[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【富士ステークス2023追い切り評価/全頭診断】重賞初挑戦の〝アノ馬〟に最高評価「S」

富士ステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

富士ステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では富士ステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

10月18日の馬場状態

美浦
坂路、ウッドチップコースともに良馬場でした。
ウッドチップコースは時計を出す馬は出しており、坂路は統計が少ないものの、オープン以来さほど時計は目立たずでした。

栗東
美浦と同じく坂路、ウッドチップコースともに良馬場です。
ウッドチップコースは美浦とほぼ同じで時計を出す馬は出していました。
坂路は平均よりはなんとなく時計はかかっている印象があり、2重賞で坂路調教した馬で飛びぬけて好タイムを残した馬はいませんでした。

目次(読みたい項目をタップ)

富士ステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

富士ステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

富士ステークス(G2)菊花賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

イルーシヴパンサー

イルーシヴパンサー 10月18日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)81.465.250.737.311.8馬なり
前走最終美浦南W(稍重)80.965.550.936.911.5馬なり

今年の京都金杯を制したイルーシヴパンサーは美浦のウッドチップコースにて、グランオフィシエ(5歳オープン)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン81秒4-上がり1ハロンは11秒8で駆け抜けています。

6月に行われた安田記念以来となるレースでしたが、安田記念の時と時計を比較してみると、若干時計は落ちています。

特に、イルーシヴパンサーは末脚に定評のある馬なので終い時計が11秒台後半というのは少し気になりました。

しかしながら、4ハロン50秒7-1ハロン11秒8で走破していて休み明けにしては好タイムを残しています。

調教映像を見ても長い身体を駆使した走りで僚馬にぐいぐい接近し、直線で手前を替えてからはキレのある走りを見せていて、イルーシヴパンサーの走りができていました。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

ちなみにイルーシヴパンサーが初重賞を手にした昨年の東京新聞杯における最終追い切りの時計が美浦のウッドチップ(良・馬なり)で6ハロン83秒2-4ハロン51秒7-1ハロン11秒7なので、そのときよりもパフォーマンスは上げています。

展開が味方すれば、ここでも高いパフォーマンスで競馬できそうです。

エターナルタイム

エターナルタイム 10月18日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)81.866.952.137.711.1馬なり
前走最終美浦南W(良) 65.851.236.811.1強め

条件戦上がりのエターナルタイムは美浦のウッドチップコースにて、ハッスルダンク(3歳2勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中あたりから馬なりで追われ、6ハロン81秒8-上がり1ハロン11秒1で僚馬に3馬身差先着しています。

馬場の真ん中を走っていたとはいえ、全体時計や上がり時計は優秀ですし、直線で手前を替えてからは豪快な走りを見せていました。

もともと追い切りではいい脚を使っていて、前走多摩川ステークスのときの追い切りでもキレのある走りを見せていましたが、前回が強めで上がり1ハロン11秒1で、今回は馬なりで同タイムを記録しているので今回のほうが良化しているように感じます。

エターナルタイムはもともと夏の関屋記念に出走予定でしたが、思うように状態が上がらず出走を取りやめました。

そのため、6月半ばに挑んだ多摩川ステークス以来、約4か月ぶりのレースとなりますが、追い切りを見た限りは休み明けを感じさせないほどいい動きができていました。

初重賞で相手はかなりそろいましたが、エターナルタイムも東京で4勝していてコース適性は高いです。

相手は強力ですが、マイルチャンピオンシップを目指すのであればここはメイチで挑んでくると思いますし、ルメール騎手を確保していることからも勝負気配が感じられました。

キラーアビリティ

キラーアビリティ 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦97.166.252.538.412.6強め
1週前栗東CW(重)86.770.354.939.512.9馬なり
前走最終栗東CW(良) 68.952.336.611.4一杯

キャリア初のマイル挑戦となるキラーアビリティは栗東のウッドチップコースにて、スマイルスルー(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

団野大成騎手騎乗(レースでは横山武史騎手が騎乗)のもと、馬場の外側から僚馬を2.0秒追走する形で一杯に追われ、7ハロン97秒1-上がり1ハロン12秒6で僚馬に2~3馬身先着しています。

