[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【中日新聞杯2023追い切り評価/全頭診断】最高評価「S」はこの3頭!

中日新聞杯2023追い切り評価記事のサムネイル画像

中日新聞杯2023追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では中日新聞杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

12月6日の馬場状態

美浦
美浦のウッドチップは稍重でした。
しかしながら、時計自体は全体的に出ており、高速馬場傾向にありました。

栗東
この日の栗東は坂路、ウッドチップともに良馬場です。
ウッドチップは全体的に時計が出ており、坂路も1週前より時計が出ていました。

目次(読みたい項目をタップ)

中日新聞杯2023追い切り評価/全頭診断コメント

中日新聞杯2023の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

PR 馬券が的中しない方へ

中日新聞杯(G3)阪神ジュベナイルF(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

カレンルシェルブル

カレンルシェルブル 12月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)84.568.753.638.512.3馬なり
前走最終栗東CW(稍重)86.369.954.538.311.7馬なり

カレンルシェルブルは、栗東のウッドチップコースにて、アンクローシュ(牝2、未勝利)と併せ馬を行いました。

調教師を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン84秒5-上がり1ハロン12秒3の時計で並走馬に1馬身先着しています。

最終追い切りを見る限り、馬体の重心にブレがないように映りました。

動きもスムーズですし状態面もよさそうです。

中京2000mについては複勝率75%もありますのでコース適性は良さそうです。

今回、中3週でのローテーションは本馬にとっても複勝率100%を誇っていますので、この点はプラス材料かと思います。

カントル

カントル 12月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  55.039.512.2馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  52.938.612.3強め

カントルは、栗東の坂路コースにて単走を行いました。

助手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、全体時計55秒0-上がり1ハロン12秒2の時計で駆け上がりました。

前走の福島記念ではレース直後に落馬したため、その影響も気になるところでしたが最終追い切りを見た限りはその影響はなさそうで、それほど悪い動きには映りませんでした。

しかしながら、特別目立つ動きを見せていなかった点は気になりますし、間隔が短いとはいえ今回は馬なり調教しか行っていないのでどこか一叩きあってもよかったかもしれません。

数少ないディープインパクト産駒なので一発に警戒したいところですが、年齢的にも良化は期待できなさそうに感じました。

キラーアビリティ

キラーアビリティ 12月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良) 69.953.938.211.8一杯
1週前栗東CW(良)81.666.352.138.012.5一杯
前走最終栗東CW(良)⑦97.166.252.538.412.6G前仕掛け

一昨年のホープフルステークス(G1)の勝ち馬であり、昨年のこのレースを制したキラーアビリティは栗東のウッドチップコースにて併せ馬を行いました。

併せたのは翌日の阪神JFに出走予定のルシフェル(牝2、オープン)です。

助手を背に、外ラチ沿いから一杯で追われ、5ハロン69秒9-上がり1ハロン11秒8の時計で並走馬と同時併入しました。

今回のメンバーの中では実績上位と言えますが、近走は成績が振るっていない点が気になるところです。

ただし、昨年もアルゼンチン共和国杯(G2)8着からの巻き返しで、このレースを制しているように最終追い切りでは、一変を期待されました。

なお、トップハンデ59キロに対して調教助手は「力があるのは間違いないので」と期待を寄せており、気にしない様子が伺えます。

サトノエルドール

サトノエルドール 12月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 68.353.338.211.7馬なり
前走最終札幌ダ(良) 67.652.237.712.4一杯

サトノエルドールは美浦のウッドチップコースにてシュバルツガイスト(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、5ハロン68秒3-上がり1ハロン11秒7の時計で並走馬に半馬身先着しました。

データだけ見ると、中京の芝2000mは未経験となりますが、全場の芝2000mでも勝率17%で複勝率44%とあって少し割り引きが必要かと思われます。

ただし、最終追い切りでは、動きに対して素軽さが見受けられました。

カントルと同じくディープインパクト産駒ですがこちらは身のこなしがよかったので状態はよさそうです。

枠の並び次第では穴馬候補で上げてもよさそうです。

ジャンカズマ

ジャンカズマ 12月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.967.352.637.511.5一杯
前走最終栗東CW(良)81.966.651.937.011.4一杯

