[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【マイルCS2023/騎手予想】人気以上にくる穴騎手は?騎手で買いたいトップ3はこちら!

マイルチャンピオンシップ2023騎手予想記事のサムネイル画像

当記事ではマイルチャンピオンシップ2023の過去10年の騎手データをまとめています。

競馬の勝ち負けは【馬の力7割:騎手の力3割】と言われています。

馬の力だけではなく騎手の腕もレースの勝敗を左右しており、騎手は競馬において欠かせない存在なのです。

マイルチャンピオンシップの過去10年のデータから、好走騎手と好走馬を導き出し、騎手買いしたいトップ3を公開しています。

目次(読みたい項目をタップ)

マイルチャンピオンシップ2023の出走馬と騎手

【データ&出走馬紹介】2023年 マイルチャンピオンシップ|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ソウルラッシュ牡558.0J.モレイラ
2ビーアストニッシド牡458.0和田竜二
3ダノンスコーピオン牡458.0団野大成
4エエヤン牡357.0M.デムーロ
5ジャスティンカフェ牡558.0坂井瑠星
6ダノンザキッド牡558.0北村友一
7エルトンバローズ牡357.0西村淳也
8ソーヴァリアント牡558.0池添謙一
9シュネルマイスター牡558.0C.ルメール
10マテンロウオリオン牡458.0横山典弘
11セリフォス牡458.0川田将雅
12レッドモンレーヴ牡458.0横山和生
13セルバーグ牡458.0松山弘平
14バスラットレオン牡558.0鮫島克駿
15イルーシヴパンサー牡558.0岩田望来
16ナミュール牝456.0R.ムーア

マイルチャンピオンシップの過去10年の騎手データ

騎手成績単勝率連対率複勝率
C.ルメール【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
M.デムーロ【1-2-0-3】16.7%50.0%50.0%
R.ムーア【1-1-1-5】12.5%25.0%37.5%
池添謙一【1-0-0-4】20.0%20.0%20.0%
川田将雅【0-1-3-6】0.0%10.0%40.0%
北村友一【0-1-0-3】0.0%0.0%25.0%
松山弘平【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
和田竜二【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%
横山典弘【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%
岩田望来【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%
坂井瑠星【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
PR

マイルチャンピオンシップ(G1)東スポ杯2歳S(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

C.ルメール騎手の実績はそこまで高くない?

過去10年のC.ルメール騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022シュネルマイスター15着
2021グランアレグリア11着
2020グランアレグリア11着
2019レイエンダ815着
2018モズアスコット113着
2017イスラボニータ15着
2016イスラボニータ22着
2015サトノアラジン34着
2014ロゴタイプ57着
2013グランプリボス79着

過去10年のマイルチャンピオンシップを皆勤しているC.ルメール騎手の成績は【2-1-0-7】でした。

このうちの2勝は歴代でも最強マイラーとして名高いグランアレグリアのものです。

グランアレグリアを除けば2016年のイスラボニータしか馬券に絡めておらず、意外と着外も多かったです。

このことから、ルメール騎手とマイルチャンピオンシップの相性は実は高くありませんでした。

ただし、下半期のルメール騎手は菊花賞と天皇賞(秋)、そしてエリザベス女王杯といったG1レースを3連勝しており、ものすごく乗れています。

今回騎乗するシュネルマイスターとの相性も良いですし、この勢いで今年のマイルチャンピオンシップを制しても全くおかしくありませんよ。

M.デムーロ騎手の好走馬はこのレースに強い馬ばかり

過去10年のM.デムーロ騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2020サリオス25着
2018ペルシアンナイト32着
2017ペルシアンナイト31着
2016サトノルパン1118着
2015フィエロ22着
2013レッドオーヴァル118着

