[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【ターコイズS2023追い切り評価/全頭診断】サウンドビバーチェに並ぶ「S評価」はこの2頭!

ターコイズS2023追い切り評価記事のサムネイル画像

ターコイズステークス2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではターコイズステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

12月13日の馬場状態

美浦
美浦はウッド、坂路ともに稍重馬場でした。
どちらも全体的に時計は平均よりもかかっています。

栗東
栗東はウッド、坂路ともに良馬場です。
ウッドチップコースは平均以上に時計が出ており、坂路は標準くらいの馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

ターコイズステークス2023追い切り評価/全頭診断コメント

ターコイズステークス2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR 馬券が的中しない方へ

ターコイズS(G3)朝日杯フューチュリティS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アナザーリリック

アナザーリリック 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 68.152.337.711.3強め
前走最終美浦南W(良)84.068.052.038.011.6馬なり

昨年の福島牝馬ステークス(G3)を制したアナザーリリックは、美浦のウッドチップコースにて、ルヴィエンヌ(牝3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する津村明秀騎手を背に馬場の外側から強めに追われ、5ハロン68秒1-上がり1ハロン11秒3の時計で並走馬に半馬身先着しました。

1週前追い切りでも津村騎手を背に一杯で追われ好タイムを出しており、最終追い切りでもいい動きを披露しました。

これまで全場の芝1600mでは複勝率が43%ですが、こと中山の1,600mに限れば複勝率50%と若干得意としているようです。

また、レース当日も騎乗する津村明秀騎手とのコンビでも複勝率は50%ですので、騎手との相性が良いのは好材料です。

ウインピクシス

ウインピクシス 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.765.851.137.111.8馬なり
前走最終美浦南W(良) 67.952.637.611.1馬なり

ウインピクシスは美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する戸崎圭太騎手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン82秒7-上がり1ハロン11秒8の時計で駆け抜けました。

最終追い切りでは、ゴールドシップ産駒らしい力強い動きで好気配を示しました。

マイル戦は2歳の時に同じ中山のサフラン賞(1勝クラス)以来ですが、その時は逃げて2着と好走しています。

今回、同じ舞台で主導権を握ることができれば、そのまま押し切っても不思議ではありません。

キタウイング

キタウイング 12月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(稍重)  53.639.813.4馬なり
1週前美浦南W(良)82.866.952.638.312.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.839.013.2馬なり

重賞2勝馬のキタウイングは、美浦の坂路コースにて、ヴェラベレッツァ(牝2、未勝利)と併せ馬を行いました。

調教師を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計53秒6-上がり1ハロン13秒4の時計で並走馬と同時併入しました。

1週前追い切りでも調教師自らが追い切りを行っており、陣営の期待度が伺えます。

ただ最終追い切りでは、少し重たさが感じられる走りのように見えましたので、これで一変することに期待したいです。

今年のフェアリーステークス(G3)を勝っていますが、基本的には後方脚質で展開待ちのレースが多いと思いますので、ペースが流れる展開なら一撃もありそうな面白い存在です。

クリノプレミアム

クリノプレミアム 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)85.769.253.838.011.6強め
1週前美浦南W(良)85.368.754.039.112.0馬なり
前走最終美浦南W(良)82.465.651.337.412.2強め

昨年の中山牝馬ステークス(G3)を勝ったクリノプレミアムは、美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レースでも騎乗する松岡正海騎手を背に、馬場の真ん中から直線強めに追われ、6ハロン85秒7-上がり1ハロン11秒6の時計で走破しました。

最終追い切りでは、外側にモタれる動きを見せ、少し伸びを欠いたように見えましたが、動き自体はそこまで悪く映りませんでした。

ただ、これまでの実績を見ますと典型的な左回りが苦手なタイプです。それだけに今回、中山の右回りでは、良い方向に出ると思われます。

さらに、その右回りでは複勝率54%の実績も持っているだけに馬券圏内においては侮れない1頭です。

コナコースト

コナコースト 12月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.337.511.9馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.237.012.1馬なり

今年の桜花賞(G1)では三冠牝馬リバティアイランドの2着に入線したコナコーストは栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計53秒3-上がり1ハロン11秒9の時計で駆け上がりました。

1週前追い切りでは、レース当日も騎乗する鮫島克駿騎手を背に好タイムを叩き出しています。

よって、今回の最終追い切りで完全に仕上がった様子が見られ、最終調整程度の走りでしたが、タイムもそれなりに良かったことに好感が持てます。

前走は休み明けで秋華賞(G1)に出走しハナを切るも8着でしたが、今回は3歳馬で距離短縮のローテーションとなれば好走必至ではないでしょうか。

サウンドビバーチェ

サウンドビバーチェ 12月13日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)79.764.650.035.611.5馬なり
前走最終栗東坂路(良)  56.840.912.2馬なり

