[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【シルクロードS2024追い切り評価/全頭診断】実力上位の〝この2頭〟に最高評価「S」

シルクロードS2024追い切り評価記事のサムネイル画像

シルクロードステークス2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事ではシルクロードステークスの追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

1月24日の馬場状態

美浦
この日は坂路、ウッドチップともに稍重です。
坂路の一番時計はミユキアイラブユーの51秒4ですが、51秒台は2頭しか出しておらず、時計はかかりがちでした。
ウッドチップの一番時計はサンダーアラートの6ハロン78秒9です。
70秒台で走破したのはこのサンダーアラートのみですが、81秒台の馬も比較的多く、時計はそこそこ出ていました。

栗東
坂路は良馬場、ウッドチップは稍重でした。
坂路の1番時計はオタルエバーの49秒7で、50秒台や51秒台を出した馬もそこそこいるので時計は出ています。
ウッドチップの1番時計はラヴケリーの6ハロン77秒6で、ほかにも70秒台後半の時計を出している馬がでているため、ウッドも時計が出ていました。

目次(読みたい項目をタップ)

シルクロードステークス2024追い切り評価/全頭診断コメント

シルクロードステークス2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

シルクロードS(G3)根岸ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アグリ

アグリ1月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.138.712.0末強め
1週前栗東坂路(良)  50.436.512.1強め
前走最終栗東坂路(良)  54.438.711.7強め

昨年の阪急杯(G3)の勝ち馬アグリは栗東坂路で単走を行いました。

今回初騎乗となる坂井騎手を背に、馬場の真ん中から末強めに追われて4ハロン53秒1-上がり1ハロン12秒0で駆け抜けています。

中間はいつものように坂路で念入りに調整されています。

ちなみに1週前の17日は坂路で末強めに追われて自身3番目に速い4ハロン50秒4の時計で走破しています。

このときも坂井騎手が手綱を握っていましたが序盤からきびきびと動けていました。

ただし、少し荒々しい部分も見られていたうえ、ラスト2ハロン23秒9に対して1ハロンが12秒0なので終いの脚が落ちています。

しかしながら、負荷をかけるという面では悪くない追い切りでした。

そして、最終追い切りでは1週前と違ってまっすぐ走ることができています。

四肢の動きも機敏でしたし末強めで意図して調整したとはいえ加速ラップで走破できたのも好感が持てました。

これまでは最終追い切りは軽めでさっと流す程度でしたが今回は最終追い切りも強めに追って念入りに調整しています。

この判断が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、2週続けて坂井騎手が騎乗している点も好感が持てますし、追い切りを見た限り力は発揮できそうに見えました。

エターナルタイム

エターナルタイム 1月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.167.453.639.212.1馬なり
1週前美浦南W(良) 65.951.337.511.8馬なり
前走最終美浦南W(良)81.866.952.137.711.1馬なり

富士ステークス(G2)以来のレースとなるエターナルタイムは美浦のウッドチップコースでキョウエイジョイ(牝4、1勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から僚馬を5~6馬身追走する形で馬なり追いを行い、6ハロン83秒1-上がり1ハロン12秒1で2馬身先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

中間はウッドと坂路を並行して行っていますが、強めに追った日はあまりなく、もう少し負荷をかけてもよかったと思います。

ちなみに18日にはキョウエイジョイに加えてフォスターボンド(牡3、1勝クラス)と3頭併せを行いました。

このときは杉原騎手(レースではルメール騎手が騎乗)が手綱を握り、フォスターボンドを5~6馬身追走する形で馬なり追いを行い、5ハロン65秒9-上がり1ハロン11秒8でフォスターボンドに同時併入しています。

馬なりで軽めでしたが軽快なリズムで駆けており、手前替えもスムーズです。

終いもこの馬なりに伸びていましたし後ろ脚の踏み込みも良いでしょう。

そして、最終追い切りも併せ馬を行いましたがピッチの利いた走りができていますし状態面は悪くなさそうです。

動きは良く見えましたが、馬体的には脚の長いタイプなのではじめての芝1,200m戦が適性に合うか、注目したいです。

オタルエバー

オタルエバー 1月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  49.736.512.6一杯
1週前栗東坂路(良)  52.938.312.7強め
前走最終栗東坂路(良)  52.037.612.7一杯

