[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【共同通信杯2024追い切り評価/全頭診断】ジャンタルマンタルを超える最高評価「S」はこの2頭!

共同通信杯2024追い切り評価記事のサムネイル画像

共同通信杯2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では共同通信杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

2月7日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに稍重でした。
坂路は1番時計がウィリンの51秒7、それ以外は速くて52秒台と時計は出ていません。
ウッドは6F79秒台が3頭、80秒台もそこそこいるので時計はまずまず出ています。

栗東
栗東は坂路、ウッドともに重馬場でした。
坂路の一番時計はクラウンプライドの47秒5で、50秒台も多頭いたため美浦よりも時計は出ています。
ウッドは6F78秒台~79秒台で走破した馬が6頭おり、時計の出やすい馬場でした。

目次(読みたい項目をタップ)

共同通信杯2024追い切り評価/全頭診断コメント

共同通信杯2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

共同通信杯(G3)京都記念(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

エコロヴァルツ

エコロヴァルツ 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  54.739.712.4馬なり
1週前栗東CW(良)83.267.152.837.811.5馬なり
前走最終栗東坂路(良)  54.639.612.3馬なり

朝日杯FS(G1)で2着入りしたエコロヴァルツは栗東坂路でグッジョブ(牡4、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して僚馬を2~3馬身追走する形で馬なり追いを行い、4F54秒7-上がり1F12秒4で半馬身先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

中間は坂路で13本、ウッドで5本時計を残してお降り、1週前はレースで騎乗する武豊騎手騎乗の元、栗東ウッドでタイセイブレイズ(牡6、オープン)と併せています。

このときは馬場の外目から僚馬を4~5馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F83秒2-上がり1F11秒5の時計で半馬身先着することができました。

1週前追い切り映像ではコーナーで少しバランスを崩す場面があり、フワッとした動きを見せています。

久々ということでフォームはやや不安定でときどきアゴの高い場面も見せていましたが、格上の相手に先着していることから素質の高さがうかがえる追い切りでした。

長距離輸送を控えていることもあり、最終追い切りは坂路で軽めです。

ここではグッジョブと併せていますが、ここでもふわりとした足取りです。

ところどころ寄れる場面も見せており、不安定さのある走りを見せています。

終い1Fは12秒3なので末脚はしっかり伸びていましたが、操縦性は前走に引き続き難しそうで、追い切り映えしていません。

そのため、低評価判断したいところです。

ところが、エコロヴァルツに関しては前走朝日杯FSにおいても似た動きの追い切りであまりいい内容とは言い難かったものの、蓋を開けてみれば豪快な追い込みで2着入線しました。

この馬からしたら前走と同じような追い切りの動きができていたため、むしろ激走するかもしれないです。

エンヤラヴフェイス

エンヤラヴフェイス 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  50.736.712.7一杯
1週前栗東坂路(良)  53.638.412.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.037.912.4一杯

昨年のデイリー杯2歳ステークス(G2)で2着だったエンヤラヴフェイスは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して一杯に追われて4F50秒7-上がり1F12秒7で走破しています。

中間は坂路で10本、ウッドで1本の時計を残しています。

1週前の31日にも坂路で一杯に追われました。

この時は重賞馬のブレークアップ(牡6、オープン)と併せており、馬なりで追われた僚馬を6馬身追走する形で一杯に追い、4F53秒6-上がり1F12秒2で併入しました。

31日の追い切りでは外ラチ沿いから追われており、ぱっと見た感じはそこまで負荷が掛けられている感じはしません。

しかし、それは裏を返せばエンヤラヴフェイスが涼しい顔して走破しているとも受け取れ、余裕の走りができていたのではないかと思います。

馬なりとは言え格上の馬相手を追走して併入まで持ち込めたのも良いでしょう。

最終追い切りでも一杯に追われましたが、ここでは一転して騎乗した助手が終始手を動かしてしごかれました。

序盤から追っていてエンヤラヴフェイスも重心を低くしながら力強い動きで坂路を駆けあがっています。

ただし、道中斜行も見られたためまっすぐ走るという意味ではまだまだ改善が必要でした。

ちなみに、最終追い切りの全体時計50秒7はこの馬にとっての自己ベストで、ちょうど1秒更新しています。

しかしながら、終い2F11秒6に対して1F12秒7と、終いの時計は明らかに減速していました。

この点は気にあるものの、全体的に良化の気配が感じられるのでレース本番でどれだけ出し切れるか注目したいです。

ジャスティンミラノ

ジャスティンミラノ 2月7日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.740.312.0馬なり
1週前栗東CW(良)⑦96.465.851.437.011.5一杯
前走最終栗東芝(稍重)83.866.851.136.912.0馬なり

