[馬券が的中しない方へ] マイラーズC(G2)とフローラS(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【中山牝馬ステークス2023予想】穴馬におすすめの2頭はこちら!前走6着以下の激走に注目!

中山牝馬ステークス2023予想

中山牝馬ステークス2023予想の最終買い目を更新しました!

中山牝馬ステークス2023のおすすめの注目馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
コースの特徴や競走馬の血統、追い切りや過去10年のデータから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

中山牝馬ステークス2023の概要

中山牝馬ステークスは中山競馬場で開催される牝馬のハンデ競走です。

牝馬のハンデ競走といったら荒れるイメージがつきものでしょう。

年始の愛知杯や6月のマーメイドステークス、12月に開催されるターコイズステークスはまさに牝馬のハンデ競走ですが、上位人気で決着づいた年はあるのか疑いたくなるほど常に荒れています。

もちろん、この中山牝馬ステークスも例外ではなく、1番人気は絶賛8連敗中です。

さらに、昨年は15番人気→12番人気の決着となり馬連で10万馬券が飛び出たのです。

非常に荒れる可能性があるレースなので予想は非常に難しいですが、その分配当に期待できるため穴党好みのレースです。

今年はアートハウスやクリノプレミアムら重賞馬と、それ以外の上がり馬が激突します。

普通に考えたら重賞馬優勢といいたいところですが、ハンデのために上がり馬が激走する可能性も否定できませんし、過去のデータを見ても多々条件上がりの馬が勝利しています。

予想は難解ですがその分配当妙味も大きい中山牝馬ステークス。

ここを制して春の大舞台に向かうのはどの馬でしょうか?

中山牝馬ステークス2023の開催内容

開催日3月11日(土曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場中山競馬場 中山11R
コース芝1,800m
性齢4歳以上牝馬
斤量ハンデ
1着賞金3800万円

中山牝馬ステークス2023が開催される中山の芝1,800mの特徴

中山競馬場 芝1800mのコースで特徴を解説

中山芝1,800mは中山内回りコースを使用します。

スタート地点はスタンド前の急坂手前で、スタートから最初のコーナーまでは約205mと短く、内ラチ争いが熾烈になりそうです。

しかし、実際にはスタート直後に中山名物の急坂を駆け上がるため、そこまでペースは上がりません。

また、急坂を上りきった後も1コーナーまでしばらく上り坂が続くため、極端にペースアップしません。

しかしながら、内有利は変わらないので早めに内ラチ沿いを確保できた馬のほうが好走しています。

1コーナーは終始上り坂ですが、2コーナーに差しかかるあたりが坂のてっぺんで、そこを過ぎると向こう正面半ばまで下り坂が続きます。

向こう正面半ばを過ぎると平たんな道のりが続き、これが3コーナーの終わりまで続きます。

3コーナーと4コーナーは鋭角ですが、ラスト3Fが3コーナーの途中にあるので自ずとペースは上がります。

最後の直線は310mです。

すべての競馬場の中でも直線が短い部類にあるため、差しや追い込み馬はコーナーで早めに動き出さないと届きません。

また、コーナーでスパートを仕掛けたとしても大外ぶん回しになることが多いので相対的に逃げや先行馬が有利です。

また、最後の直線上にはスタート直後に駆け上がった急坂が立ちはだかります。

結果的にはこの急坂を2度駆け上がるため距離以上にハードな舞台となっています。

求められる要素はスピードよりもスタミナとパワーです。

牝馬限定の中山牝馬ステークスではスタミナ切れを起こす馬も少なくなく、持久力勝負になる傾向も強いですよ。

中山牝馬ステークス2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1コトブキテティス牝652.0武藤雅
2クロスマジェスティ牝451.0柴田善臣
3リノキアナ牝650.0原優介
4アートハウス牝457.0川田将雅
5サトノセシル牝755.0田辺裕信
6シャーレイポピー牝553.0戸崎圭太
7エイシンチラー牝553.0三浦皇成
8スルーセブンシーズ牝554.0C.ルメール
9クリノプレミアム牝655.5M.デムーロ
10ラルナブリラーレ牝654.0菅原明良
11スライリー牝553.0津村明秀
12ストーリア牝452.0横山武史
13イリマ牝550.0木幡巧也
14ウインピクシス牝453.0松岡正海