昨年のラピスラズリステークス(L)の勝ち馬オタルエバーは栗東坂路で単走を行いました。

レースでも騎乗する松山騎手を背に、馬場の真ん中から一杯に追われて全体時計49秒7-上がり1ハロン12秒6の自己ベストで走破しています。

中間は坂路に特化した追い切りを行い、キャンター込みで23本時計を残していました。

1週前の17日は坂路で強めに追って全体時計52秒9-上がり1ハロン12秒7でまとめています。

道中舌を出している仕草を見せていますが、序盤から力のこもった走りを見せており、ウッドの蹴り上がりを見ても分かるように後ろ脚の踏み込みには力がこもっていました。

負荷をかけるという面ではなかなかいい追い切りです。

そして、最終追い切りでも序盤から気持ちが全面的に乗った走りを見せています。

最終追い切りで出した49秒7の時計はこの日の栗東坂路でもっとも速い時計で、なおかつ自己ベストでした。

気持ちも乗っていましたし前走を勝利したことで良化しています。

ただ、序盤で飛ばしすぎたのか、終い2ハロン目の時計が11秒8に対してラスト1ハロンは12秒6と失速してしまいました。

この点だけが気になるものの、前走最終追い切りでも終い1ハロンは減速しながら勝利しているのであまり問題ないかもしれません。

前走を勝利したことで調子を上げているのは間違いなさそうでしたし、気持ちも全面的に乗って意欲の感じるいい追い切りでした。

カイザーメランジェ

カイザーメランジェ 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 66.752.438.412.5馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 67.052.137.611.8馬なり

2走前のルミエールオータムダッシュ(L)で久々に勝利したカイザーメランジェは美浦のウッドチップでサニーサフラン(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して僚馬を5~6馬身追走する形で馬なり追いを行い、5ハロン66秒7-上がりハロン12秒5で同時併入しています。

中間は坂路をメインに行っており、ほとんど軽めの調整でした。

最終追い切りでは軽めの調整でしたが9歳馬にしては軽快なステップで走ることができていますし、この年にして自己ベストを記録しているように、年齢以上に動けているのは間違いありません。

ただし、直近のウッドにおける追いでは加速ラップを刻めているのに対し、今回は終い2ハロンの時計が12秒5-12秒5で加速できていません。

カイザーメランジェは差し馬なので末脚を伸ばし切れなかった点は気になりました。

カワキタレブリー

カワキタレブリー 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.939.912.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  56.739.811.9末強め

かつてNHKマイルカップ(G1)で3着入りしたカワキタレブリーは栗東の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から間なりで追って全体時計55秒9-上がり1ハロン12秒3の時計でゴールしています。

中1週と間隔を詰めており、中間は坂路で3本、ウッドで1本時計を残していました。

最終追い切りは軽めでしたが、ところどころ身体のバランスが良くない箇所が見られます。

また、馬体も少し細く見えました。

脚取り自体は悪くありませんし、馬なりながらも加速ラップを刻めている点は悪くありませんが、使い込んでいる影響もあって少し肉体的に疲労が浮かび上がっているような風に見えました。

サトノラムセス

サトノラムセス 1月25日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.140.512.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.439.812.7馬なり

