[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【アルテミスステークス2023追い切り評価/全頭診断】中穴人気の〝アノ馬〟にトップ評価「S」

アルテミスステークス2023追い切り評価記事のサムネイル画像

アルテミスステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではアルテミスステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

10月25日の馬場状態

美浦
ウッドチップ、坂路ともに良馬場でした。
どちらも時計は標準よりもやや出ているような感じがします。

栗東
坂路、ウッドチップともに良馬場でした。
坂路は若干時計が出ており、ウッドチップコースは標準どおりでした。

目次(読みたい項目をタップ)

アルテミスステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

アルテミスステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR

アルテミスステークス(G3)天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エリカリーシャン

エリカリーシャン 10月25日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(良)  52.438.412.5強め
1週前美浦坂路(良)  54.238.812.6強め
前走最終美浦南W(良)82.465.851.137.312.2馬なり

最終追い切りは美浦の坂路コースにて、3頭併せを行いました。

併せたのはビューティフルデイ(5歳オープン)と、もう一頭は…分かりません。

今回初騎乗となる戸崎騎手が手綱を握り、2頭の真ん中から強めに追われて4ハロン52秒4-上がり1ハロン12秒5で同時併入しました。

1週前も美浦坂路で追われてアップトゥミー(3歳2勝クラス)と併せていました。

1週前映像を見た限りは休み明けの影響もあったのか、前脚の動きが少し固そうに見えました。

ところが最終追い切りでは僚馬の間からも力強い動きを見せていましたしフットワークも軽快です。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

2週続けて併せ馬を行っていることから揉まれる競馬に対するトレーニングを行っているのもよいですし、テン乗りの戸崎騎手が感触をつかむために追い切りに騎乗しているのも好感が持てます。

美浦の坂路はリニューアルオープンしてからしばらく時計がかかっていましたがエリカリーシャンの時計はリニューアル後の坂路にしては優秀です。

しっかり負荷もかけていますし、レース本番でも楽しみな1頭です。

サフィラ

サフィラ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.539.012.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.139.012.3馬なり

兄姉にサリオスやサラキアを持つサフィラは栗東坂路で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われて全体時計54秒5-上がり1ハロン12秒1で坂路を駆けあがりました。

映像はありませんが、1週前はレース当日騎乗する松山騎手を背に、栗東のウッドチップで馬なりにて追われ、馬場の外目から6ハロン83秒6-上がり1ハロン11秒7でゴールしています。

最終追い切り映像を見てみると、軽快な走りができていますし、パワーのある走りで坂路を駆けあがっていたのは好感がもてます。

ただし、新馬戦の時の最終追い切りよりも時計が1秒以上見劣っていたのは気になりました。

また、立て続けに馬なりの追い切りを行っていて負荷をかけていません。

現時点でも勝ち負けできると信じているのかもしれませんが、前走よりも相手関係は強化されているのでどこかで一本ハードワークを取り入れてほしかったです。

最終追い切りの動き自体は悪くありませんでした。

シュシュトディエス

シュシュトディエス 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.439.812.8馬なり
前走最終栗東CW(良)81.666.452.237.411.8馬なり

最終追い切りは栗東の坂路コースにて、単走で行われました。

清水調教師を背に、馬場の真ん中やや内目から馬なりで追われて4ハロン55秒4-上がり1ハロン12秒8で軽めに流しています。

1週前の18日も坂路で馬なり、その間の21日にはウッドチップでデルシエロ(2歳1勝クラス)という馬と強めに追って馬場の外目から6ハロン81秒3-上がり1ハロン12秒1の好時計を記録しています。

21日に強めに追ったため最終追い切りは軽めに流していました。

時計は全く出ていませんが、流す程度だったのでそこまで気にしなくてよいでしょう。

ただし、道中フラつきが見られたのは大きな減点ポイントです。

21日に負荷をかけたため、消耗していたかもしれませんし、まだ若い2歳馬なので走りが完成されていない可能性もあります。

原因は分かりませんが、最終追い切り時点の動きは良くありませんでした。

ベストな状態なら新馬戦のような強いパフォーマンスを見せてくれるはずです。

レースまでになんとかケアさせ、長距離輸送もクリアしたいです。

ショウナンマヌエラ

ショウナンマヌエラ 10月25日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.639.112.1強め
1週前栗東坂路(良)  54.739.512.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.239.812.7一杯