過去10年のマイルチャンピオンシップでM.デムーロ騎手は6回騎乗し、3度馬券に絡みました。

複勝率50%といえば聞こえはいいですが、馬券に絡んだペルシアンナイトとフィエロは過去に2度以上このレースで馬券に絡んでいます。

2017年のペルシアンナイトに関してはデムーロ騎手の渾身の騎乗が勝利に反映されたと思いますが、それ以外のレースは馬のコース適性もあったでしょう。

全盛期に比べたら調子を落としていますし、久々でかつてのように好走できるかといったら少し難しいかもしれません。

川田騎手は近年乗れている

過去10年の川田騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022ダノンスコーピオン411着
2021ダノンザキッド53着
2020アドマイヤマーズ53着
2019ダノンプレミアム12着
2018アルアイン43着
2017サトノアラジン512着
2016サトノアラジン15着
2015ヴァンセンヌ614着
2014サンレイレーザー1316着
2013クラレント411着

過去10年のマイルチャンピオンシップですべて騎乗の川田騎手は【0-1-3-6】でした。

勝率0%、複勝率は40%ですが、馬券に絡んだ4頭はいずれも直近5開催以内のものです。

昨年はダノンスコーピオンに騎乗して11着に敗れましたが、ダノンスコーピオンの近年の活躍を見る限りは騎乗よりも馬のほうに問題があったと思います。

ダノンスコーピオンを除けば4年連続で馬券に絡んでいることから、川田騎手はマイルチャンピオンシップと相性のいい騎手なのです。

R.ムーア騎手は過信しないほうがいい

過去10年のR.ムーア騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022サリオス314着
2019アルアイン516着
2018アエロリット212着
2017エアスピネル22着
2016ネオリアリズム73着
2015モーリス41着
2014エクセラントカーヴ1612着
2013ダークシャドウ916着

過去10年のマイルチャンピオンシップでR.ムーア騎手は8回騎乗し【1-1-1-5】の成績でした。

特に2015~2017年は3年連続で馬券に絡んでいて実力を証明しています。

ところが、2018年以降に騎乗した3頭はすべて着外、それも二桁着順に沈んでいます。

あまりにも大きく敗れていることから乗れていないことが分かりました。

侮れない松山騎手

過去10年の松山騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022ソウルラッシュ54着
2021サリオス36着
2020サウンドキアラ710着
2018カツジ164着
2017アメリカズカップ1316着
2016ダノンシャーク144着

過去10年のマイルチャンピオンシップで松山騎手は6回騎乗しすべて着外に敗れています。

しかしながら、過去に騎乗した6頭のうちの3頭を4着に持ってきていました。

しかも、この中には全く人気のなかった2018年のカツジや2016年のダノンシャークでも激走しています。

一度も馬券に絡めていませんが、穴馬を頻繁に上位争いに持ってきていることから、松山騎手はマイルチャンピオンシップで期待できる騎手といえます。

一度も馬券に絡めていない和田・横山典弘騎手

過去10年の和田騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2021ダーリントンホール107着
2019モズアスコット714着
2017レーヌミノル104着
2014ホウライアキコ1417着
2013サダムパテック57着
過去10年の横山典弘騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022マテンロウオリオン1010着
2019ダノンキングリー25着
2018ロードクエスト1217着
2015クラリティスカイ1412着
2013サクラゴスペル1517着

過去10年のマイルチャンピオンシップで和田騎手と横山典弘騎手はそれぞれ5回ずつ騎乗していますが1度も馬券に絡むことはありませんでした。

和田騎手の最高着順は人気落ちのレーヌミノルで4着なのでまだましですが、横山典弘騎手は人気のダノンキングリーで着外に敗れています。

この2名は馬質にも恵まれていませんし、マイルチャンピオンシップと相性のいい騎手というではありません。

今回は人気落ちの馬に騎乗しますが激走には期待できないでしょう。

西村・モレイラ・団野・横山和生4名は今回初騎乗

マイルチャンピオンシップに初めて挑むのは西村淳也騎手とJ.モレイラ騎手、団野騎手の横山和生騎手です。

この4名が騎乗する馬はすべて重賞タイトルを手にしている馬です。

特にモレイラ騎手が騎乗するソウルラッシュや西村淳也騎手が騎乗するエルトンバローズは上位人気に支持される可能性が高いので、はじめてのレースでいきなり勝ち負けも狙えるかもしれません。

