[馬券が的中しない方へ] 日本ダービー(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【チャンピオンズカップ2023/騎手予想】騎手で買いたい〝トップ3〟はこちら!

チャンピオンズカップ騎手予想

当記事ではチャンピオンズカップ2023の過去10年の騎手データをまとめています。

競馬の勝ち負けは【馬の力7割:騎手の力3割】と言われています。

馬の力だけではなく騎手の腕もレースの勝敗を左右しており、騎手は競馬において欠かせない存在なのです。

チャンピオンズカップの過去10年のデータから、好走騎手と好走馬を導き出し、騎手買いしたいトップ3を公開しています。

目次(読みたい項目をタップ)

チャンピオンズカップ2023の出走馬と騎手

【データ&出走馬紹介】2023年 チャンピオンズカップ|JRA公式
馬番馬名性齢斤量騎手
1メイクアリープ牡458.0幸英明
2メイショウハリオ牡658.0浜中俊
3ジオグリフ牡458.0W.ビュイック
4テーオーケインズ牡658.0松山弘平
5ドゥラエレーデ牡357.0B.ムルザバエフ
6グロリアムンディ牡558.0C.ルメール
7ウィルソンテソーロ牡458.0原優介
8アーテルアストレア牝456.0横山武史
9クラウンプライド牡458.0川田将雅
10ノットゥルノ牡458.0松若風馬
11ハギノアレグリアス牡658.0岩田望来
12セラフィックコール牡357.0M.デムーロ
13ケイアイシェルビー牡558.0藤懸貴志
14アイコンテーラー牝556.0J.モレイラ
15レモンポップ牡558.0坂井瑠星

チャンピオンズカップの過去10年の騎手データ

騎手成績単勝率連対率複勝率
M.デムーロ【2-0-0-5】28.6%28.6%28.6%
C.ルメール【1-2-0-5】12.5%37.5%37.5%
幸英明【1-0-1-5】14.3%14.3%28.6%
松山弘平【1-0-0-6】14.3%14.3%14.3%
川田将雅【1-0-0-3】25.0%25.0%25.0%
J.モレイラ【0-0-1-0】0.0%0.0%100.0%
坂井瑠星【0-0-1-0】0.0%0.0%100.0%
松若風馬【0-0-0-4】0.0%0.0%0.0%
浜中俊【0-0-0-3】0.0%0.0%0.0%
横山武史【0-0-0-2】0.0%0.0%0.0%
W.ビュイック【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
PR 馬券が的中しない方へ

チャンピオンズカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

過去10年で唯一2勝を挙げているM.デムーロ騎手

過去10年のM.デムーロ騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2021カジノフォンテン710着
2020アナザートゥルース1313着
2019ワイドファラオ914着
2018ルヴァンスレーヴ11着
2016ゴールドドリーム212着
2015サンビスタ121着
2013グレープブランデー1111着

過去10年のチャンピオンズカップで唯一2勝をあげているのがM.デムーロ騎手です。

勝利した2頭は2018年のルヴァンスレーヴと2015年のサンビスタです。

ルヴァンスレーヴは砂のアーモンドアイと呼ばれるほどの馬で確かな実力がありました。

ところがサンビスタは前走のJBCレディスクラシックで2着に健闘したものの、チャンピオンズカップの前身であるジャパンカップダート時代から牝馬の勝利がなく、12番人気でした。

しかしながら、見事古馬相手に勝利をつかんで有終の美を飾っています。

ちなみに、勝利した2頭はどちらも2枠の馬でした。

今回デムーロ騎手は有力馬のセラフィックコールに騎乗しますが、もしも2枠を引くようでしたら再度の激走もあるかもしれません。

相変わらず安定しているC.ルメール騎手

過去10年のC.ルメール騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022オーヴェルニュ94着
2021カフェファラオ411着
2020カフェファラオ26着
2019ゴールドドリーム12着
2017カフジテイク57着
2016コパノリッキー313着
2015ノンコノユメ32着
2013ペルシャザール31着

