[馬券が的中しない方へ] 函館記念(G3)と函館2歳S(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【クイーンカップ2023予想】注目馬3頭を紹介!馬番6番は大当たり!

クイーンカップ2023予想

クイーンカップ2023予想の最終買い目を更新しました!

クイーンカップ2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

クイーンカップ2023の概要

クイーンカップは東京競馬場で開催される芝1,600mの3歳牝馬限定競走です。

牝馬クラシック第1戦に指定されている桜花賞のステップレース“ではありません”。

しかし、近年はミッキークイーンやメジャーエンブレム、クロノジェネシスにスターズオンアースなど、クイーンカップを使われたのちにG1ホースになった馬はたくさんいます。

なぜかというと、クイーンカップの舞台である東京マイルがのちのG1レースに結びつきやすいからです。

例えばミッキークイーンやスターズオンアースは同じ東京で開催されるオークスを制していますし、メジャーエンブレムは同舞台のNHKマイルカップを勝利しました。

桜花賞の優先出走権が得られるレースではありませんが、東京マイルという将来性のあるコースで適性を試すことができるため、近年は有力牝馬が多数参戦しています。

また、昨年2着に入選したスターズオンアースのように、この舞台から桜花賞馬になった馬も出ていて、近年は桜花賞の前哨戦として有力視されている舞台ですよ。

今年も将来を見据えた19頭の馬が参戦します。

どの馬がクイーンカップを制するか、注目ですね。

クイーンカップ2023の開催内容

開催日2月11日(土曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場東京競馬場 東京11R
コース芝1,600m
性齢3歳牝馬
斤量別定
1着賞金3700万円

クイーンカップ2023が開催される東京の芝1,600mの特徴

東京競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説

クイーンカップは前週に開催された東京新聞杯と全く同じ東京の芝1,600mで開催されます。

スタート地点は向こう正面の2コーナー出口付近で向こう正面スタートとなります。

最初のコーナーまでは550mもあるため、ポジション争いは発生しづらいです。

ただし、スタートからしばらく緩やかな下り坂になるため、意識せず走ると前傾ラップになりやすいです。

向こう正面の途中にはわずか一瞬ですが上り坂があり、その上り坂を駆け上がったあとは再び下り傾斜で3コーナーに入ります。

3.4コーナーはわずかに上り傾斜になっていますが、ほとんど起伏はないといってもいいでしょう。

コーナーは大回りコースになっているのでペースを落とさなくてもコーナーワークを駆け抜けることができます。

最後のコーナーは約525mで、直線の長さは新潟に次いで長いです。

ただし、平たんな新潟とは違って東京は残り400mの時点で高低差2mの急坂が待ち受けています。

この坂のために最後バテてしまう馬も少なくありません。

また、前半が緩急のある道のりで息を入れづらいことから、距離以上にスタミナが求められやすいです。

そのため、東京の芝1,600mではスプリンターよりも生粋のマイラーや中距離色の強い馬のほうが好走しやすかったりします。

脚質的には最後の直線が長いことから、差しや追い込み馬も届きやすいですよ。

クイーンカップ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1オンザブロッサム牝354.0津村明秀
2メイドイットマム牝354.0本橋孝太
3モリアーナ牝354.0武藤雅
4リックスター牝354.0三浦皇成
5ウヴァロヴァイト牝354.0横山武史
6イングランドアイズ牝354.0横山和生
7ドゥアイズ牝354.0吉田隼人
8ニシノカシミヤ牝354.0永野武蔵
9ハーパー牝354.0川田将雅
10グランベルナデット牝354.0松山弘平
11ミカッテヨンデイイ牝354.0松岡正海
12ゴールドレコーダー牝354.0田中勝春
13アスパルディーコ牝354.0田辺裕信
14ブラウンウェーブ牝354.0大野拓弥
15ウンブライル牝354.0C.ルメール
16ミシシッピテソーロ牝354.0戸崎圭太

