[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ファンタジーステークス2023予想】本命で狙いたい3頭+穴馬2頭はこちら!

ファンタジーステークス2023予想記事のサムネイル画像

ファンタジーステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

ファンタジーステークス2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

ファンタジーステークス2023の予想ポイント

  • キャリア3戦以上は好走率が低い【1-5-5-41】
  • 逃げと先行馬を評価したい
  • 1番人気は連軸に最適【3-3-2-2】
  • 4枠に入った馬は評価を上げたい
  • 前走連対馬が強い、前走3着以下は苦戦
目次(読みたい項目をタップ)

ファンタジーステークス2023の概要

ファンタジーステークスは京都競馬場で開催される2歳牝馬限定の短距離競走です。

前週開催されたアルテミスステークスと同じく12月に行われる阪神JFのステップレースに指定されています。

アルテミスステークス芝1,600mに対し、ファンタジーステークスは芝1,400mが舞台なのでマイラーだけではなく短距離馬の参戦も多いです。

そのことから、意外と荒れやすいレースとなっていてたびたび高配当が出ています。

なお、ファンタジーステークスは京都開催なので阪神で行われる阪神JFと結びつきが強いように感じます。

ところが、実際のところは東京開催とはいえ阪神JFと同じ距離で行われるアルテミスステークスのほうが将来性は高いです。

ファンタジーステークスのほうがアルテミスステークスよりも歴史は深いものの、将来性に関してはアルテミスステークスのほうが勝っており、有力馬の参戦は少なくなりました。

それでもレシステンシアやダノンファンタジー、ローブティサージュなど阪神JFで勝利した馬も少なくありません。

アルテミスステークス比較でみると有名馬の排出は少ないですが、それでも阪神JFのステップレースとして有力なので、誰がこの舞台を制するのか注目したいです。

うましるでは阪神で代替開催された2020~2022年度も含めた過去10開催のデータをまとめました。

2022年 ファンタジーステークス(GⅢ) | リバーラ | JRA公式

ファンタジーステークス2023の開催内容

開催日11月4日(土曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場京都競馬場 11R
コース芝1,400m
性齢2歳牝馬
斤量馬齢
1着賞金2900万円

ファンタジーステークス2023が開催される京都の芝1,400m外回りの特徴

京都競馬場 芝1400m(外)のコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面2コーナー出口付近
コース外回りの右回りコース
Bコース使用
1周の距離1,913.6m
直線距離398.7m
高低差4.3m
フルゲート18頭

京都の芝1,400mは内回りと外回りコースが存在しますが、ファンタジーステークスをはじめ、オープン以上のレースでは外回りコースを使用します。

スタート地点は2コーナーの出口付近で最初の3コーナーまでの距離は約512mもあります。

距離が長いためポジション争いはおちつきますし、3コーナーにかけて緩やかな上り坂を駆け上がるためペースは落ち着きます。

3コーナーの途中に長く続いた坂の頂上があり、そこを過ぎると今度は一気に急傾斜となって4コーナーを目指します。

下りの慣性を活かしながら各馬は最終コーナーに向かいます。

最後の直線は約404mです。

4大馬場(東京・中山・京都・阪神)のなかでは唯一直線上に上り傾斜が存在していません。

そのため、各馬はトップスピードでゴールを目指します。

京都の外回り芝1,400mは3コーナーにある淀の坂のため、早めにペースアップしやすいです。

ほとんどの馬が淀の坂にある下り傾斜を利用してペースアップしますが、4ハロンほど駆け上がるためスタミナのない馬は直線で一杯になりやすいです。

そのため、長く脚を使える維持力が試されやすいです。

京都の芝1,400m(外)はここをチェック!

