[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【高松宮記念2024追い切り評価/全頭診断】中穴人気の〝この2頭〟に最高評価の「S」

高松宮記念2024追い切り評価記事のサムネイル画像

高松宮記念2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では高松宮記念の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

3月20日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路、ウッドともに良馬場でした。
美浦の一番時計はワンデイモアの4F51秒4で極端に時計は出ておらず、平均的です。
ウッドの一番時計はコロンドールの6F78秒9です。その他にも好タイムを出している馬がいるので時計は出ています。

栗東
この日の栗東も坂路、ウッドともに良馬場です。
坂路の一番時計はストライクオンの4F50秒2で、全体的に時計は出ていました。
ウッドではバレルが6F76秒9という好タイムを記録しました。
それ以外にもステラヴェローチェやウインリブルマンなど9頭が6F80秒を切っており、高速馬場傾向でした。

目次(読みたい項目をタップ)

高松宮記念2024追い切り評価/全頭診断コメント

高松宮記念2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

高松宮記念(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

ウインカーネリアン

ウインカーネリアン 3月20日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.768.553.238.411.5馬なり
1週前美浦南W(重)79.764.350.436.611.5強め
前走最終美浦南W(良)83.867.052.137.911.6馬なり

前走の東京新聞杯(G3)で2着のウインカーネリアンは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

主戦の三浦騎手を背に、外ラチ沿いから馬なりで追われて6F84秒7-上がり1F11秒の時計で軽めに調整しています。

1週前の13日にも三浦騎手が騎乗して美浦ウッドで追われました。

このときは僚馬コスモレオナルドと併せて僚馬を3馬身追走する形で馬場の外目から強めに追い、6F79秒7-上がり1F11秒5の自己ベストで3馬身先着しています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

1週前はブリンカー着用の元追われていましたが、コーナーの段階からさっそうとした走りを見せており、躍動感のある動きを見せていました。

また、直線に入ってからは少し加速するのに時間がかかりましたが追ってからの伸びはさすがで、高速決着となった昨年の東京新聞杯を制しているだけあります。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めの調整でしたが馬体も締まりましたし直線に入ってからの伸びもさすがです。

7歳馬にして初めての1,200m戦となりますが、2週続けて三浦騎手が騎乗した点も好感が持てますし、このレースに向けての意欲が感じられました。

ウインマーベル

ウインマーベル 3月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.252.837.411.2馬なり
1週前美浦南W(重) 67.352.137.511.5強め
前走最終美浦南W(重)83.567.152.437.411.4馬なり

阪神カップ(G2)と阪急杯(G3)を連勝し、一時のスランプは完全に払拭したウインマーベルは美浦のウッドチップコースでグリントリッター(セ3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から僚馬を7馬身後方から追走する形で馬なり追いを行い、5F67秒2-上がり1F11秒2の時計で半馬身先着しています。

1週前の13日にも美浦ウッドでエリオトローピオ(牝5、3勝クラス)と併せました。

このときも助手騎乗の元、馬場の外目から強めに追って5F67秒3-上がり1F11秒5の時計で2馬身ほど先着しています。

序盤から活き活きとした動きを見せていましたし、直線で手前を替えてからの伸びはさすが重賞を連勝しているだけあります。僚馬をあっさり突き放して動けているのも好感触です。

なお、映像はありませんが17日にも一杯に追って6F79秒6の自己ベストを残しています。

1週前に2回負荷をかけたため、最終追い切りは軽めでした。

馬なりなので負荷をかけた1週前ほど動きにキレはありませんが、直線に入ってラスト1Fでは自ら脚を伸ばしているように、レースに対する意気込みが伝わります。

勝利した近2戦と比較しても遜色ない動きを見せていましたし、好調を持続できています。

引き続き、実力を発揮できるでしょう。

シャンパンカラー

シャンパンカラー 3月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 65.250.236.211.1馬なり
1週前美浦南W(稍重)79.863.749.535.911.4直強め
前走最終美浦南W(良)82.966.551.837.411.9馬なり

