[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【東京ジャンプステークス2024予想】本命馬3頭+穴党におすすめしたい2頭はこちら!

東京ジャンプステークス2024予想記事のサムネイル画像

東京ジャンプステークス2024予想の最終買い目を更新しました!

東京ジャンプステークス2024のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

東京ジャンプステークス2024の予想ポイント

  • 配当妙味の高いレース
  • 勝ち馬=ミスタープロスペクター系、相手=ロイヤルチャージャー系
  • 3番人気【3-2-1-4】の馬の好走率がもっとも高い
  • 1枠【2-2-2-4】を引いた馬は評価を上げたい
  • 前走が西日本競馬場だった馬は苦戦
目次(読みたい項目をタップ)

東京ジャンプステークス2024予想の最終買い目

東京ジャンプステークスが開催される土曜日の東京競馬場界隈は晴れのち雨の予報が出ていました。

雨は22時ごろから降るようで、レースが行われる時間帯は晴れ間となっています。

気温も30度近くまで上昇し、真夏日開催となるでしょう。

前日の金曜日は激しい雨もあったようで、10時の時点で芝は重馬場でした。

しかし、土曜日は晴れなのである程度回復に期待できそうです。

うましるでは晴れの良~稍重馬場、標準くらいの馬場を想定しながら予想をまとめました。

馬券が的中しない方へ

宝塚記念(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  3 ジューンベロシティ

ロードカナロア
アドマイヤサブリナ
母父シンボリクリエス
主な勝ち鞍阪神ジャンプステークス(J・G3) 2023年
前走中山グランドジャンプ(J・G3) 2着

本命はジューンベロシティにしました。

今年の東京ジャンプステークスは出走馬の能力の差が比較的大きいですが、その中でもジューンベロシティは前走の中山グランドジャンプで2着入りしているように上位グループに位置しています。

昨年の東京ジャンプステークスも勝利しているように、コース適性の高さも証明しました。

タフな馬場よりも良馬場のほうが出し切れると思いますが、稍重なら実績もあります。

土曜日の天気が読みづらいところではありませんが、天気予報を見る限り、ある程度馬場の回復にも期待できそうなのでここは実力上位のジューンベロシティから行くことにしました。

〇対抗  2 ホッコーメヴィウス

ダイワメジャー
ホッコーメモリー
母父ダンシングブレーヴ
主な勝ち鞍京都ジャンプステークス(J・G3) 2022年
前走東京ハイジャンプ(J・G2) 2着

対抗はホッコーメヴィウスにしました。

これまで逃げの競馬で障害重賞タイトルを3つ手にしている実力馬です。

昨年は一時期掲示板外に沈む傾向も多々見られて、スランプの傾向も見られましたが、阪神ジャンプステークスや東京ジャンプステークスでは2着入りしているように、一時のスランプは脱却していることでしょう。