ジャンカズマは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する小沢大仁騎手を背に、馬場の真ん中から単走で追われ、6ハロン82秒9-上がり1ハロン11秒5の時計で走破しました。

最終追い切りでは首の高い走りでしたが動きは軽快に映りました。

ただし、中京芝2000mのみならず芝2000mが未経験のため、距離適性に少し不安がありそうです。

今回も引き続き小沢騎手が騎乗しますので、ハンデを上手く生かせればチャンスがあるかも知れません。

シュヴァリエローズ

シュヴァリエローズ 12月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.967.352.837.911.5G前仕掛け
前走最終栗東坂路(良) 54.439.312.2馬なり

シュヴァリエローズは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から単走でゴール前仕掛ける形で追われ、6ハロン82秒9-上がり1ハロン11秒5の時計で駆け抜けました。

特記すべき点は、過去の中京芝2000mを2走し、1着1回、2着1回と連対率は100%だという点です。

ただし、最終追い切りを見た限りは動きに重さを感じました。

ゴール前で促されてある程度伸びを見せましたがすこしずぶい部分もありました。

中京は得意ですが、現時点の状態で出し切れるかは正直難しいかもしれません。

スパイダーゴールド

スパイダーゴールド 12月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)84.868.351.937.011.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 70.554.038.811.8馬なり

スパイダーゴールドは美浦のウッドチップコースにて、ライツオブキングス(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン84秒8-上がり1ハロン11秒7の時計で並走馬を追走し、同時併入しました。

最終追い切りでは、ダイワメジャー産駒らしく力強い動きでしたが、スピード感はいまいちに感じられました。

ただ、中京芝2000mは未経験ですが全場の芝2000mは3-0-0-1と距離適性はありそうです。

そして、東京・新潟での芝2000mでも好タイムを記録していますので、左回りも得意にしているかも知れませんので穴馬候補の1頭です。

ドルチェモア

ドルチェモア 12月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)84.368.352.337.512.3馬なり
1週前美浦南W(良) 68.652.837.011.1一杯
前走最終栗東坂路(良)  54.039.212.8馬なり

昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を制したドルチェモアは美浦のウッドチップコースにて、3頭併せを行いました。

併せたのはウィズダムハート(牝3、1勝クラス)ともう一頭は分かりません。

助手を背に馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン84秒3-上がり1ハロン12秒3の時計で3頭の真ん中で同時併入しました。

1週前追い切りでは、レースで騎乗する団野大成騎手を背に好タイムを叩き出しました。

しかし、最終追い切りでは、馬なりでしたが動きは軽快に見えませんでした。

G1勝利後、不振がずっと続いていますが何とかこのレースをきっかけに昨年の2歳王者の輝きを取り戻してほしいところです。

ハヤヤッコ

ハヤヤッコ 12月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)  52.437.612.0馬なり
前走最終美浦南W(良) 66.651.737.812.1強め

昨年の函館記念(G3)を勝っているハヤヤッコは、美浦のウッドチップコースにて、ガンダルフ(牡5、オープン)と2頭併せを行いました。

助手を背にして馬場の真ん中から馬なりで追われ、4ハロン52秒4-上がり1ハロン12秒0の時計で並走馬に0.6秒遅れました。

最終追い切りを見ても“やる気スイッチ”が入っていないように感じられました。

ただ、毛ヅヤは良さそうに映りましたので、健康状態は良いかと思われます。

また、テンポが遅いように見えましたがこの馬は重馬場巧者なので時計勝負よりも馬場が悪くなったほうがチャンスはありそうです。

トラックバイアスに左右されがちな馬ですが、雲行き次第で印を考えたい1頭です。

ピンハイ

ピンハイ 12月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)82.967.252.437.612.2馬なり
前走最終栗東CW(良)83.568.052.837.811.7馬なり

