毎日王冠(G2)と京都大賞典(G2)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【神戸新聞杯2022予想】前走ダービー組が圧倒!不人気馬の激走に注意!

神戸新聞杯2022予想

神戸新聞杯2022予想の最終買い目を更新しました。

神戸新聞杯2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

神戸新聞杯2022の概要

神戸新聞杯は菊花賞のトライアルレースとして古くから設立されているレースです。

例年は阪神競馬場で芝2,400mで開催されていましたが、今年は京都競馬場改修工事と阪神競馬場の芝保持のため、昨年同様中京の芝2,200mで開催されることが決定しました。

元々は菊花賞を目標にここを叩く馬が多かったのですが、近年は中距離志向が強まっていることから、ここから天皇賞(秋)やジャパンカップに向かう馬も増えてきました。

代表的なのがレイデオロやサートゥルナーリアですね。

また、19年度から中京競馬場で代替開催された際は、ロバートソンキーやモンテデュオといった穴馬が馬券に絡んで高配当を演出しています。

今年の3歳牡馬はダービー馬のドウデュースが凱旋門賞に向かい、イクイノックスや皐月賞を制したジオグリフがぶっつけで天皇賞(秋)に向かうことが決まり、例年以上に小粒感はぬぐえません。

しかし、逆にいうと高配当が飛び出す可能性があります。

しっかりと考察して高配当を手にしましょう!

神戸新聞杯2022の開催内容

開催日9月25日(日曜) 15:35発走
格付けG2
開催競馬場中京競馬場
コース芝2,200m
性齢3歳
斤量馬齢
1着賞金5400万円

神戸新聞杯2022が開催される中京の芝2,200mの特徴

中京競馬場 芝2200mのコースで特徴を解説

今年の神戸新聞杯は中京芝2,200mで開催されます。

スタート地点は4コーナーのポケット付近で、最初の1コーナーまで450m近くあります。

コーナーまで長いので枠の影響はあまり見られません。

そして、中京には直線上に急坂があるため前半はゆったりした流れになりやすいです。

1コーナーと2コーナーはゆったりとした上り坂で向こう正面まで続きます。

向こう正面の途中に坂のてっぺんがあり、そこからは長い下り坂に切り替わります。

3.4コーナーも下り傾斜でしかもスパイラルカーブが導入されているためペースは引きあがります。

最後の直線は前半は下りですが、スタート直後に上った激坂を再び上ります。

また、中京は坂を上ったあとも1Fほど走った先にゴールがあります。

中京は他の競馬場と比較してもスタミナが求められやすいです。

なぜなら、直線の激坂を上ったあとも1Fほど走らないとゴールがないからです。

そのため距離以上にスタミナを消耗しやすいです。

また、スパイラルカーブと長い直線の関係から、差しや追い込み馬が早い段階から仕掛けやすいです。

ほかの競馬場と比較しても差しや追い込み馬の好走率は高いです。

神戸新聞杯2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1リカンカブール牡356.0藤岡康太
2ボルドグフーシュ牡356.0吉田隼人
3ミスターホワイト牡356.0松若風馬
4コントゥラット牡356.0北村友一
5ヴェローナシチー牡356.0団野大成
6ヤマニンゼスト牡356.0武豊
7ジャスティンパレス牡356.0鮫島克駿
8メイショウラナキラ牡356.0秋山真一郎
9サトノヘリオス牡356.0浜中俊
10レヴァンジル牡356.0M.デムーロ
11パラレルヴィジョン牡356.0C.ルメール
12ジュンブロッサム牡356.0坂井瑠星
13ビーアストニッシド牡356.0岩田康誠
14プラダリア牡356.0池添謙一
15アイキャンドウイッ牡356.0和田竜二
16アスクワイルドモア牡356.0岩田望来
17サンセットクラウド牡356.0幸英明

