[馬券が的中しない方へ] ラジオNIKKEI賞(G3)と北九州記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【中山グランドジャンプ2023予想】勝ち馬予想は外枠を引いた逃げ・先行馬が有力!

中山グランドジャンプ2023予想

中山グランドジャンプ2023予想の最終買い目を更新しました!

中山グランドジャンプ2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータと傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

中山グランドジャンプ2023の概要

中山グランドジャンプは春季に開催される障害レースのG1競走です。

歴史と伝統のある障害G1レースですが、12月に開催される中山大障害からは4か月ほどしか間隔がないです。

また、中山グランドジャンプの前に開催される障害重賞競走は阪神スプリングジャンプしかありません。

そのため、中山大障害から直接参戦する馬や、阪神スプリングジャンプをステップに挑む馬、そのほかオープン競走から挑む馬も多く、前年の中山大障害で競走した面子が再度集まる傾向があります。

しかしながら、舞台となる中山障害4,250mは中山大障害の4,100mよりもわずかに長く、日本で開催される障害競走の中でももっとも長いコースが使用されます。

当然ながら絶対的なスタミナ量や底力、飛越能力など障害競走で求められるすべての要素を兼ねそろえていないと勝利は難しいでしょう。

近年は障害絶対王者のオジュウチョウサンがこのレースを6勝しましたが、昨年引退したため障害界も混戦模様となりました。

それでも昨年の中山大障害を制したニシノデイジーをはじめ、大逃げで注目を集めたミッキーメテオなど、有名馬も多数参戦しました。

新たな障害界の中心に立つのはどの馬でしょうか?

中山グランドジャンプ2023の開催内容

開催日4月15日(土曜) 15:40発走
格付けJ・G1
開催競馬場中山競馬場 中山11R
コース障害4,250m
性齢4歳以上
斤量定量
1着賞金6600万円

中山グランドジャンプ2023が開催される中山の障害4,250mの特徴

全障害コースでもっとも距離の長い中山障害4,250mのスタート地点は障害コース3コーナーあたりです。

スタートは右回りでまずは2コーナーまで障害コースをぐるりと回ります。

2コーナーに進んだら今度はたすきコースに入ります。

たすきコースには中山名物のバンケットが存在し、起伏に富んだコースを各馬駆け抜けます。

たすきコースを過ぎたら今度は左回りとなり、4⇒3コーナーと逆走しつつ再びたすきコースに入ります。

2度のバンケットを超えたら再び右回りコースとなり、2コーナーまで向かいます。

障害コースの2コーナーに差し掛かったらダートコース、芝内回りコースを横切って一気に芝外回りコースまで出ます。

そこからは外回りの芝コースを大きく回ってスタンド前に入り、中山名物の急坂を超えたらゴールとなります。

中山障害4,250mで飛越するハードルの数は12台です。

その間には水ごう障害や大生垣障害など、ハードルの中でも特に幅と高さのある障害がいくつも設置されています。

また、起伏に富んだ坂路も5回駆け抜けなければなりません。

非常にタフなのはいうまでもありません。

スタミナ量に関しては多いほど良いです。

もちろん、トリッキーなコースを駆け抜けるだけの器用さや飛越能力など、障害レースで求められるすべての能力が必要なコースとなっています。

中山グランドジャンプ2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ジューンベロシティ牡563.0西谷誠
2イロゴトシ牡963.0黒岩悠
3ニシノデイジー牡763.0石神深一
4スマートアペックス牡663.0中村将之
5ビレッジイーグル牡663.0大江原圭
6エミーリオ牡963.0上野翔
7ダイシンクローバーセ763.0森一馬
8テーオーソクラテス牡663.0小坂忠士
9クリノオウジャ牡763.0難波剛健
10ミッキーメテオ牡663.0五十嵐雄祐

