[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京阪杯2023予想】本命におすすめの3頭+人気落ちで買いたい〝穴馬2頭〟はこちら!

京阪杯2023予想記事のサムネイル画像

京阪杯2023予想の最終買い目を更新しました!

京阪杯2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータ分析と傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

京阪杯2023の予想ポイント

  • 勝ち馬はオープンレースやクラス戦(非重賞馬)の馬の方が多い
  • ノーザンダンサー系の好走率がもっとも高い
  • 上位人気の信頼度は低い、二桁人気の激走もたびたび見られる
  • 1枠~4枠の馬が有利
  • 前走で馬券外の馬も好走している
目次(読みたい項目をタップ)

京阪杯2023予想の最終買い目

京阪杯の予想(晴れの良馬場想定)

京阪杯が開催される日曜日の京都競馬場界隈の天気を見てみると、晴れの良馬場の予報が出ていました。

前日の土曜日も晴れで芝レースはすべて良馬場でした。

降水確率も0%なので、良馬場開催が見込めます。

馬場傾向を見てみると、開催最終週ということもあってさすがに馬場は重たそうでした。

平均よりも時計はかかりそうです。

うましるでは晴れの良馬場、そこそこ時計のかかる馬場を想定しながらレース予想をまとめました。

PR 馬券が的中しない方へ

京阪杯(G3)ジャパンカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

◎本命  3 シングザットソング

ドゥラメンテ
ザガールインザットソング
母父My Golden Song
主な勝ち鞍フィリーズレビュー(G2) 2023年
前走オパールS(L) 2着

本命はシングザットソングにしました。

今年のフィリーズレビューを制している馬で、このときは6番手くらいの競馬を行っていました。
ハイペースで流れる中、コーナーで早めにまくりを開始してあっという間に前に立つと、そのまま差し勢を抑えて優勝しました。

流れる展開で早めに抜け出し、スタミナも問われる条件でしたが苦しい展開で勝ち切れたのはこの馬の地力があってこそでした。

前走のオパールステークスはキャリア初の1,200m戦でしたが直線では最内からじわりと脚を引き出して2着入りです。

タイトな競馬になってもしっかり脚を使えるのがこの馬の強みです。

今回はデータと相性のいい内枠を引けたのもよいですし、厳しい流れで他馬が苦しくなるのを後目に、上位争いを狙ってほしいです。

〇対抗  8 ジュビリーヘッド

ロードカナロア
ローズノーブル
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍カーバンクルS(OP) 2023年
前走スプリンターズS(G1) 15着

対抗はジュビリーヘッドにしました。

今年の函館スプリントステークスでは洋芝で時計のかかる函館の舞台でハイペースの流れの中、先行しました。

最後にはキミワクイーンに差されましたが、ハイペースの展開で最後まで粘って2着入りできたのは評価したいです。

前々走のキーンランドカップは少し馬場が重すぎて、前走のスプリンターズステークスは最高峰過ぎて届きませんでした。

前走に引き続いて騎乗する北村友一騎手の調子が近年パッとしないのは気になるところですが、そこそこ時計のかかる馬場なら力を出し切れる馬なので激走に期待したいです。

▲単穴  7 ショウナンハクラク

Frankel
ショウナンアデラ
母父ディープインパクト
主な勝ち鞍醍醐S(3勝クラス) 2023年
前走醍醐S(3勝クラス) 1着

単穴はショウナンハクラクにします。

血統的にはこのレースと相性のいいノーザンダンサー系の馬です。

今年の京阪杯はこのほかにもエクストラとシュバルツカイザーがいますが、どちらもデータ的に相性の悪い重賞で一度も3着に入線しなかった馬&前走で4着以下に敗れた馬でした。

枠的にも内よりも枠を引けましたし、前走で勝利に導いた松若騎手が再び手綱を握るのも好感が持てます。

相手は強敵ですが、善戦健闘してほしいです。

△連下 17 トウシンマカオ

ビッグアーサー
ユキノマーメイド
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍京阪杯(G3) 2022年
前走スワンS(G2) 9着

