中京競馬場 芝2200mの特徴と攻略情報まとめ|コースを初心者向けにわかりやすく解説!

中京競馬場 芝2200mのコースで特徴を解説

この記事では、中京競馬場 芝2200mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

中京の芝2200はここをチェック!

・坂を2度通るため、逃げ馬がバテやすい
・末脚勝負になりやすく、ディープインパクト産駒の成績がまずまず
・ハーツクライ産駒の複勝率が33%と高い!

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

重賞が組まれていない中京芝2200mコースでは、3勝クラスの名古屋城ステークスや2勝クラスの名鉄杯がメインになっています。

スタート地点は第4コーナー終わり際の少し奥まった地点。そのため、ゴールまでのだらだら坂を2回上ることになり、逃げ馬はいくらペースをうまくキープしても最後はばてて馬群に沈んでしまうことが多いです。

2200mという非根幹距離(400mで割り切れない距離)という事もあり、ペースが落ち着きやすく、末脚勝負になることがほとんど。

しかしここで注目したいのは、種牡馬成績。末脚といえばのディープインパクト産駒は勝率12.2%複勝率28.6%とまずまずの成績ですが、それ以上に好走しているのがハーツクライ産駒。

勝率は10.8%複勝率33.3%という数字に加えて、単勝、複勝回収率はどちらも100%超え。

ディープインパクト産駒に多い、「途中足をためて末脚を発揮する」という走り方に対し、ハーツクライ産駒は「緩みないペースですすめ、後半押し切る」というイメージ。

東京コースと違い、ほぼゴールまで上りっぱなしのコース形態が、一瞬の脚より、トップスピード持続型の足を出せるハーツクライ産駒の好走につながっている様です。

ディープインパクト産駒が人気になっているような場合は、その馬よりもスピードをタフに活かせるハーツクライ産駒から、馬券を組んでいくのも良さそうですね。

中京競馬場の各コースの特徴を知る!

中京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像

中京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる