[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【京成杯2024追い切り評価/全頭診断】最高評価「S」は自己ベストを更新したこの2頭!

京成杯2024追い切り評価記事のサムネイル画像

京成杯2024追い切り評価/全頭診断になります。
当記事では京成杯の追い切り映像や調教タイムから評価、コメントしています。

1月10日の馬場状態

美浦
この日の美浦は坂路が稍重、ウッドチップは良馬場でした。
坂路の1番時計はショウナンラスボスの4ハロン52秒4と遅めです。
ウッドチップの1番時計はブレットフライとシャドウルパンの6ハロン80秒4となっており、まずまず時計は出ています。

栗東
この日の栗東は坂路、ウッドともに良馬場でした。
坂路の1番時計はルクスノアとジョーローリットの4ハロン51秒1です。
これ以外にも51秒台を出している馬は複数いるのでそこそこ時計は出ています。
ウッドチップの1番時計はカルネアサーダの6ハロン79秒9ですが、81秒台を切ったのは5頭のみで数値ほど時計は出ておらず、標準くらいの馬場です。

目次(読みたい項目をタップ)

京成杯2024追い切り評価/全頭診断コメント

京成杯2024の出走馬全頭の追い切り評価や調教タイムをまとめましたで予想の参考にお役立てください。

評価は上からS→A→B→C→Dの5段階になります。

(調教欄の〇数字はスタートからゴールまでのハロンを表しています。)

馬券が的中しない方へ

京成杯(G3)日経新春杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!!

アスクナイスショー

アスクナイスショー 1月10日(水) 評価C
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.468.554.339.011.7馬なり
前走最終美浦南W(稍重) 67.752.738.411.7馬なり

未勝利上がりのアスクナイスショーは美浦のウッドチップでゴーゴーケイコ(牝3、新馬)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗して僚馬より1馬身ほど先行する形で馬なりにて追われて6ハロン85秒4-上がり1ハロン11秒7でまとめています。
※僚馬:りょうば(同じ厩舎に所属する馬のこと)

中3週ですが中間は坂路で6本、ウッドで3本時計を残しており、短い間隔でしっかりと追い切りを行っています。

最終追い切り映像がJRAレーシングビュアーになかったため限られた情報からまとめると、時計に関しては馬なりなのでそこまで目立っていません。

時計面で見ても稍重で行われた前走最終時よりも出ておらず、どちらかというと前走のほうが仕上がりは良かったかもしれません。

アーバンシック

アーバンシック 1月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)82.966.351.637.011.6馬なり
1週前美浦南W(良)82.067.352.337.311.6一杯
前走最終美浦坂路(良)  53.139.813.0馬なり

百日草特別(1勝クラス)を制したアーバンシックは美浦のウッドチップコースで日経新春杯(G2)の有力馬であるハーツコンチェルトと2頭併せを行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から僚馬を2馬身追走する形で馬なり追いを行い、6ハロン82秒9-上がり1ハロン11秒6の時計で同時併入しています。

中9週となりますが、中間は坂路で10本、 ウッドは2本時計を残していました。

1週前の3日にはウッドチップでアレグロモデラート(牝5、3勝クラス)と2頭併せを行い、僚馬を8~9馬身後方から追走する形で一杯に追い、6ハロン82秒0-上がり1ハロン11秒6でまとめています。

1週前追い切りでは僚馬の後方からの追い切りとなりましたが、ウッドを掻き込むような力強い歩様で動けており、最後の最後も気合を入れられて強く負荷をかけています。

最終追い切りは馬なりでしたが1週前に気合を入れられた影響もあって序盤から意気揚々とした動きを見せています。

直線に入ってハーツコンチェルトと並びかけてからは先に抜け出して先着しようとする意志も感じられました。

最終的にはハーツコンチェルトに詰め寄られて同時併入ですが、併せた相手が昨年のダービー3着馬であることを考えたら十分な内容です。

2週続けてこの馬らしい走りができていましたし、本番でもいい状態でレースを迎えられるでしょう。

エコロマーズ

エコロマーズ 1月11日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  56.642.113.1馬なり
前走最終栗東坂路(稍重)  55.840.012.9馬なり

5着に敗れたサウジアラビアロイヤルカップ(G3)以来のレースとなるエコロマーズは栗東坂路で単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の真ん中外目から馬なりで追われて全体時計56秒6-上がり1ハロン13秒1で軽めに流しています。