  • テンは速くならない
  • スローからの時計勝負になりやすい
  • オープンレースが多く開催される
  • 先行~差し馬が活躍
  • 関西騎手の独壇場
  • ロードカナロアやディープインパクト産駒が強い

ファンタジーステークス2023の出走馬

【参考レース】2023年 ファンタジーステークス|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ドナベティ牝255.0坂井瑠星
2ロータスワンド牝255.0藤岡康太
3ピューロマジック牝255.0斎藤新
4ヒヒーン牝255.0吉田隼人
5クイックバイオ牝255.0西村淳也
6カルチャーデイ牝255.0酒井学
7セントメモリーズ牝255.0石川裕紀人
8テラメリタ牝255.0秋山真一郎
9セイウンデセオ牝255.0今村聖奈
10イツモニコニコ牝255.0M.デムーロ
11シカゴスティング牝255.0鮫島克駿
12レディーエンジェル牝255.0幸英明
13キャプテンネキ牝255.0松若風馬
14シュークリーム牝255.0団野大成
15バロン牝255.0和田竜二
16ワイドラトゥール牝255.0北村友一
17キャンシーエンゼル牝255.0松山弘平
18クリノハレルヤ牝255.0藤岡佑介

ファンタジーステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
18リバーラ10未勝利1
25ブトンドール2函館2歳ステークス(G3)1
36レッドヒルシューズ5新馬1
2021
15ウォーターナビレラ2サフラン賞(1勝)1
22ナムラクレア1小倉2歳ステークス(G3)1
39ママコチャ3未勝利1
2020
110メイケイエール1小倉2歳ステークス(G3)1
26オパールムーン7新馬1
39ラヴケリー5クローバー賞(OP)2
2019
16レシステンシア6新馬1
212マジックキャッスル1サフラン賞(1勝)2
314クリアサウンド2新潟2歳ステークス(G3)4
2018
14ダノンファンタジー1未勝利1
21ベルスール4新馬1
33ジュランビル6ききょうステークス(OP)3
2017
19ベルーガ5新馬1
28コーディエライト3新潟2歳ステークス(G3)2
310アマルフィコースト1中京2歳ステークス(OP)1
2016
11ミスエルテ1新馬1
27ショーウェイ12ききょうステークス(OP)8
310ディアドラ3未勝利1
2015
111キャンディバローズ5小倉2歳ステークス(G3)1
23メジェルダ6りんどう賞(500万)2
36ブランボヌール1函館2歳ステークス(G3)1
2014
16クールホタルビ14小倉2歳ステークス(G3)13
21ダノングラシアス1りんどう賞(500万)2
39ウインソワレ3未勝利1
2013
17ベルカント4小倉2歳ステークス(G3)2
24モズハツコイ7デイリー杯2歳ステークス(G2)6
310アドマイヤビジン15未勝利1
※2020~2022年は阪神開催

【キャリア】2戦馬が優秀

キャリア成績単勝率連対率複勝率
1戦【3-2-1-24】10.0%16.7%20.0%
2戦【6-3-4-32】13.3%20.0%28.9%
3戦以上【1-5-5-41】1.9%11.5%21.2%

過去10年のファンタジーステークスの好走馬をキャリア別にまとめました。

もっともすぐれた成績を残しているのはキャリア2戦の馬で6頭の勝ち馬をはじめ、13頭の馬が馬券に絡んでいます。

また、キャリア1戦の馬も出走数は少ないものの好走率は高めでした。

対して、すでにキャリア3戦以上重ねていた馬は【1-5-5-41】で勝ち馬は2014年のクールホタルビのみとなっています。

ファンタジーステークスで勝ち馬を探す際は過去のキャリアにも注目したいです。

今年の出走馬の中で、すでにキャリア3戦以上重ねている馬は4頭いました。

・クイックバイオ
・シカゴスティング
・ドナベティ
・ピューロマジック

【脚質】逃げと先行馬が強い

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【2-3-0-5】20.0%50.0%50.0%
先行【5-2-4-23】14.7%20.6%32.4%
差し【1-3-4-39】2.1%8.5%17.0%
追込【2-2-2-30】5.6%11.1%16.7%

過去10年のファンタジーステークスの好走馬を枠順別にまとめてみました。

もっとも好走していたのは逃げ馬で【2-3-0-5】の成績を残しています。

勝率20%、連対率50%は全脚質の中でもトップクラスでした。

次いで、先行馬が【5-2-4-23】で逃げ馬について好走率は高かったです。

ファンタジーステークスは前残り有利の舞台となりやすいため、逃げや先行馬を評価したいです。

今年の出走馬の中で前走を4コーナー通過時点で先頭だった馬は5頭、2~5番手だった馬は7頭いました。

前走最終コーナー1番手で通過した馬
・イツモニコニコ
・クリノハレルヤ
・シュークリーム
・ピューロマジック
・レディーエンジェル

前走最終コーナーを2~5番手で通過した馬
・カルチャーデイ
・キャプテンネキ
・キャンシーエンゼル
・クイックバイオ
・シカゴスティング
・セイウンデセオ
・ヒヒーン