過去10年のクイーンカップのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2013115ウキヨノカゼ4フェアリーS(G3)2
24スイートサルサ3フェアリーS(G3)5
 32イリュミナンス2フェアリーS(G3)4
 312ジーニマジック8菜の花賞(500万)3
201416フォーエバーモア1阪神JF(G1)3
稍重22マジックタイム3阪神JF(G1)6
 314ニシノアカツキ5フェアリーS(G3)2
201516キャットコイン2ひいらぎ賞(500万)1
214ミッキークイーン3未勝利1
 311ロカ1阪神JF(G1)8
201616メジャーエンブレム1阪神JF(G1)1
22フロンテアクイーン7菜の花賞(500万)2
 33ロッテンマイヤー6新馬1
2017115アドマイヤミヤビ1百日草特別(500万)1
211アエロリット5フェアリーS(G3)2
 36フローレスマジック2アルテミスS(G3)2
201816テトラドラクマ3フェアリーS(G3)6
22フィニフティ5新馬1
 39アルーシャ7未勝利1
201919クロノジェネシス1阪神JF(G1)2
26ビーチサンバ2阪神JF(G1)3
 34ジョディ―7阪神JF(G1)16
202011ミヤマザクラ2京都2歳S(G3)2
29マジックキャッスル4ファンタジーS(G3)2
 35セイウンヴィーナス12フェアリーS(G3)9
202116アカイトリノムスメ2赤松賞(1勝)1
29アールドヴィーヴル5新馬1
 32ククナ1シンザン記念(G3)4
2022113プレサージュリフト2新馬1
29スターズオンアース1フェアリーS(G3)2
 32ベルクレスタ3阪神JF(G1)6

【所属】勝ち頭数は関東馬、実績は関西馬

所属成績単勝率連対率複勝率
関東馬【7-6-7-85】6.7%12.4%19.0%
関西馬【3-4-4-28】7.7%17.9%28.2%

過去10年のクイーンカップの好走馬を所属別にまとめました。

馬券に絡んだ20頭の馬が関東馬で、残りの10頭は関西馬です。

一見関東馬が有利に感じますが、全体の出走数から好走率を見てみると、勝率・連対率・複勝率ともに関西馬のほうが優勢ですね。

クイーンカップは東西別では極端な差はありません。

【脚質】着順事に

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【1-0-3-6】10.0%10.0%40.0%
先行【4-2-0-31】10.8%16.2%16.2%
差し【4-5-5-38】7.7%17.3%26.9%
追い込み【1-3-3-43】2.0%8.0%14.0%

過去10年のクイーンカップの好走馬を脚質別にまとめました。

もっとも好走しているのが先行馬と差し馬で、それぞれ4勝ずつしています。

逃げ馬で勝利したのは2016年のメジャーエンブレムだけですが、馬券内には4頭絡んでいて複勝率はトップでした。

追い込み馬はすべての脚質で最も好走率は低いですが、頭数だけ見たら7頭が馬券に絡んでいて先行馬よりも入選数は多かったです。

クイーンカップは

勝ち馬→先行・差し馬
相手候補→逃げ・追い込み

このように予想してみてもいいかもしれません。

【生産者別】社台グループ生産馬が7連勝!

過去10年のクイーンカップで社台グループ生産馬は【7-6-7-22】。

馬券に絡んだ20頭もの馬が社台グループの馬でした。

また、2016年の勝ち馬メジャーエンブレムから2022年の勝ち馬プレサージュリフトまで、社台グループの生産馬が7連勝していることから、生産者別に予想するのもよさそうです。

今年の出走馬で社台グループの馬は12頭います。

アスパルディーコ(ノーザンF)
アップトゥミー(ノーザンF)
アンリーロード(ノーザンF)
ウンブライル(ノーザンF)
ウヴァロヴァイト(ノーザンF)
オンザブロッサム(社台F)
グランベルナデット(社台F)
ドゥアイズ(ノーザンF)
ハーパー(ノーザンF)
ミカッテヨンデイイ(社台F)
モリアーナ(ノーザンF)
リックスター(ノーザンF)

クイーンカップ(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年のクイーンカップの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【4-1-2-3】40.0%50.0%70.0%
2番人気【4-1-2-3】40.0%50.0%70.0%
3番人気【1-3-1-5】10.0%40.0%50.0%
4~6番人気【1-4-2-23】3.3%16.7%23.3%
7~9番人気【0-1-3-26】0.0%3.3%13.3%
10番人気以下【0-0-1-58】0.0%0.0%1.7%