中山グランドジャンプの過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
202217オジュウチョウサン1阪神スプリングジャンプ(J・G2)3
稍重21ブラゾンダムール3ペガサスジャンプステークス(OP)2
 32マイネルレオーネ5春麗ジャンプステークス(OP)4
202116メイショウダッサイ1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
22ケンホファヴァルト5中山大障害(J・G1)2
 33タガノエスプレッソ3中山大障害(J・G1)3
202016オジュウチョウサン1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
不良211メイショウダッサイ3ペガサスジャンプステークス(OP)1
 35ブライトクォーツ4阪神スプリングジャンプ(J・G2)6
201915オジュウチョウサン1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
23シンキングダンサー6阪神スプリングジャンプ(J・G2)3
 34マイネルプロンプト4ペガサスジャンプステークス(OP)1
201816オジュウチョウサン1中山大障害(J・G1)1
29アップトゥデイト2阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
 33ニホンピロバロン3ペガサスジャンプステークス(OP)2
2017112オジュウチョウサン1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
25サンレイデューク6阪神スプリングジャンプ(J・G2)4
 36アップトゥデイト2阪神スプリングジャンプ(J・G2)2
201617オジュウチョウサン2障害4歳オープン(OP)2
22サナシオン1阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
 33メイショウアラワシ7ペガサスジャンプステークス(OP)4
2015112アップトゥデイト4阪神スプリングジャンプ(J・G2)4
213ソンブレロ5阪神スプリングジャンプ(J・G2)3
 37サンレイデューク3阪神スプリングジャンプ(J・G2)1
201415アポロマーベリック1ペガサスジャンプステークス(OP)1
26コスモソユーズ8障害4歳オープン(OP)中止
 34メイショウブシドウ31,000万13
2013112ブラックステアマウンテン8ペガサスジャンプステークス(OP)9
29リキアイクロフネ2ペガサスジャンプステークス(OP)1
 35シゲルジュウヤク3阪神スプリングジャンプ(J・G2)1

【配当】順当で決まりやすいレース

配当単勝馬連三連複三連単
2022210円510円2,000円6,120円
2021180円1,400円1,730円4,810円
2020110円460円1,470円2,710円
2019110円1,390円2,430円7,270円
2018150円130円290円570円
2017130円2,400円1,500円7,420円
2016650円340円3,300円26,490円
20151,200円4,640円6,450円69,700円
2014140円1,770円2,130円8,380円
20132,640円6,720円13,570円123,370円
平均552円1,976円3,487円25,684円

過去10年の中山グランドジャンプの配当をまとめました。

単勝が10倍以上を超えた年は過去10年で2回のみです。

馬連も1,000円以上の決着は6回でした。

三連複万馬券が出た年は1回のみで、三連単でも3回しか出ていません。

平均配当を見ても中山グランドジャンプは順当で決着づく傾向が多いレースです。

【乗り替わり】継続騎乗がおすすめ

騎手成績単勝率連対率複勝率
継続騎乗【10-9-6-62】11.5%21.8%28.7%
乗り替わり【0-1-4-23】0%3.6%17.9%

過去10年の中山グランドジャンプで馬券に絡んだ25頭が前走と同じ騎手騎乗でした。

また、勝ち馬はいずれも前走と同じ騎手が手綱を握っています。

前走から乗り替わりで挑んだ馬はこれまで28頭いますが、馬券に絡んだのは5頭のみです。

中山グランドジャンプは前走から継続で騎乗している馬が好成績を残していますよ。

今年の出走馬で前走と同じ騎手は5頭いました。

スマートアペックス(中村将之騎手)
テーオーソクラテス(小坂忠士騎手)
ニシノデイジー(石神深一騎手)
ビレッジイーグル(大江原圭騎手)
ミッキーメテオ(五十嵐雄祐騎手)

【脚質】逃げと先行馬が強い

脚質成績単勝率連対率複勝率
逃げ【3-2-2-5】25.0%41.7%58.3%
先行【7-6-5-13】22.6%41.9%58.1%
差し【0-2-3-31】0.0%5.6%13.9%
追込【0-0-0-30】0.0%0.0%0.0%

過去10年の中山グランドジャンプの好走馬を脚質別にまとめました。

勝ち馬はいずれも逃げもしくは先行馬で馬券に絡んだ25頭も該当しています。

差し馬はこれまで5頭馬券に絡みましたが、いずれも2.3着でした。

中山グランドジャンプは逃げもしくは先行馬を評価したいですね。

今年の出走馬を脚質別にまとめました。

★逃げの可能性大
・ビレッジイーグル
・ミッキーメテオ

◆先行の可能性大
・イロゴトシ
・ジューンベロシティ
・スマートアペックス
・ダイシンクローバー
・テーオーソクラテス
・ニシノデイジー

◇先行の可能性がある馬
・エミーリオ

〇どちらかというと後方で競馬思想
・クリノオウジャ

皐月賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

中山グランドジャンプの過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【7-1-0-2】70.0%80.0%80.0%
2番人気【1-2-1-6】10.0%30.0%40.0%
3番人気【0-2-5-3】0.0%20.0%70.0%
4~6番人気【1-4-3-22】3.3%16.7%26.7%
7~9番人気【1-1-1-26】3.4%7.1%10.3%
10番人気以下【0-0-0-26】0.0%0.0%0.0%