PR

ファンタジーS(G3)とアルゼンチン共和国杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけでファンタジーS(G3)アルゼンチン共和国杯(G2)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ファンタジーステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-3-2-2】30.0%60.0%80.0%
2番人気【1-1-1-7】10.0%20.0%30.0%
3番人気【0-1-3-6】0.0%10.0%40.0%
4~6番人気【4-2-3-21】13.3%20.0%30.0%
7~9番人気【0-2-0-28】0.0%6.7%6.7%
10番人気以下【2-1-1-33】5.4%8.1%10.8%

1番人気は連軸に最適

過去10年のファンタジーステークスで1番人気は【3-3-2-2】でした。

単勝率こそ30%と低めの数値ですが、複勝率80%は立派です。

1番人気は2~3着に入線することが多いことから、馬連や三連複といった連軸馬券の軸にするのがよさそうです。

2.3番人気の好走率は高くない

過去10年のファンタジーステークスで2~3番人気の馬は【1-2-4-13】でした。

2~3番人気を合わせても勝ち馬は1頭しか出ておらず、好走率は人気の割に高くありません。

ファンタジーステークスは1番人気こそ信頼できますが、2~3番人気は飛ぶ可能背も高いのでそこまで信頼できないです。

本命⇒穴馬の組み合わせで決着づくことが多い

過去10年のファンタジーステークスの入着順位を人気別に見てみると、2020年度を除いた9開催で5番人気以下の馬が1頭以上馬券に絡んでいました。

1~3番人気で決着づいた年は2021年のみとなっていて、それ以外の年は中~下位人気の馬が1頭以上馬券に絡んでいました。

また、1番人気の複勝率80%が裏付けているように、2014年から2021年の8開催は1番人気馬が毎年必ず馬券に絡んでいます。

このことから、人気馬と穴馬の組み合わせで馬券購入するのがよいでしょう。

ファンタジーステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-2-0-8】9.1%27.3%27.3%
2枠【0-2-0-10】0.0%16.7%16.7%
3枠【0-1-1-11】0.0%7.7%15.4%
4枠【4-0-0-10】28.6%28.6%28.6%
5枠【1-2-3-12】5.6%16.7%33.3%
6枠【2-2-1-13】11.1%22.2%27.8%
7枠【1-1-3-15】5.0%10.0%25.0%
8枠【1-0-2-18】4.8%4.8%14.3%

4枠が4勝

過去10年のファンタジーステークスでもっとも勝ち馬が出ていたのは4枠でした。

実に4頭もの勝ち馬がでていて、単勝率29%は全枠順の中でもダントツです。

また、4枠発走で勝利したダノンファンタジーとレシステンシアは続く阪神JFも勝利していました。

4枠に入った馬は高く評価してよいでしょう。

今年のファンタジーステークスで4枠に入った馬はセントメモリーズテラメリタです。

4枠以外の差は小さい

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-2-0-10】7.7%23.1%23.1%
2枠【0-3-0-12】0.0%20.0%20.0%
3枠【0-1-3-12】0.0%6.3%25.0%
4枠【5-0-0-12】29.4%29.4%29.4%
5枠【0-0-3-16】0.0%0.0%15.8%
6枠【2-2-1-13】11.1%22.2%27.8%
7枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
8枠【1-1-1-20】4.3%8.7%13.0%

こちらの表は、阪神で開催された近3開催を省いた2010年から2019年の過去10開催のファンタジーステークスのデータです。

京都で行われた直近10開催の好走馬を見てみると、前述したように4枠の好走事例は高いです。

しかし、それ以外の枠順は特別大きな差はありませんでした。

今年は3年ぶりに京都でレースが施行されますが、4枠を除けば枠順における大きな差はないと考えられます。

ファンタジーステークスの過去10年の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
1.2着【9-8-8-65】10.0%18.9%27.8%
3着以下【1-2-2-32】2.7%8.1%13.5%

