[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【関屋記念2023予想】本命で買いたい3頭+激走に期待できる穴馬2頭はこちら!

関屋記念2023予想記事のサムネイル画像

関屋記念2023予想の最終買い目を更新しました!

関屋記念2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

関屋記念2023の予想ポイント

  • 1着予想は重賞もしくは米子S勝ち馬に注目
  • 北村宏司、戸崎、田辺の3騎手がそれぞれ2勝している
  • 1人気は軸に最適(単30%、連50%、複80%)
  • 単勝オッズ3倍台未満の1番人気馬は3着内率100%
  • 7枠8枠が圧倒的に有利
  • 前走から距離延長で挑む馬は苦戦
目次(読みたい項目をタップ)

関屋記念2023の概要

関屋記念は新潟で開催されるマイル競走です。

レース名にある【関屋】とは旧新潟競馬場の所在地を指しています。

東京競馬場における目黒競馬場、阪神競馬場における鳴尾競馬場のような立ち位置と認識するとよいでしょう。

夏のサマーマイルシリーズは全部で4レース存在しますが、そのうち関屋記念は3レースに指定されています。

サマーマイルシリーズにおける関屋記念の最大の特徴は、負担重量が【別定】で行われることです。

実は、中京記念や9月に開催される京成杯オータムハンデはすべてハンデキャップ競走なので強い馬でも酷斤量が課せられるケースは少なくありません。

米子ステークスは別定競走ですがリステッド競走ゆえメンバーは集まりづらいです。

関屋記念は比較的実力が反映されやすいレースとなっているため、秋に向けて賞金加算したい馬が多数参戦します。

そのため、夏のG3競走にしては層が厚くなるのが特徴です。

アイビスサマーダッシュほどではありませんが、関屋記念も新潟を代表するレースです。

この舞台を制して秋の大舞台に向かうのはどの馬でしょうか?

2022年 関屋記念(GⅢ) | ウインカーネリアン | JRA公式

関屋記念2023の開催内容

開催日8月13日(日曜) 15:45発走
格付けG3
開催競馬場新潟競馬場 新潟11R
コース芝1,600m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金4100万円

関屋記念2023が開催される新潟の芝1,600mの特徴

新潟競馬場 芝1600mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面の真ん中あたり
コース左回りの外回りコース使用
Aコース使用
1周の距離2,223m
直線距離658.7m
高低差2.2m
フルゲート18頭

新潟競馬場は内回りと外回りコースがありますが、関屋記念の舞台である新潟芝1,600mでは外回りコースを使用します。

スタート地点は向こう正面の半ばで最初の3コーナーまでの距離はなんと548m、東京競馬場の直線コースよりも長いです。

スタートから緩やかな上り坂を駆け上がるため、ペースは比較的落ち着きやすいです。

3コーナーのは入り口が坂の頂上となっていて、そこからは緩やかな起伏を刻みながら直線に入ります。

3.4コーナーは半径400m弱あり、最後の直線は日本競馬で最も長い659mです。

新潟のマイルコースは向こう正面とゴール前直線がとにかく長いです。

多少立ち回りが苦手な馬でも立ち回りやすいのが特徴です。

直線が長いため、差しや追い込み馬が活躍するように思いますが、実際のところ序盤がスローなので逃げや先行馬がそのまま押し切る傾向も強く、脚質による差は意外と少なかったりしますよ。

新潟の芝1,600mはここをチェック!