昨年のNHKマイルカップ(G1)を勝利したシャンパンカラーは美浦のウッドチップコースでイリディセント(牝3、1勝クラス)と併せました。

今回初コンビを組む吉田豊騎手を背に、馬場の三分どころから僚馬を1馬身追走する形で馬なり追いを行い、5F65秒2-上がり1F11秒1の時計で併入しています。

1週前の14日には田中調教師自ら騎乗し、ベイジーニョ(牝3、未勝利)と併せました。

この時は馬場の二分どころから僚馬を1馬身半追走する形で直線強めに追い、6F79秒8-上がり1F11秒4の時計で2馬身先着しています。

1週前は少し首を下げながらの追い切りでしたがピッチの利いた動きで追うことができ、この馬らしい動きは健在です。

全体時計79秒8はこれまでの時計で3番目に速い時計ですし、終い2F11秒7-1F11秒4で持続性のある走りができていました。

最終追い切りは軽めに済ませていますが、楽な手ごたえで追いながらも終い1F11秒1の好時計で走破しています。

終始スムーズな走りで無駄のない動きが印象的でしたが、終いの脚はしっかり出していることから状態面も悪くなさそうです。

一回使ったことで上積み傾向にありますし、馬場がフィットして脚を活かせる条件下になるようでしたら力を発揮できそうです。

シュバルツカイザー

シュバルツカイザー 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)82.166.350.736.511.2馬なり
1週前美浦坂路(稍重)  57.441.913.4馬なり
前走最終美浦南W(良)83.567.451.737.111.5馬なり

今年のカーバンクルステークス(OP)の勝ち馬であるシュバルツカイザーは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の三分どころから馬なりで追い、6F82秒1-上がり1F11秒2の時計でゴールしています。

前走から中2週と間隔が短く、中間は坂路で2本しか時計を残していません。

14日の坂路追いは単走で行いましたが、首がかしげながらの追い切りでどこか走りに集中できていません。また、モタれる場面もありました。

間隔を詰めている上ほとんど馬なりなので時計が出ていない点は目を瞑るものの、それを差し引いてもいい追い切りとは言い難いです。

最終追い切りはウッドにコース変更して追い切りを行いましたが、少し首の使い方が甘い印象です。

しかし、回転の速い脚さばきで走破しているのは悪くなく、馬なりながらも4F50秒7-1F11秒2で差し馬らしい末脚を発揮しました。

シュバルツカイザーにとって近走の追い切りの中では終い1F11秒2は久々に飛び出た好時計です。

気になる箇所もありましたが、良い部分もあり状態面は悪くなさそうです。

ソーダズリング

ソーダズリング 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.936.611.7馬なり
1週前栗東坂路(不良)  51.437.612.3馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.537.211.7馬なり

京都牝馬ステークス(G3)を勝利したソーダズリングは栗東坂路で単走を行いました。

レース当日も騎乗する武豊騎手を背に、馬なりで全体時計50秒9-上がり1F11秒7の時計で坂路を駆けあがっています。

1週前の13日に栗東坂路でサンライズグリット(牡6、障害未勝利)と2頭併せを行っています。

一杯に追われた僚馬を半馬身追走する形で馬なり追いを行い、全体時計51秒4-上がり1F12秒3の時計で1馬身先着しました。

全体時計は51秒4で坂路掛けするこの馬からしたら特別抜けた時計ではありませんが終始淡々と動くことができていますし四肢の動きも機敏です。

馬なりにしては気持ちも乗っていて調子はよさそうですし、一杯に追った僚馬に先着したのも好感が持てます。

14日にプール調教を挟んで、20日は坂路において馬なりで最終調整を行いました。

このときは武豊騎手が騎乗して折り合いを確認しています。1週前に引き続いて馬なりながらも力強い歩様で坂路を駆け抜けました。

ただ、道中で少し寄れる箇所も見られます。

また、全体時計50秒9の好タイムを刻んでいましたが、良い時期はもっと好タイムを残していることから、まだまだ上積みにも期待できそうでした。

ディヴィーナ

ディヴィーナ 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.538.212.4末強め
1週前栗東坂路(稍重)  54.237.912.2強め
前走最終海外出走

ここがラストランのディヴィーナは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して末強めに追い、全体時計53秒5-上がり1F12秒4の時計で走破しています。