中間は坂路を重点的に行いましたが3日は栗東ウッドでシランケド(牝4、1勝)と併せています。

このときは僚馬を5馬身後方から追走する形で馬場の外目から一杯に追われて6ハロン82秒1-上がり1ハロン12秒2でしたが1馬身半ほど遅れていました。

一杯に追われていたとはいえ全体時計82秒1はこの馬の自己ベストですし、負荷の面でも時計の面でもいい追い切りができたことでしょう。

最終追い切りは軽めに流す程度でしたが、コーナーを曲がった直後は見るからに元気のない姿を見せています。

しかし、直線に入ってからは軽めとはいえ前を向いて淡々とした動きです。

時計は全く出ていませんがさっと流す意味では目的は達成したと思いますし、まずまずの出来でした。

グローリーアテイン

グローリーアテイン 1月11日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.268.352.938.311.7馬なり
前走最終美浦南W(良) 68.352.637.511.7馬なり

新馬戦から挑むグローリーアテインは美浦ウッドでカランセ(牝5、3勝)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する戸崎騎手を背に、馬場の外側から僚馬を4馬身追走する形で追われて6ハロン84秒2-上がり1ハロン11秒7の時計で同時併入しています。

中間は坂路で9本、ウッドで5本時計を残していました。

ちなみに1月7日には坂路で自己ベストとなる54秒0の時計を出しています。

また、3日も戸崎騎手が騎乗してウッドで馬なり追いを行っていました。

最終追い切りも軽めの調整でしたが序盤から積極的な動きを見せています。

ただし、前脚は少し硬い感じがしましたし、直線に入ってからも前脚の使い方がすこしちぐはぐしている場面も見られました。

中間で大きな負荷をかけていない影響もあって時計も出していません。

戸崎騎手が2週続けて追い切りに騎乗している点は好感が持てるものの、仕上がり具合はまずまずといったところです。

コスモブッドレア

コスモブッドレア 1月11日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)87.770.955.339.511.8馬なり
前走最終美浦南W(良)88.171.856.341.012.6馬なり

葉牡丹賞(1勝クラス)で4着のコスモブッドレアは美浦のウッドチップコースでプルナチャンドラ(牡3、新馬)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する石川騎手を背に、外ラチ沿いから僚馬より2馬身先行する形で馬なりにて追われ、6ハロン87秒7-上がり1ハロン11秒8で1馬身先着しています。

中間はウッドが3本、坂路は15本も挟んでいました。

その大半が1日に2回行っていて重点的に仕上げられています。

ちなみに1週前の4日にも石川騎手が騎乗し、ウッドチップで馬なりにて調教されていました。

このときはディオアステリア(牝5、1勝)と併せていますが、序盤から気合の乗った走りを見せています。

四肢の動きも悪くありませんし、坂路で入念に調整された成果が締まった身体に現れているようでした。

最終追い切りもウッドで並走でしたが、1週前に引き続ききびきびした動きを見せています。

また、直線では馬なりながらも自ら僚馬をかわして先着しているようにレースに対する意欲も感じられます。

2週続けて石川騎手が騎乗している点も好感が持てますし、いい追い切りでした。

ジュンゴールド

ジュンゴールド 1月10日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東PT(良)83.766.952.338.411.7馬なり
1週前栗東CW(稍重)85.770.355.239.011.4G前仕掛け
前走最終栗東PT(良)88.171.656.841.611.8馬なり

紫菊賞(1勝クラス)の勝ち馬であるジュンゴールドは栗東のポリトラックで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、6ハロン83秒7-上がり1ハロン11秒7でまとめています。

中間は坂路が5本でウッドが16本と、ウッドを中心に調整されていました。

1週前の4日には栗東ウッドでジュンブルースカイ(牡6、2勝クラス)と併せてゴール前仕掛けで6ハロン85秒7-上がり1ハロン11秒4の時計を出しています。

ゴール前仕掛けなのでコーナーから直線にかけては軽めの動きでした。

しかし、直線で手前を替えてからはじりじりと脚を伸ばしてあっという間に併せ馬を突き放しました。

後ろ脚の力強さも見られましたし、フォームも綺麗でいい内容です。

そして、最終追い切りはいつものようにポリトラックでまとめています。

ジュンゴールドは直近2戦における最終追い切りもポリトラックで占めていますが、過去のポリトラックのタイムを見てみると、新馬戦の時が6ハロン88秒5-1ラスト1ハロン11秒4で、前走最終時が6ハロン88秒1-ラスト1ハロン11秒7でした。