新馬から挑むジャスティンミラノは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追われ、4F55秒7-上がり1F12秒0で軽く流しています。

中間は1月8日から再開しており、坂路で12本、ウッドも12本時計を出しています。

1週前の31日には栗東ウッドで重賞2勝馬のサトノグランツ(牡4、オープン)ともう一頭(名称不明)と3頭併せを行っています。

このときは藤岡康太騎手が騎乗(レースでは戸崎騎手が騎乗)し、馬場の真ん中から僚馬を5~6馬身追走する形で一杯に追いました。

7F96秒4-上がり1F11秒5の時計を出し、1馬身半先着しています。

31日のウッドチップ追いは重賞馬と追い比べを行いましたが、僚馬の内を回ったとはいえ直線ではきびきびとした動きで後続を突き放しての完勝でした。

サトノグランツが馬なりでこちらが一杯に追われていたので、単純に比べることはできませんが、それでも格上相手に先着できたのはポイントが高いです。

時計を見ても、7F96秒4-6F79秒9はこの馬の自己ベストでしたし、終い2F-1Fともに11秒5で長く脚を活かし切れているのも評価したいです。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは坂路で軽めでした。

ここは軽めの追い切りでしたがやや俯きです。

しかしながら、ジャスティンミラノはいつもこのような追い切りを見せているのでこの馬なりにコンディションはよさそうです。

その中でも、チップの蹴り上げがすごくて踏み込みの力強さが見られましたし、馬なりながらも能力の高さが垣間見えました。

2週続けて追い切り映像を確認した限り、素晴らしい動きができています。

今年の共同通信杯はG2といってもおかしくないほど豪華メンバーが揃っていますが、追い切りに関して、ジャスティンミラノは相当よく見えましたので、強敵相手に善戦できるかもしれません。

ジャンタルマンタル

ジャンタルマンタル 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.640.311.9馬なり
1週前栗東坂路(良)  52.437.411.6馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.937.911.8馬なり

昨年の朝日杯FS(G1)を制したジャンタルマンタルは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、4F5秒6-上がり1F11秒9の時計で坂路を駆けあがっています。

中間は1月20日から再開しており、坂路で13本、ウッドで5本時計を残していました。

1週前の31日にはレースで騎乗する川田騎手を背に、栗東坂路で折り合いを確認しています。

このときは馬なりでしたが4F52秒4-上がり1F11秒6の自己ベストを出していました。

脚の回転が速くて踏み込みも良いです。

ただ、一貫して頭が高く、目の前の走りに集中できていませんでした。

最終追い切りは輸送を控えているので坂路で軽めです。

お時計はほとんど出しておらず、スピードも全然できていませんが、軽い運動で収めたという面では悪くない内容でしょう。

ただ、ここでも頭の高さが見られました。

2週続けて頭が高いことから、目の前の走りに集中できていない感じがしました。

しかし、ジャンタルマンタルはこの頭の高い走りは前走の朝日杯FSの追い切りでも見られましたが、その状態でもレースで勝ち切っています。

あまり追い切り映えしないだけでレースではいまだ無敗なので、この馬なりに出し切れる条件下にあると思います。

ショーマンフリート

ショーマンフリート 2月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)83.667.752.337.011.5馬なり
1週前美浦南W(良) 66.251.136.611.4直強め
前走最終美浦南W(稍重)85.769.053.037.911.3馬なり

シンザン記念(G3)で5着のショーマンフリートは美浦のウッドチップでツルマウカタチ(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

津村騎手が騎乗(レースではルメール騎手騎乗)し、馬場の外目から僚馬を5馬身追走する形で馬なり追いを開始し、6F83秒6-上がり1F11秒5の時計で1馬身先着しました。