過去10年の中山牝馬ステークスのデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2013111マイネルサベル6エリザベス女王杯(G1)7
28スマートシルエット2東京新聞杯(G3)6
 316オールザットジャズ1日経新春杯(G2)12
201416フーラブライド1日経新春杯(G2)3
213ケイアイエレガント10節分S(1,600万)1
 214キャトルフィーユ4愛知杯(G3)2
201513バウンスシャッセ3愛知杯(G3)8
28アイスフォーリス4中山金杯(G3)5
 315パワースポット5京都金杯(G3)3
2016116シュンドルボン4愛知杯(G3)8
215ルージュバック1有馬記念(G1)10
 36メイショウスザンナ15愛知杯(G3)12
201714トーセンビクトリー5アンドロメダS(OP)8
213マジックタイム1ターコイズS(重賞)1
 31クインズミラーグロ7愛知杯(G3)3
2018114カワキタエンカ6洛陽ステークス(OP)10
稍重26フロンテアクイーン2ターコイズS(G3)2
 310レイホーロマンス9愛知杯(G3)2
201917フロンテアクイーン5ターコイズS(G3)4
29ウラヌスチャーム3愛知杯(G3)4
 34アッフィラート11初富士S(1,600万)2
202013フェアリーポルカ3愛知杯(G3)4
不良215リュヌルージュ14稲荷特別(2勝)1
 39エスポワール1ターコイズS(G3)2
2021113ランブリングアレー7オーロカップ(L)2
不良211ロザムール5京成杯AH(G3)10
 37フェアリーポルカ6府中牝馬S(G2)8
2022116クリノプレミアム15京都牝馬S(G3)16
214アブレイズ12府中牝馬S(G2)13
 33ミスニューヨーク1ターコイズS(G3)1
※2014年は2着同着

【斤量】軽ハンデの馬が好走している

年齢成績単勝率連対率複勝率
49kg以下【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
50kg【0-1-0-6】0.0%14.3%14.3%
52kg【1-2-2-16】4.8%14.3%23.8%
53kg【4-2-2-42】8.0%12.0%16.0%
54kg【3-3-0-22】10.7%21.4%21.4%
55kg台【1-0-3-20】4.2%4.2%16.7%
56kg台【1-3-1-10】6.7%26.7%33.3%
57kg以上【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬をハンデ別にまとめました。

馬券に絡んだ30頭のうち、斤量52キロから54キロだった馬は【8-7-4-80】で、実に19頭もの馬が馬券内に入選していました。

中山牝馬ステークスは、実績を評価されて重ハンデを課せられた馬よりも、低斤量の恩恵を受けた馬のほうが好走しています。

今年の出走馬でハンデ52キロから54キロの馬は下記8頭です。

ウインピクシス(53.0)
エイシンチラー(53.0)
コトブキテティス(52.0)
シャーレイポピー(53.0)
ストーリア(52.0)
スライリー(53.0)
スルーセブンシーズ(54.0)
ラルナブリラーレ(54.0)

【年齢】馬券の中心は5歳馬

年齢成績単勝率連対率複勝率
4歳【3-2-1-36】7.1%11.9%14.3%
5歳【6-6-5-39】10.7%21.4%30.4%
6歳【1-3-1-39】2.3%9.1%11.4%
7歳以上【0-0-2-10】0.0%0.0%16.7%