1番人気は6連勝だが…。

過去10年の中山グランドジャンプで1番人気は7勝しています。

また、近6開催はいずれも1番人気の支持を得た馬が勝利し、6連勝していました。

ただし、この6勝のうちの5勝はオジュウチョウサンのものです。

今年はオジュウチョウサン不在なので1番人気の成績をまるまる鵜呑みにするのは危険かもしれません。

9番人気以下の馬は馬券に絡んでいない

過去10年の中山グランドジャンプでは9番人気以下の馬は1頭も馬券に絡めていません。

馬券に絡んだ馬は1~8番人気の馬でした。

極端に人気を落としている馬は評価を大きく下げてもよさそうです。

中山グランドジャンプの過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【0-1-0-10】0.0%9.1%9.1%
2枠【0-2-1-9】0.0%16.7%25.0%
3枠【0-1-4-7】0.0%8.3%41.7%
4枠【0-1-3-9】0.0%7.7%30.8%
5枠【3-1-2-8】21.4%28.6%42.9%
6枠【3-1-0-12】18.8%25.0%25.0%
7枠【3-2-0-13】16.7%27.8%27.8%
8枠【1-1-0-17】5.3%10.5%10.5%

外枠に注目!

過去10年の中山グランドジャンプの好走馬を枠順別にまとめました。

勝ち馬はいずれも5~8枠の馬で、1~4枠からは1頭も出ていません。

複勝率を見るともっとも好走しているのは3枠と5枠でそれぞれ40%を超えていました。

次いで好走しているのは4枠の30.8%。そのあとは7⇒6枠と続いています。

対して1枠だけはこれまで11頭が出走していますが1頭しか馬券に絡めていません。

2019年のニホンピロバロン(2番人気)も1枠から発走しましたが6着に敗れてしまいました。

さらにいうとこれまで競走中止になった馬は14頭いましたがそのうちの4頭は1枠だったのです。

中山グランドジャンプは外枠有利で内枠が不利なレースといえるでしょう。

中山グランドジャンプの過去10年の前走レース別成績

前走レース成績単勝率連対率複勝率
阪神スプリングJ(J・G2)【6-5-4-24】15.4%28.2%38.5%
ペガサスジャンプS(OP)【2-3-3-30】5.3%13.2%21.1%
春麗ジャンプS(OP)【0-0-1-5】0.0%0.0%16.7%

阪神SJ組かペガサスJS組が強い

過去10年の中山グランドジャンプの好走馬を前走レース別にもまとめました。

もっとも好走しているのが前走阪神スプリングジャンプ組です。

中山グランドジャンプの前に開催される唯一の障害重賞ということで、ここをステップに向かう馬が多く、好走率も高めとなっています。

また、前月に中山で行われるペガサスジャンプステークスから挑む馬も好走しています。

小倉の春麗ジャンプステークスから挑む馬は小頭数ですが、阪神スプリングジャンプとペガサスジャンプステークスに比べると好走率は低くなっていました。

中山グランドジャンプは阪神スプリングジャンプもしくはペガサスジャンプステークスから挑む馬が特に好走していますよ。

今年の出走馬で表の3レースに該当する馬をまとめました。

◆阪神スプリングジャンプ
ニシノデイジー(3着)
ミッキーメテオ(4着)

〇ペガサスジャンプステークス
イロゴトシ(3着)
エミーリオ(9着)
クリノオウジャ(6着)
スマートアペックス(5着)
ダイシンクローバー(2着)
ビレッジイーグル(1着)

〇春麗ジャンプステークス
ジューンベロシティ(2着)
テーオーソクラテス(1着)

中山グランドジャンプ2023の有力馬3頭

今年の中山グランドジャンプは11頭の馬が出走登録しています。

これまで大活躍していたオジュウチョウサンこそ不在ですが、障害界の中心になる馬は現れるでしょうか?