トウシンマカオは連下にしました。

これまでのパフォーマンスを見ても実績上位ですし、春の段階では同期のナムラクレアやマッドクール、ウインマーベルらとしのぎを削ってきました。

現在のスプリンター勢は4歳馬が一番強い馬がそろっていると思うので、そのなかで善戦しているだけでも評価できます。

また、追い切りでもすばらしい動きを見せていましたしここに対して連覇を狙っている感じもしました。

しかしながら、データと相性の悪い8枠を引いてしまったのは大きなマイナスです。

内枠を引いていたらもっと重たい印を打つ予定でしたが、枠の並び的に厳しいと感じたので相手に評価を落としました。

△連下 10 ルガル

ドゥラメンテ
アタブ
母父New Approach
主な勝ち鞍橘S(L) 2023年
前走スワンS(G2) 4着

人気のルガルも相手候補にしました。

今年の橘ステークスでは先行しながら力のある競馬で2着馬に5馬身差の圧勝でした。

この橘ステークスは不良馬場で開催されましたが、もともとダートでキャリアを重ねているだけあって力のいる馬場でのパフォーマンスは圧巻です。

近走を見ても安定していますが、あまりにもタフな馬場でなければ勝ち切れていないのも事実です。

今年の京阪杯は開催最終週ということもあってそこそこ時計はかかりそうですが、橘ステークスの時ほどパワー型の舞台にはならなさそうですので、完全に出し切れるかは少し分かりません

そのため、相手までにしました。

△連下  5 キミワクイーン

ロードカナロア
チェリーペトルズ
母父ダイワメジャー
主な勝ち鞍函館スプリントS(G3) 2023年
前走スプリンターズS(G1) 10着

キミワクイーンは連下にしました。

3走前の函館スプリントステークスの勝ち馬で、このときは時計のかかりやすい洋芝の函館で、差し切りの勝利をつかみました。

2走前のキーンランドカップでもチャンスはありそうでしたがこの時は開催後期の重馬場でさすがに厳しく、前走のスプリンターズステークスは不利な大外で出し切る前に終わってしまいました。

今回は出し切りやすい内枠を引けましたし、馬場もそこそこかかりそうなので函館スプリントステークスのように出し切りやすいと思いました。

単勝

3 シングザットソング

馬連流し

軸馬:3
相手:5、7、8、10、17

三連複フォーメーション

1頭目:3
2頭目:5、7、8、10、17
3頭目:5、7、8、10、17

京阪杯2023の有力馬3頭

ジャパンカップの裏開催で今年もたくさんの有力馬が出馬を表明しました。

今年の出走登録馬の中で上位人気に支持されそうな馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

トウシンマカオ

主な勝ち鞍
  • 京阪杯   (G3) 2022年
  • オパールS  (L) 2022年
  • クロッカスS (L) 2022年

トウシンマカオが連覇を狙います。

もともと2歳のころから注目を集めていた馬で、昨年のキーンランドカップこそ4着でしたが続くオパールステークスを勝利し、阪神で行われた昨年の京阪杯も1番人気の期待に応えて勝利しました。