今回は内枠2番を引けたのでゲートさえ飛び出すことができれば得意の逃げに持っていくことも可能です。

ただ、休み明けはそこまで走らない可能性もあるので、強くは狙いづらい1頭だと感じました。

コース適性は高いですし、実績もありますが、休み明けを考慮して2番手評価にしています。

▲単穴  1 ダイシンクローバー

キンシャサノキセキ
ヒシディーバ
母父Fusaichi Pegasus
主な勝ち鞍東京ハイジャンプ(J・G2) 2023年
前走若狭湾特別(2勝クラス) 9着

単穴はダイシンクローバーにしました。

昨年の京都ハイジャンプを勝利している馬で、このときは逃げの競馬で好走しています。

展開的にはスローの流れだったので競馬しやすかったと思いますが、それでも人気に応えて勝利し、仕事をこなした印象でした。

その前の中山グランドジャンプも重馬場でタフな条件下ながらも3着入りしているように、消耗戦に強い馬です。

近走は凡走が続いているので強くは狙いづらい馬ですが、データと相性のいい1枠を引くことができたのも良いでしょう。

相手は強いですが、タフな馬場+最内発走を活かしてどこまでやれるか、期待したいです。

△連下 14 オールザワールド

キズナ
エピックラヴ
母父Dansili
主な勝ち鞍三木ホースランドジャンプS(OP) 2024年
前走三木ホースランドジャンプS(OP) 1着

オールザワールドは連下にしました。

障害レースに転向してからは【3-1-0-0】で直近のレースも3連勝しており、ジャンパーとしての才能を開花させました。

前走三木ホースランドジャンプステークスでは2着のフィロロッソを唯一捉えて勝利、しかも5馬身差の圧勝でした。

ジャンパーとしてのパフォーマンスは長けており、勢いがあるのは間違いありません。

しかしながら、キャリア初の障害重賞でそこそこメンツがそろった舞台でどこまで力を発揮できるかは未知数です。

東京コースも初めてなので、輸送も気になるところですし、ここは抑えまでにしておきます。

単勝

3 ジューンベロシティ

馬連流し

軸馬:3
相手:1、2、10、14

三連複フォーメーション

1頭目:3
2頭目:1、2、10、14
3頭目:1、2、10、14

東京ジャンプステークス2024の有力馬3頭

東京ジャンプステークスは上半期最後の障害重賞競走です。

今年は15頭の馬が出走登録し、フルゲート開催に期待できるでしょう。

今年の出走登録馬の中から実績上位の3頭をピックアップしました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ジューンベロシティ

主な勝ち鞍
  • 東京ジャンプS (J・G3) 2023年
  • 阪神ジャンプS (J・G3) 2023年

昨年の東京ジャンプステークスと阪神ジャンプステークスを勝利したジューンベロシティが連覇に挑みます。

もともと平場の短距離を主戦場にしていましたが、2年前に障害に転向してからはジャンパーとしての才能を開花し、2つの重賞タイトルを制しました。

また、今年の中山グランドジャンプにおいても先行しながら上がり1F13秒5の末脚を以て2着入りしています。

勝ち馬イロゴトシには3馬身差の完敗でしたが、ニシノデイジーやマイネルグロン、エコロデュエルといった強敵相手に先着し、混戦模様の現障害界でも上位の実力を発揮しています。

年齢的には6歳馬で障害界のなかではまだまだフレッシュですし、東京ジャンプステークスは昨年勝利した舞台ということで適性にも期待できるでしょう。

今年も調子は維持していますし、休み明けでも走ることができる馬です。

あえていうなら、重馬場以下の舞台では結果を残せていないので、梅雨の影響だけは回避したいところです。

天気と馬場次第では軸馬候補です。

★評価点
・昨年の東京ジャンプステークスの勝ち馬
・逃げ~先行競馬が得意
・大舞台でも上位争いしている
・データと相性のいいロードカナロア産駒

▼課題
・重馬場は苦手

オールザワールド

主な勝ち鞍
  • 三木ホースランドジャンプS (OP) 2024年

去年の今頃は平場の3勝クラスでくすぶっていましたが、昨年末に障害に転向してからは一気に頭角を現したオールザワールドが初重賞に挑みます。

障害レースに限れば【3-1-0-0】とパフォーマンスは非常に高く、特に前走の三木ホースランドジャンプステークスでは大きく逃げたフィロロッソを捉えて最後の障害をクリアすると、あとは独走で2着に入線したフィロロッソに5馬身差の楽勝でした。