今年の出走登録馬の中で上位争いに期待できそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ニシノデイジー

前々走の中山大障害はニシノデイジーにとって初めての障害重賞戦でしたが、いきなりの重賞戦、それも障害G1を勝利しました。

ピークは過ぎていたとはいえ絶対王者のオジュウチョウサンに先着し、障害界のバトンを引き継いだのです。

前走の阪神スプリングジャンプでも注目されましたが、ここは高速馬場も影響してか3着に敗れています。

脚質的には父がパワー型のハービンジャーなので時計のかかる馬場のほうが得意ですが、高速馬場でも3着に健闘でき、G1馬としての面目を保ちました。

中山グランドジャンプは開催最終週に行われるレースなので極端な高速馬場ではなく、ニシノデイジーの脚質にも合うでしょう。

春の障害G1も制することができるのか、注目です。

★評価点
・中山大障害の勝ち馬
・タフな馬場が得意

▼課題
・石神騎手とのコンビで勝利はまだ手にしていない

ミッキーメテオ

イルミネーションジャンプステークス、その前の障害未勝利戦ではカメラワークを極限まで引っ張るほどの大逃げで勝利をつかみました。

中山大障害を回避して挑んだ前走の阪神スプリングジャンプでも2番人気に支持されましたが、ここでは逃げの手を打たずに4着に敗れています。

近走を見る限りはやはり大逃げを決めたほうがミッキーメテオの持ち味を発揮できるため、できれば逃げたいところです。

ビレッジイーグルも先頭争いに加わりそうですが、そこさえ制してしまえば自分の競馬を貫くことができるでしょう。

あとは距離問題ですが、こればかりはやってみないと分かりません。

距離さえ克服すればこの舞台でも上位争いできるだけの力は秘めていますよ。

★評価点
・大逃げができる
・逃げの競馬が得意

▼課題
・先頭に立ちたい
・距離が長いかもしれない

テーオーソクラテス

もともとは障害レースで勝ったり負けたりを繰り返していましたが、昨年の12月に行われたオープン競走を制したのを皮切りに、今年の2レースも連勝しました。

3連勝で春の大一番に向かうことになったのです。

これまでは後ろからの競馬もたびたび見られていましたが、近3戦はいずれも先行集団に加わりながら勝利をつかんでいます。

そのため、今回も前目で競馬すれば出し切れると思います。

馬場に関しては近2戦が稍重&重馬場で勝利しているので時計のかかる条件のほうが出し切れるでしょう。

できれば時計の出る馬場ではなく、少しでもかかる条件のほうが真価を発揮しそうです。

★評価点
・先行競馬で好走している
・近3戦3連勝

▼課題
・初のG1舞台
・初の4,250m
・好走率が低い前走春麗ジャンプステークス組

中山グランドジャンプ2023の穴馬2頭

近年の中山グランドジャンプは順当決着が多かったのですが、人気の中心だったオジュウチョウサンの存在も大きいです。

オジュウチョウサンが引退したことで障害界は混戦模様となりつつあり、もしかしたら下位人気の激走も見られるかもしれません。

今年の出走登録馬で配当に期待できそうな2頭の馬をピックアップしました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

マイネルレオーネ

昨年の中山グランドジャンプ&中山大障害はともに人気を落としていましたが人気以上の走りを見せて3着入選しました。

前走の阪神スプリングジャンプは高速馬場も響いてか8着に敗れていますが、血統的には持久性に定評のあるステイゴールドなので高速馬場は元々合わなかったです。

そのため、阪神スプリングジャンプの大敗はそこまで悲観するものではありません。

過去のレースを見てもタフな中山のほうが合っています。

今年で11歳馬になりましたが、昨年も上位争いしていましたし今年も馬券内入選する可能性は高いですよ。

★評価点
・昨年の障害G1はともに3着
・スタミナとパワーに定評があるステイゴールド産駒

▼課題
・今年で11歳
・年齢による衰えもあるかもしれない
・乗り替わり

ビレッジイーグル

前走のペガサスジャンプステークスでは逃げの一手を打ちながら上がり最速13秒6の末脚で2着のダイシンクローバーに2馬身半差突き放して完勝しました。

今年の中山グランドジャンプはペガサスジャンプステークス組が6頭も出走登録していますが、前走の内容を見る限りペガサスジャンプステークス組との勝負付けは済んだ感じがします。

