[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【スワンステークス2023追い切り評価/全頭診断】人気落ちの〝アノ2頭〟に最高評価の「S」

スワンステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

スワンステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではスワンステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

10月25日の馬場状態

美浦
ウッドチップは良馬場でした。
時計は標準よりもやや出ているような感じがします。

栗東
坂路、ウッドチップともに良馬場でした。
坂路は若干時計が出ており、ウッドチップコースは標準どおりでした。

目次(読みたい項目をタップ)

スワンステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

スワンステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

スワンステークス(G2)天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アヴェラーレ

アヴェラーレ 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 68.953.538.111.1馬なり
1週前美浦南W(良)84.367.952.638.811.9馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.752.838.111.3強め

関屋記念の勝ち馬アヴェラーレは美浦のウッドチップコースで最終追い切りを行いました。

騎手が騎乗し、馬場の真ん中から馬なる出追われて5ハロン68秒9-上がり1ハロン11秒1の好時計を記録しています。

1週前はアトリウムチャペル(2歳新馬)を馬なりで3馬身ほど追走して同時併入していました。

最終追い切りは終い重視の時計で、前走最終時よりも全体時計は劣っていますが終い時計は優秀です。

また、前走最終時は強めでしたが今回は馬なりだったので時計以上に速い記録を出しているでしょう。

最終追い切り映像を見ても、上体はほとんど余計な運動がなく、そしてなおかつ四肢の動きは早くて好気配が感じられました。

相手関係は手ごわいですが、前走に引き続いて好状態をキープしています。

インダストリア

インダストリア 10月25日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)81.264.649.436.011.7馬なり
前走最終美浦南W(良)82.866.251.837.111.5馬なり

今年のダービー卿チャレンジトロフィーを制したインダストリアは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われ、6ハロン81秒2-上がり1ハロン11秒7の時計を記録しています。

全体時計は81秒台を出していますし、残り4ハロンは50秒を下回り49秒4秒を記録しました

動きも序盤から力強い歩様で走れており気持ちが乗っていたうえ、脚の回転も非常に速かったです。

近走の中でもとくに状態面はよさそうです。

今回は相手がそろいましたが追い切りでは非常に良い動きを見せていましたのでダービー卿チャレンジトロフィー以来の好走にも期待できるでしょう。

ウイングレイテスト

ウイングレイテスト 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 66.151.337.311.5馬なり
1週前美浦南W(良) 65.950.136.011.2一杯
前走最終美浦南W(良) 66.151.037.211.6馬なり

前走の京成杯オータムハンデで2着のウイングレイテストは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する松岡正海騎手を背に、馬場の内側から馬なりで追われて5ハロン66秒1-上がり1ハロン11秒5を記録しています。

1週前も松岡騎手を背に、美浦のウッドチップで一杯に追われていました。

この時は6ハロン65秒9-上がり1ハロン11秒2を記録しています。

1週前に負荷をかけて最終調整で軽めの調整は前走の京成杯オータムハンデでも見られました。

1週前はしっかりと負荷をかけたことで最終追い切りでもいい脚を使えていました。

前走最終時と今回の最終時は時計にそこまで差はありません。

主戦の松岡騎手が2週続けて追い切りに騎乗した点も評価できますし、肝心の出来栄えも前走と同じくらいの時計を記録していることから、前走に引き続いて激走に期待できるでしょう。

ウインマーベル

ウインマーベル 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.368.753.338.611.6G前仕掛け
前走最終美浦南W(良) 68.853.738.912.0一杯

スプリンターズステークスからの復権を狙うウインマーベルは美浦のウッドチップコースでマイネルヴォルムス(2歳未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗してゴール前で仕掛けられるように促され、6ハロン85秒3-上がり1ハロン11秒6で同時併入しています。

映像はありませんが1週前もウッドチップで一杯に追われて5ハロン67秒4-上がり1ハロン11秒7を記録していました。

近走調子を落としていましたが前走最終時と比較すると前脚の動きは良くてここ数戦の中ではいい動きをしていたように感じられます。

1週前に負荷をかけた影響もあったのでしょう。

近走の中では比較的マシな動きができていました。

エクセトラ

エクセトラ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色 
最終追切栗東坂路(良)  52.037.612.5馬なり 
前走最終札幌ダート(稍重) 69.554.039.512.6馬なり 

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗して外ラチ沿いから馬なりで追われ、4ハロン52秒0-上がり1ハロン12秒5を記録しています。