大逃げを打ったフィロロッソも強い走りを見せましたが、1頭だけ唯一捉えたうえ、圧倒していることからここは能力が一枚以上上手です。

三木ホースランドジャンプステークスの内容を見る限りは強い競馬を見せていたので初めての重賞でもチャンスはあると思います。

データと相性の悪い前走西日本競馬場組ですが、初の重賞舞台でどれだけ実力を発揮できるか、注目したいです。

★評価点
・障害に転向してから連対を外していない
・三木ホースランドジャンプステークスが強い競馬
・森騎手と再びコンビを組む
・終いの伸びにも定評がある

▼課題
・データと相性の悪い前走西日本競馬場組

ブラックボイス

主な勝ち鞍
  • 春麗ジャンプS (OP) 2024年

ブラックボイスは昨年の下半期に障害に転向した馬です。

障害転向緒戦は慣れない舞台もあって、大敗していましたが、次走ではスムーズに前目を確保して2着馬に1.0秒差の圧勝でした。

この勝利で勢いに乗ったのか、今年緒戦に行われた障害4歳以上オープンも楽に勝利、そして前走春麗ジャンプステークスも勝利しています。

この春麗ジャンプステークスでは今年の有力馬であるジューンベロシティに土をつけていることから、強い相手に勝ち負けすることができました。

今回は初重賞戦となりますが、春麗ジャンプステークスで強い相手に勝利していることから、実績だけ見たらチャンスは十分あるでしょう。

先に紹介したオールザワールド同様、データと相性の悪い前走西日本競馬場組ですが、実績のある馬なので、初の重賞ん舞台でどこまでやれるか見物です。

★評価点
・障害レースを3連勝
・春麗ジャンプステークスでは今年の有力馬であるジューンベロシティに勝利した
・先行競馬が得意

▼課題
・データと相性の悪い前走西日本競馬場組

東京ジャンプステークス2024の穴馬2頭

東京ジャンプステークスは高配当に期待できるレースなので穴馬にも注目したいです。

今年の出走登録馬の中から配当妙味の高そうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ホッコーメヴィウス

主な勝ち鞍
  • 新潟ジャンプS (J・G3) 2022年
  • 阪神ジャンプS (J・G3) 2022年
  • 京都ジャンプS (J・G3) 2022年

長く障害重賞を走り続けているホッコーメヴィウスも参戦します。

2021年~2022年の東京ジャンプステークスを2年連続2着入りしているだけではなく、東京ジャンプステークスと同じコースで行われる東京ハイジャンプは3年連続連対していることから、コース適性の高さはメンバーの中でもトップクラスです。

また、3つの障害重賞を勝利していることから実績も高いのもポイントが高いです。

脚質的には逃げの競馬を得意としていますが、今年の東京ジャンプステークスの出馬表を見てみると、これといった逃げ馬がいないので主導権は握りやすいでしょう。

ただし、昨年の東京ジャンプステークスが9着に敗れているように、長期休み明けはあまり走りません。

一時のスランプは脱却したものの、今回も長期休み明けとなるため、どこまでやれるか、追い切り等を確認しながら印を検討したいです。

★評価点
・東京障害コースのマイスター
・逃げの競馬が得意
・メンバー構成を見る限り、今年も逃げやすい
・一時のスランプは乗り越えた

▼課題
・長期休み明けでどれだけやれるか

トゥルボー

主な勝ち鞍
  • 阪神ジャンプS (J・G3) 2021年
  • 新潟ジャンプS (J・G3) 2021年

今年で8歳になったトゥルボーは3年前の新潟ジャンプステークスで10番人気ながらも早めのまくりがフィットして優勝、初重賞タイトルを手にしました。

そして、続く阪神ジャンプステークスにおいても中段で脚を溜めつつ、早めに進出を開始し、勝利を手にしています。

新潟ジャンプステークスだけ見たらフロックの可能性もありましたが、阪神ジャンプステークスも勝利して重賞連勝したことから、実力を証明することができました。

その後は怪我のために長期休養を余儀なくされ、近2戦もいまのところ結果を残せていません。

前走からの長期休み明けで課題も多いですが、出し切れれば重賞連勝するだけの実力を秘めている馬なので、久々の舞台でどこまでやれるか注目したいです。

★評価点
・重賞を連勝した馬
・スタミナを活かした早めのスパートが得意

▼課題
・休み明け
・石神騎手から中村騎手への乗り替わり
・近2戦は目立った活躍を残せていない

馬券が的中しない方へ

宝塚記念(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで宝塚記念(G1)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからは東京ジャンプステークスの過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

東京ジャンプステークス2024の概要

東京ジャンプステークスは東京競馬場で開催される障害のG3競走です。

東京ジャンプステークスは春のグランプリレースである宝塚記念が開催される週に行われる重賞となっており、宝塚記念のイメージが強いことから、注目度はやや低いです。

しかしながら、2か月にわたって長く開催された東京開催の締めを務める重賞となっています。

東京で行われる障害重賞は秋の東京ハイジャンプがありますが、東京ハイジャンプが比較的堅く決まりやすいのに対して、東京ジャンプステークスは荒れやすいです。

なぜなら、東京ジャンプステークスは梅雨時期に行われるため、雨の影響を受けやすいからです。

また、G3競走ということで有力馬の参戦が少ないのも荒れる要因の一つとなっています。

特に、絶対王者のオジュウチョウサンが引退してからの障害界は未だに混戦模様としているため、だれが勝ってもおかしくないでしょう。

当てるのは難しいと思いますが、その分配当妙味には期待できるので、宝塚記念の前に軍資金を稼ぎたいところです。

上半期最後の障害重賞を制するのはどの馬でしょうか?!