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬30頭のうちの17頭が5歳馬でした。

5歳馬は単勝率・連対率・複勝率いずれをとってもトップクラスだったのです。

その次に活躍しているのは4歳馬です。

4歳馬は馬券に絡んだ頭数こそ6頭ですが、そのうちの3頭が勝利をつかんでいました。

逆に6歳馬は5頭が絡んだものの勝利は1頭のみです。

不振傾向にあるのが7歳以上の馬で、これまで12頭が出走し2頭しか馬券に絡んでいません。

また、この2頭はいずれも3着で連対はありませんでした。

中山牝馬ステークスでは5歳馬を中心に、4~6歳馬も織り交ぜながら馬券予想を行いたいですね。

今年の出走登録馬で5歳馬は5頭いました。

・イリマ
・エイシンチラー
・シャーレイポピー
・スライリー
・スルーセブンシーズ

今年の出走馬で7歳以上の馬はサトノセシルです。

【脚質】差し馬有利の舞台

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
先行【1-4-2-26】3.0%15.2%21.2%
差し【8-6-4-44】12.9%22.6%29.0%
追込【0-0-3-45】0.0%0.0%6.3%

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬を脚質別にまとめました。

もっとも結果を残しているのが差し馬です。

8頭の勝ち馬をはじめ、18頭が馬券に絡みました。

その次に好走しているのは先行馬ですが、先行馬で馬券に絡んだのは7頭と、差し馬から見たら大きく劣っています。

昨年の勝ち馬クリノプレミアムや、その前のランブリングアレーも末脚勝負で勝利を手にしています。

中山牝馬ステークスでは差し馬を評価したいです。

今年の出走馬で差し馬は11頭います。

・イリマ
・エイシンチラー
・クリノプレミアム
・クロスマジェスティ
・コトブキテティス
・サトノセシル
・シャーレイポピー
・ストーリア
・スライリー
・スルーセブンシーズ
・リノキアナ

なお、上記で上げた「ハンデ52~54キロ」「5歳馬」「差し馬」の3つ全てに該当する馬は4頭いました。

エイシンチラー
シャーレイポピー
スライリー
スルーセブンシーズ

中山牝馬ステークス(G3)の無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

過去10年の中山牝馬ステークスの人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【1-2-3-4】10.0%30.0%60.0%
2番人気【0-2-0-8】0.0%20.0%20.0%
3番人気【2-1-0-7】20.0%30.0%30.0%
4番人気【1-2-0-7】10.0%30.0%30.0%
5番人気【2-1-1-6】20.0%30.0%40.0%
6番人気【2-0-1-7】20.0%20.0%30.0%
7~9番人気【1-0-2-27】3.3%3.3%10.0%
10番人気以下【1-3-2-58】1.6%6.3%9.4%

上位人気の信頼度はかなり低い

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬を見てみると、1番人気は複勝率こそ60%ですが、そのうち勝ち馬は1頭(2014年のフーラブライド)しか勝っておらず、8連敗しています。

2番人気はさらに悲惨で0勝、複勝率も20%止まりでした。

牝馬のハンデ競走は荒れる傾向が強いですが、この中山牝馬ステークスにおいても例外ではなく、上位人気の信頼度は非常に低いのです。

16頭が5番人気以下の馬だった

過去10年の中山牝馬ステークスで馬券に絡んだ16頭が5番人気以下の馬でした。

そのうち、10番人気以下の馬も6頭が馬券に絡んでいます。

中山牝馬ステークスは勝ち馬のみならず、相手候補も穴馬が台頭しやすく、下位人気だからといって軽視しづらいレースなのです。

過去10年の中山牝馬ステークスの枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-0-1-16】0.0%0.0%5.9%
2枠【3-0-1-14】16.7%16.7%22.2%
3枠【1-0-2-17】5.0%5.0%15.0%
4枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
5枠【1-1-1-17】5.0%10.0%15.0%
6枠【1-2-1-16】5.0%15.0%20.0%
7枠【1-4-0-14】5.3%26.3%26.3%
8枠【3-2-2-13】15.0%25.0%35.0%