マイルチャンピオンシップの出走人馬のコンビ成績と評価

馬名騎手成績単勝率連対率複勝率
イルーシヴパンサー岩田望来【1-0-0-2】33.3%33.3%33.3%
エエヤンM.デムーロ【2-0-0-1】66.7%66.7%66.7%
エルトンバローズ西村淳也【4-0-0-0】100.0%100.0%100.0%
ジャスティンカフェ坂井瑠星【0-0-0-0】
シュネルマイスターC.ルメール【4-2-2-2】40.0%60.0%80.0%
セリフォス川田将雅【2-0-0-0】100.0%100.0%100.0%
セルバーグ松山弘平【1-0-0-1】50.0%50.0%50.0%
ソウルラッシュJ.モレイラ【0-0-0-0】
ソーヴァリアント池添謙一【0-0-1-0】0.0%0.0%100.0%
ダノンザキッド北村友一【1-2-0-2】20.0%60.0%60.0%
ダノンスコーピオン団野大成【0-0-0-0】
ナミュールR.ムーア【0-0-0-0】
バスラットレオン鮫島克駿【0-0-0-0】
ビーアストニッシド和田竜二【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
マテンロウオリオン横山典弘【2-2-0-8】16.7%33.3%33.3%
レッドモンレーヴ横山和生【1-1-0-1】33.3%66.7%66.7%

イルーシヴパンサー×岩田望来騎手 評価A

これまで3戦1勝ですが騎乗したのはすべて重賞でした。

テン乗りで挑んだ今年の京都金杯を勝利し、前走の富士ステークスも着外とはいえ4着に持ってきています。

唯一閣外に敗れたのはG1安田記念で相手関係を考慮すれば、コンビの相性はよいでしょう。

エエヤン×M.デムーロ騎手 評価A

はじめて騎乗した1勝クラス戦では先行から早めに先頭に立って勝利し、2着のマイネルフォルツァに3馬身差の圧勝です。

続くニュージーランドトロフィーも1勝クラスの時のように先行しながらコーナーで押し上げて勝利しました。

トリッキーな中山で器用に立ち回れたのはデムーロ騎手の力量があったからこそで、人馬の相性はとてもよいです。

エルトンバローズ×西村淳也騎手 評価S

もともと福永騎手やルメール騎手が騎乗して勝ち星をつかめませんでしたが西村淳也騎手が騎乗してからは初勝利を含め、4勝!