過去10年のチャンピオンズカップでルメール騎手は8回騎乗して【1-2-0-5】でした。

8回騎乗して複勝率は37.5%なので安定しています。

過去の好走馬を見てみると、2013年のペルシャザールや2015年のノンコノユメ(どちらも3番人気)のように、人気以上に上位に持ってきています。

2020年と2021年に騎乗したカフェファラオは人気以上に着順を落としていますが、これに関してはカフェファラオのコース適性も敗因したでしょう。

芝の重賞ほど勢いはありませんが、それでも十分すぎるほど安定した成績を残しているのは好感が持てました。

今年ルメール騎手はグロリアムンディに騎乗します。

幸騎手の好走はホッコータルマエ騎乗時のみ

過去10年の幸英明騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022サンライズホープ116着
2021サンライズホープ615着
2019ヴェンジェンス107着
2016ブライトアイディア1514着
2015ホッコータルマエ25着
2014ホッコータルマエ21着
2013ホッコータルマエ13着

過去10年のチャンピオンズカップで幸騎手は【1-0-1-5】でした。

全騎手の中では上位ランキングに位置していますが、馬券に絡んだ2頭はいずれもG1タイトルを10勝したホッコータルマエ騎乗時のものです。

ホッコータルマエが引退した2016年12月以降のチャンピオンズカップには4回騎乗していますが、人気落ちの馬に騎乗した影響もあってか、すべて着外に敗れていました。

数値だけ見たら信頼できそうですが、実際のところはホッコータルマエとのコンビで好走していたため、今年もあまり数値を過信しないほうがよいでしょう。

ちなみに今年幸騎手は人気落ちのメイクアリープに騎乗しますが、過去の成績を見る限り一発には期待できなさそうです。

松山騎手の勝利は2021年のテーオーケインズのもの

過去10年の松山弘平騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022テーオーケインズ14着
2021テーオーケインズ11着
2020エアアルマス810着
2018ミツバ128着
2017ミツバ126着
2015コーリンベリー1313着
2014ダノンカモン1616着

過去10年のチャンピオンズカップで松山騎手は7回騎乗して【1-0-0-6】でした。

1回しか馬券に絡んでいませんが、この1回は2021年のテーオーケインズのもので、視覚的に見ても非常に強い競馬で当時の一流ダート馬を蹴散らして世代の頂点に立ちました。

昨年もテーオーケインズに騎乗しましたが、前走JBCクラシックの反動もあってか4着に敗れています。

今年もテーオーケインズに騎乗しますが、JBCクラシックからの臨戦となります。

テーオーケインズは鉄砲が利く半面、休み明けはそこまで高いパフォーマンスを叩き出せないので勝ち負けできるかはむずかしいです。

松山弘平騎手自身、テーオーケインズに騎乗した2開催を除けば人気落ちの馬をメインに騎乗して一度も馬券に絡めていません。

2021年度こそ勝利しているものの不安材料も少なからずあるのでなかなか騎手目線で強くは推せないのが実情です。

日本人トップリーディングの川田騎手の成績はまずまず

過去10年の川田騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2022シャマル75着
2021クリンチャー814着
2020クリソベリル14着
2019クリソベリル21着

過去10年のチャンピオンズカップで川田騎手は4度騎乗し、【1-0-0-3】でした。

川田騎手は2018年以前の騎乗は一度もありません。

騎乗した4回はすべて直近4開催のものです。

2019年こそ勝利していますが、残り3開催は敗れています。

もっとも、2019年のクリソベリルはデータと相性の悪い8枠を引いてしまったこと、そして近2開催は有力馬に恵まれなかったことが敗因である可能性も高いです。

今年はそこそこ人気しそうなクラウンプラインドに騎乗しますが、どのような競馬を見せてくれるか注目したいですね。

J.モレイラ騎手と坂井瑠星騎手の好走率は同じ

過去10年のモレイラ騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2018サンライズソア33着
過去10年の坂井瑠星騎手騎乗馬の成績
年度馬名人気着順
2021アナザートゥルース143着