勝ち馬はいずれも4番人気以内の馬だった

過去10年のクイーンカップの勝ち馬はいずれも4番人気以内に支持されていました。

特に、1番人気と2番人気の馬はともに【4-1-2-3】の成績で、勝率40%、複勝率は70%です。

クイーンカップは上位人気馬を素直に信頼したいレースです。

連対馬19頭も5番人気以内に支持された馬

過去10年のクイーンカップで連対した20頭のうち、2016年のフロンテアクイーン(7番人気)を除いた19頭が5番人気以内に支持されていました。

クイーンカップでは2着に入選した馬も上位人気の馬が占める割合が大きいレースです。

6番人気以下の馬は前走のレースと距離、着順に注目したい

馬名前走距離着順
ジーニマジック菜の花賞(500万)中山芝1,600m3着
ロッテンマイヤー新馬京都芝1,800m1着
フロンテアクイーン菜の花賞(500万)中山芝1,600m2着
アルーシャ新馬中山芝1,600m1着
ジョディ―阪神JF(G1)阪神芝1,600m16着
セイウンヴィーナスフェアリーS(G3)中山芝1,600m9着

過去10年のクイーンカップで6番人気以下の馬は6頭が馬券に絡んでいます。

このうち、馬券に絡んだ4頭は前走が非重賞でなおかつ芝1,600m以上のレースを使い、3着以内に入選しています。

そして、残りの2頭は前走が重賞競走でした。

クイーンカップでは前走非重賞の馬でもマイル以上のレースでなおかつ馬券内に入選している馬であれば評価したいです。

逆に言うと、前走非重賞でマイル以下の舞台を使われている、もしくは馬券外に敗れている馬は評価を落としてもよさそうです。

今年の出走馬でこれに該当する馬は2頭いました。

・オンザブロッサム
・メイドイットマム

過去10年のクイーンカップの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-3-2-11】5.9%23.5%35.3%
2枠【0-0-2-16】0.0%0.0%11.1%
3枠【5-1-1-11】27.8%33.3%38.9%
4枠【0-0-2-17】0.0%0.0%10.5%
5枠【0-2-1-16】0.0%10.5%15.8%
6枠【0-3-1-15】0.0%15.8%21.1%
7枠【1-1-2-15】5.3%10.5%21.1%
8枠【3-0-0-17】15.0%15.0%15.0%
馬番成績単勝率連対率複勝率
2番【0-3-3-4】0.0%30.0%60.0%
6番【5-1-1-3】50.0%60.0%70.0%
9番【1-3-1-5】10.0%40.0%50.0%

大当たりは馬番6番

過去10年のクイーンカップの好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのは3枠の馬で、【5-1-1-11】の好成績です。

そして、さらに詳しく見てみると、3枠の馬でも馬番5番の馬よりも馬番6番が好走していて【5-1-1-3】の成績でした。

クイーンカップは馬番6番を引いた馬の好走例が非常に大きいレースです。

今年のクイーンカップで馬番6番を引いた馬はイングランドアイズです。

馬番2.6.9番の馬が毎年馬券に絡んでいる

過去10年のクイーンカップでは馬番2.6.9を引いた馬が最低1頭馬券内に入選していました。

この3つの番号に共通点はありませんが、どういうわけか結果を残しています。

過去のデータを鵜呑みにするのであれば、この3つの番号を引いた馬は評価を上げてもよさそうです。

今年のクイーンカップは2番メイドイットマム、9番ハーパーです。

過去10年のクイーンカップの前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
1200m【0-0-0-6】0.0%0.0%0.0%
1400m【0-1-0-12】0.0%7.7%7.7%
1500m【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
1600m【8-9-10-85】7.1%15.2%24.1%
1800m【0-0-1-11】0.0%0.0%8.3%
2000m【2-0-0-3】40.0%40.0%40.0%

前走マイルの馬が強い

過去10年のクイーンカップの好走馬を前走の距離別にまとめました。

もっとも好走しているのは前走がマイルだった馬で、過去10年で馬券に絡んだ30頭のうちの27頭が該当していました。

前走がマイルの馬を中心に馬券を考察したいです。

今年の出走馬で前走がマイルの馬は8頭いました。

・ウンブライル
・ウヴァロヴァイト
・ドゥアイズ
・ハーパー
・ブラウンウェーブ
・ミシシッピテソーロ
・モリアーナ
・リックスター

距離短縮組は好走率が高い

過去10年のクイーンカップでもっとも好走事例が高いのは前走が芝2,000mだった馬です。

これまで5頭が出走し、【2-0-0-3】の成績で、勝率・連対率・複勝率はともに40%を超えていました。

前走芝2,000mを使われていた馬も評価してよさそうです。

今年の出走馬で前走が芝2,000mだった馬は3頭います。

・イングランドアイズ
・オンザブロッサム
・グランベルナデット

クイーンカップ2023の注目馬3頭

クイーンカップ上位人気に支持された馬が馬券内に絡む可能性が非常に高いです。

今年のクイーンカップで人気を集めそうな3頭の馬を紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ドゥアイズ