全体時計だけ見たら今回は83秒7なので直近2開催より出ています。

また、1週前に負荷をかけた影響もあってか序盤から躍動感のある走りを見せています。

直線に入手からもじりじりと脚を伸ばして加速ラップを刻むことができており、2週続けて自分の走りができていました。

過去のポリトラックと比較しても時計は出していましたし、動きも良かったのでいい状態でレースに挑めそうです。

ダノンザテイル

ダノンザテイル 1月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東CW(良)85.269.654.238.511.6強め
前走最終栗東坂路(良)  53.538.812.9馬なり

京都2歳ステークス(G3)は惜しい4着だったダノンザテイルは栗東のウッドチップで日経新春杯(G2)に出走するカレンルシェルブル(牡6、オープン)と併せ馬を行いました。

レース当日も騎乗する横山典弘騎手を背に、僚馬を4馬身追走する形で馬場の真ん中から強めに追われて6ハロン85秒2-上がり1ハロン11秒6の時計で同時併入しています。

中間は坂路で10本、ウッドで5本の時計を残しており坂路をベースに調整されました。

映像はありませんでしたが5日のウッド追いでは自己ベストとなる6ハロン82秒1の時計でまとめています。

最終追い切りは格上の馬と追い切りを行いましたが、強めの割には馬なりのような楽なステップで追われています。

直線に入って先に出て、カレンルシェルブルが近づいてきても併入まで持ち込んでいることから粘り強さも見られました。

ただ、手前は一切替えずにゴールしているのでもしも道中で手前替えができていればより良化していたかもしれません。

出来具合としては前走と同じくらいといったところでしょうか。

ドゥレイクパセージ

ドゥレイクパセージ 1月10日(水) 評価S
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)80.965.550.735.911.2強め
1週前美浦南W(稍重)81.364.749.836.111.9一杯
前走最終美浦南W(良) 67.252.437.311.5馬なり

芙蓉ステークス(OP)で3着のドゥレイクパセージは美浦のウッドチップで強めに追われました。

助手が騎乗して馬場の真ん中から強めに追い、6ハロン80秒9-上がり1ハロン11秒2の自己ベストを記録しました。

中間はこれまで行わなかった坂路調教をベースに行いました。

1週前の4日にはウッドチップでレース当日も騎乗予定のキング騎手が手綱を握り、ホウキボシ(セ4、1勝クラス)と併せました。

このときは馬場の真ん中から僚馬を1馬身半ほど追走する形で一杯に追い、6ハロン81秒3-上がり1ハロン11秒9でまとめましたが1馬身遅れています。

僚馬に遅れは取り、馬場の内側を通っていたとはいえ時計面は優秀です。

一杯に追ったことで負荷をかけたのも良いでしょう。

そして、最終追い切りも1週前同様馬場の真ん中から強めに追っていますが、1週前に負荷をかけた影響もあってか序盤からキビキビとした動きを見せていました。

少し首の動作が大きい感じもしましたが気持ちも全面的に出ていましたし、1週前よりも好感触です。

最後の直線に入ってからも終い1ハロン11秒2という好時計で駆け抜けており。終いは伸びていました。

今回は中間に坂路調教を入れたことで前走以上にパワーアップしている姿を見せました。

荒々しさは若干あるものの、能力の高さも見られましたし良い動きでした。

レース本番でどのような競馬を見せてくれるか、いまから注目したいです。

ニシノフィアンス

ニシノフィアンス 1月11日(木) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)83.066.251.437.211.6一杯
前走最終美浦南W(良)81.765.351.036.811.7強め

新馬戦から挑むニシノフィアンスは美浦のウッドでサクセスエース(牡6、2勝クラス)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、馬場の外側から僚馬を9馬身ほど追走する形で一杯に追われて6ハロン83秒0-上がり1ハロン11秒6で同時併入しました。