  • ワンターンの大回りコース
  • 直線がとにかく長い
  • 外枠が好走している
  • もっとも勝率の高い系統はエクリプス系

関屋記念2023の出走馬

【参考レース】2023年 関屋記念|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1ディヴィーナ牝555.0M.デムーロ
2アヴェラーレ牝555.0戸崎圭太
3フォルコメンセ757.0大野拓弥
4コンシリエーレ牡457.0丸山元気
5セルバーグ牡458.0吉田豊
6フラーズダルム牝555.0木幡巧也
7フィアスプライド牝555.0北村宏司
8ララクリスティーヌ牝555.0菅原明良
9ミッキーブリランテ牡757.0丸田恭介
10カワキタレブリー牡457.0菱田裕二
11メイショウシンタケ牡557.0浜中俊
12ノルカソルカ牡657.0小林脩斗
13サクラトゥジュール牡657.0田辺裕信
14ロータスランド牝655.0内田博幸
15アナザーリリック牝555.0津村明秀
16ラインベックセ657.0石橋脩
17ビューティフルデイ牝555.0三浦皇成

関屋記念の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
稍重
112ウインカーネリアン1米子ステークス(L)1
26シュリ12メイステークス(OP)9
38ダノンザキッド2安田記念(G1)6
2021
16ロータスランド4中京記念(G3)5
213カラテ6安田記念(G1)13
311ソングライン1NHKマイルカップ(G1)2
2020
117サトノアーサー4エプソムカップ(G3)6
218トロワゼトワル8中京記念(G3)17
33アンドラステ1エプソムカップ(G3)4
2019
113ミッキーグローリー1マイルCS(G1)5
214ミエノサクシード6中京記念(G3)4
36ソーグリッタリング4エプソムカップ(G3)3
2018
112プリモシーン1NHKマイルカップ(G1)5
210ワントゥワン5中京記念(G3)5
34エイシンティンクル3豊明S(1600万)1
2017
13マルターズアポジー7七夕賞(G3)11
215ウインガニオン4中京記念(G3)1
310ダノンリバティ5中京記念(G3)5
2016
117ヤングマンパワー3多摩川S(1600万)1
212ダノンリバティ7中京記念(G3)5
37マジックタイム1ヴィクトリアマイル(G1)6
2015
112レッドアリオン2中京記念(G3)8
24マジェスティハーツ6鳴尾記念(G3)2
310ヤングマンパワー9NHKマイルカップ(G1)6
2014
稍重
113クラレント4中京記念(G3)8
27ダノンシャーク1安田記念(G1)4
31サトノギャラント6中京記念(G3)7
2013
11レッドスパーダ4パラダイスS(OP)1
216ジャスタウェイ1エプソムカップ(G3)2
33レオアクティブ3バーデンバーデンC(OP)3

【重賞実績】重賞もしくは米子ステークス勝ち馬に注目!

年度勝ち馬重賞成績主な勝ち鞍距離
2022ウインカーネリアン【0-0-0-4】米子S【L】芝1,600m
2021ロータスランド【0-0-0-2】米子S【L】芝1,600m
2020サトノアーサー【1-2-1-5】エプソムC【G3】芝1,800m
2019ミッキーグローリー【1-0-0-1】京成杯AH【G3】芝1,600m
2018プリモシーン【1-0-0-2】フェアリーS【G3】芝1,600m
2017マルターズアポジー【2-0-0-3】小倉大賞典【G3】芝1,800m
2016ヤングマンパワー【1-0-2-3】アーリントンC【G3】芝1,600m
2015レッドアリオン【1-1-2-8】マイラーズC【G2】芝1,600m
2014クラレント【4-1-4-9】富士S【G3】芝1,600m
2013レッドスパーダ【1-3-1-6】東京新聞杯【G3】芝1,600m

過去10年の関屋記念の勝ち馬8頭がこれまでに芝1,600~1,800mの重賞競走を制していました。

例外の2頭は2021年のロータスランドと2022年のウインカーネリアンで、この2頭はどちらもサマーマイルに導入された後の米子ステークスを制しています。

関屋記念で勝ち馬を探す際はマイル~1,800mの重賞を制している馬、もしくは米子ステークス勝ち馬に目を向けたいですね。

今年の出走馬で該当する馬は4頭いました。(かっこ内は主な勝ち鞍)