ピンハイは栗東のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する高倉稜騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、6ハロン82秒9-上がり1ハロン12秒2の時計でゴールしました。

最終追い切りを終えた高倉騎手は「馬場を考えたら動き的にも悪くはなかったです。ここも最後までしっかりと走ってくれれば」と意気込んでいました。

今回のレースの出走登録馬の中では、唯一の牝馬となります。

なお、同レースは4年連続で牝馬が3着以内に入っていてデータ的な相性は意外とよいです。

斤量の恩恵も含め好走を期待したいです。

ホウオウビスケッツ

ホウオウビスケッツ 12月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重) 68.953.639.112.0馬なり
前走最終美浦南W(重) 68.552.638.111.3馬なり

今年の日本ダービー(G1)で6着だったホウオウビスケッツは美浦のウッドチップコースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する丸田恭介騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、5ハロン68秒9-上がり1ハロン12秒0の時計で駆け抜けました。

日本ダービー6着以来の実戦となりますが、最終追い切りを見る限り、フットワークが軽く映りました。

奥村武調教師は「能力があるから、久々のここでもいい競馬をしてほしい。やれることはやってきたので」と期待を込めています。

3走前の初重賞となったスプリングS(G2)では、べラジオオペラの2着に入る実績を持っていますのでここは期待できるのではないでしょうか。

マイネルファンロン

マイネルファンロン 12月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(稍重)81.966.151.937.311.7馬なり
1週前美浦南W(良)86.069.054.239.212.0強め
前走最終美浦南W(良)69.254.439.011.0強め

一昨年の新潟記念(G3)を制したマイネルファンロンは美浦のウッドチップコースにてヤングローゼス(セ3、1勝クラス)と2頭併せを行いました。

嶋田純次騎手(レース当日は丸山元気騎手が騎乗)を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、6ハロン81秒9-上がり1ハロン11秒7の時計で並走馬を1.1秒追走する形で最後は同時併入しました。

最終追い切りを見る限り、8歳とは思えない軽快な動きを見せています。

前走では、障害競走を経験しましたのでここで一変が期待できそうに思いました。

また、ステイゴールド産駒は丈夫さがウリで年を重ねても好走することが多いです。

近走結果が伴っていませんが、追い切りを見た限りは一発逆転が狙えそうな面白い存在になるかもしれません。

ヤマニンサルバム

ヤマニンサルバム 12月6日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.638.012.2一杯
1週前栗東CW(良)83.467.351.936.611.2一杯
前走最終栗東坂路(良)  51.837.512.4強め

ヤマニンサルバムは栗東の坂路コースにてタッチャブル(牡3、1勝クラス)と併せ馬を行いました。

田中健騎手(レース当日は三浦皇成騎手が騎乗)を背に、外ラチ沿いから一杯に追われ、全体時計52秒6-上がり1ハロン12秒2の時計で並走馬に1馬身先着しました。

序盤は少しよれながらでしたがすぐに前を向いてしっかりと動けています。

飛びのある走りの中には力強さも感じられました。

一杯にしては終い時計は目立っていませんが、1週前にウッドチップで好タイムを記録したあとなのである程度の負荷はかかっているように感じます。

今回は時計以上にしっかりした脚どりで駆け抜けていたのは大変好感が持てました。

今回の中日新聞杯では前走オクトーバーステークス(L)を勝利したことやハンデが恵まれている点、さらには中京コースの実績(5戦4勝)などから上位人気に支持されそうです。

追い切りでもしっかりと負荷をかけてここメイチで仕上げている感じがするため、レースでも注目したいです。

ユニコーンライオン

ユニコーンライオン 12月6日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)⑦99.367.452.637.611.6馬なり
1週前栗東CW(良)84.569.253.637.911.6馬なり
前走最終栗東CW(稍重)82.167.252.437.711.9馬なり

