きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【中山大障害2022予想】軸におすすめしたい3頭を紹介!オジュウチョウサン引退競走!

中山大障害2022予想

中山大障害2022予想の最終買い目を更新しました!

中山大障害2022のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を公開しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

タップできる目次

中山大障害2022の概要

中山大障害は暮れに開催される障害G1です。

春に開催される中山グランドジャンプと対を成す中山大障害では、この年に障害レースで活躍したメンバーが一挙集う舞台で、障害の有馬記念といってもいいくらい有力馬が揃います。

距離も4,100mと、中山大障害の4,250mに次いで長く、生半可な障害馬では太刀打ちできないほど、過酷な競走です。

しかしながら、4キロ以上のレースを制した馬だけがジャンプG1の称号を得られるため、ほとんどの障害ホースはこの舞台を目指すのです。

ところで、中山大障害は障害レース第一線を走る馬が集う舞台、そして歴史の古いレースなのですが、もともと障害競走は平場のレースと比較すると知名度はどうしても見劣りしていました。

そのため、かつては競馬好きの人でも興味を持たない人が多かったです。

しかしながら、オジュウチョウサンの活躍によって障害レースの認知度が高まり、近年は多くの人が平場のレースと同じくらいに注目します。

そして、今年の中山大障害は障害レースの知名度に多大な貢献をもたらしたオジュウチョウサンの引退競走となります。

11歳に及ぶ現役生活のラストラン。 オジュウチョウサンの現役最後の走りに多くの人が注目を集めています―――。

中山大障害2022の開催内容

開催日12月24日(土曜) 14:45発走
格付けJ・G1
開催競馬場中山競馬場 中山10R
コース障害4,100m
性齢3歳以上
斤量定量
1着賞金6600万円

中山大障害2022が開催される中山の障害4,100mの特徴

中山の障害4,100mは中山大障害でのみ使用されるコースです。

舞台はダートコースの内側に設けられたの記号に似た障害専用コースです。

スタート地点は3コーナー付近で障害コースをぐるりと1周します。

向こう正面に入るとたすきコース(通称大障害コース)を超えて今度は左回りコースを半周。

半周して再び向こう正面に入るともう一度たすきコースを走ります。

たすきコースを超えたら今度は再び右回りとなり、障害コースを大きく1周します。

1周ぐるりと回ったらダートコースを横切り、スタート前の芝コースにでて、ゴールを駆け抜けます。

中山大障害では7つある障害を11回も飛越します。

また、たすきコース上には中山グランドジャンプと中山大障害でしか飛越しない大生垣と大竹柵(ハードルの中でもっとも太くて長い障害)を越えなければなりません。

また、バンケット(坂路)も6回駆け抜けるため、非常にハードなコースとなっています。

求められる要素は当然ながらスタミナが第一。

次いで飛越スキルでしょう。

平場の天皇賞(春)やステイヤーズステークスを凌駕するほどタフな舞台なので、無尽蔵に近いスタミナとジャンプ力が試される舞台となっています。

中山大障害2022の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1オジュウチョウサン牡1163.0石神深一
2ビレッジイーグル牡563.0大江原圭
3テイエムタツマキ牡463.0黒岩悠
4アサクサゲンキセ763.0平沢健治
5ブラゾンダムール牡763.0西谷誠
6マッスルビーチ牡663.0北沢信也
7マイネルレオーネ牡1063.0植野貴也
8ケンホファヴァルト牡963.0小牧加矢太
9ニシノデイジー牡663.0五十嵐雄祐
10テイエムチューハイ牡863.0小野寺祐太
11ゼノヴァース牡563.0森一馬