過去10年の神戸新聞杯のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2012114ゴールドシップ1ダービー(G1)5
26ロードアクレイム8ラジオNIKKEI賞(G3)8
 311マウントシャスタ2宝塚記念(G1)5
2013110エピファネイア1ダービー(G1)2
215マジェスティハーツ7長久手特別(1000万)1
 34サトノノブレス2信濃川特別(1000万)2
2014110ワンアンドオンリー1ダービー(G1)1
211サウンズオブアース8ダービー(G1)11
 32トーホウジャッカル9玄海特別(1000万)2
201516リアファル3マレーシアC(1600万)1
25リアルスティール1ダービー(G1)4
 39トーセンバジル7白百合S(OP)7
2016114サトノダイヤモンド1ダービー(G1)2
215ミッキーロケット6HTB賞(1000万)1
 312レッドエルディスト4ダービー(G1)9
201718レイデオロ1ダービー(G1)1
25キセキ2信濃川特別(1000万)1
 32サトノアーサー3ダービー(G1)10
201813ワグネリアン2ダービー(G1)1
22エタリオウ3ダービー(G1)4
 36メイショウテッコン6ラジオNIKKEI賞(G3)1
201913サートゥルナーリア1ダービー(G1)4
25ヴェロックス2ダービー(G1)3
 38ワールドプレミア3若葉S(L)2
202012コントレイル1ダービー(G1)1
218ヴェルトライゼンデ3ダービー(G1)3
 35ロバートソンキー141勝2
202115ステラヴェローチェ2ダービー(G1)3
不良27レッドジェネシス5ダービー(G1)11
 34モンテディオ8ルスツ特別(1勝)1

【脚質】上がり勝負になりやすい

上がり3F成績単勝率連対率複勝率
1位【3-6-2-0】27.3%81.8%100.0%
2位【6-2-1-1】60.0%80.0%90.0%
3位【1-2-3-5】9.1%27.3%54.5%
4.5位【0-0-3-17】0.0%0.0%15.0%
6位以下【0-0-1-86】0.0%0.0%1.1%

過去10開催の神戸新聞杯で好走した馬の上がり3Fをまとめました。

上がり1位で駆け抜けた馬は3勝し、複勝率はなんと100%です。

上がり2位の馬も6頭の馬が勝利していて複勝率90%となっています。

とにかく決め手が重要になりやすく、上がりの速い馬が好走しやすい舞台となっています。

ちなみに、前走が上がり最速の馬は【4-1-3-20】と好成績を残しています。

中京で開催された20年と21年の勝ち馬であるコントレイルとステラヴェローチェも前走のダービーで上がり最速のタイムでゴールしています。

舞台が中京に移ってもその傾向は強そうですね。

今年の出走馬の前走の上がりを下記にまとめました。

前走上がり1位
・コントゥラット(35.1)
・パラレルヴィジョン(33.5)
・ボルドグフーシュ(34.8)
・ヴェローナシチー(34.4)

前走上がり2位
・サトノヘリオス(35.3)
・サンセットクラウド(35.3)
・ジュンブロッサム(33.2)
・ヤマニンゼスト(35.4)
・リカンカブール(35.0)

【生産】ノーザンファーム生産馬が強い

過去10年の神戸新聞杯で馬券に絡んだ30頭のうち、18頭がノーザンファーム生産馬でした。

ノーザンファーム生産馬の好走率が非常に高く、過去にはミッキーロケットやトーセンバジルといった穴馬も馬券に絡んでいます。

ノーザンファーム生産馬は無条件で評価してもよさそうですね。

今年の出走馬でノーザンファーム生産馬は4頭います。

・ジャスティンパレス
・ジュンブロッサム
・パラレルヴィジョン
・レヴァンジル

神戸新聞杯(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の神戸新聞杯の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【7-1-0-2】70.0%80.0%80.0%
2番人気【2-2-2-4】20.0%40.0%60.0%
3番人気【1-2-2-5】10.0%30.0%50.0%
4~6番人気【0-2-2-26】0.0%6.7%13.3%
7~9番人気【0-3-3-23】0.0%10.3%20.7%
10番人気以下【0-0-1-49】0.0%0.0%2.0%

上位人気の信頼度は非常に高い

過去10開催の神戸新聞杯で馬券に絡んだ馬は上位人気に支持された馬が多いです。

1番人気は過去7勝していて複勝率は8割を超えています。

2番人気も複勝率60%で3番人気は50%となっていて、1~3番人気だけで19頭の馬が馬券に絡みました。

上位人気に支持された馬は神戸新聞杯での構想に期待が持てますね。

中京開催は不人気馬の激走に注意!