今年は勝ち星こそありませんが函館スプリントステークスではトップハンデを背負いながらも3着入りし、続くキーンランドカップも3着と高い実力を発揮しています。

前走のスワンステークスは9着に敗れてしまいましたが、慣れない逃げで流れる展開になってしまったことで最後は一杯になっています。

これまでの実績を見てもここは実力最上位の馬なのは間違いありません。

前走の反動がなければここでの連覇も十分狙えるでしょう。

★評価点
・実績のある馬
・今年も安定した走りを見せている
・データと相性のいい4歳馬
・父が17年の2着馬ビッグアーサー

▼課題
・前走の反動が気になる

ルガル

主な勝ち鞍
  • 橘ステークス (L) 2023年

3歳馬のルガルも面白そうな馬です。

もともとダートでデビューした馬でしたが今年の4月に挑んだ1勝クラスで2着入りすると、続く橘ステークスでは不良馬場を苦にしない走りで初勝利をつかみました。

このレースでは2着のテラステラに5馬身差の圧勝で力のいる馬場でしっかりと結果を残しています。

ダートでデビューしているように、パワー型の馬なので開催最終週で随所に馬場の痛みが見られる現在の京都とはフィットしそうです。

前走のスワンステークスは時計の出る馬場で4着に敗れてしまいましたがスタートで出遅れたうえで3着のロータスランドにハナ差の3着なので、もしも出遅れがなければ馬券内も狙えました。

古馬相手にもしっかりと結果を残していますし、ここで初重賞制覇を成し遂げてもおかしくありませんよ。

★評価点
・安定した走り
・時計のかかる馬場が得意
・前走も悪くない4着
・単勝率の高い3歳馬

▼課題
・テン乗りの西村騎手がどこまでやれるか

キミワクイーン

主な勝ち鞍
  • 函館スプリントS (G3) 2023年

今年の函館スプリントステークスを制したキミワクイーンも面白い存在でしょう。

もともとクラス戦上がりの馬で本格的に重賞路線に名乗りを上げたのは今年からです。

初重賞タイトルを手にした3走前の函館スプリントステークスでは後方でじっくり脚を溜めて直線で時計のかかる馬場を苦にしない走りで勝利をつかみました。

2走前のキーンランドカップも時計のかかる馬場でしたが、このときはさすがに馬場が重すぎた影響もあって7着に敗れています。

過去の戦績を見てみると、高速馬場よりは時計のかかる馬場のほうが出し切れていますが、あまりにも重い馬場は苦しそうです。

また、近3戦は差し~追込の競馬となっているので展開にも左右されるでしょう。

幸いにも現在の京都は時計がかかりつつあるため、函館スプリントステークスのときのように出し切れる可能性は十分あります。

騎乗予定の横山武史騎手も関東騎手ですがジャパンカップが開催される東京ではなく京都に遠征するためここに対する意気込みも強そうです。

侮れない1頭となるでしょう。

★評価点
・時計のかかる馬場が得意
・横山武史騎手が関西遠征する
・データと相性のいい4歳馬

▼課題
・あまりにも重くなったら苦しい

京阪杯2023の穴馬2頭

京阪杯は穴馬も頻繁に台頭するので人気落ちの馬にも目を向けたいです。

今年の出走登録馬の中で配当妙味に期待できそうな馬を2頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ビッグシーザー