映像はありませんが、19日にはレースに騎乗するモレイラ騎手を背に、栗東のウッドチップにおいて馬なりで追われています。

時計は6ハロン82秒2-上がり1ハロン11秒6でした。

最終追い切りを見た限り、時計はそこまででていません。

しかしながら、外ラチ沿いから力のある走りを見せていました。

少し頭が高い感じもしましたが、姿勢もきれいでしたししっかり前を向いて走っており、気持ちの強い走りができていました。

キャリア初の重賞戦ですが出し切れることでしょう。

カイザーミノル

カイザーミノル 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東PT(良)83.165.750.837.511.6強め
前走最終栗東坂路(良)  54.639.713.0馬なり

最終追い切りは栗東のポリトラックコースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する藤岡康太騎手を背に、馬場の外目から強めに追われて手6ハロン83秒1-上がり1ハロン11秒6を記録しました。

淡々とした走りですが四肢に力強さがなく、本当に淡々と目の前の課題をこなしているような印象でした。

時計は出ていますが、ポリトラックはもともと高速馬場なので、ポリ基準で見ると平均的といえるでしょう。

特別印象に残るような動きもありませんでしたし、一変は期待できなさそうです。

グレナディアガーズ

グレナディアガーズ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.968.252.837.311.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.037.411.7馬なり

G1馬のグレナディアガーズは栗東のウッドチップコースにて、アウサンガテ(6歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

中内田調教師が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追われて6ハロン83秒9-上がり1ハロン11秒4を記録し、僚馬に1馬身ほど先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

映像はありませんが1週間前の18日にもウッドチップで馬なりにて追われて6ハロン82秒4-上がり1ハロン11秒4を記録しています。

グレナディアガーズはもともと最終追い切りは坂路で行うのが通例でしたが今回はウッドチップで行いました。

最終追い切りは馬なりで行われましたが、映像を見た限りは直線に入った時点で僚馬をかわそうとグンと加速し、そのまま先着しているように久々でも気持ちのこもった動きを見せていました。

今回はいつもの坂路追いではありませんが、精神的にはレースに向けて消化しているように感じました。

派手な動きはありませんでしたが、馬なりの中でもレースに向ける意欲が感じられましたし、いい状態で本番にも望めるような気がします。

サブライムアンセム

サブライムアンセム 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  50.535.611.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.839.413.0強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走で行われました。

レース当日も騎乗する池添騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われて4ハロン50秒5-上がり1ハロン11秒4で駆け抜けています。

映像はありませんが、1週前もウッドチップで馬なりにて、4ハロン49秒4-上がり1ハロン11秒9を記録しました。

2週続けて好タイムを記録している点は評価できます。

ところが、最終追い切り映像を見た感じは頭が高くてかかっているようにも見えました。

時計は速いですが精神的な幼さが垣間見られ、コントロールが難しそうです。

本番までにこの気性は改善できなさそうです。

今回騎乗する池添騎手はオルフェーヴルをはじめ、スイープトウショウやメイケイエールといったクセ馬で好走していたのである程度は慣れていそうですが、そのなかでどのような走りを見せるか注目したいです。

スマートリアン

スマートリアン 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.538.212.4馬なり
1週前栗東CW(良)83.566.551.737.411.6G前仕掛け
前走最終栗東坂路(重)  53.838.612.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われて全体時計52秒5-上がり1ハロン12秒4で駆け抜けています。

週前は栗東のウッドチップコースでゴール前に仕掛けられて6ハロン83秒5-上がり1ハロン11秒6でした。

1週前に負荷をかけられていたため今回は軽めの追い切りでしたが、頭が高いのはいつも通りです。

しかしながら、そのなかでも脚さばきの速いピッチ走法で追われていました。

前走の北九州記念時の最終追い切り時と比較しても大きな変化は感じられません。

大きな変わり目こそありませんでしたが現状維持はできているように感じました。

ダノンスコーピオン ※取消

ダノンスコーピオン 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.739.212.2強め
1週前栗東坂路(良)  52.838.112.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.939.711.9馬なり

G1馬のダノンスコーピオンは栗東の坂路コースにて、単走で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗し、馬場の内側から強めで追われて全体時計54秒7-上がり1ハロン12秒2で駆け抜けています。