サトノラムセスは栗東坂路でパフ(牡3、1勝クラス)と2頭併せを行いました。

助手が騎乗して僚馬を1~2馬身追走する形で馬なりにて追われ、全体時計56秒1-上がり1ハロン12秒2で同時併入しています。

前走から中1週ですが、中間はウッドで2本、坂路で4本時計、すべてキャンターで行っています。

最終追い切り映像がJRAレーシングビュアーに掲載されていないので限られた情報からまとめると、全体時計自体は56秒1で出ていません。

しかし、管理する橋口調教師曰く「(4ハロン)55~56秒の予定で調整した」そうなので予定通りのラップを刻んでいます。

また、「馬なりでも終いはキレのいい脚を使えていい仕上がり」とコメントされています。

確かに、ラスト2ハロンが13秒5でラスト1ハロン12秒2なので馬なりながらも末脚を活かしており、差し馬のこの馬にとって悪くないでしょう。

前走ほど全体時計は出ていませんが、軽めの調整の中でもこの馬らしい動きはできていたようですし、順調に良化しているのではないでしょうか。

サンライズオネスト

サンライズオネスト 1月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.737.012.2強め
前走最終栗東坂路(稍重)  51.937.212.9馬なり

サンライズオネストは栗東坂路で最終追い切りを行いました。

助手が騎乗して馬場の内側から強めに追い、全体時計51秒7-上がり1ハロン12秒2で駆け上がっています。

前走から中3週ということで本数も決して多くありませんがキャンター込みで8本と入念に調整しています。

また、映像はありませんが1週間前の18日には坂路で一杯に追い、4ハロン51秒6-上がり1ハロン12秒9の時計を出しました。

最終追い切りも引き続き坂路で強めに負荷をかけています。

内側を走っているため少し分かりにくいですが、前脚には力強さが感じられますし、前を向いてまっすぐ走ることができているのも良いでしょう。

時計自体も4ハロン51秒7と悪くありません。

ただし、サンライズオネストはもともと時計を出すタイプの馬でいい頃は坂路で48秒台を記録していました。

さすがに7歳馬ということで全盛期と比較すると少し能力の衰えも出ているかもしれません。

それでも、年齢以上に動けていた点は評価したいです。

サンライズロナウド

サンライズロナウド 1月25日(木) 評価D
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東プール      
前走最終栗東プール      

前走の新春ステークス(3勝クラス)を制したサンライズロナウドはプールで調整されました。

プール調教は怪我の可能性がない代わりに負荷をかけられないためローリスクローリターンの調整といえます。

調教映像もありませんので甲乙は付けられません。

ちなみに、サンライズロナウドは気性難を考慮して5走前の長久手特別(2勝クラス)あたりからプール調教を行いはじめ、直近4戦の坂路やウッド時計は存在しません。

そのため評価が難しいですが、前走の新春ステークスはプール調教を軸に調整しながら勝利しました。

今回は格上挑戦となりますが、状態面を知る際は当日のパドックや返し馬で確認するのがよさそうです。

ジューンオレンジ

ジューンオレンジ 1月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.138.912.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.638.011.9馬なり

前走の白秋ステークス(3勝クラス)を制してオープン入りを果たしたジューンオレンジは栗東坂路でメイショウタイセツ(牡3、新馬)と2頭併せを行いました。

長谷川調教師自ら指揮を執り、僚馬を3馬身追走する形で馬なり追いを行い、全体時計53秒1-上がり1ハロン12秒4の時計で半馬身先着しています。

中間は坂路をベースにキャンター込みで14本時計を残しています。

映像はありませんが1週前の17日も長谷川調教師が手綱を握り、一杯に追って全体時計51秒8-上がり1ハロン12秒4の時計で負荷をかけました。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは軽めです。

僚馬の外からきびきびとした動きを見せていて休み明けにしてはしっかり動けている印象を持ちました。

首に使い方が少し甘い気もしますが、1週前に負荷をかけた影響もあってか馬なりでもラスト1ハロン12秒4の加速ラップを刻めているのでレースでも出し切れそうです。

ショウナンハクラク

ショウナンハクラク 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.536.812.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  50.836.712.9一杯

ショウナンハクラクは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から一杯に追われて4ハロン51秒5-上がり1ハロン12秒9でゴールしています。