しかもそのうちの2勝は重賞タイトルです。

前走の毎日王冠は八分の出来とはいえソングラインやシュネルマイスターにも先着しています。

馬の力もありましたが西村騎手の渾身の騎乗が勝利に反映されたように感じました。

人馬の相性は文句なしでよいです。

シュネルマイスター×C.ルメール騎手 評価A

これまでルメール騎手とのコンビで【4-2-2-2】です。

昨年のマイルチャンピオンシップは5着に敗れてしまいましたが位置取りや前の進路が塞がれていて追い出しに苦労しました。

その次の香港マイルは初の洋芝で全く伸び切れずと、敗因は明白です。

今年は3回騎乗し【1-0-2-0】と一度も馬券を外していないことから相変わらず調子はよいです。

セリフォス×川田騎手 評価B

川田騎手とセリフォスのコンビはこれまで2戦2勝と相性は抜群です。

人馬ともにマイルコースを得意としているのでかみ合えばチャンスは十分あるでしょう。

ただ、あえてケチをつけるなら川田騎手は2歳夏時期の新潟2歳ステークス以来の騎乗となります。

川田騎手なので久々の騎乗でも折り合いをつけることはできると思いますが、この点だけは少し評価を下げたいです。

セルバーグ×松山騎手 評価A

初めてコンビを組んだ今年の米子ステークスでは12着に敗れましたが、前走の中京記念はノーマークの逃げが見事フィットして重賞初制覇をつかみました。

この中京記念ではディヴィーナやルージュスティリアといった相手に先着しているので高く評価できます。

相手は強力ですが騎乗する松山騎手はマイルチャンピオンシップでたびたび穴馬を上位に持ってきているので不気味な存在となりそうです。

ソーヴァリアント×池添騎手 評価A

初コンビを組んだ前走の富士ステークスではキャリア初のマイル戦ということもあって6番人気に支持を落としましたが、意外なほどマイルと高速馬場がかみ合い3着入りしています。

騎乗した池添騎手はソーヴァリアントの父オルフェーヴルの主戦騎手ですし、不思議と相性はよさそうに見えます。

富士ステークスがフロックだった可能性もあるので、今回G1の大舞台でどれだけ実力を発揮できるか楽しみです。

ここで好走するようでしたら本物でしょう。

ダノンザキッド×北村友一騎手 評価A

コンビ相性は【1-2-0-2】で、馬券に絡んだ2戦はG1の舞台でした。

しかも、この2戦は人気を落としている中で好走しています。

もともと主戦を務めていたのは川田騎手でしたが、北村騎手に乗り替わってからは穴馬として台頭しているので現在では北村騎手が一番合っています。

ビーアストニッシド×和田騎手 評価B

和田騎手はこれまで2戦乗っていずれも着外に敗れています。

この2戦は昨年の皐月賞とダービーのものなので相手関係を考えたら勝ち負けは厳しかったかもしれません。

しかしながら、もともとビーアストニッシドは岩田康誠騎手とのコンビで結果を重ねてきており、2走前の安土城ステークスも岩田騎手の手綱の元2着入りしました。

このことから、和田騎手よりも岩田騎手が騎乗したほうがよかったかもしれません。

マテンロウオリオン×横山典弘騎手 評価B

初勝利をつかんだ時から一貫して横山典弘騎手が騎乗していましたが、NHKマイルカップで2着入りしたのを最後、なかなか馬券に絡むことができていません。

近年のマテンロウオリオンは出遅れが多くなってどうしても最後方からの競馬になっているので横山騎手とのコンビが悪いわけではありません。

ただ、NHKマイルカップを最後、これといった好騎乗をしているわけでもないのでコンビ相性がよいかといわれると、少し微妙なところです。

レッドモンレーヴ×横山和生騎手 評価A

3走前の京王杯スプリングカップで初コンビを組んでいきなり勝利しています。

そして、前走の富士ステークスもメイチでないものの好位から上がり33秒7の脚で2着入りしているように、横山和生騎手はレッドモンレーヴの能力を上手に引き出していました。

敗れた安田記念も1分32秒0の時計で入線しているように力は発揮していることからもコンビ相性の良さが感じられます。

PR

マイルチャンピオンシップ(G1)東スポ杯2歳S(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとマイルチャンピオンシップ(G1)東スポ杯2歳S(G2)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

マイルチャンピオンシップの過去10年の乗り替わりデータ

前走から成績単勝率連対率複勝率
継続騎乗【3-7-5-74】3.4%11.2%16.9%
乗り替わり【7-3-5-70】8.2%11.8%17.6%
今回の乗り替わり騎手と馬
馬名今回騎乗騎手前回騎乗騎手
ジャスティンカフェ坂井瑠星横山典弘
セリフォス川田将雅D.レーン
セルバーグ松山弘平吉田豊
ソウルラッシュJ.モレイラ松山弘平
ダノンスコーピオン団野大成横山和生
ナミュールR.ムーアJ.モレイラ
ビーアストニッシド和田竜二田中健
マテンロウオリオン横山典弘田辺裕信