主な勝ち鞍
  • マーガレットS (L) 2023年
  • 中京2歳S  (OP) 2022年
  • 福島2歳S  (OP) 2022年

ビッグシーザーは4連勝であっという間にオープン入りを果たした3歳のスプリンターです。

2走前のセントウルステークスはキャリア初の古馬戦でしたがなんと1番人気に支持されました。

レースでも注目されていましたが、直線ではこれまでのようなキレのある競馬が鳴りを潜め、なすすべもなく10着に敗れてしまっています。

前走のオパールステークスでも1番人気に支持され、好位から抜け出しを図ろうとしましたが、残り200mで一杯になり、ずるずると後退してしまいました。

近2戦はどちらも1番人気に支持されながらも二桁着順に沈んでしまっています。

これまでは強い走りを見せていたので少しスランプの可能性もありますが、出し切れたら強い競馬できる馬です。

テン乗りですが積極的な騎乗に定評のある坂井瑠星騎手が手綱を握ることで、少しでもいいきっかけになればいいでしょう。

追い切りなどを総合的に判断しながら、印を決めたいです。

★評価点
・今年の春までは素晴らしい成績を残していた
・データと相性のいい3歳馬
・父が17年の2着馬ビッグアーサー

▼課題
・近2戦の内容が悪い
・スランプの可能性もある

ショウナンハクラク

主な勝ち鞍
  • 醍醐S (3勝クラス) 2023年

ショウナンハクラクは前走の醍醐ステークスを制したことでオープン入りすることができました。

好走と凡走を繰り返していますが、前走の醍醐ステークスがトップハンデ58キロを背負いながらも中団で脚を溜めつつ差しの競馬で勝利しました。

2着のブッシュガーデンに1馬身半差突き放しての完勝で、力を見せてくれています。

血統妙味も高く、京阪杯と相性のいいノーザンダンサー系の馬というのもポイントが高いです。

好走と凡走を繰り返しているのでつかみづらいところはありますが、流れてくれればいい脚を使えるので、展開次第で台頭もありそうです。

★評価点
・前走が強い競馬
・データと相性のいいノーザンダンサー系の馬
・データと相性のいい4歳馬

▼課題
・時計のかかる馬場で出し切れるか

PR 馬券が的中しない方へ

京阪杯(G3)ジャパンカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで京阪杯(G3)ジャパンカップ(G1)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

ここからは京阪杯の過去10年の傾向やデータ分析を見ていきましょう!

京阪杯2023の概要

京阪杯は京都競馬場で開催される芝の短距離重賞です。

レース名の京阪とは、京都と大阪をつなぐ私鉄です。

京都競馬場の最寄り駅である淀駅も京阪沿線上に存在しています。

京阪杯は京都競馬場の開催最終週に行われるレースなので、荒れた馬場で行われることが多いです。

そのため、時計がかかることが多く、高速馬場で結果を残した馬は意外と苦戦傾向にあります。

また、負担重量が別定戦となっているのでスプリンターズステークスや高松宮記念を制した実績馬は重い斤量が課せられることも多いです。

それらの馬は翌月に行われる定量戦の阪神カップに向かうか、それとも今年は休養に入ることが多いです。

そのため、京阪杯に出走する馬の多くはなかなか重賞で芽が出ない馬やクラス戦上がりの馬が多く、混戦模様となっています。

直近10開催を振り返っても上位人気馬で決着付いた年はほとんどなく、荒れることを想定しながら予想したほうがいいでしょう。

今年の京都開催最後の重賞、京阪杯。

どの馬が勝利をつかむか、注目ですね!

なお、うましるでは阪神で代替開催された2020~2022年度を含めた過去10年からデータをまとめました。

2022年 京阪杯(GⅢ) | トウシンマカオ | JRA公式

京阪杯2023の開催内容

開催日11月26日(日曜) 16:15発走
格付けG3
開催競馬場京都競馬場 12R
コース芝1,200m
性齢3歳以上
斤量別定
1着賞金4100万円

京阪杯2023が開催される京都の芝1,200mの特徴

京都競馬場 芝1200mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面中央やや左
コース右回りの内回りコース
Cコース使用
1周の距離1,821.1m
直線距離323.4m
高低差3.1m
フルゲート18頭

京都競馬場には内回りと外回りコースが存在していますが、芝1,200mは内回りを使用します。

スタート地点は向こう正面で最初の3コーナーまでの距離は約320mです。

スタートして100mほどは平坦ですが、そこを過ぎると徐々に上り坂を駆け上がります。

この坂は高低差3.1mほどあり、3コーナーに入るあたりが頂上です。

この坂のため、京都芝1,200mは短距離コースの中では極端な前傾ラップにはなりません。

坂の頂上に到達し、100mほど平坦な道のりを走ると今度は先ほど駆け上がった分だけ下り傾斜を駆け降ります。

この坂は京都名物の【淀の坂】と呼ばれるもので、まるで小さな丘を駆け抜けるコースとなっています。

下り坂はじめに残り800mの標識が立っており、坂を下ったあたりがラスト600mです。

坂を下ったら残り600mはすべて平らな道のりとなっています。

各馬はこの下り坂の勢いを使って残り4ハロン(800m)を駆け抜けるのです。

京都の芝1,200mは前述したように、短距離戦にしてはハイペースになりづらいです。

しかしながら、下り坂と後半3ハロンが平らなため、理想は下りの4ハロンからゴールまでトップスピードで駆け抜けたいです。

ただし、ほとんどの馬が都合よく4ハロンを最高速度で駆け抜けることができないため、各騎手は下りで勢いをつけつつ、坂を下りた先の3ハロンで、馬の息が持つ位置から仕掛けるのです。

できればロングスパートに長けた馬が有利ですが、短距離戦故、仕掛けどころが重要視されやすい舞台となっています。

京都の芝1,200mはここをチェック!