アナザーリリック
(福島牝馬ステークス【G3】)

セルバーグ
(中京記念【G3】)

メイショウシンタケ
(米子ステークス【L】)

ロータスランド
(関屋記念【G3】)

【単勝オッズ】馬券に絡んだほとんどが単勝オッズ20倍以内の馬

過去10年の関屋記念で馬券に絡んだ30頭のうちの28頭が単勝オッズ20.0倍以内の馬でした。

例外の2頭は2015年のヤングマンパワー(9番人気)と2022年のシュリ(12番人気)の2頭のみです。

昨年こそシュリが馬券に絡んだため、馬連万馬券が飛び出しましたが、基本的には固く収まることが多く、単勝オッズ20倍以上の馬が激走することは滅多にありません。

【騎手】戸崎と田辺、北村宏司騎手が2勝ずつ挙げていた

騎手成績単勝率連対率複勝率
北村宏司【2-0-1-2】40.0%40.0%60.0%
戸崎圭太【2-0-0-7】22.2%22.2%22.2%
田辺裕信【2-0-0-5】28.6%28.6%28.6%
三浦皇成【1-1-0-2】25.0%50.0%50.0%
C.ルメール【1-0-1-1】33.3%33.3%66.7%
津村明秀【0-2-0-5】0.0%28.6%28.6%
内田博幸【0-1-0-7】0.0%12.5%12.5%
M.デムーロ【0-1-0-7】0.0%12.5%12.5%
石橋脩【0-0-0-7】0.0%0.0%0.0%

過去10年の関屋記念では北村宏司、戸崎、田辺の3騎手がそれぞれ2勝ずつ、合計6勝を手にしていました。

この中でも北村宏司騎手は【2-0-1-2】で勝率40%、複勝率60%と好成績を残していますが、2018年のプリモシーンを最後、騎乗したのは1回のみです。(2020年のアストラエンブレム、7着)

対して台頭しているのが戸崎騎手や田辺騎手です。

直近では戸崎騎手は2020年にサトノアーサーで、田辺騎手は2021年にロータスランドで勝利をつかんでいました。

関屋記念は騎手における影響も強いレースなので、騎手目線で馬券予想するのも面白いかもしれません。

今年の出走馬で表に記載した騎手が騎乗する馬をまとめました。

フィアスプライド(北村宏司)
アヴェラーレ(戸崎圭太)
サクラトゥジュール(田辺裕信)
ビューティフルデイ(三浦皇成)

アナザーリリック(津村明秀)
ロータスランド(内田博幸)
ディヴィーナ(M.デムーロ)
ラインベック(石橋脩)

関屋記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで関屋記念(G3)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

関屋記念の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-2-3-2】30.0%50.0%80.0%
2番人気【1-0-1-8】10.0%10.0%20.0%
3番人気【1-0-2-7】10.0%10.0%30.0%
4~6番人気【4-5-3-18】13.3%30.0%40.0%
7~9番人気【1-2-1-25】3.4%10.3%13.8%
10番人気以下【0-1-0-70】0.0%1.4%1.4%

1番人気は軸に最適

過去10年の関屋記念で1番人気は3勝、3着内には8頭が絡んでいました。

特に、近5開催に絞ってみると毎年必ず1番人気の馬が3着内に入線しています。

関屋記念は2,3番人気の信頼度があまり高くない反面、1番人気の信頼度が非常に高いレースなのです。

単勝オッズ3倍台未満の1番人気馬は3着内率100%!