中1週ということで中間の時計はありません。

最終追い切り1本に入魂しています。

前走最終追い切りと同じく今回も一杯に追われました。

全体的に力ある動きを見せているのは悪くありませんが、道中で右往左往していて不安定さは否めません。

時計に関しては、全体時計は前走最終時のほうが出ていますが終いの伸びは今回のほうが勝っています。

脚質的には差しの競馬を得意としているので終いの脚が伸びている点は悪くありません。

しかしながら、道中の寄れは気になるところで、馬自身はまっすぐ走っているつもりでも操縦性に難がありそうなのは気になるところです。

ぶっつけ追いで一変する可能性もありますが、あまり強くは狙いづらいです。

テイエムスパーダ

テイエムスパーダ 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.838.812.3一杯
1週前栗東坂路(良)  51.037.212.5一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.238.412.0末強め

昨年のセントウルステークス(G2)で久々の美酒を手にしたテイエムスパーダは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して外ラチ沿いから一杯に追って全体時計53秒8-上がり1ハロン12秒3で坂路を駆けあがっています。

前走から4カ月以上の休み明けとなりますが、追い切りを再開したのは12月半ばごろからで、専ら坂路に特化した追い切りを行っており、キャンター込みで31本の時計を記録しました。

また、1週前の17日には坂路で一杯に追われて全体時計51秒0-上がり1ハロン12秒5でまとめています。

1週前は強く追った影響もあり序盤からきびきびとした動きを見せていますが中盤以降になると少し寄れる場面も見られました。

また、終い2ハロン目が11秒7-12秒5と減速しています。

負荷をかける意味では悪くない追い切りでしたがまだまだ良化に期待できそうな内容でした。

そして、最終追い切りは外ラチ沿いから動いていました。

1週前と比較すると若干ですが終いは加速ラップを刻めている点は悪くありません。

しかしながら、一杯に追われた割に時計はそこまで目立っておらず、クビの動きにも無駄な箇所が見られます。

金星を手にした昨年のセントウルステークスの最終追い切り時も今回と似た追い切りの動きで勝ち切っていることから、あまり気にしなくてもよいかもしれません。

しかし、セントウルステークスのときが馬なり全体時計53秒9-上がり1ハロン12秒4で、今回は一杯に追われて全体時計53秒8-上がり1ハロン12秒3でほとんど時計に差がないのはマイナスでした。

セントウルステークスの時もC評価を付けながら勝ち切ったので油断はできませんが、お世辞にも良い仕上がりとは言い難かったです。

ディヴィナシオン

ディヴィナシオン 1月25日(木) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.338.312.6一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.038.612.8一杯

久々の重賞チャレンジとなるディヴィナシオンは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から一杯に追って4ハロン54秒3-上がり1ハロン12秒6でゴールしています。

前走から中2週ですが中間は坂路で6本、いずれもキャンターですが時計を残しています。

そして、最終追い切りでは一杯に追われました。

ラスト1ハロンの時計しかありませんが、全体的に頭が高く、やや気性の悪さも露呈しています。

前脚の動きもやや固いですし、もうすこし柔らかさが欲しいですね。

いい時期と比較すると時計も出ておらず、年齢的な衰えも出ているように見えました。

トゥラヴェスーラ

トゥラヴェスーラ 1月24日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.539.412.4馬なり
1週前栗東坂路(良)  51.437.012.4一杯
前走最終栗東坂路(良)  55.939.612.2馬なり

昨年の高松宮記念(G3)で3着入線したトゥラヴェスーラは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、全体時計55秒5-上がり1ハロン12秒4で走破しています。

中間追い切りは12月の下旬から再開し、キャンター込みで坂路時計が23本あります。

1週前はレースで騎乗する永島騎手が手綱を握って一杯に追われました。

この時の時計は4ハロン51秒4-で上がり1ハロンが12秒4です。

1週前は非常に回転の速い脚さばきを見せており、9歳馬とは思えないほど動けています。

ウッドチップの蹴り上げを見ても、力のある走りができていました。

道中で寄れる箇所はあったものの負荷をかける意味では効果のある追い切り内容です。

最終追い切りは一転して軽めです。

ややうつむき加減の走りで1週前とはまるで覇気のない動きを見せています。

また、道中も寄れる箇所が見られているので安定感に欠けた内容です。

しかし、今回騎乗した助手が大柄な方だったのでその点が走りづらさに現れていたかもしれません。

その中でも四肢の回転は速かったですし、数値ほど悪くない内容だと思います。

ただし、昨年の高松宮記念における1週前が坂路で49秒5を出し、そのときの最終追い切りが坂路で53秒8だったので、このころと今回の時計を比較するとどうしても年齢的な衰えは出てきているでしょう。