  • 短距離戦にしてはそこまでテンが早くならない
  • 坂は3コーナーのみ
  • 後半はスピード勝負になる
  • 上がりや加速力、最高速度に持続力など、スピード型の馬が強い
  • 差しや追い込み馬が活躍している
  • 関西騎手が結果を残している

京阪杯2023の出走馬

【参考レース】2023年 京阪杯|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1バンデルオーラ牡457.0国分恭介
2ビッグシーザー牡356.0坂井瑠星
3シングザットソング牝355.0鮫島克駿
4スマートリアン牝655.0柴田善臣
5キミワクイーン牝456.0横山武史
6エイシンスポッター牡457.0角田大河
7ショウナンハクラク牡457.0松若風馬
8ジュビリーヘッド牡657.0北村友一
9グレイトゲイナー牡657.0松本大輝
10ルガル牡356.0西村淳也
11シュバルツカイザーセ557.0池添謙一
12モズメイメイ牝355.0永島まなみ
13グルーヴィット牡757.0幸英明
14ディヴィナシオン牡657.0団野大成
15エクセトラ牡457.0岩田望来
16ヴァトレニセ557.0藤岡佑介
17トウシンマカオ牡458.0菅原明良
18トゥラヴェスーラ牡857.0藤岡康太

京阪杯の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022
114トウシンマカオ1オパールステークス(L)1
26キルロード10函館スプリントステークス(G3)6
34スマートクラージュ4オーシャンステークス(G3)10着
2021
12エイティーンガール10スプリンターズステークス(G1)13
25タイセイビジョン3スプリンターズステークス(G1)12
37ファストフォース6スプリンターズステークス(G1)15
2020
110フィアーノロマーノ3キーンランドカップ(G3)4
213カレンモエ1長篠ステークス(3勝)1
37ジョーアラビカ12道頓堀ステークス(3勝)3
2019
16ライトオンキュー2キーンランドカップ(G3)4
212アイラブテーラー3桂川ステークス(OP)1
37カラクレナイ7オパールステークス(L)3
2018
13ダノンスマッシュ1キーンランドカップ(G3)2
26ナインテイルズ12ルミエールオータムD(OP)8
38ダイアナヘイロー11セントウルステークス(G2)11
2017 良14ネロ9JBCスプリント(Jpn1)4
26ビップライブリー6スワンステークス(G2)4
314イッテツ14オパールステークス(OP)3
2016
12ネロ2スプリンターズステークス(G1)6
218エイシンスパルタン3スワンステークス(G2)3
31フミノムーン6桂川ステークス(1600万)1
37アースソニック10セントウルステークス(G2)4
2015
12サトノルパン4スワンステークス(G2)8
24ビッグアーサー1オパールステークス(OP)1
39アースソニック5京洛ステークス(OP)2
2014
17アンバルブライベン5福島民友カップ(OP)1
216サドンストーム11スワンステークス(G2)4
312サカジロロイヤル15京洛ステークス(OP)3
2013
13アースソニック7桂川ステークス(1600万)1
21アイラブリリ8オパールステークス(OP)5
35スギノエンデバー10スプリンターズステークス(G1)12
※2020~2022年は阪神開催

【実績】実績不問!ここで初重賞制覇を手にした馬も多い

年度勝ち馬主な勝ち鞍
2022トウシンマカオオパールステークス(L)
2021エイティーンガールキーンランドカップ(G3)
2020フィアーノロマーノダービー卿CT(G3)
2019ライトオンキュー船橋ステークス(1,600万)
2018ダノンスマッシュ函館日刊スポーツ杯(1,600万)
2017ネロ京成杯(G3)
2016ネロラピスラズリステークス(OP)
2015サトノルパン道頓堀ステークス(1,600万)
2014アンバイブライベン福島民友カップ(OP)
2013アースソニック桂川ステークス(1,600万)