中間は坂路で10本、ウッドで9本時計を出しています。

1週前の31日も美浦ウッドで追い切りを行い、この時も津村騎手が騎乗して重賞馬のマイネルファンロン(牡9、オープン)と併せています。

このときは僚馬を6~7馬身追走する形で馬場の外目から直線強めに追われて5F66秒2-上がり1F11秒4で2馬身先着しています。

序盤は頭が高く、脚の着地点も一般の馬より広いですがきびきびとした動きを見せています。

直線に入ってからは2F12秒2-1F11秒4の時計で加速し、マイネルファンロンに先着しています。

マイネルファンロンは今年9歳馬で近年戦績が振るいませんが、それでも重賞馬ですし、しかも今回は強めに追われていた中で、先着できたのは評価したいです。

最終追い切りは馬なりで軽めの調整でした。

ここでもあいかわらず頭は高いですが馬なりながらも積極的な動きができています。

直線ではじわじわと僚馬をかわしつつ、最後は先着できており、馬なりながらも積極的な姿が見られました。

走法はそこまで見栄えしませんが、前向きな気持ちで走ることができており、順調に仕上がりつつあります。

ディマイザキッド

ディマイザキッド 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)82.765.751.537.311.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 70.154.439.311.9馬なり

未勝利戦から挑むディマイザキッドは美浦のウッドチップコースでホワイトターフ(牝5、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

レースで騎乗するR.キング騎手を背に、馬場の真ん中から僚馬を2馬身追走する形で馬なり追いを行い、6F82秒7-上がり1F11秒7の時計で同時併入しています。

今回中2週ですが、中間は坂路がすべてキャンターで11本、ウッドは2本と、量をこなしていました。

最終追い切りは最近好調のキング騎手と併せています。

綺麗なフォームで淡々とした動きを見せていて、キング騎手との手綱も合いそうです。

ただ、手前を替えるのが少々遅く、直線に入ってしばらくしてからようやく替えていました。

手前を替えてからはなんとか持ちこたえて併入していますが、少しスムーズさに欠ける内容となっています。

動き自体は問題ないですし、フォームも綺麗ですが、この点だけが気になったのでB評価にします。

パワーホール

パワーホール 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.368.653.338.311.9馬なり
1週前栗東CW(良)⑦98.767.152.437.211.6一杯
前走最終栗東CW(良)82.467.151.636.511.4一杯

札幌2歳ステークス(G3)で2着入りしたパワーホールは栗東のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、6F84秒3-上がり1F11秒9でゴールしています。

もともと朝日杯FS(G1)に出走予定だったこともあり、12月上旬から今日まで、ひたすら乗り込んでいました。

1週前も31日にはエンタングルメント(牝5、1勝クラス)と併せています。

このときは助手が騎乗して僚馬より5馬身先行する形で馬場の外目から一杯に追い、7F98秒7-上がり1F11秒6で1馬身半先着しています。

久々のレースになりますが、中間はびっしり量をこなしていたこともあり、軽快な動きができています。

直線で手前を替え、助手が鞭を入れてからはジワリと加速することもできていました。

終い時計も2F11秒4-1Fこそ11秒6でやや落ちていますが、7F追いだったので十分でしょう。負荷もかかっているはずです。

最終追い切りは一転してウッドで軽めの調整でした。

馬なりでしたが、1週前に負荷をかけた影響もあってこの馬らしい脚取りでウッドをかけています。

直線に入ってからは脚元を確かめるような動きを一瞬見せていましたが、すぐに前に集中していました。

毛ヅヤもきれいでしたし状態はよさそうです。

この馬なりに良化していました。

フォスターボンド

フォスターボンド 2月7日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)80.864.751.136.311.4強め
1週前美浦南W(良)84.568.052.538.411.7G前仕掛け
前走最終美浦南W(良) 67.452.538.212.2馬なり

未勝利から挑むフォスターボンドは美浦のウッドチップでルークスヘリオス(牡5、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