海外帰り緒戦となりますが、中間は坂路で入念に調整しています。

14日にも坂路で強めに追われました。

この時も単走でしたが、ウッドの蹴り上げを見る限りは非常に力強い動きができていますし、四肢の使い方も良いです。

ただ、時計自体は強めにしては目立っていません。

最終追い切りも引き続き単走を行いました。

ここでも末強めに負荷をかけていましたが、1週前と比較するとややクビの使い方が甘く、序盤はバランスの欠いた動きを見せています。

しばらくすると安定した走りになりましたが、末強めにしては終いの伸びもいまいちでした。

1週間前は好印象でしたが最終追い切りはいささか物足りない内容です。

ここがラストランとなりますが、仕上がりに関してはもう少し良化も見込め走でした。

テイエムスパーダ

テイエムスパーダ 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.537.312.1一杯
1週前栗東CW(稍重)79.665.652.138.012.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.838.812.3一杯

昨年のセントウルステークス(G2)で金星を掴んだテイエムスパーダは栗東坂路で単走を行いました。

レースでコンビを組む富田騎手を背にして一杯に追われ、全体時計51秒5-上がり1F12秒1の時計で駆け上がっています。

1週前の14日は栗東のウッドチップでクレスコジョケツと併せました。

このときも富田騎手騎乗の元、僚馬を3馬身追走する形で馬場の外目から一杯に追い、6F79秒6-上がり1F12秒1の時計を残しましたが半馬身遅れていました。

1週前はコーナーワークの挙動がいまいちで、少し安定感に欠ける動きです。

直線に入って僚馬より先に立ちましたが、逃げ馬の宿命か、終いの伸びは欠いていました。

負荷をかける意味では悪くありませんが、いい時期はもっとよい動きを見せていたので最終追い切りの良化に期待したいです。

そして、最終追い切りは坂路で一杯に追いました。

馬場の真ん中から、飛びのある動きを見せていますがところどころ斜行しており安定感に欠けます。

気持ちは乗っているものの、時計面も一杯に追われた割には平凡でした。

追い切り映えしなかった昨年のセントウルステークスでは驚きの逃げを見せたのでここでも期待したいところですが、2週続けて良化しているとは言い難かったです。

トウシンマカオ

トウシンマカオ 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良) 67.752.738.011.4馬なり
前走最終美浦南W(良)83.966.951.337.211.2馬なり

京阪杯(G3)を連勝し、前走オーシャンステークス(G3)も勝利したトウシンマカオは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から馬なりで追い、5F67秒7-上がり1F11秒4の時計で駆け抜けています。

前走から中2週ということで、中間は本数少なめで軽く済ませています。

最終追い切りはコーナーの時点でスピード感のある動きを見せています。

ただ、コーナーから直線に入ってしばらくは頭が高くてなおかつ左を向いており、走りに集中できていません。

残り2Fあたりからは前を向いて動けており、迫力のある動きができていましたが、序盤から中盤にかけて集中力が欠いていたのは気になるところです。

たまたま視界に何かが飛び込んでそちらに気がいっただけなら問題ありませんが、これが精神的なものだとしたらレースに影響を及ぼすでしょう。

馬なりながらも終いの伸びは重賞馬らしく素晴らしいものがあったので、杞憂であることを願いたいです。

ナムラクレア

ナムラクレア 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.966.050.836.511.5一杯
1週前栗東CW(不良)86.770.554.738.311.3強め
前走最終栗東坂路(良)  53.838.111.6馬なり