過去10年の中山大障害のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
201215マーベラスカイザー3障害オープン(OP)3
稍重214バアゼルリバー2京都ジャンプS(J・G3)2
 39マジェスティバイオ1イルミネーションJS(OP)1
201312アポロマーベリック5秋陽ジャンプS(OP)中止
稍重26ハッピーティア8イルミネーションJS(OP)3
 35メイショウブシドウ2イルミネーションJS(OP)1
201416レッドキングダム4イルミネーションJS(OP)1
28アポロマーベリック1500万下11
 33サンレイデューク3東京ハイジャンプ(J・G2)1
2015113アップトゥデイト2小倉サマージャンプ(J・G3)1
24エイコーンパス5障害未勝利1
 38サナシオン1イルミネーションJS(OP)1
201619オジュウチョウサン1東京ハイジャンプ(J・G2)1
212アップトゥデイト2阪神ジャンプS(J・G3)2
 311ルペールノエル3秋陽ジャンプS(OP)2
201717オジュウチョウサン1東京ハイジャンプ(J・G2)1
26アップトゥデイト2阪神ジャンプS(J・G3)1
 315ルペールノエル5阪神ジャンプS(J・G3)2
201815ニホンピロバロン3中山グランドジャンプ(J・G1)3
26タイセイドリーム5東京ハイジャンプ(J・G2)3
 34マイネルプロンプト6イルミネーションJS(OP)2
201917シングンマイケル2東京ハイジャンプ(J・G2)1
25ブライトクォーツ6イルミネーションJS(OP)4
 312メイショウダッサイ4東京ハイジャンプ(J・G2)2
2020114メイショウダッサイ1東京ハイジャンプ(J・G2)1
23ケンホファヴァルト9秋陽ジャンプS(OP)3
 311タガノエスプレッソ3京都ジャンプS(J・G3)1
202113オジュウチョウサン2東京ハイジャンプ(J・G2)3
稍重210ブラゾンダムール10イルミネーションJS(OP)5
 32レオビヨンド4イルミネーションJS(OP)1

【関東実績】中山か東京の障害実績に注目

過去10年の中山大障害で馬券に絡んだ22頭がそれまでに中山か東京の障害競走で3着内に入選していました。

また、近6開催に絞れば、中山・東京における実績がなかった馬は42頭出走しましたが、そのうち馬券に絡んだのはわずか2頭です。

中山大障害ではこれまでに中山か東京の障害レースで馬券に絡んでいる馬を評価したいです。

今年の出走馬でこれまでに中山か東京で馬券に絡んだ馬は9頭いました。

・アサクサゲンキ
・オジュウチョウサン
・ケンホファヴァルト
・ゼノヴァース
・テイエムタツマキ
・ニシノデイジー
・ビレッジイーグル
・ブラゾンダムール
・マイネルレオーネ

【実績】障害重賞馬に注目!

過去10年の中山大障害の勝ち馬8頭が重賞馬でした。

これまでの戦績から、障害重賞競走を勝利している馬が中山大障害を勝ち切るパターンが多いです。

今年の出走馬で障害重賞馬は4頭いました。

・アサクサゲンキ
・オジュウチョウサン
・ケンホファヴァルト
・ゼノヴァース

【脚質】前残り有利の舞台

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【3-4-1-8】18.8%43.8%50.0%
先行【7-5-2-13】25.9%44.4%51.9%
差し【0-1-7-48】0.0%1.8%14.3%
追い込み【0-0-0-40】0.0%0.0%0.0%

過去10年の中山大障害の勝ち馬はいずれも逃げ・もしくは先行馬でした。

逃げと先行馬は10頭すべてが勝利しています。

また、連対率40%超え、複勝率は50%に達していました。

対称的に差し馬は8頭が馬券に絡んだものの【0-1-7-48】で連対率は極めて低いです。

追い込み馬に関しては40頭すべてが凡走していました。

中山大障害では障害や直線が短いことから後方一気が決めづらく、相対的に前残り有利になることが多いですね。

今年の出走馬はいずれも前目の競馬を得意としていますが、その中でも近5戦でいずれも5番手以内で競馬していた馬は3頭いました。

・オジュウチョウサン
・ケンホファヴァルト
・ビレッジイーグル

有馬記念(G1)と阪神カップ(G2)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の中山大障害の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-1-2-4】30.0%40.0%60.0%
2番人気【3-3-1-3】30.0%60.0%70.0%
3番人気【2-0-3-5】20.0%20.0%50.0%
4番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
5番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
6~9番人気【0-3-1-36】0.0%7.5%10.0%
10番人気以下【0-1-0-47】0.0%2.1%2.1%