中3週ですが年末から調整を開始し、中間は坂路で8本時計を残しています。

最終追い切りは序盤から積極的な歩様と気持ちのこもった動きでコーナーを駆けまわり、はるか前にいた僚馬にあっという間に追いつきました。

直線に入って気合を付けられてからはさらに加速して同時併入に持ち込んでいるようにダイナミックな動きができています。

前走最終時ほど時計は出していませんが、中3週と間隔を詰めていることを考えれば上々の追い切りでしたし、気持ちが全面的に乗った動きは好感触でした。

ハヤテノフクノスケ

ハヤテノフクノスケ 1月11日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切栗東坂路(良)  52.237.012.1馬なり
前走最終栗東坂路(良)  57.251.913.3馬なり

ウインバリアシオン産駒のハヤテノフクノスケは栗東坂路でクラヴィコード(牝3、未勝利)と2頭併せを行いました。

田中健騎手(レース当日は岩田望来騎手が騎乗)が手綱を握り、馬場の外目から僚馬を2馬身追走する形で馬なり追いを行い全体時計52秒2-上がり1ハロン12秒1の自己ベストで同時併入しました。

中間はウッドで4本、坂路で7本時計を記録しました。

最終追い切りは自己ベストを記録しているものの少し頭が高いのは気になりました。

また、ラスト2ハロンが11秒9で速い位置を出していますが終い1ハロンは12秒1で使える脚はそこまで長くなさそうです。

今回は馬なりだったのでこの馬にしては時計が出ているものの、まだまだ改善できる場面もありそうでした。

バードウォッチャー

バードウォッチャー 1月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)82.365.550.936.912.1強め
前走最終美浦南W(良) 66.851.736.811.5G前仕掛け

良血馬のバードウォッチャーは美浦のウッドチップコースでサトノエピック(牡3、未勝利)と併せ馬を行いました。

助手が騎乗し、僚馬を4番後方から追走する形で馬場の真ん中やや外目から強めに追われ、6ハロン82秒3-上がり1ハロン12秒1の自己ベストを出しましたが僚馬に1馬身ほど遅れています。

中間はかなり早い段階から坂路をメインに行っていきました。

映像はありませんが、1週前の3日には美浦のウッドにおいてゴール前仕掛けで追われて6ハロン82秒8-上がり1ハロン11秒5でゴールしています。

1週前に負荷をかけましたが、最終追い切りでも強めの追い切りを行っています。

道中は序盤から積極的な動きを見せており、歩様も心配ありません。

直線で手前を替えてからは終い1ハロンで併せたサトノエピックに後れを取りましたが、バードウォッチャー自身も4ハロン50秒9-上がり1ハロン12秒1の好時計でゴールしていて状態面はよさそうです。

今回遅れを取ったものの、サトノエピックを4馬身追走してのものなのでそこまで悲観しなくてよいと思いますし、なによりも自己ベストを更新できたことを評価したいです。

動きを見ていてもいきなりの重賞でも通用しそうな内容でしたので、本番でも好走に期待したいです。

マイネルフランツ

マイネルフランツ 1月11日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)87.370.655.240.112.5馬なり
前走最終美浦南W(良)87.370.454.738.911.5馬なり

葉牡丹賞(1勝クラス)で2着のマイネルフランツは美浦のウッドで単走を行いました。

助手が騎乗して馬場の外目から馬なりで追い、6ハロン87秒3-上がり1ハロン12秒5でまとめています。

中間は坂路で7本、ウッドで2本時計を記録しました。

最終追い切りはウッドで馬なりでしたが序盤からきびきびした動きを見せています。

前脚に力強さは感じられませんがそれがかえって軽快さにつながっていてこれはこれでいい内容です。

四肢の使い方もよいですし、後ろ脚の踏み込みも力強くていいでしょう。

加速ラップという点では前走最終時のほうが時計を出していたものの、悪くない仕上がりでした。

レイデラルース

レイデラルース 1月10日(水) 評価A
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.167.751.537.212.0馬なり
前走最終美浦南W(良)84.668.654.039.211.9馬なり