前走の新潟2歳ステークスで2着入線したショウナンマヌエラは栗東の坂路にて、単走で最終調整を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中やや内目から強めに追われて全体時計54秒6-上がり1ハロン12秒1で走破しています。

1週前の18日にも坂路で一杯に追われて負荷をかけています。

この時の時計は4ハロン54秒7-上がり1ハロン12秒2でした。

今回のレースに向けて本数を重ねていて、18日と22日、そして25日にそれぞれ2回ずつ追い切りを行っています。

相当負荷はかかっていると思いますが、最終追い切りの時計は強めにしては平凡です。

また、25日と18日の映像を見ても道中でフラつきがあることから走りは安定していません。

特に25日の時点ではかなりの本数を積んで疲れもあるのか、フラついたときに助手が苦笑いするほどでした。

これだけの負担をかけた結果がレースにどのような影響を及ぼすかは分かりませんが、走法、時計を見た限りは良化しているようには見えませんでした。

スティールブルー

スティールブルー 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.567.852.437.911.3馬なり
前走最終美浦南W(良)86.969.953.137.811.3馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、今回出走予定のミエノブラボー(2歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する荻野極騎手を背に、僚馬を5馬身ほど追走する形で内側から馬なりにて追い、6ハロン84秒5-上がり1ハロン11秒3の終い時計でゴールしています。

なお、ミエノブラボーには0.1秒遅れています。

序盤は靄(もや)がかかっていて映像が見づらいですが、シルエットを見た限りは淡々とした走りができていたように感じます。

直線入りでの手前替えもスムーズでしたし、終い1ハロン11秒3で走破できていてこの馬らしいキレのある走りはレース本番でもできそうです。

ミエノブラボーには後れをとりましたが内側を走ったとはいえ5馬身ほど追走する形だったのでそこまで悲観しなくてもよいです。

そしてなによりも前走最終時よりも時計を更新していることから、良化しているのは間違いありません。

荻野極騎手が感触をつかんでいるのも好感が持てますし、いい仕上がりだと感じました。

チェルヴィニア

チェルヴィニア 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 70.154.238.411.4馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.253.238.311.4馬なり

前走を快勝したチェルヴィニアは美浦の南ウッドチップコースにて3頭併せを行いました。

併せたのはセラドナイト(3歳1勝クラス)とフランクエフェクト(2歳未勝利)です。

助手が騎乗して馬場の内側から2頭の真ん中で馬なりにて追われ、5ハロン70秒1-上がり1ハロン11秒4でした。

セラドナイトには同時併入し、フランクエフェクトには半馬身先着しています。

映像はありませんが、1週前の18日にもウッドチップでティファニードンナ(3歳1勝クラス)と併せて7ハロン98秒4-上がり1ハロン11秒8を記録していました。

序盤は靄のため、ほとんど映像が見えず直線で視界が良好になりました。

直線の動きを見た限りはしっかりとした足取りで僚馬の間からも力のある走りを見せています。

全体時や4ハロン時計は前走最終時のほうがよくて、若干見劣りはありますが、終い時計11秒4を記録している点はよいです。

身体全体を使ったストライド走法は相変わらず健在ですし、動きも問題ありません。

前走と同じくらいの状態でレースに挑めると思います。

ニシノコマチムスメ

ニシノコマチムスメ 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)83.867.752.537.712.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.038.312.6馬なり

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する幸騎手を背に、馬場の真ん中から一杯に追われて6ハロン83秒8-上がり1ハロン12秒3でゴールしています。