東京ジャンプステークス2024の開催内容

開催日6月22日(土曜) 14:00発走
格付けJ・G3
開催競馬場東京競馬場 8R
コース障害3,110m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金2900万円

東京ジャンプステークス2024が開催される東京の障害3,110mの特徴

東京ジャンプステークスのタイム
平均タイム
(過去10年)
3:29.3
レコードタイム3:25.3
(2018年 サーストンコラルド)

東京ジャンプステークスの舞台となる東京障害3,110mは、ダートコースの内側に設けられた障害コースを使用します。

スタート地点は2コーナーで、障害コースを1周半回ったのち4コーナーからダートコースを横切って平地の芝コースに出て、ゴールを目指します。

設けられている障害は全部で9つあり、最後の芝コース上にも1つあります。

そのため、芝コースをメインに走ることが多いです。

開催最終週なので馬場は荒れているように感じますが、それはあくまでも“平地の芝コース”に限った話です。

障害コースはそもそもレース数が少なく芝が痛むことはほとんどありません。

障害3,110mでは障害コースをメインに走るため、良馬場開催なら高速馬場を想定してもらっても構いません。

当日の馬場にもよりますが、晴れたら時計勝負になりやすく、平地時代に芝コースで結果を残した馬が活躍しやすい舞台なのです。

東京ジャンプステークス2024の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ダイシンクローバーセ861.0黒岩悠
2ホッコーメヴィウスセ860.0井上敏樹
3ジューンベロシティ牡660.0高田潤
4ギガバッケンセ960.0伴啓太
5ヴァレッタカズマ牡560.0小野寺祐太
6ロードトゥフェイム牡660.0坂口智康
7コウユーヌレエフ牡1060.0小牧加矢太
8ナリノモンターニュ牡760.0金子光希
9ロスコフ牡660.0草野太郎
10ブラックボイス牡560.0石神深一
11サクセスエース牡660.0上野翔
12トゥルボー牡860.0中村将之
13ヴェイルネビュラセ660.0五十嵐雄祐
14オールザワールド牡760.0森一馬

東京ジャンプステークスの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2023
19ジューンベロシティ6中山グランドジャンプ(J・G1)6
24メイショウアルト4障害4歳上オープン3
32トライフォーリアル3京都ハイジャンプ(J・G2)2
2022
11ケイティクレバー8吾妻小富士ステークス(OP)15
29ホッコーメヴィウス3春麗ジャンプステークス(OP)7
35エイシンクリック1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
2021
19スマートアペックス1京都ハイジャンプ(J・G2)3
210ホッコーメヴィウス5障害4歳上オープン1
31メイショウウチデ6障害4歳上オープン1
2020
16ラヴアンドポップ10障害3歳上オープン中止
211フォワードカフェ3障害4歳上オープン2
310マンノグランプリ6障害4歳上未勝利1
2019
稍重
18シングンマイケル3障害4歳上オープン3
21マイネルプロンプト1中山グランドジャンプ(J・G1)3
32シンキングダンサー2中山グランドジャンプ(J・G1)2
2018
13サーストンコラルド10障害4歳上オープン5
21マイネルフィエスタ7京都ハイジャンプ(J・G2)4
35タイセイドリーム6麦秋ステークス(1,600万下)16
2017
18シンキングダンサー3障害4歳上オープン1
26グッドスカイ5障害4歳上オープン3
31ビットアレグロ9障害4歳上オープン5
2016
稍重
112オジュウチョウサン1中山グランドジャンプ(J・G1)1
24ウインヤード11障害4歳上オープン2
311タナトス7障害4歳上オープン6
2015
稍重
11オースミムーン3中山大障害(J・G1)5
22タナトス5障害3歳上オープン6
33ウォンテッド6障害3歳上オープン5
2014
稍重
14メイショウヨウドウ2京都ハイジャンプ(J・G2)2
27ネオレボルーション4障害3歳上オープン1
312セイエイ13中山グランドジャンプ(J・G1)7