年度1番人気馬着順単勝オッズ
2022ウインカーネリアン1着3.8倍
2021ソングライン3着1.8倍
2020アンドラステ3着4.1倍
2019ミッキーグローリー1着3.8倍
2018プリモシーン1着4.1倍
2017メートルダール12着4.2倍
2016マジックタイム3着4.0倍
2015カフェブリリアント7着4.1倍
2014ダノンシャーク2着3.5倍
2013ジャスタウェイ2着2.8倍

過去10年の関屋記念で1番人気に支持された10頭を単勝オッズ別にまとめました。

着外に敗れた2015年のカフェブリリアントと2017年のメートルダールはどちらも単勝オッズが4倍台でした。

対して、過去10年で単勝オッズ3倍以下に支持された5頭はすべて3着内に入線しています。

1番人気を予想する際、単勝オッズが3倍未満であれば馬券に絡む確率は相当高いですよ!

関東騎手×7番人気以下のときどき馬券に絡む

7番人気以下で馬券に絡んだ馬と騎乗騎手

年度馬名人気着順騎乗騎手所属
2022シュリ122着津村明秀美浦
2020トロワゼトワル82着三浦皇成美浦
2017マルターズアポジー71着武士沢友治美浦
2016ダノンリバティ72着松若風馬栗東
2015ヤングマンパワー93着松岡正海美浦
※美浦は関東、栗東は関西です。

過去10年の関屋記念で7番人気以下の馬は5頭が3着内に入線しました。

関屋記念は基本的に下位人気の台頭はなく、上位人気が馬券を占めることが多いです。

しかしながら、ときどき7番人気以下が台頭します。

そして、過去10年で馬券に絡んだ5頭の内の4頭に関東騎手が騎乗していました。

もしも、関東騎手が人気落ちの馬に騎乗していたら抑えておくのもよいかもしれませんよ。

関屋記念の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【1-0-1-15】5.9%5.9%11.8%
2枠【1-0-2-15】5.6%5.6%16.7%
3枠【1-0-2-16】5.3%5.3%15.8%
4枠【0-3-1-15】0.0%15.8%21.1%
5枠【0-0-2-17】0.0%0.0%10.0%
6枠【0-2-1-17】0.0%10.0%15.0%
7枠【4-2-1-17】16.7%25.0%29.2%
8枠【3-3-0-18】12.5%25.0%25.0%

10年連続で馬券に絡む外枠

過去10年の関屋記念の勝ち馬7頭が7,8枠の馬でした。

また、馬券に絡んだ13頭も該当しています。

さらに、過去10年で毎年1頭以上は7,8枠の馬が馬券に絡んでおり、その中には9番人気のヤングマンパワー(2015年)や8番人気のトロワゼトワル(2020年)もいました。

関屋記念は外枠に入った馬が結果を残しているので枠の影響が非常に大きいレースといえるでしょう。

関屋記念の過去10年の前走距離別成績

前走距離成績単勝率連対率複勝率
芝1,800m【2-2-2-24】6.7%13.3%20.0%
芝1,600m【6-7-6-79】6.1%13.3%19.4%
芝1,400m【1-0-1-14】6.3%6.3%12.5%

距離延長組は結果を残し切れていない

過去10年の関屋記念の好走馬を距離別にまとめました。

前走が芝1,600mの馬は【6-7-6-79】で実に19頭もの馬が馬券に絡んでおり、もっとも好走しています。

ところが、好走率でみると前走芝1,800mから挑んだ馬がもっとも成績がよく、単勝率、連対率、複勝率いずれの数値もトップです。

対して、前走芝1,400mから居臨調で挑む馬は【1-0-1-14】で、好走したのは2013年の勝ち馬レッドスパーダと18年の3着馬エイシンティンクルのみでした。

関屋記念は前走マイルの馬か1,800mから挑む馬が活躍していますよ。

今年の出走馬で前走1,400m以下の距離から挑む馬は3頭いました。

アヴェラーレ
コンシリエーレ※前走ダート1,400m
ビューティフルデイ

関屋記念2023の有力馬3頭

関屋記念は大荒れすることが少ないレースです。

今年の出走馬で人気しそうな注目馬を3頭紹介しましょう。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ディヴィーナ