1週前もウッドチップで追い切りを行いました。

このときは馬なりで追われて6ハロン86秒7-上がり1ハロン12秒9で軽めに流しています。

休みを挟んで身体つきがマイラーっぽくなったことからマイルに挑んでいますが、追い切り時計を見た限りは全体重視の内容でした。

直線で強めに追われていましたが、前走の新潟大賞典の時やその前の大阪杯の時に比べたら終い時計は出ていません。

長く脚を使う意味では決しては悪くない内容でしたが、キラーアビリティはどちらかというとスタミナとパワーを活かした走りが得意です。

現在のパンパンに乾いて時計が出やすい東京競馬場がかみ合うかといわれると、少し難しいような気がします。

ジャスティンスカイ

ジャスティンスカイ 10月18日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.239.712.4強め
1週前栗東CW(良)⑦99.066.351.536.511.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.939.312.4馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して外ラチに近いところから強めに追われ、全体時計55秒2-上がり1ハロン12秒4でフィニッシュしています。

1週前は栗東のウッドチップコースで追い切りを行いました。

このときは併せ馬を行っていますが併せたのは昨年のダービー馬ドウデュース(4歳オープン)です。

どちらも一杯に追われていましたがジャスティンスカイがドウデュースの内から追走する形で追い、7ハロン99秒0-上がり1ハロン11秒3でゴールしています。

1週前はダービー馬相手に鍔迫り合いの走りを見せていました。

7ハロン追いでしたが4ハロン51秒5-上がり11秒3の好時計でまとめており、併せた相手を考えるとなおいい走りができていました。

ところが最終追い切りは強めにしてはやや物足りない内容で、4ハロン39秒7は遅いです。

頭も少し高いですし、もしかしたら1週間前追い切りの反動が出ているのかもしれません。

1週前追い切りをA評価としたら最終追い切りはC評価と、少し評価しづらいところがありますが、今回は間を取ってB評価にします。

シャンパンカラー ※取消

シャンパンカラー 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)81.764.850.337.712.2馬なり
1週前美浦南W(良) 65.650.135.911.4一杯
前走最終美浦南W(稍重) 65.650.436.211.6馬なり

今年のNHKマイルカップを制したシャンパンカラーは美浦のウッドチップコースにて、ディアスポラ(2歳未勝利)と2頭併せを行いました。

主戦を務める内田騎手が手綱を握り、馬場の内側からディアスポラを1馬身追走する形で馬なりにて追われ、6ハロン81秒7-上がり1ハロン12秒2でゴールしました。僚馬には2馬身ほど遅れてしまっています。

1週前は美浦のウッドチップコースにて、単走で一杯に追われて5ハロン65秒6-上がり1ハロンは11秒4でした。

時計は出しているのですが、2歳未勝利の僚馬に遅れてしまっているのは気になります。

しかも、シャンパンカラーは僚馬の内側を走ったうえで遅れているのでその点は減点したいです。

1週前に一杯に追われた時は時計を出していたのでその反動があるのかもしれませんが…。

また、最終追い切りでコーナーを通過しているときは内田騎手が意図して手綱を引いているのか、少し頭が上がっている場面も見られました。

シャンパンカラーが嫌がる素振りを見せたのか、それともカーブでペースを落としたのか判断しがたいですが、人馬の息が合っていなかった可能性もあり、ここもマイナスポイントです。

時計自体は優秀ですが、NHKマイルカップ時における1週前追い切り時計が美浦のウッドチップで6ハロン76秒4-4ハロン48秒3-1ハロン11秒4なので、今回の追い切り時計はシャンパンカラーにしてはベストとは言い難いです。

今回の追い切りでは2週続けて内田騎手が手綱を握っている面や、一般の馬と比較すると好タイムを連発している点は好感が持てますが、それ以上の課題も見えました。

少なくとも、NHKマイルカップのころよりは出し切れない感じがしたので今回はC評価にします。

ステラヴェローチェ

ステラヴェローチェ 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.238.512.7馬なり
1週前栗東坂路(良)  51.937.512.4一杯
前走最終海外出走

1年半ぶりのレースとなるステラヴェローチェは栗東の坂路コースでスカイロケット(3歳2勝クラス)と2頭併せを行いました。

坂井学騎手(レース当日はデムーロ騎手が騎乗)が騎乗し、馬場の真ん中からスカイロケットと競り合う形で馬なりにて追われ、4ハロン53秒2-上がり1ハロン12秒7で僚馬に1馬身先着しています。