乗り替わり騎手のほうが勝利していた

過去10年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬7頭が乗り替わりで勝利していました。

馬券に絡んだ30頭の騎手を見てみると、継続騎手が15名、乗り替わりが15名馬券に絡んでいるので五分五分ですが、勝ち馬だけ見たら乗り替わり組のほうが優秀だったのです。

乗り替わり騎手で馬券に絡んだ馬と騎手

乗り替わりで馬券に絡んだ馬と騎手
年度着順馬名騎乗騎手
20221着セリフォスD.レーン
2着ダノンザキッド北村友一
20212着シュネルマイスター横山武史
20191着インディチャンプ池添謙一
3着ペルシアンナイトO.マーフィー
20181着ステルヴィオW.ビュイック
3着アルアイン川田将雅
20172着エアスピネルR.ムーア
3着サングレーザー福永祐一
20161着ミッキーアイル浜中俊
3着ネオリアリズムR.ムーア
20151着モーリスR.ムーア
20141着ダノンシャーク岩田康誠
20131着トーセンラー武豊
3着ダノンシャーク福永祐一

外人騎手と関西騎手が強い

過去10年のマイルチャンピオンシップにおいて、乗り替わりで好走した馬は15頭いますが、このうちの8頭が関西所属騎手で6頭が短期免許で来日した外人騎手のものでした。

乗り替わりの関東騎手が馬券に絡んだのは2021年のシュネルマイスターのみです。

マイルチャンピオンシップは関西騎手か外国人騎手に注目したいです。

マイルチャンピオンシップの過去10年のテン乗りデータ

成績単勝率連対率複勝率
【4-1-1-43】8.2%10.2%12.2%
※テン乗り=初めて騎乗すること
テン乗りで勝利した馬と騎手
年度馬名騎乗騎手
2022セリフォスD.レーン
2019インディチャンプ池添謙一
2018ステルヴィオW.ビュイック
2014ダノンシャーク岩田康誠

テン乗り騎手も4勝している

過去10年のマイルチャンピオンシップでテン乗り騎手は4勝していました。

ここが初騎乗でも勝ち負けまで持ってくるケースは多かったです。

ただし、2.3着はそれぞれ1頭しか入線していないので、テン乗り騎手は頭で買うのがよさそうです。

マイルチャンピオンシップで買いたい騎手トップ3

1位 松山騎手×セルバーグ

これまで一度も馬券に絡めていませんが、6回騎乗で3回4着に持ってきています。

また、そのうちの2頭は10番人気以下の馬でした。

松山騎手は京都のコースを知り尽くしていますし、人気のない馬を上位に持ってきた実績からも抑えておきたい騎手です。

2位 川田騎手×セリフォス

過去10年のマイルチャンピオンシップの成績は【0-1-3-6】で、2018~2021年の4開催連続で馬券に絡んでいました。

近走特に馬券に絡む頻度が高いですし、今回騎乗するセリフォスも昨年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬ということで人馬ともにこのレースとの相性は抜群に良いです。

3位 C.ルメール騎手×シュネルマイスター

これまでの成績は【2-1-0-7】で、そのうちの2勝は名マイラーグランアレグリアのものなのでルメール騎手にしてはマイルチャンピオンシップの成績はよくありません。

しかし、下半期のルメール騎手はG1レースを3連勝しているように、半端じゃないくらい勢いがあります。

特に菊花賞におけるドゥレッツァやエリザベス女王杯のブレイディヴェーグは神がかった騎乗で勝利しているようにとにかく乗れています。

今回コンビを組むシュネルマイスターとの相性もいいですし、勢いでG1タイトル4連勝を手にしてもおかしくないでしょう。

マイルチャンピオンシップ2023追い切り評価

マイルチャンピオンシップ2023追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

マイルチャンピオンシップの最終予想

マイルチャンピオンシップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)