今年の注目株はドゥアイズでしょう。

前走の阪神JFは10番人気ながらも後方一気の競馬で3着入選。

その前の札幌2歳ステークスにおいても牡馬相手に2着入選しました。

今年のクイーンカップは実績不十分の馬が多いですが、そのなかでもドゥアイズだけは重賞実績が豊富です。

前走の阪神JFは時計がかかりやすくなった開催後期の阪神でも35秒4の末脚で馬券内に絡んでいました。

東京は初めてですが、東京マイルは末脚を活かしやすい舞台なので、ドゥアイズの脚質に合っているでしょう。

データと相性のいいノーザンファーム生産馬ですし、ここは上位争いにも期待できそうです。

★評価点
・実績十分
・末脚勝負に定評がある
・吉田隼人騎手が継続騎乗

▼課題
・初の東京&左回り

モリアーナ

新馬戦で上がり最速33秒0という末脚を使って勝利したモリアーナ。

この新馬戦は今回と全く同じ東京芝1,600mの舞台で出し切っていることから、舞台適性の心配はありません。

前走の阪神JFでも末脚勝負に転じましたが直線で苦しくなって12着に敗れてしまいました。

敗因を分析してみると、前走から間隔が空いていたことや前走比で馬体重プラス14キロが響いたのかもしれません。

今回は新馬戦で抜群のパフォーマンスを発揮した東京マイルですし、仕切り直しの1戦となるでしょう。

★評価点
・新馬戦が強い内容
・上がり33秒0の末脚を使える
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・前走の負けが響かなければよいが…

ウンブライル

新馬戦、もみじステークスを快勝したウンブライルもここで注目したい馬です。

前走の阪神JFは3番人気に支持されていましたが、スタートで後手を踏んでしまい、思うような競馬ができませんでした。

このとき8枠の3頭が揃って後手を踏んでいるので、枠の影響も少なからずあったでしょう。

ウンブライルは新馬戦やもみじステークスの内容を見る限り、先行競馬を得意としています。

今年のクイーンステークスは多頭数開催になりそうなので、できれば内枠を引きたいところです。

★評価点
・新馬戦ともみじステークスを連勝
・主戦のルメール騎手に手綱が戻る
・データと相性のいいノーザンファーム生産馬

▼課題
・距離がもつか

クイーンカップ2023の穴馬2頭

クイーンカップはときどきヒモ荒れすることがあります。

今年の出走馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アスパルディーコ

アスパルディーコの魅力は血統です。

母のアパパネは牝馬三冠を叩き出しただけではなく、繁殖牝馬としてもアカイトリノムスメやジナンボーを輩出しました。

アカイトリノムスメが一昨年のクイーンカップを制していることから、血統的にも好走に期待できるでしょう。

アスパルディーコ自身、前走の東京芝1,800mでは上がり34秒2の末脚で差し切り勝利をつかんでいます。

舞台適性もありますし、ここで勝ち負けしてもおかしくない存在です。

★評価点
・良血馬
・東京実績がある
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・前走芝1,800mの好走事例が乏しい