1週前も坂路で追い切りを行い、この時はデムーロ騎手が一杯に追って4ハロン51秒9-上がり1ハロン12秒4でした。

1年半ぶりということもあって休み明けの影響は気になりましたが、最終追い切り時計を見た限りは馬なりながらも僚馬と競り合いながら走っていたので気持ちは乗っているように感じました。

ただし、脚さばきを見た限りは休み明け前のほうが回転は速かったです。

気持ちは乗っていましたが身体は全盛期からは程遠い仕上がりでした。

ここは叩き台だと思いますし、次走以降に期待したいです。

ソーヴァリアント

ソーヴァリアント 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 69.052.137.011.8馬なり
前走最終函館芝(重)  49.336.711.6馬なり

キャリア初のマイル挑戦となるソーヴァリアントは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

今回初騎乗の池添騎手が手綱を握り、馬場の真ん中あたりから馬なりで追われて5ハロン69秒0-上がり1ハロン11秒8でゴールしています。

映像はありませんが、1週前も池添騎手が騎乗してゴール前で仕掛けられ、6ハロン82秒6-上がり1ハロン11秒4でした。

最終追い切りは軽めに追われていてこの馬の走りができていましたが、追い切り内容を見た限りは前走札幌記念時のほうがよかったです。

また、昨年制したチャレンジカップ時の最終追い切りが重馬場の美浦ウッドチップで馬なりにて5ハロン68秒0-上がり1ハロン11秒3でした。

どちらかというと札幌記念や昨年のチャレンジカップのほうが仕上がっていました。

初マイルで一変する可能性はありますが、血統的にはパワー型の馬なので時計の出やすい現在の東京マイルがあっている感じはしません。

大雨が降ってタフな馬場になるようでしたら話は別ですが、高速馬場で行われるようでしたらここは見送ってもよいと思います。

タイムトゥヘヴン

タイムトゥヘヴン 10月18日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 68.552.737.911.5馬なり
前走最終美浦南W(良)83.566.752.037.912.3馬なり

昨年のダービー卿チャレンジトロフィーの勝ち馬タイムトゥヘヴンは美浦のウッドチップコースでイヴニングスター(4歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も手綱を握る大野騎手を背に、馬なりで0.3秒追走し、馬場の外目から5ハロン68秒5-上がり1ハロン11秒5の時計で同時併入しています。

1週前も大野騎手が騎乗し、ウッドチップで追われました。

このときは強めに追われて6ハロン81秒5-上がり1ハロン11秒9でまとめています。

クビをやや前傾にして走るスタイルはタイムトゥヘヴンの走りですし、自分の走りはできていました。

ただし、今回併せたイヴニングスターと比較してみると分かるように、直線で一瞬ペースを上げたもののすぐに元に戻っていることから使える脚は長くなさそうです。

また、昨年のダービー卿チャレンジトロフィーを制したときの時計が美浦のウッドチップで馬なりにて5ハロン67秒4-上がり1ハロン11秒6でその時のほうが良化していました。

その時と比べたらやや見劣りしますし、使える脚も限られる中、直線の長い東京競馬場でどれだけやれるかが焦点となりそうです。

ダノンタッチダウン

ダノンタッチダウン 10月18日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.739.912.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.139.212.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

助手を背にして馬なりで全体時計55秒7-上がり1ハロン12秒0で駆け抜けています。

映像はありませんが13日には栗東のウッドチップコースにて一杯に追われました。

この時はレースで騎乗する横山典弘騎手が手綱を握り、6ハロン81秒4-上がり1ハロンが11秒5で、ガルムキャット(3歳1勝クラス)に3~4馬身先着しています。

最終追い切り映像を見ると、少し頭が高くてどこか飄々とした走りでした。

時計も全然出ていません。

しかしながら、坂路で最終追いを行ったNHKマイルカップや朝日杯FSのときも似たような走りと時計でした。

ダノンタッチダウンは1週前にウッドチップで一杯⇒最終追いは坂路で軽めのパターンが定着しているので今回もそのローテーションで消化できているのは良いと思います。

最終追い切りは動きも時計も目立っていませんがこの馬なりに良化している感じがしました。

ナミュール

ナミュール 10月18日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.639.211.9馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  57.240.812.4馬なり

ナミュールは栗東の坂路コースにて、単走で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて全体時計54秒6-上がり1ハロンは11秒9でまとめています。