勝ち馬はいずれも5番人気以内から出ている

過去10年の中山大障害の勝ち馬はいずれも1~5番人気の馬でした。

また、毎年1~5番人気の馬は最低2頭が馬券に絡んでいます。

勝ち馬を探す際は上位人気を集めた馬から選択してよさそうです。

6番人気以下の馬は前走の着順に注目したい

過去10年の中山大障害で6番人気以下の馬は5頭が馬券に絡んでいます。

この5頭はいずれも前走で5着以内に入選していました。

また、このうちの4頭は前走がイルミネーションジャンプステークス、残る1頭は前走が秋陽ステークスです。

前走が非重賞のレースでも掲示板入りしている馬はたとえ人気を落としていたとしても警戒したいですね。

今年の出走馬で前走5着以内に入選した馬は7頭いました。

・アサクサゲンキ
・ゼノヴァース
・テイエムタツマキ
・ニシノデイジー
・ビレッジイーグル
・ブラゾンダムール
・マッスルビーチ

過去10年の中山大障害の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-0-0-12】7.7%7.7%7.7%
2枠【0-1-1-13】0.0%6.7%13.3%
3枠【2-3-2-9】12.5%31.3%43.8%
4枠【3-1-1-14】15.8%21.1%26.3%
5枠【1-1-2-15】5.3%10.5%21.1%
6枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
7枠【2-1-1-16】10.0%15.0%20.0%
8枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%

3.4枠がやや有利も、大きな差はない

過去10年の中山大障害の好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのが3.4枠で、5頭の勝ち馬を輩出しています。

しかしながら、7.8枠といった外枠をはじめ、各枠から勝ち馬が出ていることから、極端な枠の有利不利は見られません。

中山大障害で3.4枠を引いた馬は多少評価を上げてもよいでしょう。

過去10年の中山大障害の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
1着【6-2-6-17】19.4%25.8%45.2%
2着【0-2-4-12】0.0%11.1%33.3%
3着【3-3-0-4】30.0%60.0%60.0%
4着【0-1-0-14】0.0%6.7%6.7%
5着【0-1-0-11】0.0%8.3%8.3%
6~9着【0-0-0-32】0.0%0.0%0.0%
10着以下【0-1-0-20】0.0%4.8%4.8%

前走上位勢が中心

過去10年の中山大障害で馬券に絡んだ26頭が前走で3着以内に入選していました。

中山大障害はまぐれが通用しづらい舞台で実績が問われることから、近走の戦績も重要視されます。

前走で馬券内に絡んだ馬は評価したいですね。

今年の出走馬で前走馬券に絡んだ馬は6頭います。

・アサクサゲンキ(イルミネーションジャンプS2着)
・ゼノヴァース(東京ハイジャンプ1着)
・テイエムタツマキ(秋陽ジャンプステークス3着)
・ニシノデイジー(秋陽ジャンプステークス2着)
・ビレッジイーグル(イルミネーションジャンプステークス1着)
・ブラゾンダムール(中山グランドジャンプ2着)

中山大障害2022の注目馬3頭

中山大障害はこれまでの実績が結果に反映されやすい舞台です。

今年の出走馬で注目したい馬を3頭紹介します。

オジュウチョウサン

なんといっても今年の注目馬はオジュウチョウサンです。

これまでに中山大障害3連勝をはじめ、障害G1を9勝しているだれもが認める障害絶対王者です。

11歳になっても現役を続行し、この中山大障害を最後に引退が発表されました。

近走は負けることもありますが、前走の東京ハイジャンプは高速馬場で現在のオジュウチョウサンの脚質と合わなかったことを考えればそこまで悲観しなくてもよさそうに思います。