ドグマ ※除外

ドグマ 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.538.312.8馬なり
前走最終栗東CW(良)85.969.954.438.511.6馬なり

ドグマは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われて全体時計53秒5-上がり1ハロン12秒8でゴールしています。

中2週ですが、中間は坂路で6本時計を記録しています。

映像はありませんが、1週前には坂路で一杯に追われて全体時計53秒8-上がり1ハロン12秒7の時計で負荷をかけました。

最終追い切りは軽めに流していましたが、全体的に頭が高くて悔いの使い方も上手ではありません。

また、終い2ハロン目が12秒2に対してラスト1ハロンが12秒8と減速してしまったのも気になります。

序盤から飛ばして気合は感じられたのですが、折り合いに欠けた内容であまりよい追い切りとは言い難かったです。

バースクライ

バースクライ 1月24日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(稍重) 68.252.336.911.4馬なり
1週前栗東CW(良) 68.753.037.511.4馬なり
前走最終栗東CW(良) 68.052.036.611.3馬なり

前走南総ステークス(3勝クラス)を勝利してオープン入りを果たしたバースクライは栗東のウッドチップで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、5ハロン68秒2-上がり1ハロン11秒4の時計でゴールしています。

中間は坂路で9本、ウッドで1本時計を残していました。

1週前のウッド追いは軽めの調整でした。

軽く流す程度でしたが前脚の短い短距離馬らしい身体付きになっており、直線でも前方に視野を向けてしっかりとした脚取りで走破できています。

そして、最終追い切りでも1週前同様コーナーワークからしなやかな動きを見せていました。

特に、直線に入ってからは馬なりながらも上がり1ハロン11秒4でまとめているように、終いの末脚にも磨きがかかっています。

2週連続追い切りを見ましたが、軽めの調整ながらも機敏な動きを見せていましたし、久々の重賞でも力は発揮できそうです。

ホープフルサイン

ホープフルサイン 1月24日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦坂路(稍重)  54.939.412.4馬なり
1週前美浦坂路(良)  57.841.612.4馬なり
前走最終美浦坂路(稍重)  53.938.812.3馬なり

昨年のタンザナイトステークス(OP)で2着だったホープフルサインは美浦の坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、4ハロン54秒9-上がり1ハロン12秒4で走破しています。

中間は坂路で1本のみです。

この1本は1週前の17日に行われたもので、道中完全に馬なりです。

時計は全く出ていないものの、軽快な脚さばきでこの馬らしい動きはできています。

ただ、負荷は入れてもよかったと思います。

最終追い切りも引き続き馬なりでした。

1週前よりは時計は出しているものの、全体時計54秒9で時計は出ていません。

この日の美浦坂路はもともと時計が出にくい傾向がありましたが、前走最終時が同じ稍重坂路で4ハロン53秒9-上がり1ハロン12秒3なので、前走よりも時計が出ていないのはマイナスです。

かつて骨折したことのある馬だったので慎重になる気持ちは分かりますが、道中で一本負荷をかけて良化に期待してもよかったかもしれません。

メイショウソラフネ

メイショウソラフネ 1月24日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.837.912.0馬なり
前走最終栗東坂路(良)  53.838.612.1馬なり

前走淀短距離ステークス(L)で2着入りしたメイショウソラフネは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追われて全体時計52秒8-上がり1ハロン12秒0で坂路を駆けあがっています。

中1週ですが、中間は坂路で5本、ウッドで1本時計を残しており、時間が許す限り調整されました。

最終追い切りは後ろ脚が少し開いているように見えますが、クビの動きからは積極さが見られましたし前を見据えて活気のある動きを見せています。

間隔は短いものの、前走最終時より全体時計、終い1ハロン時計は出ていましたし使い込んで良化している風にも見受けられました。

レースでも出し切れる状態に仕上がったと思います。

リバーラ

リバーラ 1月25日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.852.838.411.8馬なり
前走最終美浦南W(良)83.667.452.237.611.9馬なり

一昨年のファンタジーステークス(G3)を最後、勝利を手にしていないリバーラは美浦のウッドチップでアンクエンチャブル(牡3、1勝クラス)と併せました。

助手が騎乗して僚馬より3馬身先行する形で馬場の外目から馬なりで追い、5ハロン67秒8-上がり1ハロン11秒8の時計で同時併入しています。

前走から中2週ですが、中間はウッドチップで6本時計を残しました。

最終追い切りはアンクエンチャブルよりも先に立ち回っています。

道中直線コースに視線を向けながら走っており、直線入り口で手前を替えてからは先に抜け出した僚馬を捕えるように脚を伸ばして併入まで持ち込んでいます。

軽めの調整ながらも終い2ハロン目12秒9から終い1ハロン11秒8の加速ラップを刻んでおり、しかも楽な手ごたえで併入まで持ち込んでいるのはさすが重賞馬といったところです。

前走最終時と時計に差はないですが、前走最終時が今回よりもコースの内側を通っていたことや良馬場だったことを考えると良化しているかもしれません。

動き自体は能力を発揮できそうな内容でしたし、そこそこに仕上がっているように見えました。

ルガル

ルガル 1月24日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.437.511.4馬なり
1週前栗東坂路(良)  50.136.512.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.939.512.3馬なり

前走京阪杯(G3)で2着のルガルは栗東坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する西村騎手を背に、馬場の内寄りから馬なりで追われて全体時計53秒4-上がり1ハロン11秒4でまとめています。

本格的に調教が行われたのは今年の上旬からで、中間は坂路で13本、ウッドで1本時計を残しました。

1週前の坂路追いでは裏で行われる根岸ステークス(G3)に出走するエンペラーワケア(牡4、オープン)と2頭併せを行いました。

この時も西村騎手が騎乗し、末強めに追われた僚馬より2馬身先行する形で馬なりにて追われ、全体時計50秒1-上がり1ハロン12秒3の自己ベストでクビ差先着しています。

1週前は時計が素晴らしいです。

併せ馬を行ったほうが時計は出やすいですがエンペラーワケアとはある程度の空間があったのでそこまで影響はなかったと思います。

外ラチ沿いからまっすぐこの馬らしいリズミカルな走りができていたのもよかったですし、馬なりで自己記録を更新できたのは評価したいです。

そして、最終追い切りも引き続き馬なりでした。

ここでは全体時計こそ目立っていませんが、終い時計は11秒4と末脚を意識した走りができています。

西村騎手が2週続けて追い切りに騎乗しているのもこの馬に対する意欲が感じられましたし、最終追い切り、1週前追い切りどちらもよい内容だったので初重賞制覇にも期待できそうです。

馬券が的中しない方へ

シルクロードS(G3)根岸ステークス(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとシルクロードS(G3)根岸ステークス(G3)の無料予想をレース当日に受け取れます!

シルクロードステークス2024追い切り評価ランキング

評価馬名
バースクライ
ルガル
アグリ
オタルエバー
メイショウソラフネ
エターナルタイム
サトノラムセス
サンライズオネスト
ジューンオレンジ
トゥラヴェスーラ
リバーラ
カイザーメランジェ
カワキタレブリー
ショウナンハクラク
テイエムスパーダ
ドグマ ※除外
ホープフルサイン
ディヴィナシオン
サンライズロナウド
同評価内は50音順になります。

シルクロードステークス2024追い切り映像

シルクロードステークス2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 シルクロードステークス|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 シルクロードステークス|JRA公式

シルクロードステークス2024の最終予想

シルクロードステークス2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)