舞台適性に関しては、昨年の中山大障害でも5着入選していているので極端に悪いわけではありません。

別路線組、特にニシノデイジーとミッキーメテオあたりは強敵になりそうですが、激走すれば馬券内も十分ありそうです。

★評価点
・データと相性のいい前走ペガサスジャンプステークス組
・ペガサスジャンプステークス組との勝負付けは済んだ感じがする
・中山大障害でも5着

▼課題
・別路線組が強敵になりそう

中山グランドジャンプ2023予想の最終買い目

中山グランドジャンプ予想(雨不良馬場想定)

中山グランドジャンプが開催される土曜日の中山競馬場界隈は雨の模様が出ています。

それも、1時間に4mm~5mmの激しい雨が降るようで、相当馬場の悪化につながると思います。

2020年の不良馬場で開催された年のような条件も想定したほうがよいでしょう。

この年の中山大障害は天候こそ晴れでしたが、今年は開催時間帯も雨なので下手したら2020年よりもひどい条件で行われるかもしれません。

うましるでは雨の不良馬場、相当時計がかかる条件下を想定しながらレース予想を行います。

◎本命 3 ニシノデイジー

ハービンジャー
ニシノヒナギク
母父アグネスタキオン
主な勝ち鞍中山大障害(J・G1) 2022年
前走阪神スプリングJ(J・G2) 3着

本命はニシノデイジーにしました。

おそらく当日は非常にタフな舞台となるでしょう。

ニシノデイジーは血統的にはパワータイプのハービンジャーなので、雨で湿った馬場は合うはずです。

ニシノデイジー自身、昨年の中山大障害で結果を残しているようにコース適性もほとんど問題ありません。

あまりにもタフな馬場だと滑る可能性がありますが、それは全馬にいえることなのでここでは意識しないようにします。

当日は相当過酷なレースになると思いますが、血統的にも最後まで出し切れるのはニシノデイジーだと思いました。

〇対抗 5 ビレッジイーグル

ベーカバド
トキノナスティア
母父ニューイングランド
主な勝ち鞍ペガサスジャンプS(OP) 2023年
前走ペガサスジャンプS(OP) 1着

対抗はビレッジイーグルにします。

雨で馬場悪化する可能性を考慮して評価をあげました。

ビレッジイーグルは前走のペガサスジャンプステークスが重馬場の中、2着に入選したダイシンクローバー相手に2馬身半差完勝しています。

このレースも雨でタフな馬場となりましたが、その中で後続を突き放して勝利しているのが印象的です。

今年の中山グランドジャンプも雨で馬場が重くなればなるほど激走するのではないでしょうか。

他の出走馬と比較しても、ビレッジイーグルはかなり重馬場適性が高そうです。

当初はもっと印を下げる予定でしたが、当日の天候を考慮し評価をあげました。

▲単穴 10 ミッキーメテオ

ルーラーシップ
メテオーリカ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍イルミネーションJS(OP) 2022年
前走阪神スプリングJ(J・G2) 4着

単穴はミッキーメテオにします。

ここでも逃げの一手を踏むと思いますが、雨でタフになった舞台下でどこまで出し切れるかが気になりました。

ミッキーメテオはこれまで4,000m以上の障害コースを走ったことがありません。

いままで圧勝した障害コースは3,000~3,500mほどの距離でした。

中山の障害4,250mは良馬場でも持久力が問われますが、不良馬場になるとより厳しいです。

良馬場開催であれば対抗印を打つ予定でしたが、4,000mの距離と重馬場でどこまでスタミナが持つのか気になったため一つ評価を落としました。

△連下 8 テーオーソクラテス

エイシンフラッシュ
テーオーヴィーナス
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍春麗ジャンプS(OP) 2023年
前走春麗ジャンプS(OP) 1着

テーオーソクラテスも馬券に絡めます。

前走の春麗ジャンプステークスは稍重の中先行しつつ、2着のジューンベロシティに1馬身近く差を開いて勝利しました。

その前の牛若丸ジャンプステークスも重馬場でしたが勝利しています。

近2戦だけ見たら稍重&重馬場の舞台で勝利しているのでタフな馬場でもある程度は対応できるでしょう。

さすがにレース格が一気に上がるので相手も手ごわくなりますが、今年の中山グランドジャンプはニシノデイジーとミッキーメテオを除けば意外と小粒です。

当日の不良馬場さえ乗り切れば上位争いに加われると思います。

単勝

3 ニシノデイジー

馬連流し

軸馬:3
相手:5、8、10

三連複フォーメーション

1頭目:3
2頭目:5、8、10
3頭目:5、8、10

以上になります。
中山グランドジャンプの予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)