オジュウチョウサンはスタミナを活かした先行競馬と、石神騎手も認める飛越スキルの高さが持ち味なので、中山大障害でフルに活かせるでしょう。

相手もそこそこ揃いましたが、これまでの集大成をイブの中山競馬で証明してほしいです。

★評価点
・障害絶対王者
・石神騎手曰く調教は動けている

▼課題
・年齢的な衰え
・前走馬券外に敗れている

ゼノヴァース

去年の今頃から障害レースに使われるようになったゼノヴァース。

これまで8戦障害競走を使われすべて掲示板に入選した走りは評価したいですね。

また、前走の東京ハイジャンプでは高速馬場を活かしたディープインパクト産駒らしい走りで絶対王者のオジュウチョウサンや安定に定評あるホッコーメディウスらに先着しました。

自身初となる重賞タイトルを手にしました。

これまで順風満帆な走りを見せるゼノヴァースの課題は初のJ・G1ということでしょう。

中山の障害レースはこれまで2度走っていて最高着順が3着なので、直線の長い東京や新潟と比較すると、中山はあまり得意じゃないでしょう。

もっとも、中山の2戦は障害レースで本格化する前の成績なので、成長したいなら初のG1レースでも結果を残すかもしれません。

はじめての舞台で、どこまで実力を証明できるか、注目です。

★評価点
・前走の東京ハイジャンプが強い内容
・末脚に定評あり

▼課題
・キャリア初の中山障害G1

アサクサゲンキ

もともとは短距離馬でしたがいつのまにか障害レースで頭角を露わにしたアサクサゲンキが再び中山大障害に向かいます。

小倉サマージャンプを連破している重賞馬で実力は折り紙付きです。

前走はオープンのイルミネーションジャンプステークスだったとはいえ、中山の舞台で2着に入選しており、中山適性にも期待できるでしょう。

先行競馬を得意としているのでデータ的にも合いますね。

唯一気になるのがテン乗りの平沢騎手が騎乗する点です。

これまで騎乗していた熊沢騎手や石神騎手は今回騎乗しないのは大きなマイナスですね。

課題もいくつかありますが、昨年も経験している舞台で今度こそ勝ち負けを手にしたいです。

★評価点
・重賞馬
・前走2着

▼課題
・テンの平沢騎手が騎乗する

中山大障害2022の穴馬2頭

中山大障害は稀に人気落ちの馬が馬券に絡むことがあります。

今年の出走馬で配当に期待できそうな2頭の馬を紹介します。

ケンホファヴァルト

平場では2勝クラス止まりの馬でしたが、障害レースに転向してからは【2-2-4-2】の安定した走りを見せています。

2020年度の中山大障害は10番人気の低評価ながらも2着に入選し、波乱の立会者となりました。

2021年度の中山グランドジャンプも2着、そして今年も4着に入選していて障害レースではレースレベル問わず安定しています。

前走は久々に平場のレースを使われましたが、10着に惨敗していることから、現在のケンホファヴァルトは障害が最も合っているといえるでしょう。

休み明けになりますが、重賞実績もありますし、人気を落とすようであれば抑えても面白そうです。

★評価点
・重賞馬
・障害G1で連対実績あり

▼課題
・休み明け

ブラゾンダムール

2021年度の中山大障害では10番人気の低評価ながらも2着に入選しました。

これまでは障害重賞で連対したことがなかったのですが、はじめて挑んだ障害G1ではじめて連対したことで、多くの競馬ファンの度肝を抜かせたのです。

その後、今年の中山グランドジャンプでも連対しているように、フロックではなかったことが証明されました。

休み明けになりますが、出し切ることができればG1の舞台でも好走できるのは証明されています。

騎乗騎手は月曜日の段階で未定ですが、できれば西谷騎手とのコンビで挑みたいですね。

★評価点
・障害G1で2度連対
・中山障害が得意

▼課題
・休み明け
・騎手が決まっていない

中山大障害2022予想の最終買い目

中山グランドジャンプ予想(晴れ良馬場想定)