神戸新聞杯は2020年と2021年は中京で代替開催されています。

この2開催で馬券に絡んだ馬を見ると、3着に14番人気のロバートソンキーと8番人気のモンテディオが絡みました。

今年も中京開催なのでヒモ荒れする可能性は十分あるでしょう。

過去10年の神戸新聞杯の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-0-1-11】7.7%7.7%15.4%
2枠【0-1-2-13】0.0%6.3%18.8%
3枠【2-1-1-13】11.8%17.6%23.5%
4枠【1-2-1-13】5.9%17.6%23.5%
5枠【4-1-1-11】23.5%29.4%35.3%
6枠【0-1-2-14】0.0%5.9%17.6%
7枠【0-2-1-18】0.0%9.5%14.3%
8枠【2-2-1-16】9.5%19.0%23.8%

5枠有利も今年はあまり気にしなくてよさそう

過去10開催の神戸新聞杯でもっとも好走しているのは5枠です。

なんといっても4頭の勝ち馬を輩出している点が突出していますね。

複勝率もすべての枠でトップです。

ところが、勝ち馬の3頭は阪神開催時代のものでした。

ちなみに中京で馬券に絡んだ6頭は内からも中からも外からもまんべんなく好走馬がでているので枠順データはあまり気にしなくてもよさそうです。

過去10年の神戸新聞杯の前走別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
G1【9-6-3-32】18.0%30.0%36.0%
G2【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%
G3【0-1-1-7】0.0%11.1%22.2%
OP(L)【0-0-2-8】0.0%0.0%25.0%
3勝【1-0-0-3】25.0%25.0%25.0%
2勝【0-3-2-32】0.0%8.1%13.5%
1勝【0-0-2-19】0.0%0.0%9.5%
未勝利【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
前走成績単勝率連対率複勝率
ダービー【9-6-2-30】19.1%31.9%36.2%

圧倒している前走ダービー組

過去10年の神戸新聞杯の好走馬を見ると、馬券に絡んだ30頭のうちの17頭が前走ダービーでした。

この時期のトライアルレースは春の上位勢と夏の上がり馬がぶつかりますが、やはり世代の頂点でしのぎを削った馬に軍配が上がるようですね。

今年の出走馬で前走がダービーだった馬は4頭います。

・アスクワイルドモア(12着)
・ジャスティンパレス(9着)
・ビーアストニッシド(10着)
・プラダリア(5着)