昨年の高松宮記念(G1)で2着に入線し、今年間違いなく上位人気に支持されるであろうナムラクレアは栗東のウッドチップで最終調整が行われました。

長谷川調教師自ら手綱を握り、馬場の真ん中から一杯に追って6F82秒9-上がり1F11秒5の時計でまとめています。

1週前の13日にも栗東坂路で追い切りを行いました。

このときは主戦の浜中騎手が騎乗し、ウインディオーネ(牝3、1勝クラス)と併せています。

僚馬を2~3馬身追走する形で馬場の外目から強めに追い、6F86秒7-上がり1F11秒3の時計で追走しましたが半馬身遅れました。

コーナーの時点でいまいち覇気が感じられません。

直線で終い1F11秒3の時計を出して僚馬に詰め寄りましたが、最終的にはかわすことなくゴールしています。

調子のよかった昨年のスプリンターズステークス(G1)と比較してもあまり良化のない動きで、少し課題の残る追い切りでした。

最終追い切りは長谷川調教師自ら指揮を執って一杯に追っています。

コーナーはピッチ走法で駆け抜け、カーブもうまく回っており、四肢の動きも機敏です。

ただ、時計自体は一杯に追われた割には目立っていませんし、終い2F11秒2に対して1F12秒1で減速していました。

まともなら本命候補でしたが、追い切りを見た限り状態面はよくないかもしれません。

ビクターザウィナー

ビクターザウィナー 3月19日(火) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切中京芝(良) 68.553.739.311.2馬なり
前走最終海外出走

香港から参戦するビクターザウィナーは一足先に中京に入厩し、現地のコースで調整しました。

今回コンビを組むK.リョン騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追って5F68秒5-上がり1F11秒2で感触を確かめました。

初めてのオーバーシードに左回り、しかも来日緒戦のG1ということで管理が重要でしたが時計だけ見たら馬なりで終い1F11秒2と優秀です。

さすがスプリント大国香港でしのぎを削っただけの馬で、実力の高さがうかがえました。

最終追い切り後に騎乗したリョン騎手も「初となる左回りもこなしてくれる」と好コメントを残しています。

追い切り映像を見た限り、少し前脚が固そうでしたが時計がよいですし、初めての舞台でも実力を発揮できそうでした。

ビッグシーザー

ビッグシーザー 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  50.936.512.2馬なり
前走最終栗東坂路(良)  52.237.111.9末強め

前走オーシャンステークス(G3)で2着のビッグシーザーは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬なりで追い、全体時計50秒9-上がり1F12秒2の時計で坂路を駆けあがっています。

前走から中2週と短いですが、中間は坂路で10本、ウッドで8本、いずれもキャンターですが乗り込み量は非常に多いです。

入念に調整されたうえで最終追い切りに挑みました。

序盤は少し寄れる場面もありましたが、その後は立て直して淡々と坂路を駆けあがっています。

中間で数をこなした影響もあって集中力が高いのも良いですね。

ただ、時計自体は特別目立つわけではありません。

この馬からしたら動きは悪くありませんが、現在の状態で前走以上に強い相手に善戦できるかというと、少し厳しいと思います。

マッドクール

マッドクール 3月20日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.238.811.7馬なり
1週前栗東CW(不良)80.865.651.136.311.1一杯
前走最終海外出走

昨年のスプリンターズステークス(G1)で2着に入線したマッドクールは栗東坂路で単走を行いました。

主戦の坂井騎手を乗せて馬なりで追われ、全体時計54秒2-上がり1F11秒7の時計で走破しています。

1週前の13日には栗東ウッドチップにおいて、単走で一杯に追いました。

このときも坂井騎手が騎乗し、馬場の外目から一杯に負荷をかけ、6F80秒8-上がり1F11秒1の時計でゴールしています。

コーナーの段階では特別目立つ動きではありませんが、直線に入って手前を替えてからは一変。

まるで倍速しているかのように脚の回転がよく、坂井騎手との折り合いも相まってスピード感のある走りができていました。

身体全体を駆使した伸びの走りは圧巻で、海外帰り緒戦ながらも素晴らしい動きができています。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは軽めの調整でした。

ここはほとんど軽く流す程度で突出するものはありませんが、中盤以降は自ら行きたがっていたのでレースに対する意欲がひしひしと伝わります。

昨年のスプリンターズステークスでもいい追い切りを見せていましたが、今回も1週前に素晴らしい動きを見せていました。

海外帰り緒戦は出し切れないと言われていますが、今回の追い切りを見た限りはいきなりでも力は発揮できそうです。

内~中枠を引くようでしたら重い印も考えたいです。

マテンロウオリオン

マテンロウオリオン 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  54.039.112.0末強め
1週前栗東坂路(不良)  51.737.912.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.439.112.1末強め

