでリバティアイランドに不利がなければ勝てなかった可能性もありますが、過程はともあれ唯一勝ったのは紛れもない事実でした。

阪神JFと桜花賞では結果を残せませんでしたが、前走のオークスでは10番人気の低評価を逆手に取った先行競馬で4着入りしています。

ここでもリバティアイランドには完敗でしたが、2.3着に入線したハーパーやドゥーラにはコンマ1秒差まで詰め寄っており、力のある競馬を見せました。

阪神は得意ではないものの、かみ合った時の末脚は世代でも上位だと思いますし、現時点では強く印を打ちたい1頭です。

★評価点
・リバティアイランドに先着した馬
・末脚勝負が得意だが先行でも上位争いした
・データと相性のいいオークス組

▼課題
・阪神では2戦2敗。ただしどちらもG1で相手が強かった
・オークスと違ってマークされるかもしれない

ローズステークス2023の穴馬2頭

ローズステークスは下位人気の台頭もたびたび目立ちます。

今年の出走登録馬で激走に期待できそうな穴馬を2頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

マラキナイア

主な勝ち鞍

・3歳1勝クラス 2023年

一時は春のクラシック路線にも顔を出しつつありましたが、結果的には条件戦を選択しました。

前走の八ヶ岳特別は中団から競馬を行いましたが直線で前が詰まったため出し抜くのにロスが生じました。

そのなかでも勝ち馬ヴェールランスにコンマ2秒まで詰め寄っているので進路どりがスムーズだったらもっと接戦になっていたでしょう。

また、2走前の1勝クラスでも中団から上がり最速34秒0の末脚で勝利しています。

この時の阪神は高速馬場でしたが、それでも勝ち時計1分32秒7は優秀でした。

時計だけ見ても光るものを持っていますし、人気を落とすようでしたら穴馬としても有力だと思います。

★評価点
・2走前の時計が優秀
・前走は不利がなければ勝っていたかもしれない
・2戦2勝の川田騎手が騎乗

▼課題
・芝1,800mはキャリア初

フォーチュンコード

主な勝ち鞍

・3歳以上1勝クラス 2023年

フォーチュンコードは騎手視点で取り上げました。

今回フォーチュンコードに騎乗する秋山真一郎騎手は過去10年のローズステークスで【0-1-1-2】で、2回馬券に絡んでいました。

複勝率は50%で、全騎手の中でもトップクラスの成績だったのです。

しかも、馬券に絡んだ2018年のラテュロスは13番人気で2020年のムジカに至っては14番人気でした。

ともに穴馬を持ってきている騎手なのです。

また、フォーチュンコードも馬券に絡んだ3戦はすべて10番人気以下でした。

今回も間違いなく人気を落とすと思うので、人馬ともに穴候補として面白そうです。

★評価点
・穴馬として活躍している
・秋山騎手がローズステークスと相性がいい
・データと相性のいいディープインパクトの孫

▼課題
・初の重賞
・相手関係の強化

ローズステークス2023追い切り評価

ローズステークス2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

ローズステークス2023予想の最終買い目

ローズステークスの予想(晴れの良馬場想定)

ローズステークスが開催される日曜日の阪神競馬場界隈は晴れの予報が出ていました。

阪神競馬場のある兵庫県宝塚市は週末、晴れで気温も高いです。

土曜日もすべての芝レースが良馬場で行われていましたが、時計を見てみると、4レースの1勝クラス(芝1,600m)で勝ち馬マイネルラッシュが1分32秒2の時計を出しています。

メインレースのケフィウスステークス(芝2,000mのオープン)でも勝ち馬エピファニーが1分57秒2という好タイムを出しました。

どちらも平均以上に時計が出ているので高速馬場です。

日曜日も晴れなので引き続きこの傾向は続くでしょう。

うましるでは晴れの良馬場、高速馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

ローズステークス(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  1 フォーチュンコード

スピルバーグ
シークレットコード
母父Fusaichi Pegasus
主な勝ち鞍3歳以上1勝クラス 2023年
前走3歳以上1勝クラス 1着

本命はフォーチュンコードにしました。

その理由は、騎乗する秋山真一郎騎手がローズステークスと相性がよいからです。

週の初めにも取り上げたのですが、秋山騎手は過去10年のローズステークスで【0-1-1-2】の成績を残しています。

しかも、馬券に絡んだ2頭はどちらも10番人気以下の馬でした。

人気落ちでも馬券内にもってきている実力は高く評価できます。

フォーチュンコード自身も近2戦は人気を落としながら連勝しています。

データ的にもディープインパクトの孫、前走クラス戦を勝利、前走1勝クラスなど、好走ポイントが多いです。

今回はそこまで人気しないと思いますが、追い切りでもいい動きをしていましたしここは勝負してみます。

〇対抗  2 ソーダズリング

ハーツクライ
ソーマジック
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍3歳未勝利 2023年
前走オークス(G1) 8着