主な勝ち鞍

・豊橋S (3勝クラス) 2022年

抽選を突破して挑んだ前走中京記念ではセルバーグにこそ逃げを許してしまいましたが、得意の中京で追い込みを決め、2着に入線しました。

人気のルージュスティリアに先着し、賞金を積めたのは非常に大きいです。

今回はサマーシリーズを連闘することになりますが、脚質的には左回りで出し切れているので新潟の舞台も合うでしょう。

昨年の関屋記念は13着に敗れてしまいましたが、今年に入ってからにわかに本格化しつつあるので、いまのディヴィーナなら上位争いしてもおかしくありません。

ここの結果次第で秋のマイルチャンピオンシップの扉も開くので、勝ち負けしたいです。

★評価点
・今年の春から本格化しつつある
・左回りの舞台が得意

▼課題
・昨年は13着に敗れた
・前走より斤量が1キロ重い

プレサージュリフト ※取消

主な勝ち鞍

・クイーンC (G3) 2020年

昨年のクイーンカップを制したプレサージュリフトも面白い存在です。

これまで7戦使用し【2-0-2-3】の成績で、馬券外に敗れた3戦はすべて牝馬三冠レースでした。

G1以外のレースでは古馬戦でもしっかり馬券に絡んでいる実力馬です。

特に前走の東京新聞杯は強敵が多数そろいましたが、高速馬場を味方につけた差し切りで3着に入線しました。

勝ち馬ウインカーネリアンとの着差は0.1秒ですし、2着のナミュールにはクビ差まで詰め寄り大健闘したのです。

今回は東京新聞杯以来、半年ぶりのレースとなりますが、秋華賞から金杯は間隔をあけたうえで3着入りしているので鉄砲も利きます。

現在の新潟は時計が出やすいので、東京新聞杯のときのような高速馬場でレースを迎えることができれば、久々でも立ち回れるはずです。

ところが、前走後に剥離骨折を発症してしまいました。

今回は骨折明けなので、もしかしたら出し切れない可能性もあります。

出し切れれば実力上位の馬なので、追い切りやパドックなどを見ながら最終的なジャッジを下したいと思います。

★評価点
・G1以外で馬券に絡んでいる
・左回りのコースが得意
・高速馬場も得意
・データと相性のいい重賞馬

▼課題
・骨折明け初戦
・週の初めの時点で騎手が決まっていない

エターナルタイム ※取消

主な勝ち鞍

・多摩川S (3勝クラス) 2023年

条件戦から挑むエターナルタイムは、父が名スプリンターのロードカナロア。

母マジックタイムも現役時代にマイルのダービー卿チャレンジトロフィーやターコイズステークスを制しており、関屋記念でも3着入りした筋金入りのマイラーです。

エターナルタイムはこれまで条件戦を中心に使われましたが、その成績は【4-1-1-1】であっという間にオープンクラスまで上り詰めました。

また、この時期札幌を拠点にしているルメール騎手が新潟に来ることも追い風で、この馬に対する意気込みが感じられます。

データと相性の悪い距離延長組ですが、過去の戦績を見る限り1,400mを走ったのは前走1回のみで、それ以外はマイル~1,800mを中心に使っているので対応できるはずです。

初重賞でどこまでやれるか見物ですね。

★評価点
・血統的にマイルが一番合っている
・安定した成績
・ルメール騎手が騎乗

▼課題
・データと相性の悪い距離延長組
・初の重賞戦

関屋記念2023の穴馬2頭

昨年12番人気で馬券に絡んだシュリのように、関屋記念はときどき下位人気馬が激走することがあります。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな穴馬を2頭まとめました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