外枠有利のレース

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬を枠順別に見てみると、1~4枠の内枠は11頭が馬券に絡み、5~8枠の外枠は19頭が絡みました。

全体的に見ても内よりも外枠のほうが好走しています。

また、8枠は7頭が馬券に絡んで複勝率35%に対し、1枠は17頭が出走して馬券に絡んだのは1頭(3着)のみでした。

昨年の勝ち馬クリノプレミアム(15番人気)も8枠でしたし、その前の年の勝ち馬ランブリングアレー(7番人気)は7枠から発走しています。

逆に、2019年のノームコア(1番人気)やアドマイヤリード(4番人気)は内枠から発走して凡走していました。

枠番別に見ても、大外8枠に近いほど好走しやすく、最内1番に近いほど不振傾向にあります。

中山牝馬ステークスでは外目を引いた馬の評価を上げたいです。

過去10年の中山牝馬ステークスの前走着順別成績

前走成績単勝率連対率複勝率
1着【0-3-1-15】0.0%15.8%21.1%
2着【1-2-3-7】7.7%23.1%46.2%
3着【1-0-2-10】7.7%7.7%23.1%
4着【2-2-0-9】15.4%30.8%30.8%
5着【0-1-0-7】0.0%12.5%12.5%
6~9着【4-1-1-31】10.8%13.5%16.2%
10着~【2-2-2-45】3.9%7.8%11.8%

前走勝ち馬はまさかの未勝利

過去10年の中山牝馬ステークスの好走馬を前走別にまとめました。

前走1着だった馬はなんと1頭も勝利を手にしていません。

前走勝利している馬の連勝は厳しいようです。

今年の出走登録馬で前走勝利している馬は3頭います。

アートハウス
(愛知杯【G3】)

ウインピクシス
(壇ノ浦ステークス【3勝】)

スルーセブンシーズ
(初富士ステークス【3勝】)