宮崎騎手が騎乗(レースでは横山武史騎手が騎乗)し、馬場の真ん中から僚馬を7馬身追走する形で強めに追い、6F80秒8-上がり1F11秒4で1馬身先着しました。

中間追い切りは12月下旬から再開しており、坂路が21本、ウッドで7本と乗り込み量は豊富です。

31日は美浦ウッドにおいてゴール前仕掛けで追われ、6F84秒5-上がり1F11秒7の時計を出しています。

このときは単走でしたがすぐ外に2頭の併せ馬がいました。

直線の映像しかなく、しかも2頭の馬の死角に隠れていたため、評価の難しいところですが、ざっくり見た感じ、動きは悪くなさそうでした。

ゴール前仕掛けということで終いも伸びを見せていましたし、陣営のやりたい追い切りができたと思います。

最終追い切りは2頭併せで実践向けに調整されました。

ここでも強めに追われましたが全体時計80秒8はこの馬の自己ベストです。

動きに関してもコーナーから直線にかけて、レース本番を彷彿させるような追い出しができており、直線で気合をつけられてからはジワリと脚を伸ばして僚馬に先着できたのもよいでしょう。

2F11秒9から1F11秒4で加速することもできていましたし、促されてからの反応も良く、レースでも楽しみな1頭となりそうです。

ベラジオボンド

ベラジオボンド 2月7日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  55.740.212.2馬なり
1週前栗東CW(良)81.266.451.836.211.1強め
前走最終栗東坂路(良)  53.138.212.3馬なり

新馬から挑むベラジオボンドは栗東坂路でマコトヴェリーキー(牡4、2勝クラス)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する岩田望来騎手を背に、僚馬を2~3馬身追走する形で馬なり追いを行い、全体時計55秒7-上がり1F12秒2の時計でクビ差先着しています。

中間は1月上旬から再開し、坂路で18本、ウッドで26本、どちらもキャンター込みですがしっかりと追っていました。

31日は上村調教師騎乗の元、栗東ウッドチップでガロンヌ(牡3、未勝利)と併せています。

このときは僚馬を1~2馬身追走する形で強めに追い、6F81秒2-上がり1F11秒1で同時併入していました。

新馬戦から1カ月半ほどたちますが、コーナーの時点から躍動感ある走りを見せています。

直線に入ってからはガロンヌと並走しながら終い1F11秒1の好時計でゴールしており、これまで入念に追い切りを消化した分だけ上積みが見られました。

1週前に強めで負荷をかけたため最終追い切りは馬なりで軽めです。

このときは僚馬を2馬身半追走する形で追いましたが、軽快な走りで駆け抜けています。

少し寄れる場面はありましたが、リズムよく走ることができていました。

時計は出していませんが終い1Fは12秒2で加速しているので馬なりの中でもこの馬らしい動きはできていたと思います。

ミスタージーティー

ミスタージーティー 2月7日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(重)  52.937.912.2馬なり
1週前栗東CW(良)⑦96.866.252.037.611.7一杯
前走最終栗東坂路(良)  56.140.412.2馬なり

ホープフルステークス(G1)で5着のミスタージーティーは栗東坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する坂井騎手を背に、馬なりで4F52秒9-上がり1F12秒2の時計でまとめています。

中間は前走ホープフルステークスから間髪入れずに調整され、乗り込み量は豊富です。

1週前の31日には栗東のウッドチップでパーソナルハイ(牝5、3勝クラス)と併せています。

このときも坂井騎手が手綱を握り、馬場の外目から僚馬を7馬身追走する形で一杯に追われて7F96秒8-上がり1F11秒7の時計で1馬身先着しました。

コーナーから長く脚を使えていましたし、直線で手前を替えてからもしっかりした足取りで楽に先着しています。

7F96秒8-6F80秒6の自己ベストを刻むことができましたし、終いも2F11秒9から1F11秒7と加速できているので時計面でもいい内容でした。

最終追い切りは一転して坂路で軽く済ませています。

馬なりでしたがこの馬らしい首の使い方、そして足取りもしっかりしています。

1週前に負荷をかけたことで良化していました。

2週続けて坂井騎手が手綱を握って感触を確かめているのもよいですし、前走の巻き返しも十分狙えそうです。

馬券が的中しない方へ

共同通信杯(G3)京都記念(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると共同通信杯(G3)京都記念(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

共同通信杯2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ジャスティンミラノ
フォスターボンド
ショーマンフリート
ミスタージーティー
エコロヴァルツ
エンヤラヴフェイス
ジャンタルマンタル
ディマイザキッド
パワーホール
ベラジオボンド
 
同評価内は50音順になります。

共同通信杯2024追い切り映像

共同通信杯2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 共同通信杯|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 共同通信杯|JRA公式

共同通信杯2024の最終予想

共同通信杯2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)