1週前も坂路で追われてこのときは一杯で、4ハロン52秒8-上がり1ハロン12秒3でした。

1週前は一杯にしては時計が出ておらず、前脚もやや高くて決して最良の追い切りとは言い難いです。

最終追い切りは強めでしたが相変わらず時計はでていません。

しかも、やや斜行気味でまっすぐにも走れていませんでした。

昨年のNHKマイルカップを制して以来、調子を落としていますが今回の追い切りを見た限りもピーク時の走りはまだまだ程遠いと感じました。

タマモブラックタイ

タマモブラックタイ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.239.112.0強め
1週前栗東CW(良)81.566.752.537.612.2馬なり
前走最終栗東CW(稍重)83.268.353.137.611.3一杯

今年のファルコンステークスを制したタマモブラックタイは栗東の坂路コースにて、イマジンレノン(2歳未勝利)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する角田大和騎手を背に、僚馬の右側から強めに追われて4ハロン54秒2-上がり1ハロン12秒0の時計で僚馬に7~8馬身先着しました。

序盤こそふらつきがありましたが、騎手が促してからはスイッチが入ったようにぐんと加速して、一杯に追われたイマジンレノンを置き去りにする走りで先着しました。

促されてからの反応は非常に良かったです。

もっとも、序盤のふらつきや1週間前の動きを見た限りは特別目立った変化はありませんでした。

状態面としてはまずまずといったところでしょう。

デュガ

デュガ 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.737.213.1強め
前走最終栗東坂路(良)  51.536.012.7強め

最終追い切りは栗東の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外目から強めに追われて4ハロン51秒7-上がり1ハロン13秒1でゴールしています。

全体時計だけ見たら悪くないですが、強めに追われている割にラスト1ハロンは13秒1でした。

レース映像を見ても、序盤こそきびきびと走れていましたが途中で集中力がプツリと切れたのか、走りに勢いがなくなりました。

集中力を欠いた後、助手が一回鞭を入れていますが、反応もなかったです。

原因は分かりませんが、レース本番でもこのような傾向がみられるようでしたら勝負はできないと思いますし、上位争いするのであれば改良したいです。

トウシンマカオ

トウシンマカオ 10月25日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)82.065.851.537.011.4馬なり
1週前美浦南W良)81.365.751.336.911.8馬なり
前走最終札幌芝(良) 61.146.732.810.4馬なり

出走できなかったスプリンターズステークスからの巻き返しを計りたいトウシンマカオは美浦のウッドチップコースにて、サルサロッサ(4歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する横山和生騎手を背に、馬場の内側から馬なりで追われて僚馬を4馬身追走しました。

時計は6ハロン82秒0-上がり1ハロン11秒4で、サルサロッサに3馬身ほど先着しています。

1週前も横山和生騎手が騎乗して馬なりでウッドチップ追いを行いました。

この時の時計は6ハロン81秒3-上がり1ハロン11秒8です。

馬場の内側を回っての追い切りだったので時計は高く評価しづらいですが、しっかりとした足取りで僚馬と追い切りができていました。

特に直線に入ってからは力のある脚さばきで加速しています。

前走のスプリンターズステークスでも有力株でしたが発熱のため出走を取りやめました。

発熱の影響が懸念されていましたが、追い切りを見た限りは問題なさそうです。

芝1,400mさえ対応できれば、ここでも上位争いできそうでした。

ビーアストニッシド ※除外

ビーアストニッシド 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.139.112.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.637.712.5馬なり

前走の安土城ステークスで短距離の素質を開花させようとしつつあるビーアストニッシドは栗東の坂路にて、テイエムフェロー(4歳2勝クラス)と2頭併せを行いました。

田中健騎手(レース当日は岩田康誠騎手が騎乗)が手綱を握り、僚馬の左側から馬なりで追われて4ハロン54秒1-上がり1ハロン12秒4で同時併入しています。

映像はありませんが1週前も栗東坂路でテイエムフェローと追い切りを行い、この時は一杯に追われて4ハロン53秒3-上がり1ハロン12秒9でした。

半年ぶりのレースということで特別目立った時計は出ておらず、休み明けの影響は強く残っている印象です。

最終追い切りは1週前に負荷をかけたことから幾分時計はよくなっていますが、それでもピーク時と比べると物足りません。

ここを叩いたあとに良化しそうな感じがします。

ミッキーブリランテ

ミッキーブリランテ 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.838.613.0一杯
1週前栗東CW(良)⑦99.868.253.739.212.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.438.112.4一杯

最終追い切りは栗東の坂路コースで、サンセットクラウド(4歳3勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から一杯に追われてサンセットクラウドから0.6秒先行しました。