前走6着以下の激走に注目したい

過去10年の中山牝馬ステークスでは前走6着以下の馬が12頭馬券に絡みました。

特に勝ち馬だけ見たら6頭が前走6着以下だったのです。

中山牝馬ステークスは前走凡走組が巻き返すことも多いため、前走の着順で判断するのは危険ですよ。

今年の出走馬で前走6着以下だった馬は8頭いました。

・イリマ
・クロスマジェスティ
・コトブキテティス
・シャーレイポピー
・ストーリア
・スライリー
・ラルナブリラーレ
・リノキアナ

中山牝馬ステークス2023の注目馬3頭

牝馬のハンデ重賞である中山牝馬ステークスは非常に荒れやすく、上位人気の信頼度は極めて低いです。

今年も重賞馬や条件戦上がりの馬が集まりましたが、だれが勝ってもおかしくありません。

今年の出走馬で注目したい馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アートハウス

アートハウスは母が秋華賞で2着のパールコードでポテンシャルの高さが魅力的です。

昨年の忘れな草賞で騎乗した川田騎手がその能力の高さと血統背景にほれ込み、桜花賞で手綱を握ったスターズオンアースではなくアートハウスを選択したほどです。

クラシックタイトルをつかむことはできませんでしたが、それでもローズステークスや前走愛知杯の走りから、確かな実力を持っていました。

今回の中山牝馬ステークスでも人気を集めそうですが、データ的には不安要素のほうが大きいです。

まず、重賞2勝を制しているので斤量57キロを課せられました。

また、脚質を見ても先行馬なので差し有利のこの舞台と相性はよくありません。

データと相性が悪い前走勝ち馬ですし、相手関係を見ても上位人気は必至で凡走の可能性も高いです。

不安要素が目白押しの中でどこまでやれるか。

データをくつがえす走りができれば、そのポテンシャルは本物でしょう。

★評価点
・重賞2勝馬
・川田騎手がスターズオンアースではなくこちらを選択するほどの馬

▼課題
・トップハンデ57キロ
・前走勝ち馬
・先行馬
・上位人気は避けられない

クリノプレミアム

昨年の中山牝馬ステークスでは15番人気の圧倒的低評価を覆す走りで初重賞をつかみました。

この1戦はフロック視もされていましたが、続く福島牝馬ステークスでも好走し、確かな実力が証明されたのです。

今年の中山金杯も牡馬混合戦でしたがしっかりと末脚を伸ばして2着に入選しました。

仕掛けが甘く、もしもかみ合っていれば勝ち負けもあるほどだったのです。

このときの勝ち馬ラーグルフはこの間行われた中山記念でも2着に入選しているので、強い相手と戦いながら上位争いできたのは高く評価できます。

重賞馬ということで斤量55.5キロを課せられましたが、昨年に引き続き連覇をつかみたいですね。

★評価点
・昨年の勝ち馬
・金杯で2着

▼課題
・昨年よりも重い斤量55.5キロを背負う

ルビーカサブランカ

全兄はユーキャンスマイルの良血馬、ルビーカサブランカも出走登録しています。

一昨年の愛知杯では後方一気の競馬で自身初の重賞タイトルを手にしました。

それからはなかなか馬券に絡めていませんでしたが、2走前のチャレンジカップは牡馬相手のレースで流れる競馬でしっかりと末脚を伸ばして2着に連対しています。

牡馬相手でも結果を残しているのは高く評価できますね。

ここでも出走するのであれば人気を集めるでしょう。

ただし、ルビーカサブランカの場合は同週に開催される金鯱賞にも登録しています。

ハンデや状態によっては金鯱賞を選択する可能性もあるので、もしかしたら出走しない可能性もあります。

出走しない場合は仕方ありませんが、中山の連対実績もあるので、出走するようでしたら少し注目したい1頭です。

★評価点
・重賞馬
・差しの競馬が得意

▼課題
・金鯱賞と両にらみで出走しない可能性もある

中山牝馬ステークス2023の穴馬2頭

中山牝馬ステークスは過去10年で10番人気以下の馬が6頭も馬券に絡んでいます。

昨年も二けた人気の馬がワンツーを決め、馬連は10万円以上の高配当となりました。

今年の出走馬で注目したい穴馬を2頭紹介しますね。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

エイシンチラー

エイシンチラーは関東競馬場を中心に使われています。

中山実績は【2-1-1-4】とまずまずですが、近2戦は中山が舞台のレースでともに4着入選しました。

どちらもリステッド競走でなおかつ牡馬相手のレースだったことを考えれば健闘しています。

近走は先行競馬を中心に行っていますが、差しの競馬で勝利したこともあるので中山牝馬ステークスともかみ合いそうです。

テンの三浦騎手とのコンビになりますが、ハンデや枠に恵まれたら一発あるかもしれませんよ。

★評価点
・中山は割と得意
・近2戦は牡馬相手に4着
・データと相性が良い斤量53.0キロ

▼課題
・テンの三浦騎手がどこまで力を導き出せるか

サトノセシル

今年で7歳になったサトノセシルも注目したいです。

昨年は札幌で開催されたクイーンステークス、そして福島で行われた福島記念で2着に入選しました。

どちらも小回りの右回りという条件が中山と被っていて、特に福島は起伏に富んだ舞台で連対しました。

福島で好走した馬は中山でも走る可能性が高く、舞台適性に期待できます。

データと相性が悪い7歳馬ですが、舞台適性がかみ合えば一発あるかもしれません。

★評価点
・右回り&小回りコースが得意
・福島記念では牡馬相手に2着入選

▼課題
・データと相性が悪い7歳馬

中山牝馬ステークス2023予想の最終買い目

中山牝馬ステークス予想(晴れ良馬場想定)