昨年の福島記念(G3)を勝ったユニコーンライオンは栗東のウッドチップコースにてフォーエバーヤング(牡2、オープン)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する国分優作騎手を背に、馬場の外側から馬なりで追われ、7ハロン99秒3-上がり1ハロン11秒6の時計で並走馬と同時併入しました。

最終追い切りでは躍動感ある動きで好タイムを記録し好印象が持てました。

なお、前走の福島記念では15着と大敗していますが、これは同型がいて自身の形に持ち込めなかったことが敗因だと思われます。

本馬は持続力が持ち味で今回特に同型もいないことから、マイペースでの逃げなら一発を警戒する必要がありそうです。

ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイル 12月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良) 52.338.413.0稍一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.338.712.7一杯

2020年の阪神大賞典(G2)など重賞3勝を挙げているユーキャンスマイルは栗東の坂路コースにてミスフィガロ(牝5、3勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手を背に、馬場の真ん中から強めで追われて全体時計52秒3-上がり1ハロン13秒0の時計で駆け上がり、並走馬に1馬身先着しました。

最終追い切りではゴール前をしっかりと追われ年齢を感じさせない動きを披露しました。

これまで全場の芝2000mを7戦して5回は連に絡んでいますので、得意な距離適性にあるかも知れません。

友道康夫調教師は「問題なくいい動きでしたよ。今は左回りの2000mが合っていますし、G3のメンバーなら」と好勝負を見据えています。

リューベック

リューベック 12月6日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良) 50.937.512.4馬なり
1週前栗東坂路(良)  52.638.412.1強め
前走最終栗東坂路(重)  54.639.212.2馬なり

リューベックは栗東の坂路コースにて単走を行いました。

レース当日も騎乗する吉田隼人騎手を背に、馬場の真ん中から馬なりで追われ、全体時計50秒9-上がり1ハロン12秒4の時計で駆け上がりました。

1週前追い切りでも吉田隼騎手を背に坂路で強めに追われ、まずまずの動きを披露しています。

また、最終追い切りでも弾けるような動きで前向きさも見られましたので、好印象が持てました。

休み明けにしては上々の動きを見せています。

ただし、前走から9カ月空いている点は変わりません。

追い切りだけではなく、当日の気配にも目を配りたいです。

ワンダフルタウン

ワンダフルタウン 12月6日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  53.338.712.8一杯
前走最終栗東坂路(良)  53.437.912.2一杯

一昨年の青葉賞(G2)を勝っているワンダフルタウンは栗東の坂路コースにてアイスノート(牡2、未勝利)と2頭併せを行いました。

レース当日でも騎乗する和田竜二騎手を背に、外ラチ沿いから一杯に追われ、全体時計53秒3-上がり1ハロン12秒8の時計で並走馬に同時併入しました。

最終追い切りでは、軽快なフットワークで出来が良いと感じられましたし、フォームも綺麗に映りました。

近走惨敗が続いていますが、前走最終追い切り時よりは幾分ましな感じがします。

ただ、鳴尾記念の時の最終追い切りが栗東ウッドチップで6ハロン80秒9-上がり1ハロン11秒6だったため、そのときほどの良化は期待できないでしょう。

前走以上、前々走以下という感じです。

PR 馬券が的中しない方へ

中日新聞杯(G3)阪神ジュベナイルF(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると中日新聞杯(G3)阪神ジュベナイルF(G1)の無料予想をレース当日に受け取れます!

中日新聞杯2023追い切り評価ランキング

評価馬名
ピンハイ
ホウオウビスケッツ
ヤマニンサルバム
カレンルシェルブル
キラーアビリティ
マイネルファンロン
リューベック
サトノエルドール
ジャンカズマ
スパイダーゴールド
ユーキャンスマイル
ワンダフルタウン
カントル
シュヴァリエローズ
ドルチェモア
ハヤヤッコ
ユニコーンライオン
 
同評価内は50音順になります。

中日新聞杯2023追い切り映像

中日新聞杯2023の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2023年 中日新聞杯|JRA公式

中日新聞杯2023の最終予想

中日新聞杯2023の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)