過去10年のチャンピオンズカップでJ.モレイラ騎手と坂井瑠星騎手はそれぞれ1回ずつ騎乗して【0-0-1-0】でした。

どちらもたった一回の騎乗で馬券に絡んでおり、複勝率は100%です。

モレイラ騎手の場合は人気馬に騎乗して好走していましたが、坂井騎手は14番人気でテン乗りのアナザートゥルースに騎乗して3着に導いています。

穴馬でもしっかりと上位に持ってきたのは好感が持てます。

今年モレイラ騎手はアイコンテーラー、坂井騎手はレモンポップに騎乗します。

どちらも人気を集める可能性が高いので油断はできないでしょう!

火曜日の時点での未騎乗者は4名

今年の騎乗騎手の中でチャンピオンズカップに初めて騎乗する騎手は下記の4名です。

・原優介騎手(ウィルソンテソーロ)
・藤懸貴志騎手(ケイアイシェルビー)
・ムルザバエフ騎手(ドゥラエレーデ)
・岩田望来騎手(ハギノアレグリアス)

いずれも火曜日の時点で上位人気に支持されているわけではありませんが、ケイアイシェルビーを除いた3頭は重賞馬なのでもしかしたら上位争いも狙えるかもしれません。

チャンピオンズカップの出走人馬のコンビ成績と評価

馬名騎手成績単勝率連対率複勝率
クラウンプライド川田将雅【1-1-0-0】50.0%100.0%100.0%
ケイアイシェルビー藤懸貴志【4-0-2-7】30.8%30.8%46.2%
ジオグリフW.ビュイック【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
セラフィックコールM.デムーロ【2-0-0-0】100.0%100.0%100.0%
テーオーケインズ松山弘平【8-2-3-5】44.4%55.6%72.2%
ドゥラエレーデB.ムルザバエフ【1-0-0-0】100.0%100.0%100.0%
ハギノアレグリアス岩田望来【3-1-0-1】60.0%80.0%80.0%
メイクアリープ幸英明【4-4-1-1】40.0%80.0%90.0%
メイショウハリオ浜中俊【5-0-3-3】45.5%45.5%72.7%
レモンポップ坂井瑠星【2-0-0-1】66.7%66.7%66.7%

クラウンプライド×川田騎手 評価S

引退した福永騎手からバトンを引き継ぐように近2戦は騎乗しています。

テン乗りとなった前々走の帝王賞はG1の大舞台にもかかわらず、メイショウハリオとタイム差なしの2着で、前走コリアカップは2着のグロリアムンディに10馬身差の圧勝でした。