中山牝馬ステークスが開催される土曜日の中山は終日晴れの予報が出ています。

前日金曜日の時点でも晴れの良馬場だったので間違いなく良馬場でレースが行われるでしょう。

馬場傾向ですが、先週の芝レースの時計を見る限り時計は出ている感じがしました。

そのため、うましるでは晴れの良馬場、時計の出やすい馬場を想定しながら予想を行います。

◎本命 7 エイシンチラー

リアルインパクト
エーシンサーフィン
母父フレンチデピュティ
主な勝ち鞍若潮S(3勝クラス) 2022年
前走ニューイヤーS(L) 4着

本命はエイシンチラーにします。

週の初めにもピックアップした馬ですが、この馬は中山実績こそ【2-1-1-4】ですが、着外の2戦はともにリステッドの舞台でしかも4着でした。

さらにいうと、この2戦はいずれも牡馬混合戦だったので、着順以上に評価のできる内容だったのです。

斤量も53キロで挑むことができますし、舞台適性もあるので一発に十分期待できるでしょう。

〇対抗 12 ストーリア

リオンディーズ
フェリス
母父ジャングルポケット
主な勝ち鞍三面川特別(2勝クラス) 2022年
前走初音S(3勝クラス) 10着

対抗はストーリアにします。

評価したいのが中山牝馬ステークスと相性のいい外枠を引けた点。

もうひとつは斤量52キロで挑める点ですね。

近走を見ても芝1,800mでは【2-2-0-1】と健闘していますし、前々走の逆瀬川特別ではのちに中山記念で3着入選するドーブネにコンマ1秒差の2着とでした。

確かなポテンシャルを感じましたし、鞍上も関東リーディング上位の横山武史騎手なので、激走に注目したいです。

▲単穴 14 ウインピクシス

ゴールドシップ
コスモアクセス
母父ロージズインメイ
主な勝ち鞍壇之浦S(3勝クラス) 2023年
前走壇之浦S(3勝クラス) 1着

単穴はウインピクシスにしました。

条件戦でコンスタントに結果を残していますし、芝1,800mは【4-0-0-1】、中山も【1-1-0-0】と好走条件はかみ合っています。

しかも、騎乗する松岡正海騎手は昨年の中山牝馬ステークスで勝利をつかみました。

人馬ともに舞台適性はかみ合っていますし、ここは初重賞を手にしてもおかしくないですよ。

△連下 9 クリノプレミアム

オルフェーヴル
ダンシングクイーン
母父Giant’s Causeway
主な勝ち鞍中山牝馬S(G3) 2022年
前走中山金杯(G3) 2着

連下は昨年の勝ち馬クリノプレミアムにします。

昨年は15番人気の低評価ながらも痛烈な差し切りで勝利しました。

その後の福島牝馬ステークスや中山金杯の内容を見ても分かるように、この時の勝利はフロックではなかったのです。

今年も満を持して連覇を狙いますが、斤量55.5キロはもとより、騎乗するデムーロ騎手の調子がいまいちよくないのが引っ掛かりました。

ドゥラメンテに騎乗していたころは強気の競馬が印象的でしたが、現在はそのころとはまるで別人の弱気騎乗で、果たして勝ち負け持っていけるか気になったのです。

馬は悪くないですが、騎手の下がり調子を判断して連下にしました。

消し 4 アートハウス

スクリーンヒーロー
パールコード
母父ヴィクトワールピサ
主な勝ち鞍ローズS(G2) 2022年
前走愛知杯(G3) 1着

アートハウスは消します。

別定戦であれば実力をいかんなく発揮できると思いますが、今回はトップハンデ57キロに加えて不利な内枠、さらには初の中山と出し切れる要素が少ないです。

陣営からしてもここは勝ち負けまで考えていないような気がしますし、むしろここをステップにその後の大舞台へ挑もうとしている感じはしました。

好走条件が乏しいどころかマイナス材料のほうが多いですし、そのわりに人気しているのでここは消すことにしました。

単勝

7 エイシンチラー

馬連流し

軸馬:7
相手:2、9、12、14

三連複フォーメーション

1頭目:7
2頭目:2、9、12、14
3頭目:2、9、12、14

以上になります。
中山牝馬ステークスの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)