今年の阪神牝馬ステークス(G2)の覇者サウンドビバーチェは、栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する浜中俊騎手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン79秒7-上がり1ハロン11秒5の時計を記録しました。

好タイムとなった最終追い切りでは、躍動感ある走りで力強さも感じられ、久々とは思えない動きでした。

阪神牝馬ステークスで重賞初勝利を飾りヴィクトリアマイル(G1)に挑みましたが、勝ったソングラインから0.5秒差の5着だったことも評価に値します。

今回のレースはそのヴィクトリアマイルから約7カ月ぶりの実戦となりますが、最終追い切りを見る限り、仕上がりに不安はないと思いますし、ハンデ56キロも許容範囲だと思いますので本命候補の1頭です。

サーマルウインド

サーマルウインド 12月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.368.052.938.212.0馬なり
前走最終美浦南W(良)84.567.852.337.411.9馬なり

サーマルウインドは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に外ラチ沿いから馬なりで追われ、6ハロン83秒3-上がり1ハロン12秒0の時計で走破しました。

今回の最終追い切りでは馬体の充実さが目立ち、首を低くして走る動きもスピード感があるように映りました。

よって、前走の信越ステークス(L)で好位から楽々と抜け出してオープン戦をあっさりと勝ったことにも納得できます。

さらにレース当日に騎乗する北村宏司騎手とは昨年の秋からコンビを組んで以降、6戦3勝2着2回と大きく躍進していますし、今回の中山マイルは5勝中3勝を挙げていますので、得意の舞台になるのは間違いないと思われます。

ソーダスリング

ソーダスリング 12月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良) 53.037.712.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.837.611.9馬なり

2頭の重賞馬を兄姉に持つソーダスリングは栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

松若風馬騎手(レース当日の騎手は未定)を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計53秒0-上がり1ハロン12秒2の時計でゴールしました。

最終追い切りでは走りに若干ブレが見られましたが、動きは豪快だったと思います。

血統的に母のソーマジックは桜花賞3着、半姉のマジックキャッスルはヴィクトリアマイル3着とマイル路線で実績を残している一族です。

今回は53キロとハンデも軽く晩成傾向にあるハーツクライ産駒ですので、ここで素質が一気に開花する可能性も十分に考えられます。

ヒップホップソウル

ヒップホップソウル 12月13日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 68.553.338.311.4馬なり
前走最終美浦南W(稍重)85.869.353.839.311.7馬なり

キタサンブラック産駒のヒップホップソウルは美浦のウッドチップコースにて、ジュビランス(牝2、新馬 他1頭)と3頭併せを行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、5ハロン68秒5-上がり1ハロン11秒4の時計で3頭の真ん中から抜け出し、半馬身差を付けての先着でした。

最終追い切りでは闘志溢れる走りで着差以上に強い走りだと感じましたので、初重賞制覇に期待が持てそうです。

さらに中山開催の重賞レースで2着2回は中山巧者ともいえる実績ですので、これは大きなプラス材料だと思います。

また、血統的にも祖母が桜花賞馬ダンスインザムードですから、中距離よりもマイル戦の方が力を発揮しやすいのかも知れません。

フィアスプライド

フィアスプライド 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 68.152.337.311.3馬なり
前走最終美浦南W(稍重)84.468.253.538.611.6馬なり

最終追い切りは美浦のウッドチップコースにて、ミラビリスマジック(牝2、新馬)ともう一頭の馬(名称不明)と3頭併せを行ったようです。

北村宏司騎手(レース当日はルメール騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の真ん中から馬なりで追われて5ハロン68秒1-上がり1ハロン11秒3で同時併入しているようです。

映像はありませんが1週前はウッドチップでゴール前に促され、5ハロン66秒6-上がり1ハロン11秒6でまとめています。

最終追い切り映像がJRAレーシングビュアーに公開されていなかったため評価が難しいところですが、前走最終時よりは全体時計、ラスト1ハロン時計は優秀です。

おそらく、1週前にゴール前仕掛けを行ったことで負荷をかけたことがいい風に影響していると思います。

終い1ハロン11秒3もこれまでのウッドチップ追い切りの中で3番目に速いものですし、馬なりだったことを考慮すれば優秀です。

馬体や動きが分からないので限られた情報の中でしか判断していませんが、前走時よりは良化している印象を持ちました。

フィールシンパシー

フィールシンパシー 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 69.654.639.311.9馬なり
前走最終美浦南W(良)84.568.554.039.511.8馬なり

フィールシンパシーは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

レース当日も騎乗する横山琉人騎手を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、5ハロン69秒6-上がり1ハロン11秒9の時計で駆け抜けました。

最終追い切りでは軽快な走りを披露し、動きにも機敏さが感じられました。

さらに粘り強く上がりの脚も使えますし、持ち時計もかなり優秀な部分が強みと言えそうです。

今回は逃げや先行勢が多く後方の馬に展開が向きそうなレースになれば、チャンスは十分あるかと思われます。

ミスニューヨーク

ミスニューヨーク 12月13日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良) 55.640.812.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.639.512.3馬なり