人馬の相性は全く問題なさそうです。

ケイアイシェルビー×藤懸貴志騎手 評価A

これまで【4-0-2-7】でケイアイシェルビーの主戦騎手として活躍しています。

複勝率は46%なので馬券外のレースのほうが多いですが、前走の武蔵野ステークスは12番人気ながらも4着に入線しており、かみ合えば馬券内もあり得ました。

過去の戦績を見ても藤懸貴志騎手との手綱がもっとも相性よいでしょう。

あとは、久々のツーターンコースでどこまで立ち回れるかがポイントです。

ジオグリフ×W.ビュイック騎手 評価B

初騎乗となった昨年の香港カップでは6着に敗れました。

皐月賞馬らしからぬ敗退を繰り返していますが、コース適性やトラックバイアスなどがかみ合っていないような感じもしました。

決してビュイック騎手だけの敗退というわけではありません。

今年に入ってからもレースプランに迷走している感じがしますが、かみ合う舞台は限定的ですし、そろそろジオグリフに適したレースプランニングを構築してもらいたいです。

セラフィックコール×M.デムーロ騎手 評価S

デビューから無傷の5連勝でターフを駆けるセラフィックコールは前走のみやこステークスが初重賞戦でした。

ここでは道中ジッと脚を溜めて直線で脚をフルに活かして勝利しています。

デムーロ騎手は差しや追込馬との相性がいいですし、セラフィックコールの力を上手に引き出せるでしょう。

前走強い競馬でしたしここでの好走にも期待できます。

テーオーケインズ×松山弘平騎手 評価A

テーオーケインズは一昨年のチャンピオンズカップで松山弘平騎手とのコンビで勝利しました。

これまで手にした10勝のうちの8勝が松山騎手とのコンビのものなので、人馬のコンビは言うまでもありません。

ただし、近年は年齢的な衰えもあってか、松山騎手とのコンビでも勝ちあがれないレースが増えてきました。

それでも上位争いしているのはさすがですが、2年前ほどのパフォーマンスにはあまり期待できないかもしれません。

ドゥラエレーデ×B.ムルザバエフ騎手 評価A

昨年のホープフルステークスでは14番人気で全く人気がありませんでした。

しかも、このときムルザバエフはテン乗りでしたが、それにもかかわらず先行競馬で優勝し、単勝オッズ90.6倍の超高配当を叩き出しました。

今回は約1年ぶりのレースとなりますが、かつてテン乗りでも勝利していたので久々の騎乗でも問題なさそうです。

あとは、コース適性がかみ合うか、ドゥラエレーデの適性が重要になるでしょう。

ハギノアレグリアス×岩田望来騎手 評価S

岩田望来騎手はこれまでハギノアレグリアスとのコンビで【3-1-0-1】です。

一時は川田騎手が騎乗していた年もありましたが、直近3開催はすべてコンビを組みました。

特に前走のシリウスステークスでは先に抜け出したアイコンテーラーを後ろから捉えて勝利しているように、ハギノアレグリアスの能力をうまく引き出しています。

相性も問題ありません。

メイクアリープ×幸英明騎手 評価S

これまで一線を除いてすべて幸騎手が騎乗していました。

2走前の太秦ステークスこそ5着に敗れてしまいましたが、それ以外のレースでは常に馬券に絡んでいます。

また、前走のみやこステークスも格上挑戦でしたが先行競馬から早めに抜け出して2着入りしているように、幸騎手のエスコートが見事はまって連対圏にも連れ込みました。

今回相手関係は強力ですが、人馬のコンビはよいです。

メイショウハリオ×浜中騎手 評価S

2年前のみやこステークスで初コンビを組んで以来、一貫して主戦騎手を務める浜中騎手は、帝王賞連覇をはじめ、マイルで行われた今年の川崎記念も勝利しました。

川崎記念はコーナーが鋭角な川崎競馬場が舞台ですが、うまく立ち回って慣れない1,600mの距離で勝利をつかんでいます。

浜中騎手の手綱さばきがあったからこそ勝利できた一戦といえますし、相性は文句なしによいです。

レモンポップ×坂井瑠星騎手 評価S

レモンポップの主戦騎手はもともと戸崎騎手でしたが、今年のフェブラリーステークスでいきなり坂井騎手が抜擢されると、その期待に応えて見事優勝しました。

フェブラリーステークスはカフェファラオが不在で相手関係はいささか楽でしたが、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯でも逃げの競馬で圧勝しているように、ポテンシャルの高さは相当のものです。

前走の圧勝ぶりは坂井騎手がレモンポップの能力を上手に引き出したからこそだと思いますし、相性のいいコンビです。

PR 馬券が的中しない方へ

チャンピオンズカップ(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録するとチャンピオンズカップ(G1)の無料予想がレース当日に受け取れますよ!