15日にも坂路で2本追い切りを行い、12日も坂路で2本追い切りを行っており本数は多めです。

ナミュールはこれまで坂路で回数を重ねて調教されてきましたが今回も数は十分こなしてきました。

最終追い切りは馬なりで時計は出ていません。

しかしながら、終始淡々とした走りで脚さばきも速く、しっかり前を向いて走りに集中していました。

目立つ動きではありませんが、フォームもきれいですし芯の通った走りができていたので休み明けでも出し切れそうです。

これまでG1の舞台で人気を集めてきましたが、出遅れや斜行に巻き込まれ思うように力を発揮できなかっただけに、ここで弾けるような走りを見せてほしいです。

マテンロウオリオン

マテンロウオリオン 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦98.868.053.338.211.5馬なり
1週前栗東CW(良)⑦96.365.651.437.212.0一杯
前走最終栗東CW(稍重)81.665.750.836.111.0一杯

シンザン記念の勝ち馬マテンロウオリオンは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

かつて主戦を務めた横山典弘騎手が騎乗(レース当日は田辺騎手が騎乗)し、馬場の真ん中あたりから馬なりで追われて7ハロン98秒8-上がり1ハロン11秒5でゴールしています。

1週前もウッドチップで7ハロンを行いました。このときは僚馬ヒルノアントラ(6歳1勝クラス)を1.6秒追走し、クビ差で先着しています。

時計は7ハロン96秒3-上がり1ハロンは11秒5でした。

1週前、最終追い切り映像を両方確認しましたが、どちらも頭がやや高くて前脚の動きがやや硬いように見えました。

特に、最終追い切りはその傾向が顕著で、休み明けの反動は出ているように感じます。

2週続けて7ハロンを行っていて長めに走っている影響もあるかもしれませんが、時計もそこまで目立っていないことから、ここはまだまだ本調子とは言い難かったです。

ユニコーンライオン

ユニコーンライオン 10月18日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.339.412.7一杯
1週前栗東CW(良)⑦94.464.150.636.911.8一杯
前走最終函館W(重)  56.240.612.5強め

最年長のユニコーンライオンは栗東の坂路コースにて単走を行いました。

古川奈穂騎手(レース当日は坂井瑠星騎手が騎乗)を背に、一杯で馬場の外目から追われて4ハロン53秒3-上がり1ハロンは12秒7でゴールしています。

1週前は栗東のウッドチップで一杯に追われて7ハロン94秒4-上がり1ハロンは11秒8でした。

2週続けて一杯で追われていますが、どちらも覇気が感じられません。

淡々とした走りといったら走りに集中している感じがしますが、歩様に力強さはありませんでしたし、古川騎手が追っても反応はいまひとつでした。

時計も平凡ですし、年齢的な衰えも出てきているように感じます。

レッドモンレーヴ

レッドモンレーヴ 10月18日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.968.052.537.312.1強め
前走最終美浦芝(稍重) 65.749.735.911.1馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、インスタキング(3歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し僚馬を0.3秒追走する形で追い切りを行っています。

馬場の真ん中やや外目からゴール前で仕掛けられるように追われて6ハロン84秒9-上がり1ハロンは12秒1でした。

インスタキングには0.1秒遅れをとっています。

映像を見た限りはきびきびと走れていて休み明けにしては動けている印象を持ちました。

ただし、ゴール前で促されてから反応したものの、上がり1ハロン12秒1の時計は正直目立っていません。

前走安田記念の最終追い切りにおけるラスト1ハロン時計は11秒1で、時計の出やすい芝補正を考慮しても出ていました。

また、その前の京王杯スプリングカップの最終追い切り時はウッドチップで馬なりにて1ハロン11秒8の時計を出しています。

このことから、安田記念や京王杯スプリングカップの時ほどは仕上がっていないでしょう。

東京適性自体はあるので好走する可能性もありますが、春の時と比べると80%くらいの出来だと思いますし、叩き良化型なので次走以降に期待したいです。

PR

富士ステークス(G2)菊花賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると富士ステークス(G2)菊花賞(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

富士ステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
エターナルタイム
ナミュール
 
イルーシヴパンサー
ジャスティンスカイ
タイムトゥヘヴン
ダノンタッチダウン
レッドモンレーヴ
キラーアビリティ
シャンパンカラー
ステラヴェローチェ
ソーヴァリアント
マテンロウオリオン
ユニコーンライオン
 

富士ステークス2023追い切り映像

富士ステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 富士ステークス|JRA公式

富士ステークス2023の最終予想

富士ステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)