映像はありませんが、1週前の18日にも幸騎手騎乗の元、一杯に追われていました。

このときはマックスセレナーデ(2歳未勝利)と併せ馬を行い、6ハロン81秒8-上がり1ハロン12秒8の時計で一杯に追われましたが、1馬身ほど遅れています。

2週続けて一杯に追われており、気持ちの乗った動きはできていました。

ただし、直線に入ってから一瞬前脚が高くなって、そこから再び走りの姿勢を戻しておりややぎこちない走りになっています。

最終追い切りは一杯の割に時計が出ていない点もマイナスで、負荷をかけすぎた反動がでていることでしょう。

まだまだ走りは完成されていません。

もっとも、前走新馬戦でも1週前にウッドチップで一杯に追われていましたが、その時の時計は6ハロンが83秒2-4ハロン51秒5-上がり1ハロンが11秒4で、全体時計は今回よりも1週前のほうが優秀です。

2週続けて幸騎手が追い切りに騎乗している点は好感が持てますし、一長一短な追い切りでした。

負荷をかけた影響がレースにどのような影響をおよぼすか注目したいです。

ミエノブラボー

ミエノブラボー 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.468.452.938.311.4馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.953.038.912.1馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、今回出馬するスティールブルー(2歳1勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する丸田騎手を背に、スティールブルーの外側から馬なりで追われて6ハロン85秒4-上がり1ハロン11秒4でゴールしています。

頭は少し高いですが、手前替えはスムーズで直線に入ってからしっかりと脚を伸ばしていました。

差し馬らしい末脚競馬は健在です。

前走最終時と比較すると、5ハロン時計は0.5秒遅いですが、終い時計は0.7秒速いです。

今回はスピード勝負となる東京コースが舞台なので、末脚に磨きをかけているのは好感が持てました。

同級のスティールブルーと併せて、2頭とも順調に仕上がっています。

ライトバック

ライトバック 10月25日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.268.954.038.511.7馬なり
前走最終栗東CW(良)83.167.552.837.411.2強め

最終追い切りは栗東のウッドチップコースにて、ピエスダルジャン(2歳未勝利)と追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン85秒2-上がり11ハロン11秒7の末脚で僚馬に0.7秒先着しています。

映像はありませんが、1週前は浜中騎手が騎乗してウッドチップで一杯に追われました。

この時は7ハロン97秒5-上がり1ハロン11秒3でゴールしています。

もともと頭が高いだけではなく非常に気性の荒い馬で、コーナーリングでも馬が上体を持ち上げようとしています。

また、直線入りでも外側を走っている馬に寄りかかっていて操縦性の難しそうな印象を受けました。

もっとも、直線に入ってからしばらくすると一気にペースアップして僚馬を置き去りにする走りを見せています。

時計は前回の最終追い切り時のほうが出していましたが、荒々しさのなかにも非凡な能力の高さが感じられました。

クセが強くていくつもの課題がありますが、うまく出し切ることができるようでしたら上位争いも可能でしょうし、出し切れずにあっさり凡走もあり得ると思います。

ラヴスコール

ラヴスコール 10月25日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)86.169.853.838.612.3馬なり
前走最終函館芝(重)  53.239.012.3馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン86秒1-上がり1ハロン12秒3でゴールしています。

映像はありませんが1週前の18日にはレース当日騎乗する横山武史騎手を背に追い切りを行いました。

このときはディサーニング(8歳オープン)を0.5秒追走する形でゴール前仕掛けにて追われ、6ハロン82秒8-4ハロン51秒7-1ハロン11秒9の時計で同時併入しています。

1週前に強めに追われたため今回は軽く流す程度でしたが、馬なりながらも気持ちのこもった走りを見せており、好仕上がりを見せていました。

馬体だけ見たら後ろ脚が長い馬なのでマイルは短い感じもしますが、前走は時計のかかる札幌野芝1,500mで勝利しているので距離は問題なさそうです。

新進気鋭な走りを見せていましたし、レースに向けて順調に仕上がっています。

PR

アルテミスステークス(G3)と天皇賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとアルテミスステークス(G3)天皇賞(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

アルテミスステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
エリカリーシャン
スティールブルー
ミエノブラボー
ラヴスコール
サフィラ
チェルヴィニア
ニシノコマチムスメ
ライトバック
シュシュトディエス
ショウナンマヌエラ
 
同評価内は50音順になります。

アルテミスステークス2023追い切り映像

アルテミスステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 アルテミスステークス|JRA公式

アルテミスステークス2023の最終予想

アルテミスステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)