チャンピオンズカップの過去10年の乗り替わりデータ

前走から成績単勝率連対率複勝率
継続騎乗【7-8-5-62】8.5%18.3%24.4%
乗り替わり【3-2-5-60】4.3%7.1%14.3%
今回の乗り替わり騎手と馬
馬名今回騎乗騎手前回騎乗騎手
アイコンテーラーJ.モレイラ松山弘平
アーテルアストレア横山武史M.デムーロ
ウィルソンテソーロ原優介菅原明良
グロリアムンディC.ルメール坂井瑠星
ノットゥルノ松若風馬森泰斗

継続騎乗騎手が優勢

過去10年のチャンピオンズカップの好走馬を継続騎手と乗り替わり騎手ごとに成績をまとめました。

継続騎乗組はこれまで20頭が馬券に絡み、乗り替わり組は10頭絡んでいました。

好走率を見ても継続騎乗組が優勢です。

チャンピオンズカップは継続騎乗組のほうが成績はよかったです。

乗り替わりで馬券に絡んだ馬と騎手

乗り替わりで馬券に絡んだ馬と騎手
年度着順馬名騎乗騎手
20213アナザートゥルース坂井瑠星
20201チュウワウィザード戸崎圭太
2ゴールドドリーム和田竜二
3インティ武豊
20193インティ武豊
20182ウェスタ―ルンド藤岡佑介
3サンライズソアJ.モレイラ
20171ゴールドドリームR.ムーア
3コパノリッキー田辺裕信
20151サンビスタM.デムーロ

チャンピオンズカップの過去10年のテン乗りデータ

成績単勝率連対率複勝率
【2-1-2-40】4.4%6.7%11.1%
※テン乗り=初めて騎乗すること

テン乗りで馬券に絡んだ馬と騎手

テン乗りで馬券に絡んだ馬と騎手
年度着順馬名騎乗騎手
20213アナザートゥルース坂井瑠星
20202ゴールドドリーム和田竜二
20183サンライズソアJ.モレイラ
20171ゴールドドリームR.ムーア
20151サンビスタM.デムーロ

テン乗り騎手の好走率は高くない

過去10年のチャンピオンズカップでテン乗りの騎手の成績は【2-1-2-40】でした。

勝率は4%、複勝率馬11%ほどしかありません。

直線に開催されていた天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップ、ジャパンカップと比較するとテン乗り騎手の成績はそこまでよくありませんでした。

チャンピオンズカップで買いたい騎手トップ3

1位 セラフィックコール×M.デムーロ騎手

過去10年で唯一2勝を挙げているデムーロ騎手。

2018年はルヴァンスレーヴ、2015年はサンビスタで勝利しました。

サンビスタは12番人気でしかもテン乗りでしたが勝利しているように、人気馬を勝利に導いているその手腕は高く評価したいです。

枠にもよりますが、内枠のほうが結果を残しているので内を引いたらより可能性はありそうです。

2位 グロリアムンディ×C.ルメール騎手

ルメール騎手は【1-2-0-5】で安定した走りを見せています。

今年はテン乗りで人気を落とす可能性の高いグロリアムンディに騎乗します。

馬質だけ見たらほかの有力馬に一枚劣るものの、ルメール騎手は今年のG1レースにおいて、神がかった騎乗で勝利を重ねてきました。

現在のルメール騎手は確変に近い活躍を見せているので騎手の勢いで初G1制覇を成し遂げられるかもしれません。

3位 レモンポップ×坂井瑠星騎手

20代の坂井瑠星騎手は2021年度のチャンピオンズカップで14番人気のアナザートゥルースを先行させて3着に導きました。

この1回しか騎乗したことがありませんが、テン乗りでしかも人気落ちの馬を上位争いに持ってきた手腕は高く評価できます。

今年は人気のレモンポップに騎乗しますが、最大の課題ともいえる距離問題をどのようにしてクリアするか、注目したいです。

チャンピオンズカップ2023追い切り評価

チャンピオンズカップ2023追い切り評価はこちらの記事でご覧ください。

チャンピオンズカップの最終予想

チャンピオンズカップ2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)