前走連対馬が強い

過去10年のファンタジーステークスの勝ち馬9頭と3着内25頭は前走レースで2着以内に入線していました。

前走3着以下に敗れた馬は【1-2-2-32】で好走率を落としています。

ファンタジーステークスでは前走着順にも注目したいです。

今年の出走馬で前走3着以下に敗れていた馬は6頭いました。

キャンシーエンゼル
(前走小倉2歳S【G3】/3着)

セイウンデセオ
(前走小倉2歳S【G3】/7着)

テラメリタ
(前走クローバー賞【OP】/4着)

ヒヒーン
(前走新潟2歳S【G3】/8着)

レディーエンジェル
(前走ききょうS【OP】/5着)

ロータスワンド
(前走函館2歳S【G3】/15着)

ファンタジーステークスの過去10年の前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
1,200m【5-2-2-37】10.9%15.2%19.6%
1,400m【1-4-4-44】1.9%9.4%17.0%
1,500m【1-1-1-3】16.7%33.3%50.0%
1,600m【3-3-2-10】16.7%33.3%44.4%

別路線組から挑む馬が活躍していた

過去10年のファンタジーステークスの好走馬を前走距離別に見てみると、前走芝1,200m組は【5-2-2-37】で勝ち馬の半数がでていました。

また、前走が芝1,600m以上の距離短縮組も3頭の勝ち馬をはじめ、10頭が馬券に絡んでいます。

対して、前走がファンタジーステークスと同じ芝1,400mだった馬は【1-4-4-44】で勝ち馬は2019年のレシステンシアしかいませんでした。

前走芝1,400mだった馬は9頭が馬券に絡んでいるものの、単勝率は2%、複勝率は17%の低水準です。

ファンタジーステークスでは前走から距離延長もしくは短縮組を評価したいですね!

今年の出走馬を前走距離別にまとめました。

前走芝1,200m(距離延長組)
・カルチャーデイ
・キャンシーエンゼル
・クリオンハレルヤ
・シカゴスティング
・シュークリーム
・セイウンデセオ
・ドナベティ
・ピューロマジック
・ロータスワンド

前走芝1,500m以上(距離短縮組)
・テラメリタ
・ヒヒーン
・ワイドラトゥール

前走芝1,400m(同距離)
・イツモニコニコ
・キャプテンネキ
・クイックバイオ
・セントメモッリーズ
・バロン
・レディーエンジェル

ファンタジーステークス2023の有力馬3頭

ファンタジーステークスは1番人気が活躍しやすいレースなので、最上位人気に支持された馬は評価できます。

今年の出走登録馬の中で上位人気に支持されそうな馬を3頭取り上げます。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

クイックバイオ

主な勝ち鞍

・きょうS (OP) 2023年

クイックバイオは前走のききょうステークスから駒を進めています。

ききょうステークスでは先行しながらも勝利し、そのまえの未勝利戦では札幌のそこそこ時計のかかる馬場で勝利をつかみました。

血統的には新種牡馬のブリックスアンドモルタルの仔ですが、先月行われたサウジアラビアロイヤルカップにおいて、同じ父を持つゴンバデカーブースが有力馬のボンドガールに先着したことで注目されました。