一昨年と昨年このレースを連覇しているミスニューヨークは、栗東の坂路コースにて、単走を行いました。

助手を背に外ラチ沿いから馬なりで追われ、全体時計55秒6-上がり1ハロン12秒3の時計で駆け上がりました。

最終追い切りを見る限り、抜群の仕上がりのように映りました。

前走の京成杯オータムハンデ(G3)では牡馬との対戦でしたが、直線も強く伸び、勝ったソウルラッシュと0.1秒差の3着は、今回のレースにつながる走りだったと思います。

「差し・追い込み馬」として展開の助けが必要となる馬ですが、このレースに関しては、差し・追い込み馬が有利なレースとなっていますので、主戦のM.デムーロ騎手が上手く能力を引き出すことが出来れば、三連覇も十分にあり得るのではないでしょうか。

ライトクオンタム

ライトクオンタム 12月13日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  52.137.512.3馬なり
1週前栗東CW(良) 69.854.439.111.9強め
前走最終函館W(良) 66.251.538.212.8馬なり

今年のシンザン記念(G3)を制しディープインパクトのラストクロップでもあるライトクオンタムは、栗東のウッドチップコースにて、ランフリーバンクス(牝3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

管理する武幸四郎調教師を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン52秒1-上がり1ハロン12秒3の時計で並走馬に3馬身差を付けて先着しました。

武幸調教師は「暑さが苦手なので秋華賞はパスして、ここを目標にしました。体質が強化したなと感じます」と万全の態勢でレースに臨むことが伝わってきます。

最終追い切りでも春先と比べ、馬体が充実したようにも映りましたし、闘争心も全面的に押し出されているようにも見えました。

マイル戦はこれまで3戦2勝と相性が良く勝率も67%ですし、父ディープインパクトはこのレースにもっとも勝率が高い種牡馬ですので、大きな期待が持てそうです。

ルージュエクレール

ルージュエクレール 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 69.953.738.511.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.854.038.811.8馬なり

ルージュエクレールは美浦のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、5ハロン69秒9-上がり1ハロン11秒7の時計で走破しました。

最終追い切りを見る限り、好タイムを出していますが、動きに重たさが感じられました。

ただ、特筆すべき点として、最軽量ハンデの52キロは、かなり妙味がありそうです。

また、右回りは3戦3勝とあって、こちらもプラス材料になるのではないでしょうか。

ルージュスティリア

ルージュスティリア 12月13日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)  53.437.711.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.939.112.0馬なり

ルージュスティリアは栗東のウッドチップコースにて、単走を行いました。

助手を背に馬なりで追われ、4ハロン53秒4-上がり1ハロン11秒4の時計で駆け抜けました。

新馬戦では昨年の牝馬二冠馬スターズオンアースに勝った素質馬です。

最終追い切りの映像はありませんでしたが、力強い脚捌きで好タイムを叩き出していますので、上々の仕上がりだといえそうです。

ただし、近走の結果を見る限りは少し物足りなさを感じますが、レースで課題面となる折り合いが付きスムーズに運べれば、一発を秘めている1頭です。

ルージュリナージュ

ルージュリナージュ 12月13日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.867.552.938.311.8馬なり
前走最終美浦南W(良)84.067.552.437.711.8馬なり

ルージュリナージュは美浦のウッドチップコースにて、トーセンクライスト(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン83秒8-上がり1ハロン11秒8の時計で並走馬に同時併入しました。

最終追い切りでは、好タイムを出し、躍動感溢れる走りに映りましたので、気配は良さそうです。

父スピルバーグの代表産駒の1頭となりますが祖父がディープインパクトですので、血統面において祖父の血の後押しがあれば、多少の期待は持てそうです。

また、前走のユートピアステークス(3勝クラス)では、出遅れながらも上がり3ハロン33秒1の末脚を披露し勝っていますので、ここでも決して悪くはないかと思います。

PR 馬券が的中しない方へ

ターコイズS(G3)朝日杯フューチュリティS(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとターコイズS(G3)朝日杯フューチュリティS(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

ターコイズステークス2023追い切り評価ランキング

評価馬名
サウンドビバーチェ
ヒップホップソウル
ライトクオンタム
コナコースト
サーマルウインド
ソーダスリング
ミスニューヨーク
アナザーリリック
ウインピクシス
クリノプレミアム
フィアスプライド
フィールシンパシー
ルージュエクレール
ルージュリナージュ
キタウイング
ルージュスティリア
 
同評価内は50音順になります。

ターコイズステークス2023追い切り映像

ターコイズステークス2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 ターコイズステークス|JRA公式

ターコイズステークス2023の最終予想

ターコイズステークス2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)