全体時計53秒8-上がり13秒0の時計でしたが僚馬に2馬身遅れをとっています。

序盤から終始頭が左を向いており、全く走りに集中できていません。

終盤も馬なりで追われたサンセットクラウドにあっさりかわされてしまいました。

近走は一杯に追われることが多くなりましたが、年齢的なものもあるのでしょうか、反応がズブくなっており、ピーク時の走りが全く見られません。

今回の最終追い切りを見ても良化の気配はありませんでしたし、上位争いは相当厳しいでしょう。

メイショウソラフネ

メイショウソラフネ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.237.612.3一杯
前走最終栗東坂路(稍重)  54.139.012.1馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースで行われました。

調教映像がないため評価が難しいですが、前走最終追い切り時と比較すると全体時計は2秒近く更新しています。

もっとも、前走最終時は馬なりで今回は一杯に割れたものなので、数値以上に高く評価するのは早計でしょう。

時計自体は一杯とはいえしっかり出していましたし、中2週でも自身の力は発揮できそうです。

ララクリスティーヌ

ララクリスティーヌ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良) 70.353.937.910.9強め
1週前栗東CW(良)⑦97.866.752.337.211.6強め
前走最終栗東CW(良)83.567.552.136.9+11.2G前仕掛け

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

中井騎手(レース当日は菅原騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の内側から強めに追われて5ハロン70秒3-上がり1ハロン10秒9でゴールしています。

時計は優秀ですが馬場の内目を回ってのものなので実質的には上がり1ハロン11秒台と想定してもよいでしょう。

動き自体は正直なところ気配はありませんでしたが、目立たない中でも時計を出していたのは事実ですし、気配は感じられます。

1週前はレース当日騎乗する菅原騎手と追い切りを行っていますし、レースに向けて着々と消化できている点は好感が持てます。

大きな変化はなさそうですが、ベストは尽くせそうです。

ルガル

ルガル 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.537.211.7馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.938.212.0馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われています。

長岡騎手が騎乗(レース当日は武豊騎手が騎乗)し、馬場の内側から馬なりで追われて4ハロン52秒5-上がり1ハロン11秒7で流しました。

映像はありませんが、1週前は武豊騎手が坂路追いに騎乗して4ハロン50秒6-上がり1ハロン12秒0の好時計を記録しています。

久々でしたが1週前は時計を出していましたし、力は発揮できるでしょう。

最終追い切りは軽く流す程度だったので時計は目立ちませんでしたが、そのなかでも力強い走りを見せています。

ただ、序盤で大きく斜行していたため、まだまだ未熟な点も見られました。

ポテンシャルは高そうですが粗削りな部分もありそうです。

ルージュスティリア

ルージュスティリア 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.939.112.0馬なり
前走最終栗東CW(良) 70.253.738.011.6引張り

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、カントル(7歳オープン)と2頭併せを行いました。

レース当日騎乗する坂井騎手を背に、僚馬を3馬身追走する格好で馬なりにて追われ、4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒0で同時併入しています

ルージュスティリアはもともとウッドチップで最終追い切りを行うのが通例でしたが今回は坂路で占めました。

脚が少し高い点は気になりましたが、力強く坂路を駆けあがっている姿は好感が持てましたし、前走を使って上積みも感じられます。

時計自体はめだっていませんが動きは悪くありませんでした。

ロータスランド

ロータスランド 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.638.912.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  56.141.212.7馬なり

重賞馬のロータスランドは栗東の坂路コースにて、スマートアリエル(6歳2勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗し、僚馬を2馬身追走する形で追い切りを行っています。

馬なりで追われ、全体時計54秒6-上がり1ハロン12秒2でスマートリアンに2馬身先着しました。

馬なりながらも力強いピッチ走法で追い切りを行い、しっかりと前を向いて走れていました。

スマートアリエルと並びかけてからはペースアップして先着しているように、重賞馬らしい勝負強さも垣間見られ、精神的にも好気配が感じられます。

6歳の牝馬ですが筋肉量も豊富ですし、上位争いも可能でしょう。

PR

スワンステークス(G2)天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとスワンステークス(G2)天皇賞(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

スワンステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
インダストリア
トウシンマカオ
アヴェラーレ
ウイングレイテスト
ロータスランド
ウインマーベル
エクセトラ
グレナディアガーズ
サブライムアンセム
スマートリアン
タマモブラックタイ
メイショウソラフネ
ララクリスティーヌ
ルージュスティリア
ルガル
カイザーミノル
ダノンスコーピオン
デュガ
ビーアストニッシド
ミッキーブリランテ
50音順になります。

スワンステークス2023追い切り映像

スワンステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 スワンステークス|JRA公式

スワンステークス2023の最終予想

スワンステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)