近年調子を落としているマテンロウオリオンは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して末強めに追い、全体時計54秒0上がり1F12秒0の時計で坂路を駆け抜けました。

1週前の13日にも栗東坂路で追い切りを行っています。

このときは馬なりで追われたダブルジョーク(牡4、2勝クラス)より8馬身先行し、一杯に追われて全体時計51秒7-上がり1F12秒9の時計を残しましたが半馬身後着でした。

動きだけ見たら淡々としていましたし脚の回転も速いですが、一杯に追われたわりに全体時計は目立っておらず、特に終い1F12秒9と一杯になっています。

1週前に負荷をかけたため、最終追い切りは軽めの調整でしたが序盤は頭が高くてバランスにも欠けています。

途中からはまっすぐ前を向くようになりましたが、特別良化の兆しは見られません。

本追い切りともいえる1週前で明白に見劣っていることからスランプ脱却にはまだまだ時間がかかりそうです。

ママコチャ

ママコチャ 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.738.712.1強め
1週前栗東CW(不良)80.265.251.036.611.3一杯
前走最終栗東坂路(良)  52.537.712.2馬なり

昨年のスプリンターズステークス(G1)を制したママコチャ栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して強めに追われて全体時計53秒7-上がり1F12秒1の時計で走破しています。

1週前の13日には栗東のウッドチップコースでティニア(牡4、2勝クラス)と併せました。

このときは水口騎手が騎乗し、馬場の真ん中から僚馬を4馬身追走し、6F80秒2-上がり1F11秒3の自己ベストを出しましたが1馬身遅れました。

全体的に動きは悪くありませんし、コーナーの立ち回りも上手です。

ただ、手前を替えてからはソラを噛んだのか、あまり手ごたえのない動きで一度は先頭に躍り出たもののあっさりかわされてしまいました。

それでも終い1F11秒3と悪くなく、脚も伸びていたので動きはよいですし能力の高さもうかがえますが、交わされたときに勝負根性が一切見えませんでした。

1週前に負荷をかけましたが、最終追い切りでも引き続き強めに追っています。

食戦に入った段階で頭が高かったですし、追い切りでもところどころ集中力に欠ける内容でした

最後の最後は伸びていたのでポテンシャルの高さは見え隠れしていますが、それ以上に気性面での課題が気になります。

能力はあるだけに、あとは川田騎手がどれだけママコチャの気性を抑えたうえで純粋な能力だけを引き出せるかがポイントとなりそうです。

メイケイエール

メイケイエール 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.138.012.9末強め
前走最終栗東CW(良)  49.835.711.5馬なり

重賞6勝、メンバー屈指の重賞コレクター兼現役でもトップクラスの気性難を持つメイケイエールは栗東坂路で調整を行いました。

主戦となった池添騎手を背に、末強めに追われて4F53秒1-上がり1F13秒9の時計で坂路を駆け抜けています。

中間は坂路時計が2本のみでやや少なめです。もっともこの2本は強めに追っているので負荷はかかっています。

最終追い切りも引き続き単走でしたが時計自体は特別目立っていません。

馬場の真ん中から駆け抜けていましたが序盤は舌を出していたものの直線に入ってから力強い脚さばきで坂路を駆けあがっており、この時は気性難が表面に出ていませんでした。

ただ、末強めに追われた割には終い2Fが12秒2で1F12秒9なので減速傾向になってしまったのはマイナスです。

今年6歳なのでもしかしたら衰えも出ているのかもしれません。

コース適性は高そうですが、いい時期と比較すると物足りない内容でした。

モズメイメイ

モズメイメイ 3月20日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.538.112.8馬なり
1週前栗東坂路(稍重)  53.438.312.5馬なり
前走最終栗東坂路(良)  50.636.712.0馬なり