ゴンバデカーブースの活躍を見た限りは1,400mでも通用しそうです。

今回混戦模様ですが、ききょうステークスで距離適性は証明しています。

不安データもいくつかありますが、有力馬の一頭でしょう。

★評価点
・同距離で勝利経験がある
・ブリックスアンドモルタル産駒は活躍する可能性が高い
・先行競馬が得意

▼課題
・キャリア3戦組
・データと相性の悪い前走同距離組

キャプテンネキ

主な勝ち鞍

・りんどう賞 (1勝クラス) 2023年

キャプテンネキは前走りんどう賞の勝ち馬です。

りんどう賞は今回と全く同じ京都芝1,400mで行われ、同コースですでに結果を残しているのは大きな長所といえます。

今回は初重賞となるため相手関係はいささか強化されると思いますが、りんどう賞では時計のかかる重馬場の中勝利しているので確かな実績はあるでしょう。

血統的にもダイワメジャー産駒はマイル以下の舞台で結果を残していますし、初重賞タイトル奪取も十分可能だと思います。

★評価点
・同距離を経験済み
・先行馬
・タフな舞台でも力を発揮した

▼課題
・松若騎手が最近調子わるい

シカゴスティング

主な勝ち鞍

・フェニックス賞 (OP) 2023年

シカゴスティングは前走のフェニックス賞が圧巻で、先行しながらも上がり最速34秒6の末脚で勝利しています。

このとき2着馬のフタバに0.5秒差の圧勝で力のある競馬を証明しました。

データと相性の悪いキャリア3戦組ですが、これまでは小倉・中京・新潟といった異なる舞台で馬券に絡んでいます。

今回初めての京都となりますが、どんな舞台でも力を発揮しているのでここでもかみ合う可能性は高いでしょう。

フェニックス賞のような力ある競馬ができれば3連勝もあり得そうです。

★評価点
・フェニックス賞が強い走り
・どんな舞台でも好走している
・先行馬

▼課題
・キャリア3戦組

ファンタジーステークス2023の穴馬2頭

ファンタジーステークスは4番人気以下の馬が毎年馬券に絡んでいることから、穴馬を見抜くことも大切です。

今年の出走登録馬の中で穴馬になるであろう馬を2トウピックアップしました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

クリノハレルヤ

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

クリノハレルヤは前走の新馬戦で逃げの競馬を打ちながらも上がり最速34秒5の時計で勝利をつかみました。

2着のアスクワンタイムに3馬身半差もつけて圧勝しましたし、インパクトのある勝ちっぷりだったのです。

今回はキャリア2戦目にして重賞に挑みます。

血統的には父がパワータイプのドレフォンで、新馬戦も重馬場だったのでできれば雨が降って馬場が重くなったほうが好走するでしょう。

良馬場の判断は難しいものの、新馬戦のように出し切ることができれば面白い存在となりそうです。

★評価点
・新馬戦が後続を突き放した勝ちっぷり
・データと相性のいい逃げ馬

▼課題
・良馬場で力を発揮できるか

キャンシーエンゼル

主な勝ち鞍

・2歳新馬 2023年

前走の小倉2歳ステークスで3着のキャンシーエンゼルも満を持してファンタジーステークスに参戦します。

前走の小倉2歳ステークスではアスクワンタイムやミルテンベルクから1馬身半差離れての3着でした。

2頭が外目から進出して余分に距離を走りながらも好走していることから、完敗だったといえます。

もっとも、キャンシーエンゼルも中団からとはいえしっかりと末脚を伸ばして4着以下に勝ち切っているように、中身のある競馬を披露しています。

今回小倉2歳ステークスで連対した2頭は裏で行われる京王杯2歳ステークスに向かいます。

キャンシーエンゼルにとって敗れた2頭が不在ということは勝ち負けできるチャンスだと思います。

小倉2歳ステークスは悪くない競馬でしたし、出し切れればチャンスもあるでしょう。

★評価点
・小倉2歳ステークスは悪くない競馬
・データと相性のいいキャリア2戦馬
・先行馬

▼課題
・高好走配場のほうが出し切れている

ファンタジーステークス2023予想の最終買い目

ファンタジーステークスが開催される京都競馬場界隈の天気を見てみると、晴れのち曇りの予報が出ていました。

降水確率は朝方と昼過ぎは20%ですが、基本的には降らないものと認識したいです。

馬場傾向については、前日の金曜日は終日晴れで芝は良馬場です。

クッション値は午前9時30分の時点で10.0とやや硬めです。

含水率は10時の時点で4コーナーは8.2%、ゴール前は11.1%でしたがその後は乾燥傾向にあるでしょう。

うましるでは晴れの良馬場,時計の出やすい条件を想定しながら予想をまとめました。

PR

ファンタジーステークス(G3)アルゼンチン共和国杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 14 シュークリーム

ファインニードル
スポークスウーマン
母父Invincible Spirit
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

本命はシュークリームにしました。

前走の新馬戦が京都のダート1,400m(重馬場)で上がり最速となる33秒8の時計でゴールしています。

2着のマーシャルテイルに7馬身差をつけているのもインパクトがありましたが、それ以上に上がり2位の時計34秒3と比較しても0.5秒も速い上がりで勝利しているのも高く評価したいです。