対抗はソーダズリングにしました。

これまで4戦走って【1-2-0-1】の安定した成績を残していますし、前走のオークスはスタート直後の不利もあったのでそこまで悲観しなくてよいです。

血統的にも重賞馬のソーヴァリアントやマジックキャッスルがいますし、ポテンシャルも今回のメンバーの中は上位間違いないです。

データと相性のいいオークス組というのもポイントが高いですね。

フローラステークスで賞金を加算しているのでここは叩きの一戦の可能性もありますが、上位争いに加わってきてもおかしくないので抑えることにしました。

▲単穴 10 マラキナイア

ジャスタウェイ
カウアイレーン
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍3歳1勝クラス 2023年
前走八ヶ岳特別(2勝クラス) 2着

単穴はマラキナイアにします。

評価したいのが2走前の1勝クラスで、阪神マイルでは珍しいハイペースとなりましたが、上がり最速34秒0の末脚を使って勝利をつかんでいます。

上がり時計は特別目立つものではありませんでしたが、勝ち時計1分32秒7は優秀で、これだけ走ることができればこの世代でも十分闘えるでしょう。

前走は2着でしたが直線で前が詰まったのもありますし、スムーズにレース運びができていたらもう少し差は縮まっていました。

また、今回騎乗する川田騎手は秋華賞でリバティアイランドに騎乗するので多少無理してでも勝ち負けを狙ってくると思います。

条件戦上がりの馬なので人気は落とすと思いますが、上位争いも十分可能だと思います。

△連下  5 ブレイディヴェーグ

ロードカナロア
インナーアージ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍3歳以上1勝クラス 2023年
前走3歳以上1勝クラス 1着

人気のブレイディヴェーグは相手候補にします。

デビュー戦を走ったのち若くして骨折の不幸に見舞われましたが、怪我明けの2戦は非常に強いパフォーマンスを発揮しました。

特に前走は軽く促しただけでぐいぐいと加速し、2着馬に3馬身半突き放しての完勝で、レベルの高さがうかがえます。

近2戦の内容を見れば上位人気もうなずけますし、早めに栗東滞在しているようにここでの好走に燃えているのは火を見るより明らかです。

ただ、今回はほかにも面白そうな馬がいたため相手にしました。

△連下  7 ラヴェル

キタサンブラック
サンブルエミューズ
母父ダイワメジャー
主な勝ち鞍アルテミスS(G3) 2022年
前走オークス(G1) 4着

オークスで4着のラヴェルも抑えます。

ラヴェルのベストバウトはデビュー2戦目に挑んだアルテミスステークスで、現在最強牝馬として君臨しているリバティアイランドに唯一先着しました。

もっとも、このときはリバティアイランドが馬群の中から抜け出すのに苦労していたため、相手の不利がなければ着順は変わっていたでしょう。

それでも最後方から上がり最速33秒0の末脚で勝利したことは高く評価できます。

前走のオークスでは一転して先行競馬で4着入りしているように、前でも後ろでも競馬できるので展開に左右されても自身の競馬を発揮できるのも強みです。 数少ないオークス組ですし、上位争いも狙える器です。

△連下 14 コンクシェル

キズナ
ザナ
母父Galileo
主な勝ち鞍不知火特別(2勝クラス) 2023年
前走不知火特別(2勝クラス) 1着

コンクシェルも連下にしました。

前走の不知火ステークスは序盤から逃げの手を打ち、古馬相手に5馬身差で勝利し、視覚的にも強い競馬でした。

そのまえの鞍ケ池特別(中京芝1,600m)も逃げて5馬身差の圧勝でした。

このときの持ち時計1分32秒3は相当優秀ですし、同週に行われた中京記念を上回るタイムを記録したという点でも評価できます。

かつて日本競馬を風靡したモレイラ騎手が騎乗するのも不気味です。

ここでも人気の一角ですが、最終追い切りが意外に目立たなかったのは気になりました。

秋華賞を目標に、ここメイチで仕上げている馬が多数いたなかで、コンクシェルの動きはまずまずといったところに感じたので相手までにしておきます。

△連下  3 レミージュ

キズナ
バイコースタル
母父Gone West
主な勝ち鞍エリカ賞(1勝クラス) 2022年
前走オークス(G1) 10着

もう一頭、レミージュも抑えることにしました。

近3戦は目立ったところがないものの、前走のオークスはスタート直後に隣の馬にぶつかってペースが乱れました。

そのまえの桜花賞もスタートで後れを取っています。

敗因は明白なので、この辺りがクリアできればもっと上位争いも可能でしょう。

今回は内枠を引くことができたのでゲートをうまくでることができれば前のほうで競馬すると思います。

春の時期は幼い部分も見られましたが、追い切りを見た限りは成長性を感じました。

データと相性のいいオークス組という点も評価したいです。

今回テン乗りで騎乗する和田騎手は過去10年のローズステークスでラビットランやオーマイダーリンといった人気落ちを馬券に持ってきていますし騎手目線でも注目したいです。

単勝

1 フォーチュンコード

馬連流し

軸馬:1
相手:2、3、5、7、10、14

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:2、3、5、7、10、14
3頭目:2、3、5、7、10、14

以上になります。
ローズステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)