神戸新聞杯2022の注目馬3頭

ほかの重賞と比較しても比較的順当決着で決まりやすい神戸新聞杯。

ところが、今年に限れば主力が不在で予想が難しくなりました。

今年の出走馬の中で人気しそうな馬を3頭紹介します。

プラダリア

今年の神戸新聞杯でおそらく1番人気に支持されるのはプラダリアでしょう。

今年は皐月賞やダービーの上位勢が揃って不在なので例年以上に小粒ですが、プラダリアは青葉賞を制した後にダービーで5着に入線しています。

青葉賞では府中の長い道のりで上がり第2位の34秒2の末脚で重賞タイトルをつかみました。

そして、続くダービーでも5着に入線しているように素質の高さは見せていますね。

ただし、ダービーでは先行競馬をしたためか、上がりの脚は速くなく、着順以上に勝ち馬から離されているのは気になりますね。

それでも、今年は出走馬のレベルが低いので勝ち負けできるかもしれませんが、プラダリア自身が世代上位といい難いので敗れる可能性もあるでしょう。

人気の一角になりそうですが、そこまで期待しない方がよいと思います。

★評価点
・府中の長い距離で好走した
・左回りのほうがよさそう

▼課題
・そこまで能力は高くなさそう

ヴェローナシチー

勝ち星は未勝利の1戦のみですが、重賞やリステッドで馬券に絡んでいるヴェローナシチーが神戸新聞杯に参戦します。

近2戦はいずれも中京の舞台で2着入選していて中京適性は悪くありません。

前走の白百合ステークスは先行から上がり最速34秒4の末脚を発揮し、フェーングロッテンの2着に入線しました。

このフェーングロッテンがのちに新潟記念で3着に入線していることから一定の評価をしてもよさそうですね。

上がりの脚はそこまで速くないのでデータ的にはかみ合わなさそうですが、それでも今年はメンバーレベルが低いので勝ち負けも十分ありそうです。

★評価点
・中京で2連対
・前走上がり最速でゴールした

▼課題
・そこまで上がりは速くない

パラレルヴィジョン

クラシックには間に合わなかったものの、キャリアの2戦はそれぞれ2馬身、3馬身差をつけて完勝したパラレルヴィジョン。

主な勝ち鞍は1勝クラスですが差しの競馬を得意としていてデータ的に神戸新聞杯と合いそうです。

また、近2戦がいずれも上がり最速33秒台の末脚で勝利していて中京の舞台でも存分に発揮できそうですね。

相手関係はこれまで戦ってきた相手よりかは幾分か強化されていますが、これまでのパフォーマンスをから見ても、勝ち負けできる可能性があります。

クラス戦から飛び級で挑みますが侮れないでしょう。

★評価点
・近2戦が差しの競馬で完勝
・過去2レースはいずれも上がり最速33秒台の末脚でゴールしている
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・飛び級で挑むことになる

神戸新聞杯2022の穴馬2頭

今年の神戸新聞杯は皐月賞・ダービーで馬券に絡んだ馬が軒並み不在で超が付くほど大混戦となりました。

これまでのデータが通用しなさそうなくらい荒れる可能性も秘めています。

その中から配当妙味のありそうな馬を2頭紹介します。

ジュンブロッサム

これまではマイルから1,800mの舞台で好走していたジュンブロッサムは前走の出雲崎特別をレコード勝ちで勝利しました。

これまでのパフォーマンスを見ても上位争いできるだけの素質は感じられます。

課題は距離で、これまでマイルから1,800mを主戦に使われていましたが、今回は前走よりも2F伸びます。

また、中京は思った以上にスタミナが求められるのも気になりますね。

距離さえ克服すればチャンスはありそうな馬です。

菊花賞を目指すのであればなんとしても距離課題を乗り越えたいですね。

★評価点
・近走安定している
・前走が古馬相手にレコード勝ち
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・距離不安

サトノヘリオス

重賞タイトルは手にしていませんが、スプリングステークスやラジオNIKKEI賞では馬券に絡んでいて、今回のメンツの中では上位の実力があるでしょう。

現時点では5番人気ですが展開が向けば勝ち負けできる力を秘めていますね。

中京で行われた去年の未勝利戦ではフェーングロッテンに先着していてデビュー時から完成度の高い馬です。

近走が右回りの小回り競馬が続いていたので、舞台はガラリと変わりますが、2歳のころに中京で勝ち星を手にしているので舞台変わりはそこまで気にしなくていいでしょう。

むしろ、長く脚を使える中京こそサトノヘリオスの能力を大いに活かせる可能性もあります。

ここを制して最後の一冠に向かいます。

★評価点
・重賞で善戦している
・中京勝ち星あり

▼課題
・スロー展開のほうが脚を長く活かせるので展開に左右されやすい

神戸新聞杯2022予想の最終買い目

神戸新聞杯(晴れ良馬場想定)