アヴェラーレ

主な勝ち鞍

・豊橋S (3勝クラス) 2023年

穴馬で面白そうなのはアヴェラーレです。

1,400mから1,600mを中心に使われており、前走の京王杯スプリングカップは4着に入線しました。

距離延長組は関屋記念で凡走しがちですが、アヴェラーレもエターナルタイム同様マイルで実績を残しているのでそこまで悲観しなくてもよい感じはします。

血統的には母のアルビアーノが重賞馬でフラワーカップやスワンステークスを制しました。

また、G1のNHKマイルカップで2着に入線していてマイル適正にも定評があります。

エターナルタイムに負けず劣らずこちらも良血馬ですし、騎乗する戸崎騎手も過去10開催の関屋記念で2度勝利しているので騎手相性も良いです。

現時点で7番人気ですが、穴馬として面白い1頭になりそうです。

★評価点
・良血馬
・マイルで勝利実績がある
・戸崎騎手が手綱を握る

▼課題
・データと相性の悪い距離延長組
・久々のマイル重賞でどこまでやれるか

セルバーグ

主な勝ち鞍

・中京記念 (G3) 2023年

今年の中京記念は8番人気の低評価でしたが、ノーマークを逆手に取った逃げの競馬が見事はまって勝利をつかみました。

展開と馬場、騎乗がみごとかみ合って勝ち切れた一戦だったと思います。

中京記念から挑む馬は【3-5-2-38】で相性自体はよいです。

ただし、中京記念は時計のかかる馬場における勝利だったため、高速馬場の可能性が濃厚な新潟の舞台でどこまでやれるかは分かりません。

また、今年のレース傾向を見る限り、ハナで競馬できなかった米子ステークスや六甲ステークスは馬券外に敗れているため、勝ち負けするのであれば枠順にも左右されるでしょう。

そして、前走中京記念で手綱を握った松山騎手が裏で行われる小倉記念のマリアエレーナを選択したため、テン乗りの吉田豊騎手が騎乗する点もマイナスです。

吉田豊騎手はパンサラッサとのコンビで逃げの競馬を熟知しているので意外とかみ合うかもしれませんが、本音を言うと松山騎手のほうがよかったです。

不安要素はいくつかありますが、重賞馬なのでもしかしたら再度激走してもおかしくない馬です。

★評価点
・データと相性のいい前走中京記念組
・重賞馬

▼課題
・ハナに立たなければ脆い
・高速馬場が合うか
・テンの吉田豊騎手が騎乗する

関屋記念2023追い切り評価

関屋記念2023追い切り評価はこちらの記事でご確認ください。

関屋記念2023予想の最終買い目

関屋記念予想(晴れの良馬場想定)

関屋記念が開催される日曜日の新潟競馬場界隈は晴れの良馬場予報が出ています。

前日土曜日も晴れで、芝レースの傾向を見てみると9レースの湯沢特別(芝2,000m/1勝クラス)で勝ち馬オクタヴィアヌスは1分57秒6の時計で勝利しました。

また、メインレースの稲妻ステークス(芝1,000m【直】/3勝クラス)で勝ち馬のマイヨアボアが上がり3ハロン32秒1の末脚を使って54秒7のタイムでゴールしています。

新潟は依然時計の出やすい馬場でした。

うましるでは晴れの良馬場、時計の出やすい馬場を想定しながらレース予想を行いました。

関屋記念(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命 15 アナザーリリック

リオンディーズ
アンソロジー
母父サクラバクシンオー
主な勝ち鞍福島牝馬S(G3) 2022年
前走ダービー卿CTG3) 10着

本命はアナザーリリックにしました。

評価したのは最終追い切りです。

全体時計も優秀ですし、直線に入ってからの動きも抜群によく、近走ではあまり見られないような走りに惹かれました。

また、レース当日に騎乗する津村騎手が手綱を握っていたのでこのレースに対する意気込みが感じられました。

新潟は久々ですがこれまで2戦2勝している得意舞台ですし、データと相性のいい外枠を引けたのもよく、好走データが目白押しです。

前日の段階で11番人気の低評価ですが、人気以上に激走すると期待したいです。

〇対抗 14 ロータスランド

Point of Entry
Little Miss Muffet
母父Scat Daddy
主な勝ち鞍関屋記念(G3) 2021年
前走ヴィクトリアマイル(G1) 6着