今回と全く同じコースで勝利をつかんでいるのもストロングポイントといえるでしょう。

高速馬場への適性だけは未知数ですが、地力は上位だと思いますし2連勝にも期待したいです。

〇対抗 16 ワイドラトゥール

カリフォルニアクローム
ワイドサファイア
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

対抗はワイドラトゥールにしました。

前走の新馬戦は新潟マイルで1分35秒5の時計で勝利しました。

時計は特別速いものではありませんが、2着馬に2馬身半差をつけています。

また、半兄のワイドファラオはダート馬として活躍しましたが、もともとは芝出身の馬で3歳時にはニュージーランドトロフィーを、そして初ダートとなったユニコーンステークスは重馬場の中1分35秒5の時計で勝利しているように、時計の出る馬場で結果を残していました。

このことから、妹のワイドラトゥールも高速馬場適性があってもいいと思います。

今年のファンタジーステークスはなかなか骨のあるメンバーが揃っていますが前走を見た限りは地力が高そうだと感じたので2番手評価にしました。

▲単穴  7 セントメモリーズ

エピファネイア
ネオフレグランス
母父ネオユニヴァース
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走ききょうS(OP) 2着

単穴はセントメモリーズにします。

前走のききょうステークスでは2着に敗れたものの、今回人気を集めそうなクイックバイオに半馬身差の2着でした。

しかも、最後方から上がり最速34秒1の末脚で好走していてラストのキレは大したものです。

データと相性のいい4枠を引けたのもよいですし、後方有利の展開になれば上位争いも十分可能でしょう。

△連下 18 クリノハレルヤ

ドレフォン
シーサイドロマンス
母父ショウナンカンプ
主な勝ち鞍2歳新馬 2023年
前走2歳新馬 1着

大外のクリノハレルヤは連下にしました。

前走の新馬戦は夏の中京開催で重馬場でしたが7頭立てのレースを逃げて勝利しています。

このときの2着馬アスクワンタイムはのちに小倉2歳ステークスを制していました。

父がパワー型のドレフォン産駒なので馬場が味方した可能性もありますが、のちの重賞馬に3馬身半差の圧勝は高く評価したいです。

今回のファンタジーステークスはおそらく良馬場なのでかみ合うかは分かりませんが、新馬戦のようにハマったときは高いパフォーマンスを発揮しているので相手で抑えます。

△連下  3 ピューロマジック

アジアエクスプレス
メジェルダ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍2歳未勝利 2023年
前走2歳未勝利 1着

ピューロマジックも抑えます。

前走の未勝利戦は開催最終週の札幌で馬場も稍重とかなり時計のかかる条件でした。

ここでは先手を奪ってそのまま上がり最速35秒1の末脚で勝利しました。

2着のリネンワルツに10馬身差の圧勝というのもインパクトがありますが、このときピューロマジックが叩き出し1分9秒8の時計も優秀で、同日2勝クラスの知床特別の勝ち時計1分10秒1より速かったのです。

過去の戦績を見ると時計のかかる馬場でしか走っていないので高速馬場適性は読めませんが、かみ合ったら非常に強い競馬を見せていました。

今回人気を落とすと思いますが、実力の高い馬なので抑えておきます。

△連下  5 クイックバイオ

ブリックスアンドモルタル
アニメイトバイオ
母父ゼンノロブロイ
主な勝ち鞍ききょうS(OP) 2023年
前走ききょうS(OP) 1着

今回人気になりそうなクイックバイオも抑えることにしました。

前走のききょうステークスの勝ち馬ですが2着のセントメモリーズとの差は0.1秒とそこまで目立った活躍は見せていません。

その前の未勝利戦は2着馬サクセスカノンには2馬身差の勝利でしたがどちらも時計はそこまで目立っていません。

主戦を務める川田騎手も今回アメリカ遠征に行って騎乗しません。

2連勝している点は評価できますが、特別目立つ走りでなかったのも事実なので抑えまでにしておきます。

単勝

14 シュークリーム

馬連流し

軸馬:14
相手:3、5、7、16、18

三連複フォーメーション

1頭目:14
2頭目:3、5、7、16、18
3頭目:3、5、7、16、18

以上になります。
ファンタジーステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)