二桁着順が続くモズメイメイは栗東坂路でラインオブソウル(牡5、オープン)と2頭併せを行いました。

今回初騎乗となる藤岡佑介騎手を背に、僚馬を1馬身半追走する形で馬なり追いを行い、全体時計52秒5-上がり1F12秒8で1馬身先着しました。

1週前の14日には栗東坂路で単走を行っています。

この時も馬なりで追い切りを行っていましたが、ほとんどキャンターに近い走りで時計は出していません。

軽めの仕上がりでしたが四肢の使い方がやや甘い感じがしました。

最終追い切りも馬なりでしたが僚馬を合わせて実践向けの追い切りを行っています。

最終追い切りは僚馬と並走ということで気持ちの乗った動きができています。

ただ、頭の使い方はあまりよくありませんし、傾く箇所も何度か見られて安定感に欠けていました。

また、終い時計も12秒8で一杯になっています。

近年凡走傾向が続いていますが、今回の追い切りを見ても良化は感じられませんでした。

ルガル

ルガル 3月20日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  51.136.611.7馬なり
1週前栗東坂路(不良)  51.337.311.9一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.437.511.4馬なり

前走のシルクロードステークス(G3)を制したルガルは栗東坂路で単走を行いました。

引き続きコンビを組む西村淳也騎手を背にして馬なりで追われて全体時計51秒1-上がり1F11秒7の時計で坂路を駆け抜けています。

1週前の13日も西村騎手騎乗の元、栗東坂路で調教を行いました。

このときはロードマイライフ(牡3、1勝クラス)と2頭併せを行っています。

僚馬を1馬身半追走する形で一杯に追い、全体時計51秒3-上がり1F11秒9の時計で2馬身先着しました。

序盤は僚馬の後ろで脚を溜めつつ、交わして追走する内容となっており、実践に向けた追い切りが施されていましたが、交わしてからも持続ある走りができています。

時計も終い2F11秒9-1F11秒9と長く脚を使っており、直線の長い中京でも末脚を活かせるでしょう。

1週前に負荷をかけたため最終追い切りは馬なりで軽く流していましたが、負荷をかけた影響もあって回転の速い脚さばきで坂路を駆け抜けています。

レースに対する意欲も身体全体から伝わりましたし、終いの伸びも良いですね。

2週続けて西村騎手が騎乗した点も好感が持てますし、万全な状態でレースに挑めるでしょう。

ロータスランド

ロータスランド 3月20日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.438.112.0強め
1週前栗東CW(稍重)85.768.853.237.911.4馬なり
前走最終栗東坂路(良)  51.437.012.1馬なり

2年前の高松宮記念で2着入線したロータスランドは栗東坂路でディオ(牡5、オープン)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して僚馬を3馬身追走する形で強めに追い、全体時計53秒4-上がり1F12秒0の時計で1馬身先着しています。

中間は坂路がほとんどでしたが、14日はウッドで追っています。

このときも助手が騎乗し、馬場の外目から馬なりで追って6F85秒7-上がり1F11秒4で駆け抜けました。

時計自体はそこまで目立ちませんが、序盤から集中した走りを見せています。

この追い切りは単走でしたが前に3頭横に並んでいました。直線では前3頭を内から交わして涼しい表情で駆け抜けています。

馬なりながらも終い2F12秒0-1F11秒4の加速ラップを刻めており、追えばもう少し時計が出ていたかもしれません。

抜け出しもスムーズで器用な走りができています。

最終追い切りは坂路で強めに追いました。

ここはディオと併せましたが終始力のある走りができています。

時計自体は特別目立つものではありませんが、レースに対する意欲は見えましたし気持ちは前向きです。

今年で7歳ですがまだまだ力は出せそうでした。

もっとも、好時計を記録した昨年の阪神カップ(G2)のときほど仕上がってなさそうです。

馬券が的中しない方へ

高松宮記念(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると高松宮記念(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

高松宮記念2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ウインカーネリアン
マッドクール
ウインマーベル
シャンパンカラー
ビクターザウィナー
ルガル
シュバルツカイザー
ソーダズリング
トウシンマカオ
ビッグシーサー
ママコチャ
ロータスランド
ディヴィーナ
テイエムスパーダ
ナムラクレア
マテンロウオリオン
メイケイエール
モズメイメイ
 
同評価内は50音順になります。

高松宮記念2024追い切り映像

高松宮記念2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 高松宮記念|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 高松宮記念|JRA公式

高松宮記念2024の騎手予想

高松宮記念2024で買いたい騎手トップ3を公開しています。

高松宮記念2024の最終予想

高松宮記念2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)