対抗はロータスランドにしました。

ヴィクトリアマイル以来、実に3か月ぶりのレースとなりますがロータスランドもアナザーリリック同様追い切りの動きがよく、休み明けでも問題なさそうに感じます。

もともとロータスランドは一昨年の関屋記念で初重賞制覇を成し遂げているように、新潟マイルは得意舞台です。

距離こそ違いますが過去にはG1高松宮記念で2着入りしているように、出し切れればG1の舞台でも好走するだけのポテンシャルを秘めています。

久々でも追い切りの動きは良かったですし、2年ぶりの関屋記念制覇も夢ではないでしょう。

▲単穴  1 ディヴィーナ

モーリス
ヴィルシーナ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍豊橋S(3勝クラス) 2022年
前走中京記念(G3) 2着

単穴はディヴィーナにしました。

父が晩成型のモーリス、母が牝馬三冠レースすべてで2着入りしたヴィルシーナという良血馬です。

ディヴィーナ自身は3歳時こそ目立った活躍を見せていませんが、古馬になってからは父モーリスが現役時代そうであったように、にわかに力をつけ始め、前走の中京記念でも2着入りを果たしました。

これまでのレースを見てみると、勝利した4戦はすべて左回りの中京のものです。

中京と新潟は同じ左回りコースなので出し切れるはずです。

昨年の関屋記念では13着に敗れていますが、そのときは本格化していなかったので度外視してよいでしょう。

データとあまり相性の良くない内枠を引いてしまいましたが、現在のディヴィーナは力をつけているので激走にも期待したいです。

△連下  2 アヴェラーレ

ドゥラメンテ
アルビアーノ
母父Harlan’s Holiday
主な勝ち鞍豊橋S(3勝クラス) 2023年
前走京王杯スプリングC(G2) 4着

アヴェラーレは相手候補にしました。

左回りコースはこれまで【4-2-2-4】で好走率は高く、新潟も1戦しかしていないものの2着入りしていて悪くない成績を残していました。

過去10年の関屋記念で2勝している戸崎騎手が騎乗するのも心強いですし、血統的にも父ドゥラメンテ×母アルビアーノという重賞馬同士の仔という点も期待できます。

ただし、データ的には前走が芝1,400m以下の距離延長組は意外と関屋記念と相性が悪いです。

アヴェラーレのこれまでの戦績を見る限り、短距離色の強いマイラーという感じがするので、このようなタイプの馬がマイル重賞でどこまでやれるか未知数でした。

ポテンシャルは高いと思うのですが、過去の統計を考慮して抑えまでにします。

△連下  8 ララクリスティーヌ

ミッキーアイル
スーパーマダム
母父タニノギムレット
主な勝ち鞍京都牝馬S(G3) 2023年
前走ヴィクトリアマイル(G1) 14着

ララクリスティーヌも連下にします。

古馬になってから重賞でも台頭するようになり、今年の京都牝馬ステークスでは僅差とはいえウインシャーロットにぎりぎりで先着し、晴れて重賞馬入りを果たしました。

その前のキャピタルステークスは時計の出やすい東京競馬場が舞台でしたが、1分32秒5という好タイムで勝利しているように、現在の高速新潟にも対応できそうです。

ただ、先ほど紹介したアヴェラーレと同じく本質的にはマイルもこなせる短距離馬というイメージが強いので、新潟マイルが100%合うかというと正直難しいような気がします。

確かなポテンシャルはあるので抑えますが、相手までにしておきます。

単勝

15 アナザーリリック

馬連流し

軸馬:15
相手:1、2、8、13、14

三連複フォーメーション

1頭目:15
2頭目:1、2、8、13、14
3頭目:1、2、8、13、14

以上になります。
関屋記念の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)