中山グランドジャンプが開催される土曜日の天気ですが、晴れのち曇りの予報が出ています。

中山は金曜日の時点でも晴れの予報が出ていて馬場状態も良でした。

レース開催当日は晴れの良馬場で開催されるでしょう。

なお、馬場状態ですが、暮れの中山らしく、極端な高速馬場ではありません。

しかしながら、平場のレースと違って障害競走は飛越がメインですし、中山大障害は4キロ以上の距離を走るためキレ味勝負にはなりづらいです。

うましるでは晴れの良馬場、標準くらいの馬場条件を想定しながら予想を行います。

◎本命 1 オジュウチョウサン

ステイゴールド
シャドウシルエット
母父シンボリクリスエス
主な勝ち鞍中山GJ(J・G1) 2022年
前走東京ハイジャンプ(J・G2) 9着

本命はオジュウチョウサンにします。

11歳の馬なので年齢的な衰えは否めません。

今年の中山グランドジャンプは勝利したものの、これまでと比較すると時計は落ちていました。

全盛期と比較すると明らかに能力は衰えており、前走の東京ハイジャンプも敗れてしまいました。

しかし、それでもオジュウチョウサンを本命視したのは、今回の中山大障害がスタミナと飛越が求められる舞台だからです。

前走の東京ハイジャンプは高速馬場で末脚勝負となりましたが、中山大障害ではなかなかそのような傾向は見られません。

年齢的な衰えはあるものの、スタミナと飛越はまだ定評がありますし、ラストランということで仕上げてくるのは間違いないです。

すべての集大成を発揮して、有終の美を飾ってほしいです。

〇対抗 5 ブラゾンダムール

ディープインパクト
メダリアダムール
母父Medaglia d’Oro
主な勝ち鞍障害4歳以上未勝利 2021年
前走中山GJ(J・G1) 2着

対抗はブラゾンダムールにします。

昨年の中山大障害は初めての障害G1チャレンジでしたが、10番人気の低評価を覆す走りで2着に入選しました。

その時が稍重の条件下で結果を残し、力が求められる現在の中山でも実力を発揮できました。

今年の中山グランドジャンプも稍重馬場で2着ですし、現役ではトップクラスの実力を備えています。

休み明けは気になりますが、主戦の西谷騎手も騎乗しますし、万全の状態で挑んでくることでしょう。

▲単穴 8 ケンホファヴァルト

マーベラスサンデー
エイシンパンジー
母父トニービン
主な勝ち鞍京都ジャンプS(J・G3) 2021年
前走魚沼S(3勝クラス) 10着

単穴にはケンホファヴァルトを選択します。

9歳馬ながらも安定した走りに定評があり、G1の舞台でも掲示板入りを果たしています。

前走はなぜか平場を使われましたが、再び障害の舞台に戻っていることから今後は障害を使い続けることでしょう。

中山はこれまで3戦使っていますがすべてG1の舞台で【0-2-0-1】。

着外の1戦も4着なので舞台適性は文句ありません。

人気を落とすようであれば非常に面白い馬になるでしょう。

△連下 11 ゼノヴァース

ディープインパクト
リズムオブライト
母父Beat Hollow
主な勝ち鞍東京ハイジャンプ(J・G2) 2022年
前走東京ハイジャンプ(J・G2) 1着

ゼノヴァースは連下にします。

前走の東京ハイジャンプはディープインパクト産駒らしい末脚に定評ある競馬でした。

しかしながら、今回の中山大障害の舞台はキレ味よりもスタミナが問われます。

そのため、ゼノヴァースの最大の特徴である末脚競馬が活かしづらいと思いました。

また、ゼノヴァースは4キロ以上の障害レースは初経験なので、距離不安が気になりますね。

若い馬なので難なくこなす可能性もありますが、ここは相手候補にとどめておこうと思います。

単勝

1 オジュウチョウサン

馬連流し

軸馬:1
相手:4、5、8、11

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:4、5、8、11
3頭目:4、5、8、11

以上になります。
中山大障害の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次