アンリーロード

前走の未勝利戦で初勝利をつかんだアンリーロード。

しかし、注目したいのはその前の新馬戦です。

この新馬戦は今回と同じ東京マイルで行われ、上がり最速33秒7の末脚で2着に入選しています。

この時の勝ち馬ライトクオンタムはアンリーロードに2馬身半差つけて快勝しましたが、こののちに牡馬混合のシンザン記念を制して抜けた実力馬でした。

そして、アンリーロードも3着以下を3馬身半差つけて入選していました。

ライトクオンタムの勝ちっぷりが目立っていますがアンリーロードも悪くない競馬だったのです。

前走は阪神の芝1,800mの舞台で勝利していますし新馬戦がフロックじゃないことも証明されました。

ここは人気を落とすかもしれませんが抑えで絡めてもよさそうな馬です。

★評価点
・新馬戦が内容のある競馬
・東京実績がある
・ノーザンファーム生産馬

▼課題
・前走がデータと相性の悪い芝1,800m組

クイーンカップ2023予想の最終買い目

クイーンカップが開催される土曜日の東京は終日晴れの予報で気温も12度近くまで上昇するようです。

ところが、金曜日は最高気温が4度と非常に寒いうえ、降水確率も90%近くまであり、ところによっては雪が降る可能性もあります。

そのため、土曜日の馬場状態は金曜日に降る雨(もしくは雪)次第で大きく変化するでしょう。

前日予想のため判断が難しいですが、うましるでは晴れの良馬場、標準くらいの馬場を想定しながら予想をまとめました。

◎本命 7 ドゥアイズ

ルーラーシップ
ローズマンブリッジ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走阪神ジュベナイルF(G1) 3着

本命はドゥアイズにします。

ほかのメンバーと比較してもこれまでの実績は最上位。

特に前走の阪神JFでは出遅れ+大外ぶん回しのロスがありながらも3着に入選しています。

2着のシンリョクカとはクビ差であることから、もしもロスがなければ連対圏も十分あり得る内容でした。

東京は初めての舞台ですが、阪神JFの舞台でも長く脚を使えていることから直線の長い東京でも十分末脚を活かすことができるでしょう。

クラシックのためにも賞金を加算したいですし、ここは素直に◎を打つことにします。

〇対抗 15 ウンブライル

ロードカナロア
ラルケット
母父ファルブラヴ
主な勝ち鞍もみじS(OP) 2022年
前走阪神ジュベナイルF(G1) 15着

対抗はウンブライルにしました。

新馬戦とデビュー2戦目のもみじステークスはともに芝1,400mの舞台で後続を引きちぎる競馬で完勝しています。

この2戦はいずれもスロー競馬で先行しながら末脚を存分に引き出して勝利をつかみました。

前走の阪神JFは出遅れとハイペースが影響して凡走しています。

初のマイルで敗れていることから、今回の舞台における距離不安は少なからずありますが、前走は展開と状態がいまいちよくなかった可能性があります。

全兄がマイルCS勝ち馬のステルヴィオですし、距離不安は少なからずありますが問題ないと思います。

▲単穴 3 モリアーナ

エピファネイア
ガルデルスリール
母父ダイワメジャー
主な勝ち鞍コスモス賞(OP) 2022年
前走阪神ジュベナイルF(G1) 12着

単穴に選んだモリアーナのメイチは新馬戦です。

今回と全く同じ東京の芝1,600mの舞台で上がり最速33秒0の豪脚で圧勝しました。

スローからの瞬発力勝負で勝利をものにしており、父エピファネイアらしい上がりの速さは今回の舞台でも通用するでしょう。

また、2走前のコスモス賞は札幌の芝1,800mという全く適性の違う舞台で、ここでもラスト2F勝負を制しています。

このときの2着馬が今回上位人気しているドゥアイズであることから、強い相手に勝ち切れたのは高く評価できるでしょう。

新馬戦の内容を見る限り、東京マイルはベスト舞台だと思いますしここで再び豪脚が見られることに期待です。

△連下 13 アスパルディーコ

ブラックタイド
アパパネ
母父キングカメハメハ
主な勝ち鞍2歳未勝利 2022年
前走2歳未勝利 1着

連下に選んだアスパルディーコは母が三冠牝馬のアパパネで父がブラックタイドという良血馬です。

新馬戦は出遅れて最後方競馬となり、凡走してしまいました。

ところが、仕切り直しとなった前走の未勝利戦は東京芝1,800mの舞台で行われ、最後の最後でしっかりと脚を伸ばして勝利を手にしています。

血統的に母アパパネは東京競馬のG1を複数制していますし、姉であるアカイトリノムスメもかつてこのクイーンカップを制しました。

そして、管理するのは元アパパネの主戦である蛯名正義調教師です。

血統背景も携わる人間関係も魅力的な1頭ですが、実力も申し分ないと思います。

桜花賞に向かうためには最低でも連対したいですし、ここはメイチで仕上げてくれることに期待です。

単勝

7 ドゥアイズ

馬連流し

軸馬:7
相手:3、5、9、13、15

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:3、5、9、13、15
3頭目:3、5、9、13、15

以上になります。
クイーンカップの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)