過去10年の京阪杯の勝ち馬7頭はこのレースで初めて重賞タイトルを制していました。

過去の主な実績を見ても分かるように、主な勝ち鞍がオープンレースやクラス戦の馬も少なくありません。

京阪杯は重賞馬よりも上がり馬やここメイチで挑んでくる非重賞馬の活躍が目覚ましいです。

過去の実績よりもここを目標に仕上げてきている馬に注目したいです。

【血統】ノーザンダンサー系の馬が活躍

血統成績単勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス【1-2-2-49】1.9%5.6%9.3%
ロベルト【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%
ノーザンダンサー【6-3-5-22】16.7%25.0%38.9%
ミスタープロスペクター【2-4-2-41】4.1%12.2%16.3%
ナスルーラ【1-1-2-15】5.3%10.5%21.1%
その他【0-0-0-5】0.0%0.0%0.0%

過去10年の京阪杯の勝ち馬6頭が父方ノーザンダンサー系の馬でした。

また、馬券に絡んだ31頭のうちの14頭も父方ノーザンダンサー系で、単勝率や連対率、複勝率はもっとも高かったです。

馬券予想の際は血統背景にも注目したいですね!

今年の出走馬の中で父方ノーザンダンサー系の馬は3頭いました。

エクセトラ(父Exceed And Excel)
シュバルツカイザー(父Dark Angel)
ショウナンハクラク(父フランケル)

【年齢】年を重ねるごとに好走率が落ちる

年齢成績単勝率連対率複勝率
3歳【2-1-0-13】12.5%18.8%18.8%
4歳【3-5-1-25】8.8%23.5%26.5%
5歳【3-2-6-45】5.4%8.9%19.6%
6歳【2-0-3-33】5.3%5.3%13.2%
7歳以上【0-2-1-21】0.0%8.3%12.5%

過去10年の京阪杯を年齢別に見てみると、もっとも単勝率が高かったのは3歳馬で12.5%でした。

そして、連対率や複勝率がもっとも高かったのは4歳馬です。

5~6歳馬も悪くない成績ですが、年齢を重ねるにつれて好走率は落ちていました。

そして、7歳以上の馬はこれまで24頭が出走していましたが馬券に絡んだのは3頭のみです。

京阪杯は若い馬ほど活躍し、年齢を重ねるごとに好走率が下がっていたためあまりにも高齢の馬は評価を下げてよいでしょう。

今年の出走馬の中で7歳以上の馬は2頭いました。

グルーヴィット(7歳)
トゥラヴェスーラ(8歳)

京阪杯の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
2番人気【2-0-0-8】20.0%20.0%20.0%
3番人気【1-3-0-6】10.0%40.0%40.0%
4~6番人気【2-1-4-23】6.7%10.0%23.3%
7~9番人気【2-1-1-25】6.9%10.3%13.8%
10番人気以下【1-3-7-68】1.3%5.1%13.9%