【配当】配当妙味の高いレース

年度単勝馬連三連複三連単
20231,760円8,360円10,270円80,130円
20223,480円9,820円7,740円94,180円
2021350円2,890円7,630円40,200円
20206,990円19,840円120,360円132,3690円
2019570円860円620円5,180円
20185,850円36,270円127,090円142,6360円
2017640円2,430円28,420円159,990円
2016200円8,920円27,550円121,550円
2015740円5,470円10,530円66,320円
2014720円2,330円95,320円381,930円
平均配当2,130円9,719円43,553円369,953円

過去10年の東京ジャンプステークスの平均配当をまとめました。

単勝10倍以上の馬はこれまで4頭勝利しており、平均配当は2,130円です。

馬連配当も9開催で1,000円以上飛び出ており、平均配当は9,719円でした。

三連複は平均配当が43,553円、そして三連単は10万円馬券が5回も出ており平均配当は369,953円となっています。

障害レースはそこまで荒れる傾向がありませんが、東京ジャンプステークスは順当で決着付いた年が19年しかありません。

それ以外の年はすべて高配当が出ていることから、配当妙味の高いレースといえるでしょう。

【血統】勝ち馬=ミスタープロスペクター系、相手=ロイヤルチャージャー系

種牡馬成績単勝率連対率複勝率
ミスタープロスペクター系【4-0-2-24】13.3%13.3%20.0%
ロイヤルチャージャー系【3-8-7-55】4.1%15.1%24.7%

過去10年の東京ジャンプステークスの好走馬を血統別にまとめました。

ミスタープロスペクター系の馬は【4-0-2-24】となっており、4頭の勝ち馬が出ています。

単勝率は13%ありました。

対して、ロイヤルチャージャー系の馬は【3-8-7-55】で、単勝率は4%しかありませんが、2~3着に15頭が絡んでいることから、複勝率は25%でミスタープロスペクター系よりも高い数値となっています。

このことから、勝ち馬はミスタープロスペクター系、相手候補はロイヤルチャージャー系から探すのが良いかもしれません。

今年の出走馬の血統をまとめました。

ミスタープロスペクター系
・ヴェイルネビュラ
・ギガバッケン
・ジューンベロシティ

ロイヤルチャージャー系
・ヴァレッタカズマ
・オールザワールド
・コウユーヌレエフ
・サクセスエース
・ダイシンクローバー
・トゥルボー
・ナリノモンターニュ
・ブラックボイス
・ホッコーメヴィウス
・ロスコフ
・ロードトゥフェイム

【年齢】若い馬も高齢馬も活躍

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【2-1-1-8】16.7%25.0%33.3%
5歳【3-3-2-27】8.6%17.1%22.9%
6歳【2-1-3-20】7.7%11.5%23.1%
7歳【3-2-0-22】11.1%18.5%18.5%
8歳【0-3-4-9】0.0%18.8%43.8%

過去10年の東京ジャンプステークスの好走馬を年齢別にまとめました。

勝ち馬は4歳馬から8歳馬まで幅広く出ていますが、その中でもっとも単勝率が高かったのは4歳馬の17%です。

しかし、その次に勝率が高かったのは7歳馬でした。

また、複勝率を見てみると8歳馬がもっとも高く、勝ち馬こそでていませんが、2~3着には7頭も入線しており、勝率は44%もあります。

東京ジャンプステークスは若い馬も高齢馬も、幅広く活躍していました。

東京ジャンプステークスの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
2番人気【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
3番人気【3-2-1-4】30.0%50.0%60.0%
4~6番人気【1-5-4-20】3.3%20.0%33.3%
7~9番人気【1-1-2-26】3.3%6.7%13.3%
10番人気以下【2-1-1-33】5.4%8.1%10.8%