葉牡丹賞(1勝クラス)で3着のレイデラルースは美浦のウッドチップコースで単走を行いました。

石橋騎手(レース当日騎乗騎手は木曜日の時点で未定)が手綱を握り、馬場の真ん中から馬なりで追われて6ハロン84秒1-上がり1ハロン12秒0でゴールしています。

中間は坂路8本、ウッドで3本時計を記録していました。

12月27日には坂路で自己ベスト53秒3を出しています。

最終追い切りは序盤から軽快な動きを見せていましたし毛ヅヤも綺麗で状態面はよさそうです。動きも軽やかでしたしフットワークもよく、元気いっぱいの姿を見せています。

時計自体は出していませんが、馬なりなのでそこまで気にしなくても良いでしょう。

なかなかいい走りを見せていたので軽い馬場でレースが行われるようでしたら力を発揮できそうです。

ロジルーラー

ロジルーラー 1月11日(木) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)84.468.153.338.411.7G前仕掛け
前走最終美浦南W(良)84.768.453.338.411.7馬なり

葉牡丹賞(1勝クラス)で5着のロジルーラーは美浦のウッドチップで最終追い切りを行いました。

稲垣調教師自ら指揮を執り、外ラチ沿いからゴール前で仕掛けられて6ハロン84秒4-上がり1ハロン11秒7でゴールしています。

中間は専らウッドをメインに19本の時計を出していました。

また、今月の3日や7日も稲垣調教師が騎乗しているように自ら良化させようとする強い意気込みが感じられます。

その成果も現れたのか、最終追い切りでは序盤から飛びのある走りでコーナリングしています。

直線に入って手が動いてからも大きなストライドでゴールしているように、動きは問題ないです。

ただ、ゴール前仕掛けにしては終い1ハロン11秒7と少し物足りないです。

なぜなら、新馬戦の時の1週前追い切りでは馬なりで終い1ハロン11秒4を出していたからです。

終い時計だけは気になりましたが、全体の動きはよかったので今回はB評価にします。

ロードヴェスパー

ロードヴェスパー 1月10日(水) 評価B
時期場所6F5F4F3F1F脚色
最終追切美浦南W(良)85.568.553.338.412.1直一杯
1週前美浦南W(良)84.067.852.337.512.1一杯
前走最終美浦坂路(稍重)  54.640.013.1強め

ロードヴェスパーは美浦のウッドチップでメイショウウミカゼ(牡3、新馬)と2頭併せを行いました。

レース当日も騎乗する横山和生騎手が手綱を握り、馬場の真ん中から僚馬を2馬身追走する形で直一杯に追われて6ハロン85秒5-上がり1ハロン12秒1の時計で1馬身半先着しています。

今回は前走から中13週ぶりのレースですが、中間は坂路で3本、ウッドは4本で本数は正直足りていません。

1週間前は中山金杯(G3)に出走したアラタ(牡7、オープン)と並走を行い、この時は一杯に追われて6ハロン84秒0-上がり1ハロン12秒1の時計を出しています。

コーナーまでは力強い歩様を見せていましたがラスト1ハロンあたりで苦しくなってアラタに2馬身遅れていました。

しかしながら、序盤から力一杯に走って負荷をかけているという面では悪くない内容です。

1週前に負荷をかけましたが、最終追い切りでも再び直線一杯に出追われています。

今回は新馬の馬と併せましたが、1週前に負荷をかけた影響もあって序盤から気持ちの乗った動きができています。

直線に入ってからもストライドの利いた走りを見せていましたし、直線で促されてからはしっかり加速することができていました。

ただし、コーナーでは何度か手前を替えていたので自分の走りに集中できていないかもしれません。

いい動きは見せていましたが、その点だけは気になったので今回はB評価とします。

馬券が的中しない方へ

京成杯(G3)日経新春杯(G2)の当たる無料予想なら絶対にココ!

当たる競馬マガジン

ライン登録すると京成杯(G3)日経新春杯(G2)の無料予想をレース当日に受け取れます!

京成杯2024追い切り評価ランキング

評価馬名
ジュンゴールド
ドゥレイクパセージ
アーバンシック
コスモブッドレア
ニシノフィアンス
バードウォッチャー
レイデラルース
エコロマーズ
グローリーアテイン
ダノンザテイル
ハヤテノフクノスケ
マイネルフランツ
ロジルーラー
ロードヴェスパー
アスクナイスショー
 
同評価内は50音順になります。

京成杯2024追い切り映像

京成杯2024の追い切り映像はJRA公式ホームページのこちらで無料公開されています。

【調教動画】2024年 京成杯|JRA公式
【注目馬 関係者インタビュー】2024年 京成杯|JRA公式

京成杯2024の最終予想

京成杯2024の最終予想はこちらの記事で発表するので、合わせてお読みください。

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)