上位人気の信頼度は低い

過去10年で1番人気は【2-2-0-6】、2番人気は【2-0-0-8】、3番人気は【1-3-0-6】でした。

いずれも単勝率は20%未満、複勝率も20~40%しかありません。

上位人気の好走率が低いことから、京阪杯は上位人気馬の信頼度が低いレースといえるでしょう。

人気落ちの激走もたびたび見られる

過去10年の京阪杯で10番人気以下の馬は79頭が出走し、11頭が馬券に絡んでいました。

また、10開催の内の7開催で1頭以上10番人気以下の馬は馬券に絡んでいます。

二桁人気の馬がこれだけ激走している例は全重賞でも珍しいです。

馬券予想の際は人気落ちの馬にも目をとがらせたいです。

10番人気以下の馬は過去の重賞実績と前走の着順に目を配りたい

年度着順勝ち馬人気重賞3着内実績
20222キルロード10高松宮記念22【G1】/3着
20211エイティーンガール10キーンランドC21【G3】/2着
20203ジョーアラビカ12なし
20182ナインテイルズ12アイビスSD18【G3】/3着
3ダイアナヘイロー11阪急杯18【G3】/1着
20173イッテツ14なし
20163アースソニック10京阪杯15【G3】/3着
20142サドンストーム11CBC賞13【G3】/3着
3サカジロロイヤル15なし
20133スギノエンデバー10北九州記念12【G3】/1着
重賞実績がない馬の前走着順
年度着順勝ち馬人気前走レースと着順
20203ジョーアラビカ12道頓堀S【3勝クラス】/1着
20173イッテツ14オパールS【OP】/3着
20143サカジロロイヤル15京洛S【OP】/3着

過去10年の京阪杯で10番人気以下の馬は11頭が馬券に絡んでいます。

このうちの7頭はこれまでに何らかの重賞で1回以上馬券に絡んでいました。

そして、該当しなかった3頭はいずれも前走レースで3着内に入線していました。

京阪杯で人気落ちの馬を選択する際は、過去の重賞実績もしくは前走レースにおける着順に目を配りたいです。

今年の出走馬でこれまでに重賞で一度も3着に入線しなかった馬、そして前走で4着以下に敗れた馬のどちらにも当てはまる馬は4頭いました。

・エクセトラ
・スマートリアン            
・シュバルツカイザー
・バンデルオーラ

PR 馬券が的中しない方へ

京阪杯(G3)ジャパンカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINE登録するだけで京阪杯(G3)ジャパンカップ(G1)の無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

京阪杯の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-1-1-15】10.5%15.8%21.1%
2枠【4-0-1-15】20.0%20.0%25.0%
3枠【1-5-1-13】5.0%30.0%35.0%
4枠【1-0-5-14】5.0%5.0%30.0%
5枠【1-0-1-18】5.0%5.0%10.0%
6枠【0-1-1-18】0.0%5.0%10.0%
7枠【1-1-1-21】4.2%8.3%12.5%
8枠【0-2-0-23】0.0%8.0%8.0%

内枠の馬が活躍している

過去10年の京阪杯の勝ち馬8頭が1~4枠の馬でした。

また、馬券に絡んだ31頭のうちの22頭も1~4枠から発走しています。

単勝率を見ても1~2枠が10%を超えており、複勝率20%を超えていたのも1~4枠でした。

対して、5~8枠は単勝率が5%未満で複勝率も7枠の12.5%がもっとも高く、内枠と比べると差は歴然です。

京阪杯は内枠有利の傾向が強いレースなのです。

京阪杯の過去10年の前走着順別成績

前走着順成績単勝率連対率複勝率
1着【3-3-2-23】9.7%19.4%25.8%
2着【1-0-1-10】8.3%8.3%16.7%
3着【0-1-3-6】0.0%10.0%40.0%
4着【2-2-1-7】16.7%33.3%41.7%
5着【0-1-0-5】0.0%16.7%16.7%
6~9着【2-2-0-39】4.7%9.3%9.3%
10着以下【2-1-4-47】3.7%5.6%13.0%

前走凡走組の巻き返しもあり得る

過去10年の京阪杯の好走馬を前走着順別にまとめました。

もっとも好走していたのはなんと前走4着の馬で、単勝率や連対率、複勝率はいずれもトップでした。

また、前走3着の馬は単勝率こそ0%でしたが複勝率は40%ありました。

もっとも、前走1着の馬も8頭が馬券に絡んでいて決して悪くはありません。

また、前走6着以下に敗れた掲示板外組も4頭の勝ち馬をはじめ11頭が馬券に絡んでいます。

このことから、京阪杯は前走の着順はそこまで問われないレースといえるでしょう。

京阪杯2023追い切り評価

京阪杯2023追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)