上位勢でもっとも安定しているのは3番人気

過去10年の東京ジャンプステークスで1番人気は【2-1-1-6】、2番人気は【1-0-1-8】です。

勝率は10~20%、複勝率も20~40%と低水準でした。

対して、3番人気馬は【3-2-1-4】で安定しており、単勝回収率は195%、複勝回収率も174%でした。

上位勢の中では3番人気馬がもっとも安定しているといえるでしょう。

9割の確率で馬券に絡む6番人気以下の馬

過去10年の東京ジャンプステークスのうちの9開催で1頭以上6番人気以下の馬が馬券に絡んでいました。

1~3番人気馬で決着付いた年は2019年度のみとなっており、それ以外の年は毎年穴馬が1頭以上台頭しています。

このことから、東京ジャンプステークスはヒモ荒れする傾向が強いレースといえるでしょう。

穴馬の期待値は高い

単勝オッズ成績単勝率連対率複勝率単回収率複回収率
10.0~14.9倍【0-1-1-6】0.0%12.5%25.0%0%97%
15.0~19.9倍【1-1-0-10】8.3%16.7%16.7%146%57%
20.0~29.9倍【0-2-3-8】0.0%15.4%38.5%0%271%
30.0~49.9倍【1-0-1-17】5.3%5.3%10.5%183%113%
50.0~99.9倍【2-1-2-20】8.0%12.0%20.0%513%308%
100倍以上【0-0-0-13】0.0%0.0%0.0%0%0%

過去10年の東京ジャンプステークスで好走した単勝10倍以上の馬をまとめてみました。

単勝オッズ15倍以上~99倍だった馬は単勝回収率か複勝回収率、もしくはどちらも100%を超えています。

単勝10~14.9倍の馬はこれに該当していませんが、それでも複勝回収率は97%ありました。

さすがに単勝100倍以上の馬は苦戦していますが、10~99倍の馬は回収率の面で高い成績を残していることから、収支向上に期待できそうです。

馬券が的中しない方へ

宝塚記念(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると宝塚記念(G1)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

東京ジャンプステークスの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
2枠【0-1-2-7】0.0%10.0%30.0%
3枠【2-1-1-11】13.3%20.0%26.7%
4枠【1-1-0-14】6.3%12.5%12.5%
5枠【0-1-2-15】0.0%5.6%16.7%
6枠【2-2-1-14】10.5%21.1%26.3%
7枠【2-2-2-13】10.5%21.1%31.6%
8枠【1-0-0-19】5.0%5.0%5.0%

1枠有利

過去10年の東京ジャンプステークスで1枠は【2-2-2-4】でした。

単勝率20%、複勝率60%は全枠順の中でもっとも高水準です。

東京ジャンプステークスの舞台である東京障害3,110mはコースの大部分が使用頻度の少ない障害コースです。

開催最終週ですが、障害コースは基本的に芝の痛みがないうえ、障害コースはダートコースの内側に設けられているので小回りとなっていることから、最内1枠は好走傾向にあるのでしょう。

1枠を引いた馬は評価を上げたいです。

東京ジャンプステークスの過去10年の前走別成績

前走競馬場成績単勝率連対率複勝率
東日本競馬場【8-8-7-68】8.8%17.6%25.3%
西日本競馬場【2-2-3-29】5.6%11.1%19.4%
※東日本競馬場=福島・新潟・東京・中山
 西日本競馬場=中京・京都・阪神・小倉

前走が西日本競馬場だった馬は苦戦

過去10年の東京ジャンプステークスの好走馬を前走競馬場別にまとめました。

前走が東日本競馬場だった馬は23頭が馬券に絡んでいるのに対し、西日本競馬場だった馬は7頭しか絡めていません。

好走率でみても前走西日本競馬場だった馬は東日本競馬場だった馬と比較すると勝率・連対率・複勝率いずれの数値も劣っていました。

東京ジャンプステークスにおいて、前走西日本競馬場だった馬は苦戦傾向にあるようです。

今年の出走馬の中で前走が西日本競馬場だった馬は3頭いました。

オールザワールド
(前走幹ホースランドジャンプS【OP】/1着)

ダイシンクローバー
(前走若狭湾特別【2勝クラス】/9着)※ダートレース

ブラックボイス
(前走春麗ジャンプS【OP】/1着)

以上になります。
東京ジャンプステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)