中山とは打って変わって中京は5Rから良馬場に馬場回復し、そのままレースが行われています。

明日の中京も晴れの見込みなので、神戸新聞杯が開催される時間帯も良馬場で開催されるでしょう。

時計は標準くらいです。

土曜日の9R(野路菊特別・2歳オープン)と10R(夕月特別・3歳以上2勝クラス)がともに芝2,000mが舞台でしたが勝ち馬は2分00秒1~2でゴールしました。

中京芝2,000mの平均時計が2分00秒3~6なので、平均よりは速い時計でゴールしているものの、極端に高速馬場というわけでもなさそうです。

うましるでは、晴れの良馬場、標準くらいの舞台でレースが開催されることを踏まえて予想を行います。

◎本命 5 ヴェローナシチー

エピファネイア
アモーレエテルノ
母父ゼンノロブロイ
主な勝ち鞍2歳未勝利 2021年
前走白百合S(L) 2着

本命はヴェローナシチーにします。

近5戦は勝ち星こそつかめていませんが、いずれも2.3着に絡んでいます。

そして、戦ってきた相手を見ると、前走2着に入線した白百合ステークスの勝ち馬は、のちにラジオNIKKEI賞を制するフェーングロッテン。

そして、その前の京都新聞杯の勝ち馬は今回も出走するアスクワイルドモアでした。

勝ち星こそしばらくつかめていませんが、戦ってきた相手関係を見るとすでに重賞レベルの力は備えています。

今年の神戸新聞杯はこれといった有力馬不在ですし、連複馬券に絡めたい馬ですね。

〇対抗 11 パラレルヴィジョン

キズナ
アールブリュット
母父マクフィ
主な勝ち鞍3歳以上1勝クラス 2022年
前走3歳以上1勝クラス 1着

対抗はパラレルヴィジョンにします。

近2開催しかレースに使われていませんが、いずれも上がり最速の末脚を披露し、しかも2着馬に大きく差をつけて完勝しています。

この2戦の内容を見ても、良馬場でまずまず時計が出ている条件で勝ち切っていて、今回の中京の馬場と合いそうです。

また、それぞれ東京・中山と舞台が全く違う中で勝ち切れたのも評価できます。

どんな舞台でも出し切れる器用さも評価しました。

飛び級ですが、こちらもヴェローナシチー同様、今年の神戸新聞杯はメンバー層が薄いので本命にします。

▲単穴 12 ジュンブロッサム

ワールドエース
エンプレスティアラ
母父クロフネ
主な勝ち鞍出雲崎特別(1勝クラス) 2022年
前走出雲崎特別(1勝クラス) 1着

単穴にはジュンブロッサムを推します。

重賞タイトルには手が届いていませんが、これまでの戦績を見ると、共同通信杯が4着で、アーリントンカップも4着でした。

共同通信盃の勝ち馬はのちにダービーで人気を背負うダノンベルーガで、アーリントンカップがのちにNHKマイルカップを制したダノンスコーピオンだったことを考えれば、メンバーレベルの高い中で掲示板入りしたのは評価したいですね。

また、昨年の未勝利戦では先週開催されたセントライト記念で2番人気に支持されたローシャムパークに先着しています。

着順からそこまで目立った注目を集めていませんが、ポテンシャルは今年の神戸新聞杯の相手関係を見たら十分太刀打ちできるでしょう。

初の2,200mは課題ですが、血統的には問題なさそうですし、アタマまであり得そうな1頭です。

抑え 14 プラダリア

ディープインパクト
シャッセロール
母父クロフネ
主な勝ち鞍青葉賞(G2) 2022年
前走日本ダービー 5着

プラダリアも一応抑えておきます。

前々走の青葉賞を勝利し、前走のダービーは5着に入線していて実績はこのメンバー相手でも上位です。

しかしながら、青葉賞は相手関係に恵まれた感がありますし、ダービーも上位4頭を除けばこれといって目立った活躍をした馬はいません。

土曜日夜の時点で3番人気で配当妙味は悪くないので一応抑えておきますが、これまで使った東京の舞台とは違って中京はスタミナとパワーが求められるので、出し切れるかがポイントになるかと思います。

単勝

5 ヴェローナシチー

馬連流し

軸馬:5
相手:2、10、11、12、14

三連複フォーメーション

1頭目:5
2頭目:2、10、11、12、14
3頭目:2、10、11、12、14

以上になります。
神戸新聞杯の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次